「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

A系統のネズミの皮膚片を、何の処理も受けていないB系統のネズミに移植すると、移植した皮膚片は約10日後に脱落する。この拒絶反応を起こしたB系統のネズミ(ネズミXとする)にもう一度A系統のネズミの皮膚片を移植すると、約5日後に脱落する。
何の処理も受けていないB系統のネズミとネズミXを用いた次の実験のうち、移植した皮膚片が約5日後に脱落するものはどれか。


(ア)ネズミXから取り出した血清を、何の処理も受けていないB系統のネズミに注射して、A系統の皮膚片を移植した。

(イ)ネズミXから取り出したリンパ球を、何の処理も受けていないB系統のネズミに注射して、A系統の皮膚片を移植した。










この問題の答えは(イ)です
血清ではダメな理由を
高校生物の知識で簡単に教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> ネズミXの血清にはA系統のネズミに対する抗体が抽出されているため、これを投与されると


> なんの処理もされていないB系統のネズミがアレルギー反応を起こす、ということになります。

?答えが(イ)ならNO.1さんの答えに会いませんね。
血清とは血液の上澄み液で、この中には抗体も含まれるはずですが・・・

どれどれ・・・・・

免疫にも区分があって、蛇毒に対する抗体など「液性免疫」の場合、血清中に含まれる、リンパ球のB細胞が作った抗体が免疫に関与する。でもマウスの皮膚移植実験の場合は「細胞性免疫」ってやつで血清中の抗体は関係なく、リンパ球のT細胞が直接異物を攻撃するって違いみたいですね。
「細胞性免疫」ってのはリンパ球のT細胞が異物への対処を「覚えて」、同じ状況におかれたとき速やかに対処できるようになることを指すようですね。

※私もググった結果を要約してみただけで、キチンとした理解には及んでません。
液性免疫(体液性免疫)と細胞性免疫や、リンパ球のB細胞T細胞について、教科書で調べなおしてみてくださいね。


高校の生物って、免疫まで勉強するんですねぇ。当時は物理と化学を選択してたから知らなかった。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あ!わかりました


回答ありがとうございます





通常の血清では抗体(免疫グロブリン)を作り抗原抗体反応を行う
リンパ球、要するにキラーT細胞では抗体を作らずに直接抗原に影響を与える



頭ではわかってても似たような選択肢が並ばれると………




とても参考になりました

お礼日時:2012/07/20 23:55

>2様



あれ?本当だ
勘違いしてしまいました
ご指摘ありがとうございます

質問者様、大変失礼致しましたm(_ _)m
    • good
    • 0

これは拒絶反応とアレルギー反応の問題なります。



【拒絶反応とは】
体内に侵入してきた非自己の異物(抗原またはアレルゲンという)に対し、自己の免疫機構が働くこと(抗原に対抗する物質「抗体」を作り、抗原を排除しようとする働き)で受け入れを拒否する、通常の生活においてはなくてはならない反応を免疫反応というが、これが過度に働くときや身体に害を為す方向に働くときに拒絶反応という

←例えば風邪を引いて鼻水やくしゃみがでるときは、風邪ウイルス(抗原)を退治するために免疫機能が働いている状態


この問題の場合、「なんの処理も受けていないB系統のネズミ」は移植されたA系統のネズミの皮膚片を「非自己」と認識し、免疫機構が働き拒絶反応を起こしたために皮膚が脱落してしまうのです。
また一度拒絶反応を起こしたB系統のネズミ(ネズミX)の体内には抗体が作られていますが、
再び抗原に侵入されたときそれを排除しようと過敏に働くため、二度目の皮膚移植のとき脱落する期間が短くなったと考えられます(これがアレルギー反応です)。

血清とは凝固した血液の上澄み液で、ネズミXの血清にはA系統のネズミに対する抗体が抽出されているため、これを投与されるとなんの処理もされていないB系統のネズミがアレルギー反応を起こす、ということになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皮膚移植 大学受験

よろしくお願いします。

問題文
組織適合抗原がaaであるハツカネズミのA系統とbbであるB系統を交配してえられたF1(子)に、親(A系統またはB系統)から皮膚移植をした場合、その結果とその理由を述べよ。aとbは対立遺伝子とし、A系統の個体からB系統の個体への皮膚組織は定着せず、またB系統の個体からA系統への個体への皮膚組織も定着しないとする。

私の考え
F1の組織適合抗原はabとなり、どちらの両親の組織適合抗原とも一致しないので、どちらの系統の両親から皮膚移植を行っても皮膚組織は定着しない。

ですが、あまり自信がありません。皮膚移植では組織適合抗原は完全一致しないと定着しないのですよね?例えば、親の組織適合抗原が母親aaと父親abであり、子がaaであれば、母親からの皮膚移植では定着し、父親からの皮膚移植は定着しないと考えてよろしいでしょうか?

また、臓器移植の場合も同様と考えてよろしいでしょうか。

解答がないため、自分の考えがあっているか間違っているかわかりません。
どなたかご存知の方にアドバイスをお願いいたします。

よろしくお願いします。

問題文
組織適合抗原がaaであるハツカネズミのA系統とbbであるB系統を交配してえられたF1(子)に、親(A系統またはB系統)から皮膚移植をした場合、その結果とその理由を述べよ。aとbは対立遺伝子とし、A系統の個体からB系統の個体への皮膚組織は定着せず、またB系統の個体からA系統への個体への皮膚組織も定着しないとする。

私の考え
F1の組織適合抗原はabとなり、どちらの両親の組織適合抗原とも一致しないので、どちらの系統の両親から皮膚移植を行っても皮膚組織は定着しない。
...続きを読む

Aベストアンサー

ほかの回答にもあるように、どちらの親からの移植片も生着するです。

子の遺伝子型はabでaとbの抗原を持ちます。aやbの抗原を認識する免疫細胞があると自己の組織を攻撃してしまいます。ですので、通常発生の早い段階でaやbを攻撃する免疫細胞は排除され、結果的にaaの組織もbbの組織も拒絶されなくなります。臓器移植でも原理はいっしょです。

ちなみに、自己免疫疾患は、自己の組織を攻撃する免疫細胞が排除されずに、自己組織に対して攻撃することによって生じます。

>親の組織適合抗原が母親aaと父親abであり、子がaaであれば、母親からの皮膚移植では定着し、父親からの皮膚移植は定着しないと考えてよろしいでしょうか?

最終的な結果はあっていますが、完全一致かどうかによるのではありません。子aaでは、aに対する免疫細胞は排除されていますが、bに対するそれは排除されません。そのため、a抗原のほかにb抗原をもつ父由来の組織は攻撃されるからです。

問題の実験の場合、組織適合性の遺伝子型がホモ接合体の純系の実験動物を使っているので、親子間での移植がかなり容易にできますが、ヒトの場合、親子といえどもそうはいきません。通常、組織適合性遺伝子はホモ接合ではなく、遺伝子のタイプも非常にたくさんあるからです。
たとえば、母ab x 父cd、子はacと言うような状態で、母の組織に対してはbを、父の組織に対してはdを攻撃する免疫細胞によってどちらも排除されてしまいます。

さらに余談ですが、ホヤにも自己、非自己を認識する免疫系がありますが、このばあい、自己がもつ組織適合性のタイプと同じタイプを持っていれば、違うタイプとのヘテロ接合体でも自己と認識して生着します。たとえば、acのの個体では、abでもcdでも自己と認識されると言うことです。

ほかの回答にもあるように、どちらの親からの移植片も生着するです。

子の遺伝子型はabでaとbの抗原を持ちます。aやbの抗原を認識する免疫細胞があると自己の組織を攻撃してしまいます。ですので、通常発生の早い段階でaやbを攻撃する免疫細胞は排除され、結果的にaaの組織もbbの組織も拒絶されなくなります。臓器移植でも原理はいっしょです。

ちなみに、自己免疫疾患は、自己の組織を攻撃する免疫細胞が排除されずに、自己組織に対して攻撃することによって生じます。

>親の組織適合抗原が母親aaと父...続きを読む

Q細胞性免疫の二次反応

高校生物からの質問です。
マウスに皮膚を移植する実験の問題で、2回目に皮膚を移植した場合に皮膚の脱落が1回目の移植皮膚の脱落より早まる理由を答えよ、という問題がありました。これに答える際に「記憶細胞」という言葉は使えるのでしょうか。記憶細胞は体液性免疫の時にB細胞から生じるものだと思うのですが、B細胞は細胞性免疫の時でも記憶細胞になるのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

移植のマウス間のMHCは違うのが前提で書きます。
1回目に比べ2回目の移植時のほうが移植片の脱落が早いのは、質問者様が言うように移植されたマウスの中にいる記憶細胞がいるためでしょう。また、MHC間の異なる免疫反応を「アロ」反応といいます。アロ反応は免疫反応の中でも、極めて強いものです。

この免疫反応の本体は主にCD8という細胞を発現したキラーT細胞です。質問文に記憶細胞=B細胞のように書いてありましたが、細胞性免疫の中心であるT細胞でもそれは存在します。T細胞の記憶細胞についても盛んに研究されています。よって、1回目に反応したアロ抗原反応性CD8陽性T細胞の一部が生き残り、記憶細胞になったものが2回目の移植で選択的に増殖、活性化されるために素早い反応になると思います。

Q一酸化炭素COが完全燃焼して

一酸化炭素COが完全燃焼して
二酸化炭素CO2ができるとき
一酸化炭素1molあたり283KJの熱が発生する

化学反応式を教えて下さい


一酸化炭素1molあたりの熱量なので
一酸化炭素の係数を1にするために
両辺に二分の1をかける
(式の形でおかずに計算すること)

全然分かりません(;_;)
教えて下さいっ(´\ω\`)

Aベストアンサー

>化学反応式を教えて下さい

 正確には「熱化学方程式」ですね。

 化学反応式は

 2CO + O2 → 2CO2

となりますが、熱化学方程式では注目する物質 1mol あたりで考えるので、注目する物質の係数が 1 になるようにします。今回の場合は、一酸化炭素に注目しているので、CO の係数が 1 になるようにすべての項目に 1/2 をかけ、次のようになります。

 CO + (1/2)O2 = CO2 + 283kJ

 この式の意味は、「一酸化炭素 1mol が酸素(1/2)mol と反応して、二酸化炭素が 1mol生じ、熱が 283kJ 発生する」ということです。


--------------------

#1さんの

>酸素原子1つでは、存在する事は出来ません。
>ですの化学反応式ので両辺に1/2をかける事自体
>ナンセンスです

ですが、熱化学方程式の係数は分子の個数ではなく、反応する物質の物質量ですから 1/2 をかけるのに何の問題もありません。「酸素分子 1/2個」はナンセンスでも「酸素 1/2mol」にはちゃんと意味があります。

http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter3/lecture1/lect3011.html

>化学反応式を教えて下さい

 正確には「熱化学方程式」ですね。

 化学反応式は

 2CO + O2 → 2CO2

となりますが、熱化学方程式では注目する物質 1mol あたりで考えるので、注目する物質の係数が 1 になるようにします。今回の場合は、一酸化炭素に注目しているので、CO の係数が 1 になるようにすべての項目に 1/2 をかけ、次のようになります。

 CO + (1/2)O2 = CO2 + 283kJ

 この式の意味は、「一酸化炭素 1mol が酸素(1/2)mol と反応して、二酸化炭素が 1mol生じ、熱が ...続きを読む

Q水素イオン濃度が求められません

【問】次の各水溶液の水素イオン濃度を求めよ。ただし、強酸・強塩基は完全電離しているものとする。


(1) 0.50mol/Lの塩酸10mLを水でうすめて1000mLにした水溶液


(2) 0.20mol/Lの酢酸水溶液(酢酸の電離度は0.020)


(3) 0.050mol/Lの水酸化バリウム水溶液



よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

始めに、水素イオン濃度[H+]=a(価数)×c(モル濃度)×α(電離度)〔mol/L〕で表されます。

(1)塩酸は1価の強酸です。0.50mol/L、つまり、1L=1000mlあたり0.5molなので、モルの絶対量は10mlのときは0.5×10/1000=0.005molになります。薄めても、モルは変わらないので、1Lあたりのモル濃度がこのまま、0.005molになったということです。つまり、濃度は0.005mol/L。よって、価数は1、電離度は強酸なので1、濃度が求まり、
  [H+]=1×0.005×1=0.005(mol/L)
(2)酢酸は1価の弱酸で、条件として電離度が0.020とあります。この場合、ひっかけはとくにないので、
  [H+]=1(価)×0.20(mol/L)×0.02=0.004(mol/L)
(3)水酸化バリウムは Ba(OH)2 なので2価の強酸です。
 ここで、水素イオン濃度の関係式として、イオン積を使います。
  [H+][OH-](2つの積)=1.0×10^-14 が常に成り立ちます。塩基の場合は、(1)(2)と同じように求めると、
  [OH-]の値が求まるので、
 [OH-]=2(価)×0.05(mol/L)×1(電離度)=0.10=1.0×10^-1(mol/L)
イオン積を使うと、[H+]×10^-1=10^-14  両辺10倍すると [H+]=10^-13 
よって水素イオン濃度は 1.0×10^-13(mol/L)
※10^-14=1/(10^14)

有効数字(2.0×10^2)などは、使い道に応じて直してください。

始めに、水素イオン濃度[H+]=a(価数)×c(モル濃度)×α(電離度)〔mol/L〕で表されます。

(1)塩酸は1価の強酸です。0.50mol/L、つまり、1L=1000mlあたり0.5molなので、モルの絶対量は10mlのときは0.5×10/1000=0.005molになります。薄めても、モルは変わらないので、1Lあたりのモル濃度がこのまま、0.005molになったということです。つまり、濃度は0.005mol/L。よって、価数は1、電離度は強酸なので1、濃度が求まり、
  [H+]=1×0.005×1=0.005(mol/L)
(2)酢酸は1価の弱酸で、条件として電離度が0.020とあります。...続きを読む

Q皮膚移植と主要組織適合性抗原(高校生物)

「(1)A系統のマウスの皮膚を、他のA系統のマウスに移植した。
 (2)A系統のマウスの皮膚を、B系統のマウスに移植した。
 (3)A系統のマウスの皮膚を、生まれつき胸腺を欠損したB系統のマウスに移植した。
 (4)A系統のマウスの皮膚を、A系統とB系統の交配により生まれたF1マウスに移植した。
 (5)B系統のマウスの皮膚を、系統とB系統の交配により生まれたF1マウスに移植した。
 (6)A系統とB系統の交配により生まれたF1マウスの皮膚を、A系統のマウスに移植した。
 (7)A系統とB系統の交配により生まれたF1マウスの皮膚を、B系統のマウスに移植した。

 (1)~(7)で皮膚を移植後生着して剥がれ落ちないものを全て選べ。」

この問題について聞きたいことがあります。解答によると(1)(3)(4)(5)が正解なのですが、
(4)(5)についての考え方がわかりません。

自己と非自己を識別するのは細胞表面にある主要組織適合性抗原(マウスではH-2抗原)によるものですが、これは6つの遺伝子とそれらの多数の複対立遺伝子で決まるので
他の個体とH-2抗原が一致する可能性は非常に低い(兄弟間では25%で一致)ですよね?

わからない事というのは、親子間でも遺伝子の半分しか一致していないのに、なぜ(4)(5)では拒絶反応が起きないのかということです。
(4)ではF1のB系統の遺伝子によるH-2抗原が、F1が受け継いでいない方のA系統の遺伝子を認識して非自己とみなさないのでしょうか?

「(1)A系統のマウスの皮膚を、他のA系統のマウスに移植した。
 (2)A系統のマウスの皮膚を、B系統のマウスに移植した。
 (3)A系統のマウスの皮膚を、生まれつき胸腺を欠損したB系統のマウスに移植した。
 (4)A系統のマウスの皮膚を、A系統とB系統の交配により生まれたF1マウスに移植した。
 (5)B系統のマウスの皮膚を、系統とB系統の交配により生まれたF1マウスに移植した。
 (6)A系統とB系統の交配により生まれたF1マウスの皮膚を、A系統のマウスに移植した。
 (7)A系統とB系統...続きを読む

Aベストアンサー

「(4)ではF1のB系統の遺伝子によるH-2抗原が、F1が受け継いでいない方のA系統の遺伝子を認識して非自己とみなさないのでしょうか?」

すでに回答は出ていますが,何か勘違いなさっているのではと思います。MHCの遺伝はメンデル性遺伝ですのでoverthisgrayskyさんの言う通り,下記のようになります。

A系統 AA×B系統 BB→F1 AB
F1はA・Bの遺伝子を共に持ちますからA・B両方の抗原を持つこととなります。つまり,A・B共に自己ですから拒絶しないのではと思いますが…

参考URLもご覧下さい。

参考URL:http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/life/Lec/H12immu/ozaki/mhc.html

Q免疫記憶細胞について

高校の体液性免疫のところなんですが、僕は免疫記憶細胞(記憶細胞)はB細胞から(正確にはB細胞から分化した抗体産生細胞)一部が分化して二次免疫応答で活躍すると思っていたのですが、問題をやっていると「T細胞やB細胞から分化した」とありました。疑問に思ったので資料集を確認したのですが、やはり図を見た限りでは、抗体産生細胞からしか分化していませんでした。しかし小さめの生物辞典には記憶細胞は「T細胞やB細胞から分化した」とありました。
どっちなんでしょうか?詳しい方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

私も高校生物は大学受験のためにけっこう一生懸命勉強しました。
私の手持ちの資料(岩波生物学辞典←これは信頼していいと思います。と、高校生用の参考書でも詳しめのもの)によると、やはりBとTどちらからも免疫記憶細胞に分化するようです。しかし高校の資料集の図は私のもBだけでした。これはおそらく高校レベルで簡単にするために省略しているだけで、事実はBT両方だと思います。もしあなたが受験やテストでこれについて書くのでしたら、詳しくて正しいほうを書いて問題はありません!

Q生物の分離比を求める計算方法がわかりません。

遺伝子が連鎖している個体AaBbがあり
この個体から生じる配偶子の遺伝子の組み合わせと分離比を
求めろという問題で。
遺伝子AとB、aとbが連鎖し、組換え価が20%のときの分離比は
AB:Ab:aB:ab=4:1:1:4という数になり
ここまでは理解できるのですが、

AaBbを自家受精させ、生じる次の世代の分離比を求める問題で。
遺伝子AとB、aとbが連鎖し、組換え価が25%のときの分離比の答えが
どうして 41:7:7:1 になるのかがわかりません;
参考書を読んでもまったくわからなかったので困っています。
分かる方がいらっしゃったら是非教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

41:7:7:9 ではないでしょうか?

組み替え価25%ならば、
AB:Ab:aB:ab=3:1:1:3

3AB Ab aB 3ab
3AB 9AABB 3AABb 3AaBB 9AaBb
Ab 3AABb AAbb AaBb 3Aabb
aB 3AaBB AaBa aaBB 3aaBb
3ab 9AaBb 3Aabb 3aaBb 9aabb

以上で、
〔AB〕:〔Ab〕:〔aB〕:〔ab〕の
比を計算してください。

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?


人気Q&Aランキング