ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

子供2人母子家庭でヘルパーをしております。
昨年末より現在の職場で働き始め、総支給額は1月分17万、2月分25万、3月分27万、4月分からは30万前後です。
7月分の給与までは、健康保険8982円、厚生年金14771円でしたが、先日頂いた8月分は健康保険14970円、厚生年金25149円と、かなり増えていて驚きました(><)
いきなりの事で何が何だか。。。おかしい事ではありませんでしょうか?
会社に確認してみようかとも思ったのですが、その前にこちらで教えて頂けると助かります。
全く無知でお恥ずかしいのですが宜しくお願い致しますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

健康保険料・厚生年金保険料が改定されるしくみを知らないと、ちょっと理解できないと思います。


大きく分けて、定時決定と随時改定というものがあるので、下のURLを見て下さい。
(回答No.1はかえってややこしい説明になってしまっています。感心できません。)

定時決定
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
随時改定
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

定時決定されると、9月から適用されます。
これは、9月分社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)から適用しますよ、という意味で、10月中に支払われる給与から天引きされる分からの適用です。

随時改定というのは、既に回答No.3で説明されているとおり。
ある月に昇給などがあったら、4か月目の社会保険料から適用しますよ、といった感じです。
例えば、4月に昇給などがあったら、4・5・6と数えて4か月目が7月なので、7月分社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)から適用しますよ、といった感じになります。8月中に支払われる給与から天引きされる分からの適用です。

社会保険料の天引きは、法令では、その翌月に実際に支払われる給与から行うことになっています。
9月分社会保険料なら10月中に支払われる給与から天引きします。7月分社会保険料なら8月中に支払われる給与から天引きします。
早い話が、就職した月に支払われる初めての給与からは社会保険料が天引きされない(1か月後ろにずれる)というイメージです(これはわかりますね?)。

こういうしくみを踏まえて、回答No.3も参考にして、給与明細を持って会社の担当に聞いてみることです。
固定的賃金の変動がないのに随時改定がされてた、ということになると、それは間違いですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お忙しい中、早々と回答ありがとうございます。
詳しく説明していただき感謝しております。
本当にありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2012/09/18 15:49

健康保険と厚生年金保険料は、4月5月6月の平均報酬月額を計算して9月から変更になります。

なので給料が上がっていれば社会保険料も高くなるという仕組みです。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

8月中に実際に支給された給与から7月分社会保険料が差し引かれる、という前提でお話しします。


前月分社会保険料を当月支給の給与から差し引く、というのが社会保険料控除の本来のしくみだからです。

ある月に昇給などがあったとき、これを「固定的賃金の変動」といいます。
もし、7月分社会保険料(8月支給の給与から天引き)からUPがあるとすれば、4月に昇給などがなされていた事実がないといけません。
このとき、4・5・6月に実際に支給された給与を平均して、そこから標準報酬額(保険料を決めるための基準となる額)を導き出すのですが、それが、それまでの標準報酬額のランク(等級表が存在します)と比較して2等級以上の差があったとき、4か月目の分(7月分=8月支給給与)から社会保険料が変わります。
これを「随時改定」といって、会社は「月額変更届」というものを年金事務所などに提出しています。

ということで、この「随時改定」が正しく行なわれたのかどうかを確認して下さい。
昇給など(固定的賃金の変動)がなかったのにもかかわらず、ただ単に「給与の額が増えた」というだけで月額変更届を出してしまうような誤った処理が行なわれてしまうことがありますから、要確認です。
参考URLもぜひごらんになってみて下さい。
 

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、早々と回答ありがとうございます。
詳しく説明していただき感謝しております。
本当にありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2012/09/18 15:50

お書きになっているように給料が大幅に上がったからです。

昇給して3か月は社保料を変えませんが、4か月目から改定します。勤務先で標準報酬月額変更届を出します。これが随時改定というものです。
簡単にいうと以上のとおりです。
昇給の幅によっては保険料が変わらないこともあります。嫌な話ですが、給料が下がるときも保険料がすぐには下がりません。定時改定という言葉が出ていますが、これは9月分保険料(10月支給給与で控除が原則)で行われます。また、厚生年金は毎年9月分から数千円値上がりします。健康保険料は4月分から改定が多いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お忙しい中、早々と回答ありがとうございます。
詳しく説明していただき感謝しております。
本当にありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2012/09/18 15:50

おそらくですが


 ・『定時決定』による標準報酬月額が高くなった
  ⇒随時改定と重なった可能性もある
 ・保険料の徴収は法に反した「当月分を当月(支払い給料から)徴収」
ということによる増加

> 7月分の給与までは、健康保険8982円、厚生年金14771円
 健康保険は加入している保険者によって料率が変わるので、「平成23/9~平成24/8」の厚生年金の保険料表で見てみると・・・この保険料は『標準報酬月額180千円(11等級)』
> 先日頂いた8月分は健康保険14970円、厚生年金25149円
 今度は「平成24/9~」の厚生年金の保険料表でみると・・・この保険料は『標準報酬月額300千円(18等級)』 
[平成23年9月分~平成24年8月分]
 https://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existin …
[平成24年9月分~平成25年8月分]
 http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/000000421 …

ご質問文には詳しいデータがないので計算結果(標準報酬月額300千円)が正しいのかの判断は出来ませんが、4月~6月の3ヶ月間の賃金総額から『標準報酬月額』を導くのが『定時決定』という、全国いっせいに行われる行為。
4月から30万円前後との記載があり、増加後の保険料に対する標準報酬月額が300千円であることから、ホボ間違いない処理結果(徴収するタイミングが法に反しているが、世間では良く見られる行為)だと考えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お忙しい中、早々と回答ありがとうございます。
詳しく説明していただき感謝しております。
本当にありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2012/09/18 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金保険料が上がった

今月は残業がいつもより多く、給与の支給額(額面)が24万円でした。22万円だった月と比較すると厚生年金保険料が5000円程、健康保険料が1000円程高くなっていました。こんなに上がるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

社会保険保険料の決め方

4月から6月の3ヶ月間の給与(通勤費、残業手当込み)の平均額によって標準報酬月額が決まり、それを基に9月から翌年の8月までの保険料が決まります(これを定時決定といい、7月1日現在で被保険者の人は原則として全員が適用されます)。

ですので今月の影響でというか、6月までの影響で9月からの保険料が高くなってしまったと考えられますね。

Q毎月の健康保険,厚生年金の金額がなぜか徐々に増えています…。

毎月の健康保険,厚生年金の金額がなぜか徐々に増えています…。



質問です。
給与明細で疑問点があります。

残業時間は大した変わりなく、支給額はそんな変化無いのに、

なぜか健康保険が毎月1~2000円、厚生年金1~4000円程度増えており、手取り額が徐々に減っています。

ちなみに詳細は

【今月】
支給額 \378,964
健康保険 \19,311
厚生年金 \32,919
→手取り \301,391

【8月】
支給額 \383,381
健康保険 \16,956
厚生年金 \28,267
→手取り \311,828

こんな感じです。

支給額が減ってるのに、健康保険や厚生年金などの控除額が増えるのは何故ですか??
支給額も増えているなら、理解出来るのですが…。




当方は、医療職で、4月に開院したばかりの個人病院に勤めています。

経営者が非常にケチであり、何かと経費を削ろうとするため、『まさか給与までごまかして減らしているんでは?』と、正直疑っているので、もし分かる方いらっしゃいましたら、ご回答お願い致します。

毎月の健康保険,厚生年金の金額がなぜか徐々に増えています…。



質問です。
給与明細で疑問点があります。

残業時間は大した変わりなく、支給額はそんな変化無いのに、

なぜか健康保険が毎月1~2000円、厚生年金1~4000円程度増えており、手取り額が徐々に減っています。

ちなみに詳細は

【今月】
支給額 \378,964
健康保険 \19,311
厚生年金 \32,919
→手取り \301,391

【8月】
支給額 \383,381
健康保険 \16,956
厚生年金 \28,267
→手取り \311,828

こんな感じです。

...続きを読む

Aベストアンサー

2番です。
4番さまへのお礼文に書かれている再質問に対して回答いたします。

> 9月は38万だったんですが、7月は39万、6月は41万でした。
> だから、今この保険料になっているという解釈で合っていますか
回答
 チョット違うかもしれません。
解説
 10月の給料(9月分保険料)から変更になったということは・・・定時決定の場合と随時改定の場合のどちらかは判別できません。
(尚、標準報酬月額の金額に関しては4番さまの出された数値を使います)
・定時決定
 従前の標準報酬月額が36千円だったのに対して、4月~6月の給料の平均から求められた標準報酬月額が2等級上の41千円だった。等級の増減だけで見れば随時改定だが、対象となる3か月間のうち出勤日数が17日を下回った月があったために随時改定には該当せず、定時決定扱いで9月分保険料から増加した。
・随時改定
 6月支給の給料において「固定的賃金」部分(本給や定額の手当て等)に増加が生じ、従前の標準報酬月額が36千円だったのに対して、6月~8月の給料の平均から求められた標準報酬月額が2等級上の41千円。且つ、対象となるそれぞれの月の出勤日数が17日以上だったので、随時改定で9月分保険料から増加した。

>また、8月から残業が減って最初よりも支給額が減ってるんですが(37~38万代)、
> そうなるとまた保険料も下がるんですか?
回答
 多分、そのままだと思いますが、ご質問文だけでは判りません。
解説
 上に書いた定時決定は年1回の指定された月を対象に計算されますので、計算の対象月である4月~6月支給に関係ない月の残業代が増減しても標準報酬月額は変更とはなりません。
 問題は随時改定の方です。上では『6月に「固定的賃金」部分に増加があった場合には、9月分から随時改定』と書きましたが、7月以降の支給された給料で再び「固定的賃金」部分に増減があり、再度の計算結果で随時改定の対象となる可能性があります。その場合、残業代の増減は随時改定を左右させるファクターです。

> それと、現在病院側の支払いがし易いとの理由で、年俸420万契約を、ボーナスなし月35万(+残業代 )
> 払いでもらっているのですが、
> 月収+ボーナス払いでもらうのとを比べた場合、控除諸々を引いた額は両者あまり変わらないんですか?
> それとも、こっちのが少し控除額が減るとかはないのでしょうか??
回答(年単位での支給額は同額と仮定した場合です)
 変わらない物:所得税、個人住民税
 多分変わらない物:雇用保険料
 変わるかもしれない物:健康保険料(40歳以上は介護保険料含む)、厚生年金保険料
解説
 所得税・個人住民税は、「年末調整」又は「確定申告」によって正式額が確定するので、期間の合計で考えれば控除額は同額
 雇用保険料は、毎回の支給額×雇用保険料率で控除されるので、百円程度の差は生じるかもしれない。
 健康保険料・厚生年金保険料は、給料に対しては「標準報酬月額×保険料率」、賞与に対しては「標準賞与額×保険料率」で控除される。その為、『ボーナスなし月35万円+残業代』での年間標準報酬月額累計が、『月給+ボーナス』での「標準報酬月額×12+標準賞与額累計」と同値であれば、論理上は控除額も同値。ただし、保険料率は定期的にUPするので、多少の誤差が生じる。あと杞憂とは思いますが、賞与に対する厚生年金保険料計算では、年間の標準賞与額に上限があるので、ボーナスが高額であれば『ボーナスあり』の方が控除額は減る。[健康保険にも標準賞与額の上限がありますが、今回は該当しないと考えました]

2番です。
4番さまへのお礼文に書かれている再質問に対して回答いたします。

> 9月は38万だったんですが、7月は39万、6月は41万でした。
> だから、今この保険料になっているという解釈で合っていますか
回答
 チョット違うかもしれません。
解説
 10月の給料(9月分保険料)から変更になったということは・・・定時決定の場合と随時改定の場合のどちらかは判別できません。
(尚、標準報酬月額の金額に関しては4番さまの出された数値を使います)
・定時決定
 従前の標準報酬月額が36千円だったのに対して、...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q厚生年金保険の金額が急に増えた!?

今回会社からもらった給料明細の中に、厚生年金保険の金額がいままでのより\500位増えちゃったんです。いままではずっと同じ額でした。
明細の中に他の項目の額はすべて以前と同じだし、自分の状況も代わりがありません。
なぜ急に増えたか、全然分かりません。もしかして、経理担当者の計算間違いかしらという心配があります。直接聞くのもちょっと…もし他に増える理由があるなら、納得します。
詳しい方アドバイス頂けますか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年金改革により、毎年増えています。
今回で3回目です。
10月支給給与から、来年9月支給給与まで同率です。

厚生年金の料率が0.354%上がって、14.642%になりました。
会社との折半なので、負担額は7.321%になります。

標準報酬月額が同じの場合、今月から厚生年金が上がって、手取りが減ります。
(標準報酬月額が30万円だった場合、531円アップして21,963円に)

昇給等で4~6月の給与が前年比で高くなった人は、さらに上がって、9月までと比べると手取りが減ります。

標準報酬月額は、「今月の厚生年金÷0.07321」で算出できます。
ぴったりした数字になります。
この金額が来年9月給与まで適用されます。
この金額で将来受け取れる年金なども決まります。

13.58%から、毎年、0.354%ずつ、2017年・18.3%(自己負担9.15%)になるまで、増加は続きます。
(標準報酬月額が30万円だった場合、27,450円になる)

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q4~6月の給料で税金が決まるそうですが教えて下さい

4月~6月の給料で1年の税率が決まるから、
残業代が翌月に反映される場合、3月~5月は残業しない方がいいとよく聞きます。

将来の年金額が払った分増えるから、気にしなくていいという意見も聞きます。


実際のところどうなんでしょうか?

私自身は、トータルでイーブンならいいかという考えなのですが、
将来、年金がちゃんともらえるかわからないこの時代、
やっぱり今税金を多く払うのは損でしょうか?

みなさまの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

税金(所得税・住民税等)と社会保険料(厚生年金・健康保険料等)を混同してませんか?

4月から6月の給料平均月額を参考にするのは、社会保険の等級を決める「標準報酬月額」です。

この、標準報酬月額は春の賃上げが行われる4月の給料から以後3ヶ月間の6月までの平均額で暫定的に算出するのが一般的ですが、年度の途中でも残業手当の増減などで給与支給額の変動があった場合は等級は随時見直されるので決定額ではありません。

従って、4月から6月まで3ヶ月間の残業をせずに標準報酬月額を控えめにしても、その後に残業手当が増えて標準報酬月額が等級の範囲内上限額を超えれば社会保険の等級は同じ年度の途中からでも容赦なく引き上げられます。
(※逆に標準報酬月額が、その後に等級の下限額を下回れば等級は下がる)

また、給与所得税については「年末調整」で過不足などがあった場合は12月の給与で調整されるので、4月から6月の所得税平均額が年間所得税額に影響することもありません。

Q住民税は4~6月の給与を元に算出するのですか?

住民税か健康保険料だったか裏覚えなのですが、
以前、4~6月分の給与の平均×12ヶ月分を平均月額給与として算出する
と聞きましたが、現在もそうなのでしょうか?
そしてこれは、「4~6月分」の給与でしょうか?
それとも、「4~6月に支払分」なのでしょうか?(給与が翌月支払いの場合)
ご存知の方がいらしたら、どうぞ教えて下さい!

Aベストアンサー

#2の者です。

>>>では、健康保険・年金保険は、4~6月に「支払われた」給与という事で、
給与が当月締め翌月払いの場合、実際は3~5月分の給与という事になるのですね?

一般のサラリーマンの場合で分かりやすい例を挙げますと、
4月入社の新入社員も、ちゃんと4月の給料日に給料をもらえるはず。
「給与が当月締め翌月払い」というケースは、私は聞いたことが無いですが、
残業手当など、当月分を当月の給料として支給するのが、事務手続き上無理な場合、翌月払いになるでしょう。
いずれにせよ、4~6月に実際支給された給料・諸手当の額が、標準報酬月額の算定根拠になります。


>>>
その給与とは、会社から交通費が出ている場合、それも含めての合計額になるのでしょうか?

通勤費は含む、
出張時などの交通費実費は含まない、
です。
http://hccweb1.bai.ne.jp/~apadi703/txt20.htm

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q排卵から2,3日後の下腹部痛

こんばんは。
2人目の妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。
1人目は1回で授かったのですが・・・。
今回3/14に排卵検査薬が陽性になり、3/15の午前中に産婦人科で診て貰ったところ左卵巣の卵胞が21~22mmで排卵直前という診断でした。
基礎体温は
3/14 36.50
3/15 36.19
3/16 36.45
3/17 36.97
3/18 36.96
で、3/12夜と3/15夜に仲良くしました。

それで3/18の午前中、急に左下腹部にチクンという痛みが走り、その後も忘れた頃にそのような痛みが数回ありました。
気にして何度も触っていたら、ちょっと押すだけでも軽く痛むようになってしまいました。
場所は骨盤から指3本分くらい内側で、足とお腹の境目から指3本分くらい上です。
丁度卵巣がある辺りかと思い少し心配です。
実は以前、やはり排卵から2,3日後に、その時は右でしたが、同じような場所が同じように痛んだことがありました。

こんな痛みを経験した方いらっしゃいますか?
お医者様からは何も言われて無いのですが、卵巣や卵管に異常があって、排卵・受精がうまくいってないのかもと思い心配です。
月曜日は行きつけの産婦人科の担当医がお休みで、火曜日は祝日で病院自体がお休みなので、日曜日に休日診療してくれる病院に行くかどうか迷っています。
皆様、お知恵を貸して頂けないでしょうか・・・

こんばんは。
2人目の妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。
1人目は1回で授かったのですが・・・。
今回3/14に排卵検査薬が陽性になり、3/15の午前中に産婦人科で診て貰ったところ左卵巣の卵胞が21~22mmで排卵直前という診断でした。
基礎体温は
3/14 36.50
3/15 36.19
3/16 36.45
3/17 36.97
3/18 36.96
で、3/12夜と3/15夜に仲良くしました。

それで3/18の午前中、急に左下腹部にチクンという痛みが走り、その...続きを読む

Aベストアンサー

私も赤待ちです。
今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。
生理予定日まで待ち遠しいですね。

病院からは、排卵したか確認に来るようには言われませんでしたか?
私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。

腹痛についてですが、私は医者でも何でもありませんので、医学的なアドバイスではありませんが、私の経験談を少し・・
私も排卵後、下腹部の辺りがチクチク痛いことありますが(場所は色々です)、特に心配していません・・
その理由として、排卵前後はお腹にガスが溜まりやすいので、そのための痛みかな~とか、受精するか着床するか、など心配しすぎているための気のせいかな~とか。。 こう書くとすごく能天気な人のように見えますが、実際気持ちの変化って影響が大きいと思うんですよ。私は去年夏に一度流産しているんですが、子作りがんばり中は、排卵前後や生理前に体調が悪かったり、お腹が痛くなったりしましたが、流産後の子作りお休み中は全然そういう症状がありませんでした。そして数ヶ月前からまた子作り再開したところ、またそういう症状が出始めました。でも気のせいか、何かに没頭してたりすると痛みを忘れていることもあります。同じ生活するなら、痛みを気にするより、楽に暮らしたいですので、最近はあまり考えないようにしています。今日は高温期5日目くらいですが、あまり気にしないようにしたら、心なしか先周期よりも痛みが楽な気がしています。

卵巣・卵管に異常があるのではないか??ということですが、卵胞チェックの際に卵巣をエコーで見てもらっているわけですから、もし先生が目で見て卵巣に異常があればすぐ言われますよ。あと、卵管造影の検査は受けましたか?お子さんができなくて病院に通い始めたら、数周期目で卵管造影を勧められると思うのですが、もしその検査をしていて問題なかったのであれば、卵管についての心配もご無用かと思います。

先生は、何か異常を認めているのに言わないということはありませんよ。
通院中の産婦人科は、担当医じゃないと見てもらえませんか?
今までの検査結果や状況などがカルテに書かれているはずですので、休日診療してもらうよりは、かかりつけの病院に月曜日か水曜日に受診して、相談してみてはどうでしょうか。

私も赤待ちです。
今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。
生理予定日まで待ち遠しいですね。

病院からは、排卵したか確認に来るようには言われませんでしたか?
私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。

腹痛についてですが、私は医者でも何でもありませんので、医学的なアドバイスではありませんが、私の経験談を少し・・
私も排卵...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。


人気Q&Aランキング