ずっと気になっていて、読みたかった共作小説「冷静と情熱のあいだ」。既に読まれた読書家の方、江國香織版(Rosso)と、辻仁成版(Blu)と、どちらから先に読むのを薦めますか? 私は江國香織の文章には割と馴染みがあり、辻仁成は読んだことがありません。で、辻仁成から読み始めようかなどと思っていますが。

ご意見とその理由をできるだけ詳しく、ただし筋書きなどをばらさない範囲で、お聞かせください。

A 回答 (7件)

こんばんは。



これは私の大好きな作品ですので、口出しさせていただいますっ(笑)

雑誌の連載では、江國さん(Rosso)→辻さん(Blu)の順で、一章ずつ作品が掲載されていました。 一つの恋愛を江國さんは女性の立場で、辻さんは男性の立場で書かれています。 一章ごとに読むとお互いの状況や気持ちの変化、時間の流れなどがわかるようになっていると思います。 
また実際に江國さんが雑誌のインタビューで「RossoとBluを一章ずつ交互に読むと楽しいです」というようなことを仰っていました。 またこの小説は江國さんから始まって、辻さんで終わるわけですが、江國さんがご自分の最後の章を書き終えた後に、小説を締めくくる辻さんに対して「このままで終わらせないで」というお願いの手紙を書かれたそうです。

実際には、江國さんの大ファンでほとんどの作品を読んでいる私は、この作品について何の予備知識もなく、書店で見つけてすぐに「Rosso」のみ購入して読みました。 その時は隣に青い表紙、同タイトルの辻さんの作品が置いてあったなんてことには気づきもしませんでした(笑) その後「Blu」を読むまでに時間が空いてしまったのですが、気になってしかたがなかったです(笑) 理想とされる「RossoとBluを一章ずつ交互に読む」というわけにはいかなかったのですが、辻さんの方を先に読むよりはずっとよかったと思っています。 ↑のインタビューは両作品とも読んだ後に読みました。

ただ、私は女性ですから江國さんの方を先に読んで感動したということもありますので、男性には辻さんの方を先に読んでみてもらうのもいいかなぁとも思います。

>辻版を一気に読んでから江國版を読むのと、読書経験としてどこがどんなふうに>違うと思われますか?

う~~~ん、書いてしまっていいのか悩むところなんですが・・・
問題はラストなんです。 推理小説のラストを先に読んでしまうようなものだとも言えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。非常に参考になりました。

お礼日時:2001/05/25 01:46

全然回答ではないんですが、


辻仁成を読んだことが無いのでしたら
『そこに僕はいた』という本、もし
良かったら読んでみて下さい。
面白かったです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よんでみます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/25 01:44

No.1の回答者nobor3です。


江國さんの方がクールって言うか非情で、「えーそうなっちゃうの?」ってちょっとショックを受けるんだけど、それを辻さんがうまーくいいほうへ持っていくって感じです。なので、逆に読んじゃうと、その辺の醍醐味がなくなっちゃうような気がします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考にします。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/25 01:44

はじめまして。

私もnadeshikpinkさんと同様
に、江國→辻と交互に読み始めましたが、辻さんのストーリーの先が気になり、どんどん惹きつけられてしまって、辻さん版を最後まで、一気に読んでしまいました。私は、女性ですが、なぜが主人公の男性に共感しました。どちらに共感するかによって、読み方も変わってくるんじゃない
でしょうか?江國ファンか辻ファンかによっても違うかも(笑)。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/25 01:45

私の場合は人から薦められて「冷静と情熱のあいだ」を読みました。



1つの作品として読まれるなら、交互にですね。
また、辻作品(男性の想い)、江國作品(女性の気持ち)と2倍に楽しまれるくらいの気持ちでしたら
読みやすい方からでいいのではないでしょうか?
私の場合は薦めて下さった方が、1章ずつ江國→辻と読んでと言っていたので
最初はそう読み進めて居ましたが、だんだんと辻さんの文体に惹かれていきました。
結局一気に辻版を読み終えてしまいました。
私はmatildaさんと逆で女性ゆえに江國さんの中の女性に共感できなかったのかもしれません・・・。

もう一度、交互に読みなおしてみようと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

興味深いご意見、ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/25 01:45

すみません、No.1の回答の補足ですけど、江國版と辻版を一章ずつ交互に読むって意味です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。書かれた順番に読むべきじゃないかというのはわかるのですが、実際にお読みになった経験から、もう少し教えていただけますか? たとえば、辻版を一気に読んでから江國版を読むのと、読書経験としてどこがどんなふうに違うと思われますか?

お礼日時:2001/05/19 21:30

僕は、江國→辻で読みました。


まず江國さんが書いて、それを受けて辻さんが書いていたという事ですので、この順番が標準じゃないでしょうか?
どういう順序で読んでもいいですよって江國さんと辻さんはテレビで言ってましたけどね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江國香織の本のなかで

江國香織作品をよくお読みの方にお伺いします。

3冊くらい読んでみようと思っているのですが……
とりあえず最初に読む3冊と言ったら、どの作品がお薦めですか?
短くて結構ですので、推薦文付きでご紹介ください。
出来れば、一巻完結の物を挙げていただきたく思います。

「初めて読むにしてはどうかなあ」と思うけれども、自分はこれが一番好きだ、という本をお持ちの方は、それも併せてお答えいただけれると嬉しいです。こちらは一冊だけ挙げて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですね~、「つめたいよるに」は短編集ですから、初めての人でも読みやすいと思いますよ。
中でも「デューク」という話はお勧めです。センター試験の題材に使われたくらいですし。

「ぼくの小鳥ちゃん」は、アイスクリームにラム酒をかけたものが好きな好きな小鳥と、ぼくと彼女のお話です。
擬人化されたような小鳥ちゃんの子悪魔っぷりに脱帽しちゃいますよ♪こちらも短めの話で、初めて読むにはお勧めです。

「流しのしたの骨」は、おっとりした長女、変わり者の次女、主人公の三女、弟の四兄弟と不思議な組み合わせの両親の物語です。兄弟みんなが何かしらの問題を起こしつつも静かに進んでいく物語はあっという間に読めますよ。

私は最初にお勧めした「デューク」が一番気に入っています。短編で気に入り、絵本版も買ってしまったほど。ぜひぜひ読んでください★

Q江國香織さんの本が好きです

こんばんは。
私は江國香織さんの小説が好きで、特にホリーガーデンが好きです。
何か新しい本を読もうと思っているのですが、何かオススメはありませんか?
私は江國さんが書かれる、細かい所まで描写され、生活観のある話が好きです。
あまり大きな事件はなくて普通の生活の中で、こまごまとした悩みがあるような女性が主人公の話が好きです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
私も江國香織さんは大好きです。
先日読んだ「神様のボード」は良かったです。
あと、「ウエハースの椅子」も素敵でした。

Q江國香織さんの本のことで質問です。

僕は江國香織さんの本が大好きです。以前に読んだ江國さんの本をもう一回読み直そうと思って家にある江國さんの本をパラパラと見てみたのですがどうも違います。その本は学校の図書館で借りた本なので記憶が曖昧なところがあります。「こうばしい日々」だったの思うのですが、内容が違いました。記憶にある場面は、コーヒーが苦手な女性が男性から口移しで飲ませてもらう・・・という場面があったと思います。手がかりが少なくて申し訳ありません。わかる方がいらっしゃられば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

こともあろうに題名を間違えてしまいました。申し訳ありません。
「香ばしい日々」ではなく「こうばしい日々」ですね…。
混乱を招いてしまうといけないので訂正させていただきました。

Q江國香織さんの大ファンです

「有名人の子どもの名前」というページに江國さんに宇里(うり)君というお子さんがいると書いていました。
今までのエッセイ・インタビューに旦那さんの事はよく書かれていたのですが、お子さんの存在は初めて知りました。本当なのでしょうか?プライベートな事ですが、作品・ライフスタイル共に江國さんの大ファンなので、知っておられる方情報お願いします!
☆おまけで、さくらももこさんにも雄飛君という第2子がいると有りましたが本当ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私も江國さん好きなので、質問拝見してびっくり!
(最近の情報は何も知らないのですが)

なんだか間違い説もあるみたいですね。
実際、参考URL見て貰えればわかるように、
横森理香さんの娘さんは宇里とおっしゃるようです。
この方のお子さんと間違えたのではないか、という説です。

よくある名前じゃないでしょうから、半信半疑で聞いておいたほうがよいのではと思いますよ。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/suteki/su511301.htm

Q愛から、相手に甘んじて殺される筋書き

古典、神話、民話、芸能、何でもいいのですが、相手が自分を殺すと知りながら、愛(または人生への絶望、諦念)から甘んじてそれに身をさらして殺される、みたいな筋書きのストーリーを知っていたら題名を教えてください。あやしくても大体、こんな感じ・・・でも結構です。

Aベストアンサー

江戸川乱歩の「芋虫」は夫が妻に殺されることを愛(感謝?)から受け入れる話だったはずです。
でもこういうのじゃないんですよね。

最もベタだと思いますが、福音書のイエス。
あと学校で習った、玉虫厨子に描かれている「捨身飼虎図」というのもそういう感じかも・・・
飢えて死にそうな虎の親子を助けるため、釈迦?が自ら餌になったという話を描いているというやつで、
何かの話が元になってるんだろうけど知りません、すいません。
オスカー・ワイルドの「幸福の王子」もこれに似た系ですね。
しかし、愛は愛でも博愛と言う感じですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報