プロが教えるわが家の防犯対策術!

冷房エアコンを使う生活をしていません。
高気密高断熱の戸建ては暑いですよね?この暑さは建物自体の温度ですよね?熱が残るのですよね。
とにかく夜は外が涼しいです。(特に二階は)朝まで暑いですよね。そういう方いますか?
家の内側からで可能な対策なり解消法があれば実践されている方に教えて欲しいです。夏の夜の暑さは諦めていますか?
たぶん日本政府も高気密高断熱のスタイルを普及させる方針ですよね?馬鹿ですよね?エコに矛盾するという。エアコン使えって事ですか、エコ政府なのに。なんなんですかね、この理念で暴走する日本の産業の愚かしさは。

話の通じる方にご教授のほど宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

約3年前に高気密高断熱住宅に建替えました。



確かに夏場は質問者さんの言う通りだと思います。
しかし住宅を設計する際には、窓やドアなどを夏場の風の通りを良く考えた配置にすると思います。

我が家は完全自由設計だったため、設計屋さんに色々とアドバイスを受けながら自分達で配置を考えて設計しました。
9LDKと家が大きく、特に一階は広いLDKと隣室の洋間は4面吊り戸を常に開けているので更に広く、人がいる時はほとんどの戸は開けっ放しだし、玄関ドアと全ての窓は網戸にしてるので風通しは最高です。
逆に朝から窓を閉め切って全員外出し、夕方に帰宅しても家の広さと24時間換気のおかげで蒸し風呂状態にはなりません。

ただし二階は6部屋もあり、年頃の子供達の部屋なので入口のドアは開けっ放しにはできないので、二階トイレの窓を網戸にして入口ドアを開けっぱなしで廊下の窓も網戸にしてても廊下は結構暑いです。
二階の廊下にはトイレ前が吹き抜けのホールになっており、更には天窓があるため熱気はなかなか抜けません。
各部屋には24時間換気があるので、窓さえ開けなければ室温が極端に上がる事はないです。

質問者さん宅は二階の屋根下の天井裏部分の空間が小さいのではないでしょうか?
それと天井裏の通風が悪いのかもしれません。
そこで遮熱ができずに二階の部屋を熱しているのかもしれません。
カーテンを開けっ放しで窓から入る直射で部屋の温度が上がるのは避けられません。
しかしレースのカーテン一枚閉めただけで大きく差は出ます。
いくら外気温が高くても窓さえ開けなければ室温はそれほど上がらないはずです。
夜間は窓を開ければ風が通り抜けるように窓の配置がされていれば問題はないと思います。

要は高気密高断熱の家が悪いのではなく、不用意に室温を上げてしまうような部屋の配置だったり家の造りだったり、窓を開けても風が通らないような造りの家そのものが原因かと思います。
全ての高気密高断熱住宅が質問者さん宅と同様ではありません。
夏場の問題と冬場の問題をしっかり対策して造られている家は一年中快適です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

とても具体的で勉強になるご回答ありがとうございます。

私自身は貴方と同じくらい賢い部類の人だと思っています。しかし世の中、貴方と私だけではありません。馬鹿ばっかりでそちらが主導権を取る状況が基本となっています。

天窓があると熱気が逃げないとはどういう意味でしょうか。天窓までの煙突的空間が換気しないという意味でしょうか。

間取りの変更やリフォームは無理という前提での質問です。
暑い家の人でなければアイデアがないかも知れません(笑)


ケチなので24時間換気100W以上は作動させていません。というかですね、あのダクトというか、パイプ掃除をどうされるおつもりですか?三年ぐらいしたら中は雑菌だらけではありませんか。ましてや部屋を締め切られているのでは。24時間カビになりませんか。
そういう面など考えている専門家や官僚はいないでしょう。
湿度や結露の問題。雑菌と清掃性の問題。これらは甘いエコロジー理念で克服できるような実態ではありません。
改悪技術の素顔は気づく人だけに見えてきます。
この視点の紹介は親切な回答者さんへのお礼のつもりです。

24時間換気は冬場は寒いでしょう。
結局、電気代は増えていませんか?エコになっていますかね。そもそもエアコンつけまくりの人を標準化の対象してないでしょうか。それはおかしいと思う。社用族的なムダづかいモデルを家庭にまで拡大したら民族的思考停止です。

最後に、天下り官僚肝いりの標準化問題に関しては、全ての高気密高断熱住宅が回答者さん宅のようではないと批判されるべきです。実際、賢い回答者さんにとっては標準化は不要なはずです。導入の動機は標準化の動きも意識されての事でしょうか。標準化されないものならされませんでしたか。

お礼日時:2013/07/15 19:15

高断熱高気密住宅は、基本は冬を旨とする考え方です。


また、冷暖房を全く使わないという発想ではなく、冷暖房を使う前提でそのエネルギーロスを極力抑えるという考え方です。
エアコンですと、冷房より暖房の方が消費エネルギーが必要になりますし、
さらに灯油やガスなど燃焼させなければ追いつかなかったりしますので。
年間のトータルエネルギーから割り出したわけです。
日本は北海道から沖縄まで、気候が違いますので、全国同じというわけではないのですが。

住み方としては、外気温が体温並みの日中は窓を閉め、暑い外気を極力取り込まないようにし、
エアコンは点けっぱなしで躯体が温まるのを防ぎます。
一旦躯体が温まってしまうと、熱は逃げにくいため夜暑くなってしまいます。
風を通すのは外気温が下がる夜間です。
高断熱高気密住宅はそれなりの住み方があります。

人それぞれ、空調の利いた一定温度の環境で住みたい人もいれば、
できるだけ自然体で過ごしたい人もいるわけで、
どう住みたいかによって家の性能も変えるべきだと思います。
それを無視して一律を望み、当てはまる人にだけ税金を使うのは確かにおかしいと思います。

声の大きい開発能力のある大手HMが機械仕掛けのゼロエネルギー住宅を売りにしていますが、
それはそれでありなんでしょう。

猛暑の夏をエアコンなしで過ごすためには、
パッシブな考え方が必要になります。
地熱利用のクールチューブ(外気を地下で冷やしてから取り入れる仕掛け)とか、
傘をさす家にするとか。
それでも高断熱高気密で、熱の逃げ道の確保は基本です。

ペラペラの低断熱低気密の住宅は冬は足が凍りつくほどで大変暮らしにくいのをご存知でしょうか。
どれだけの燃料を使わなければ快適にならないか。
そういった住宅も多く存在していますしそれを少しずつ変えていくという考え方には納得は行きます。
ですが、等級4以上の断熱が必要なのかは私も疑問です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

日本家屋は夏を、は真理です。

その伝統的な真理を甘く見て、東大官僚についてく日本は逆コースで、古代人以下の思考力です。

冬場ですが、断熱とは、産熱ではないので、屋外が暖かくても、そうはならないのです。家の中の方が寒くなります。

冬は厚着すれば済みます。


有事で電力が制限された時にどうなるかです。物を燃やして暖を取るのは可能です。


高気密住宅の窓開けほど馬鹿らしいものもありませんよ。
本来なら簡単に過ごせる夏を難しくするのは何とも。
ご指摘の外の熱気を取り入れるかが頭を悩ませるところです。
結局、昼が屋内に維持されるわけですからね。

湿度的には開けないわけには行きません。閉めてドライ運転か(笑)

戦争計画じゃないですが計算して損得なんて上手く行きませんよ。

夏を基準にして、冬に屋内を重層化したらいいだけでしょう。
逆の標準化はどうにもなりません。
断熱などの初期投資の資本コストを無視するサラリーマン社長的な破綻コースですね。そういう国がそうなっていく。

結局、窓を開けるという素直な対処をしないわけにはいかないと思っているところなのです。
エアコン運転開始しか策はないのでしょうか。

お礼日時:2013/07/15 23:24

本来、しっかりと計画されてしっかりと施工された高高断熱の家なら冬は暖かく、夏涼しい家を実現できますよ。


夏は外気温以上に家の中の温度を上げず、冬は一度暖めれば暖められた空気の温度が冷めにくい家になります。
なので、特に夏の間は、冷房が入れば電気代があまりかからない、又冷房が苦手な家では、風通しを良くして家の中に風を通すことで涼感が得られます。
結局、駄目なプランで作られた家であれば貴方のように不満がある家に出来上がってしまう訳です。
このあたりは建築技術者(設計者)の責任とも言えるでしょう。
お気の毒です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

そうです、お気の毒ですまされる無責任な本来論なんです。断熱は成功するという結論先にありの。政府は正しいという前提支持の国において。
愚民相手にその火もまた涼しい洗脳理論を役所が主導するなという事です。
夏でも涼しいという家で冷房を止めている人が言うべきですよね。そして本来の成功を気のせいではなく現実に実現している建築物の割合を論じないと。

無理なんですよ。エアコンで誤魔化している多数派がいるのです。エアコン使用者が増えたらエコロジーなのかという初歩的な詭弁を無視しています。

都会であれどこであれ電気が止まったらどうなるのか?災害時の耐熱に備えない家ですよ。冬の寒さでは死にません。布団かぶればいい。
国家が標準化する事の意義が本末転倒なのです。愚民的役人の間抜け国家プランです。

温もった家にぬるい風を通すより、風のある外の放射冷却の方がという話です。

回答者さんは悪くありませんが、ちゃんとしたプランをすればというのが詐欺的です。事後にしか判明しませんよ。それを標準化するのが問題という話です。

諦めろというケースが多いリスキーな標準化を疑問視されるのが冷静な指摘になると思います。

日中に風を入れても入れなくても家の中の熱は日暮れの野外より高温です。そこらへんの対処法を賢い皆さんにお尋ねしました。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/15 15:50

私もエアコンを使わない生活です。


そして、夏の暑さを諦めているほうです。
ただ、二階の暑さは屋根瓦が太陽に焼かれて、その熱気で熱いのでしょうから、屋根裏の断熱は効果があると思います。
実際、農家の隙間だらけで、屋根裏の断熱なんかも全くない家だったのを、中気密中断熱の家に建て替えたのですが、前の家だと、夏場の昼間の2階は暑すぎて居られなかったのが、窓を開けていれば耐えられるようになりました。
家の周りが水田や果樹園といった田舎ですから、都会のようにビル空調の熱気が窓から入ってくるなんてこともありませんしね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

実践者様のご回答有り難く頂戴いたしました。

諦めもんになりますよね。もうね家に頭を使うような家はダメですよ。頭を使わないでエアコンダーダーのサラリーマン生活者用を標準化にするための愚民化政策なんです。役人がいかに頭を使わないでだらしなく生活しているかの表れです。


中気密中断熱ならば前の家の方が暑かったというのは参考になりました。中程度とはつまりは日除けをして隙間をふさぐという程度の従来型の工夫を壁の中でどうにかしようと同じ事になると思います。それを建築関連屋の金儲けにすり替えたのです。
屋根の上に熱を跳ね返す屋根をはれたらその方が断然、涼しいという事です。日除けを作るような標準化をした方が夏は良いのです。しかしその標準化はなされないから手に入らないのです。つまりエコよりも優先的な要望が家作りにあるという二枚舌が役人主導の断熱住宅です。
問題はですね、高断熱型の家の夏の夜なんですよ(笑)
断熱材の内側、つまり家の中側の熱が外に逃げないように断熱されて朝になってしまう点なのです。
昼も夜も一階も二階も窓は開けっ放しでしょうか。当方はほぼそんな感じですが実際どっちが良いかワケわかりませんなのです。断熱材がなければ話は簡単になると思うのですが。

役所や専門家が暑くないと言ったら暑くないと感じる民族ですから政府主導は客観的な議論になりません。

お礼日時:2013/07/15 15:25

 徒然草ではないけれど、夏を冷房なしに過ごすなら高気密高断熱にする意味はないでしょう。

たとえば室内を夏は28度、冬は20度に保つことを前提にエネルギー収支を計算すれば、年間トータルで省エネを実現できます。回答者は実験中です。

 特に冬季の部分暖房は循環器系の病気の原因なので、高気密高断熱の屋内環境は極めて効果的です。また、エネルギーロスの多い住宅で冷暖房をするのも問題です。高機能の住宅は、他の先進的な機器や自動車同様、うまく使いこなすための知識やノウハウが重要でしょう。

 個人のライフスタイルに政府が介入するのは慎重であるべきだという点では同感ですが、夏場だけとらえて馬鹿よばりするのはいかがなものでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

質問者は人体実験中です。
おっしゃる通りです。
馬鹿というのはエコロジーと両立しない標準化を進めているからです。冷暖房電気なしでは改悪状態になり済めない家になります。詭弁だという事です。
インフラは金をかけても真っ直ぐで平坦な道を引いて将来の日本人がどうあっても基礎的利益を確保できるような基盤整備です。
電力を追加消費すれば効率よく快適になるというのは間違いですよ。追加しなければ改悪的悪化するんだからヤクザ商法でしょ。金利を払い続けろみたいな。だから馬鹿なんですよ。日本以外でこういうのないでしょう。このパターン多すぎます。皆保険制度と同じ馬鹿パターンです。本件は平事も有事も基礎的に電力を要求する家に日本人を住まわせる政策なんだから単なる家計問題ですみません。平和ボケです。
電力を削減できる標準化をするのが公儀の介入です。
増加支出当たり効率よく快適化する標準化は間違いですよ。
他人の金でやっているサラリーマン馬鹿の表れです。

お礼日時:2013/07/15 01:17

冷房エアコンを使わない場合、夏の夜を涼しく過ごすためには風通しを良くすることが重要です。



機械換気による計画換気は必要な酸素量を確保する程度ですが、涼しさを求めるならば、家の壁を無くして外と同じほどに風が通るような作り、つまり日本の農家造りが一番です。

日本の農家造りで涼しく過ごすには、一軒当たり300坪程の土地が必要です。
近代の日本で一軒あたり300坪の土地を割り当てるのが困難なので、一軒当たり50坪の土地でも建てられる建築という前提で、高気密高断熱+機械空調の家が求められているわけです。

霞が関の高層ビルに座っているのでは無くて、全国の過疎の村、限界集落などを観てから考えれば、かならずしも高気密高断熱の家に拘ることはないと思います。

ただし、機械で冷房をする以上、高断熱高気密の方がエコで、快適ですから、その事実は忘れないようにお願いします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
外気を取り込むしかありませんかね。窓を開けっ放しで朝まで冷えないくらい断熱なんですけど。

300坪いるわけないし、300坪は過疎地でなくても可能です、それは脅し的な詭弁です。
都会は熱を出して悪循環しているのを自己正当化してはいけません。
そういう自己正当化の整合性を高める愚民化政策である事が分かりました。
日本は都会だろうが土地はあるんです。皇居じゃないが。
お役所的な自己正当化は間違いの始まりです。
従来以上に快適になる必要ないでしょ。不快の原因対策を放棄して。
断熱産業が発展しても日本の将来のためにならないです。無責任役人と一緒になったら未来の夏は油地獄です。

中央集権とか国連主義とかいう地方や個人を無視した馬鹿には油断したら殺されます。個別で事情と最適が異なるわけですからね。個人主義の否定こそが唯一確実な間違いなのです。

お礼日時:2013/07/15 01:49

どちらにお住まいかわかりませんが、


夜暑いというより、明け方室温が下がらないといった
感じではないでしょうか。

貴方の言う「愚かしさ」を知りつつ、その戸建を購入して住まう方が
真の愚か者なのではないでしょうか。
選択の自由は与えられているのですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

だから私だと思い込むのが愚かなんですよ。
私のすべてが私の選択じゃありませんよ。
選択の自由はありますが政府が営利活動に介入し偏向させています。何のためにやってるのかです。行政サービスどころか行政迷惑だという事です。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/07/15 00:57

高気密高断熱の家は、空調を使うことを前提に作られている家なので、空調なしで外気温に近づけたい状態だと、普通の家より格段に条件が悪いです。


1年のうち、かなりの日で空調が必要ない、必要な場合でも1日の1/3ぐらいだけ、という気候の良い日本で、高気密高断熱がどれだけ意味があるのか、いつも疑問に思っています。
(北海道の夏は、涼しく低湿度なので、空調はあまり必要ありません。あたり前の話です。)

対処法としては、換気をよくするように考えるしかありません。
まず、風向きをしらべて、家の風上と風下の窓を開け、風が通り抜けるようにします。扇風機を風上側と風下側において、風を後押しする方向にセットすると効果的です。
運悪く、風上、風下側に窓がない場合は、風が窓にとりこまれるように、窓の近くについたてになる物を置いたりします。

せっかく空調を使わないのですから、自然の風のエネルギーを有効に使うように考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切な回答ありがとうございます。
ですよね。
つまりエコロジーの大義名文によってそれまで電力消費をしなかった節約家な人たちに電力消費させずには生活しにくくしているのです。
アベコベが多すぎる国です。役人と専門家が嘘つきで国民が自己肯定的だからです。

窓がなければ、ついたてを置けのご説明がよく分かりません。
家の廊下を迷路のようにしろという事ですか。屋外についたてですか。屋外についたてを置く家があるんですか。一階の屋根の上とか。

日中は風が暑いと思うのですが。

風しかないというのはどうにか他の方法になりませんかね。元よりそういう趣旨を含む質問なのです。

高気密高断熱はスイッチ馬鹿と消費電力を増やすだけだから愚民化政策です。推し進めるのはやめるべきですね。

お礼日時:2013/07/15 01:36

いや、


建物の芯まで熱が入る前に夜になるので
通常の家より涼しいですよ

北海道にエアコンがないのは
外気温よりも
高断熱で熱気がはいてこないから耐えられるからです
    • good
    • 4
この回答へのお礼

信じられません。一階も二階もですか。

窓はどうしてるのでしょう。大きな窓はない。

高緯度向きの建築技術。
高緯度だから窓に直射日光が差さないとかないですよね。午後の西日だけで暑くなる感じなのですが。


山影じゃないけどそういう場所だからじゃないでしょうか。

お話はびっくりするほど参考になりました。

お礼日時:2013/07/14 20:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏に涼しい家に住みたい

愛知県で木質系の家を建てたいと思っています。家族に暑がりがいます。よろしくお願いします。

共働きなので、家が昼の間に温室のように熱をため込んでしまう恐れがあります。
そこで夏の暑さ対策として、(1)風の通り道を作る(2)屋根断熱をしっかりする(3)壁内通気、棟換気、基礎パッキン等で構造体内の通気をよくする(4)庇を長く出す(5)調湿性のある建材を使う(6)西の開口部を減らす、などを考えました。さらに、SC、WB、エアサイクル、エアパスなどの躯体内通気をする工法にも魅力を感じています。

HMに聞くと、「高気密だからエアコンが良く効き大丈夫です」と言い、実際にそのHMで新築した友人に聞くと、「2階は暑いよ」と言います。しかし、できれば2階も暑くなく、クーラーにも頼りすぎずに涼をとりたいです。また、我が家の条件だとこれらのHMでは、昼間に躯体自身がかなりの熱をため込んでしまうことが想像できます。

昼間換気できなくても温度が上昇し過ぎない家というのは難しいのでしょうか?「涼しい」とはいかなくても、「暑くない」家を建てられた方がいらっしゃったら、ポイントを教えてください。
よろしくお願いします。

愛知県で木質系の家を建てたいと思っています。家族に暑がりがいます。よろしくお願いします。

共働きなので、家が昼の間に温室のように熱をため込んでしまう恐れがあります。
そこで夏の暑さ対策として、(1)風の通り道を作る(2)屋根断熱をしっかりする(3)壁内通気、棟換気、基礎パッキン等で構造体内の通気をよくする(4)庇を長く出す(5)調湿性のある建材を使う(6)西の開口部を減らす、などを考えました。さらに、SC、WB、エアサイクル、エアパスなどの躯体内通気をする工法にも魅力を感じています。

...続きを読む

Aベストアンサー

素人の一意見です。

夏の暑さに対応するには

・軒の出を多くする
・庇を付ける
・ペアガラス(Low-Eペアガラスのほうが高性能)
・棟換気(小屋裏の熱を速やかに排出する・湿度の軽減)
・屋根断熱の場合(輻射熱による小屋裏空間の温度上昇を抑える)
・天井断熱の場合(コストは安いがグラスウールで300mmくらいは必要)
・壁の断熱(壁からの熱損失の割合が大きい)
・断熱性能を発揮する為には高気密がかかせません。
・風の通りを考えた間取り

などが家への熱対策でしょうか
後は住まい手のほうですが

・昼間、南の風を入れない(北から風を入れて南に抜く)
・西日を入れない(日が沈んでからの室温が下がらない)
・日が沈んでからは窓を開け風をいれる(エアコン使用時は必要ない)
などでしょうか。

最近の殆どの家は最低基準の断熱しか施工されていませんし
その施工方法がいい加減な為、本来の性能が発揮されていないのが事実です。
高断熱高気密とうたっている住宅もそのような傾向にあります。
そして、高断熱高気密になったことで熱の流入も抑えられるようになりましたが
逆にこもった熱が排出されなくなったのです。
その結果夜になっても部屋が暑いのです。
よって、日が落ちてから窓を開け風を入れることによって温度が下がります。

我が家では暑くなりそうな日の昼間、2階の1個のエアコンを28度~29度に設定し
タイマーで自動に付くようにしています。
冷えた空気は下がる性質がある為1個のエアコンで
1階まで暑くない空間が作れます。

素人の一意見です。

夏の暑さに対応するには

・軒の出を多くする
・庇を付ける
・ペアガラス(Low-Eペアガラスのほうが高性能)
・棟換気(小屋裏の熱を速やかに排出する・湿度の軽減)
・屋根断熱の場合(輻射熱による小屋裏空間の温度上昇を抑える)
・天井断熱の場合(コストは安いがグラスウールで300mmくらいは必要)
・壁の断熱(壁からの熱損失の割合が大きい)
・断熱性能を発揮する為には高気密がかかせません。
・風の通りを考えた間取り

などが家への熱対策でしょうか
後...続きを読む

Q高気密高断熱住宅なのに寒いのです。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上がると言うことなのです。そんな恐ろしい事はできません。お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。今の時期はかめ虫も家の中に入って来てます。これって隙間があると言う証拠ですよね?吹雪の時はカーテンがゆらゆら風に揺れてました。この冬は大雪との事・・。今から灯油代の事が心配です。もしかして欠陥住宅なのでしょうか?世の中の高気密高断熱住宅にお住まいの方、お宅もそうですか?その位は当たり前なのでしょうか?!!暖かい家を夢みてたのにとても残念です。冬が来るのが怖いです。もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか教えてください。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上が...続きを読む

Aベストアンサー

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられます。
(冷輻射を感じない、天井と床の温度差が無いなど、色々理由はありますが省略します)
高断熱高気密住宅で20度であれば、「別に大丈夫だけどチョッと寒いかな」という感じです。

脱衣室が13度‥‥‥ セントラルヒーティングでありながらこの温度というのは、高断熱高気密住宅においては考えられません。

灯油代が一月に4万円‥‥‥ 信じられません。

質問者さんのお宅は、明らかに高断熱高気密ではありません。
おそらく、北側の部屋の窓などが結露してませんか?


>もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか
ということですが、正直言って良い案が浮かびません。

以前、質問者さんと同じような状況の方が、その家の建築士と施工者を相手に訴えを起こした事がありました。
私は専門家としてその家の調査をしたのですが、高断熱高気密とはかけ離れた家でした。
しかし、高断熱高気密住宅にして欲しいという要望は、契約書やその他書面として示されてはいなかったので、
建築士と施工者に「そんな希望は聞いてない」と突っぱねられ、勝ち目はありません。

断熱気密工事をやり直せばよいのでしょうが、現実的なことではありませんし、
せめて、灯油代の負担を少なくする方策として、
セントラルヒーティングを止め、普通の家のように、各部屋個別に暖房するしかないかも知れません。

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられ...続きを読む

Q高気密・高断熱の家の暖房方法

高気密・高断熱の家の暖房方法について教えて頂きたいのですが、

(1)高気密・高断熱の家での石油(灯油)ファンヒーターの使用は避けた方がいいと、ネットやいろんな方の話で聞くのですが、本当に家にとって良くないものなのでしょうか?別に影響ないと言われる方(高気密・高断熱のホームメーカーさん)もいるので、本当の見解を知りたいのです。

(2)それから、石油(灯油)ファンヒーターの使用は避けて、ダイソンの温風機やデロンギのオイルファンヒーターを考える場合、吹き抜けの家ではあまり期待出来ないと聞きます(電気代がまず高いし、石油(灯油)ファンヒーターに比べると、比べ物にならないぐらい温かくないとか、ダイソンを使ってる方に聞いたら買わない方がよかったとまで聞きました)。高気密・高断熱の家で、ダイソンやデロンギを使用している方の感想を教えて頂けないでしょうか?やっぱり大きなサイズのエアコンで吹き抜けのリビングなどは対処した方がいいのでしょうか?よろしくお願い致します。

※追伸 デロンギは北欧の地域でも使われていると聞きます。極寒の地域で使われている製品なら温かいんじゃないの?と素人感覚で思ってしまうのですが、、、。建物自体の作りが日本と違うのかもしれませんね?

高気密・高断熱の家の暖房方法について教えて頂きたいのですが、

(1)高気密・高断熱の家での石油(灯油)ファンヒーターの使用は避けた方がいいと、ネットやいろんな方の話で聞くのですが、本当に家にとって良くないものなのでしょうか?別に影響ないと言われる方(高気密・高断熱のホームメーカーさん)もいるので、本当の見解を知りたいのです。

(2)それから、石油(灯油)ファンヒーターの使用は避けて、ダイソンの温風機やデロンギのオイルファンヒーターを考える場合、吹き抜けの家ではあまり期待出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

一般的な石油ストーブ(反射式・対流式・ファンヒーター)は燃焼ガスを室内に出していますから換気が必要です。
換気しなければ一酸化炭素中毒で死亡します。
それでは高気密にした意味がありません。

排気を屋外に出すFFストーブであれば問題ありません。
寒冷地ではそれが普通です。

オイルヒーターはうちにありますが、電気代が高いです。
ファンヒーターよりも暖かくありません。
ヨーロッパは電気代が安いんじゃないですかね?
北欧クラスの寒さなら、きっとこのような移動式暖房機ではなく、部屋に据付のオイルヒーターとかスチームヒーターがあるんじゃないでしょうか。
方式は同じでも構造がまったく違います。比較になりません。

Q高気密、高断熱の家のエアコンの数

最近、展示場や内覧会にいってますが、
高気密、高断熱なので、エアコンひとつで間に合う、と営業マンがいいます。

しかし、ここ数年、近所にバタバタと家が建ちましたが、
エアコンの室外機が3台はついています。
ほとんど有名なハウスメーカーのものです。

軽量鉄骨の大きめのお宅は、娘さん夫婦も同居予定でしたが、
2~3年後には、一緒に住めない、といってます。
理由はわかりませんが、もしかして2階が暑いのではないか?と気になってます。

高気密、高断熱だから、必ず快適といえるのでしょうか?
エアコンも最終的には、使う部屋全部につけることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

空気調整する為には、開口状態でなくてはならない
機械能力として30~40坪の広さは何でも無いだろうが
生活が避難所の様に仕切りが無いワンルームと云う訳には行かない
気密や断熱は物理機能であって、人間の精神生活には反する部がある
開口部に拠る新鮮空気が流れる日本空間好きな者には獄感である
魔法瓶の中に閉じ込められる感

Q家の二階が暑い

うちは兵庫県南部で、南むきの一般的な日本の在来工法の木造建築です。
建売で買ったので、こまかくはわかりません。

2階で家族と寝てるのですが、昨晩など非常に暑くて寝苦しいです。
嫁がエアコンはのどが渇くと嫌がるので、毎年つけていません。私と子供らが寝る最初の1時間程度付けることはあります。

一階はそこそこ風通しも良く涼しいのですが、二階はいつも暑いです。
昼間も窓を開けているのですが、夜になっても一階より暑いです。

二階を涼しくする方法はありますか?
みなさん二階が寝室になってると思いますが、どうされていますか?

Aベストアンサー

>家の二階が暑い

   ↓
個人個人で快適環境や体感温度が異なり、家屋や間取り、ライフスタイル等の制約もあり難しい問題ですね・・・

現場・現状を知らずに断定は出来ず、順不同に思いつく事を記載しますので、何かしらの参考に成れば幸いです。

外からのエネルギーの削減と屋内からのエネルギーの排出が鍵です。

◇屋根の構造形状で陸屋根であれば、屋上植物とか断熱効果の高いシート。

◇屋根が瓦葺で下降や工夫の余地が無ければ、窓に遮光断熱カーテンを追加する。

◇天井や壁や窓にプチプチや断熱シートを貼る。

◇ベランダや出窓があれば、グリーンカーテン(ゴーヤー、きゅうり、朝顔、糸瓜)

◇エアコンによる予冷(急速・ガンガン冷やして置き、就寝時には超微運転と扇風機で風を天井に向けお部屋の風を均一化したり冷気を身体に当てない)

◇喉の渇きについては、エアコンの除湿機能によるものだと思います、24時間換気装置が採用されていれば、その換気にても起こります。
健康冷房や省エネとは少し方向が変わりますが、(冷房は主に除湿を行い、その湿度低下と気流で絶対温度の低下を抑え目にしながら快適環境を創出維持する)
(1)喉対策には風向を変える。
(2)寝る前のコップ一杯の水補給や枕元に水差しとかペットボトルで水を用意しておく。
(3)湿度は均一化の性格が強いですから、部屋の一部を少しだけ空けておくと廊下や隣室の湿度の高い空気が入れ替わりに入ってくる。
(4)間取りと高さから効果は不明・疑問ですが、日の入り頃の打ち水で屋外空気を少しでも低下をさせる。

◇気流制御の出来るエアコンならば、左右や上下で同一屋内でも冷気や設定温度の多少の個人差・好みを考慮しての設定や運転が可能な商品が有ります。<確認・買い替え>

◇寝室を夏場対策でご家庭内のサマータイム?クールビズライフ?として、1階に移動するなり、快適環境や体感温度の違う事で、就寝時間内限定の別室別居を考える。

※快適環境は、主に「温度・湿度・気流『風の流れ』・換気・空気清浄度」5要素で決まるとされております。
また、その際の温度は体感温度に関係しますので、温度計の温度に現れない体感で快適度が決まります。

ex:湿度10%で約1℃、風が0.7m/sで約1℃ですから、同じ温度でも湿度が10%低く、1.4m/sの風が当る場合には約3℃低く感じます。

従って、好みや体感温度と快適環境の個人差を組み合わせ、お部屋の中での寝床の位置や寝具の種類やエアコンの設定・扇風機の活用、早目に寝室を予冷しておき、熱気や湿度を換気して置く等の対策・工夫が必要なのかも知れませんが・・・


shuusan101様に置かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、寝苦しい夜の対応に活かされ、この夏を健康に快適に家庭円満に過ごされ乗り切られますよう、心より祈念申し上げております。

>家の二階が暑い

   ↓
個人個人で快適環境や体感温度が異なり、家屋や間取り、ライフスタイル等の制約もあり難しい問題ですね・・・

現場・現状を知らずに断定は出来ず、順不同に思いつく事を記載しますので、何かしらの参考に成れば幸いです。

外からのエネルギーの削減と屋内からのエネルギーの排出が鍵です。

◇屋根の構造形状で陸屋根であれば、屋上植物とか断熱効果の高いシート。

◇屋根が瓦葺で下降や工夫の余地が無ければ、窓に遮光断熱カーテンを追加する。

◇天井や壁や窓にプチプチや断熱シー...続きを読む

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Qあれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の写真を撮っておきました。
しかも窓から、コンセントから、部屋の角からとの距離もすべてわかるようにも撮っておきました。

実際取り付けにあたり、写真を見せて、ここから17cmのここに柱が入っていますから、ここを避けて開けてください。とまでお願いしたのに、壁をトントンたたき「大丈夫ですよ」といい、穴を開け、案の定、柱にぶつけてしまいました。

あきれてものが言えません。

しかも、「傷ついても大丈夫ですよ」と言いつつ穴を貫通させようとしていましたので、慌ててやめさせ、大手家電量販店に連絡したところ、責任者という方と、工務店の社長さんが確認しに来てくれました。不手際は認め、おっしゃるように対応しますとの回答をいただきました。

建築時のハウスメーカーに連絡したところ、(現場は見ていません。電話だけです。)「木に1~2mm程度の傷ならば、構造上大きな問題はないと思う。ただし、2×4は壁が耐力壁になっているので、一枚のボードに二つの穴が開くのはうまくない。当社が修理するならば、ボード一枚の張り替え。壁紙の部分修復はしていないので、部屋すべての壁紙張り替えになる」と言われました。

責任者と社長さんにお話しすると、私がそれを望むならば、そのように対応する。との事でした。

ここまで書くと、それなら良いのでは?と思われるかもしれませんが、ハウスメーカーでは、今は工事が混んでいて、いつ修理できるかわからない。と言うのです。

モタモタしていると夏が終わるかもしれません。

あと、ハウスメーカーに、周囲の1~2mmの傷の他に、先行ドリルの穴がうまく伝わったかも不安なのです。
実際、強度的にどの位、問題となるのでしょうか。
少しでも強度に問題があるのならば、この夏、エアコンがなくても徹底的に修理したいと思います。
強度に問題がないのであれば、業者と何らかの妥協点を探りながら、早めにエアコンをつけてもらおうと思います。
実際強度的には、どんなものなのでしょうか。
私としては今後、どのような対応が出来るのでしょうか。

家を大事にしてきて、今まで、ピン一つ刺したことがなかった(各部屋にピクチャーレールをつけてもらい時計、カレンダー等はこれでぶら下げる。)ので、とても悔しいです。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の...続きを読む

Aベストアンサー

実際問題、2×4なら1本のスタッドにその程度の穴どころか、スタッドを切断しても、家全体の耐震性が著しく損なわれることはないでしょう

マイナスはゼロではありませんが、ほとんど無視できるレベルです

ただ、気分的には著しい損害です
私なら絶対に嫌ですね

それに、ハウスメーカーの保証も、その部分が原因の不具合は、対象にならないでしょう

私なら、今夏はエアコンをあきらめても修理してもらうでしょう

とりあえず、別の部屋には細心の注意を払ってもらって、エアコンを取り付けてもらい、暑い日はその部屋で過ごします

でもしかしスタッドの場所を探る機械がホームセンターとかで2千円くらいで売ってますけどね
それ使えばこんなヘマはしないだろうに

多分そこの業者はいつもこんなことをやっているのでしょうね
2×4ならなんとか大丈夫ですが、在来工法だったら大変なことです

Q家の湿度が高い どうすればある程度湿度を一定に保てますか?

新築しまして8月中旬より住んでおりますが、ちょっと蒸し暑い日や雨が降る日は必ず室内の湿度が70%を超えています。
(ひどい時は80%近く)
天気がいい日でも50%台はなかなかなりません。
高気密高断熱、第1種全熱交換24時間換気システムで最近まではずっとつけっぱなしにしていました。
朝から夕方4時頃まで留守なのでその間は窓を閉め切っています。
色々調べて、外気の湿度が高い日は24時間換気をしていると外の湿度を取り込むため除湿機をかけても効果が出ない
との事でしたので、昨日実験的に2階の換気システムをつけたまま除湿機を2時間ほどかけましたが
外気の湿度と同じ71%ほどでした。
なので次は換気システムを停止して除湿機をかけたところ64%まで下がりました。
その部屋は6畳を切るほどの小さい部屋なので除湿機を切り、換気システムも停止したまま就寝したところ、今朝室内湿度が
80%になっておりました。
もうどうすればいいのかわからず困っています。
ある程度湿度が上がるのを我慢して換気システムをつけて寝る方がいいですか?
アドバイスをお願いします。

新築しまして8月中旬より住んでおりますが、ちょっと蒸し暑い日や雨が降る日は必ず室内の湿度が70%を超えています。
(ひどい時は80%近く)
天気がいい日でも50%台はなかなかなりません。
高気密高断熱、第1種全熱交換24時間換気システムで最近まではずっとつけっぱなしにしていました。
朝から夕方4時頃まで留守なのでその間は窓を閉め切っています。
色々調べて、外気の湿度が高い日は24時間換気をしていると外の湿度を取り込むため除湿機をかけても効果が出ない
との事でしたので、昨日実験的に2階の...続きを読む

Aベストアンサー

 24時間換気システムは当然に外の湿度が高い日にはその空気を中に取り込んでしまいます。

 まあお勧めはしませんが、湿度の高い日は停止して、除湿機などを利用すると良いでしょう。

 私的にはダイキンのエアコンの除湿機能は極めて高いと思っています。我が家の湿度はエアコン使用時には50%を越えることがありません。その代わり冬場には猛烈に乾燥しますけどね。

>もうどうすればいいのかわからず困っています。
 あなたの実験からは外の湿度が高い日は、24時間換気を切り除湿機を常時運転するという結論になっているような期がします。

 ただ新築は24時間換気を切ることをお勧めできません。輸入家具の中にはいまだに危険なにおいをプンプンさせている家具もあるでしょう。下手するとシックハウス症候群になってしまうでしょう。

>窓を開けて換気するのと理屈は同じ
 そのとおりですけど、確実にそれを住まい手がする保証がない以上24時間換気を推奨せざるを得ません。

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q高断熱高気密の家が過乾燥になるのはどうして?

いつも参考にさせていただいています。
このカテゴリーでよいのかわからないのですが教えてください。

高断熱高気密で新築中です。
高高にすると湿度が低いと聞きます。
高高の家に住んでいる数人の友人知人もそう言ってました。洗濯物はすぐ乾くし、加湿器を使うという人もいます。

我が家もそうですが、オール電化が多くなりますよね?
暖房が電気になるためもあるでしょうが、何故、湿度が低く、乾燥気味になるのか、教えてください。

Aベストアンサー

 冬の場合ということでお話します。
 湿度とは通常相対湿度のことを言い、これは、ある気温おいて空気中に水蒸気として含むことのできる最大水蒸気量である飽和水蒸気量に対する現在含まれている水蒸気量の割合です。飽和水蒸気量は気温が高いと多く、気温が低いと少なくなります。(ここまで中学理科の復習)そこで、冬場、暖房により気温が低く飽和水蒸気量の少ない外気を暖房であたためると飽和水蒸気量が増え空気中の水蒸気量が同じであっても湿度が下がることとなります。高気密高断熱でなくてもこのようなことは起こるはずですが、高気密でない家は隙間風により暖房効率の低下と引き換えに湿度の低下を抑えたり、室内で燃やす石油暖房により水蒸気を発生させ補充していたので、高気密高断熱の家は特に湿度が低い、乾燥するといわれるのだと思います。
 私も、住宅新築検討中で工務店の話を聞いたり、本を読んだりしましたが、高気密高断熱の暖房は蓄熱暖房、FFストーブ、床暖房、温水パネルヒーター等が良く、エアコン等の温風の出る物(過乾燥)や、室内で燃焼させるもの(空気を汚す)は避けたほうが良いようです。

 冬の場合ということでお話します。
 湿度とは通常相対湿度のことを言い、これは、ある気温おいて空気中に水蒸気として含むことのできる最大水蒸気量である飽和水蒸気量に対する現在含まれている水蒸気量の割合です。飽和水蒸気量は気温が高いと多く、気温が低いと少なくなります。(ここまで中学理科の復習)そこで、冬場、暖房により気温が低く飽和水蒸気量の少ない外気を暖房であたためると飽和水蒸気量が増え空気中の水蒸気量が同じであっても湿度が下がることとなります。高気密高断熱でなくてもこのよう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング