痔になりやすい生活習慣とは?

バインダとして研究に使用しているのですが、沸点がわからないので何℃まで上げればよいかわかりません。
融点は200℃強だという事はわかったのですが、沸点は何℃なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>熱分解とはどこまで分解されるのでしょうか?



熱分解挙動は、酸素が存在する雰囲気中なのか、存在しない雰囲気中なのかによって異なります。

酸素が存在する雰囲気中の方が低い温度で分解します。

高分子の熱分解は、脱水反応による炭化と高分子の主鎖が分解する反応が並行して起こります。

主鎖が分解する反応はランダム分解反応とジッピング分解反応とに分かれます。

分解反応中に主鎖に生成するラジカルが安定なほどジッピング反応によって分解し、モノマー構造の分解ガス(ポリスチレンならばスチレン)が発生します。

ランダム分解では2量体から3量体程度のものが発生します。

ポリビニルアルコールの場合は脱水反応による炭化とランダム分解が並行して起こるものと考えられます。

酸素が多いと炭化への反応比率は小さくなります。

ポリビニルアルコールを昇温していくと200℃過ぎから徐々に分解して減量していき500℃程度で、ほとんど残渣がなくなるほどに分解してしまうと思います。
最も分解が激しいのはNo3さんが示されている350から400℃くらいではないでしょうか?
(確証はありません。)

有機物が完全燃焼すると炭酸ガスと水とに分解されますが、通常の熱分解では炎を伴わないので、十分な熱量が供給されずに、炭酸ガスにまで至らない複雑な化合物が発生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2004/03/23 10:24

バインダとして使用する場合,融点がわかっていればよいと思いますが?融点が200℃強なら,220~250℃程度にヒーターを加熱してやれば,溶融しますよね.細かい数字はヒーターの構造によりますね.



しかし,温度を上げすぎるとバインダが流れたり飛んだりしてしまいますよね.そのあたりは,お使いのポバールを使って,DTAなどの熱分析を行う必要があると思いますよ.わずかな添加剤で,分解温度は変化しますから.

あと,念のためですが,ポバールで間違いないですか?ポバールは水溶性ですよね.たまに,ポリ酢酸ビニルを「PVA」と書いてある場合もありますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回使用している物質は焼くことでくっつくので、バインダが必要なくなります。そのため温度を上げバインダを蒸発させようと思って質問しました。
でも皆さんの助けから文献を調べた所、いろいろ分かり問題は解決しました。
回答してくださった皆さんありがとうございました。

お礼日時:2004/03/26 00:18

殆どのポリマ-は 350℃ くらいで熱分解しますね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
思っていたよりずっと低いです。
参考にさせてもらいます。

お礼日時:2004/03/23 10:23

どのような目的で沸点がお知りになりたいのか分かりませんが、ポリビニルアルコールには沸点は存在しません。


温度を高めていくと、沸騰する前に熱分解してしまうからです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
やっぱり沸点はないんですね。
熱分解とはどこまで分解されるのでしょうか?

補足日時:2004/03/21 10:44
    • good
    • 0

合成高分子にも沸点とか融点とかってあるんでしたっけ?



軟化点とか、そんなのだけだった気がしますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
軟化点から調べてみます。

お礼日時:2004/03/21 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Qポリビニルアルコール

ポリビニルアルコールを水に溶解するとき、温水を用いない理由を教えてください。
また、ポリビニルアルコールに水酸化ナトリウムを加えて加熱して生じる物質は何ですか?

Aベストアンサー

アルカリを加えたときに生成する緑色の化合物の正体は、水酸化銅とポリビニルアルコールとの錯塩だと思います。

「通常は硫酸銅からの銅イオンをポリビニルアルコールは殆ど吸着しないが、弱アルカリ性にすると緑色の沈殿が生じる。これは水酸化銅とポリビニルアルコールとの錯塩である。」と水溶性高分子第6章ポリビニルアルコールの欄に記載されていました。

では、なぜ銅イオンがポリビニルアルコールに入っているのでしょうか?
これは、ポリビニルアルコールの原料である酢酸ビニルの製造方法と関係があります。

酢酸ビニルの製造方法には、アセチレン法(今は殆ど使われていないと思います。)とエチレン法があります。

エチレン法は、さらに液相法と気相法があります。

液相法ではパラジウムを触媒として使いますが、失活したパラジウムを再活性化するために銅塩が使われるのです。この銅塩が残っていれば、アルカリにしたときに緑色の錯体が生じます。

エチレン法の中でも、液相法は初期研究の方法であり、今は気相法が主体だと思います。気相法では銅を使わないので、市販されているポリビニルアルコールにアルカリを加えても、緑色の沈殿は生成しないのではないでしょうか。

アルカリを加えたときに生成する緑色の化合物の正体は、水酸化銅とポリビニルアルコールとの錯塩だと思います。

「通常は硫酸銅からの銅イオンをポリビニルアルコールは殆ど吸着しないが、弱アルカリ性にすると緑色の沈殿が生じる。これは水酸化銅とポリビニルアルコールとの錯塩である。」と水溶性高分子第6章ポリビニルアルコールの欄に記載されていました。

では、なぜ銅イオンがポリビニルアルコールに入っているのでしょうか?
これは、ポリビニルアルコールの原料である酢酸ビニルの製造方法と関係...続きを読む

Qポリ酢酸ビニルからのポリビニルアルコールの合成

ポリ酢酸ビニルを加水分解(けん化)して、ポリビニルアルコールを合成したら重合度が原料のポリ酢酸ビニルよりも低下してしまいました。これは一般によくあることらしいのですが理由がわかりません。ポリビニルアルコールの一部が水に溶け出したのでしょうか?どなたかご助力お願いします。

Aベストアンサー

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見えますね・・・。実際はどうなのかよく自分も分かりませんが)
まぁそれはともかく・・・。
これが酢酸ビニルの実際の構造です。つまりこれをけんかすると
(-CH2-CH-)_n
     l
     OH

HOOC-CH2(-CH2-CH-)_n'
             l
            OH
になります。
このようになるためポリビニルアルコールの重合度が減少します。

・・・なんか分かりにくい説明ですいません。

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見...続きを読む


人気Q&Aランキング