出産前後の痔にはご注意!

これはバイクに限らず車でもそうなんですが、キャブのセッティングが薄すぎたり、2次空気を吸っていたりするとマフラーから「パンパン」音がするといいますが、どういった理屈で鳴るのでしょうか? 
マフラー内で混合気が燃えているだとは思うのですが、、、リーンすぎて混合気がシリンダー内で燃焼しない→マフラーに未燃ガソリンが流れ込む、として、なぜそれがマフラー内で発火するのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

補足しておきますとアフターファイアーもバックファイアーも


ガソリンの発火点と引火点の温度の違いによって起こります。

ガソリン自体が着火するためには約260℃の温度が必要です。
しかし、ガソリンが気体になった状態では-38度で着火します。
そのためキャブレター内部で着火するには260℃以上の温度が必要です。
それに通常は吸気側のバルブが開く時はシリンダー内部が負圧の状態です。
高温のガスなどはキャブレターに戻ってきませんから発火しません。

しかし、エンジンから出た濃い混合気は酸素が足りず燃え残ったため
ガソリンが高温のままガス化しており酸素が補給されると爆発するのです。
これがアフターファイアーの理屈です。
薄い混合気の場合はガソリン自体が少ないので爆発しません。

この回答への補足

詳しい解説ありがとうございました。
naishodayoさんの話と合わせると、アクセルを開けているときにアフターファイヤをするのは濃い、アクセルを閉じて減速しているときにアフターファイヤするのは薄い、という理解で大丈夫でしょうか?

補足日時:2004/01/25 20:37
    • good
    • 13

>それに通常は吸気側のバルブが開く時はシリンダー内部が負圧の状態です。


高温のガスなどはキャブレターに戻ってきませんから発火しません。

オーバーラップを設けてあるエンジンでは
排気工程においても吸気バルブが開き始めます
燃焼室内は負圧になっていませんよね・・
    • good
    • 11

混合気が薄い場合でも、アフターファイヤーが起こります。


これは、アクセルを閉じてエンブレをかけた時に起きます。
ミクニのマニュアルにも「混合気が薄い場合の症状」として書いてあります。

なぜかと言うことについては、忘れました。(^^ゞ
混合気が薄い場合、排気温度が高くなるので、
高温になった排気バルブ、エキパイで引火するんだっけかな?

2輪の場合、混合気が濃くてアフターファイヤーが起こるという症状は、
(私の経験上は、)少ない気がします。
前述のマニュアルには書いてありますけどね。

この回答への補足

kokusudaさんの話と合わせると、アクセルを開けているときにアフターファイヤをするのは濃い、アクセルを閉じて減速しているときにアフターファイヤするのは薄い、という理解で大丈夫でしょうか?

補足日時:2004/01/25 20:32
    • good
    • 7

混合比が薄いと燃焼速度が遅くなります


ただこの場合マフラーでなく
吸気側へ吹き返すのです
これがバックファイヤーです
燃焼速度が遅いと次の吸気サイクルまで燃焼を続けて
しまうのです(バルブのオーバーラップがるので
燃え残りが新しいガスに引火するのです)
反対に濃い場合(リッチ)は燃え残りがマフラー
のや触媒の熱で引火し爆発します
これはアフターファイヤーと呼ばれるものです
    • good
    • 7

よく、マフラーからバン!と音がして火が出るのを


俗にバックファイアーと呼んでいますが、実は間違いです。

排気系の中で未燃焼ガスに着火してマフラーから爆音が発生する現象は、
アフターファイアーと呼び、混合気が濃い場合に起こります。
燃焼できずにガスがマフラーに行って空気に触れて引火します。
エンジンにはダメージはありませんが、危険であることは間違いありません(笑

バックファイアーとはシリンダー内での燃焼が遅すぎて、
吸気サイクルに入っても火種が残っている場合に、
キャブレター内へ引火して爆発する現象で、主として混合気が薄い場合に起こります。
つまりガソリンに引火するほどの熱風がシリンダーからキャブレターに
戻っていくのです。
エンジンがかからなかった時などに、エンジン部から変な爆発音がして
エンジン付近から煙が出てきたりします。
これは、かなりダメージ大きいです。
キャブレターやエアクリーナーなどは樹脂やゴムの部品が多いので
火災の危険性もあります。
運が良ければ部品交換だけで済むかもしれませんが、、、

この回答への補足

ということは、、まず混合気が薄い場合はアフターファイヤはしないのでしょうか? 知合いから(しかも複数)から薄い場合(も)アフターファイヤが起こると聞いたのですが、、、。
あともう一つ空気に触れただけで混合気は引火するのでしょうか? ではキャブレター内で引火しないのはなぜ? 温度が低いからだとすると、シリンダー内(高温)に送り込まれた瞬間に引火するのでは? マフラーより確実に高温であるシリンダー内で、しかも火花を散らしたのに燃焼しなかった混合気がマフラー内で爆発する、、と言うところがどうも腑に落ちません。 補足で説明をいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

補足日時:2004/01/25 12:24
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフターファイヤーが酷いです。

なぜ、マフラーの抜けが良くなるとアフターファイヤーは起こるのでしょうか?
混合気が薄くなるとアフターファイヤーが起こると聞きますが、抜けが良くなると混合気が薄くなってしまうのでしょうか?
アフターファイヤーが起こる仕組みが知りたいです。
これから吸気効率をアップさせる予定です。
そうなると、もっと混合気が薄くなるのでは?と思っています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3147777.html
昔、回答しました。

多少切れ気味ですが。(笑)

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qアクセルを戻す時にパーンとバクチクみたいな音が出ます。

マジェスティ125Fiに乗っています。マフラーを変えたんですが、走行中、スピードを落とす際のアクセルを戻すときに、パーンと爆竹みたいな音がします。ここのサイトで調べた結果、アフターバーン?というらしいのですが、対策はキャブ調整、エアクリ掃除?このバイクは、インジェクション車だし、走行も1000km未満でエアクリが原因とも思えないのですが、他に原因はどこにあるのでしょうか?また、この現象を無視して乗り続けた場合、どういう悪症状が出るんでしょうか?

Aベストアンサー

自分もFI乗ってます。確かにインジェクションは、
季節に左右されず最適な混合比で燃料を送る機構ですが、
台湾仕様のためかノーマルの状態だと、寒い時など空気が多い(濃い)日は
噴射量が足りなくなってガスの割合が薄くなってしまいます。
そうなるとアフターファイヤーがでます。
社外マフラーを入れると、抜けがよくなるぶん
空気を多く吸ってしまうので、余計薄くなります。

参考URLにYSP川崎中央のアドレスを乗せておきますね。
どうやらFIの調整をしてくれるらしく、アフターファイヤーが改善するみたいです。

症状を無視すると、冬場ですぐエンストしたり、
エンジンにダメージが溜まってそのうち焼きついたりしますよ。

参考URL:http://www.ysp-top.co.jp/kikaku/0majesty/majesty125fi_adj.html

Qバイクのバックファイヤー

質問お願いしますバイクですが、バックファイヤーは何でなるんですか、宜しくお願いします。・・対処方法と教えて下さい。修理金額は、結構しますか。

Aベストアンサー

まずバックファイヤーの意味を正しく理解しているかどうか確認させてください。
結構多くの方が間違えているのですが、エンジンブレーキなどの際にマフラーで不整な燃焼が起こる現象をさしてバックファイヤーと呼ばれる方が多いようです。しかし、これはアフターバーンと呼ばれる現象でバックファイヤーではありません。

本来の意味でのバックファイヤーとは、キャブレター側に燃焼ガスが吹き返し、キャブレター内部での燃焼が起こる現象です。この現象の原因の多くは空燃比の異常、または異常に遅い点火時期で起こります。空燃比が異常に薄い(または濃い)状態で燃焼が非常に緩慢に進んだことにより、吸気バルブが開き始めた時点で燃焼が終了しておらず、キャブレターやインテークマニホールド内部の混合気に引火する現象です。これが起こると本来吸入するべ混合気がすでに燃焼してしまっているため、エンストを起こしたり、最悪は火災に至る場合もあります。

もし、本来の意味ではなく、排気管側で起こるアフターバーン(アフターファイヤーとも言う)のことであれば、この原因も多くは空燃比の不整による場合が多いのですが、バックファイヤーの場合と異なり、多くの場合はスロットルを閉じたエンジンブレーキの状態で起こることが多い(バックファイヤーの場合はスロットルを開けた瞬間などに起こる場合が多い)ので、主にスロー系統の問題である場合が多いのです。エンジン回転が比較的高い状態でスロットルをオフにしたときの空燃比が正常な状態から大きく外れるなどして正常に燃焼せず、未燃焼のガスが排気管内部にたまり、スロットルオンにした時の正常な燃焼や、時折不規則に着火する燃焼による燃焼ガスと、ともに出てくる高温の火炎によって点火され、爆発的な燃焼を起こす現象です。

どちらの場合においてもキャブレターの空燃比の調整に主眼を置いて点検する必要があるでしょう。アフターバーンの場合はアイドル系統に主眼を置いて、バックファイヤーの場合はメイン系統(あれば加速系統も)に主眼を置いて点検しましょう。また点火時期(自動進角のあるものではそれも含め)の点検も同時に行います。

まずバックファイヤーの意味を正しく理解しているかどうか確認させてください。
結構多くの方が間違えているのですが、エンジンブレーキなどの際にマフラーで不整な燃焼が起こる現象をさしてバックファイヤーと呼ばれる方が多いようです。しかし、これはアフターバーンと呼ばれる現象でバックファイヤーではありません。

本来の意味でのバックファイヤーとは、キャブレター側に燃焼ガスが吹き返し、キャブレター内部での燃焼が起こる現象です。この現象の原因の多くは空燃比の異常、または異常に遅い点火時期で起...続きを読む

Qパンパンパン!という破裂音のような排気音の車。

最近家の前の通りを、「パンッ、パンパン」というような、何かが破裂しているような
排気音を出して走る車が通るようになりました。
夜間などはびっくりしますし、なによりその音自体が低く乾いて響く「パァン」という音で
とっても不快なのです!!
あの音は車の排気系統のどこかが壊れていてする音なのでしょうか?
それとも改造等をして故意に鳴らせているものなのでしょうか?
車に詳しい方で分かる方いらっしゃいましたら、教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

単に、直管なだけだと思われ。。(か、それに準ずる状態)

詳しい説明は省きますが、これだけで十分にパンパン言う可能性はあります
とりあえず直管(orもどき)にするとアクセルオフのたびにパンパカ言う車になりやすいです
また、鳴らすのは確率は低いもののある程度までは故意に行なう事も可能ですが通常は何もしなくても勝手に鳴ります(むしろ止めろって言う方が難しい)
ちなみにこう言う車がエンブレ状態で坂を下ったりするとボコボコボコッ…とこれまた独特な音が出たりします
つーか、ひょっとしたらRE系(ロータリー)かなぁ?
四六時中パンパン言わせながら走っているRE車って何故かたまーにいるから(笑

もし仮にミスファイアリングやレブリミッターが付いていたとしても99.9%作動していないでしょう
なぜならこれらの部品は基本的に全開走行時しか作動しないシステムだからです
ちなみにミスファイヤが作動するとパン…パパッ。。程度じゃ済みません。ブオーン(←エンジン音)…ババババッ!!!!!(←アクセルオフでミスファイヤ作動)…ブオーン(←再びアクセルオン)な感じになります
もっと解り易く言えばマシンガンをぶっ放したのと同じくらい連続で爆発音がでます(笑

単に、直管なだけだと思われ。。(か、それに準ずる状態)

詳しい説明は省きますが、これだけで十分にパンパン言う可能性はあります
とりあえず直管(orもどき)にするとアクセルオフのたびにパンパカ言う車になりやすいです
また、鳴らすのは確率は低いもののある程度までは故意に行なう事も可能ですが通常は何もしなくても勝手に鳴ります(むしろ止めろって言う方が難しい)
ちなみにこう言う車がエンブレ状態で坂を下ったりするとボコボコボコッ…とこれまた独特な音が出たりします
つーか、ひょっとしたらRE系...続きを読む

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

QZX-9Rアフターファイアが酷く悩んでいます。

E型で走行約9000キロ、吸気:K&Nリプレースのみ、排気:BEET管(多分、JMCA)のみ以外はフルノーマルです。最近、突然故障#4番が死に三気筒になり、プラグをNGKイリジウム、ついでにエアフイルも純正から上記にDIY交換しました。故障は直り、始動性も向上、絶好調と勝手に悦に入っていたのですが...普段は調子良く走っているし、スロットルオフ時エンブレ中のバラバラ音に関しては本人も全くの許容範囲なのですが。問題なのはツーリング中、スロットル一定のまま(半開くらいで右手固定)結構な速度で直線走行時(風圧はそれなりに大)、段差越えなどのショックで本人の意思とは別に右手が勝手に動いちゃう時ありますよね。その時ってスロットルを一瞬だけ戻す格好になり、その後また一瞬ですぐ元の開度に右手が落ち着く訳ですが、まさにこの瞬間、マフラーですごい「パンッ」って音がして困っております。EGに良いわけ無いし、サイレンサがすっ飛ぶ例もあると聞きました。直線なら音被害のみでまだしも、コーナー立ち上がり加速中の時だとホントに転んじゃいそうでビックリです。以前からもこのイヤな症状は若干有ったですが、最近の交換でより顕著になった様な気もしますラム圧のあるユメタマ、この場合、何が原因と考えられますでしょうか?自分なりに調べたり色々考えたのですが原因として挙げられたのが次の点です。
・燃調(この場合って濃いのかor薄いのか?体感的には低速のレスポンスがダルイ、排ガスがクサイ、以上全て「様な気もする程度ですが」)
・キャブのオーバーフロー(チョーク始動時に、たまにエキパイ下あたりでガソリン漏れを見かける。発生箇所不明)
・燃料ポンプ関連(って付いてるのでしょうか?)
・排気漏れ(エキパイからは音がしてないと思いますが)
・オイルの入れすぎ(エアクリBOX内にオイルが少量有りました)
・ブローバイ関連(エアクリBOX内~同上)
・二次エア関連(って、対策装置付いてるんでしょうか?)
・その他、関係あるのかわかりませんが#2番のプラグキャップだけオイルで濡れてた事が有ります。全般にガソリンくさい様な・・・以上全て「様な気もする程度ですが」)燃調に関していえば、この「濃い」のか「薄い」のかが良く分かりません。一般に抜けの良いEXに交換後、スロットルオフのエンブレ時のバラバラ音は皆一様に「薄い」からとの見解ですが。中には、未燃焼ガスが排気漏れ等エキパイ接続部隙間から引き込まれた新気や、サイレンサ出口で急に新気に出会う事で爆発的に燃焼する。との記述も見えました。これらの物言いだと「濃い」のではないのかとも思われますし。本やNETで調べてみたのですが、物により「スロージェット」「エアスクリュー」「パイロットジェット」「パイロットエアジェット」等など、ズバリ良く分かりません。それらはキャブ本体をバラさずに回せる所にあるのでしょうか?自己責任で、自分でいろいろイジりたい方ではありますが、恥ずかしながらキャブに関して自信がなく、正直ドコをどういじれば良いのか・・・です。識者の皆さま、よろしければお知恵を分けてくださいませ。

E型で走行約9000キロ、吸気:K&Nリプレースのみ、排気:BEET管(多分、JMCA)のみ以外はフルノーマルです。最近、突然故障#4番が死に三気筒になり、プラグをNGKイリジウム、ついでにエアフイルも純正から上記にDIY交換しました。故障は直り、始動性も向上、絶好調と勝手に悦に入っていたのですが...普段は調子良く走っているし、スロットルオフ時エンブレ中のバラバラ音に関しては本人も全くの許容範囲なのですが。問題なのはツーリング中、スロットル一定のまま(半開くらいで右手固定)結...続きを読む

Aベストアンサー

空気とガソリンでは流動粘度が空気の方が低いので、吸入負圧が低くなれば空気の方が多く吸い込まれます。
マフラーを変えて排気抵抗が下がるとピストンの動きが速くなり、その結果吸入負圧が下がるので混合気は薄い方向になります。
アクセルを閉じると混合気の流れが遮断させるので、インテークポート内の吸入負圧は増大します。
結果、アクセルオンおよびパーシャル時よりも混合気は薄くなります。
シリンダーあたりの排気量が大きいビックシングルなどではエンブレ時の混合気濃度を上げるためのエンリッチャーなどの装備があります。
パーシャル時で薄めの混合気であればアクセルオフになった瞬間に点火限度の範囲を超えて薄くなるためにシリンダー内では燃焼できず未燃焼ガスとしてマフラーに排出され、排気系統内部の温度により引火して爆発音を出します。

理屈じゃないんです。
現象として壊れているものをどうやって直すかです。
その技術が無ければ何を言っても意味ありません。
故障を直すための質問なのか、単なる雑学が知りたいのか、そこが問題です。
理屈を知っていても構造を知らなければ修理はできませんし、余分な知識は故障診断の妨げになります。
ですので、必要以上に推測で回答することは質問者の不利益になると思っています。
キャブのオーバーホールしてください。それができなければショップに持っていってください。

空気とガソリンでは流動粘度が空気の方が低いので、吸入負圧が低くなれば空気の方が多く吸い込まれます。
マフラーを変えて排気抵抗が下がるとピストンの動きが速くなり、その結果吸入負圧が下がるので混合気は薄い方向になります。
アクセルを閉じると混合気の流れが遮断させるので、インテークポート内の吸入負圧は増大します。
結果、アクセルオンおよびパーシャル時よりも混合気は薄くなります。
シリンダーあたりの排気量が大きいビックシングルなどではエンブレ時の混合気濃度を上げるためのエンリッチ...続きを読む

Qエンブレの時のアフターファイヤー

ビラーゴ250に乗っているのですがマフラーを変えてアフターファイヤーがすごい事になっています。

過去ログ読んだり色々調べたりして、抜けが良くなってガソリンが薄い状態になっていることが分かったのですが、状況に応じて調整するべき場所があるみたいで、そこがどこなのか分からないので教えて下さい。

アクセルを全開にした後にエンブレをかけた時になるのですがスロージェットの調整では上手くいきませんでした。他にもパイロットスクリューの調整もしましたが変化がありません。

一つ気になるのが急速→急閉の場合はメインジェットの域になるのでしょうか?メインジェットはアクセル開度2/4~4/4ぐらいみたいなのでエンブレ時には関係ないのかな?とも思いましたがパイロットジェットを交換してもなるという事は、メインの方なのかなという気もしています。

チョークを引いてエンブレをかけると、アフターファイヤーはおこらないので薄い状態なのは確かだと思います。

うるさくて困っているので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No3です。
メインジェットとスロージェットは本来は別の調整域なので
別々に調整するのが基本です。
0xk2v5mさんのおっしゃるとおりスロージェットはアイドリングから
低回転域、メインジェットは中高回転域を担当します。

交換して試走して、交換して試走しての繰り返しでかなり面倒で
そのうち訳が分からなくなって、もとに戻したりして・・・。
0xk2v5mさんの場合、文面で判断すると全域ちょっと薄い、でも
実走行には支障が無いという感じなので、全域で少し濃くする
方向で調整することで問題が改善されると思います。

本当に調整するのなら他の方がおっしゃられているように
濃い状態のメインジェットの方向から試走を繰り返し調整する
方法がいいとおもいます。

それが面倒なら、メインジェット2番手(数字で5程度)、スロー
ジェット1~2番手(2.5~5)あくまでも自分の勘で付けてみて
問題が改善されることを祈る。
その状態で暫らく走ってみて、問題が改善されなければさらに番手を
2番手ほど上げてみるという感じであげていく。

めんどくさがりで素人の私は後者の方法でのんびり調整してます。
レースじゃないんであわてて調整する必要も無いんでね。

ジェットを1~2番手あげた位ではほとんど変化が感じられない程度で
すが、実走行で問題ないようなのでそんな位で調度いい程度くらいかと思います。
がんばって調整してみてください。

No3です。
メインジェットとスロージェットは本来は別の調整域なので
別々に調整するのが基本です。
0xk2v5mさんのおっしゃるとおりスロージェットはアイドリングから
低回転域、メインジェットは中高回転域を担当します。

交換して試走して、交換して試走しての繰り返しでかなり面倒で
そのうち訳が分からなくなって、もとに戻したりして・・・。
0xk2v5mさんの場合、文面で判断すると全域ちょっと薄い、でも
実走行には支障が無いという感じなので、全域で少し濃くする
方向で調整することで問題...続きを読む

Qエンジンが吹けあがらないんですが・・・

ホンダのR&P(マフラーとパワーフィルターを換えてます)なのですがエンジンはキック何発かでかかりアイドリングも続きます。でも、アクセルを半分位あけたるとボコボコいってエンストしそうになります。発進時は順調なんですがアクセルを開けていくとエンストしそうになりまともに走りません。キャブは分解して洗浄しました。プラグは良い色だとおもいます。いろんなホームページ等で調べているのですが点火時期やタペットクリアランスなんかも関係しているのでしょうか??タンクに入っているガソリンが一年くらい前の物なんですが関係ありますか??どなたか詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガソリンタンクの中の水が錆びを呼んだのでは?
今まで修理したバイクでガソリンタンクが錆びついて吹けないバイクがありました。
ガソリン抜いたら中が錆びだらけでストレーナーまで詰まり、かなり苦労した覚えがあります。
根気良く清掃してください。
マフラーを変えたときに、始めは吹けていたのですか?
部品を変えた時は不具合が出る場合があるので、ジェットやパイロットスクリューなど見なおしてください。

Q急にアクセルをあけると息切れの状態に

1998 NC-26 STEED 400に乗っております。
走っている最中、または発信時に急にアクセルを全開にあけると、人間のように息切れのような症状が表れ、とても調子が悪くなります。

その状態が発生した後に、停止し、また発信しようとすると「ポコ、ポコ」というまったく力のない感じで、とまりそうになります。

エンジンを停止し少し時間をあけてから発進すると、ある程度元に戻ります。

この現象はなんでしょうか?
エアークリーナーからキチンを空気が供給されていないのでしょうか?

とまりそうで怖くて遠出できないので、困っております。

お分かりになります方、どうかご教示ください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

改造をしていないのなら・・・

薄すぎても、濃すぎても息継ぎしますよね。

濃い時は「ボボボボボッ」と重苦しい感じ。
薄い時は「もわぁ~」って息が詰まった感じ。

前者は、エアクリーナーの汚れ、サイレンサーの詰まり。
後者は、キャブのジェット類の詰まりや、インシュレーター部のゴムの破れなどが考えられます。

もちろん点火系の調子が悪くてもだめですね。
プラグを外して焼け具合も確認してみましょう。
碍子が真っ黒ならば濃い。
白かったり、電極が溶けていたら薄いです。

改造しているのなら、ショップでちゃんとセッティングしてもらいましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング