人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

ここ最近は 登山用のスラックス?(伸縮性のあるズボンですね)を使っています。

北アへ夏山で行くのですが、久々にニッカズボンで行こうかと考えています。
女性だとたまに見る(山ガール風?)のですが、男ではまず見ないですね。

やはり時代遅れ、か 余程のファッション性がないと みっともないでしょうか?

意見などいただければ助かります。
(そんな見てくれを気にするなら、普通ので行け! というのもわかっています)

メリット  (1)テン場(テントです) でホースを抜いて7分ズボンとして使える(「普通」のでもありますが)
      (2)ウールで暖かい、生地もしっかりしている
      (3)これを履くと「登山」という自覚が出る(これは個人的習性?)
      (4)重登山靴とバランスが合う(これは主観ですが)
デメリット
      (1)やはり重い(今回岩場もあり軽量を 図っている)
      (2)濡れると乾きが遅い(天気は良い日に行動、しかし夕立はありうる)
      (3)クラシック過ぎる、化石と言われそう(口には出さないでしょうけど)

もちろん最終的には自分で決めますが、皆さんならどうしますか?
また、どう見ますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

山で40数年の還暦オヤジです。



私も15年前ぐらいまではニッカーズボンをはいていましたが、現在では登山用ス
ラックスをはいています。なぜニッカーをやめて登山用スラックスをはくようにな
ったかといいますと、別にニッカーが嫌いになったわけではなく、ウェストがあわ
なくなって店にいったらニッカーそのものがなかったというのが理由です。

私がニッカーズボンの方がすぐれていると思うのは
1)膝まわりにゆとりがあり足が動かしやすい
2)ニッカーソックスと組み合わすのでズボンの裾をよごしたりアイゼンを裾に引
っかけて転倒することが少ない
3)ニッカーソックスの色などを工夫すればおしゃれなコーデュネートを楽しめる

反対にニッカーズボンの欠点としては
1)色や素材が限られている。昔は伸縮のきく生地でつくったカラフルなニッカー
があったが今は灰色のウールのみ、しかも厚い。
2)町中にでたときやはり「浮く」
3)靴下が割高(タイツと組み合わせて使用すれば気にならないかも)

それはそれとしても、15年ほど前にスイスにいったときに、むこうの登山家達の
ニッカーズボン姿をみたのですがたいへん、カッコいいんですよ。上の服も赤でニ
ッカーも赤、靴下の色は忘れたのですが、色彩的におしゃれ!っていう感じなんで
す。やはりニッカーズボンは背が高くなおかつ足の長い人がはくと映えます。50
年前のガストン・レビファのファッションは今見ても格好良いですもの。

私のような胴長短足人間が履くとガテン系の人の作業着のようなのですが(実際に
若い頃ニッカーズボンと沢歩きのための地下足袋をはいて町中を歩けば道を空けて
くれました。)欧米人の人がはいているのは大変おしゃれなんですね。ニッカーに
限らず洋服は欧米人に似合うのでしょう。

ですので貴方様が身長が高いならば当然足も長いでしょうから、ニッカズボンも似
合うと思いますよ。私ももうすこし足が長ければニッカーに挑戦したいところです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外人のスタイルだとイイのですが!

街中は歩きませんが、靴下が確かにバカ高いので閉口します。

ありがとうございます。

お礼日時:2012/07/23 20:45

登山やトレッキングは


新素材のハイテク衣料が主流です。

化石?のようなローテクニッカポッカは
お店でも扱っている所は少なく
店員さんもなかなかお勧めしていません。
しかも
ガテン系? 登山? と街中で浮いてしまうニッカポッカスタイル
履きなれないから
何だか恥ずかしく
似合っているのかワカリマセン状態

それでも
天然素材のウールの良さや
疲れにくく
歩き易さなどのメリットは確かだと思います。

昔から変らないデザインと素材
ニッカポッカ愛好家は
密かに存在しています。
自分に合った
自分だけのニッカポッカを見つけています。

僕は
アウトドアは勿論
街着としても結構履いています。
色柄も10色ぐらい持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

街中はそうですね。

10着もあるとはスゴイですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/23 20:43

山用品店では、まだ売っているので買う人もいるのでしょう。


私は10年ほど前にやめました。
登山前や下山後の「一般者から浮く」のが何とも。

最近は「ワークマン」のような作業服ショップで買ったスラックスも使用しています。
程よくのび縮みしてすぐ乾く。安い。
ジャケット(上着)だけは登山用品に限りますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。

男性用は少なくとも売ってませんね、ネットにも無いです。

街中はそうですね、車で行くのであまり意識はありませんが。

作業用ですか!

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/23 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登山用ニッカズボン

登山用ニッカズボン

登山用ニッカズボンは
有って良い物?

無くても良い物?

もしも、有っても良い物なら
どんな登山ニッカズボンなら、履きたいと思いますか?
色、形や素材
こんな機能
などなど

もしも、無くても良い物?なら
どんな所が「イラナイ」のでしょうか?

ダサ?いとか
古い?とか
迷惑?とか

ニッカズボンについて、どんな事でもお答え頂けたら幸いです。

ニッカズボンを作ろうと、思案中なので質問しました。

Aベストアンサー

ウールのニッカを愛用しています。

古いモノからこの春に購入したものまで3本持っています。
ニッカが手に入りにくくなっていて残念です。

それと厚手の派手ホースがないのが残念です。(Hリソンでは薄いなぁ・・)

Q工事の作業者のダボダボのズボンはなぜ?

工事現場で働く人のズボン、太くてダボダボですがあれはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

元々は鳶職人「トビショクニン」と読みます。
このスタイルは太ももの所が尺五寸廻り。45センチの太さですので、ぶかぶかです。
最近の工事現場の仮設の足場は安全第一で女性の方でも安心して階段叉はエレベーターで上に上っていけます。
しかし昭和の初期。仮設の足場は杉丸太で組み上げていました。階段などはありません。その為、高さ1.7メールの高さにある飛び付きと言う丸太に片足を乗せ上げて体をねじ上げて1段目に上らないと上に上がっていけません。。
この仮設の足場を組み立てる専門職人さんが鳶職
つまり、高所作業専門の人です。

夏場汗だくで、スボンが肌にまとわりつけば、飛び付きと言う作業「最近は禁止です」の時、失敗して
落ちる事があります。
その為、鳶職のズボンは現代でもその頃の名残で
ぶかぶかでする

現代では、いろいろの服装があるようですね。

鉄骨造の鉄骨建方「現場組み立て」の作業の一番最初は鳶職人さんがされます。落下防止ネットの取り付けとか。
やはり。足をその辺の鉄骨等に絡まして作業されますので、肌にまとわりつくと、作業がしにくいと思います。最近は化繊ですし・・

ファッションでは無い様です。

25年ぐらい前、鳶職人の親方に会って雑談していた時。
当時70歳ぐらいでしたが。
鳶の制服は。
(1) 地下足袋、締め付けは強く
(2) フンドシは前締めの代端無し「あると引っかかって危険」
(3) かぶりのヤッケ・ボタン式の作業服は「前開きは丸太の番線締めの端に引っかかり危険」
(4) スボンは地下足袋の口に締め合わせて、太ももは
倍寸「自分の太さの倍」
(5) ベルトは2本「1本目は鳶道具を紐で吊して落とさないよう/2本目は命綱「最近は安全帯と言います」の引っかけ用」
(6) 落ちたら、死にます。仕事に命をかけている
  証として 
  「根性の印」は「キモ玉とか入れ墨の事です」
  花を入れない、桜とか菊は散るので落下。
  縁起が悪いで緑の榊が多いそうです
(7) 気質の職「カタギノ人間」ですので、腕と前あき  だけ。背中は汚さないそうです。

と言う様な事を聞きましたが

多分戦前の感覚だと当時私は思いました。
時代錯誤でスミマセン。
質問がチョット懐かしかったので。

元々は鳶職人「トビショクニン」と読みます。
このスタイルは太ももの所が尺五寸廻り。45センチの太さですので、ぶかぶかです。
最近の工事現場の仮設の足場は安全第一で女性の方でも安心して階段叉はエレベーターで上に上っていけます。
しかし昭和の初期。仮設の足場は杉丸太で組み上げていました。階段などはありません。その為、高さ1.7メールの高さにある飛び付きと言う丸太に片足を乗せ上げて体をねじ上げて1段目に上らないと上に上がっていけません。。
この仮設の足場を組み立てる専門職人さん...続きを読む

Q山でお肉を食べたい

山でお肉を食べたい
8月単独でテント泊縦走を行ったのですが、重さや傷みで食料はマジックライスとインスタントラーメンにしました。
「肉系」を断って3泊目、テントの受付に入った小屋でたまらず牛丼食べたのですが、下界で食べた松阪牛なんかより美味しく感じてしまいました。

今度はぜひ肉を持って行きたいのですが、常温保存できるものは「魚肉ソーセージ」しか見当たりません。
レトルトのハンバーグとかは「要冷蔵」。

登山の食事で「お肉」はどうしていますか?

Aベストアンサー

#8です

 長期保存は要冷蔵だけど数日なら常温でも大丈夫です、日に晒してずっと置いておくわけじゃないですし、それに焼けば大丈夫、というのもありますから

なお焼肉は無駄に燃料を消費するのでご注意くださいね。

Qなぜ山歩きのシャツはチェック柄なのでしょうか?

変な質問ですみません。
以前から不思議に思っているので、尋ねてみました。

私のイメージが偏っているのかもしれませんが、山歩きをする人たちが着ているシャツって、チェック柄がとても多いように思うのです。

駅や電車の中で、リュックサックを背負っていて、いかにも“これから山歩きに行きます”、あるいは“山歩きをしてきました”という人を見ると、たいていの場合、無地やストライプではなく、チェック柄のシャツを着ているように感じるのです。

もし、それが正しいとすれば、なぜなのでしょうか?
なにか理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに多いですよねーーー。
たぶん、70年前後の登山ブームのときのブームの名残なんだろうと思います。

また、チェック柄のネルシャツをこんなにも着ているのは日本人だけです。海外の山に出かけても外国人は誰も着ていませんでした。外国の登山ショップでも見かけなかった気がします。

Q登山用タイツ 夏用のお勧めについて

この2,3年軽登山をしているのですが
今度、かなり高い山に行くことになりました。

もともと交通事故などで足腰が弱いため
(靭帯を全部一度事故で切ってしまいました)
今度はちょっと登山用タイツなんかを履いてみようかと
思っています。

・登りの体力があまりない
・ものすごく汗かきで暑がり
・くだりのときに膝がうまく曲げにくく
 どすっどすっとべた歩きになることが多いため
 よくつま先に負担がかかります

こんなヤツなのですが(ならば登るな・・・という声も
聞こえてきそうですが・・)
夏用のサポートタイツでお勧めのものは
何かありませんでしょうか?

今のところ
第一候補は
4DMのエキスパートトレッキングアドバンスメッシュロングタイツ
か、
ノースフェイスのバイオテックス
か、
ワコールのCW-Xのメッシュタイプです。

ノースフェイスとワコールは試着したのですが
感じとしてはノースフェイスのほうがしっくりきたのですが
暑い・・・と思いました。
お店の人はあまり詳しくなくて「暑いならメッシュ」
とワコールを進めてらっしゃいましたが
この3点を使用されている方などのご意見も聞かせていただければ
うれしいです。

よろしくお願いします。

この2,3年軽登山をしているのですが
今度、かなり高い山に行くことになりました。

もともと交通事故などで足腰が弱いため
(靭帯を全部一度事故で切ってしまいました)
今度はちょっと登山用タイツなんかを履いてみようかと
思っています。

・登りの体力があまりない
・ものすごく汗かきで暑がり
・くだりのときに膝がうまく曲げにくく
 どすっどすっとべた歩きになることが多いため
 よくつま先に負担がかかります

こんなヤツなのですが(ならば登るな・・・という声も
聞こえてきそうですが...続きを読む

Aベストアンサー

再びお邪魔します。No.1の者です。
交通事故ということで、まずはそちらの方が気がかりですが…。一日も早い回復をお祈りしております。
さて「トレッキング用」と「登山用」の違いですが、そもそも「トレッキング」と「登山」の線引きが日本ではあまり細かくないので、今参考に出している3社のサポートタイツに関して言えば「気にしなくていい」が答えとなるでしょう。
「トレッキングと登山の違い」について興味があれば辞書機能などを使えばなんとなくわかるかと思います。
ただ気をつける点としては、今回のサポートタイツの「登山・トレッキング用」は同等ですが「ハイキング用」は違うという事。機能の違いとしては登山のように途中で急な坂などの登り下りがあって、膝に負担がかかるような場合「ハイキング用」ではタイツの圧迫感(サポート力)が少ないという事です。
もう一つ「CW-X」では使用目的の一覧の「一番上」にトレッキングが記載されている物と「下の方」に記載されている物があります。これはどこ(何)を重要視しているかと解釈します。なので山で使うのであれば「一番上」にトレッキングと記載されている物が良いかと思います。
最後に【バイオテックス】は「登山・トレッキング用」として開発されていて、その中で春夏秋の3シーズン用と厚手の冬用、それとそれぞれに(男性の小用)前窓付きがあります。対して【CW-X】と【4DM】は目的に応じて、例えば「登山・トレッキング用」「ランニング・ウォーキング用」「その他スポーツ用」などがあります。違いとしては「どこをサポートするか」という事です。「トレッキング用」であれば膝を中心としてますし、「ランニング用」であればお尻からふくらはぎまでの走るために必要な筋肉を全体的にサポートしている。といった具合です。そしてそれぞれに夏用と厚手があったと思います。
nokonoko2様が体感した「膝をあげやすい感覚」ですが、体型に合った物を着用した場合バイオテックスだと「何か他の力が足を持ち上げてくれる」っていう感覚があるかと思います。個人的なオススメはバイオテックスですが(笑)ただ圧迫感がきつ過ぎると感じる方も中にはいらっしゃるようです。

こんな感じで良かったでしょうか?もしまたわからない事やわかりにくい、もっと知りたい事があればいつでも質問して下さい。ちょくちょく覗いてますので(笑)

再びお邪魔します。No.1の者です。
交通事故ということで、まずはそちらの方が気がかりですが…。一日も早い回復をお祈りしております。
さて「トレッキング用」と「登山用」の違いですが、そもそも「トレッキング」と「登山」の線引きが日本ではあまり細かくないので、今参考に出している3社のサポートタイツに関して言えば「気にしなくていい」が答えとなるでしょう。
「トレッキングと登山の違い」について興味があれば辞書機能などを使えばなんとなくわかるかと思います。
ただ気をつける点としては、今...続きを読む

Q重登山靴の比較

30-40年前の重登山靴を買換えます。(昔は 単なる「登山靴」と言われていたものです)
総革のゴツイ物です。
(これ以外に 軽登山靴・安物・使い捨て、と軽?普通のハイカット登山靴・つま先しっかり、ビブラムの2足の計3足を行き先で使い分けしてきました)

北アの槍→西穂や南アの鋸などはこの重登山靴で歩きました。
やはり信頼感が違いますね。

そこで質問です。

今もこの総革の重登山靴は売っていますが、やはり数が少ないですね。

ほぼ同じ形の軽登山靴(カテゴリは重登山靴? 生地でできているがオールラウンドで使えると謳っている、価格も3-4万ほどする、アイゼンOK)がありますね。

(質問)総革の重登山靴とこの軽登山靴(「軽登山靴」ではなく同じ重登山靴のカテゴリ?)のトップモデル?でのメリット、デメリット(要は比較)を教えてください。

使い方は テント使用での岩稜縦走やバリハイですが、完全なロックや沢登はしません(卒業しました)。
冬山はしませんが、3-4月の2千以上は行きますので軽アイゼン(10本)は使います。

Aベストアンサー

10年位前に軽い重登山靴に買い換えました。
見た目はそんなに変わらず、足首もちゃんと固定されるし、
靴底はちゃんとビブラムだし、なにより軽いし。

買い換えた理由は、単に前の重登山靴に穴が開いていて
浸水してしょうがないのと、(それでもその状態で何年も使っていた)
ビブラムを換える時期が来ていたので、
それならばと買い換えたのですが、あまりのギャップに
なんだかフワフワして中途半端な感じがぬぐいきれず
歩き方もなんか変えなきゃうまく歩けないような感じで
結局使わなくなって、「しっかりした軽登山靴」に移行してしまいました。
(稜線上でのテント泊をすることがなくなり、重登山靴が必要なような場所にも
行かなくなったというのが一番の理由ですが)

ブランクがあって、再開する際に、軽い重登山靴にするのは
何の問題もないと思います。が、特にブランクもなく
今までと同じように使用したいのであれば
見た目のギャップのなさに対する、使いごこちのギャップに戸惑うかもしれません。

あと、あの重い靴を脱いだときの身の軽さというか
開放感というかが好きだった事に、後から気づいたのでありました。

10年位前に軽い重登山靴に買い換えました。
見た目はそんなに変わらず、足首もちゃんと固定されるし、
靴底はちゃんとビブラムだし、なにより軽いし。

買い換えた理由は、単に前の重登山靴に穴が開いていて
浸水してしょうがないのと、(それでもその状態で何年も使っていた)
ビブラムを換える時期が来ていたので、
それならばと買い換えたのですが、あまりのギャップに
なんだかフワフワして中途半端な感じがぬぐいきれず
歩き方もなんか変えなきゃうまく歩けないような感じで
結局使わなくなって、「しっかり...続きを読む

Qニッカポッカ??機能的??

ニッカポッカってどこからきたのでしょうか?
履いたことはありませんが、機能的には優れてなさそうです。
足下を縛っているのはいいと思うのですが、やたらと太もも部分が大きく作られており、この部分については無駄そうです。実際はどうなのでしょうか?機能的なのでしょうか?ブルーカラーにはとう思われているのでしょうか?私はなんともへんちくりんと思っています。機能的であればいいですが、機能的に見てもちょっと変だと思っています。

Aベストアンサー

見た目には機能的には見えませんよね。
あのズボンのダブダブにはちゃんと意味があるんですよ。
例えば溶接工の職人さんが普通のズボンを履いていたとします。
溶接の解けた鉄片や、溶接棒の焼けたしずくがズボンに落ちたら、皮膚まですごいやけどになりますよね。
ニッカであればズボンのダブつきで、直接皮膚に当たらないようにしてくれます。
また、すごく高温の現場では、ズボンがピッタリだと太ももが熱いですが、ニッカは、直接太ももにふれないので熱くありません。
また、とび職の人は、高いところに上ったり降りたり、無理な体制になったりします。
ニッカは足にまとわりつかないので、工事現場では非情に動きやすいんですよ。
同様にペンキ屋さんも、垂れた塗料が足に落ちても
ニッカは足に直接触れていないので、太ももにペンキがしみてくることが少ないんです。
ほかにも利点はいくつかあるのですがニッカは機能的にできています。
私はこういう職人さんが大嫌いでした。就職難で、いちど現場監督をしていたことがあります。
話は、ギャンブル、車、女、酒のはなしばっかり。派手な車にのって、話す言葉も汚い人が多いのも確かです。
ただ、過酷な悪条件の中で職人さんは本当にまじめに働きます。
私も職人さんのがんばりで何度も何度も助けられたことがあります。
ブルーカラーの人たちの仕事も大変でしょうが、職人さんほど働く人たちはなかなかいないように思います。
見た目よりも楽しい人たちが多いですよ。

見た目には機能的には見えませんよね。
あのズボンのダブダブにはちゃんと意味があるんですよ。
例えば溶接工の職人さんが普通のズボンを履いていたとします。
溶接の解けた鉄片や、溶接棒の焼けたしずくがズボンに落ちたら、皮膚まですごいやけどになりますよね。
ニッカであればズボンのダブつきで、直接皮膚に当たらないようにしてくれます。
また、すごく高温の現場では、ズボンがピッタリだと太ももが熱いですが、ニッカは、直接太ももにふれないので熱くありません。
また、とび職の人は、高いところ...続きを読む

Q登山靴の靴底が剥がれました

8月の小雨の日、九重三俣山へいきました。下山途中に靴底がめくれ、ビ二ールを巻いて何とか下山しました。そこそこの登山でしたら危ないところでした。下山して靴底を引っ張ると両方ともきれいに剥離しました。5,6年前一度使って保管してました。接着剤を使って修理しようと思いますが、方法と接着剤の種類を教えてください。HawkinsGTと言う1万円くらいの商品です。

Aベストアンサー

ホーキンスの靴の型番がわからないのでなんともいえませんが・・・
(1)普通の革靴のような靴底の剥がれであれば、靴底を靴底接着用ボンド(検索かけるとすぐにみつかるとおもいます)で再度接着し、万力などで固定しておく、ということになります。
(2)しかし、おそらくトレッキングシューズの場合は、靴底のゴムと靴本体のあいだに、ミッドソールをいれています。(大昔の登山靴はミッドソールがなくて靴底が縫い付けてあるものでしたが、最近のトレッキングシューズはほぼミッドソールがついてます。)靴底がめくれた、という場合はだいたいこのミッドソールがポリウレタンです。この素材、クッション性能がよいのでミッドソールによく使われます。(近年はEVAとか剥離につながらない素材を使っているケースをよく見ますけど。)。ポリウレタンはすでに回答があったとおり、時間がたつと加水分解してぼろぼろになってしまいます。風通しのよいところにおいておくとか、こまめに掃除するとかで多少もたせることはできますが、おおむね5年くらいで駄目になることが多いようです。
http://www.backcountry.co.jp/equipment/she005.html
この場合、むりやり接着しても接着面以外のところでぼろぼろ剥離しますので、ミッドソールごと交換となります。5年もたてば、靴底のゴムも硬化してしまっており、磨り減っていなくても、山ではくと滑りやすくなりますので、普通は靴底を全部交換する必要があります。これは自分でやるのはかなりむずかしいです。特に防水透湿素材を使っている場合は、素人には手におえません。交換費用は靴によってことなりますが、おおむね8千円から1万円以上かかります。靴によっては交換できない靴もあり、安い靴はだいたい交換不能な場合が多いです。(交換するほうが高くつつくので余計対応しないケースが多い)
ということで、まだ2回しかつかってないのに・・・ということかもしれませんが、寿命ですので、山行を続けられるようでしたら、新しい山靴を購入されたほうがよいと思います。(次は靴底が交換できるような靴をお勧めします。5年くらいたつと剥離しなくても底のゴムが固くなり滑りやすくなるので定期的に交換がお勧めです。靴の上面が布だとだいぶ痛むので5年ごとに買い替えかもしれませんが。)

ホーキンスの靴の型番がわからないのでなんともいえませんが・・・
(1)普通の革靴のような靴底の剥がれであれば、靴底を靴底接着用ボンド(検索かけるとすぐにみつかるとおもいます)で再度接着し、万力などで固定しておく、ということになります。
(2)しかし、おそらくトレッキングシューズの場合は、靴底のゴムと靴本体のあいだに、ミッドソールをいれています。(大昔の登山靴はミッドソールがなくて靴底が縫い付けてあるものでしたが、最近のトレッキングシューズはほぼミッドソールがついてます。)靴底がめ...続きを読む

Qタコって、どうやって〆てさばいているのですか?釣れたらどうしますか?

 ええと・・長い前置きから。
 近くにめっちゃ美味しいたこ焼き屋さんがあるんですよ。東京なんですけど。
 今流行りのかりかり系に逆行しているんですけど、味が濃くて!(塩気じゃなくて、味が濃いの。)
 ほんと美味しくて、ここにいるみんなに食べさせてあげたいよ~!!てぐらいなんです!ほんと名前をばらせないのが惜しいわ!!!
 明日はぜったい食べにいこう!
と口からよだれをたらしながらふと。タコの旬を調べました。美味しいたこ焼き食べたいし。
 で、どうやってさばくんだろうと思って、グーグルカモン!調べてみました。

 そこで思ったのですが・・。
 さばきかたはわかりましたが、たこをさばくのって、めっちゃたいへんそうじゃないですか?
 生きたままさばくのは難しそう。暴れるだろうし、そしたら狙いもはずれて、想像するだになんかめちゃめちゃむごそうです。ひー。
 でも、魚以上に、ある程度は陸でも生きていそうなイメージがあって。死ぬのを待つのは効率悪そう・・。
 それで、市場に出回っているたこって、はて、どうやって〆ているんだろ?と思いました。
 たこが死んでからさばいているんですよね??死ぬのを待っているんですか?殺す方法があるんですか?
 それとも、まさか・・ですか?(^_^;
 タコは蛸壺じゃないと捕れないと思いますが、生け捕りにした方、いらっしゃいますか。どうされましたか?
 市場では、どうやっているんでしょうか。

 明日は(もう今日ですけど)南無~といいながらたこ焼きを頂くことにします。(イヤミだから、お店の人の目の届かないところで。)
 どなたかご存じの方、教えて下さい。

 ええと・・長い前置きから。
 近くにめっちゃ美味しいたこ焼き屋さんがあるんですよ。東京なんですけど。
 今流行りのかりかり系に逆行しているんですけど、味が濃くて!(塩気じゃなくて、味が濃いの。)
 ほんと美味しくて、ここにいるみんなに食べさせてあげたいよ~!!てぐらいなんです!ほんと名前をばらせないのが惜しいわ!!!
 明日はぜったい食べにいこう!
と口からよだれをたらしながらふと。タコの旬を調べました。美味しいたこ焼き食べたいし。
 で、どうやってさばくんだろうと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

夏場に毎年、明石の釣り舟でタコ釣りに行ってます。
釣りなので当然生け捕りです。

私は目の細かい網に入れて、イケスに入れておき、〆ずに網のまま、ビニール袋に入れたのをクーラーに入れて持ち帰ります。

帰ったら、動かない程度に生きています。
(元気なのをサバクと、そこらじゅう墨だらけになりますよ。運が良ければ吐かないこともありますが)
これを、既に回答されていらっしゃる方のように、頭をひっくり返して、内蔵を取り出します。(これは墨袋以外は捨てません)

それとカラス口と、目玉を取り捨てます。

つぎにヌメリ取りですが、塩ではなく、米ヌカを使います。 これだと簡単にヌメリが取れますし、辛くなりません。(塩だといくら洗っても、塩味が残るので私は、必ずヌカを使います)ただこの方法の難点は流し口が詰まりやすくなるので、排水口にメッシュ等を用意しなくてはいけません。

次に茹で方ですが、その前に洗い桶に氷水を作っておきます。 それからパスタ鍋ぐらいのものにお湯を沸騰させて、その時に釣れた小さなタコを煮詰めてダシを取ります。 つぎに大きなタコ(1kg以上あると美味しいですね)を沸騰したダシに入れます。 すぐに足が丸まってくるので、茹でダコらしい形になったらすぐに引き上げて(5~10秒ぐらいでしょう) 氷水に漬けて冷やします。 充分冷えたら、タコヒキ(刺身包丁です)で切りさばきます。

こうすると、皮はシャキッと茹で上がって、中身は刺身のタコが出来上がります。

残しておいた内臓ですが、 薄口醤油:酒:みりん で
1:1:1のタレに砂糖を少々まぶした状態で、煮詰めると珍味になりますよ。

夏場に毎年、明石の釣り舟でタコ釣りに行ってます。
釣りなので当然生け捕りです。

私は目の細かい網に入れて、イケスに入れておき、〆ずに網のまま、ビニール袋に入れたのをクーラーに入れて持ち帰ります。

帰ったら、動かない程度に生きています。
(元気なのをサバクと、そこらじゅう墨だらけになりますよ。運が良ければ吐かないこともありますが)
これを、既に回答されていらっしゃる方のように、頭をひっくり返して、内蔵を取り出します。(これは墨袋以外は捨てません)

それとカラス口と、目...続きを読む

Qハイキング時の服装を教えて下さい

そろそろハイキングに良い季節になってきたのですが、
みなさんハイキング時にはどのような服装で行かれますか?
私が特に悩んでいるのがパンツなのですが、今はストレッチのジーンズで
対応しています。が!これがなかなかツライ時があります。
お寺巡りも好きでハイキングついでにお寺に寄り道という事も多いの
ですが、お寺によってはすごい石段があったりで大変です。特に夏場は。
やはりハイキング用のパンツを登山用品なんかの店で探して1本ぐらい
持ってた方が良いのかなぁ?とか思うのですが・・
オススメのパンツとかありますか?(メーカーとか)
アドバイスいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

ハイキングの場合、普段着でなんとかなるところから、綿製品を来ておられる方も見かけますが、
不快でしょうがないだろうな...と思って見ております。
ご趣味というほどの頻度でしたら、迷わず登山用品の恩恵に浸るのが正解だと私は考えます。
登山用衣類は、少々高価に思えますが、快適度がコストを上回ると思いますよ。

パンツは、化繊の機能性素材のストレッチタイプで、町中でも違和感のないシンプルなものを選んで下さい。
スポーツ用品店は玉石混合ですので、ちゃんとした登山用品店で店員さんと相談して購入しましょう。

メーカーは無難なところで、モンベル(montbell)でしょうか。
モンベル製品が最高か...と聞かれれば、そうでもないですが、コストパフォーマスとしてはお勧めできます。
実際、登山者の服装もモンベルの比率が高いです...
このメーカーは量販店で安売りされるのを嫌って、定価を大幅に下げています。(店にとっては利益率が低い)
従って安売りされることはほどんどありませんが、定価の割に出来が悪い製品をセール価格の割安感に騙されて購入してしまうこともないはずです。
(定価で通常,1~2割引きならラッキー,旧製品が3割引きでもお買い得)
http://www.montbell.com/japanese/shop/index.html
#モンベル直営店に行って物を買ったのなら、カタログをねだってみましょう。(笑)

お金は掛かりますが、上下全て揃えると、快適さは全く変わります。
普段着ではありませんので、すぐにヨレヨレにはならないでしょうし。
ただし、下着類は、登山用品は効果ですし、ハイキングですので、
ユニクロなどの速乾性素材のもので間に合わせても良いでしょう。
靴下も登山用品は秀逸ですが、ハイキングですので1000円以下のもので良いです。

なお、防寒防風は、重ね着で対応することが基本ですので、一点だけ思い切って高価な物を買うよりは、薄手のものを組み合わせた方が快適です。

いっぺんに揃えることもありませんので、まずパンツだけ購入してみて、試されてみてはいかがでしょうか?
多分、それで衣類の悩みは解決です。

階段の段差が辛いなら、1本だけステッキを使用するのも手です。
全体重を掛けるものではなく、あくまで体重移動の補助として使用します。
高低差のある場合、膝への負担が軽減(特に下り)されますし、疲労度も格段に変わります。

ハイキングの場合、普段着でなんとかなるところから、綿製品を来ておられる方も見かけますが、
不快でしょうがないだろうな...と思って見ております。
ご趣味というほどの頻度でしたら、迷わず登山用品の恩恵に浸るのが正解だと私は考えます。
登山用衣類は、少々高価に思えますが、快適度がコストを上回ると思いますよ。

パンツは、化繊の機能性素材のストレッチタイプで、町中でも違和感のないシンプルなものを選んで下さい。
スポーツ用品店は玉石混合ですので、ちゃんとした登山用品店で店員さんと相談...続きを読む


人気Q&Aランキング