マンションのベランダでプランターや鉢で野菜や花や木を育てています。
いわゆるルーフバルコニーなのですが、ほとんど一日中強い風がそのまま
通りぬけるため、野菜も花も木も、葉が焦げ付いたようになってしまいます。
また今の時期、風は本当に強く、椅子やテーブルは飛ばされたり、木の鉢は
倒されたりしてしまうほどですので、簡単な風よけを立て掛けるくらいでは、
飛ばされてしまいます。
見た目も悪くないような方法で、風を防ぎ、日光を遮らないようにしたいの
です。良い方法が有りましたら、教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「ラティス」の遮光が気になるようでしたら、「園芸用防風網」はどうですか。


また、寒冷紗の白いものや、透明のものなら遮光率も10~20パーセントと
大丈夫かと思います。
    • good
    • 0

miitannさんに補足させていただくと、「ラティス」ではないでしょうか。


90cm×180cmで1500円(うちの近くのホームセンターでは)くらいで売っています。サイズもいろいろ有るし、ベランダの柵などに取り付けるものも売っていますので、園芸ショップやホームセンターを覗いてみられてはいかがでしょうか。
強風は物など飛ばされて危険ですのですべてを固定して縛っておく、くらいの心がけも必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラティスはその分、日光が当たらなくなるのが気になります。

お礼日時:2001/05/17 17:09

最初の方が言っておられるように、防風ネットを使うのが良いでしょうが、見た目がイマイチ。

で、考えたのですが、外側に名前がわからないのですが、ウッドデッキなどに使われている柵みたいなものを使い内側に防風ネットを張る。それをベランダの柵にひもか針金で固定するというのはどうでしょう?これだと外側からの見た目は(反対の見た目がよくしたい場合は順序を逆に)クリアできる?高さの低いものならば下のちょっと遮光されたところには半日陰でも育つ物、直射日光が当たる場所には直射日光が好きな植物を置けると思うのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラティスを使うのは良いかも知れませんね。でも、日光が当たりにくくなるのが気になります。
ところで、1面だけでの風除けで、どのくらいの効果があるのでしょうか?

お礼日時:2001/05/17 17:07

こんにちは、



農業の分野で、風の圧力を弱める、防風ネットというのがあります。
アミの目のネットで(簡単にいうと、魚をすくうアミのようなもの)
ベランダの柵にひもを使って取り付けることができます。

原理は、水道でたとえると、
水道の蛇口を全開して、手でさわると、かなりの圧力を感じますが、
蛇口に、細かいアミをかぶせると、圧力は低下します。

防風ネットで、風をきりきざんで、圧力を低下させます。
農業では、風よけとしてよく使われます。

防風ネットは農業資材店にあります。
網の目は、2ミリか4ミリが適当でしょう。
幅は、1メートル、1.5メートル、1.8メートル・・・とあります。
長さは50メートル巻きになっています。長すぎますよね(^^ゞ

この商品でなくても、細かい網目状のものなら、風は弱くなります。
参考にして下さい。

この回答への補足

ベランダがちょっと広く、花木の鉢は柵を背にして、その1箇所に集まっています。
その周りは4面とも空いていてどの方向にも風が吹き抜けます。(7階のルーフバルコニーです)
4面のうち、柵に面した1面にだけネットを張るだけでも、風の量は大きく減るもの
なのでしょうか?

補足日時:2001/05/17 16:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

50メートルはちょっと多いですね。今気がついたのですが、網戸の交換用の網でも
同じ効果は得られるのでしょうか?

お礼日時:2001/05/17 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインテグラル∫とdxについて

非常にわかりにくい質問だと思いますが、ご容赦ください。∫f(x)dxという式があったとします。これは、積分の成り立ちから考えて、dxという記号が必要なのかどうかずっと疑問なのです。
積分の成り立ちはhttp://izumi-math.jp/sanae/MathTopic/sekibun/sekibun.htmのサイトを見て理解しました。
dxだけなら意味を持たないというのなら理解できます。∫dxがひとつのセットで積分という行為をするという風に捉えられるからです。でもdx単体でも意味を持ちますよね。でもこの成り立ちから考えて勝手にdxに意味を持たせていいのでしょうか。f(x)dxが微小面積で∫を作用させることによって足し合わせるという図のイメージはできますが、数式の上でどうしてそういう風なイメージになるのか理解できません。数学の得意な方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」という操作を式の中に書くのは当然です.

ところが,微積分学の基本定理の発見によって,(1変数の場合は)わざわざ細切れを足さなくても「微分の逆」を使えばうまく積分を計算できるという「裏技」(←説明のために批判を恐れずあえてこう書きます)が編み出されたのです.
「積分は微分の逆」という標語は,「結果的に成り立つ事実」「計算のための便利な公式」という程度に認識すべきで,「積分とはそういうものである」と解釈すべきではありません.

高校数学カリキュラムで原始関数を使って積分を導入しているのは,「細切れを足すのを高校生にきちんと説明するのは困難だから」という消極的な理由による「方便」です.こういう高校数学の方便としての積分の見方は,大学で微積分学を学び始める段階でリセットすべきものです.

========
ところで,こうして積分の本来の意味とライプニッツの記法を見直してみると,∫ という記号はあくまで「足す」という意味で,「微分の逆をせよ」という意味は込められていないことに気づきます.その意味で,「∫ を微分の逆の作用素とみなして, dx を書かない」というのは,新たな記法の提案としても無理があるでしょう(∫ と dx のセットで「微分の逆」と説明するのなら,本来の意味とは異なるとはいえ,結果的につじつまが合うので,高校数学の方便として通用します).
1変数に限定して,たとえば I[f(x)] で f(x) の原始関数を表すとか,dx に相当する記号を使わない積分の記法を考案するのは自由ですし,そういう試みは過去にあったかもしれません.でも,そのような記法に,すでに定着したライプニッツの記法と比べて「dx を書く手間が省ける」以上のアドバンテージがあるとは思えず,提案してもたぶん流行らないでしょう.

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」...続きを読む

Q2鉢ある「幸福の木」を1鉢に植え変えたい

お世話になります。植物に関しての知識がないので、質問させてください。3年ほど前にお店で「幸福の木」と呼ばれるものをいただきました。(一度枯れてしまったのですが、ネットで見ると水のやりすぎだったようで、葉を切って水やりを控えたら、今はわずかですが葉が生えています。)

1鉢に2本の木が植えられています。木の高さは20センチ位と10センチ位です。鉢が小さいので、よく倒れてしまいます。この2鉢4本の木を同じ鉢に植え替えたいのですが、注意点を教えていただけないでしょうか。
鉢はどのようなものを選べばいいでしょうか。
また、珈琲豆の出がらしを肥料としてあげていますが、これは植物にとっていいのでしょうか。

アドバイスをいただけると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も幸福の木を育てています。1つの鉢に4本です。
直径25センチ、高さ30センチくらいの鉢を使っています。
幸福の木は結構根が張るので鉢は大きめなものを選びましょう。

水はけを良くするため、
市販の観葉植物の土に赤玉土や川砂を少し混ぜてもよいかもしれませんね。

>珈琲豆の出がらしを肥料として
私もたまにお茶の出がらしを与えています。
市販の園芸肥料と併用するとよいでしょう。

Q風翔ける国のシイちゃん・・・

漫画家 中田友貴(なかた ゆうき)さんの漫画で
『風翔ける国のシイちゃん』1.2巻は持っているのですが
その他にDX版が有るようなのですが、DX版の内容が分かる方又は持ってる方いますか?
1.2巻の総集編なのでしょうか?

Aベストアンサー

懐かしい…。
DX版は1巻に収録されている第一話「シイちゃんユーリーと会う」が再録で、全30話+特別番外編2話+あとがき漫画で構成されていて、1、2巻の総集編ではありません。

コミックス未収録作品から作者が選んだ傑作選です。
ちなみにまだたくさん(39話分!)未収録作品があるのですが。

ユーリーのストレス袋がイカス漫画でしたね。

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む

Q微分 (d^2)y/(dx^2)

微分で、(d^2)y/(dx^2)っていう表現よく出てきますよね? これについてそもそもなぜ2乗の位置が違うのかって言うのがわからなくなったのですが,,,


そもそもdというのはたとえばxで微分したら、微分したののあとにxで微分したことを示すためにdx、yで微分したのならそのあとにdyとかくのですよね?

そこから考えたのですが(数学的に正しいかどうかは一切わかりませんが個人的にはこれが一番筋が通りそうな気がしました)、たとえばy=x^3とかで

dy=3(x^2)dx
d(dy)=D[3(x^2)]dx
(d^2)y=6x(dx)dx=6x(dx^2)

とつまりdxのまえにxの文字式があればxで微分できるため新しいdxができるが、dyの前にyを含んだ文字がないのでyで微分できないため?といった風に考えました。。。(汗)

正確な解釈を教えてください。あとdxとかの扱い方がいまいちよくわかってないので、上ので間違ってるところの指摘お願いします。

Aベストアンサー

d dy
-- --
dx dx

を、カッコを使わずに書いて
d^2 y
-------
dx ^2
という書き方になったのではないかと、かってに推測しています。

Q自然発芽した木に花、何の木?

庭の隅に自然発芽した木があるのを見つけました。
樹高はまだ30cmくらいなのですが、
花まで咲いていました。
花は茎から葉が生えている部分から、
いくつもの白い花が咲いています。
顔を近づけてみるとほのかに良い香りがします。
この木、何の木だか分かりますか?

Aベストアンサー

ツゲ科の サルココッカ(Sarcococca)の仲間のように見えます。
http://www.botanic.jp/plants-sa/sarhoo.htm
http://goo.gl/nBEiJ

ご自分でもこの名前で、複数のサイトでの確認や画像検索をなさってみてください。

Qdy/dxについて

dy/dxはなぜ置換積分をする時(1)のように分数の計算みたいに計算できるんですか?高校の時も先生はそのことについてこれはこうなるという風にしか説明しませんでした。他の専門書とかにもとりあえずこうなるみたいな書き方をしてありました。そんなに難しい理論なんですか

(1)t=2x^2とすると dt/dx=4x⇒dt=4xdx

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236331
でほぼ同様な疑問に対してかなり突っ込んだ回答がなされています.

Q花の名前(木に咲く黄色い花)

私の住んでいる地域では桜と桃が終わり、今はハナミズキとツツジが咲いています。

添付写真の植物は多分初めて見たと思うのですが、なんという名前かわかりますか?
低木ではなく大きな木に、ツツジ風の手のひらサイズの黄色いふんわりとした花がついています。

Aベストアンサー

イペーではないでしょうか
和名・ コガネノウゼン(黄金凌霄花)

Qdy/dx・dxは置換積分を使ってdy?

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”置換積分”とは具体的には
どのような作業を指すのでしょうか?
疑問2.
以下は全て同じことを表現したいと意図している
のですが、誤解を招くことはないでしょうか?
2y・dy/dx・dx   
2y (dy/dx)・dx  
2y dy/dx dx
2ydy/dx dx
2y*dy/dx*dx
2yとdyの間に半角スペースを入れた方がよいか
・と*と半角スペースどれが妥当か
dy/dxは()でくくるべきか
などなどです。

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及してる解説は
経験上そんなに多くはありません.
その解説を書いた人はまめというか,
きっちりした方なんでしょうね.
普通は,No.1さんのように
本当は初歩的な段階では「約分」ではないのにも関わらず
形式的に約分をしてしまう解説がほとんどです.
そもそも,dy/dx は定義してても,dyとかdxというものは
定義してないですよね?定義してないものに対して
計算を行うというのは変なんですよ

ただし,No.1さんのような「約分」というのは
実際は,上述のように「置換積分」によって正当化されるので
積分記号のもとではやってしまってかまわないのです.
そして,いちいち積分記号とか書いていると
まどろっこしいので,あとで積分で使うことを前提として
なんだかわかんないけども,dxやdyというものを使って,
さらに積分記号を省いてしまって,「普通に約分」とかして
計算してしまって,それを使うというのが現実的な解法です.

つまりは「表記の問題」にすぎません.
こういうふうに「省略して書く」というのが一般的で,
なおかつ,あまりにうまく機能するので逆にややこしい,
つまり,dxとかdyが普通の数に見えてしまうということです.

これには裏があって,じつは
もっと数学を勉強していくと,積分とかにまったく無関係に
関数 f に対して,df というものがでてきます.
微分形式というのですが,ここまでいくと
約分とか,そもそも``dx''ってなんだ?という問題は
すべて解決されます.
さらにこの微分形式ってものに対して「積分」という演算が
定義されるのですが,それは「普通の積分」とうまく
噛み合うように定義されます.

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及して...続きを読む

Qこの花は何という木の花ですか?

北海道の庭の木に咲きました。ツツジかと思っていましたが花が違います。
何という木でしょうか?

Aベストアンサー

#1です

ベニドウダンツツジのようです
http://photohito.com/photo/4603193/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報