あまたの解説書を読みながら、ようやっとクロールで泳げるようになった初心者に毛が生えた状態です。
本を読んでもどうしてもわからない2点についてご教示を。

1)目の位置。水中では真下、手の先、その中間、など 様々な指導法があるようですが、ベストは?

2)手のかき(プル)はどのあたりを通すのがよ いか。胸元ぎりぎりまで引っ張って、胸、腹と滑らせるて、太ももあたりにプッシュすると早く進むような気はしていますが。正しいのでしょうか。


以上、上級者には言わずもがなとは思いますが、初心者をおたすけてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず目の位置ですが、私は前方でした。


慣れるまでは、あごを引いた状態なので意識的には若干前目を見るつもりでいるとちょうどいいと思います。
慣れてくると、あごを引かずに前方を見ても泳げるようになると思います。

手の掻きですが、
胸に向かってやや内側をめがけてかき(プル)、その後、後方に掻ききる(プッシュ)。
CUE009さんの回答にもあるように、ここで十分にプッシュすることが進むコツです。
その後、手を水からあげて次のストロークに入るわけですが、この時に注意が必要です。
まず初心者に多いのは「手を動かす」泳ぎ方です。(文章ではわかりにくいかもしれませんが)手を回すのではなく、肩を回すようにします。そうすると余計な場所に余計な力が入りません。
肩を回すように動かしていって、手が頭の上を超えたら出来るだけ前のように入れるつもりで指先から入水し、できるだけ伸びます。ここで一呼吸置くつもりで次の動作に入るといいと思います。進む為にはなるべく前方に前方に伸びるようにするのも大切だと思います。

他の皆さんも回答されてる通り、泳ぎ方は人それぞれ自分にあった方法が泳ぎこんでいくうちに自然に身に付くと思います。

でもやはり、速い人はほとんどがフォームもきれいだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご指導ありがとうございます。
肩を回す感覚とは全く気づきませんでした。
できるだけ前方に手を伸ばそうという意識はありながら
ついつい手を振り回してしまい、腕から疲れが来ることがたびたびでした。なるほど、納得できました。
一呼吸おく・・・これが初心者には言うは易く行うは・・・なんですよね。
もう少しがんばってみます。

お礼日時:2001/05/24 12:51

「目の位置」というより顔の向きなんですが、


「常にあごを引いた状態」がベストだと僕は習いました。
「常に」です。
飛び込みの時も、息継ぎの時もです。

飛び込みの時は、目線で言うと、
「つま先を見ろ」っていいますね。
あごを引いていると、猫背になりますから、
指先から静かに入ることができて、
胸を打たなくてすみますから、
痛くないですし、水の抵抗も少なくなります。

息継ぎの時あごを引いていると、
あごは肩の方へ行きますよね。
そこが、首が動かせる範囲で、
一番、空気外多い場所(水面から離れた場所)になります。

水中でですが、
ともかく、あごを引いていれば目線はどこでも良いと思います。
まあ、前は見れませんから、普通は真下だと思います。
あごを引いていると、
頭のてっぺんから首、背中にかけてのラインがまっすぐになりますよね。
これが、水の抵抗を最も少なくする形です。
顔をあげて前を見てしまうと、
顔自体が壁となりますから、抵抗は大きいですよね。
ちなみに、
平泳ぎの時は前を見なくてはいけません。
頭を完全に水中に入れてしまうと
(あごを引いた最も抵抗の少ない状態)
違反泳法として、失格になります。

手のカキですが、
できる限り一カキでたくさんの水をかくことができるのがベストです。
そのために、S字だとかいろいろあるのですが、
難しいので(僕もうまくできないので)
できるだけ、抵抗をなくすことを考えたほうが良いです。

それは、腕が水中に入る時です。
この時、水面を叩くように「バシャ!」ってやるのが、
一番抵抗が大きくなります。
だから、できる限り静かに水中に入れます。
そのためには、ひじを曲げて、
指先から入れるようにするのが良いです。
そして、入れながら腕を伸ばしていく。
この時、手のひらを真下に向けて、
手を水面と平行にしていないと抵抗になりますよね。

あとは、
筋力をつけてできる限り速く腕を回すことです。
なかには、フォームむちゃくちゃで、
筋力に任せてすごいバチャバチャやってても、
結構、速く泳ぐ人もいますから。
(でも、選手レベルまではいけませんけどね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目線ではなく、あごなんですね。
腕を水中に入れるフォームも、手を伸ばし気味で「バシャ」でした。反省します。ひじを意識してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/26 14:31

再びこんにちは。


>息継ぎはできるのですが、手のかき、目線などに
 気を取られていると、余裕がなくなることがしばしばです。
ちょっと違う角度から答えさせて下さい。

手のかきや目線、特に手のかきをどうするか?は
結構高度な課題なんです。
千葉すすさんは「初心者はS字をかくように、なんてことは
まだしなくてイイ」というようなことを言っています。

私の持論は、初心者の方の課題は
そして、水泳の基本は「姿勢」にある、です。
初心者の方は、一生懸命かいているのに
水中姿勢が悪くて抵抗が大きく
せっかく得た推進力を無駄遣いしている場合がほとんどです。

次の3つが出来るか、やってみて下さい。
1)手足を伸ばして、手の平は前方で重ねて、
  顔をつけて、止まったまんまで水に浮く。
  きっとすぐに足から沈んでしまうでしょう。
  肺あたりを重心として意識してみて下さい。
  いろいろやっているうちに
  少し長く浮いていられるバランスが見つかる筈です。
  これが正しい姿勢の感覚です。
2)壁を蹴って1の正しい姿勢を保ち、その勢いだけで進んで下さい。
  つまり、壁を蹴ってスタートして
  だんだん水上に上がってくるまでの状態です。
  これを「蹴伸び」といいます。
  壁はさほど強く蹴らなくても姿勢がよければ
  7~8mは進めます。
  鈴木大地さんはこれだけで15m進んだそうです。
  5m以上は進めるようになって下さい。
  背筋が伸びていなかったり
  途中であごをあげてしまったときには
  思わぬ水の重さを感じるでしょうし
  姿勢が正しくて無駄な抵抗力がないときは
  意外な水の軽さが分かってくる筈です。
3)蹴伸びして進んでいる状態で、水中でバタ足で進んで下さい。
  もちろん無理せずに呼吸が続く限りで結構です。
  (UnderWaterPractiseといってキックの姿勢を学びます)
  バタ足はゆっくりめで、力を入れるのは
  蹴り上げるときと蹴り下げるときだけ
  あとは足を鞭のようにしならせて
  脚ヒレを使っているような感じかな?
1、2、3を毎回の練習はじめに
疲れない程度にやってみて下さい。
その感じを保ったままy-yugeさんの言うように肩を回して
キャッチとプッシュ、脚は蹴り上げと蹴り下げだけ意識して
頭の先から肛門に向けて軽く芯を通した気持ちで
ゆったりと泳いでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご指導をありがとうございます。
確かに姿勢が重要とは自覚しながら、ついおろそかにしていました。
なるほど、毎回の練習冒頭の課題にすべきほど重要な要素なのですね。
反省しつつ、ご指摘の点を守って実行してみます。

お礼日時:2001/05/26 14:29

泳ぎ方に関しては回答されてるので、アドバイス


息継ぎはちゃんとできていますか?
どの泳法にも言えるのですが、息継ぎは重要です。
特にクロールは息継ぎが上手くできると、長距離泳ぐ事が出来るはずです。
頑張って下さいっ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
息継ぎはできるのですが、手のかき、目線などに
気を取られていると、余裕がなくなることがしばしばです。
がんばってみます。

お礼日時:2001/05/23 17:15

1)目の位置:源純夏は真下みたい。


       イアン・ソープは割と前方気味。
       私はかつて真下で、最近やや前方気味。
       その方がキックが楽な気がしたので。
2)手のかき:私は最近、割と内側に抉る。
       その方が楽にプッシュできるみたいなので。
       源さんは「要所だけ力を入れて、あとは楽に」。
       千葉さんは「プッシュが疎かになりがちなので意識して」。

以上、個々の体格・体型が違うように
スタイルも千差万別のようです。
直接的な回答でなく申し訳ないのですが
無駄な力を入れない効率のいい泳ぎを目指して
水の重さや流れを意識しながら
自分にベストを探すしかないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な開設をありがとうございました。
やはり無駄な力がまだ入っていますし、
余裕がありません。
がんばります。

お礼日時:2001/05/23 17:16

一番大事なのは慣れです。


私も一応元選手です。

私の場合、目の位置は真下です。
それ以外の視線は余計な体力を使うのでよくないです。

手の掻きは全日本クラスになると独自の泳法をマスタ-してるのですが、
基本は同じなのでよく試合とかの水中カメラを見て下さい。

手の掻きは人によって少々違いますが、大体手の先が腰の辺りまで来た時に
水から挙げ、水中につける時に手の平を外側に向けて親指から水につけるように
する事、これが基本です。

後は何度も何度も練習です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ご指摘の通り、水に入るときの手が、うまく親指からはいいていないのに思い当たりました。
これが前にスムーズに進まない原因なのでしょうか。
週末に早速試してみます。

お礼日時:2001/05/23 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2ビートクロールで手と足のタイミング

お世話になります、水泳初心者です。

長い距離(1000m程)を泳ぎたくて、2ビートクロールを練習中です。

その手と足のタイミングが分かりません。見よう見真似で泳いだら、
右手が入水する時に右足を打っていました。でも、友達に「右手が
入水する時には、左足を打つ」と言われました。私は自分の泳ぎに
あまり違和感が無かったのですが。

右手が入水する時に、左足を打つのでしょうか?それとも右足?

どちらが自然でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

日本水泳連盟の指導員の資格を持っています。

お友達のおっしゃるように、”右手の入水時に左足”が正解です。

水泳は、その方の泳ぎの癖とレベルに応じて、泳ぎ方のアドバイスの仕方が変わってくるため、時には説明が矛盾するように感じられる事が有ると思いますが、特に一般の初心者の方は、入水後に腕をできるだけ前に伸ばすよう心掛け、指先からつま先までの長さができるだけ長くなるようにするのが、上達への第一歩です。

以下のサイトがお役に立つかもしれませんね。
(追加でご質問が有れば、補足致します。)

参考URL:http://homepage2.nifty.com/style1/

Qクロールで体がゴネゴネ曲がります

しっかり伸ばそうと意識しすぎるのか、腕を入水させて前へ伸ばす時に、上半身がゴネゴネと曲がってしまいます。
腕が体の中心軸に入ろうとするあまり、かえって体幹がぶれているような気がします。
これを修正するコツを教えてください。
軸が出来ていない泳ぎになっていると思います。

Aベストアンサー

しばし2軸クロールに切り替えてみてはいかがでしょう?
http://www.amazon.co.jp/2%E8%BB%B8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCBOOK%E2%80%95%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E6%A5%BD%E3%81%AB-%E9%80%9F%E3%81%8F-%E9%95%B7%E3%81%8F-%E6%B3%B3%E3%81%92%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E8%97%A4%E6%A3%AE/dp/4901972847/ref=pd_sim_b_1

従来は、体の中心を軸にローリングしながら手をS字に掻くように言われてきました。
(私もそう教わりました。)
これが、1軸クロールです。
これに対して、2軸クロールは
両肩の延長線上にある2本のレールの上を走るように泳ぐというものです。

本を買って頂いた方が分かりやすいと思うのですが
文章だけで何とか伝えると
●体の中心に1本の軸を想定して泳ぐのではなく
●両肩の延長線上に、2本のレールのような軸を想定し
●リカバリーをする際、右手は右のレール上を滑らせるように
 左手は左のレール上を滑らせるように返す。
●ローリングさせるのではなく、右手を掻くときは右レール上に重心を乗せ
 左手を掻くときは左レール上に重心を乗せ
 左右に重心を乗せかえるような気持ちで泳ぐ。
●S字で掻くのではなく、肘を高く保ったまま真っ直ぐ掻く。
という感じなんですけど、分かるかしら?

サポート的な練習方法として
こちらのサイトの中ほどのサンプル動画をご覧になり
http://jpn.s35.coreserver.jp/tiswim.jp/shop/dvd_fme.htm
実際やってみることをおススメします。

しばし2軸クロールに切り替えてみてはいかがでしょう?
http://www.amazon.co.jp/2%E8%BB%B8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCBOOK%E2%80%95%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E6%A5%BD%E3%81%AB-%E9%80%9F%E3%81%8F-%E9%95%B7%E3%81%8F-%E6%B3%B3%E3%81%92%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E8%97%A4%E6%A3%AE/dp/4901972847/ref=pd_sim_b_1

従来は、体の中心を軸にローリングしながら手をS字に掻くように言われてきました。...続きを読む

Qクロールの教え方

1年生の娘ですが、スイミングの昇級テストでなかなか合格できません。
今のクラスは「クロール:息継ぎを無理なくし、スムーズに長く泳ぐ」です。
泳げない私が見ていても、「これでは駄目・・・」という感じです。
そこで、効果があるかどうかわかりませんが、
休日に遊びも兼ねて温水プールへ練習に行こうかと思っています。
でも私自身泳げないので、どうやって教えたら上手く泳げるようになるのか・・・。
教え方のアドバイスをください!

私が見て感じるのは、
・息継ぎのとき、頭が上がりすぎている感じで、少し前方に頭を上げてしまう
・余裕がない、というか、あわててるように感じる(本人はそうでもないみたいですが)
です。
コーチには、
・もっと腕を伸ばして!
・耳を腕につけて!
と言われるようですが、なかなか実行にうつせないようです。

総合的に言うと、息継ぎ・腕のフォームが良くないようです。
1年生の子でもわかりやすい、いい教え方があれば教えてください!!

Aベストアンサー

クロールで一番大切なことは胸を張って顔を上へ向けることです。お子さんを地上で直立させて思いっきり胸を突き出し、更に天井または空を見上げる姿勢を取ります。これがクロールの基本姿勢です。そうすると息をするのに30度ほど顔を回すだけでいいことに気付くしょう。この姿勢を水中で取らせるにはお子さんを水面でうつむけ横に浮かせ、お腹を支えた状態で首を挙げさせます。そうして貴方がお子さんの前方へ歩いて行くのです。それにつれてお子さんは顔をつけた状態から息をするために顔を回します。すると30度くらいで息ができることが理解できます。そういう状態で手足クロールの要領で動かして暫く歩き続け、徐々に手を放して行きます。この場合手で支えることで腰の部分の背中が水面に出てはいけません。沈んでいるのが正しい状態なのです。そうしないと胸を張れないでしょう。

Qクロールで長く泳ぐには

平泳ぎでは1時間ぐらい平気で泳げるのに、クロールだと腕がすぐに疲れて100Mも続きません。筋肉がないほうだとは思わないのですが、何かコツがあるのでしょうか。いつも、プールでおじさんやおばさんがクロールで長時間泳いでいるのをみていてびっくりです、彼らは腕が疲れないのですかねぇ。

Aベストアンサー

人間の身体は水に浮きますよね。
この力=「浮力」を上手く使えば楽に泳げます。
浮力を上手く使うには「姿勢」が大事です。
おそらく平泳ぎでは前を向いて、一回毎に伸びて泳ぐので
比較的よい姿勢が保たれており、楽に泳げているのでしょう。
逆にクロールは姿勢が崩れていて身体が沈みがちのを
力づくでカバーしているのでしょう。
>筋肉がないほうだとは思わないのですが
むしろ筋肉があるからそうなるのでしょう。
まずは余計な力を抜くことです。

姿勢が崩れるのは大抵「呼吸」のときです。
おそらく呼吸で横を向くとき
・身体の中心軸がブレる
・頭を上げてしまい上半身が沈む
・前に伸ばしている腕が沈んでしまい水中抵抗になっている
こんなところが原因でしょう。
姿勢を練習するには「蹴伸び」が一番です。
よかったら自分の過去の回答を読んで下さい。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=321144
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=372521

次に、No.3の方が
>普通に泳ぐ時よりも若干「なでる」感じで
と仰っているように
力づくで水を一直線に切り裂くように掻くのではなく
・水を抑える
・胸まで引く
・へそまで押しきる
と3段階で丁寧に掻きます(所謂「S字に掻く」というやつです)。
早く掻くよりも、適度の水の重みを手の平に感じながら
その重みをキープする、という感じです。
ちょっと難しいことを言うと水泳というのは流体力学ですから
直接地面を蹴って前に進むランニングとは違い
>適度の水の重みを手の平に感じながら、その重みをキープする
ことで水中に流れを発生させ、その力=「揚力」で進む訳です。
これを言い換えれば「なめる」という感じになります。
この流れの上を「なめながら」歩くように泳ぐと
イアン・ソープのようにゆったり掻いていても
どんどん進むようになります。

水の重みは「スカーリング」で学びます。
今、TVドラマ「ウォーターボーイズ」でやっている
手の平を水中でひらひらさせて浮くヤツです。
それ以上早く掻いても、疲れるばかりであまり効果はありません。

人間の身体は水に浮きますよね。
この力=「浮力」を上手く使えば楽に泳げます。
浮力を上手く使うには「姿勢」が大事です。
おそらく平泳ぎでは前を向いて、一回毎に伸びて泳ぐので
比較的よい姿勢が保たれており、楽に泳げているのでしょう。
逆にクロールは姿勢が崩れていて身体が沈みがちのを
力づくでカバーしているのでしょう。
>筋肉がないほうだとは思わないのですが
むしろ筋肉があるからそうなるのでしょう。
まずは余計な力を抜くことです。

姿勢が崩れるのは大抵「呼吸」のときです。
...続きを読む

Qクロール、ゆったり、速く、泳ぎ鯛!!

クロールで、なんとか、ゆっくり少し長い距離を泳げるようになりました。
調子に乗って、S字でかいたり、ローリングの練習をしたりしますが、一向に上達しません。
特に、利き腕でないため左のかきで水をうまくキャッチできず、おまけに右だけのブレスなので、その時に体が沈む感じです。
なにかいいトレーニング方法はないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 左のかきで水をうまくキャッチできず
おそらくローリングの軸がブレているのでしょう。
> 右だけのブレスなので、その時に体が沈む感じです。
軸ブレの原因はブレスにあるようです。

実際に見てみないと確信できませんが
ブレスのときに顔(顎)が上がってしまっているのだと思います。
顔が上がると首から上が抵抗になるので前方の肩が沈みます。
kumakawatetuyaさんの場合、右ブレスなので
ブレスのときに左肩が沈んでしまっている筈です。
そのため、左手の動きが前に進むための「掻き」ではなく
これ以上沈まないための(上に浮くための)「掻き」に
なっているのではないかと思います。
あるいは、元々ローリング軸が曲がっていて
左手の入水位置が進行方向に真っ直ぐ向っていなく
上から見ると左右に曲がりながら泳いでいる感じになっていて
それで呼吸動作にも無理が出ているのかも知れません。

> なにかいいトレーニング方法はないのでしょうか?
まずは呼吸動作を正しく直すことですね。
最初は息を吸わなくてもいいですから
顔を上げずに、耳が前方に伸びた左肩から離れないように
顎は無理に引くのではなく、顎が上がらないために「軽く引く」程度で
ブレスの動作をしながら真横もしくは横やや後方を「しっかり目で見る」
ことをやってみて下さい。
目に入る景色が横向き倒れているのが正解です>寝転んで見ている状態ですね。
息は吸わないので15mぐらいしか泳げないと思いますが
距離よりも、体が沈まないよう、ストリームラインが崩れないよう
気をつけて泳いでみて下さい。
ちなみに片目しか水上に出さない程度で呼吸は出来ます。
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/h1swim/h1kn20/h1cr50/h1cr51.mpg

これで感じが掴めたなと思ったら、次はちょっと難しいのですが
ローリング軸を強制するために、例えば25mプールの
●行き~左手は進行方向に伸ばしたまま、右手の掻きだけで進む
●帰り~その逆
なんてのをやります。
この場合、帰りは右手は前方、左手だけ掻くのでブレスも左です。
上手く出来ないときは前方に伸ばした手をビート板で補助します。
(ビート板の上に片手を乗せて、反対の手だけ掻きをします。)
http://homepage2.nifty.com/style1/kaisetsu02-02.html
上記のサイトの
●片手クロール~ビート板使用
●片手クロール~腕を前にして
というヤツです。
●キャッチアップクロール(動画も必ずご覧ください)
も、効果があると思います。余裕があったら
●サイドキック
にも挑戦してみましょう。
さらに、最近はあまりやらないようですが
3ストローク1ブレス(つまり左右ブレスになる)の練習も効果があります。
早い話が右でも左でもとりあえずブレス出来るようになれば
現在の症状は治る筈です。

> 左のかきで水をうまくキャッチできず
おそらくローリングの軸がブレているのでしょう。
> 右だけのブレスなので、その時に体が沈む感じです。
軸ブレの原因はブレスにあるようです。

実際に見てみないと確信できませんが
ブレスのときに顔(顎)が上がってしまっているのだと思います。
顔が上がると首から上が抵抗になるので前方の肩が沈みます。
kumakawatetuyaさんの場合、右ブレスなので
ブレスのときに左肩が沈んでしまっている筈です。
そのため、左手の動きが前に進むための「掻き」ではなく
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報