痔になりやすい生活習慣とは?

はっきり言って、働けない両親と未成年の子供以外の人を
扶養する義務ってないのですよね。

みんな、食べるに困るなら、生活保護受ければいいのですよね。

自分の食い扶持は自分で何とかしろよ!いい大人なんだから!

ということで、法律上の扶養義務についてお教えください。

A 回答 (2件)

(扶養義務者)


民法 第877条
1.直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2.家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、
 三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3.前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、
 家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

つまり、親子孫と兄弟姉妹は相互に扶養義務がある
ということになります。

ただ、この扶養義務には2種類あります。

一つは、余裕がある無しに課せられる義務です。
夫婦と未成熟の子に対する義務で、これは
一腕の飯を分け合って食べる、という義務です。
これを「生活保持義務」といいます。

一つは、余裕がある場合に限って課せられる義務です。
上記以外の義務がこれに該当します。
これを「生活扶助義務」といいます。

親族間でこの義務が果たせない場合に、公的義務が
与えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/07 19:50

まず検索して、自分で読んでみましょう。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E9%A4%8A# …

直系でなくとも、場合によっては3等親以内の親族の扶養義務が発生する場合があるとのことです。

金銭的に十分余裕がある場合などが、そういうケースになるのでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

生活保護を受てるということは「親族間の扶養を受けるには自らの財力・労力では
生活することが困難である者(要扶養者)でなければならない」の財力に
生活保護費が該当するので、その人を扶養する必要はないのでしょうか?

体は元気だけど働く気のない親戚なら見捨ててよいということなのでしょうか

お礼日時:2013/04/07 10:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養義務は何親等まで?

親子、兄弟姉妹などはもちろん扶養義務がありますが、祖父母や叔父叔母、伯父伯母、イトコなどそれ以上の親等はどこまで扶養義務があるんでしょうか?
親戚と名の付くものは、すべてですか?

Aベストアンサー

【民法 第877条】
1 直系血族及び兄弟姉妹は,互いに扶養をする義務がある。
2 家庭裁判所は,特別の事情があるときは,前項に規定する場合のほか,3親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは,家庭裁判所は,その審判を取り消すことができる。

義務…
直系血族 親子(祖父母孫も)上下関係は無限
兄弟姉妹

余裕あれば助ける(家裁から義務付けられることあり)
他の三親等内の血族姻族

Q高齢の叔母を金銭援助する義務は?

高齢の叔母(母の姉)が痴呆のため老人ホームに入っており、これまで父が金銭援助をしていました。しかしその父が最近倒れ昏睡状態になり先が長くなさそうなので資産などをしらべたところ、かなりの借金があることがわかりました。私も裕福ではないため、とりあえずほとんど面識のない叔母への金銭援助を減らしたいと思い役所に相談したところ、親戚である私が叔母を援助するべきだと言われました。

そこで質問なのですが、私は自分の家族の生活を犠牲にしてまで、ほとんど面識のない叔母を援助する義務が本当にあるのでしょうか?

また、もしそのような義務がない場合、叔母は私の援助なしにどのようにして生きていけば良いのでしょうか?(生活保護とか?)

ちなみにその叔母に何十年ぶりに会いに行ったところ、痴呆のせいで全く会話になりませんでした。。。

Aベストアンサー

民法第752条
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

民法第877条
1.直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2.家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、
  三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3.前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、
  家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

ということで、親兄弟以外は、法律では義務付けられていませんので、
現状では、扶養や援助の義務は法律上有りません。

ただ、役所等が裁判所に申し立てをした場合、
叔母は3親等以内なので、扶養義務の判決が下る確率が高いです。
但し、この義務も順番があります。
先ずは、叔母様の旦那様、次に叔母様の子供若しくは両親、次が叔母様の兄弟姉妹、
そして、叔母様の甥や姪です。
それぞれの中での順位は、基本、収入が高い順となります。
質問者様のお父様が面倒を見られていたのであれば、
叔母様のご主人も子供もいないという事かと思いますので、
第一順位は、叔母様の兄弟姉妹です。

扶養義務はないと突っぱねたところで、裁判になれば、
最終的に面倒見なければならないとなるなら、
最初から出来る範囲で面倒を見たらどうですか?
若しくは、他に親戚はいないのでしょうか?
叔母様に他の兄弟姉妹がいるのなら、
先ずは、そちらに援助をお願いしてみてはどうでしょうか?

それから、特養に移れないという事ですが、そんな事はない筈ですが・・・。
(そう言われている理由が痴呆なので。)
伝染病や常時治療(医療行為)が必要等の特段の事がなければ、
特別養護老人ホームは、65歳以上の、身体上又は精神上著しい障害がある為、
常時の介護を必要とする方(いわゆるねたきり老人等)で、
居宅にて適切な介護を受ける事が困難な方が入所出来る施設です。
条件を満たしていて、空きがあれば入れます。

特養のほかに、老人介護保険施設も有ります。
介護認定を受けていれば入所可能です。
費用も、老人ホームより安いです。

生活保護の方は、
「老人ホーム(料金が高い)に入れるだけのお金があるでしょ」
というように、役所がみなしたので、
生活保護を受ける事は出来ないと言われたのだと思われます。

民法第752条
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

民法第877条
1.直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2.家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、
  三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3.前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、
  家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

ということで、親兄弟以外は、法律では義務付けられていませんので、
現状では、扶養や援助の...続きを読む

Q姻族の範囲

3親等内の親族の扶養義務が話題になっていますが、3親等内の血族の配偶者は姻族すなわち親族でしょうか?

Aベストアンサー

民法第725条に「親族の範囲」について規定がありますね、それによると
1.6親等内の血族
2.配偶者
3.3親等内の姻族
となっています。「姻族」とは、「本人または血族の婚姻によって関係が発生する人々」なので、
・配偶者の血族
・血族の配偶者
が該当します。
よって、3親等内の血族(親、子、兄弟姉妹、おじ・おば・甥・姪)の配偶者は3親等内の姻族にあたるので、法律上の「親族」にあたります。
(注、「姻族」の法律的定義が見当たらなかったので一般用語として解説しています。もし、法律上に定義がありましたら、ご容赦ください)

ただし、扶養義務になると、民法上は
・直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない(第730条)
・夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない(第752条)
・直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある(第877条第1項)
・家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる(第877条第2項)
となりますので、「同居している」か、または、家庭裁判所の認める「特別の事情」がない限りは3親等の姻族まで扶養義務が及ぶことはないのではないかと思います。

民法第725条に「親族の範囲」について規定がありますね、それによると
1.6親等内の血族
2.配偶者
3.3親等内の姻族
となっています。「姻族」とは、「本人または血族の婚姻によって関係が発生する人々」なので、
・配偶者の血族
・血族の配偶者
が該当します。
よって、3親等内の血族(親、子、兄弟姉妹、おじ・おば・甥・姪)の配偶者は3親等内の姻族にあたるので、法律上の「親族」にあたります。
(注、「姻族」の法律的定義が見当たらなかったので一般用語として解説しています。もし、法律上に定義が...続きを読む

Q叔父の扶養義務はあるのでしょうか?

私の息子(22歳)は主人の兄弟の扶養義務があるのでしょうか?
詳細を述べますと主人は他界しており主人の兄(長男)と母違い(先妻の子)の姉がおります(父親が同じ)。兄は30年来部屋に閉じこもったまま総合失調症で精神障害者1級の手帳を持っています。この主人の兄を誰かが面倒を看なければなりません。主人の妻であった私は姻族関係を終了しております。私と息子は同じ家で住んでおります。また亡き主人の兄と母は別世帯で二人で住んでおります。
姉は結婚しましたが、離婚し今は元の姓に返っていて兄と同じ戸籍に入っておりますが住居は別です。また、姉本人はもらわれてきた子で兄や主人とは血縁関係がないと申しております。(戸籍は主人と同じ父親の子です)
亡き主人と兄の母親は成年被後見人となりました。(息子が第三者の後見人申立をしました)
この場合、姉が扶養の義務(保護者の義務)を果たせない場合は息子が保護者になるのでしょうか?息子は一度も主人の兄とは面識もなく現在主人の母(成年被後見人)との交流もありません。息子には保護責任や扶養の義務は発生しますか?
また、精神障害者の保護者はどういうときに家裁が決めてくれるのでしょうか?誰かが家裁に申立しなければならないのでしょうか?
扶養の義務を果たせない時とはどんなときでしょうか?

ややこしい書き方で申しわけありません。専門の方よろしくお願いします

私の息子(22歳)は主人の兄弟の扶養義務があるのでしょうか?
詳細を述べますと主人は他界しており主人の兄(長男)と母違い(先妻の子)の姉がおります(父親が同じ)。兄は30年来部屋に閉じこもったまま総合失調症で精神障害者1級の手帳を持っています。この主人の兄を誰かが面倒を看なければなりません。主人の妻であった私は姻族関係を終了しております。私と息子は同じ家で住んでおります。また亡き主人の兄と母は別世帯で二人で住んでおります。
姉は結婚しましたが、離婚し今は元の姓に返っていて...続きを読む

Aベストアンサー

まず、直系血族(親と子の間・祖父母と孫の間等)及び兄弟姉妹間には、当然に扶養義務があります(民法877条1項)。また、特別の事情があるときは3親等内の親族間において、家庭裁判所は扶養義務を負わせると審判する事が出来ます(民法877条2項)。

つまり、ご質問の事例では、質問者さんの息子さんが、ご主人のお兄さんを扶養する義務が将来出てくるのか、と言う疑問だと思いますが、この二人は伯父と甥なので3親等内となるので、上記の民法877条2項の場合に当たり、877条1項のように当然に扶養義務を負うわけではないが、「特別の事情がある場合」に負う事があると言う事になります。

そこで、この「特別の事情」とは、一体どのような場合なのか、と言う事になりますが、判例は、「3親等内の親族に扶養義務を負担させる事が、相当とされる程度の経済的対価を得ているとか、高度の道義的恩恵を受けているとか、同居者である等の場合に限定される(大阪家審昭和50-12-12)」というものや、「第一次的扶養義務者(ご質問の事例ではご主人のお姉さんがこれに該当するでしょう)が扶養する事が不相当である場合で、かつ3親等内の親族に扶養能力があって、かつ扶養することが相当とする事情がある場合を指す(東京家審昭和51-2-2)」と言うものがあります。つまり、ご主人のお兄さんから予め扶養するための金銭を息子さんが受けていたとか、息子さんがご主人のお兄さんを扶養するべきといえるほど高度にお世話になっていたとか、本来扶養すべきお姉さんが扶養できなくて、息子さんに扶養するだけの十分な経済的な余裕があり、かつ扶養することが相当な場合等に限って、扶養義務が生じる可能性があり、しかも家庭裁判所の審判によらなければならない、と言う事になります。ですから、第一次的扶養義務者であるお姉さんが扶養出来ないからと言って、即息子さんに扶養義務が発生するわけではない、と言う事が言えると思われます。要するに、扶養義務が生じるときとは、かなり限定される、と考えていいのではないかと考えます。

まず、直系血族(親と子の間・祖父母と孫の間等)及び兄弟姉妹間には、当然に扶養義務があります(民法877条1項)。また、特別の事情があるときは3親等内の親族間において、家庭裁判所は扶養義務を負わせると審判する事が出来ます(民法877条2項)。

つまり、ご質問の事例では、質問者さんの息子さんが、ご主人のお兄さんを扶養する義務が将来出てくるのか、と言う疑問だと思いますが、この二人は伯父と甥なので3親等内となるので、上記の民法877条2項の場合に当たり、877条1項のように当然に扶養義務を負うわ...続きを読む

Q叔父・叔母が未婚の場合の介護や葬儀について。

不謹慎な話ですが、叔父・叔母が未婚の場合葬儀はどうしたらよいのでしょうか。

60後半~70半ばぐらいの未婚の叔父・叔母が3人います。
全て母方です。母のきょうだい全員未婚なんです・・・
体調も悪く入院した等の話も聞きますし、貯金もあまりしていない人達らしく母にお金を貸してくれと言う事もあるようです。
(私は幼稚園ぐらいに会った以来会ってません)

あと、父は兄弟が5人いるのですが全員結婚して子供がいます。
ですが私の両親は親戚付き合いをしたくなかったらしく、年賀状等最低限の付き合いしかしておらず私が父方の親戚に会ったのも3歳ぐらいの時などです。

私の両親は60前半で、色々体調が心配な年齢になってきました。
本当に不謹慎な話でこのような話をするのはどうなのかとも思うのですが・・・両親が亡くなってしまったら私は親戚との面識がないので繋がりもなくなると思います。なので誰も助けてくれる人はいないと思っています。

そこで心配なのが、母の兄弟が全員未婚という事です・・・
私と兄で両親+母の兄弟3人の5人・・・面倒みきれません。
それに母の兄弟とも会ったのだって幼少の頃ですし、正直叔父・叔母という感覚すらあまりないんです。
不謹慎ですが、叔父や叔母の老後の介護や亡くなった時の葬儀など正直対応しきれないと思っています・・・。こういった未婚の叔父・叔母がいる場合にはやはり兄と私が介護や葬儀など面倒を見なければならないのでしょうか。

言い方が悪いかもしれませんが他に言葉がみつかりませんでした。。
全員の面倒を見る金銭面にも全然余裕はありませんし身体ももたないと思っています・・・

不謹慎な話ですが、叔父・叔母が未婚の場合葬儀はどうしたらよいのでしょうか。

60後半~70半ばぐらいの未婚の叔父・叔母が3人います。
全て母方です。母のきょうだい全員未婚なんです・・・
体調も悪く入院した等の話も聞きますし、貯金もあまりしていない人達らしく母にお金を貸してくれと言う事もあるようです。
(私は幼稚園ぐらいに会った以来会ってません)

あと、父は兄弟が5人いるのですが全員結婚して子供がいます。
ですが私の両親は親戚付き合いをしたくなかったらしく、年賀状等最低限の付き...続きを読む

Aベストアンサー

 親戚と言っても名ばかりなんですね。
 
 法律で言ってしまえば、お母さんの兄弟の面倒は、第一は兄弟が見るのが原則でしょう。 
 今の世の中、親族が面倒見切れずに、生活保護の受給も増えているように思います。

 葬儀も、直葬http://yuigon.info/keywords/chokuso.htmlすればよいですし、それくらいの費用ぐらいは持っていると思います。

 お母様のご兄弟の葬儀にしても、ご両親がご健在のうちは、何かしらお手伝いがあるとは思いますが、あなた方兄弟が喪主になって~~ということまでは必要ないと思いますよ。

 出来ることを、出来る範囲でやればよいと思います。

Q生活保護法の改正(三親等まで扶養義務強制?)

これまでは、役所から扶養要請の手紙がきても、こちらも経済的に生活が厳しいので
無理だと断れば、それで済む。(強制的に取り立てられない) ということの
ようですが、改正後は、三親等まで収入や財産状況まで調べて、例えば、
収入や財産があれば、それを差し押さえられたり、競売にかけられて、そこから
扶養しなければいけなくなる、あるいは、競売までいかなくても、
この不動産をお持ちなのだから、いくらいくら年収があるのだから、
少しくらい扶養できるでしょう、と何らかの形で強制に搾取されるものでしょうか?

どうも、この強制的に扶養を要請される、、、という部分が気になります。
どの程度強制的なのか、どなたかご存じでしたら、ご教示ください。
単なる要請だけなら、強制ではなく、任意という言葉になるはずですし、、、、

Aベストアンサー

>何らかの形で強制に搾取されるものでしょうか?
いいえ。
前に自民党の議員(名前は忘れました)が、テレビでその件について話していました。
その中ではあくまで、まず申請者と話をする中で対応するということでしたね。
三親等となると、普段から冠婚葬祭を含め全然つきあいないケースだって多くあります。
親兄弟であっても事情があり、援助を受けられないケースだってあるでしょう。
それを、強制的に扶養を要請などできるわけありませんし、法律でもそんな規定にはなっていませんよ。
もちろん、扶養が可能と思われるケースでは、そうなるでしょうが…。
要は、ケースバイケースで現場の判断になるでしょう。

参考
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/topics/dl/tp131218-05.pdf

Q叔母の身元保証人にならないといけないのでしょうか?

私は、60代女性です。
子供も独立し、主人と二人で過ごしています。
そんな中、遠方でこの20年間疎遠だった叔母が介護施設に入所するので、
身元保証人になって欲しいと叔母の担当ケアマネージャーさんから連絡がありました。
叔母は独身で今まで生活しており、身内と呼べるものは私や私の子供以外は亡くなっています。
小さい頃はお世話になっているのである程度は助けていきたいのですが、
身元保証人になるだったり、契約書にサインや印鑑を押すということには抵抗があります。
主人もそこまではしなくていいのではと言っていますし、何かあった時の責任がこちらにくるのは
正直な話お断りしたいです。酷い人間と思いの方もいらっしゃるでしょうが、私たちの暮らしも決して
楽ではないので何かいい方法あれば教えてください。

Aベストアンサー

いくら親戚とはいえ、身元保証人まで引き受けるのは質問者様も大変かと思います。
但し、他の方もおっしゃる通り法定相続人ですので、安否確認はしておいた方がいいと思います。
身元保証サービスでこういう比較サイトがあったのでいろいろ比べてみて
相談してはいかがでしょうか?
http://mimotohosyou-hikaku.net/

Q生活保護の扶養照会が届き、取り扱いについて悩んでます

夫宛てに、生活保護の扶養照会という封書が昨年末に突然送られてきてびっくりしています。
夫の血縁上の兄は精神障害で最近は生活保護を受けているとか以前聞いていましたが、その兄(40代)の生活保護に関するものでした。

夫の境遇は少しかわっています。
・夫は1歳の頃に実母を病気で亡くしました。
・子供2人をかかえた実父はすぐに再婚しましたが、事情があって2人いた兄弟(夫とその兄)のうち赤ちゃんであった夫が他県に住む叔父(夫の実父の兄)のもとで育てられることになりました。(養子縁組は夫が20歳になってから正式に行った)
・夫の兄は、実父と新しい義母のもとで育てられましたが、うまれつきの精神障害(アスペルガーかなと私は思ってますが病名は不明)があったようで、義母とも確執があるようで現在1人暮らししています。
・実父は昨年春に病気で他界しました。(年金暮らしでした)
・主人は1歳の頃に他県の叔父夫婦に養子にもらわれたので、
 その後は、その兄と一緒に暮らしたことはありません。
・お互いの交流もほとんどなく、10代や成人してから会った回数も数える程度です。
・実父は再婚した母との間に、さらに2人の子供(妹、弟)がいます。
 妹は結婚し、弟は独身ですが、2人とも独立しています。
・養子にもらわれた先の叔父夫婦には1人子供がいたので、主人にはその兄もいます。

上記の事情のため血縁とはいえ兄弟という意識はないようです。
しかし、血縁の兄ということで、このような扶養照会がきてしまうようですね。
私は、この書類をみて、とても動揺しました。

いままでは、実父が生きていたせいなのか、私たちには今まで生活保護の扶養照会がきたことはありません。(届いたのは初めてです。)

夫は普通のサラリーマン。マンションを購入したばかりでローンがあります。
就学中の2人の子供をもち、余裕がある方ではありません。

それに、ほとんど兄弟としての感覚がない兄に血縁というだけで、
今後扶養する気にもなれないのが正直な考えです。

どのように対処すればいいか悩んでいます。

長々と書きましたが、この扶養照会で、私たちの家族構成、収入金額やマンションのローンがあれば月々の支払いなどを記入し返送するようにとのことです。
証明書も添付くださいとのことです。
主人は年末年始仕事が多忙で、あまりこのことについて夫婦で話し合っていません。

1月中に返信するようにということなので、返信するつもりではおりますが、どこまで書けばいいのかと頭を悩ませています。

1)夫の収入、ローンなど詳しく記入する必要がありますか?
2)証明書の具体的な指示はありませんが、恐らく源泉徴収票などですよね。プライバシーのことも気になるので、そんな大事な書類を他県の役所にコピーを送るのも心配です(その証明書の取り扱いをどうするかの説明文書もありませんでしたし)。
証明書はいれないでおきたいと思っていますが、大丈夫でしょうか?

※上記の事情と、今後も扶養する予定はないことを書き添えて送ろうと思います。

このような経験や知識がある方のアドバイスがいただければと思います。
どうぞよろしくお願いします。

夫宛てに、生活保護の扶養照会という封書が昨年末に突然送られてきてびっくりしています。
夫の血縁上の兄は精神障害で最近は生活保護を受けているとか以前聞いていましたが、その兄(40代)の生活保護に関するものでした。

夫の境遇は少しかわっています。
・夫は1歳の頃に実母を病気で亡くしました。
・子供2人をかかえた実父はすぐに再婚しましたが、事情があって2人いた兄弟(夫とその兄)のうち赤ちゃんであった夫が他県に住む叔父(夫の実父の兄)のもとで育てられることになりました。(養子縁組は...続きを読む

Aベストアンサー

生活保護を申請すると、3親等以内の親族全員に扶養照会を行います。これには援助できてもできなくても絶対に回答してください。
回答がなければ何度でも送ってくる可能性があります。(回答がないとその役所が国から怒られるからです。)
援助できなくても、何のペナルティもありませんが、援助できない理由としてあなたの夫の収入、ローンなどの細かいデータや証明書としての源泉徴収票の写しが必要なのです。国の監査で証明書を取るように指示されている場合は、送らないとまた手紙が来るおそれがあるので、なるべくなら送ったほうが良いでしょう。
送り返した扶養照会の回答や証拠書類はあなたのお兄さんのケース記録に綴られ、一般の人の目に入る心配はありませんし、もちろんお兄さんにも内容は知らせません。
>※上記の事情と、今後も扶養する予定はないことを書き添えて送ろうと思います。
これは必ず入れてください。これがあればあとあと煩わされることはないと思います。
ただ、お兄さんが亡くなった場合、遺体を引き取って欲しいと言ってくると思います。これも、可能であればお引取りされればよいですし、できなければ、無理だと回答すれば、すべて役所が処理してくれます。この場合は無縁仏としてどこかの施設にお骨が安置されることでしょう。

扶養照会はそんなに深刻にとらえる必要はありません。ただ、正直に回答されれば問題ありません。

生活保護を申請すると、3親等以内の親族全員に扶養照会を行います。これには援助できてもできなくても絶対に回答してください。
回答がなければ何度でも送ってくる可能性があります。(回答がないとその役所が国から怒られるからです。)
援助できなくても、何のペナルティもありませんが、援助できない理由としてあなたの夫の収入、ローンなどの細かいデータや証明書としての源泉徴収票の写しが必要なのです。国の監査で証明書を取るように指示されている場合は、送らないとまた手紙が来るおそれがあるので、...続きを読む


人気Q&Aランキング