痔になりやすい生活習慣とは?

コンビニ・スーパーで売られてるトマトジュースは、カゴメ・伊藤園が
定番ですが、正直どちらもあまりおいしくないと思います。
「トマト」と銘打っていながらも、トマトの味はそんなにしなく、
妙に甘ったるくてトマトと言うには違和感があります。

しかし、私がたまに訪れる農村地域の道の駅では、その地元産の
トマトジュースが売っており、これはすごくおいしいんです。
トマトの果汁がジュワッと贅沢に入っており、もちろんけがれなき
生トマトのかぐわしい香りがします。
飲むと「これぞトマト!」って、言いたくなります。

どうして、市販のトマトジュースはこんなにおいしくないんでしょうか?
同じようなことを感じてる方はいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 味覚は人それぞれですが…。

味わいの違いには、以下のような理由があると思います。

(1)品種
 大手のメーカーで使われているのは飲料用に開発された品種ですが、道の駅あたりで売られているのは生食用の流用が主かと思います。決して飲料用がまずいというわけではありませんが、飲料用はできるだけトマト臭さを排除する方向で開発されてきた品種のはずですので、我々が生食しているトマトとは性格がかなり異なると思います。

(2)作った時期
 缶詰のトマトジュースは、普通作ってから数ヶ月寝かさないと「味がのりません」。したがって、出来上がって間の無いものはまずく感じることがあります。

 なお、現在の技術では、濃縮還元とストレート果汁では栄養価の違いはほとんどないようになっていますし、いくら地元限定とはいっても未加熱のものはほとんど流通していない(下手をすると酵母発酵して破裂してしまう)と思いますので、濃縮還元とストレート、加熱・未加熱の違いではないような気がします。
    • good
    • 0

私も、生のトマトの丸かじりは大好きですが、


市販のトマトジュースは苦手です。

市販のトマトジュースが美味しくないのは、原料のトマトが、
トマト本来のトマト臭さや酸味などを極力排除した、
ジュース専用に品種改良されたものであるからではないかと
推察しています。

ただ、甘いだけのトマトをジュースにしても、
美味しいわけがありません。
道の駅のトマトジュースが美味しいのは、
昔ながらのトマトを使っているからではないでしょうか。

あと、もう一点考えられるのは、今は無添加のものも
増えてきましたが、食塩が添加されているからなのでは。

でも、市販のトマトジュースが大好きだという人もたくさんいますから、
結局は、好きか嫌いかということなのでしょうね。
    • good
    • 0

長期保存のための加熱による物と推察します。

    • good
    • 0

濃縮還元しか飲んでないからでは?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトマトジュースが苦手なのですが克服したいです。

30代の男です。

トマトジュースが苦手で、もう10年以上も口にしていませんでした。

ところが、最近勤務先でトマトジュースを取り扱うようになりまして、お客様に味を説明したりすることもあるので飲まざるをえなくなりました。

また社長のお気に入りの製品でもあるせいで「どうだ、○○くん、このトマトジュース美味いだろ!」とドヤ顔で勧められたりもします。
そんなときは「あはは、そうですね~」といって鼻呼吸を止めて飲み込んでいます。

しかしできることならこのトマトジュース苦手を克服したいのです。


そもそも私はトマト自体は好きなのです。

生トマト・・・好き
ミネストローネ・・・好き
トマトソーススパゲッティ・・・大好き

ところがトマトジュースだけは、青臭くてダメなのです。なんか雑草より青臭い気さえしています。


なにか上手い方法はないかお教えいただけると助かります。

Aベストアンサー

私と似ている(笑)
じつは私もトマト好きなのにトマトジュースが嫌いでした。

私が克服した方法は「心」ですw


トマトは栄養価がたかいんだぜ~
リコピンとかすげえんだぜ~
医者にも勧められたこともあるんだぜ~
ドラキュラ伯爵が旨そうに飲むんだぜ~
特にジュースは加熱で失われる栄養分も取れるんだぜ~

などと自己暗示をかけます。
この時点では味云々ではありません。

まずジュース凄い!とか
伯爵おしゃれ!wとか
そんなことを思いつつ、青臭さを意識の中から吹き飛ばします。



さらに問題である青臭さ対策として
天気のいい日に森林浴をするといいですよ。


いままでは
青臭い=苦い・違和感・不潔・田舎・虫だらけ
みたいなイメージが深層心理にあったのだと思います。
だから、青臭い=嫌い。だったのではないでしょうか?


しかし天気のいい心地いい日に森林浴をしてみましょう。

ああ気持ちい

森の木々や草花が美しい

鳥や虫たちも可愛らしいじゃないか

自然って素晴らしい

という感情になるかと思います。


となるとですね。
森林の臭いが嫌ではなくなってくると思います。

森林の木の臭い・草の臭いを嗅いでも嫌な感情ではなく
「ああこれが大地の恵みかぁ」
「ああこれが自然の営みかぁ」
となることでしょう。


ここまでくればしめたものです。
トマトジュースの青臭い臭いを嗅いでも
「ああこれが大地の恵みかぁ」
「ああこれが自然の営みかぁ」
自然に感謝しよう!


となって、時とともに美味しくなってくるはずです。
(まあ私の場合そうだったってだけですけど)


たぶん味より臭いがポイントなはずで
塩うんぬんとかよりは臭いから連想するイメージの問題が大きいのではないでしょうか?



それからメタボが気になるという妻はトマトジュースでダイエットができないかと思って飲んでいると飲めるようになってきたようです。

このように一応効果は研究中ですが、少なくとも酒・コーヒー・甘いジュースよりは体に良さそうです。

不思議なものでダイエットとして飲むなら、苦手でも我慢できてそのうち慣れるんだとか。

私と似ている(笑)
じつは私もトマト好きなのにトマトジュースが嫌いでした。

私が克服した方法は「心」ですw


トマトは栄養価がたかいんだぜ~
リコピンとかすげえんだぜ~
医者にも勧められたこともあるんだぜ~
ドラキュラ伯爵が旨そうに飲むんだぜ~
特にジュースは加熱で失われる栄養分も取れるんだぜ~

などと自己暗示をかけます。
この時点では味云々ではありません。

まずジュース凄い!とか
伯爵おしゃれ!wとか
そんなことを思いつつ、青臭さを意識の中から吹き飛ばします。

...続きを読む


人気Q&Aランキング