プロが教えるわが家の防犯対策術!

ウレタンゲルとシリコンゲルではどちらの強度が強いのでしょうか。

A 回答 (1件)

質問者様の意図に沿うかどうかは分かりませんが…



「ウレタンゲル」をポリウレタンエラストマーと解すると、
分子構造が三次元架橋していないこと、水による加水分解、
窒素酸化物、塩分、紫外線、熱、微生物などによる分解が
起こる可能性があります。

「シリコンゲル」をシリコーンゴムと解すると、分子構造が
三次元架橋構造をとることに加え、酸やアルカリによる分解の
可能性があること以外には非常に安定です。

耐久性という観点からみると、シリコーンの方に軍配が
上がると思います。

硬さや弾性などの物性は、それぞれ調整できるのでどちらが
いいかという答えはできません。

蛇足ですが、「シリコン」と「シリコーン」とは全く別の
意味ですので、知っていると友達に自慢できるネタになります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング