母が次のような症状を訴えており、お医者さんもあまりとりあってくれないのでどうかみなさん力を貸してください。
 声が出しづらい。つっかえてる感じがする。のどが乾燥して水が飲みたくなる。いつも眠い。頭がぼーっとする。
痛みを感じる。人と長い間しゃべってると、もうのどが疲れて苦しくなる。
 母は甲状腺に異常があるのかもと心配しています。どこに異常があるのかわからないため、ただ病院にいってもお金を払うばかりで解決になりません。どうしたらいいのでしょうか。ちなみに、母は肥満体質です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。

私は2年前バセドー氏病になりました。
緊張すると、体中が振るえ汗もかきやすく少し走っただけで体が異常に疲れ眼球もかなり出て、怖い形相になりました。たまたま母親がバセドー氏病だった為すぐに病院に連れていかれて検査をし、発見することが出来ました。
とにかく早急に検査に行った方がいいと思います。何でもなければ不安は取れるし発見が早い程早く完治できるからです。私も発見が早かった為当初1日6錠飲んでた薬が今は仮完治という事で薬も手放しました。次に病院選びですが、母親が始めに通ってた病院は市立病院でしたが、高額な治療費と飲んでも効かない薬を行く度出され良くなりませんでした。もう10年前の話なので今は病院によって、それほど大差はないと思うんですが、母はたまたま町医者の紹介で伊藤病院を教えてもらい、私も母も現在通っています。海外の人なんかも通っています。表参道にあります。最近はストレス社会の為か患者が物凄く多くて、待合室もかなりいっぱいになりますが、専門病院なので安心かと思います。別名贅沢病なんて呼ばれてるみたいですが、他人には辛さがわかりませんが本人にとってはかなりつらいんです。早く原因がわかるといいですね。つたない体験談になってしまいましたが、良かったら参考にしてみてください。ちなみに母親は、病院に行った時院長に何故ここまで放っておいたんだって怒られたくらい重症で死ぬ一歩手前だったらしいですが今は無事仮完治が出て今は元気いっぱいに生活してます。
    • good
    • 1

私は20年前の小学3年の時にバセドー氏病と診断されました。

11年前に甲状腺部分切除を行って現在に至っています。母は橋本病で、こちらは通院中です。
亢進と低下二つのケースが身近にありましたが、tanukichさんのお母様のような、声が出しづらい、つっかえている感じがする、痛みを感じると行った症状はありませんでした。
自覚症状としては、やはり疲れやすい、いらいらする、手がふるえる、水分が欲しくなる、やせてくる。というのが自分の感覚です。
特にのど自体がおかしいという違和感はありませんでした。確かに、人より喉付近が大きいとか、若干目が出ているのかなということは、診断された後気にしていたから分かるものでした。
多分気にしすぎだと思いますが、甲状腺の検査はどこでもできますので、検査されてみるのも手だと思います。
    • good
    • 0

専門家でも何でもなく、他の回答者のように詳しく自信のある答えを出すこともできないのですが、持病のある母が同じような症状を訴えていました。



母は膠原病です。

唾液が減るのでのどが渇き、体がだるくなり疲れやすくなります。
病院で膠原病の名前を出して血液検査をしてもらったらいかがでしょうか。
    • good
    • 0

症状からはバセドウ氏病は考えにくいようです。

甲状腺は喉仏の下にあり、おっしゃるような症状があるならばかなり腫れているはずで、さわれば分かると思います。kawakawaさんがおっしゃるように、まず耳鼻咽喉科で診察を受けるのが良いかと思います。
咽頭・喉頭・食道に異常がなければ、鬱病やストレスなどでそのような訴えが前面に出る場合もあり心療内科等の受診も有効かもしれません。
いずれにしろ肥満は万病の元であり、ダイエットの必要があるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

バセドウ氏病(Graves病)は甲状腺機能亢進症の一つです。

20代~40代じょ女性に発症が多いものですネ。
甲状腺が腫れてくることや眼球突出によって自覚することも多いものです。
他に甲状腺機能亢進症には機能性甲状腺腺腫(Plummer病)や機能性甲状腺癌などがあります。前者は甲状腺付近に単発又は多発性の平滑な3cm以上の結節(グリグリ)ができ、後者の場合は硬く癒着した大きな結節が特徴です。
tanukichさんのご質問のケースでは、主訴は喉の異常ですネ。肥満体質で、喉が渇きやすく、喉の奥に異物感があり、頭がボーっとする‥。
甲状腺異常ではないような気がしますが‥
順番としては、はじめに耳鼻咽喉科で喉の検査をしてもらうことです。その際に喉などに異常が認められければ、別の診療科を示唆してもらえます。
漢方薬の利用も念頭に入れてください。
kawakawaでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。
母も参考になったと喜んでおりました。
耳鼻咽喉科でこれから再検査してもらう
つもりでいます。また、何か質問をした
時はよろしくお願い致します。
では。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

私はもう5年以上も甲状腺機能亢進症と共に生活をしていますが、その症状は少なくとも機能亢進症ではないと思います。


バセドー病は甲状腺機能亢進症のなかの一つの病名です。
甲状腺はホルモンを分泌するところなのでここが肥大するとホルモンが過剰にでます。
新陳代謝がよくなり、一見元気になります。体が軽く、疲れを感じません。どんどん体重が減り、汗を掻きやすく、指先などが震えてきます。
いいことだらけのようですが、心臓に負担がかかります。

病院に行ってもあまりとりあってくれないのならば病気ではないのでしょう。
私もよく病院で症状を訴えて薬をもらっても改善されないことがありますが、そういった状態はあるものです。
本人はとてもつらいのですが、西洋医学的には原因が見つからないのです。
「持病だと思ってあきらめて」とか「原因不明」などと何度言われたことか・・・
ストレスや疲れから体に異常が現れてくる場合があります。気にしているとどんどんストレスがたまってきます。
不調がある時は必ず異常があるとは限りません。
本人が一番つらいのは経験上分かっています。しかし、周りの人があまり「大丈夫?」「ここが悪いんと違う?」などと心配しすぎると返って具合が悪くなってしまいますよ。

それでも心配な場合、甲状腺の検査はどこでもできると思いますが、神経内科や婦人科には行かれましたか?
    • good
    • 0

私は10年ほど前、バセドー氏病をしました。


私の場合は、動悸がする、疲れやすい、イライラしがち、指先が震える、体温が高めになる、汗をかきやすい、食べものが飲み込みにくい(時には水でも)・・・等の症状が出ました。
病院では、いつも血液検査をしてました。

あくまで私の経験からですので、あまり参考にはならないかもしれませんが、心配であれば一度検査を受けられたらどうでしょうか?
    • good
    • 0

 甲状腺の病気にも機能亢進症(バセドウ氏病)、低下症


(橋本病など)、腺腫、ガンなどいろいろなものがありま
す。年齢がわかりませんからなんとも言えませんが、症状
的には更年期障害のような気がします。甲状腺の病気であ
れば、機能的なもの(ホルモンの異常)なら血液検査で、
器質的なもの(腫瘍、嚢腫、ガンなど)は超音波検査で、
また甲状腺炎なども症状と検査で分かります。確かに甲状
腺の検査は決して安いとはいえないかも知れませんが、極
端にお金がかかるわけではありません。ワンダリング(い
ろんな病院をつぎつぎ受診する)をすればそれぞれの病院
で同じ検査を繰り返しますのでいくらでもお金はかかりま
す。甲状腺に関しては甲状腺がん以外はそれほど診断は難
しくありません。(がんの場合逆に無症状で転移を起こし
たりすることがあります)
 甲状腺に異常がなければ、気管の異常、食道の異常なん
かも考えられます。一応これらの検査も必要ですが質問内
容だけから判断すると更年期障害などが一番可能性として
高いような気がしますが..
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 性腺機能低下症<内分泌系とビタミンの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ●精巣機能低下症(せいそうきのうていかしょう) 性腺機能低下症とはどんな病気か  男性で性ホルモンが低下する疾患群です。二次性徴(せいちょう)が現れない(または消失する)、精子形成ができない(=「妊孕(にんよう)性」がない)という問題が発生します。 原因は何か  精巣自体の障害による高ゴナドトロピン性性腺機能低下症と、上位中枢の障害による低ゴナドトロピン性性腺機能低下症に大別されます。  最多は前者に属する...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバセドウ病の疲労の程度ってどのくらいなのでしょうか

バセドウ病になった時の疲労って、どのようなレベルのものなのでしょうか。

私の通っている会社では健康診断が年に2回あり、春の健康診断でバセドウ病を疑われたものの、再検査や追加検査の場合は業務中でなく休日に行くことになっているため、「秋でいっかー」などと考え、検査を先延ばしにしてしまいました。
ところが、いざ先延ばしにすると、最近気になってきてしまい…

バセドウ病のことをネットで調べていて、「疲労感がひどい」という項目があり、確かに自分は最近肉体的に疲れているような気もするけど、バセドウ病の人は疲れる、と言われたことによる精神的な思い込みから疲労しているように感じているだけなのか、わかりません…
バセドウ病の人は疲労が慢性的なため疲労に気づかない人も多いと言われたし。

バセドウ病の人が「疲れる」という度合いとは、どの程度なのでしょうか?

Aベストアンサー

今の所落ち着いていますがバセドウ病を持ってます。

#1の方が言われる様に「個体差」です。
この世の中働いていて疲労を感じない人ってそうそういない様な気もするんですけど、(笑)
言われて気になると言うのは少しは「病は気から」と言う感じもしないでもないし…。

私の場合(10年程前)は疲労感は特に感じなかったですよ、
イライラする機会が多くなり爪が剥がれて来て困ったな~と言う程度が始まりだったと思います。
朝の殺人的に混み合った地下鉄で当たる鞄とか些細な事にイライラが増し、
他の人には普通の事なのに何故こんなにイライラするのか?と
病名が分かる迄精神的には疲労はしましたね。
バセドウを分かってからは精神的に落ち着き(私が悪い訳でもなくホルモンのせいですから)
脈拍は優に100を越え動くのも大変になっても疲労感は感じませんでした。
寝ているだけで100Mダッシュ状態でしたから。

色々症状などネットで調べているのでしょうから自身の状態は分かる筈だと。
気になるのならさっさと行ってスッキリした方が楽でしょうし、
病院に行ってもちょっとお高い血液検査代が掛りますがホルモンの数値で分かりますから。
血を取って検査をして貰い運良く行けば1回の通院で終わるんじゃないですか?
電話で結果を聞けて何も異常がなければそれで終り。
何かあった場合通院って事になりますけどそんなに頻繁に行かなくてもいい筈かと。

私の場合は慢性疲労の様な穏やかな疲れではありませんでした。

今の所落ち着いていますがバセドウ病を持ってます。

#1の方が言われる様に「個体差」です。
この世の中働いていて疲労を感じない人ってそうそういない様な気もするんですけど、(笑)
言われて気になると言うのは少しは「病は気から」と言う感じもしないでもないし…。

私の場合(10年程前)は疲労感は特に感じなかったですよ、
イライラする機会が多くなり爪が剥がれて来て困ったな~と言う程度が始まりだったと思います。
朝の殺人的に混み合った地下鉄で当たる鞄とか些細な事にイライラが増し、
他の人には普...続きを読む

Q学校では眠くないのに家では眠い

なぜなんでしょうか?

学校の自習時間とかになるとかなり集中できるのに、家で勉強すると眠いです。

ただ、自習室とかで一人で勉強してても眠たいです。

Aベストアンサー

それは「緊張感」がなくなってしまうからです。もし学校の自習時間以外に眠くならずに集中しなければ勉強できないのであれば(そりゃ、いないといけませんよね)、勉強に集中できる環境の違う場所を探すしかありません。部屋などを変えるくらいしか場所がないのなら、塾に行ってみるのもひとつの手です。

Q症状はバセドウ病だけど??

初めまして、お世話になります。

先日、バセドウ病を患っている同僚に首の腫れを指摘され、
自分でも調べてみると当てはまる諸症状があり、総合病院の内科を受診しました。
触診や視診で「バセドウ病の可能性が高い」とのことでしたが、血液検査は正常値で「甲状腺機能亢進類似状態」と診断されました。

そこで質問なのですが…。
現在月経不順でピルを服用しています。
その服用で良くも悪くもホルモンバランスがととのって、血液検査は正常だった…なんてことはあるんでしょうか?
診て頂いた先生が、
「症状も喉も腫れも、バセドウ病だと思ったんだけど…」
と首を傾げられていたので、時間が経つにつれ何だか不安になってしまって…。
また、バセドウ病の症状の1つに月経不順もあったので、
もしかしたらバセドウ病の症状だったのかな…?とも思って。

お詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

代謝・内分泌科医ですがどっちかというと代謝よりです。

まず診断がどうもはっきりしなくてご不安ということですよね。また首の腫れは医師も確認したということですね?

血液検査については、甲状腺機能の検査とともに抗甲状腺抗体あるいは抗甲状腺刺激性抗体が、バセドウ病の診断に当たっては重要ですが、これらはどうでしたでしょうか。。少なくともこれらの検査値が陰性であるなら、現状バセドウ病があなたに悪さをしていることはないかな、と思います。というのは、バセドウ病とはそもそもこれらの「自己抗体」とよばれる物質が甲状腺を刺激して、それで甲状腺機能が亢進する病気なのです。だから、これらはバセドウ病の直接の原因となっているわけですから、これらがないなら(検査値が変動することがあるので常にではありませんが)少なくとも今はバセドウ病による悪さはされていないはずです。甲状腺機能が正常であるだけではそれは言い切れませんが、それでも甲状腺機能亢進症による症状は現在は出ないはずです(眼球突出は除く)。

甲状腺エコー検査は受けられましたか?甲状腺に針を刺して細胞を調べれば、ある程度の情報は得られます。不安ならそれを行えば今よりは診断の確実性は高まるでしょう。あるいはほかの病気か、なにも病気がないのかということもわかります。100%ではありませんが血液検査だけよりははるかに診断の確実性は増します。

バセドウ病以外にも甲状腺が腫れて甲状腺機能亢進の症状を呈する病気はあります、たとえばウイルス性の亜急性甲状腺炎ですとかプランマー病とかいう病気です。これらは実地診療ではあまり見ませんが。あるいは甲状腺が腫れて、甲状腺機能が低下する病気もあります、橋本病です。橋本病では一時的に甲状腺炎になることがあり、甲状腺炎では通常首に痛みがありますが橋本病のそれでは痛みがありません。甲状腺に癌が起こることもありますが一般に甲状腺機能亢進症につながることはありません(低下することはあります)。単に甲状腺に何も悪さをしない嚢胞があって甲状腺が腫れていることもあります。こういった場合の嚢胞はなんなのかよくわかりませんが、以前の甲状腺炎の名残かもしれません。

こんなような病気は甲状腺エコーを行ったり、甲状腺シンチグラフィーを行って診断します。内分泌の専門医であるかどうかが重要ですね(自分で言うのもなんですが代謝・内分泌科と標榜して実は代謝科であると、そこまではできないでしょう。ただし適切なところへ紹介することはできると思います)。

----
以下はご興味があれば。

経口避妊薬は、おそらく甲状腺機能の検査値に影響を与えます。これは考えてみればありえる話で、経口避妊薬は下垂体から分泌される黄体化ホルモンや卵胞刺激ホルモンによって刺激されるエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンによりできているおり、これらは複雑なネットワークを形成してお互いの量を調整しているのですが、甲状腺も下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンにより調節されているからです。これを裏付ける研究結果もあります。しかし実際の患者さんにおいてどれくらいの影響を与えるかは正直わかりません。

と、ここまでは実験室の話です。実際の患者さんを調べた臨床研究では、実は経口避妊薬を使用しているとバセドウ病が起こりにくいのではないかと言う結果があります。まあしかしこれは医学的に確立された知見とは言えないと思います。

代謝・内分泌科医ですがどっちかというと代謝よりです。

まず診断がどうもはっきりしなくてご不安ということですよね。また首の腫れは医師も確認したということですね?

血液検査については、甲状腺機能の検査とともに抗甲状腺抗体あるいは抗甲状腺刺激性抗体が、バセドウ病の診断に当たっては重要ですが、これらはどうでしたでしょうか。。少なくともこれらの検査値が陰性であるなら、現状バセドウ病があなたに悪さをしていることはないかな、と思います。というのは、バセドウ病とはそもそもこれらの「自...続きを読む

Q慢性的な頭痛 視野異常 聴覚異常 妻の病状

30歳になる妻が慢性的な頭痛で悩んでいます。
ここ1年は具合が悪いときは、寝込むことが多くなりました。
しびれるような頭痛、首、背中、腰の痛み(ほぼ全身)を訴えます。
また最近は左目が「うすいもや」がかかったように、白く見え、
視野が狭く感じるようです。
左目の奥に眼痛も感じるそうです。
最近は左耳も、たまに聞こえなくなるそうです。
先日、メガネを購入する際に左目の視力が数分間で変化することがあり、
店員から「眼科」へ行くように勧められました。

また激しい胃痛がするときは立っていられないこともあります。
以前に「移動性じん臓(?)」と診断されたことがあるようで、
尿検査をすると必ず蛋白が検出されます。

このような症状のときは、何科に行ったらよいのでしょうか?
移動性じん臓が関係するのでしょうか?
またどのような病気が考えられるのか?
教えてください。

Aベストアンサー

一番考えられるのは脳腫瘍なのですが
出来るだけ早く脳外科に来院される事をお勧め致します
もし、以上なしでしたら自律神経失調ですがその時はまた質問してください

Qバセドウ病について

自分の姉がのどが腫れて来るバセドウ病と診断されたみたいですが、このバセドウ病とはネットで調べる限りの外見からの症状はないと思うのですが。また毎週通院とかしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

バセドウ病の外見の症状は片側性あるいは両側性の眼球突出が見られるそうです。

また、新陳代謝を活発にするホルモンの過剰な分泌が長期間続くのがバセドウ病なので、
頻脈、動悸、発汗、易疲労感、微熱、下痢、体重減少、食欲亢進、早口、落ち着きがない、絶えずイライラしているなどの精神症状が起こります。

バセドウ病の治療で活動を休止している歌手の絢香は、ライブの時の汗の量も相当だったと聞いたことがあります。

また、治療に関しては抗甲状腺薬を投与してひとりでに治まるのを待つそうですが、
自然寛解率はあまり高くないようです。
2年以上はかかるとのこと。

ただ、薬物療法は比較的安全で安価な治療法だといいます。

他に放射線療法や外科的療法もあるようですが、
それらは薬物療法が副作用で行えなかったり数年続けても寛解しなかった場合に適応となるそうです。

薬物で治癒させることは簡単ではないようですし、
副作用に注意したり投与量を調整したりして治癒を進めるようなので、
長い期間の通院は必要になってくるかと思います。


高齢になると心不全に陥りやすいとのことなので、
しっかり治療していきたいですね!

長くなってすみません。

参考になれば幸いです。

お姉様の病気が早く良くなりますよう…

バセドウ病の外見の症状は片側性あるいは両側性の眼球突出が見られるそうです。

また、新陳代謝を活発にするホルモンの過剰な分泌が長期間続くのがバセドウ病なので、
頻脈、動悸、発汗、易疲労感、微熱、下痢、体重減少、食欲亢進、早口、落ち着きがない、絶えずイライラしているなどの精神症状が起こります。

バセドウ病の治療で活動を休止している歌手の絢香は、ライブの時の汗の量も相当だったと聞いたことがあります。

また、治療に関しては抗甲状腺薬を投与してひとりでに治まるのを待つそうです...続きを読む

Q後頭部の痛み 10日ほど前から 後頭部、頭頂 あたりに 違和感を感じてます。ジンジンする感じ。髪を引

後頭部の痛み



10日ほど前から 後頭部、頭頂 あたりに 違和感を感じてます。ジンジンする感じ。髪を引っ張られてる感じです。一日中 感じます。我慢出来ないほどの痛みではないのですが。
皮膚科、それとも 脳神経外科 どちらに行けばいいでしょうか?

Aベストアンサー

肩・首・背中周りの筋肉の硬直が弛緩すると
はりつめたきもち・交感神経の緩和し改善がみられます
(物理的に、この首周辺の筋肉の張りが、後頭部・頭頂部の筋肉の張りにつながってる感覚はないですか?)

また
ストレスホルモンであるコルチゾールと体内のアドレナリン量は、運動によって減少します
日々の運動が、自律神経をととのえることを覚えておいてください

自律神経とは
→http://genki-go.com/autonomic/


エクササイズは試してもらえましたか?
ゆっくりの動きでいいので一度行ってみてください。

Qバセドウ病の診断って?

教えていただきたい事があります。
私はここ最近の採血検査で2回連続でT3・T4が高く、2回目の採血では
T3・T4の他にTRAbも正常値より高く出ました。
また2回連続TSHという値がかなり低くほとんど測定されない結果でした。
それで、バセドウ病だと言われたのですが、喉が腫れた感じはありません。
しかし頻脈・微熱・手の震えがあり体重減少はありません。眼球突出もありません。私は2回連続の採血でバセドウ病の可能性が高いと言われたのですが、
2回連続たかければもうその可能性が高いと考えた方がいいのでしょうか?
1回目の採血では甲状腺はT3・T4・TSHしか調べていません。
1年前にも甲状腺の検査をしましたが正常値でした。
だから私は自分はバセドウ病ではないのでは?と思っているのですが、普通バセドウ病と診断するとき、2回くらい異常が出たらもうほぼ診断してしまうものなのでしょうか?
それとも私はまだバセドウ病でない可能性も大いに残されているのでしょうか?

可能性の話でいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

最初の状態が重症であるか否かに関して、ほとんどの患者さんでは気にする必要はありません。2-4ヶ月すると多くの患者さんはホルモンレベルは正常範囲に入ります。多分toto443さんもそうなると思います。

バセドウ病の治療での問題の一つは、大体2年位薬を服用された後に何時中止をするかとゆう事があります。この時に甲状腺腫の縮小、TRAbが5%以下、サイログロブリンが正常範囲等があると再燃しにくいと言われています。

抗サイログロブリン抗体を測定した意味は、緊急性がまったくありませんのでやはり主治医の先生にお聞きになったほうが宜しいと思います。当初の鑑別診断の為やバセドウ病の橋本病への移行傾向の有無を診る為等、色々主治医の先生のお考えがあろうと思います。

前の回答にも書きましたが、患者さんにとっても、主治医にとってもお互いを信頼していると感じる事は重要な事と思っています。信頼関係が確立される責任は両方にあります。予備知識も大切とは思いますが、検査結果を渡された時に少し時間をもらってよく説明を受ける事が、まず第一に大切な事と思います。個人的意見かもしれませんが、このサイトからの知識が中途半端な知識となって、信頼関係にマイナスの影響を及ぼす事が私の最も危惧する事なのです。
どうぞお大事になっさてください。

最初の状態が重症であるか否かに関して、ほとんどの患者さんでは気にする必要はありません。2-4ヶ月すると多くの患者さんはホルモンレベルは正常範囲に入ります。多分toto443さんもそうなると思います。

バセドウ病の治療での問題の一つは、大体2年位薬を服用された後に何時中止をするかとゆう事があります。この時に甲状腺腫の縮小、TRAbが5%以下、サイログロブリンが正常範囲等があると再燃しにくいと言われています。

抗サイログロブリン抗体を測定した意味は、緊急性がまったくありませんので...続きを読む

Q甲状腺機能低下症とシェーグレン症候群

最近、無力感、体重増加、うつ、頭痛、関節痛、筋肉痛、目、口の乾燥等の症状が出てきたので血液検査を受けました。結果(主なもの)は、○抗核抗体陽性(speckled=80,nucleolar=160)、S-Amy=51、○Tg=542、○GPT=53、○FT4=0.9(2年前1.7)、HBs抗原=(-)、SS-A,SS-B=(-)、角膜炎はなし、ということでした(○は標準値外)。
診断は、甲状腺機能低下症(疑)、シェーグレン症候群(疑)というものでした。

気になるのはFT4が1.7→0.9まで下がっていることです。担当医は経過観察でよいとのことなのですが、シェーグレン症候群(疑)が合併症であるとすると何らかの手をうっておいた方が良い気もします。
どのようなものでしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「シェーグレン症候群」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?

◎http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?123_145_20_0_0_0
(甲状腺機能低下症)
これらの中で特に「原因と危険因子」「症状」「徴候と検査」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?123_146_98_0_0_0

Qバセドウ病の検査をした方がいいですか?

バセドウ病の検査をした方がいいのでしょうか?

階段を上がるだけで疲れたり、一周250mの運動場を1周しただけで息切れが激しく、大量の汗をかきます。また、平熱は37度近くあります。脈拍数は90くらいです。
私は ただ元々汗っかきだし、息切れも体力がなさすぎるだけだと思いましたが友達のいとこがバセドウ病らしく、友達にバセドウ病なんじゃないかと言われました。
色々調べたのですが、食欲が増えるとかの当てはまらない事もあるので単なる体力不足だと思うのですが…
一応調べた方がいいですか??

Aベストアンサー

バセドウ病の者です。

初診時のバセドウ病検査は高額ですよ。
私が8年ほど前に検査した時でも、血液検査・エコー検査・尿検査などで1万円ぐらいはしました。

検査が高額ということもありますし、書かれている症状は「単に体質」や喘息など別の病気という可能性も高いので、今すぐ検査が必要とは思いません。

学校の身体検査の時や、風邪などで病院に行ったついでに、医師に「脈拍が早くて息切れがしやすく、汗もよくかくのですが、甲状腺が腫れていませんか?」と質問してみてください。

内科の医者でしたら、バセドウ病の可能性があるかどうか、甲状腺の腫れを見たり触ったりして判断できます。

私のバセドウ病が見つかったのも、会社の健康診断で、医師から「甲状腺が腫れていると言われたことはないか?」と指摘を受けたのがきっかけでした。

質問者さんは年齢的に更年期障害の可能性はないので、「平熱高め」「脈拍多め」という時点で、甲状腺機能低下症の可能性は全く無いでしょう。

Q頭痛と甲状腺機能低下症の関係

私は5年前からうつ病のような症状に悩まされ、最近頭痛や吐き気が酷くなり2週間前に内科を受診し、甲状腺機能低下症と診断され薬を飲んでいます。前は頭全体が痛かったのですが、最近は部分的に痛くなります。でも頭痛は酷くて、毎日のように起こります。特に人混みに行ったときや不安にかられると凄い頭痛が激しくなり何も考えることができなくなります。甲状腺機能低下症は頭痛などの症状も起きるのでしょうか?このまま甲状腺の薬を飲んでいれば改善するのか不安で、精神科にも行った方がいいのか悩んでいます。詳しい方や経験があるかたがいたら教えて下さい(>_<)

Aベストアンサー

>頭痛と甲状腺機能低下症の関係

一つの診療科(内科だけ)で,頭痛と甲状腺機能低下症の両方を治療し,完治する事は出来ないと思います.

頭痛の治療は,別の頭痛専門医でないと,まず治りません.

甲状腺機能の治療とは分けて,頭痛専門の治療を頭痛専門医にご相談する方が賢明であろうと思われます.

最近では,頭痛の治療を「頭痛外来」という頭痛専門の医療機関で行っています.大きめの病院などに「頭痛外来」と言う医療機関があります.

頭痛は,「頭痛外来」へ通院して頭痛専門医の治療を受ければ治ります.

下記のサイトに,全国の「頭痛外来」が紹介されています.この中からお探し下さい.

▲ 頭痛外来と頭痛の病院
http://zutuugairai.livedoor.biz/

「頭痛外来」をお選びになり,「頭痛外来」で,頭痛専門医の治療を受けられるのがベストです.それ以外の方法で,頭痛を根本的に治す手段は,現在のところありません.

頻繁に頭痛が起こるようでしたら,是非,「頭痛外来」で頭痛専門医の治療をお受け下さい.

頭痛は,素人療法(市販の鎮痛剤ですませたり,整体術を施してみたりする,など)や,不適切な医療・診療科(頭痛治療を目的としていない医療科)にかかっても根本的には治りません.

私の場合,数十年におよぶ,永年の片頭痛が頭痛専門医の治療を受けた結果,今は片頭痛の痛みが発生しません.治りました.

頭痛は,頭痛専門医により根本的に治療すれば,必ず完治する時代になりましたから,是非,頭痛専門医の治療をお受け下さい.

頭痛専門医以外の内科,外科,整形外科,耳鼻咽喉科,脳外科,脳神経内科,などで治療を受けても,頭痛の根本的な治療にはなりません.これは私の永年の経験による結論です.

これらの各科では,対症療法として,その時の頭痛の痛みをとる薬を処方するだけです.その時だけ痛みが取れても,又,何時か頭痛が発生します.一生,これを繰り返すことになります.

ですから,頭痛は根本的な治療が必要です.そのために「頭痛外来」があります.

「頭痛外来」の頭痛専門医は,頭痛に対する原因療法と対症療法を同時に使い分けて治療してくれます.

頭痛には大別して,緊張型頭痛,片頭痛,群発頭痛,薬物乱用頭痛などがありますが,「頭痛外来」の頭痛専門医は,これらを見分け,投薬,治療方針を決めてくれます.

ところで,頭痛の事が良く分かる本があります.私は,これを読んで納得しました.薬のことや頭痛の発生メカニズムなども詳しく書いてあります.「頭痛」を理解するための,ご参考に如何でしょうか?

●「頭痛外来へようこそ」  2005年10月「保健同人社」発行
★(著者)東京女子医科大学病院,脳神経センター 講師「頭痛外来」清水俊彦 医師

●「薬をやめたら頭痛が治る」(ワンツーマガジン社)2007年1月発行.

●「頭痛・耳鳴り・めまい・難聴を治す本」(主婦の友社)2009年10月発行.

●「頭痛・めまい・耳鳴り・難聴は治せる」(マキノ出版)平成20年9月発行.

上記の本は,私が片頭痛の治療を受けている専門医の著書です.大きめの本屋さんか図書館にならあるはずです.

質問者さんが,どの地方にお住まいなの分かりませんが,念のため,私が治療を受けて片頭痛が治った病院を書いておきます.よろしければ,ご相談してみて下さい.診療には,予約が必要です.

● 東京女子医科大学病院  http://www.twmu.ac.jp/
 脳神経センター,脳神経外科,頭痛外来,清水 俊彦 医師
   http://www.twmu.ac.jp/NIJ/

● 住所 〒162-8666 東京都 新宿区 河田町 8-1 
  TEL: 03-3353-8111(大代表)

また,以下のサイトもご参考に如何でしょう.

▲ 頭痛なら頭痛ONLINE
http://www.zutsu-online.jp/campaign/

▲ 片頭痛,群発頭痛,
http://zutsu.jp/index.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=zutsu_yahoopc

私は,今でも,3ヶ月に一度,片頭痛の定期診断で,上記の東京女子医大・頭痛外来で治療を受けております.

また,清水 俊彦 医師が頭痛の治療を行っているクリニックを念のため下に書いておきます.

-----------------------------------
汐留シティセンター・セントラルクリニック
Tel:03-5568-8700
東京都港区東新橋 1-5-2  汐留シティセンター 3階
脳神経外科 頭痛外来 清水 俊彦(医師)
-----------------------------------

実は,私は片頭痛もちです.
片頭痛治療のため,7年ほど前から,「頭痛外来」へ通院していますが,2年ほど前に,私の片頭痛は治りました.

頭痛は「頭痛外来」で,根気よく治療すれば必ず治りますから,頑張って下さい.

>頭痛と甲状腺機能低下症の関係

一つの診療科(内科だけ)で,頭痛と甲状腺機能低下症の両方を治療し,完治する事は出来ないと思います.

頭痛の治療は,別の頭痛専門医でないと,まず治りません.

甲状腺機能の治療とは分けて,頭痛専門の治療を頭痛専門医にご相談する方が賢明であろうと思われます.

最近では,頭痛の治療を「頭痛外来」という頭痛専門の医療機関で行っています.大きめの病院などに「頭痛外来」と言う医療機関があります.

頭痛は,「頭痛外来」へ通院して頭痛専門医の治療を受ければ治...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング