プロが教えるわが家の防犯対策術!

足の付根が痛み、歩くのに困難な状態が3ヶ月程続いたの、最近毎日整骨院に通っています。

整骨師から、「ベットに横になっているのに力がかかっているよ。筋肉に乳酸が溜って全身コチコチになっているから全身の力を抜くように気にしてね」と言わました。

痩せ型で筋肉がなく以前から首・肩・背中・腰のコリがありマッサージに通っていました。
自分では「肩に力が入っているな」という自覚はあったのですが、コリのあった部分だけではなく、お尻や太腿にも力が入っているそうです。

「腹式呼吸やヨガなどが力を抜くのに効果があるよ。」と教えていただいたのですが、
ヨガに通うのは難しいです。
日常生活の中で体(全身)の力を抜く(脱力する)訓練になる方法、ご存知でしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



直接の回答ではないのですが、アドバイスさせてください。

私はこの春に肩こりが重症化し、整形外科に通院しました。
レントゲンを7枚近く撮られ、「これは拙いのでは?」と思いましたが、
診断結果は椎間板症、ただの肩こりでした(笑)

痛み止めの飲み薬、胃薬、湿布を出されましたが、
「整骨院に通いたいのですが」と相談したところ、
医師から「かえって悪化するケースが多いので紹介していない」と言われました。

質問の中に、整形外科で診断を受けたか記載されていませんが、
もし、整骨院にだけ通っているのなら、非常に危険ですよ。

医師の診断の結果、全身の力を抜く必要が本当にあるのなら、
筋弛緩剤が処方されます。

まずは整形外科医の指示に従ってくださいね(^_^)
    • good
    • 0

コリも乳酸が溜まるのも原因は一つ、血流が悪く体が冷えてるからです。

コリの強いところほど血流が悪くなっています。力を抜くというのは心も体もリラックスさせて血流の回復を図るということです。
何をされてる方なのか分かりませんが、血流を回復させるには体を温めることがもっとも大事です。温める方法はいくつもありますが、基本は温浴と運動でしょう。あとは冷房、飲食で体を冷やしすぎないように気を付けることだと思います。涼しい季節になれば保温に努めるようにしなければなりません。
当然ですが毎日の入浴(ゆったりとした全身浴あるいは半身浴)は欠かせませんし、ゆっくり食事をすることも必要です。運動はラジオ体操(あるいはラジオ体操程度)で十分です。ハード過ぎるとかえって血流を悪くしてしまいます。呼吸法も腹式にこだわることなく鼻からたっぷり息を吸いこんではゆっくり吐ききるような深呼吸に心掛けるだけで良いと思います。
マッサージも良いのですが効果は短く限定的、自分の体のケアは他人任せでは駄目です。やはり自ら体を動かして血流を良くすることが大事ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。やっぱり深呼吸っていいのですね。自分の状態(常に力んでいる状態)に気づいていなかった事自体余裕が持ててなかったのですよね。もっと、自分を大切にして体の声が聞こえる状態にできるよう心掛けたいと思います。

お礼日時:2012/08/04 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩に力がはいる癖をなおしたい

気がつくといつも肩に力がぐっと入っており、そのため、肩、首が始終こっていて困っています。
こんな癖をなおすよいアイデアのあるかたお知恵をかしてください。

Aベストアンサー

癖をなくすという点に関していえば、「力が入った状態と脱力した状態を意図的に繰り返す」「肩が上がった状態と肩が上がっていない状態を意図的に繰り返す」ことで脱力しているときの感覚や自然な肩の状態を身体で認識し、上記回答で紹介されていたサイトの方法などで「癖の上書きをする」という方法があります。あくまで武術における身体操作法という観点に基づくものですが、基本的に原理は同じなので、「肩甲骨を動かす」「肩関節から先を自在に動かす」等の訓練は役に立つと思います。下記URLの、「肩甲骨の動きの訓練」や「鎖骨の動きの訓練」が相当します(上記回答内と同じサイトですがページが異なります)。

補足ですが、一般に「猫背」「首や顎を前に突き出している」といった姿勢をとっている人において、背部での肩甲骨の隙間が狭まったり、不自然に肩が上がったりして、肩にグッと力が入っている状態が見受けられます。また「弓腰(腰から上が反り返った姿勢)」でも、そのような状態になりがちなようです。
まずは、肩に力が入っていると感じたときの姿勢をチェックしてみてはいかがでしょう?普段の姿勢が非常に良いとよく言われる私ですが、俯き気味の姿勢で本などを読んでいて上記のような姿勢になってくると、肩に力が入ってくるのを感じ、さらには肩や首が凝り始めます。
肩に力が入ってくる原因が姿勢にあるならば、このサイトの「ヘルスケア(健康)」カテゴリで多く質問および回答が寄せられているようですので、参考になるかと思います。

参考URL:http://akamichi-niigata.hp.infoseek.co.jp/zatubun/106.htm

癖をなくすという点に関していえば、「力が入った状態と脱力した状態を意図的に繰り返す」「肩が上がった状態と肩が上がっていない状態を意図的に繰り返す」ことで脱力しているときの感覚や自然な肩の状態を身体で認識し、上記回答で紹介されていたサイトの方法などで「癖の上書きをする」という方法があります。あくまで武術における身体操作法という観点に基づくものですが、基本的に原理は同じなので、「肩甲骨を動かす」「肩関節から先を自在に動かす」等の訓練は役に立つと思います。下記URLの、「肩甲骨の動...続きを読む

Q常に体に力が入ってしまう

自分では意識していないのですが、常に体に力が入ってしまいます。
座っていても肩や背中に力が入り、立てば膝が痛くなるくらいに
力が入っています。
字を書けば2~3枚下にも跡が残り、歯ブラシは1度で駄目に。
寝る際も体に力が入っている為なかなか寝付けず
2~3時間かかる事もあってスッキリ感がありません。
また眠りも浅いようで一晩で何度も夢を見ているようです。
内容も鮮明だったりうっすらではありますが覚えています。
更には寝言も多く、自分の笑い声や泣き声と涙、ハッキリとした言葉で
目が覚める事もしばしば・・・。

力が入っているなと気づいた時には意識して力を抜いてみたり
軽くストレッチをしてみるのですが、時間が立てばまた力が
入っています。
何をするにも自然と力が入ってしまい疲れてしまいます。
どうすれば力を入れずにリラックスして過ごす事が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

NO2です。

緊張と言うものは、全身に及んでいるものではあるのですが。
一番顕著に感じられる・・分かりやすいのが、肩や首周りでしょう。

で、肩が凝っている・あるいは上がっていると感じたなら、肩を下げる事を行います。

手(腕)をブランと垂れ下げて、指先を地面に近づける感じに・・
これを、気づいたなら何時でも心がけると・・


さて、前回マッサージなどの話をしましたが、何故受ける必要があるかは書きませんでしたので、補足を・・

緊張の度合いが高い人などは、20分位で元の緊張状態に戻り始めてしまうのですが、それでもマッサージなど他者による、緊張状態を緩めてもらうことは必要です。

それは、緊張していない状態と言うものを、たとえ少しの間でも感じることが重要だからです。
言葉で緊張を取ると言っても、その実を感じてみなくては、何処へ向かえば良いのかが分かりません。

一瞬でも、心地よさを感じて、その方向へ進む・・を確認する事。
そして、何時でもその方向へ、自分を合わせる・・あわせて行くと言う事が重要と思います。

つい、何か・・柔軟体操にしてもですが、その行為をしていると、行為にのみ気持ちが向いてしまって、何のために・・を忘れがちです。

追加でした。

NO2です。

緊張と言うものは、全身に及んでいるものではあるのですが。
一番顕著に感じられる・・分かりやすいのが、肩や首周りでしょう。

で、肩が凝っている・あるいは上がっていると感じたなら、肩を下げる事を行います。

手(腕)をブランと垂れ下げて、指先を地面に近づける感じに・・
これを、気づいたなら何時でも心がけると・・


さて、前回マッサージなどの話をしましたが、何故受ける必要があるかは書きませんでしたので、補足を・・

緊張の度合いが高い人などは、20分位で元の...続きを読む

Q全身の力を抜く方法ありますか?

全身の力を抜く方法ありますか?
こんにちは。タイトルの通りですが全身の力を抜く方法ってありますか?私の場合、寝てるときでさえなんとなく力が入っているような気がします。
出来る限り100%近く、意識して力を抜く方法を知りたいです。(気絶するしかないのかな。。)
部分的(肩、首、腕など)でも構いません。呼吸法以外で力を抜くポーズ、体勢などご存知の方ご教示願います。

Aベストアンサー

全身の力を抜くには、寝る・・寝むるとは違う・・しかありません。

勿論、寝ても全ての力が抜ける訳でもありません。

>>出来る限り100%近く、意識して力を抜く方法を知りたいです。(

生きて居る限り、その様な事が出来るわけがありません。
しかし、最低限の力だけ使用して・・と言う事はできます。
が、大抵の方は力の抜き方が分かりません。

所で、何故その様に力を抜きたいのでしょう?


私は、力を抜く・・事を学んでいますが・・
力を抜くことは難しい・・です。
とても・・

そうそう、少々お金はかかりますが「ゆる」は、良いのでは?
「ゆる」で検索すると・・あると思います。


意識して力を抜く方法・・・最終的には意識して力を抜けますが・・それに到達するまでが大変です。
身体で覚える・・のが最初。

が、これも相当難しい・・なぜなら・・殆どの人が力を入れる・・事だけを教わってきたからです。
勿論力を抜くと、様々な良い事が起こることも経験的に知っています。
で、特に運動系では力を抜け・・と口癖の様に言われます。
しかし、その言っている人が力の抜き方が本当は分からない・・事が多いです。

マッサージなどで力を抜く事もできますが、他者依存・・ですしね。
何時でも必要な時に・・と言う訳にも行きません。

>>呼吸法以外でって・・

呼吸法で力を抜けるレベルにあるのなら、それを深化させるのが一番です。
力を抜く方法は文字(言葉)では伝わらない・・と思います。

が、一つだけ・・・柔軟体操・・が良いと思います。

開脚して・・側屈・・・ワンポーズ3分位かけて・・呼吸を使いながらが良いです。
左右の側屈が終わったなら、前屈も・・これも3分位かけて。

無理して曲げないのがコツ・・痛くなるまで曲げてしまっては、筋肉が拒否反応を示します。
イタキモでやるものが良いです。

また、沢山あるけど・・対面していないと、伝わらない・・でしょう。
対面していても、本当の所は中々伝わらない・・・

力を入れるのは簡単だが、力を抜くのは未経験の分野なので、実感が中々湧かないのが原因です。

そうそう、思いいっきり「力んで」その後、一気に力を抜くのも良いですよ。
その時の「差」を感じる・・のが大切です。

比較・・がコツ。

まあ、これも自己流では限度がありますが・・・何もしないよりは良いでしょう。

全身の力を抜くには、寝る・・寝むるとは違う・・しかありません。

勿論、寝ても全ての力が抜ける訳でもありません。

>>出来る限り100%近く、意識して力を抜く方法を知りたいです。(

生きて居る限り、その様な事が出来るわけがありません。
しかし、最低限の力だけ使用して・・と言う事はできます。
が、大抵の方は力の抜き方が分かりません。

所で、何故その様に力を抜きたいのでしょう?


私は、力を抜く・・事を学んでいますが・・
力を抜くことは難しい・・です。
とても・・

そうそう、少々お金はか...続きを読む


人気Q&Aランキング