昨日NHKの『ためしてガッテン』と云う番組を母とふたりで見ていました。
昨日のお題は『ピクルス』でした。
そのピクルスを家庭で作る為の材料や方法を紹介している時に女性アナウンサーが『米酢』を『よねず』と読んでいました。
私の家ではずっと『米酢』を『こめず』と言っていました。
最初は「このアナウンサー間違えてるんじゃないの?」と思っていたのですが、
何度も『こめず』と言うので不安になって広辞苑を引くと『酢』の項目に『こめず』と言う呼び方で載っていました。
ちなみに『こめず』は載っていませんでした。
いままで私達親子が『こめず』って言っていたのは間違いだったのでしょうか?
親子共々気になってしょうがありません。どなたか教えてください。

A 回答 (3件)

gooの大辞林で検索すると、


よねず 【米酢】
米を原料として酢酸発酵を行なってつくる醸造酢。

「よねず」では検索できませんでした。

また、「こめず」は某メーカーの商品名のようです。

参考URL:http://www002.tokai.or.jp/hiramatu/onyak/kotob-0 …酢の読み方
    • good
    • 2
この回答へのお礼

リンク先を見させていただきました…こんなにいっぱいあるんですか、お酢って(^^ヾビックリしました。
なんか『宅急便』と『宅配便』の違いをほうふつさせる感じです。
『お酢=ミツカン』ですね!!(笑)
母にも説明して納得してもらいました。今後はできるりだけ『よねず』で行こうと思います。
※質問内容の下から4行目の『こめず』の表記は謝りでした。正しくは『よねず』です。間違えてしまってすいませんでした。

お礼日時:2001/05/24 23:16

私は関東に住んでいますがずっと≪よねず≫と言ってました


が≪こめず≫でも間違いではないと思います

物の呼び方は地方により色々あるので一概には決められないと思います
日本語って本当に難しいですね!
同じ字でも呼び方が違う者はいくらでも有りますもの
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『聞くは一時の恥』とはまさにこの事ですね。勉強になりました。これからは気をつけて買い物をしようと思います。
それにしても、日本語って難しいですね。
※質問内容の下から4行目の『こめず』の表記は謝りでした。正しくは『よねず』です。間違えてしまってすいませんでした。

お礼日時:2001/05/24 23:17

『よねず』が正しいようです。



大辞林によると。

よねず 【米酢】
米を原料として酢酸発酵を行なってつくる醸造酢。

と、なっています。

「よねず」でひくと【米酢】と出て、「こめず」でひくと
該当するものがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『米酢』の標準的な呼び方としては『よねず』が正解だという事が分かりました。
それと同時に『こめず』も間違いとは言いきれない事も分かりました。
登録商標されている商品名なども最近では辞書に掲載される事があるので、
もしかしたらどこかの辞書に載っているかも知れませんね。ありがとうございました。
※質問内容の下から4行目の『こめず』の表記は謝りでした。正しくは『よねず』です。間違えてしまってすいませんでした。

お礼日時:2001/05/24 23:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバルサミコ酢の賞味期限

未開封の賞味期限2004.9.10のバルサミコ酢があります。
賞味期限が5年も過ぎていますが・・・
酢なので害は無いかなと思っています。
開封して使用しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

何のために賞味期限があるかと言えば,本当に美味しく食べられるのは何時何時までですよと言うことです.
これは味にうるさい方であれば使わないでしょうね,開封後はどんどん味が落ちていくのではないでしょうか・・・.
まあ,食べて食べられなくはないでしょう.
タルでじっくり熟成させて旨みを作りだしたものです.瓶に入れた時点から味が劣化するのでしょう.それで1~2年と設定してある訳です.現地の人であれば使わないでしょう.味音痴なら使えますね.

Q『づ』と『ず』が同じ音の理由は?

『つ』と『す』は明らかに違う音なのに、
『づ』と『ず』はなぜ同じ音になるんでしょうか。

口や舌の構造からそうなるんでしょうか。あるいは、
何か歴史的な背景があるとか。

『ぢ』と『じ』も同じです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「四ツ仮名」の問題ですね。
国語学という学問においては、両者の発音は現在でも違うといわれますよ。もう卒業して長いので、詳しくお伝えできませんが、町田健先生の「国語学」の本なんかには詳しくのっています。本屋さんで調べて下さい。

あと、アナウンサーなんかは、本来の音として使い分けています。たしかどちらかが、口を尖らせて発音し、もう一つが口の中で発音します。多分、「づ」「ぢ」の方が、より「ず」「じ」よりも「前で発音する」音だったはずです。

「が」もその前に接続される音に寄っては変わるってこと知ってますか?多分アナウンサーなんかは時々「ンが」と発音しているはずです。

つまり、言語の簡素化とアクセントの平坦化に寄って、その辺りの細かな区別が省略され、現代人のごく一部でしか区別して発音できなくなっているのですね。

Qお酢で脱色できますか?

お酢で髪の毛や眉毛などの脱色ができると聞いたことがあるのですが、これって本当ですか?

また、体に害などはでないのでしょうか?

もしやり方などを知っている方がいましたら、是非おしえてください!

Aベストアンサー

〉お酢で脱色できますか?
お酢は「酸性」ですから脱色は出来ないと思います。
何より、皮膚を荒らしますし傷口があったら染みて痛いですよ。

昔から手軽な日常品で脱色効果のあるものに「オキシドール」が有名です。
最近は、怪我してもあまり使われなくなりましたが、怪我をした時の消毒薬としてオキシドールは良く使われてました。
傷口に付けるとシュワーと泡が出て、いかにも効きそうな薬品ですが「酸素系漂白剤」としても有名です。
また、別な漂白剤として「塩素系漂白剤」で有名なハイターやカビキラーも脱色効果がありますが、漂白剤成分の次亜塩素酸ナトリウムだけでなく強アルカリ性の「水酸化ナトリウム」も配合されてるので皮膚を傷めます。

ですから、比較的安全性が高いオキシドールが手軽な脱色剤としてはお勧めです。
眉毛なら、脱脂綿にオキシドールを染み込ませて眉毛に当てて置けば脱色出来ます。
そして、脱色ムラの部分は綿棒にオキシドールを染み込ませて仕上げれば良いだけです。

昔は、髪の毛もオキシドールで脱色する人が多かったですが、オキシドールたくさん使うのと茶髪を通り越して「金髪」になってしまう恐れがあるので、使用の際は「自己責任」の範囲内にしてください。

〉お酢で脱色できますか?
お酢は「酸性」ですから脱色は出来ないと思います。
何より、皮膚を荒らしますし傷口があったら染みて痛いですよ。

昔から手軽な日常品で脱色効果のあるものに「オキシドール」が有名です。
最近は、怪我してもあまり使われなくなりましたが、怪我をした時の消毒薬としてオキシドールは良く使われてました。
傷口に付けるとシュワーと泡が出て、いかにも効きそうな薬品ですが「酸素系漂白剤」としても有名です。
また、別な漂白剤として「塩素系漂白剤」で有名なハイターやカビ...続きを読む

Q元オウムの、上祐史浩氏の講話『怒らず許す事の大切さについて』や、『怒りについてどう考えたら良いか』、

元オウムの、上祐史浩氏の講話『怒らず許す事の大切さについて』や、『怒りについてどう考えたら良いか』、『被害妄想や誇大妄想をする人の心理について』等をずっと前にYouTubeで聞きましたが、なかなか素晴らしかったですね。非常に分かり易くて説得力がありました。

精神科医顔負けかと思いました。
皆様は如何でしょうか?

『被害妄想とは自己愛の表れであり、自分が被害者となって自分の不幸を他人のせいにしたりします。若者にこう言う人達が増えています。』
『善業と悪業は繋がっているから、悪い事をしている他人がいた時、怒ったりしても仕方が無い。他人にだけ変わって貰おうとしても間違いで、自分がどんどん変わらなかればならない。』
等。

野口嘉則さんの著書なら、「鏡の法則」や「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」も読みましたので、そちらと照らし合わせてもよく分かります。

ズルや悪事を働いている他人がいれば、過去に悪事や過ちをした自分を思い出して、それと影を重ね合わせれば良いのではないだろうか、その場でその相手がまだ未成熟なところがあるだけだと考えて一旦は許すと言う考えです。
人間は年を取れば段々と色々と他者の事を許せるようになって来る。
やはり、これまでに誰一人として、ズルい事をしたり嘘を付かなかった事、他、小動物に対するイタズラでも嫌な冗談でも何でも、羽目を外した事の無い人なんて、やはり恐らくはいなかったであろうと思います。

上祐さんの言う通り「他人の事ばかり批判せず、どんどん自分が変わるべき」ですね。

彼はやっぱり元オウム信者の中では最も賢い人では、と思いました。
松本(偽名:麻原)とはやはり違うんだなと感じましたね。 言っている事がしっかり計算されていて、間違ってはいない最もらしいと思いました。
上祐さんなら、初めから弁護士とかになっていれば腕が立ったのではと言われていますが、そこは同感です。

元オウムの、上祐史浩氏の講話『怒らず許す事の大切さについて』や、『怒りについてどう考えたら良いか』、『被害妄想や誇大妄想をする人の心理について』等をずっと前にYouTubeで聞きましたが、なかなか素晴らしかったですね。非常に分かり易くて説得力がありました。

精神科医顔負けかと思いました。
皆様は如何でしょうか?

『被害妄想とは自己愛の表れであり、自分が被害者となって自分の不幸を他人のせいにしたりします。若者にこう言う人達が増えています。』
『善業と悪業は繋がっているから、悪い事をし...続きを読む

Aベストアンサー

松本死刑囚はそんな賢い上祐さんですら、マインドコントロールできた事実があります

なるほど、ごもっとも、納得できると、上祐さんを一時的にですが納得させました

私たちも、情報にコントロールされすぎるのはよくないことですが、実際には周りにコントロールされないとうまく生きていくことができない現実があります

この世で言われるいろんなことは、普遍的な正しい間違いのは絶対にありえないことで、一時的に正しいとか間違いとか暫定的に判断しているにすぎません

良いとか悪いとか、納得できるできないという基準も、本来はないもので、
私は、
他人ことを批判するときもあってもよく、どんどん自分が変わる必要はないと思います

要するに、臨機応変に、時代、周囲にいる人、自分の立場など、様々な要素を総合して考えて、
他人のことばかり批判するときがあってもいいですし
自分が変わらない時期もあってもいいと思います
また
他人のことを批判しないときもあり
どんどん自分が変わるときもあっていいと思います

Q日本酒と酢の製造の違いは難ですか…教えて…頂きますw簀巻き堕胎(回文)

日本酒が腐れば酢に成るて本当ですか?
て言うか飲んでも害は有りませんカネ
怪しい日本酒見つけたもんで教えて…頂ければ幸いです
因みに酸っぱい臭いはしてる様な気もしますが
私はとても飲む気しませーんが使えるならば他に…

Aベストアンサー

日本酒が腐って酢になるということは理屈ではありますがアルコール分が高すぎて実際に酢になった例は聞いたことがありません。食品工業的な実際の酢の作り方はアルコールをアセテーターという装置で酢酸にするか、酒かすや穀類およびアルコールを原料に酢酸発酵(発酵温度は30度と記憶)させるかです。

鹿児島の黒酢は原始的な造り方で甕にどぶろくを仕込み雨水が入らないように野外に2年ほど放置して置きます。酵母や酢酸菌はすべて容器や空中からきます。

日本酒が腐る(白く濁る)現象は「火落ち」といいます。これはアルコール耐性の強い特殊な乳酸菌が繁殖することで起きます。この場合濁るほかに匂いが悪くなる、酸っぱくなることがあります。この菌は無害です。65℃の火入れで殺菌できますが、それでも腐ったということから火落ちといいます。

Q『若紫』に登場する、藤壺と源氏はどういう関係ですか?親子なんですか?

『若紫』に登場する、藤壺と源氏はどういう関係ですか?親子なんですか?

Aベストアンサー

若紫に登場する藤壺(紫の上)は別人です。
・・・っていうか、若紫にはそちら(桐壺帝の中宮)の藤壺も登場するし 体の関係を結んで子を成したりするのでややこしいのですが。
こちらの若紫の主人公ともいえる、より若い方の藤壺(紫の上)から見れば、光源氏は養父であり、のちの夫(のような)関係である。

簡単に説明すると、
まず前提として、光る君が三歳のときに亡くなった母親(桐壺更衣)に生き写しだと教えられて育った 父(桐壺帝)の後妻である 藤壺(桐壺帝の中宮)
(光る君とは5歳しか歳が違わない若さ)への思いが次第に初恋となり、体が大人になるとエスカレートして禁断の愛へと進化?し、「なんとかしたい」とスケベ心を抱いていた光る君が、
あるとき街でたまたま通りかかった家の庭先で見かけた10歳にも満たないであろう女の子に その藤壺の面影を見て、素性を調べると既に両親は居らず尼君(祖母)に育てられているということを知る。
のちにその尼君が亡くなったことを知るや、引き取るはずの祖父より先んじて手を打ち略取、なかば強引にその子を自らの家に引き入れる。
幼いその子を(といってもその時点で光る君も二十歳前後なのだが)自分の理想とする最高の女性に育て上げ、
のちに自分の正室である葵の上が無くなると、体の関係を持ち、正室のように扱うようになる。
しかし一生子供は出来ず、光る君よりも先に没している。

若紫に登場する藤壺(紫の上)は別人です。
・・・っていうか、若紫にはそちら(桐壺帝の中宮)の藤壺も登場するし 体の関係を結んで子を成したりするのでややこしいのですが。
こちらの若紫の主人公ともいえる、より若い方の藤壺(紫の上)から見れば、光源氏は養父であり、のちの夫(のような)関係である。

簡単に説明すると、
まず前提として、光る君が三歳のときに亡くなった母親(桐壺更衣)に生き写しだと教えられて育った 父(桐壺帝)の後妻である 藤壺(桐壺帝の中宮)
(光る君とは5歳しか歳が違わない若さ)への思...続きを読む

Qわきがって竹酢でマシになる?わきがってうつる?

彼氏がわきがだと気づいたので、早速教えてgoo
で調べてみたのですが、竹酢がいいと書いてあったので
ホームセンターで購入しました。
園芸用しかなかったので、それを購入したのですが、
体に害はないですか?
ニキビや肌荒れがひどい私も一緒に使おうと
思ってるのですが・・・。
うちはユニットバスであんまりフロに入る事はないんですが、
いい使い方はないですか?
いろいろホームページとか見たら、部屋の消臭にも
なるって書いてありますが、竹酢のニオイが残らない
んですか?

あと、竹酢とは関係ないですが、わきがってうつるんですか?
最近すごいニオイに敏感で彼氏の服をいつもにおって
しまいます・・・同じ服着るのが抵抗あるんですが・・・

Aベストアンサー

わきがの部分に竹酢液の原液を塗ります。そしてお湯で洗い流します。
毎日やって4日目ぐらいから効果が出てきます。
においがクレゾールみたいですが、洗い流せばほとんどにおいはしません。
お風呂に入れて入浴する場合は、40~50CC入れて使います。

Q『おざなり』 vs 『なおざり』

タイトルに挙げた2つの単語について質問があります。
gooの国語辞典で意味を調べてはみたものの、
意味も何となく似ていますし、
漢字も見てみましたが、
「なるほど!」としっくり理解が出来ませんでした。
(※おざなり=お座形/成、 なおざり=等閑)

どなたかこの2つの単語の違いと使用例などを
教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仕事をなおざりにしてデートに行った。
-- 仕事を途中でやめてデートに出かけてしまった。

仕事をおざなりにしてデートに行った。
-- 仕事を適当に済ましてデートに出かけてしまった。

の差でしょうか。

Qにんにく酢

1ヶ月以上前に、にんにくを酢に漬けこみました。

作り方は検索していたらたまたま発見して「何か良さそう!」と思ったので。

最初は、青っぽくなるそうですが、だんだんと黄金色に変わっていって、そうなると食べ頃らしいのです。

しかし、私が作ったものはずっと青いままなんです。
青いままでも害はないそうなんですが、失敗なんでしょうか?

それともやはりもう少し待ってみて元の色に戻るのを待った方がよいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私も、4年前からにんにくの甘酢漬けを作ってます。
皮つきで丸ごと漬けてます。
5リットルの密閉ビンで、一度に20玉~25玉くらい作れます。

食べごろは、約半年と言われますが、私は、1年後に食べ始めます。
2年前に漬けたものが、そろそろ無くなります、残り3玉です。
それが無くなれば、去年漬けたものを食べ始めます。
毎年、6月の新物を漬けます。
1片づつ、皮を剥きながら食べますが、美味しいです。

食べごろは、1片づつ漬けたのか、丸ごと漬けたのか、によっても違うと思いますが、1年~2年経ってもまだしっかり歯ごたえが有ります。
急いで食べることは有りません。

<青いままでも害はないそうなんですが、失敗なんでしょうか?>
青色だろうが、黄金色だろうが、私は関係ない、と思います。
気にしたことは、一度もありません。

今夜も酒の肴に食べたくなりました。

Q『スミマセン』と『スイマセン』

通常、謝るときに使う言葉なのですが、『スミマセン』と『スイマセン』、正しくはどちらなのでしょうか?ちなみに私は『スミマセン』派なのですが・・。どちらも正解なのでしょうか?教えて下さいませ。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 MAINAさん、こんばんは。
 正しくは「スミマセン」だと思います。もともとは「済まない(それだけでは、感謝やお詫びの気持ちが表わしきれない)」という言葉から出ているものですから、[SUManai]が[SUMimasen]となるのが自然だと思います。
 「スミマセン」が「スイマセン」となるのは、言語は発音しやすい方向に流れていく傾向がありますので、[suMImasen]の[MI]の[M]の部分が脱落して、より発音しやすい音に変化したものだろうと思います。実際に、発音してみればわかると思いますが、「スミマセン」よりは「スイマセン」の方が発音しやすいはずです。口語的表現といったところでしょうか。
 因みに、同じような質問が以前にもありました。参考URLはその時のものです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=13377


人気Q&Aランキング

おすすめ情報