この4月から教育資金贈与信託という制度が開始されましたが、この制度を利用するのでなく、従来どおりの、その都度資金援助を受ける際の注意点について質問です。
私の子供の今年度の学費の振込用紙が、保護者である私宛に来ました。私の口座がある銀行の窓口に行って、この振込用紙を提出すれば、学校の指定口座宛に私の口座から送金されます。これは、何度かやっているので問題なくできます。
もし、私の親が、私の子の学費を今回の金額分だけ、今、出す場合、私の親から私への贈与と見なされないようにする注意点です。
以下の2でも大丈夫でしょうか?
もし、1の方が良いとするなら、保護者でない人の口座からの学校への送金になりますが。

1.私の親が、私の親の銀行口座から学費ちょうどの金額を学校指定の口座宛、直接送金する。
2.私の親が、私の親の銀行口座から学費と同程度の金額を私の銀行口座に送金し、私の銀行口座から学校指定口座へ送金する。

ご回答、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1がベストでしょう。


2は「できたらよしたほうがいい」と私は思います。
以下理由です。

教育資金贈与信託という制度が出来た背景は、爺ちゃん婆ちゃんの持ってるお金を贈与税負担無く孫の教育費に廻すことを、制度として明白にすることで贈与をしやすくしたと考えるべきです。
元々「扶養義務者相互間における生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの」は贈与税は非課税であると相続税法に規定があります(同法第21条の3)。
しかし「扶養義務相互間とは、同居をしてないといけないのか?」「通常必要と認められるものとは、どの程度の額なのか。寄付金を募る私学への入学金や寄付金を負担した場合には、通常必要と認められるのか?」という疑問がありました。
「孫の教育費を負担してやりたいが、贈与税が出てしまうかもしれない」という悩みがあったわけです。
それを「この条件なら、贈与税はかからない」と立法で解決したというわけです。
逆にいえば「せっかく制度を立法化で明確にしたのだから、その方法で贈与をしてないなら、課税を覚悟してるのでは」という見解も出てしまうわけです。

2は形式的には「親から子に送金がされた」は事実です。
後にこれを何に使ったかは子の自由ですから、暦年主義の贈与税ですと、12月に貰ったお金を翌年3月に学費として使用したというと「理由を後づけしてるだけの贈与税のがれではないか」と疑問の余地を与えてしまうことになります。

「その後、何に使用したかは、貰った人の自由ですよね。贈与税の申告書が出てませんけど。え?翌年になってから、教育費に使用したので、相続税法の非課税になるのではないか?との質問ですか。扶養義務者相互間の規定であって、おじいちゃんは既に成人してる子へ生活費や教育費の送金を必要としないのではないですか」
こう切り出された、どうしましょう。
そんなアホなことを言い出すなと税務署員に言って、納得されるかどうかです。

いい年になった子どもに「ほれ、生活費だよ」「お前が学校にいく授業料だ」といいだす親も親です。
傍から見れば「それって孫にやってるんだよね」とわかることですが、上記の非課税の規定は、貰う人間がいっぱしの大人になって独立生計をしてる場合には、適用されないという解釈もありえます。
それを認めていては、80歳の親が50歳の子に現金を渡しても、扶養義務者相互間の送金として非課税になってしまいます。
「子が何に使ったのか」は無関係だともいえるのです。貰ったのは事実であって、事実に課税がされます。
というように、解釈論ですから、うだうだするわけです。
そこで既述のように「ジイ様が孫の学校の金を出すのは、条件が揃ってればええよ」とはっきりさせたという話しに戻ります。

ところで、仮に孫が家をたてる金だとして、じいちゃんが子にお金をあげると、ちゃんと贈与税がかかります。
住宅を取得するのは子ではなく孫なので、爺ちゃんから子への贈与は特例非該当だからです。
爺ちゃんの子が、その子に住宅資金をやりたいが金がないので、爺ちゃんがその金を子にあげたという式だと贈与税が出るというケースです。
というわけで、爺ちゃんから孫へ直接送金する必要があるということになります。

李下に冠を正さずといいますが「疑われるようなことはしないほうがよい」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文のご回答、大変、恐れ入ります。法律は法律として、その実際の解釈のされ方まで解説頂いて、とても参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/04/29 23:23

ご心配なら教育資金贈与信託などをご活用されてはいかがでしょうか?


祖父母から孫への教育資金に対する非課税制度を使えます。
どの信託銀行でも、今は手数料無料でやっているそうです。

http://money-lifehack.com/bank/1068
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あえて、教育資金贈与信託制度によらずに質問したのですが、やはり、そうですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/29 22:22

贈与税の基礎控除は110万円ですが、、、


http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
もちろん、それ以下なら非課税です。
ただ、毎年同程度の額を繰り返し、というような場合は、単に分割しただけとして、合計した金額と見なされる場合もあります。

1でも2でも何の違いもありません。
実態として贈与でしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。国税庁のURLもわかりやすいですね。

お礼日時:2013/04/29 22:16

学費は基礎控除以上の金額になるのでしょうか?


その場合贈与税がかかりますが、1000万円以下ならかからないので全く問題ありません。
厳密にはもっと上の金額でも問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。基礎控除の年間110万円を少し超える程度です。

お礼日時:2013/04/29 22:13

 


昔から、親が子に金を使うのは贈与にはなりません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速、端的な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/29 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q注目の集め方を教えてください。

注目の集め方を教えてください。

Aベストアンサー

教室でスタッフ細胞あります
満員電車でジョジョだち
好きな女子に中入ってますか?と聞いてみる
満員電車で親友の手をいきなり上げこの人痴漢ですと泣きながら大きな声で言う
上記の事をした後の責任はとりません

Q子供の教育資金の長期貯蓄は贈与とみなされますか?(年間110万円の基礎控除以内)

子供が生まれてから毎月5万円の貯蓄をしています。
そのお金は子供名義の銀行口座に振り込んでいます。
将来、大学進学時などに教育資金として活用するつもりです。
年間60万円になりますが子供も大きくなり今や10歳です。
あくまで親として(万一の時の保険として)せめて十分な教育を受けさせたいとの判断です。
お金がないので進学をあきらめるなど子供の人生を変えたくはないからです。
子供には何も言っていません。
ところでですが・・・
贈与者との間で約束した場合は、いざ子供に手渡す時に一括としてみなされ贈与税がかかると理解していますが、親の勝手な判断(万一の時の保険)で長年子供名義の口座に振り込み続けていた場合どうなるのでしょうか?
大学進学時(本人に素質があればですが・・・)に学費として手渡すつもりです。
或いは・・・私に万一の事が起きれば、初めて私の思いを知る事になるでしょう・・・
詳しい方ご教授下さい。

Aベストアンサー

口座名義が子供でも通帳や印鑑を親が管理していたら、実質的に親の預金とみなされます。税務署の調査が入ったらアウトです。
なので、子供がある程度大きくなったら通帳と印鑑の管理も子供に任せた上で年間110万円の基礎控除内で振込を続ければ大丈夫ですよ。
今回の場合は、あなたが生きていれば贈与税、万が一お亡くなりになっていればあなたの財産の一部として相続税の対象になります。残した財産が少なければ相続税がかからないかも知れませんが。

Qバンドメンバーの集め方

私は今、ブラス隊のバンドをやりたいと思っています。
(スカパラのような!)
学校だけでなく広い範囲でメンバーを集めたい(又は入れてもらいたい・・・)
のですが、こうゆう試みは初めてでいまいち方法が分かりません。

(できれば柏を本拠地にした)メンバーの集め方を教えてください!

Aベストアンサー

下の方のお勧めしているサイトもいいとは思いますが
俺はこっちの方を結構使ってます。
http://www.mars.dti.ne.jp/~zztop/BeatBox/

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~zztop/BeatBox/

Q父が亡くなりました。相続(生前贈与)についてお教え願います。検相続税贈与税税金

お世話になります。
この度父がなくなりました。
法定相続人は母、私、私の兄弟3人の計五人です。
私の家は二世帯構造になっており、私は父、母と現在同居しておりました。父が亡くなったので今は母と私の家族で暮らしております。
よって父名義の土地、家は流れでいいますと長男である私が相続する形になる予定です。
ついでにいいますと父名義の車を半年前から私が譲り受けた形になってまして乗っております。
こちらは購入時(17年前)は600万ほどしたものですが、今は売っても30万にもならないと思います。
後、兄弟三人に関しましては生前に父名義の土地の上に父名義で家をたてております。名義は父のままでしたので生前贈与には当たらず今から名義を変えるにあたり相続になるのでしょうか?
家は購入時はそれぞれ(私を含めた兄弟4人分)、土地を含めて3500万円(2000万円の土地を父から譲受、1500万の建物代を父に払ってもらっている)くらいはしていると思うのですが、時価は土地1500万家1000万程度になっていると思います。
相続時は時価評価でよろしいのでしょうか?
それとも生前時に購入した時の価格で評価すべきなのでしょうか?
今中古の家を私たちに相続するのであれば今の時価で評価すべきだと思うのですが、生前に父名義で一人3500万円(2000万円の土地を父から譲受、1500万の建物代を父に払ってもらっている)場合は土地に関しては現在の時価、建物に関しては取得価格で評価額を計算するといった形でよろしいのでしょうか?
5000万円+法定相続人5人×5=1億円までは相続税がかからないものと記憶しておりますが、こういった場合には相続税は概算でいくらくらいかかってくるものでしょうか?
後、葬儀費用が300万程かかるのですが、私は借金がある身でして立て替えるのが難しい状況です。父名義の預金からおろそうとしても死亡届がでており現在では預金をおろすことはできません。何か方法はございますでしょうか?
借りれば済むと思うのですが、その分は相続分に上乗せすることは可能でしょうか?
自分自身の知識のなさにふがいなさを感じますが、今から半年向き合っていかなければならない問題ですので、相続税、贈与税に関する基本的な事から易しくアドバイスいただきたく。
どうぞよろしくお願いいたします。

お世話になります。
この度父がなくなりました。
法定相続人は母、私、私の兄弟3人の計五人です。
私の家は二世帯構造になっており、私は父、母と現在同居しておりました。父が亡くなったので今は母と私の家族で暮らしております。
よって父名義の土地、家は流れでいいますと長男である私が相続する形になる予定です。
ついでにいいますと父名義の車を半年前から私が譲り受けた形になってまして乗っております。
こちらは購入時(17年前)は600万ほどしたものですが、今は売っても30万にもならないと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

相続税の計算は、原則として「時価」です。
そこでまず車ですが、「カーセンサー」サイトなどで同年式の車のおよその値段がわかります。私は通常この価格を使ってますね。
次に不動産ですが、時価で評価するのが非常に難しいため便宜的に土地は「路線価」に適宜の増減を加えた評価額(又は固定資産税評価×一定の倍率)、建物は固定資産税評価額によるものとしています。
さて現在のあなたのお住まいはどういう所有関係で登記されているかわからないのですが(お父上様がたてたようですが、あなたも3500万を出してもらった?)、お父上様とあなたが住んでいたのであれば、通常は相続特例が使えて大幅に計算上の金額は低くなります。但し2世帯住宅は登記的に特例不適用のケースもありますからご注意を。
他のご兄弟は上記評価額のままとなります。
税金が発生するかどうかですが、お父上様が所有されていた不動産の上記の価格が分からないし、他の財産も分からないから何とも言えません。
銀行預金等は戸籍謄本と印鑑証明等を持参されれば引き出せます。これも銀行により相違がありますから、各銀行にお問い合わせ下さい。
葬儀費用は相続財産からマイナスできます。支払は当然ながら借りるより上記手続きで預金を下ろした方が良いでしょう。
相続税の申告期限は亡くなられた日から10ヶ月ですが、すぐに来てしまいますよ。早め早めに準備されることをお勧めします。

相続税の計算は、原則として「時価」です。
そこでまず車ですが、「カーセンサー」サイトなどで同年式の車のおよその値段がわかります。私は通常この価格を使ってますね。
次に不動産ですが、時価で評価するのが非常に難しいため便宜的に土地は「路線価」に適宜の増減を加えた評価額(又は固定資産税評価×一定の倍率)、建物は固定資産税評価額によるものとしています。
さて現在のあなたのお住まいはどういう所有関係で登記されているかわからないのですが(お父上様がたてたようですが、あなたも3500万を...続きを読む

Q税金の集め方、使い方は上手くいってるか?

消費税、しばらく上げないと決まるようだけど、そもそも税金の
集め方、使い方は上手くいってると思いますか?
庶民で言えば、先取りされていて、年末調整で返すと言うのは愚
と思っている口だが、税法の問題点とは何だろう?、思う事を
教えて下さい、お願いします

Aベストアンサー

そもそも税金は、直接間接に関わらず、国家が国民から徴収して、それを原資としてハード、ソフトあらゆる施策を通じて国民に等しく還元するということを担保としているので、我々国民は税金の支払いを納得しているんですが、使い方に不透明な部分があるので、集め方に批判の矛先が向くのだと思います。

一番最近の例では、千葉県の不正経理7億円では将棋版やゲーム機も購入されたようです。
これは一次的には職員の意識の低さがありますが、根本的な問題として国からの補助金が単年度主義で、使い切らなければ次年度は削られるという仕組みになっているため、余剰が出てしまった分は何とかして使い切らないといけないという弊害が生んだ結果ともいえます。
年度末にやたら道路工事が多いのも、とにかく予算を使い切るという意識あってのことです。

公務員は公僕であり“税金で生かされている身”ですが、それがかえって保守的な環境を生み、創造的発想が出来ない、出来たとしても職場で共有する土壌となっていない、結果として閉塞的な行政に終始してしまうということは、税金が効果的に使われないことにもつながってくると思います。

税法には詳しくないので、突っ込んだ回答となっていなくて失礼いたしました。

そもそも税金は、直接間接に関わらず、国家が国民から徴収して、それを原資としてハード、ソフトあらゆる施策を通じて国民に等しく還元するということを担保としているので、我々国民は税金の支払いを納得しているんですが、使い方に不透明な部分があるので、集め方に批判の矛先が向くのだと思います。

一番最近の例では、千葉県の不正経理7億円では将棋版やゲーム機も購入されたようです。
これは一次的には職員の意識の低さがありますが、根本的な問題として国からの補助金が単年度主義で、使い切らなけれ...続きを読む

Q住宅購入資金の親からの贈与について。

住宅購入資金の親からの贈与について。

このたび中古マンションを夫の名義のローンで購入予定なのですが、
頭金の援助500万円を私の親から受けるよていです。

その際、不動産の方に「私の親から直接夫の口座に振り込むのではなく、親から私の口座に一度振り込み、私の口座から夫の口座に振り込むように」
との指示を受けました。

実際その方が都合がいいのでしょうか?

贈与税を取られないようにするにはどのようにすればいいか教えてください。

また、マンションの名義は100%夫でいいのでしょうか?

親は年金受給者で65歳未満です。

足りない説明は補足しますので、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.6です。
「親からは私の方に送ってもらい、私が援助を受けたという形にして夫と名義を共有すればいいのですね。」

よのとおりです。
その際、親からご質問者への贈与に対して「暦年課税」を選択するか「相続時精算課税」を選択するかという問題があるという話しの流れになります。
贈与をする父上が65歳未満ですと相続税精算課税制度利用ができませんので、暦年課税ですね。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm
これを参考にしてください。

他回答様から有効かつ貴重な回答が出てますので参考になさってください。

僭越ですが、まとめの真似事をしますと、、。

1 誰から誰への贈与なのかを第三者に表示できるような贈与にする。
2 この場合の第三者とは税務調査官です。
3 よく考えないで贈与行為をしてしまった場合には、取り消しできます。国税当局もこれは認めてます。
4 住宅資金となる現金の贈与には暦年課税と相続時精算課税のいずれかが選択可能です。
5 どちらも条件があり、これからのこともありますから、自己責任で選択します。
6 不動産の所有権登記は、誰がお金を出したかを無視して、特定の人間が100%所有者だとすると、贈与税が発生してしまう可能性があるので注意です。
7 税金の問題の専門家は税理士、不動産登記の専門家は司法書士です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

NO.6です。
「親からは私の方に送ってもらい、私が援助を受けたという形にして夫と名義を共有すればいいのですね。」

よのとおりです。
その際、親からご質問者への贈与に対して「暦年課税」を選択するか「相続時精算課税」を選択するかという問題があるという話しの流れになります。
贈与をする父上が65歳未満ですと相続税精算課税制度利用ができませんので、暦年課税ですね。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm
これを参考にしてください。

他回答様から有効かつ貴重な回答が出て...続きを読む

Qアイドルファンの情報の集め方

タイトルの通りなのですが、アイドルファンの情報の集め方をお聞きしたいとおもいます。

最近、ファンというレベルには程遠いのですがNMB48とももクロを応援しだしました。
2chを眺めると、やはりといいますか非常に詳しいと思える情報などもあり参考にしているのですが、考えてみればアイドルファンの情報をどうやって集めているんでしょうか!? 

Aベストアンサー

アイドルファンの者です
私の場合はグーグル+
スクランブルエッグ、ですかねAKB48グループ等のブログとかファンとアイドルのチャットです

Qこの場合、贈与税はかかりますでしょうか?

いつもお世話になっております。
今回質問したいのは、母親が僕名義で貯めていた300万円をゆうちょから僕名義の別銀行へ移したい ということです。
すべて学費に充てる貯金なのですが、すぐに全額使うわけではないので金利のいい僕名義の別口座へ移して定期預金として組みたいと思っています。
このお金は進学先の授業料以外には使う目的はないのですが、何分ゆうちょが半年定期で0.09%で・・・。他行では0.4%台なので、そちらに移せば少しでも元金が増えるかと思いました。
300万円は学費に使いますので、そのお金で何かを買おうというものではありません。あくまでも元金を増やしたいということです

この場合、300万円に贈与税はかかってしまうのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>300万円は学費に使いますので…

親の扶養義務の範囲であり、税法上の贈与にはあたりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

ただ、

>母親が僕名義で貯めていた…

「李下に冠を正さず。瓜田に沓を入れず。」
と言うように、疑わしき行動は取らないほうが身のためです。
300万を一度にもらったら、学費以外に使うことはないという主張を、税務署がどこまで信用してくれるか保証の限りではありません。
預け替えを機会に母の名義に戻して、授業料など支払の都度、親からもらうようにしましょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qメールアドレスの集め方

初心者です。
neoをつかって、ステップメールをしようとおもうのですが、
肝心の、顧客メールの集め方がわかりません。
無料レポートも試してみたのですが、まぐまぐではアドレスを取得できませんし、
他のレポートスタンドも、ほとんどが、個人情報保護法でメールアドレスを公開していないように思います。どうしたらいいのか本当に困っています。

お分かりの方いらっしゃったら宜しくおねがいいたします。(>_<)

Aベストアンサー

> 顧客メールの集め方がわかりません。

まず、顧客メールということは、販促・広告の目的で相手側にメールを送信するということで宜しかったでしょうか。

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律では、営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信するメールを受信側が事前に同意していない限り、その相手にメールを送信することは禁止されています。

まあ、ご自分でレンタルサーバーを借りて、そのレンタルサーバにメールフォームを作成して、個人情報の取り扱い指針を記載し、販促・広告の目的でメールを送信するということも明記すれば、大丈夫です。

これらができないなら、無理ということです。

Q贈与税はかかるのでしょうか?

 小さい頃から子どものためにと子ども名義で積立定期をしていますが、年間110万円を超えると贈与税がかかると聞きました。

(1) 子どもは現在22歳
(2) 月々5,000円と賞与時2回各30,000円=年間120,000円の積立定期を継続中
(3) 20年間積み立てています。

子どもの結婚資金に渡そうと思っていますが(現在通帳・印鑑は親が管理)、子どもが引き出そうとすると、あとで税務署にばれて贈与税がかかるのでしょうか?
また、親が子どもの名義を借りて積み立てていることを主張すれば、親が定期を解約(引き出し)するのは可能なのでしょうか?
親が解約(引き出し)する分には自分の金ですから贈与税は関係ないと思っています。

Aベストアンサー

名義上の法律の権利と税制を一緒に考えている時点で間違いの元です。

親が管理している子供名義の預貯金は、親のものであり、親が自由に使っても贈与税は気にしません。
しかし、現実に子供に渡した際に贈与税がかかります。名義ではなく、実態が親のものであるのを実態でこのものにするわけですからね。

ただ、引き出す際には、預金の契約をしている金融機関のルールに従う必要があります。あくまでも名義人の権利を守る必要がありますので、どんなに説明しようが親の名義ではないわけですし、名義人は成人しているわけですから名義人の委任状などが必要となります。
ここで実態は親のものと言えば、預金契約上の名義の貸し借りは認められていませんので、契約違反にもなります。実態が親のものであることを証明することはまず不可能でしょう。お金の動きだけでなく、子の証明や裁判所の判決がない限り、金融機関は名義人のものとして預かっているわけですからね。

金融機関が認める形で引き出す分には、税金は原則実態の所有者で判断するため、引き出したお金を親が使う分には贈与税はかからないことでしょう。しかし、子の名義でも実態は親のものなわけですから引き出したお金を子が使えば贈与税の対象でしょう。

名義借りであることを税務署に証明する必要があると思います。
税務署は、税務署の常識で見てきます。届出印が親のもの(親の口座で利用しているものなど)であれば、実態は親のものとされることでしょう。引出と同一のタイミングでこの口座へ移っていれば、この時点での贈与とみられることでしょう。ここで親が使ったといっても、親の口座に入っていなければ、使い道を確認されることでしょう。正しく税務署が納得する証拠や経緯がなければ、税務署の都合の良い課税がされることでしょう。

名義預金を安易に使うと、怖いですよ。

私は経営者としていろいろな金融機関で手続きを行っています。
年配者が子のことを考え、子の名義での預金を利用している人も多く、年配者であるほど郵便局を利用されているのかもしれません。
その郵便局で、年配の親が泣きついているのを何度も見ました。
子の名義でも、親が子のことを考えて預金していたもので実態は親のもの、生活に困り一部解約したい、などといっても、郵便局は名義人の子を連れてこいと言っていました。
名義人の子に内緒の預金であり、子もお金に余裕がないため、子の名義だと子がほしがってしまう、しかし親としては、自分が介護などが必要となった際に、財産を子に渡すことをちらつかせて面倒を見てもらったり、結婚などで大きなお金が必要なときに使いたいと考えているのに生活費で使われてしまう、などといろいろな理由で子の了承が得られない、などとなって困っている親がいますね。

昔では、ペットの名前でも架空の名前でも預金口座を作れたものです。しかし、現在は本人確認等が厳しくなりました。借りた名義のものを簡単に解約などができなくなってしまったのです。高額な引き出しも本人確認が必要になりました。
普通預金で細かく引き出すのであれば、キャッシュカードや届出印でなんとでもなるかもしれませんが、解約や高額であれば、名義人の本人確認が求められるのです。

税務署は実態で済むこともありますが、その他の手続きでは厳しいものですよ。

私なんて、相続手続きでの身分証明で、字体の違いで本人として認められなかったことがあります。
相続手続きの相続人の本人確認であり、寝たきりの親の代理ということで親の身分証明を集めたのですが、預金の名義と異なるというだけで解約などができませんでしたね。
最終的には、法的な話を持ち出し、金融機関の上層部の判断と誓約文を差し出すことで解決させました。

法律的な知識と各税制面の話、さらにはその経緯や証拠の証明の仕方と交渉次第でも大きく変わるのです。

税務署がどのように判断するのかはわかりませんが、税務署が贈与税の対象になる可能性があるにもかかわらずに申告がされていないともなれば、経緯などの説明を求めることでしょう。そこで税務署があなたと異なる判断を求める場合があります。そこで応じなければ、税務署は強制的に課税することでしょう。強制的に課税された場合には、異議申し立てや裁判手続きなどで争うか、泣き寝入りするしかありません。

こうすればOKということは簡単には言えないものです。税制などをよく知る税理士などと計画的に行わないと、想定以上の税負担が求められますし、名義と実体をよく理解しての対応をしていないと、引き出しや解約で大きなトラブルになるのです。

通帳や印鑑を大事にされることはよいことではありますが、通帳や印鑑がなくとも本人であれば引き出せます。お子さんがいくつもの金融機関で、自分の名義の預金を調査すれば、親が管理する口座を見つけられます。本人確認の上で通帳の再発行や改印の手続きをすれば、親が持っている通帳や印鑑は無意味になります。
それだけ、名義というものは重要なのです。

名義上の法律の権利と税制を一緒に考えている時点で間違いの元です。

親が管理している子供名義の預貯金は、親のものであり、親が自由に使っても贈与税は気にしません。
しかし、現実に子供に渡した際に贈与税がかかります。名義ではなく、実態が親のものであるのを実態でこのものにするわけですからね。

ただ、引き出す際には、預金の契約をしている金融機関のルールに従う必要があります。あくまでも名義人の権利を守る必要がありますので、どんなに説明しようが親の名義ではないわけですし、名義人は成人して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報