gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

外交に詳しい方に質問です。
竹島(韓国名独島)は1952年1月に韓国に占領されました。
当時は朝鮮戦争のさなかであり且つ日本はアメリガ軍の支配下にあったのでアメリカによる容認がなければ韓国政府が実力行使出来ないのは明らかです。アメリカの意図は何だったのでしょうか?
日韓間に火種を残すことにより、将来日本が再び韓国を併合して大国化するのを阻止する為かなとも思いますがどうですか?

A 回答 (6件)

アメリカとしての極東の戦略的判断での、考慮外、問題外の事項でしかりませんでした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/05/05 11:20

>外交に詳しい方に質問です。


竹島(韓国名独島)は1952年1月に韓国に占領されました。

まず、正確には、1952年をもって韓国に占領された事実はない
これは法的な意味では重要である。実効支配というテクニカルな領域であるが、国際法の視座で精査した回答を付言しておく

1952年との指摘は『李承晩ラインの設定宣言』を元するものだろうが、これは占領として成立する要件を全く満たし得るものではない。
翌53年の独島義勇守備隊の竹島占拠を占領すると見解はあるが、これは民兵組織の行為であって、国権としての承認・認証が存在しない段階では「占領」と取り扱うことは出来ない。
実質的な占領と呼べるには、上記の独島義勇守備隊を国権が支援・もしくは間接的な援助を行うことが、要請されうるものであろう。
しかし、現実的には公式の同組織に対する政府支援は確認できない。
1956年に公式に地域警察による駐留が行われることによって、政府による占領が行われていることから、占領状況については国際法的には、1956年を原初とするのが適切であろう。
もっとも、1954年時点でアメリカ筋からの竹島紛争解決に関する公式書簡から、”国際司法裁判所による紛争解決勧告”が上梓されていることから、国際政治としては、1954年を「竹島問題の原初」とするのが適切であろう


>当時は朝鮮戦争のさなかであり且つ日本はアメリガ軍の支配下にあったのでアメリカによる容認がなければ韓国政府が実力行使出来ないのは明らかです。アメリカの意図は何だったのでしょうか?

まず質問者の占領概念の適否から間違いである
サンフランシコ平和条約で独立をなした時点での占領実態である。
したがって、質問は前提条件に間違いがあるので、成立しえない


>日韓間に火種を残すことにより、将来日本が再び韓国を併合して大国化するのを阻止する為かなとも思いますがどうですか?

質問者の無知が起こす単なる妄想である。質問者の外交センスの問題も多分に問題であるが

そもそも、竹島問題に関しては、アメリカはSF条約の基本路線を踏襲する立場であるし、その路線とたびたび日米間の防衛級(外相級)協議でも確認している。

もっと言えば、”日米安全保障条約5条の極東条項に、竹島は含む”との国務省発言もあるように、アメリカは単なる黙認に過ぎないのである。黙認以前に上記した(1954年の事象)ように紛争解決について意見は出しているのである

そもそも、独立を果たした時点で、日韓の領土問題に関しては第三国であるアメリカの国権など及ぶものではない。それは『内政不干渉の原則』から指摘するまでもない
積極的な直接的外交行為によってアメリカは、主権国家の領有権を犯すことが出来ないのである

妄想逞しいのは結構だが、この程度は少ない時間の調査で調べられる話であろうし、現代社会で学習した基礎的知識を応用するだけで簡単に理解・論理帰結する話なのだが・・・

領土問題に関しては、”動物の縄張り”感覚と同じような ある種の人間的創造力のない思考回路が跋扈するが、そのような未開人的な思考回路も許容されうるのが「デモクラシー」ではあろう。
しかし、外交問題のステージになれば、相手が存在することなのだから、我田引水な思考回路を抑え、中立的かつ相手を論理的に劣勢にするような聡明さが求められるのだが、そのステージだと、歯痒く感じるものだろう。
しかし、小生からすれば、その歯痒さとの共存がリアルポリティクスだと思うのだが、そこまでの外交の深淵を庶民が持ち得ないことは致しかないことだろう
致し方ないことだろうが、あまりにも稚拙なものが多いのも・・・とは思うが・・・


以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/05/05 11:20

韓国との関係悪化を懸念したから、という


ことになっていますが、裏工作があったと
いう説もあります。

これは某自衛隊の幹部に聞いたことですが、
またあの「落合信彦」も言っていました。

終戦直後、韓国が日本本土侵略を計画して
いた、という話です。

その計画を聞きつけた米国が、慌てて中止させた
というのです。
その時の取引として、竹島を、ということは
あった可能性があります。


そもそも米国は、安保条約など守る気が無い
のではないのかも知れません。

北方領土をソ連が侵略したときも、米国は
何もしませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>北方領土をソ連が侵略したときも、米国は何もしませんでした。

アメリカは日本の用心棒ではありません。日本が武力で侵略を阻止するのが筋では?

お礼日時:2012/05/05 06:16

事実無根です。

アメリカが韓国による竹島占領を容認したという事実はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/05/05 11:19

 


戦略的にどうでもいいと考えていたのでしょう。

この回答への補足

>戦略的にどうでもいいと考えていたのでしょう。

対馬、竹島の韓国領編入をアメリカは拒否していますが・・・

補足日時:2012/05/05 06:20
    • good
    • 0

当時は朝鮮半島と北海道は共産圏になる想定でしたから、



竹島はどうでもよい。
この程度の戦略的価値しか持っていなかったと思います。

欧州やアラブ諸国に重点を置き、極東は日本を最後の拠点とみなしていたようです。

この回答への補足

>当時は朝鮮半島と北海道は共産圏になる想定でしたから、

北海道を釧路・留萌を結ぶ線で分割するソ連の提案をアメリカは拒否していますが・・

補足日時:2012/05/05 06:18
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング