人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7682866.html

ここのページでLANケーブルには下位互換性があるとのご回答をいただいのですが
上位互換性はあるのでしょうか?

カテゴリ7用のネットワークでカテゴリ5や6のケーブルは使えないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q/カテゴリ7用のネットワークでカテゴリ5や6のケーブルは使えないのでしょうか?



A/使うことはできます。その代わり、Cat7(カテゴリ7/10Gbps)で定める信頼性ある運用はできません。厳密には、できないわけではなく、Cat7と同じ速度で同じ品質を、保証できないということになります。ケーブルの規定速度での運用であれば問題なく可能です。

Catの違いは、外部ノイズ対策としてのシールドがどれだけ行われているかと、信号帯域としてどれだけの帯域までなら、規定された距離を規定された速度で転送できるかという基準に基づく、ケーブルの規格です。

たとえば、10Gbpsで100m通信できるように開発されたのが、10Gbase-Tで利用するCat7ケーブルです。この規格に基づく通信距離を確保するには、Cat7のケーブルがなければなりません。もし、Cat6ケーブル(Cat6eを除く)を使うと、減衰率が高いため、それほどの長距離は通信できないか、または通信できても1Gbpsに速度が落ちてしまったり、またはリンク中に定期的に通信がロストする恐れがあります。

即ちケーブル規格は、ノイズによる減衰率を抑制し、より高速に安定して通信するための規格であり、速度や距離を求めない、信頼は二の次でコストが重要なら、どのケーブルを使っても差し支えはありません。

尚、100Mbpsの回線に使うなら、Cat5以上であれば、規定の品質がありますので、問題はありません。1Gbpsの回線に使うならCat5e(エンハンストカテゴリ5)以上、Cat6を推奨します。
10Gbpsの回線に使うならCat6e以上、Cat7を使うのが妥当です。

ちなみに、ハブなどで多種類のケーブル規格が混在する場合は、マニュアルでのネゴシエーションにしか対応していない製品であれば、速度設定をケーブルに合わせて行う必要があります。
それに対して、オートネゴシエーション対応のハブを使っている場合は、意識しなくともケーブルやLANアダプタに最適な速度で通信されます。
    • good
    • 0

使用することはできます。


速度は、一番低い速度(カテゴリ5や6)になってしまうので注意です。
    • good
    • 0

カテゴリ7が上位規格で、5,6が下位規格です。



>カテゴリ7用のネットワークでカテゴリ5や6のケーブルは使えないのでしょうか?
使えますが、転送速度が落ちます。
10m以上とか、ファイルのやり取りを頻繁に行うのでない限り必要無いです。

インターネット程度ではかわりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLANケーブルの下位互換性

海外旅行でLANケーブルが必要なホテルがごくたまにあるため
LANケーブルを一つ買っておこうと思います。
それで、LANケーブルにはカテゴリがあっていろいろな種類があるようなのですが
基本的にLANケーブルには下位互換性があるため、
カテゴリ7を買っておけばどのようなLANでも対応可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。カテゴリ7のストレートケーブルでしたら、問題ありません。
ですが、今のところ、カテゴリ7は高いので、5eまたは6あたりで十分と思われます。それで、ギガビット対応していますし、ホテルでの利用でしたら、数十mも引き回すこともないでしょうしね。

興味深い記事がありましたので、ご紹介します。
Gigazin
「LANケーブルが変わると速度がどれほどアップするか38種類テスト結果まとめ」
http://gigazine.net/news/20120612-compared-lan-cables/

QLANケーブルのカテゴリ5Eとカテゴリ6の違い

新築時に壁の中に自分でLANケーブルを通すことにしました。(経費節約のため)

それで、GW明けくらいから大工さんの昼休みを利用して作業に入ろうとしているんですが、どのLANケーブルを埋設しようかと思っています。

地元の電気店ですとコネクタなしのLANケーブルは100mのものでカテゴリ5Eのものしか売られていませんでした。

それで先ほど値段比較のためにネット検索したらカテゴリ6というのが売られていて、将来の高速化に対応できるようにかかれていました。

それで質問なんですが、カテゴリ5Eとカテゴリ6はコードの中は同じ8本なのでしょうか?
それとも規格そのものが異なるのでしょうか?

実際の配線は中央に松下のマルチメディアポート(WTJ5143K)にじかに剥き出しのまま配線します。

Aベストアンサー

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

 ただし、1000BASE-TXで使用するには線用のネットワーク機器が必要で、PCのコネクタはもちろん、ハブも対応が求められます。
 また、従来の100BASE規格との混在は出来ないため、1000BASE-TXのみのネットワークを構築する必要があります。

 しかしながら、今のところ1000BASE-TXに対応した製品はまだケーブルのみという状況で、しかも前述のように互換性の問題があるため、今後普及するかどうかはっきりしません。
 ただ、ケーブル自体はCat.6はどのような通信規格にも対応しています(1000BASE-Tも100BASEも可)。ですから、いまの時点ではどちらを選ばれても問題はないでしょう。
 予算に余裕があれば、Cat.6にしても良いかと思います。少なくとも、配線距離が長くなった場合の外部ノイズにはCat.6の方が強い構造になっています。

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

...続きを読む

QLANケーブルが長すぎると伝送の損失が大きいのでしょうか?

一般家庭(田舎の木造住宅)ですが、
障害物等により無線による接続が難しく、
LANケーブルで接続しようと思っています。
計算すると50mぐらいになりそうなのですが、
やはり50mぐらいの長さになると、
短い距離に比べてスピードも遅くなってしまうのでしょうか?
でも例えば、大きなビルや工場などの建物では
もっと長いケーブルが使われているところがあると思うのですが
そういうところはどうなっているのでしょうか?
伝送損失の少ないケーブルなどがあるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず長さですが、皆さんがお答えしているように100mまでは大丈夫です。
大きなビルなどでは軽く100mを超えますのですべて光ケーブルです
光ケーブルでうけて100BASE-Tで分配します
それよりもケーブルを設置する環境を考慮することが大事ですも所謂施工方法ですね
まず一般家庭とかいてありますが、これではまったくわかりません
(1)ケーブルをはるのは屋内なのか屋外なのか
屋外に配管なしではるのであれば屋外用のケーブルが必要です
(2)ケーブルの配線はどうしてとめるのか?例えば配管の中をとおすのか、それともなにかにのせるのか、それとも空中にピーんとはるのか、
配管の中をとおすのであれば問題はありませんがピーンとはるのでしたらスタルペスケーブルか吊り線(鋼線)にケーブルハンガーが必要です
(3)それとノイズが多い場所を通るのか、もしそれであればシールド付ケーブルが必要です


人気Q&Aランキング