最新閲覧日:

煮込み料理にピューレやホールトマトを使いますが
その使い分け方,特性を教えてください

A 回答 (3件)

ピューレは凝縮されていますので、その分トマトの旨みやコクが強調されます。

(さらに煮詰めたトマトペーストというのもあります)
ホールトマトは、どちらかというと爽やかな酸味とジューシーさが強調されます。もっと酸味が欲しければ、生のトマトを使いますが。
ホールを使っても、長時間煮込んでいけばピューレを使った時に近い味になります。逆に言えば、煮込んでいる時間が無い時にピューレを使える、といえます。
普通は併用することが多いです。ホールトマト主体で使って、ピューレをコク出しの隠し味として使う感じですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/18 07:01

asucaさんのおっしゃるのとほぼ同じですが、あと、ピューレの方がやや酸っぱさの刺激がすくなく、ホールの方が酸味があるような気がします。

火のとおりがよけいあるからかな、ピューレは。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arutomato/tom …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。有難うございます。

お礼日時:2001/05/18 08:56

なめらかな仕上がりにしたい場合はトマトピューレを、


トマトの食感の存在感を若干残したい場合はホールトマトを使っています。

肉料理などにかけるトマトソースはなめらかさを出すためにトマトピューレを使ってさらにシノワ(こし器)で漉してやったり、
パスタなどに使うときはホールトマトを少し煮崩した物を使っています。

煮込み料理の時は両方併せて使うときもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/18 06:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ