お店の人にカードを不正に使われてしまいました。その店の人は現在所在不明ですが,私と同じ被害に会われた方が沢山います。もうすでに 銀行口座から引き落とされた人もいます 私は引き落とし前ですが これから どう言った手続きをすればよいでしょうか?また支払ったものには 何らかの救いがあるのでしょうか?
(尚、そのカードは某家電メーカーのクレジットで その店専用です)
不正使用を知ったのは クレジット会社の訪問を受けたからなのですが、その後 カード会社からは 何も連絡がありませんでした。私からたずねて見たのです
カード番号で調べて何かあるか、それは いつ引き落とされるのかと。そこはちゃんと教えてもらったのですが 対応があまりにも誠意がないと感じました すぐ引き落としは取り消して欲しいと言ったのに この件に関しては本社で検討しているところですので 暫くお待ち下さいとのこと。でも 待ってると期日が来てしまい銀行より引き落とされてしまいます。現に100万も被害に会ってる人がいるのです。
今度同じ被害に会った人たちで 被害者の会を立ち上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

加盟店なら個人よりも警察官が捜査に乗り出しやすそうだと思います。

被害者が多そうですから。まず、銀行でカードを全部ストップして、ぎりぎりまで弁済はすべきではありません。これは法律論ではなく、弁済をしてしまったら、銀行は満足してしまって捜査等に非協力的になるからです。どうせ民法上の支払いにしても、遅延損害金分の負担は欺罔者(今回はだました加盟店)にあるのだから、加盟店の資産が十分あると踏んだ時は遅延損害金も弁護士費用も取れるので、これ以上支払ってはいけません。
まず、消費者センターなり、行政サービスの法律相談なり、日弁連なりの最寄りも相談所に駆け込んで、腕のいい弁護士を紹介してもらってください。くれぐれも実績のある腕のいい弁護士を見つけてください。アホな弁護士にかかるとひどい目にあいますからね。

そして被害者全員もしくは被害者リストもってでもいいから、警察署に行って全員の告発状を書くとともに民事訴訟を起こして早くその加盟店の財産を仮差押して財産を確保することです。その上で判決もらって債務名義を得て強制執行により財産の返還を受けてください。私がアドバイスできるのはこのぐらいでしょうか。
くれぐれも銀行への支払いは最後の最後です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのアドバイス ありがとうございます たいへん参考になりました。
なんとか,納得のできる解決法が見えてきました。
また本日被害者の会が開かれますので、告発状のこと要チェックします。 
ただ、財産確保は難しい環境にあるかと思います。まだ確認は取れていませんが。

お礼日時:2001/05/27 06:20

刑法上は、争いがあるところですが、詐欺罪(246条1項)が成立しますねぇ。

でも被害者としては刑法なんかどうでもよくて、勝手に引き落とされた金を返せと言いたいと思います。その相手が誰なのかが問題です。

クレジット会社は加盟店から代金を請求された時に支払いをしなければ、履行遅滞になるので、弁済を強要されています。そこで民法478条の準占有者への弁済として善意(詐欺をしらない)でなされた弁済は有効になってしまいます。よって、クレジット会社には一般に文句を言うのは難しいです。さらに、店側にしても、いちいち客に「あなたは本当にカードの真の所有者ですか」と確認をすることは営業に差し支えるので、怪しい素振りを見せない人に売買契約を拒否することまで要求できません。

結局は、カードまたはカード番号をコピーした偽造カードを不正使用した犯人に対する不法行為の損害賠償請求しかないです。この場合、犯人は大抵、貧乏人が多く、使った金はなくなっている場合が多いので、結局は戻ってこない場合が多いです。債務者たる犯人が破産するので、執行の債務名義をもらっても執行できないのです。
豊田商事の事件以降、大型の詐欺にあって被害者が何千万円も損害を蒙ってますが、救済されてないです。あれと同じなんです。

とりあえず、警察で犯人をあげてもらって、民事訴訟起こすことですが、戻ってこない可能性が高いです。なんとか力になりたいのですが・・・
日本国内の場合はカードで支払いをする時に注意したほうがいいです。カードが不正に読取機にかけられないように目をはなさないことです。特に風俗関係の店でカード支払いをするとカード番号を読み取られて偽造されると聞きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました カードを不正に使用した犯人が 加盟店である場合においてはどうなんでしょうか?まだ支払いの済んでいないものについては,期日までに被害者が支払いをしなければならないのでしょうか? 銀行で停止手続きをした場合被害者である私の信用はどうなるのでしょうか?もし わかれば 教えてください

お礼日時:2001/05/26 18:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痴漢被害にあい、被害届を出したその後は?

昨日、会社帰りの夜道で痴漢被害にあいました。
犯人は捕まり、警察署で被害届け・供述調書・被害にあったときの様子を警察官の方が再現し、写真に取りました。この後は、警察の方で、調書を作成し、刑事事件として検挙するとの事でした。私には、何かあれば連絡をしますとの事でした。厳しい処罰を望みますとお話しました。
ただ、精神的な苦痛に対して、慰謝料請求や告訴などをしたいと思いますが、今後私は何をしたら良いのでしょうか?全く無知なんですが、昨日は気が動転しており、警察署でも聞かれた事に答えるのが精一杯でした。
今後私が出来る事を教えて下さい。
ただ、明日から旅行の予定で着たくが14日になりますが、この間動けないことは問題ないでしょうか?
すごく怖い思いをしました。絶対に許せません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたから動く必要はありません。多分、身柄を取られた被疑事実は強制猥褻罪でしょう。逮捕後の1次勾留だけで済むとは思われず、勾留延長があると推測します。勾留は10日単位です。延長満期まで過ごすことになるのかどうかは、今の時点では流動的です。

 まだ、捜査段階ですから、逮捕された被疑者には国選弁護制度はありません。1回こっきりのサービスで駆けつける当番弁護士が呼ばれて権利・手続きの説明をするだけです。
 その弁護士が私選の弁護人として捜査段階で受任したら(逆に言えば、付けられるだけの資力のある者が家族知り合いに居れば)、勾留満期となる前にあなたに接触してきます。内容は、示談してほしいこと、告訴を取り下げしてもらい検察の不起訴処分となるよう宥恕を求めることです。

 被害者の氏名連絡先は、警察は自分では教えるか決定できず、担当の検事ないし副検事が被害者の方の事前の同意を得た上で、弁護士に伝えて開示するというのが検察庁の仕事のしかたです。
 仮に、弁護士が付いたとして、示談交渉を持ちかけられたら、その時点で(金額にもよりますが)まとめるのが無難です。後に尾を引かず(事後の慰謝料裁判なんて二次被害を味わうだけです)、かつ、切羽詰まっている相手方ないしその家族からある程度まとまった慰謝料をもらえますから。

 旅行に行くのは問題なし。ただし、警察・検察には伝えておいてもいいでしょう。また、被疑者側に教えないでほしいとくぎをさしておく。

 あなたから動く必要など全くないのです。被疑者のほうから、あなたの告訴取り下げを求めたり、あるいは、強制猥褻罪を暴行罪に落として検察に略式罰金刑で処理してもらいたいため、頭を下げて積極的に働きかけてくるのです。

 ただし、もし、被疑者側からの何らかのコンタクトが勾留中にないとしたら、その場合は、残念ながらその被疑者ないし被疑者の家族知人は、資力なしと推測でき、将来的にも慰謝料請求の民事裁判を提起しても、実現可能性は薄いです。
 刑事裁判になった場合には、刑事裁判手続きの中で刑事和解というのができます。それを利用して相手に支払わせる方法もその段階でなら現実性が出てきます。
 分からないところがあれば再質問をどうぞ。

あなたから動く必要はありません。多分、身柄を取られた被疑事実は強制猥褻罪でしょう。逮捕後の1次勾留だけで済むとは思われず、勾留延長があると推測します。勾留は10日単位です。延長満期まで過ごすことになるのかどうかは、今の時点では流動的です。

 まだ、捜査段階ですから、逮捕された被疑者には国選弁護制度はありません。1回こっきりのサービスで駆けつける当番弁護士が呼ばれて権利・手続きの説明をするだけです。
 その弁護士が私選の弁護人として捜査段階で受任したら(逆に言えば、付けられ...続きを読む

Q当時利益のあった限度と現に利益を受ける限度

民法462条の内容で
一項の"当時利益のあった限度"と
二項の"現に利益を受ける限度"
の意味がわかりません。

どなたか、具体的な例を示してご教示ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば主たる債務者が債権者から金銭を借り、委託を受けないで保証をした者が金銭を弁済し、主たる債務者に求償した場合(462-1)

保証人が弁済した当時、主たる債務者が債権者に対して反対債務を取得していなかったが、その後、保証人から求償されるまでの間に、第三者から債権者に対する反対債権を譲り受けた場合でも、
"当時利益のあった限度"=保証人は主たる債務者が弁済当時、反対債務を持っていなかったので、金銭で、求償できます。

次に、委託を受けないで、更に主たる債務者の意思に反して保証をした者が弁済し、求償した場合(462-1)

上記の場合、"現に利益を受ける限度"=保証人は主たる債務者が求償さっれた時、現に反対債権を持っているので、金銭ではなく反対債権を取得するに事になり、
462-2の後ろ、「この場合において、~」が続きます。

QDV逆被害に会いそうです

別居中の妻からDVで訴えられそうです。たった一度だけ、妻の暴言に頭に来て、物を近くに投げただけなのに。妻には弁護士もついております。どうやら、離婚に際し、慰謝料を始め少しでも金を多く取ろうとするためのようですが、何か対策は無いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

手紙については、内容によっては相当あなたが不利になります。
と、言うのは物をぶつけたことについて触れているのなら、事実を認めた証拠となりますし、謝罪すると故意を認めた証拠となります。
この辺は弁護士が入るとうまくやりますが、素人だととんだやぶ蛇になりますね。

Q不正競争防止法についてその3

お世話になっています。
私は、過去に二回、不正競争防止法についての質問をさせて頂きました。

いずれも頂いた回答は

http://○○○○.××××.jp/△△△△

というホームページのアドレスのドメインの部分に、商標や商品名(若しくは類似するもの)等を入れるのは違法だという事でした。

しかし、ドメイン名というのは『△△△△の部分を含まない』というご意見と『△△△△の部分も含む』というご意見に別れました。

ちなみに、不正競争防止法2条9号によりますとドメインの定義は、個々の電子計算機を『識別するため』に割り当てられる番号、記号...とあります。

△△△△の部分は果たして『識別するため』に割り当てられているのでしょうか?

最終的に、△△△△の部分は自由に決めて良いのか…それとも、決める際には注意する必要があるのか…?

私は法律に関しては全く素人です。

ご回答、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者さんの前の質問でも答えましたが、私は、「△△△△」の部分は不正競争防止法における「ドメイン名」ではない、と考えます。

不正競争防止法の規定では、「ドメイン名」とは「インターネットにおいて、個々の電子計算機を識別するために割り当てられる番号、記号又は文字の組合せに対応する文字、番号、記号その他の符号又はこれらの結合」とされています。私の理解では、「△△△△」の部分は、個々の電子計算機を識別する役目は果たしません。別のPCでも「△△△△」の部分を同じくすることは可能のはずだからです。また、「割り当てられる」という表現には合致しないでしょう。

なお、経済産業省の資料では、不正競争防止法の定義は「WIPO勧告における定義7と実質的に同一」のもの、とされています(http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/01kaisei.pdf、4ページ)。WIPOの定義では、ドメイン名は「インターネット上の数字のアドレスに対応するアルファベットの文字列」のことです。要するにIPアドレスに対応するアルファベットのことです。ディレクトリにIPアドレスは割り振られないはずです。


ただし、では「△△△△」の部分に何を入れても何の問題も起きないか、というと、また違います。「www.xxx.co.jp/YAHOO」というページで、ヤフーのサービスと間違えられるようなサービスを提供すれば、これは不正競争防止法における「著名・周知な商品等表示の使用」ということになる可能性もあります。

「Yahoo!側にはどんな損害があるのか」という疑問が出ていますが、例えば以前、「goo.co.jp」というページの事件もありました。「goo.ne.jp」はNTTの関連会社が運営しているページですが、このページの著名性に目をつけて、「goo.co.jp」というドメイン名を持っていた人が、そのドメイン名を利用してアダルトサイトを運営し始めたのです。そうなると、「goo.co.jp」と「goo.ne.jp」を間違えた人から、「NTTの関連会社ともあろうものがアダルトサイトを運営するとは何事だ」というクレームまで受けるまでになりました。これはやはり社会的評価という意味で「損害」ですよね。この事件は不正競争防止法の事件ではありませんでしたので損害の点の認定はありませんでしたが、ありうる損害という点では、こういうこともある、という例です。

ですので、最終的には、「△△△△」の部分も法律上は一応気をつけたほうがいい、といえます。個人のページに会社がわざわざ文句をつけに来るのか、というのは、また別の問題になりますが。

質問者さんの前の質問でも答えましたが、私は、「△△△△」の部分は不正競争防止法における「ドメイン名」ではない、と考えます。

不正競争防止法の規定では、「ドメイン名」とは「インターネットにおいて、個々の電子計算機を識別するために割り当てられる番号、記号又は文字の組合せに対応する文字、番号、記号その他の符号又はこれらの結合」とされています。私の理解では、「△△△△」の部分は、個々の電子計算機を識別する役目は果たしません。別のPCでも「△△△△」の部分を同じくすることは可能のはずだからで...続きを読む

Qクレジットカードの不正請求

中国を旅行した時にクレジットカードで買い物をしようとしました。でも、気にいらず取りやめにしました。その時に、カードを機械に通していて後はサインをすれば成約と言うところまで来ていました。でも、買う気を無くした私は、サインをせずに複写式の控えを念の為にもらい帰国しました。
ところが、後日、その金額が請求されてきました。その時は私も勘違いしていて、暗証番号を入力したものと思っていました。そのカードは使えず、サイン式のカードにて決済をする事になったのでした。暗証番号を入れたカードが実は使えていて決済に回って来たのだと思っていたのです。
でも、実際に請求されて来たのはサインのない方でした。この場合、当然払う必要は有りませんが、中国側のカード会社に日本のカード会社から請求して返金してもらわなければいけないのでしょうか?それと、カード会社間の問題で、日本のカード会社から返金を受ければいいのでしょうか?
そして、なによりも日本のカード会社にせよ中国のカード会社にせよ、虚偽の請求を受け付けた責任はどうなるのでしょうか?その金額を返金されて良かったと言うだけなのでしょうか?それとも、虚偽の請求を受け付けた会社に対して、慰謝料を請求する事はできないのでしょうか?
あまり、言うとややこしい人物と思われ、恐喝と取られかねません。でも、私が受けた精神的な不安や腹立ちに対して、何らかの慰謝料を請求する事はできないのでしょうか?弁護士を立ててすると言う事までするほどの金額ではないので泣き寝入りするしか無いのでしょうか?
これでまだ調査に時間がかかるとか言われると、本当にひどい事を言いそうで、それを恐喝だと言われる事も心配しています。それと返らない場合はどうすれば良いのでしょうか?非常に不安です。小額と言っても10万円近い金額なので返してもらわないと困るのですが。

中国を旅行した時にクレジットカードで買い物をしようとしました。でも、気にいらず取りやめにしました。その時に、カードを機械に通していて後はサインをすれば成約と言うところまで来ていました。でも、買う気を無くした私は、サインをせずに複写式の控えを念の為にもらい帰国しました。
ところが、後日、その金額が請求されてきました。その時は私も勘違いしていて、暗証番号を入力したものと思っていました。そのカードは使えず、サイン式のカードにて決済をする事になったのでした。暗証番号を入れたカード...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん・・・
>カードを機械に通していて後はサインをすれば成約と言うところまで来ていました。
これ既に契約を行ったという解釈ですよ。
サインとは機械から出てきたレシートを指してますよね。
本来なら再度その機械にてマイナス請求(キャンセル)を行います。
サインはあくまで確認です。機械を通過した時点で契約成立してることとなります。
従って請求は正当な物です。
今後の対応ですが、そのキャンセルしたレシートはまだお持ちなのですよね。
なら契約されてるカード会社に連絡し「キャンセル処理を怠った」と申し出ましょう。
今回の請求を止めることは出来ませんが、後日返金処理をなされると思われます。

教訓として(これ日本でも海外でも同じ事です)
カードを決済を通過させると 契約成立と解釈される。
レシートのサインはあくまで請求金額の確認行為です。
サイン無しでも請求は発生しています。
その為必ず決済が済んだ後にキャンセルする場合、マイナス決済を行って貰い、出てきたレシートが請求とマイナスが同一金額であることを確認しましょう。

その中国のお店の方が決済後のキャンセル方法 知らなかった様に思えます。

う~ん・・・
>カードを機械に通していて後はサインをすれば成約と言うところまで来ていました。
これ既に契約を行ったという解釈ですよ。
サインとは機械から出てきたレシートを指してますよね。
本来なら再度その機械にてマイナス請求(キャンセル)を行います。
サインはあくまで確認です。機械を通過した時点で契約成立してることとなります。
従って請求は正当な物です。
今後の対応ですが、そのキャンセルしたレシートはまだお持ちなのですよね。
なら契約されてるカード会社に連絡し「キャンセル...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報