gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

50歳男性です。現在訳あって休職中です。その期間を利用して「航空無線通信士」と言う無線従事者資格を取得しました。因みに取得した資格に関係する業界(航空関連?)で就業した経験はゼロです。この資格を活かした転職などが可能なのか?もし可能であればどの様な企業があるか、何方かご教授頂ける方がいらっしゃれば、宜しくお願いいたします。(年齢的に転職そのもの自体は無理と言うご回答は遠慮いたします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

第一級陸上無線技術士所持者でその関連する業務を生業としている者です。



航空無線通信士資格で「登録点検員」になることができます。
何をする仕事かというと各種業務用無線機(代表的なのはタクシーとか)の基地局には5年に一度の点検が義務づけられています。
この点検業務をお上(各地の総合通信局、昔の電波管理局)に成り代わり御代をお客から頂いて点検、検査するのが登録点検事業者ということになります。

よってこの「登録点検事業者」である業者には転職できる可能性があります。
参照URLを貼っておきます。

業者もアマチュア無線機店から放送局、無線機メーカーまで様々です。
質問者さまはグライダーの趣味でもあるのかと推察しますが無線の資格は多種ありますので
本当にこれで飯を食うつもりなら上位の資格を取得しなければお話しになりません。
この資格の所持による上位資格の科目免除は無いですし総務省の資格試験は受験料も高価なため大変ですがこの資格だけでは事実上採用はありません。

NO1の回答者さまの指摘する「第一級陸上特殊無線技士」はプラチナバンドバブルで需要は増えているようです。

参考URL:http://www.tele.soumu.go.jp/nintei/SearchServlet …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

horiisenseiさま、

プロ殿の視点からのご回答に感謝いたします。

私もネット上などで当該資格を活かした職業なるものが無いものかと、色々と検索を試みておりましたが、これだと言う具体的なものに辿りつけず、であるならばこちらのサイトで質問を投げかけてみれば、自身の情報検索では気がつかなかったご回答・アドバイスなりが期待出来るのではと思い、今回投稿になりました。

「登録点検員」なる職種がつながる事は初めて知りました。がしかし、主たる職業としてある程度の生計を鑑みると、やはり上位の資格が必然的に成らざるを得ないようですね。

お忙しい中、わざわざ小職の為に参考情報(URL)などもご紹介下さり、重ねてお礼申し上げます。

もう少し他皆さまからのご回答などと併せて、当質問をCLOSEしたく思います。因みに、私は趣味としてグライダーはやってはおりませんが、若い頃よりパイロットや航空の世界は憧れを持っております。

お礼日時:2013/03/15 18:03

航空級無線通信の資格で就職できる職は事実上ありません。




 操作範囲
1.航空機に施設する無線設備並びに航空局、航空地球局及び航空機のための無線航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く。)
2.次に掲げる無線設備の外部の調整部分の技術操作 イ 航空機に施設する無線設備
ロ 航空局、航空地球局及び航空機のための無線航行局の無線設備で空中線電力250W以下のもの
ハ 航空局及び航空機のための無線航行局のレーダーでロに掲げるもの以外のもの

3.第四級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する

 で航空機に施設で働くにもレーダーがいじれないので無理です。


 せめて、1級特殊無線技士ならば・・・携帯電話の基地局の保守などで使えるのですがね・・・・・航空級無線通信の需要は0です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nekonynanさま、

早速のご回答有難うございました。

当該資格の操作範囲については、受験に際してとくには「法規」の勉強で既に周知はしておりました。

やはり上位の従事者資格でないと、”航空級”の資格のみは難しいようですね。
大いに参考の一つにさせて頂きたいと思います。

お礼日時:2013/03/15 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【海上保安庁中途採用】通信士の資格について、違いを教えて下さい。

【海上保安庁中途採用】通信士の資格について、違いを教えて下さい。

海上保安庁の通信部門で中途採用を受けたいと考えています。
受験資格として保有が必要な資格は以下の3つ(いずれか)です。

a.受験時において、第一級又は第二級総合無線通信士の免許を有する者
b.受験時において、第一級又は第二級海上無線通信士の免許を有する者
c.受験時において、第一級又は第二級陸上無線技術士の免許を有する者

受験資格としては、どれでもいい、ということなのでしょうが、これらの資格について3点質問いたします。

1.資格によって実際に携われる業務に差があったりするものなのでしょうか?
少なくとも、1級と2級では差が発生するのではないかと思うのですが。

2.取得の難易度について教えてください。1級>2級であることはさておき、
自分で調べたところ、a=c>b、という印象を受けました。

3.資格の汎用性の違いについて教えて下さい。
保安庁の受験には身体検査・体力検査もあるので、あまり考えたくはありませんが
苦労して資格取得したのに身体面でアウトだった・・・なんてことになったら目も当てられません。
万が一に備えて、なるべく多くの仕事で行かせる資格を選びたいと思っています。

取得が大変難しい資格とのことでしたが、自身で勉強して入庁された女性の方もいらっしゃるそうですので
ぜひ挑戦してみたいと考えています。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いいたします。長文失礼しました。

※全然関係ない情報かもしれませんが、当方今年25歳の女です。

【海上保安庁中途採用】通信士の資格について、違いを教えて下さい。

海上保安庁の通信部門で中途採用を受けたいと考えています。
受験資格として保有が必要な資格は以下の3つ(いずれか)です。

a.受験時において、第一級又は第二級総合無線通信士の免許を有する者
b.受験時において、第一級又は第二級海上無線通信士の免許を有する者
c.受験時において、第一級又は第二級陸上無線技術士の免許を有する者

受験資格としては、どれでもいい、ということなのでしょうが、これらの資格について3...続きを読む

Aベストアンサー

通信士系統を受験したことはありませんが、独学では受験科目から言って
1総通>1海通,1陸技>2陸技>2海通だとおもいます
*二総通はとる意味無いのでとりあえず除外

一陸技と二陸技はレベル差はそんなにありません。海通と陸技がどっちが楽かは工学が理解できれば陸技がらく、科目が多いのがきつくないなら海通が楽でしょう。総通はモールスがあるので、習得にはかなり期間がかかります。

陸上無線技術士のレベルは2年制の電波系専門学校の生徒が二級で当落線上くらい。電子工学を勉強していないと独学は無理といわないがかなり困難なレベル。受験者が少ないので通信教育は存在しません。

操作範囲としては…

海上保安庁でしたら 一陸技でできて二陸技でできないことはほとんど無いと思います。ただし、陸上無線技術士の求人関係で一番多い「放送局」は一級でないと操作できません。

陸上無線技術士は船舶に通信士として乗船することはできません。
この資格だけだと通信士資格を後で取ることを前提に見習い通信士か、電波灯台などの陸上の無線施設の保守作業等を行うことになるものと思います。

現状二総通では外洋船舶での通信士の業務を行うことができないので、最低でも三海通はあわせて持っている必要あると思われます。
技術操作の範囲も狭いので、保守作業の範囲もかなり制限されます。
現在、アマチュアと軍関係を除いてモールスでの通信は行われていないので海上通信士を取らずに2,3総通を取得する意味はあんまり無いです

一総通は操作範囲が 二陸技+一海通+航空通+モールス通信可なので、最強です.ですが現実的には一海通で海にかかわる無線設備は(飛行機関係と一部の大出力の電波灯台を除いて)ほとんど扱えます。

二海通は通信士にはなれますが保守作業ができません(工学のレベルがかなり低いから)、入庁してから上位資格を取らさせるものと思われます。

通信士系統を受験したことはありませんが、独学では受験科目から言って
1総通>1海通,1陸技>2陸技>2海通だとおもいます
*二総通はとる意味無いのでとりあえず除外

一陸技と二陸技はレベル差はそんなにありません。海通と陸技がどっちが楽かは工学が理解できれば陸技がらく、科目が多いのがきつくないなら海通が楽でしょう。総通はモールスがあるので、習得にはかなり期間がかかります。

陸上無線技術士のレベルは2年制の電波系専門学校の生徒が二級で当落線上くらい。電子工学を勉強していないと独学は...続きを読む

Q第一級陸上無線技術士の取得者は、どんな会社のどんな業務で必要とされているのか?

皆さん初めまして。
私は通信建設業界の末端に身を置く者です。
仕事で第一級陸上無線技術士のことを知りました。
今勤めている会社では、実際の業務において必要がないため、取る必要の無い資格です。
しかし、ちょっと興味が湧いたので調べてみたところ、さまざまな無線技術士の資格のなかでも、かなり難易度の高いものであること、全ての無線局の無線設備の技術操作が行えることが分かりました。

今回皆さんに教えていただきたいことは、この資格の取得者がどんな会社で必要とされているのかということと、またそれらの会社での具体的な仕事内容についてです。
考えに合えば、資格を取得して転職することを考えている次第です。
この資格を取得されていて、各界で活躍されている方からのご回答があれば幸いに存じます。
皆さんどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

勤務先としてはテレビ局や大手通信会社が主だと思います。
ただし実務が行えるか?は全く別物になりますので具体的には
免許がないと業務的になりたたない会社が必要とするだけだと思います。具体的には送信所や中継局保守が業務です。

資格取得には工業高校、高専卒、理系学部卒など基礎があり
あなたのように通信業界に身を置いているのであれば2~3回受け
ればなんとかなる(最低でも目安はつく)と思います。

通信系が得意な人は無線工学Bでつまづき、無線系が得意な人は
無線工学Aで何度もつまづくなどハマリ度も高いですので長い目で
チャレンジするのも良いと思います。

私の勤務する会社だと1万円手当てがもらえます。役得はそれぐらい
でしょうか?(笑)

Q第一級陸上特殊無線技士の将来性は

息子が東北地方の私立工業大学に通学しておりますが、そこでは単位取得により取得できる資格に第一級陸上特殊無線技士があります。
現実には、求人、需要のある資格なのでしょうか。また、将来性のある資格なのでしょうか。
この業界に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 自分は第一級陸上無線技術士を持っていますが、最初の入り口が
特殊無線技士(多重無線設備)でした。この特殊無線技士(多重
無線設備)が今の第一級陸上特殊無線技士です。要するにマイクロ波
無線を保守するための入り口の資格です。
 従事できる仕事は、操作範囲令で確認できますが、実体的には
1.タクシー無線や各種保安(鉄道・ガス・電力)無線の運用保守
2.マイクロ波無線の運用保守
このような感じです。使える範囲は結構ありますが、工業高校程度
でも合格できますので、資格だけでOKになるかどうか難しいでしょう。
 自分の希望では、在学中にこの資格を実力で取得し、その上の
資格を狙って欲しいと思います。

Q第一級総合無線通信士について

これから第一級総合無線通信士を真剣に勉強していこうと思っています。そこで大変難しいという事は分かったのですが長期に渡ってじっくり勉強しようと思います。

そこでこの資格をお持ちの方や良い勉強方または良い本などがあればアドバイスをお願いします。

私は本選びが下手なのでどうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

順々に資格を取っていくのは確実な学習のためです。一気に難しい問題は解けません。また上級資格は範囲が広く、下級から取り組んできた問題の集大成で解くことが出来ます。一気に取れるようなうまい方法はないと思います(私は一技までこのようにとって来ました。もしそういう方法があればあれば私が実践しています。)

また一つ一つ資格を取れば自分の励みになります。

ちなみに私は1アマの次に1技を取得しましたが、通信が専門ではなかったので、数年かかりました。(1総は2陸技程度ですが、レベルはかなり高いです。大学在学中には1アマ1陸特まででした。)

1総は多くの人は現在専門学校か自衛隊で教育を受けて取ると推測します。
専門学校の電子科へ2年間通い(学費250万円)取得できるレベルが2総であること考えてください。

もし高校卒業1,2年以内に1総を取るとすれば、先生の家に合宿するとか夜間に専門学校に通うとか並々ならぬ学習態度が必要です。毎日8時間程度放課後に2年間この資格の勉強だけやる。勉強のカリキュラムは先生などに考えてもらいほぼマンツーマンの指導があれば可能かもしれません。(参考書を使った自習ではまず不可能です)

あとお金のことをおっしゃっていますが、受験料は微々たる物です。専門学校の学費は2年間250万円かかります。
http://www.neec.ac.jp/catalog/index.html#nyu
1総の資格者の年収は500万円程度です。そのための学費を考えれば、受験料や参考書を惜しむべきではありません。1万数千円の出費は借金したりしても無駄になりません。社会に出ると時間を金で買う必要が出ます。勉強時間を作るために残業を断り(給料が減る)、帰宅後平日は毎日4,5時間、休日は8時間は勉強をやるのが一般的です。

現在工業高校にいて、真剣に勉強する気があるなら、先生に相談するのがいちばんです。トレーニングプログラムならぬ学習プログラムを作ってくれるはずです。

高校在学中なので、まず予備試験(工学基礎)をクリアする計画を立てて下さい。電磁気・回路の学習になります。一般的に工業高校や水産高校で取得できるのが3級陸上特殊無線技士、専門で2級陸上無線通信士程度です。
出来れば3アマと2陸特、工事担任者(アナログ2種)をまず取得してみてください。これらが取れれば五合目まで来たようなものです。(試験の申請時期に注意)
ここまでを高校在学中に取れれば社会人に出てから上位資格を取得する際に挫折せずに済むでしょう。
工事担任者は関係ないように思うでしょうが、基礎は共通ですから必ず役に立ちます。

モールスはCD(またはPCソフト)と電鍵があれば基礎(2アマ程度)は学べます。ただし1総の通信術は『プロ』なので実戦的に高スピードです。このスピードは実務で数年やるとかの経験が必要です。(またはハムでコンテストに参加する)

7科目は科目合格保留制度をつかい2年間かけて(4階の挑戦で)取得するのが一般的です。どこから手をつけてもかまいませんが、7科目均等に学習が必要です。
とりあえず、問題だけでも見てレベルを把握してみてください。
http://www.khz-net.com/kema/003radio/01licence/01kakomon.html

養成課程講習会で取れるのはアマチュアの3級、4級(2万円くらい)、プロの下級の陸上無線通信士までです。
http://www.shikoku-bt.go.jp/musen-nintei/index.html

順々に資格を取っていくのは確実な学習のためです。一気に難しい問題は解けません。また上級資格は範囲が広く、下級から取り組んできた問題の集大成で解くことが出来ます。一気に取れるようなうまい方法はないと思います(私は一技までこのようにとって来ました。もしそういう方法があればあれば私が実践しています。)

また一つ一つ資格を取れば自分の励みになります。

ちなみに私は1アマの次に1技を取得しましたが、通信が専門ではなかったので、数年かかりました。(1総は2陸技程度ですが、レベルは...続きを読む

Q第一級陸上無線技術士と併せて持つと便利な資格

一陸技と併せて持っていると便利な資格を教えてください。

Aベストアンサー

100%業務によりますが…。
施工系のエンジニアだったら自動車免許(場合によっては大型特殊)、場合によっては電気工事士1種がほしくなるでしょう。
ハンター同行とか、ヘリで搬入とかもありますが、そのときは専門の人を頼むので資格は関係ないです。

監視系のエンジニア(放送局のマスター監視者など)だと、陸上主任者講習受けといたほうがいい(これは2年間しか有効期限がないから、「資格」じゃないけど)

放送局では大体一技のほかに電気主任と危険物乙4種を持っていると若干手当てがつきますが、全員必要な資格ではありません。

Q航空無線通信士の対策法、管制官について!

僕は今管制官を目指していて、航空無線通信士の資格を取ろうと考えています。


そこで過去問と教科書を買って対策を始めたのですが、読んでも意味がさっぱり分かりません(泣
英語も苦手なので過去問を解いてみても合格できる気がしません;;

イカロスなどの養成講座も調べましたが、25万円くらいかかる上に時間的にも厳しいです。。。


何としても次の試験に合格したいと考えています、
どなたか過去問、教科書以外で良い対策方法があれば教えてください!

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

 こんにちは、私は前回の試験で航空無線通信士に合格したのですが、BuddySpiritというところの対策講座を受講させていただきました。URLも載せておきます。

http://buddysp.com
  

 私もそれまで無線関係の知識は全くなく、英語も苦手な方で、教科書と過去問だけを使用して最初は対策にこまっていた人間なので気持ちはかなり分かります。
 そこで色々調べていたところたまたまインターネットで航空無線通信士の対策講座を見つけました。時間もなかったのですぐに講座に申し込んだのですが、教材もかなり分かりやすくまとまっていて、「合格の為にすべきことはこれだけ!」という感じで書いてあるので何を覚えたらいいのかすぐに分かります。

 工学も理系的な知識がなくても解けるようにまとまっていますし、私的には苦手な英語の対策もあったのでかなり助かりました。

 BuddySpiritさんで販売している教材には覚えるべきことがシンプルにまとまって書いてあるので、へたに市販の教科書とかに手をつけるよりは絶対に簡単です。

 私は社会人で時間もなかったので科目合格を狙っていたのですが、1回目の受験で全て合格出来たのて正直驚きました。
迷っているならここの講座は間違いないと思います。頑張ってください。

 こんにちは、私は前回の試験で航空無線通信士に合格したのですが、BuddySpiritというところの対策講座を受講させていただきました。URLも載せておきます。

http://buddysp.com
  

 私もそれまで無線関係の知識は全くなく、英語も苦手な方で、教科書と過去問だけを使用して最初は対策にこまっていた人間なので気持ちはかなり分かります。
 そこで色々調べていたところたまたまインターネットで航空無線通信士の対策講座を見つけました。時間もなかったのですぐに講座に申し込んだのですが、教材もかなり...続きを読む

Q第1級陸上特殊無線技士って・・・。

第1級陸上特殊無線技士と第1級陸上無線技術士って同じものですよね?
なんかバカな質問ですいません。
私が通っている学校で取れる資格では「特殊」が入っているのですが、希望する職業の採用案内では後者の呼び方をしているのです。
「特殊」という言葉が入っているかどうかで、資格そのものが違うのか…?という疑問がわいてしまいました。
お願いします。

Aベストアンサー

大阪電気通信大学のHPによると、
〇第1級陸上特殊無線技士

陸上の無線局(空中線電力500W以下)の多重無線設備( 多重通信を行うことができる無線設備で、テレビジョンとして 使用するものを含む)で30MHz以上の周波数の電波を 使用するものの技術操作ができる資格です。

〇第1級陸上無線技術士

無線通信の技術操作の中で最高の資格である
となっております。
出典:大阪電気通信大学のHPより
詳しくは同大学の下記URLをご覧ください

参考URL:http://www.osakac.ac.jp/dept/f/shikaku.html

Q海上無線通信士の英語について

第2級海上無線通信士の資格取得を目指しているものです。現在第2級無線技術士には合格しています。免除科目を申請し、残りの科目を9月に受ける予定ですが、私は英語が苦手で困っております。今現在、恥ずかしながら、中学生英語を復習中です。何とか4月半ばくらいまでには終わりそうなのですが、それ以後どのような勉強をすれば、第2級海上無線通信士の英語に合格できますでしょうか?
過去問まる覚えであれば嬉しいのですが・・・ 養成用教科書などを使ったほうがいいのでしょうか?
何とか9月までに合格レベルまで行けそうな方法をどうか詳しい方教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一陸技取得後、三海通取りました。ついでに先日、航空通を受験してきましたので結構感覚はホットです。
蛇足ですが、法規・英語・電気通信術は海通の一から三級まで共通なので、質問者さんの場合は三海通を取れば全科目免除で二海通ももらえます。私は一海通もらいました。
時間的に余裕があるのなら、三海通で取った方がトータルの金額も安いです。

で、本題ですが。
私は英語が苦手ですが、通信士の英語で苦労したことはありません。総通、海通、航空通と全て特に勉強せずに通りました。
もっとも、2年位前から英語の再勉強を続けているので、今回は本当に楽勝でしたが。
中学英語が完成すれば特に恐れることはありません。時間は沢山ありますし、さほどレベルも高くありません。
専門用語を覚えると良いと思います。
過去問がそのまま出たりはしないでしょうが、頻出単語を覚えておくと良いでしょう。19歳で総通を受験した際(流してしまいましたが)、"distress"だけ覚えて行きました。(^^;

英語力の本筋から外れた対策になりますが、長文以外の筆記については、かなり法規の知識が役に立ちます。国際条約から出ることが多いので、法規の過去問をしっかりチェックしておきましょう。
余裕があればITU-Rとか読んでおくと良いのですが、効率が悪いので過去問中心で良いと思います。
"Constitution of the International Telecommunication Union(ITU憲章)"は結構出るので、日本語対訳版でよいので読んでおくと自信が付くと思います。

リスニングの注意点としては、ジャパニッシュです。中学英語の授業を思い出しました。(笑)
TOEICとかに慣れていると、非常に戸惑います。予想外の英語なので、逆に聴き取りにくい。
まあ、3回も読んでくれるので何とかなりますが。時間は沢山あるので、落ち着くことが肝要だと思います。
もし不安で9月の合格が必須なら、6月の一海特を受けてみても良いかもしれません。リスニングのみ5問の試験のようです。電気通信術も練習できますし。

また、過去問を見てみると分かりますが、長文はその業界の時事問題が出ます。海通だと、海とか自然絡みの話が多いようです。なぜかここだけフレッシュです。
海通を受けたときは北極航路が開拓されたという話だったと記憶しています。
今回の航空通は昨年話題になった、空飛ぶ車の話でした。丁度興味があって、メーカーサイト等も調べ尽くしていたので非常に楽でした。
9月試験なら、去年1年間くらいのトピックをざっと見ておくと良いかもしれません。多少不安があっても、知っている話ならかなり楽です。日頃から関連ニュースを読むようにしていると、直接知っている話が出なくても、楽にはなると思います。

一陸技取得後、三海通取りました。ついでに先日、航空通を受験してきましたので結構感覚はホットです。
蛇足ですが、法規・英語・電気通信術は海通の一から三級まで共通なので、質問者さんの場合は三海通を取れば全科目免除で二海通ももらえます。私は一海通もらいました。
時間的に余裕があるのなら、三海通で取った方がトータルの金額も安いです。

で、本題ですが。
私は英語が苦手ですが、通信士の英語で苦労したことはありません。総通、海通、航空通と全て特に勉強せずに通りました。
もっとも、2年位前から...続きを読む

Q偏差値40というと、どの程度のレベルですか?

知人が偏差値40の大学を受けると言っています。ゼミナール?の偏差値分布で調べたそうですが、私は高校中退なもので、この40というのがどれくらいなのか分かりません。

英語・国語・数学でいうとどれくらいのレベルの問題が出るのですか?

また、大学全入時代ですが、偏差値40の大学を受けまくっても、落とされることもありえますか?

というのは、私の親戚ですごく頭の気転が利く人がいるのですが(たぶん頭はいいです)、試験場に行くと極度に緊張して実力が出せない、ということで、偏差値45くらいの大学に入って、不本意そうだったので、そういうこともあるんだな、と心配に思いました。

Aベストアンサー

偏差値は50で、全体のちょうど中間のレベルになります。
偏差値は45で、全体が100人いた場合の下から31%、下から31人目にあたります。
ですから、偏差値40ということは、それ以下で、成績は下から30%以下ということになり、かなり低いレベルになりますね。

せめて、偏差値50を目指してもらいたいものです。
今、偏差値40でも悲観する必要はないでしょう。
偏差値なんて、55ぐらいまでは簡単に上がりますから.
ただ、65を超えていくのは非常に大変です。
偏差値65で上位7%になります。

Qアマチュア無線 100W機で移動局の局免許取得できるか?

こんばんは。

今度、HF/144/430のオールモード機を購入しようと思っていますが、
2アマなので100Wまで出せるモデルを検討しています。
しかし、法令では移動局は50Wまでとなっています。
屋外へ持ち出すときだけ50Wにパワーを絞って運用すると
して、100W機で局免許はおりるでしょうか。

おりないならば、100W機はたとえ50Wに絞ることができたと
しても、局免許は「固定のみ」で屋外に持ち出して運用することは
できないということでしょうか。

移動局の局免許がほしければ、ハード的に最大50Wしかでない
モデルを購入するしかないということでしょうか?

よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

100W機を移動する局に使う場合、50Wにする必要がある点は1の方が言われるとおりです。
ただし表面からツマミやメニューで50Wに設定して運用するというのは認められていませんので100W機のままでは移動局免許は下りません。 

内部スイッチを50Wに切り替えるか、調整して50W以下にする必要があり、2アマ以上の場合メーカーなどの改造証明が要らないというだけです。
2アマ以上であれば、将来移動しない局にリグを移して100W運用する可能性があるので、このようになっていると思います。
私の場合は切替スイッチが無い機種だったので改造箇所の写真と出力測定時の写真提出を求められました。

出力低減が必要な移動する用と100W出る移動しない局用に100W機を共用して申請することも当然できないわけです。
よくある疑問なので市販申請書の注書きやTSSのQ&Aあたりに載っていると思います。

結局自宅で50Wを超える出力で運用したい場合は、移動する局用とは別のリグを用意し、移動しない局の免許を申請するしか無いようです。
無線局としては2局ですがコールサインは同じエリア内なら同じものが割り当てられます。 私も電波利用料を2局分払って(払わされて?)います。

参考ですが、以前は移動する局と移動しない局をそれぞれ新設するより、移動する局を新設後に移動しない局に変更し、新たに移動する局を申請したほうが安かったです。 最近の手数料は判りませんが検討されると良いかもしれません。

100W機を移動する局に使う場合、50Wにする必要がある点は1の方が言われるとおりです。
ただし表面からツマミやメニューで50Wに設定して運用するというのは認められていませんので100W機のままでは移動局免許は下りません。 

内部スイッチを50Wに切り替えるか、調整して50W以下にする必要があり、2アマ以上の場合メーカーなどの改造証明が要らないというだけです。
2アマ以上であれば、将来移動しない局にリグを移して100W運用する可能性があるので、このようになっていると思い...続きを読む


人気Q&Aランキング