今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

似たような言葉ですが、正確に違いを認識しているか不安です。
よろしくお願いいたします。
例など挙げていただけると分かりやすいので、助かります。
回答お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

まあ、はっきりしたことはわからないので推測でしか物が言えないんですが、



・角運動量保存則から出てくる遠心力ポテンシャルとあわせて、動径方向の運動は有効ポテンシャルの下での一次元運動に帰着できる。

・角運動量が保存するようなポテンシャルを考えるとポテンシャルが距離rのみの関数になるので、力は動径方向を向いた距離rのみの関数になる。

このあたりじゃないでしょうか。
    • good
    • 1

なるほど、中心力は面積速度一定(角運動量保存則)の説明で


語られることが多いせいか、中心からの距離の関数という
認識は無かったです。

中心からの距離の関数にすると保存力になるという効能は
判るのですが、どういう役回りの定義なんでしょうね?

あんまり条件が多いと用語として使いにくそうなので
ちょっと気にしてます。
    • good
    • 0


安倍さんは総理大臣の「役割」をします。
オバマさんは米国大統領の「役割」をします。
地球が太陽のまわりを回るとき、万有引力が向心力の「役割」をします。
ひもの先につけた石を回すとき、ひもの張力が向心力の「役割」をします。
円錐振り子では、張力と重力の合力が向心力のの「役割」をします。
バケツの中の水を回転させるとき、水圧差が向心力のの「役割」をします。
運動方程式をご存知ですね。ma=F1+F2+...です。
さて左辺のmaを何といいますか?
発進するときは加速に要する力?
ロケットを打ち上げるときは推進力?
ブレーキをかけたときは制動力?
これらは特定の運動をさせるために必要な力の「役割」に対して名前をつけたものです。この範疇に入るものには、単振動に必要な「復元力」、等速円運動に必要な「向心力」、電車を止めるための「制動力」、飛行機を落とさないための「揚力」などがあります。すべて役割名ですから別に実際の力が必要です。


ma=F1+F2+...の右辺のF1、F2、...は場合によって違いますね。
それは 万有引力、静電気力、電磁力、摩擦力、流体の抵抗力、垂直抗力...などです。これらのことばは実際の力に対して名前をつけたものです。力の原因物体によって分けたものともいえます。
安倍さんはタカ派でしょうか?
オバマさんは黒人でしょうか?
万有引力は中心力でしょうか?
摩擦力は保存力でしょうか?
球の内面ではたらく垂直抗力は中心力でしょうか?
どの問いもyesというためにはある「条件」を満たすことが必要です。
力が満たす条件によって、力をカテゴリーに分けることができます。それは 中心力、保存力、偶力、復元力、....などです。
とりわけ中心力は「力の向きがいつも1点に向かう(または逆向き)」という条件を満たすものです。


遠心力と向心力の区別がつきにくいレベルの学習者は、遠心力を計算や図解に使わない方が安全です。このことを承知の上で読んでください。
乗り物に乗った人は、自分が乗り物と同じ動きをすることを前提にものを考えます。乗り物が等速運動しているときはそれでいいですが、乗り物が急発進、急停車、急カーブしたらそうはいきません。急発進をするときは乗り物(質量M)にMaの力が必要なだけでなく、人の頭(質量m)にもmaの力が必要です。頭を浮かしていたら、後ろのまくらにたたきつけられ(地上からみれば頭は静止)、そのあとまくらが押す力がmaとなるわけです。このとき人はmaの力で後ろ向きに引かれているように感じます。これを慣性力といいます。急ブレーキのときは頭が前にもっていかれます(地上からみれば等速)。乗り物が減速するには摩擦力などの制動力がMaだけ必要です。人の頭にも制動力maが必要です。頭のふれをもどそうとした人が首に力をいれてその制動力maをだすわけです。このとき人はくびが前に大きさmaの力で引かれているように感じるわけです。これを慣性力といいます。左に急カーブするときは左向きの力Maが乗り物に必要で、人の頭(質量m)にもmaの力が左向きに必要です。頭を浮かしていたら、頭を右にもっていかれますから(地上から見れば直線運動)、首に力を入れてmaの力をだします。それではじめて、乗り物といっしょに左カーブができるわけです。人はmaの力で右向きに引かれているように感じます。これを遠心力(慣性力の一種)といいます。
乗り物の加速度をaとすると、頭の運動方程式は
ma=F1+F2+... です。
これを変形して
m×0=F1+F2+...ーma と書いた場合。
(F1+F2+)はつっ張っている首の力で、
これと慣性力(ーma)がつりあった状態で
乗り物に対する加速度が0になる。
という考え方をします。
等速円運動の場合は、向心力はmaで遠心力はーmaです。このように同じものを左辺に置いたり右辺に移項したりして名前が変わっただけのことです。図を描いて考えるときはこのことに注意しないと取りこみすぎのミスを犯してしまいます。
    • good
    • 2

やっぱり気になるので、補足しておきます。



まず、向心力と、中心力・遠心力は、若干カテゴリーが違う力です。
運動方程式はいくつかの力が物体に働いている場合、

ma = F1 + F2 + F3 + ・・・・

ですが、向心力は物体を円運動させる力のことなので、向心加速度を与える右辺の合力(の動径方向成分)を指します。

これに対して、中心力、遠心力は右辺のF1, F2, ・・・という個々の力の性格をあらわしている言葉です。

遠心力はこの運動方程式が回転する座標系で記述されている時にあらわれる力で、たとえば地表での振子の運動であれば、振子にかかる力は、短時間ならコリオリの力の効果は無視できるとして

(糸の張力)+(地球からの万有引力)+(地球の回転による遠心力)

振子は円運動しているのでこの合力の動径方向成分が向心力になり向心加速度を与えます。つまり、この場合の遠心力は向心力を構成する力の一要素です。(普通は後ろ二項を重力としてひとまとめにしてしまいますから、遠心力が見えていません。)

中心力については、広義には作用線が特定の一点を常に通る力でもいいのでしょうけど、最近の教科書ではどれも距離のみに依存すると明記してあります。ANo.2のwikipediaもそうです。したがって保存力でないものは中心力にはなりません。この定義では糸の張力は中心力ではないことになりますが、中には糸の張力は中心力だと書いてある教科書もあります。このあたり、用語の混乱があるかもしれません。個人的には距離だけではなく運動状態に依存する糸の張力を中心力とは呼びたくありません。糸ではなくバネであれば全長のみで力が決まるので中心力でかまわないと思いますが。
    • good
    • 1

#6を少し修正です



>中心力と言ってよいかどうかはわかりません。

と書いたのですが、よく考えると、

>遠心力(平面) = m rω^2 er↑

という遠心力はωは一定で方位に依存しなくてもωの大きさには依存してしまいますので『距離のみの関数』ではなく、したがって中心力とはいえませんね。

ここ、訂正しておきます。
    • good
    • 1

中心力は距離だけに依存し、方向に依存しない力。

動径方向の単位ベクトルをer↑として

中心力 = f( r ) er↑ ( ( f(r) はスカラー関数、rは距離でスカラー)

方向が動径方向というだけでなく、【方位によらない】という点が重要です。

遠心力は回転する座標系上の運動によって現れる力で、座標回転の角速度ベクトルをω↑としたとき

遠心力 = -m ω↑×(ω↑×r↑)

これは一般に中心力でも向心力でもありません。地球上の物体を考えたとき、地球から働く万有引力は地球の中心を原点とした中心力で地球の中心を向きますが、地球とともに回転する座標系を取ったときの遠心力は回転軸に垂直方向を向き、赤道上を除き地球の中心からの動径方向にはなりません。『重力』は万有引力と遠心力の合力で、地球の中心とは少しずれた方向を向くということを習っているはずです。

平面運動の場合はω↑とr↑が直交するのでベクトル三重積の公式により

遠心力(平面) = m rω^2 er↑

座標の回転が一定でωが方位によらなければ定義上は遠心力も中心力の要件を満たしていますが、
遠心力を中心力と書いてあるのは見たことがないので、中心力と言ってよいかどうかはわかりません。

向心力は回転運動をする場合に回転中心に向かう力。したがって、

向心力 = - f(r↑) er↑ ( f(r↑) は正値スカラー関数 )

と記述されます。動径方向を向いてはいますが、中心力と異なり、方位に依存してもかまいません。
たとえば、単振り子の場合、糸の張力と重力の動径方向成分の差が向心力で、
その大きさは振り子の角度で変ります。
    • good
    • 0

>後は、遠心力は中心力が作用している場合でも考えられるのかと、中心力の向心力への近似は可能かですか。



遠心力は回転座標系を静止している座標だと「みなす」ことで仮想的に発生する力です。
中心力の有無は関係ありません。

後半の質問の意味は分かりかねますが、重力による楕円運動などでは向心力と中心力は
大きく異なるはずです。同じになるのは等速円運動だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございました。
遠心力は向心力や中心力やその他もろもろの力が働いていなくとも、運動している座標系から見れば慣性力は現れるということですね。改めて一層理解が深まりました。
後半の疑問につきましてはほかの方の回答で自分のなかで解決しました。
重ねて、回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/01/21 01:23

中心力とは、(Wikiに書かれているように、)空間の或る一点(これを原点と呼んでおきます)と物体との距離rに依存する大きさの力で、向きは、物体と原点とを結んだ直線に平行であるものを指します。

つまり、万有引力のように原点方向に働く場合も有れば、同符号の電荷同士に働く静電気力のように、原点から遠ざかるように働く場合もあるわけです。
 
向心力とは、円運動の原因となる力で、円軌道の半径に依存する大きさの力で、円軌道の中心に向かう向きの力です。
中「心」に「向」かう「力」なので、「向心力」と呼ばれています。定義から、中心力の一種だと言えます。
 
遠心力とは、慣性力の一種で、等速円運動している観測者に"見える"力です。等速円運動している物体に乗っている観測者にとって、物体は"静止しています"(常に自分の足下にあるように見えるのですから、静止状態だと観察されます)。つまり、彼にとって、物体に働いている力は"釣り合っている"わけです。しかし、等速円運動している物体には向心力が働いていることが必須ですから、釣り合いが成り立っているためには、向心力を打ち消すような力が作用していると判断すべきです。この、向心力と同じ大きさで、向心力とは正反対向きの力が遠心力です。円軌道の中「心」から「遠」避かるように働く「力」なので、「遠心力」と呼ばれています。
 
 
ANo.2さんへの補足で書かれている例について。
 
>なめらかな水平面のある一点にひもを固定し、他端に物体をつけ、等速円運動
>させている場合を考えたいと思います。
>このとき、物体の外からの観測者にとっては、物体には向心力が働いていると
>見てとれますよね?
>この時に一つ疑問なんですけれども、この物体に働いている力は距離一定の中
>心力と見ることもできるんでしょうか?
>つまり、この運動の時の張力は向心力でもあるし中心力でもあるのかなと。
 
その理解のとおりです。
 
>2物体が無重力空間中で万有引力を及ぼしあっている状況を考えたいと思います。
>ただし、一方の質量は他の質量より十分に大きいとします。
>このときは、小さいほうの物体は大きいほうの物体の周りを円運動やら楕円運動
>やら双曲線運動やらを行うと思うのですが、万有引力は大きな物体と小さな物体
>を結ぶ直線上にあるので、大きな物体がある点を原点に取れば、万有引力は中心
>力になっているんですよね?
 
その理解のとおりです。
 
>ここでもう一つ疑問なんですが、小さいほうの物体の微小な軌跡においては円運動
>の軌跡の時と近似できませんか?
>ということは見ようによっては向心力と見ることもできるのかなと。
 
軌道が、大物体と小物体とを結ぶ直線(動径)に対して常に直交しているとは限りませんから、ごく短い軌跡に限定しても、等速円運動と見なすことはできません。
∴向心力のみが働いているとは言えません。
 
>また、この運動においてもう1つ。
>中心力によって楕円運動などをしているとき、当然速度が変わっているので、小さ
>な物体の座標系でニュートン力学を用いる際は万有引力による見かけの力を考えな
>くてはいけませんよね?
(略)
>遠心力は向心力のみなのですか?
>中心力に対応する見かけの力は遠心力に含まれないのでしょうか?
 
先に書きましたように、同符号の電荷に作用する静電気力を受けて運動している物体を考え、その一方に乗っている観測者になってみましょう。もちろん慣性力が見えますが、その慣性力は、相手電荷から遠ざかるような向きとは限りません。このような場合、その慣性力を遠心力と呼ぶのには違和を感じます。

この回答への補足

長方形の向かい合った1組の辺それぞれに半円をくっつけた図形(マラソンのグラウンドの形といえば分かりやすいでしょうか)の壁を考えて、その中を物体が運動している状況を考えます(カジノのルーレット的なイメージ)。このときは、端っこの円の部分では向心力がそれぞれ働いていて、直線の部分では向心力が働いていないという解釈でいいのでしょうか?

また最後の部分で、違和感を覚えるといわれていますが、この場合はただ単に万有引力による慣性力とでも言っておけばいいのでしょうか。
もしよろしければ、追記いただけると嬉しいです。

補足日時:2013/01/21 01:08
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ほとんどの疑問が解けました!
とても分かりやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/21 00:59

多分期待している回答とは違うような気がしますが



中心力は特定の点に向かう力。

向心力は運動の曲率中心方向の、力の成分

遠心力は回転座標系にあらわれる仮想的な力で、回転座標系の慣性力の中で、
角速度と物体の位置できまる成分。回転中心ではなくて、「回転軸」から垂直に
遠ざかろうとする力
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中心力と向心力の区別は多分わかりました。
分かりやすく簡潔な回答ありがとうございました。
とても参考になりました!

後は、遠心力は中心力が作用している場合でも考えられるのかと、中心力の向心力への近似は可能かですか。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/21 00:52

遠心力は向心力に対向する見かけの力でこれはよいとして


中心力は、重力場などを扱うときに中心に質点があるとして計算する古典力学的な力
それぞれ、
 ⇒中心力 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%BF%83% … )
 ⇒遠心力 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%BF%83% … )
 ⇒向心力 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%91%E5%BF%83% … )
を読まれて分からないところを聞かれたら、
・何が分からないか
・どう答えてよいか
 が分かるでしょう。

この回答への補足

Wikipediaや、その他ネットの情報は検索して読んでみたのですが、いまいちはっきりしませんでした。以下、具体的な疑問点を上げていきたいと思います。

なめらかな水平面のある一点にひもを固定し、他端に物体をつけ、等速円運動させている場合を考えたいと思います。
このとき、物体の外からの観測者にとっては、物体には向心力が働いていると見てとれますよね?
この時に一つ疑問なんですけれども、この物体に働いている力は距離一定の中心力と見ることもできるんでしょうか?
つまり、この運動の時の張力は向心力でもあるし中心力でもあるのかなと。
この状況においては遠心力は向心力に対する見かけの力ですね。

で、もう1つ別の状況、たとえば、2物体が無重力空間中で万有引力を及ぼしあっている状況を考えたいと思います。ただし、一方の質量は他の質量より十分に大きいとします。
このときは、小さいほうの物体は大きいほうの物体の周りを円運動やら楕円運動やら双曲線運動やらを行うと思うのですが、万有引力は大きな物体と小さな物体を結ぶ直線上にあるので、大きな物体がある点を原点に取れば、万有引力は中心力になっているんですよね?ここでもう一つ疑問なんですが、小さいほうの物体の微小な軌跡においては円運動の軌跡の時と近似できませんか?ということは見ようによっては向心力と見ることもできるのかなと。
また、この運動においてもう1つ。
中心力によって楕円運動などをしているとき、当然速度が変わっているので、小さな物体の座標系でニュートン力学を用いる際は万有引力による見かけの力を考えなくてはいけませんよね?

>遠心力は向心力に対向する見かけの力でこれはよいとして

とありますが、遠心力は向心力のみなのですか?
中心力に対応する見かけの力は遠心力に含まれないのでしょうか?

よろしかったら以上の疑問点についても教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2013/01/20 22:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2013/01/20 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Q鉛直運動での、ばねのエネルギーと位置エネルギー

天上にばね(ばね定数k)をつけ、その先に物体A(質量m)をつけ、下から物体Bをぶつけ、鉛直上向きにAを運動させた。衝突の瞬間のAの速度は上向きにVであり、Aは最大どこまで上るか?という問題で、エネルギー保存を考えたんですが、僕はその時、hまで上がると仮定し、
1/2mv2(二分の一 M Vの二乗)=mgh+1/2kh2(二分の一 K hの二乗)
としたのですが、解答だと、
1/2mv2=1/2kh2
と、重力の位置エネルギーがごっそりなくなっています。
これは何故でしょうか?
ばねが押し縮められ、さらに重力も鉛直下向きにかかりますよね?
僕は衝突する位置を基準点と考えて、この式をたてましたが、何故位置エネルギーは考えていないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1/2)kh2としたときの基準の取り方が問題になっています。
貴方のように正直にやるやり方で正しい結果を出すことも出来ます。あらかじめぶら下げたバネの運動が水平に置いたバネの運動と同じになることを確かめておいてからその結果を使って出すことも出来ます。2つのやり方でバネの長さに対する基準が異なります。

貴方のやり方でやってみます。
運動エネルギー、重力の位置エネルギー、バネの弾性エネルギーです。重力を考えているということは重力がかかっていないときのバネを基準にとって考えていることになります。従ってバネの長さの基準は自然長です。
ぶら下がっているときの伸びをaとします。その状態からhだけ上に上がることになります。釣り合いの式はmg=kaです。
エネルギー保存の式は
(1/2)mv2+(1/2)ka2=mgh+(1/2)k(h-a)2
です。mg=kaを代入して整理すると
(1/2)mv2=(1/2)kh2
になります。

回答はいきなりこの式を出しているようですね。その場合は伸びている位置を自然長に読みかえています。その場合は重力は現れてきません。それを示してみます。
仮におもりが元の位置のxだけ下にあるとします。運動方程式は下向きを正にとると F=mg-kx です。これに mg=ka を代入します。
F=ーk(x-a) になります。
これは単振動の式です。変位は元の位置からではなくて釣り合いの位置からのものです。重力は消えています。
このバネを水平に置いて振動させるときは自然長からの伸びで考えますがぶら下げたときは釣り合いの位置から伸びを考えればいいということになります。
これを踏まえるとエネルギー保存の式は運動エネルギーと弾性エネルギーだけでいいことになります。重力の位置エネルギーは出てきません。弾性エネルギーの基準は釣り合いの位置です。基準の位置が変わることに注意が必要です。

(1/2)kh2としたときの基準の取り方が問題になっています。
貴方のように正直にやるやり方で正しい結果を出すことも出来ます。あらかじめぶら下げたバネの運動が水平に置いたバネの運動と同じになることを確かめておいてからその結果を使って出すことも出来ます。2つのやり方でバネの長さに対する基準が異なります。

貴方のやり方でやってみます。
運動エネルギー、重力の位置エネルギー、バネの弾性エネルギーです。重力を考えているということは重力がかかっていないときのバネを基準にとって考え...続きを読む

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q結合性軌道と反結合性軌道とは?

結合性軌道と反結合性軌道とはどういうものなのでしょうか?
調べてみたのですが少し専門的で理解できませんでした。
初心者にも分かる程度にご教授お願いいたします。

また、「水素の分子軌道において、基底状態では反結合性軌道に電子が含まれない」ということも合わせて教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

分子の化学結合理論で、分子軌道法という理論の中で使われます。
文だけで分かりづらいと思うので画像をご覧ください。

まず、簡単に水素原子2つから水素分子1つができる過程を考えます。
それぞれの水素は1s軌道に電子を1つずつ持っています。
この2つの1s軌道は相互作用し、エネルギーの異なる2つの軌道ができます。
このときエネルギーの低い方の軌道は、2つの軌道の電子波の位相(波動関数の符号)を合わせて重なります。
すると重なった部分(2つの原子間)の電子密度が高くなり、この軌道の電子は2つの原子核を引き寄せ結合を生成しますから、「結合性軌道」と呼ばれます。
しかしエネルギーの高い方の軌道では、2つの軌道の電子波は位相を逆向きにして重なるのです。
すると、重なった部分の電子密度は低くなり、2つの原子間とは反対方向の電子密度が高くなります。
結果、この軌道はそれぞれの原子を結合とは逆向きに引き離し、結合を破壊する性質を持つので「反結合性軌道」と呼ばれます。

水素分子H2では、このように2つの1s軌道から結合性軌道・反結合性軌道ができます。
電子は合わせて2つです。パウリの原理に従い、エネルギーの低い軌道から電子を詰めていくと、2つの原子はどちらも結合性軌道に位置します。
反結合性軌道には電子は入っていません。

結合次数は (結合性軌道中の電子 + 反結合性軌道中の電子)/2 で求められます。水素分子の結合次数は1となります。
水素分子の結合は単結合である、ということに一致していますね。

分子軌道法はこのように考えます。

分子の化学結合理論で、分子軌道法という理論の中で使われます。
文だけで分かりづらいと思うので画像をご覧ください。

まず、簡単に水素原子2つから水素分子1つができる過程を考えます。
それぞれの水素は1s軌道に電子を1つずつ持っています。
この2つの1s軌道は相互作用し、エネルギーの異なる2つの軌道ができます。
このときエネルギーの低い方の軌道は、2つの軌道の電子波の位相(波動関数の符号)を合わせて重なります。
すると重なった部分(2つの原子間)の電子密度が高くなり、この軌道の電子は2...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qポテンシャル、エネルギーって何でしょうか?

大学で電気を勉強しています。ポテンシャル、エネルギーもよく授業などの議論に出てきます。例えば、ある現象を説明するとき単にポテンシャルが低く安定になるように電子が移動したなどといいますが、正直、ポテンシャル、エネルギーがイマイチつかめません。値を計算しろといわれれば計算できますが、何かわかっているようで漠然としています。ぜひ、熱く語っていただける方教えてください。できれば、高校生に分かるくらいの感じで。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

辞書でpotentialって引いてみて下さい。
可能性を秘めた、潜在的な能力・・・
とあるはずです。


運動エネルギーに変わる可能性のある
エネルギーで、直接測定できないが
そこに潜在的(内面)に存在する
エネルギー一般のことで、
古典力学ではNo.1の方が言われて
いる位置エネルギーのことです。

自分のしている腕時計の位置エネルギーを
考えると、地上にいるときよりビルの上に
いるときのほうが、位置エネルギーは
大きいはずですが、そんな実感は普通ありません。
自由落下で運動エネルギーに変わってから
はじめてその大きさがわかるもので、
mghという公式は、測定からわかった
高さとエネルギーの関係を表しているだけで、
実測するためには、運動エネルギーに
変換してやらないといけません。

電界のポテンシャルエネルギーの場合、
その定義は点電荷の運動で表現
されてますよね。暗黙のうちに
運動エネルギーへの変換をしているわけです。


ポテンシャルエネルギーは、必ず
運動エネルギーとの和で書かれて
いて、本によっては記号Hで
ハミルトニアンと書かれていると
思います。
このHが一定というのが、高校の物理で
出てきたエネルギー保存の法則です。

エネルギー保存の法則があるから、
運動が起こっていなくても、そこには
見えないエネルギー、直接測定できない
エネルギーがあると確信がもてるので、
この見えないエネルギーをポテンシャル
エネルギーと言っているんです。


>ポテンシャルが低く安定になるように電子が移動したなどといいますが、

 運動エネルギーをK、ポテンシャルエネルギーをP
とすると、ラグラジアンLというのが
L=K-P
と定義されます。L>0になるように全ての
自然法則は働くと言われ、これをオプティマル
(最適化)の原理といいます。

複雑な式も

H=K+P
L=K-P

H ハミルトニアン
L ラグラジアン
K 運動エネルギー
P ポテンシャルエネルギー
(運動エネルギーではない、見えないエネルギー)
の原理で書かれていると分かって式を見ると
全体がよく見えると思います。

辞書でpotentialって引いてみて下さい。
可能性を秘めた、潜在的な能力・・・
とあるはずです。


運動エネルギーに変わる可能性のある
エネルギーで、直接測定できないが
そこに潜在的(内面)に存在する
エネルギー一般のことで、
古典力学ではNo.1の方が言われて
いる位置エネルギーのことです。

自分のしている腕時計の位置エネルギーを
考えると、地上にいるときよりビルの上に
いるときのほうが、位置エネルギーは
大きいはずですが、そんな実感は普通ありません。
自由落下で運動エネルギ...続きを読む

Q垂直抗力=0のときって?

物理の問題を解いてみたら解けなくて解答を見たら「小球が斜面上を運動する条件は、垂直抗力≧0」とありました。私は垂直抗力=0ならば斜面から離れると思っていたので、垂直抗力>0として解いていたため解けなかったようです。私は垂直抗力=0のときって斜面上って言えるのですか?そして垂直抗力が0で面に触れている状態の例を教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も等号を含めるか含めないかについては
どうでもいいと思います。
(特に力学のように工学に密接した分野においては)

垂直抗力>0としたら解けなかった、とありますが、
これも気持ち次第じゃないでしょうか。

斜面上を運動する条件は垂直抗力>0と信じていたとしても、その極限として垂直抗力=0を考えて
この問題を解く、と割り切ればいいのです。
出題者も、そこまで厳密に考えているとは
思えないですよ。

ちなみに私の考えでは、垂直抗力=0は、現実問題
としては、斜面に少なからず凹凸があり、
小球は斜面から離れると思います。
しかし、斜面をより精密に滑らかにすれば、
さきほどよりは斜面から離れなくなると思います。

そしてさらに斜面を滑らかにして…
と繰り返していけば、
「垂直抗力=0で斜面から離れない」といった
現実ではちょっと考えられないような状態に
どんどん近づいていくはずです。

その極限を私はイメージします。
もっとも、これは極限だから、実際にはありえないでしょうけど。

もし工学的に応用したいのであれば、
いくらかの余裕(マージン)を見ておけば
実用上問題ないでしょう。

私も等号を含めるか含めないかについては
どうでもいいと思います。
(特に力学のように工学に密接した分野においては)

垂直抗力>0としたら解けなかった、とありますが、
これも気持ち次第じゃないでしょうか。

斜面上を運動する条件は垂直抗力>0と信じていたとしても、その極限として垂直抗力=0を考えて
この問題を解く、と割り切ればいいのです。
出題者も、そこまで厳密に考えているとは
思えないですよ。

ちなみに私の考えでは、垂直抗力=0は、現実問題
としては、斜面に少なからず...続きを読む

Q【10の13乗】って英語でどう読むのですか?

【10の13乗】って英語ではどう読めばいいのでしょうか。

これにかかわらず指数の英語での読み方を教えてください。宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こういうのは乗数とか累乗というのでは?
xのn乗は、x to the nth powerといいます。
2乗はsquared(5の2乗はfive squared),3乗はcubed(7の3乗はseven cubed)ともいいます。

『これを英語で言えますか?』講談社 は、他にも数式の読み方なども載っていますよ。

Q角運動量保存の法則を中学生にもわかるように教えてください

角運動量保存の法則がいまいちよくわかりません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E9%81%8B%E5%8B%95%E9%87%8F%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
ここで説明されているフィギュアスケートの例もよくわかりません。
わかりやすく教えてください。厳密な意味ではなくて、なんとなくこんな
意味だよって感じで教えてくれるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

角運動量保存則は、
角運動量:L、慣性モーメント:I、角速度:ωとすると、
L = I・ω = 一定
で表されます(定義)。

慣性モーメントは、
I=∫(r^2)dm
で表されますが、中学生相手だと簡単のために
I=m・r^2 (m:質量 , r:回転半径)
などとしたほうが良いでしょう。

この式より、
rが小さくなれば、Iは小さくなり、
rが大きくなれば、Iは大きくなる、ことが分かります。

さらに角運動量 「L= I・ω =一定」 のため、

Iが小さくなれば(rが小さくなれば)、ωは大きくなり、
Iが大きくなれば(rが大きくなれば)、ωは小さくなる。

フィギュアスケートの選手が手を上に上げて(rを小さくして)、回転すると、高回転となる(ωが大きくなる)わけです。
この程度なら中学生でも理解できるのではないでしょうか?

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。


人気Q&Aランキング