現在、ISO規格では6種類のpH標準液が定められていたと思いますが、みなさんはこれらをどのように保存してらっしゃいますか?
 
 私の経験では、室温と冷蔵庫内の保存例を知っていますが、これ以外の保存法をとっておられる方はいらっしゃるでしょうか?
 また、開栓後、どの程度の期間使用されていますか?通常、リン酸緩衝液などは長期保存に適さないとされ、日本薬局方などでも長期間の使用は認められていませんが、pH標準液についてはそのあたりが曖昧になっています。
 商品カタログにも具体的な話は載っておらず、メーカーに問い合わせても歯切れのよい返事が返ってきませんでした。
 
 できれば、JIS規格とか国際ガイドラインのようなものとかを紹介していただけるとうれしいのですが、ご存じのかた、いらっしゃるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

蛋白質・核酸・酵素の 1998年2月号から


「見直そう pH測定」という連載がありました。

2回目(3月号)にはpH標準液についての記述があります。
以下引用

---pH標準液は調製後長期間保存することは好ましくなく、
また容器を開封したあとはできるかぎり早く使いきるよう努める。
開封後の pH標準液の保存期間は、使用状況により異なるので、
一概に決めることはできない。---引用終わり

pH測定においては「自分の研究の中で、毎回同じpH値を保つ」
ようにすることが重要だと思います。
ちなみに私の研究室では室温にどーんと置かれています(あまり気持ちのいいものではありませんが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実は、蛋白質核酸酵素の連載には記憶があったのですが、現在の研究所では購読していないもので、確認できなかったのです。たしか、数回にわたる連載でしたよね?
 参考のために、連載すべての文献請求を行いたいのですが、連載の掲載号と各ページ数を教えていただけないでしょうか?あつかましいお願いで申し訳ありません。

お礼日時:2001/05/28 01:37

> 連載すべての文献請求を行いたいのですが、


> 連載の掲載号と各ページ数を教えていただけないでしょうか?

Entrez のホームページをご存知でしょうか?

limit をクリックすると検索条件を制限できます。
Publication Types を review にして
Publication Data を 1998 to 1999
Languages を Japanese
箱の中に pH といれると出てきます。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お恥ずかしい。Medlineに蛋白質核酸酵素なんか入ってないと思ってました。JICSTあたりで有料検索しようかと思っていたところでした。助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/29 01:05

JIS Z 8802 (pH測定方法) 6.4(pH標準液の保存方法)に


6行ぐらいの記載があります。ただし、手元ににありますのが1984年
のですから改正されているかもしれません。

開封しなければ 比較的安定ですが、フタル酸塩(pH4.01)は冷蔵庫
にでも保管しないと かびというか濁りを生じることがあります。ただ、そう
なってもpHにはあまり影響ないようです。
炭酸塩(pH10.01)は空気中の二酸化炭素の影響で少数点以下2桁目
で動くようです。
あるメーカーではチモールなどの防腐剤をいれていると聞いたことがあります。
第1種は少数点以下3桁を保証しているのですから もっと心配でしょうが経験
なくわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 情報ありがとうございます。
 
 フタル酸塩のケースは私も経験したことがあります。ほかに知ってる例では、室温保存していたリン酸塩(7.41)に白濁が生じたのを見たこともあります。
 

お礼日時:2001/05/28 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアトピーが悪化してついに液まで・・・どうすれば?

32歳のアトピー持ちです。もともと小児アトピー持ちでしたが、成人してなおり、半年前にアトピーが再発しました。
幸い痒みはひどくなかったので、ステロイドを使わず保湿や食事療法だけでなんとか乗り切っていました。
先週ぐらいからアトピーが顔に出始め、顔の左半分を中心に、顔が赤のまだら模様になってしまいました。
見た目は悪いですが、痒みはそれほどなかったので気にしないようにしていたのですが・・・
2、3日前、顔の右ほっぺに、にきびみたいなものができ始めました。多分リンパ液の通っている道ぞいに、4つ一列にならんでできたので、これもアトピーと関係があるとは思っていましたが
今日、ついに顔の右半分がにきびでうまってしまいました!!
じんじんした痒みを伴っています。ほとんどが1mmぐらいの赤い点ですが、なかには透明な液を滲ませてるのもあります。右目の内側までできているので、右のまぶたがぱんぱんに腫れています。
ここまでくれば、ステロイドのお世話になるべきでしょうか?ステロイド薬は弱いのから強いのまで各種持っています。ただ、透明や黄色のリンパ液が出ている時はステロイドは効かないと聞きました。
アトピー歴は長いのですが、さすがに初めての症状なのでとても不安です。皮膚科には「ステロイドはくれるけどそれだけの所」という感じで不信感があり、あまり行きたくはありません。
どんな小さな情報でもいいので、よろしくお願いします。

32歳のアトピー持ちです。もともと小児アトピー持ちでしたが、成人してなおり、半年前にアトピーが再発しました。
幸い痒みはひどくなかったので、ステロイドを使わず保湿や食事療法だけでなんとか乗り切っていました。
先週ぐらいからアトピーが顔に出始め、顔の左半分を中心に、顔が赤のまだら模様になってしまいました。
見た目は悪いですが、痒みはそれほどなかったので気にしないようにしていたのですが・・・
2、3日前、顔の右ほっぺに、にきびみたいなものができ始めました。多分リンパ液の通って...続きを読む

Aベストアンサー

つらい状況ですね。。
私も小児アトピーがあり、大人になって良くなったと安心していたところ、昨年ひどい症状に悩まされました。

顔は日焼けしたように赤く腫れ、全身に湿疹ができ、じんましんも繰り返し出ました。
皮膚科に行きステロイドを塗っていましたが薬を使い続けることが怖くなり、何とか体質を変えるようなものはないかと模索した結果、アレルギー用のサプリメントというものを知り使ってみました。

http://www.hapima.com/sh/suplinx/shop/
ここで、「ネトル(イラクサ)」と「ケルセチン」「ビオチン・トローチ」を購入しました。
結果、2ヶ月ほどでステロイドから離れることができました。

ステロイド離脱のための塗り薬もあるようです。
http://www.hukuroudou.jp/aenkananko.html

http://www.protan2002.com/ste/ste.html

人それぞれ体質も違いますし、また症状もちがいますのでお勧めするわけではありませんが経験談として参考にしていただければ幸いです。

つらい状況ですね。。
私も小児アトピーがあり、大人になって良くなったと安心していたところ、昨年ひどい症状に悩まされました。

顔は日焼けしたように赤く腫れ、全身に湿疹ができ、じんましんも繰り返し出ました。
皮膚科に行きステロイドを塗っていましたが薬を使い続けることが怖くなり、何とか体質を変えるようなものはないかと模索した結果、アレルギー用のサプリメントというものを知り使ってみました。

http://www.hapima.com/sh/suplinx/shop/
ここで、「ネトル(イラクサ)」と「ケルセチン」...続きを読む

Q緩衝液について 高校化学 CO2(水溶液)とNaHCO3の同物質量の混合液が緩衝液は緩衝液になるとワ

緩衝液について 高校化学


CO2(水溶液)とNaHCO3の同物質量の混合液が緩衝液は緩衝液になるとワークの問題に出てきました

CO2+H2O⇄ HCO3- +H+ …①
NaHCO3→Na+ + HCO3-

なので、①の平衡は左に寄っていて、
混合液に酸を加えると

HCO3- + H+ → H2CO3

の反応が起こるので[H+]が一定に保たれるのはわかるのですが、
この混合液に塩基を加えるとどんな反応が起こるのかわからないので教えていただきたいです

Aベストアンサー

平衡状態であるので①式の4種(CO2、H2O、 HCO3- 、H+)はすべて存在している。
その状態でOH-を入れると当然H+ + OH- →H2Oの反応が起きる。
無くなったH+を補うようにCO2+H2O⇄ HCO3- +H+ …①の反応が左から右へ起こるという反応が起きます。
高校レベルならこの考え方で問題ないと思います。

なぜそうなるかということについては大学レベルかもしれませんが
今回の反応式では(右辺の濃度の積)/(左辺の濃度の積)=一定…②であり、
イオンにほぼ乖離しないので左辺のCO2+H2Oの方に濃度は偏っています。
ここに酸(H+)や塩基(OH-)を加えた場合、
元々の濃度の高い左辺の濃度の積はほとんど影響を受けずに、
[影響を受けるレベルの酸塩基を加えると緩衝作用の効果の外になる]
元々濃度の低い右辺の濃度の積が大きくずれることから、
式②となるよう4種の濃度補正が行われるために平衡がずれていきます。

Q成人アトピーと木酢液の効果?

主人(43歳)は3年ほど前からアトピーのような症状に悩んでいます。皮膚科では「年齢とともに皮膚が乾燥するのが原因」と言われ、ステロイドと保湿クリームと飲み薬を2週間に1度処方してもらっています。

毎日風呂上りにせっせと薬を塗れば調子はいいのですが1~2日さぼるとたちまち背中・手足が火傷のように赤くなります。結局ステロイドはその場しのぎでしかなく改善には至りません。

なんとかステロイドを使用せずに少しずつでも改善に向けて頑張ろうと思うのですが・・・そこで「木酢液」ってどうなんでしょう?効果には個人差があるようですが同じように成人アトピーでお悩みの方で木酢液を試された方、その効果について教えて下さい。またネット購入を検討していますが「ここがいいよ!」というお勧めがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

現在アトピーで治療中の者です。
木酢液にしてはよく分からないのですが、自分の行っている治療法に効果があったので、参考程度聞いてください。

ある本を読んで知ったのですが、アトピー患者は腸内の善玉菌が少なく悪玉菌が多いそうです。
悪玉菌が発生すると腸内に有害な物質が発生し、それが腸管から吸収され、体内に入ると当然有害物質ですから体の外に排出しなければなりません。それが原因皮がむけたりするそうです。

当方も皮膚で炎症がおきてますから、外からのアプローチばかり行ってましたが、内部からのアプローチとは考えつかないものでした。

治療は食生活改善がメインです。
善玉菌が増えるように ヨーグルトや発酵食品(酒粕、みそ、ぬかずけなど)を多くとり、その乳酸菌の餌になるオリゴ糖や食物繊維(野菜)を摂取し、腸内で増やし、悪玉菌が増えないように、肉や脂肪分を極力摂取しないように心がけること。
また不規則な生活や寝不足を避けることです。
そして体内から毒素を尿として排出するために、アルカリイオン水(水道水は×)を飲用する。

以上のことを続けるうちに完治はしないものの改善しました。

ステロイドに関してですが、sai512のように
>なんとかステロイドを使用せずに少しずつでも改善に向けて頑張ろうと思う
という心がけは大事だと思います。
自分も肉などが食べたくなったとき、ステロイドがあるから大丈夫なんて思ってしまうことがありますが、やはりその場しのぎです。食った後ひどくなって後悔します。

参考程度に下記のサイトも見てください。
お互い諦めず治療して行きましょう。

参考URL:http://www.atoppos.co.jp/html/tyounai.html

現在アトピーで治療中の者です。
木酢液にしてはよく分からないのですが、自分の行っている治療法に効果があったので、参考程度聞いてください。

ある本を読んで知ったのですが、アトピー患者は腸内の善玉菌が少なく悪玉菌が多いそうです。
悪玉菌が発生すると腸内に有害な物質が発生し、それが腸管から吸収され、体内に入ると当然有害物質ですから体の外に排出しなければなりません。それが原因皮がむけたりするそうです。

当方も皮膚で炎症がおきてますから、外からのアプローチばかり行ってましたが、...続きを読む

Q緩衝液のpH変化

授業で次のような課題をだされました。

NaH2PO4とK2HPO4を使用してpH7.0、0.1Mリン酸緩衝液を調整した。この溶液を1mMに希釈したときのpHを求めよ。
1Mリン酸溶液のpKaは6.5  1mMリン酸溶液は無限希釈と仮定してpKa7.2として計算せよ。

この問題を解くにはpH=pKa+log γHPO4^2-[HPO4^2-]/γH2PO4^-[H2PO4^-]を使って解くのではないかと考えています。しかし、1mM、1Mのときの[HPO4^2-]と[H2PO4^-]がわからないので解けません。どうすればいいでしょうか。アドバイス等お願いします。

Aベストアンサー

#3ですが問題をよく見てなかったです、すいません。

電荷収支より
[H^+]+[Na^+]+[K^+]=[H2PO4^-]+2[HPO4^2-]+3[PO4^3-]+[OH^-]

pH=7だから近似的に、[Na^+]+[K^+]≒1*{([H^+]+2K2)/([H^+]+K2)}=1.760M (pK2=6.5)

1Mから1mMに1000倍に希釈すると再び近似的に、

1.760*10^(-3)≒10^(-3){([H^+]+2K2)/([H^+]+K2)} → [H^+]≒K2(2-1.760)/(1.760-1)=2.00*10^(-8)

pH=7.70 (pK2=7.2)になるでしょう。

Qアトピー性皮膚炎です。 現在おでこ・口周りが荒れています。 おでこは酷いと滲出液が出ます。(おでこ全

アトピー性皮膚炎です。
現在おでこ・口周りが荒れています。
おでこは酷いと滲出液が出ます。(おでこ全体的に荒れています)
アトピーになってからまだそんなに経っていない、こんなに酷くなったのが初めて…皮膚科には通っていますがどうすれば少しでもましになるのかわかりません…
出されてる薬もステロイドなのかなんなのか…
次の診察まで日にちがあるので色々教えて下さい。
①滲出液が出た時はどうすればいいですか?
②イソジン消毒というのを目にしたのですがこれはどういう時に又どのようにすればいいんですか?
③おでこの荒れが酷い時、髪の生え際?(おでこのきわとか、襟足のきわ)の髪や産毛が結構抜けます…かなり怖いんですが…ハゲたりしませんよね…?
④色々調べていたら食べ物で、米類・牛肉類・卵類・大豆類等々が悪玉菌を増殖させる食べ物だと書いていたんですが、これはアトピー性皮膚炎の人全てに当てはまるんですか?
記載されてる食品全てですか?
それとも個人により変わるんですか?

アドバイス等ありましたら是非教えて下さい!!

Aベストアンサー

★ 化粧品・乳液 はダメ。 
  まだ、何か 抜けていそうな気がするぅ。。。(>_<)

QpHの問題(緩衝液)

こんにちは。
pH5.00の乳酸の緩衝液をつくるのに必要な乳酸と乳酸イオンの
比を計算せよ(なお、乳酸のpkaは3.86)という問題があるのですが、
これはpH(5.00)=3.86+log10[C3H5O3-]/[C3H6O3]という式を
使ったらいいんでしょうか?

pkaが3.86なので、pHを5.00にするには[C3H603]の割合を多くすれば
いいんではないかと考えたんですが、計算方法がイマイチ分かりません。
どなたか解説していただけないでしょうか…?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり冗長な説明です。
「平衡前」の初濃度をそれぞれ、[C3H6O3]=a(M),[C3H5O3^-]=b(M) とします。
すると「平衡時」において pH=5.00 → [H^+]=10^(-5)M なので
水の電離によるH^+を無視すれば [H^+][C3H5O3^-]/[C3H6O3]=Ka から
C3H6O3がx(M)反応して平衡に達したとすると、
10^(-5)*(b+10^(-5))/(a-10^(-5))=Ka が成り立ちます。
ところで通常緩衝溶液は、その濃度が極めて薄い場合は、
緩衝作用が殆ど期待できないので、a,b>>10^(-5)M と見なす事が可能です。
よって、a-10^(-5)≒a、b+10^(-5)≒b と近似できるので上式は、
b*10^(-5)/a=Ka → b/a=10^5*Ka=10^(5-3.86)≒13.8 となります。

Qアトピー 顔の乾いた浸出液はどうすれば良いですか?

息子(高校2年男子)がアトピーです。

顔・首から透明の浸出液が出て、朝起きるとそれがパリパリに乾いて、非常に痛がり首を動かしたり目や口を開けることもできません。
今朝は痛くて、学校を休んでいます。
脱ステロイドを目指して、ステロイドは使いたくないと思っています。

痛いパリパリはどう対処すればよいでしょうか?
・そのままにするののが良いのでしょうか?
(ただ、入浴すると乾いていたところが溶けて、また浸出液がでてきます。)
・保湿オイル等を塗って溶かして全体的にやわらかくするのが良いのでしょうか?
 (そうするとまた浸出液がでて来て、同じことの繰り返しになってしますと思いますが。。。)

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 きちんと皮膚科で処方された薬を使い、たとえそれがステロイドであっても、指定された使い方をした方が、ずっと早くに治ります。ステロイドの弊害は謝った使い方をしたために起こるのです。
 治ったと思って使用を中止した。そのため悪化し、次にはもっと強い薬を使うようになる・・・との悪循環です。
 処方された薬は使い切るのが通常です。

 さて、顔のぱりぱりですが。
 洗顔洗剤をつけずにぬるま湯でそっと顔を洗いましょう。
 水道水であれば、ある程度の塩素もありますから、それが滲みるのでしょう。
 
 アトピー用の石鹸も多数売っています。
 自分にどれが合うのか試しつつ、使ってまずは、清潔にすることから始めましょう。

 我が家で流行ったのが「砂糖石鹸」と「登別温泉の石鹸」です。
 他には「別府温泉」の湯の花です。

 登別と別府は皮膚病に効くとかで、かなりきれいになりました。
 砂糖石鹸は滲みなくて使いやすいと現在アトピーで苦労している娘が言います。

 ともかくは、皮膚科へ。
 いつも言っている皮膚科が合わないと感じるのであれば、別の病院へ行きましょう。

 アトピーは治ったり再発したりの繰り返しですが、きれいに治ることもあります。
 体質改善なども必要です。
 
 私たち家族もそうとうに苦労してきましたが、ともかくは「脱ステロイド」という考えは止めてください。
 確かに副作用もありますが、それよりも目の前の苦痛を取り除くのが先です。
 一概に悪ではないのですよ。

 上記の石鹸試してみてください。

 他に桃の葉石鹸なども市販されています。
 よ~く泡立てて、丁寧にこすらないように洗い、よくすすぎます。
 顔を拭く際には、清潔なタオル、しかもふかふかの物で、そっと水気を吸い取るように、抑えるだけです。
 「拭いては」ダメですよ。ごしごしも禁止。

 ぱりぱりはある意味、自分を保護するために分泌されるものですから、かさぶたのようにね。
 
 他人の目が気になるでしょうが、頑張ってください。

 アトピーの原因などはもう検査されましたか?
 

 きちんと皮膚科で処方された薬を使い、たとえそれがステロイドであっても、指定された使い方をした方が、ずっと早くに治ります。ステロイドの弊害は謝った使い方をしたために起こるのです。
 治ったと思って使用を中止した。そのため悪化し、次にはもっと強い薬を使うようになる・・・との悪循環です。
 処方された薬は使い切るのが通常です。

 さて、顔のぱりぱりですが。
 洗顔洗剤をつけずにぬるま湯でそっと顔を洗いましょう。
 水道水であれば、ある程度の塩素もありますから、それが滲みるのでしょ...続きを読む

Q緩衝液とPH調整剤について。

「緩衝液の原理についての説明」と「PH4.1及び5.3の時の酸の状態を表しなさい」という課題をしているところなのですが、緩衝液の原理の方はなんとかまとめられたのですが、PHの方の説明がいまいち理解できないでいます(><;)
教科書や資料を借りてきて探しているのですが、それらしきものがどこにも説明されてないのです。
本当に申し訳ないのですが、参考になるようなサイトさんなどを教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

 Ph=PKa+log(イオン形/分子形)という式はごぞんじですか?
 もしも酢酸の場合は、酢酸のPKaは4.8ですので、それぞれ式にあてはめると良いです。
 phが4.1の時は、CH3COO-の形とCH3COOHの比は約1対5です。
 phが5.3の時は、約10対3だと思います。
PKaはそれぞれ弱酸の種類で異なります。

Q木酢液と竹酢液、アトピーには入浴剤としてどっちがいいのでしょうか?

2才の息子のアトピーが酷く眠れない毎日が続いています。特に夜中の1時から6時に何故か酷く痒がり、むしって血まみれになってしまうため、そうなると無理矢理起こして、シャワーをさせて、目を覚ますしかありません。その繰り返しで昼夜逆転ならまだしも、朝7時頃にウトウトして10時には起き、その後寄るの11時頃まで、あくび一つしない慢性睡眠不足となっています。
いろいろと何か少しでも快適な事をしてやりたいと思い、いろいろと探しているのですが、今、入浴剤を特に探しております。木酢液や竹酢液が良いと聞きましたが、本当に良いのか?どちらが良いのか?また、検索で調べると、あやしい業者をはじめとして、数多くの商品があり、どこのものを選べばよいのか悩んでしまいます。悪い商品は発ガン性の含んだものまであるとか・・・・・・お薦めの商品や、販売業者も知りたいです。是非、ご存知の方、お返事ください。

Aベストアンサー

私も、何とかお力になれればと思いますので、他に良い病院や治療法、お薬がありましたら、情報をお知らせしますね。
土佐清水病院っというところも、凄いですね。私は、初めて知りました。保険が適用されれば、さらに良いですよねー。
私も、ステロイド離脱の時は、本当に苦しかったです。5,6年、強いステロイドを使っていたので・・。想像以上でした。
その後、sochan1jpのお子さんと同じように、プロトピックも使用しました。新薬ということで、どんな副作用があるかはまだ分からないということでしたが、その時通っていた青山の病院の先生と相談して、使ってみました。
私は、プロトピックを保湿クリームと混ぜ合わせて、塗りました。ほてりで熱を持ち、赤み、かゆみ(相当強い)、ひりひり感がすごく、塗ってから2,3日は、お風呂に入れませんでした。大人だから耐えられるものの、お子さんには、かなりきつい症状だと思います。
そんな状態を2ヶ月ほど、続けてみました。
少しずつ、症状が回復し、それ以降はひどくならない限り、保湿クリームだけを塗っていきました。
私の場合は、プロトビックのリバウンド・副作用というのは、ありませんでした。なので、人によって違うのですね・・・。
私の友人の3才の子供が、ひどいアトピーで、その子は、西新宿の「堀江皮膚科」で見違えるくらい良くなりました。私は、あまり回復しませんでした。
sochan1jpのお子さんも、自分の肌と合う病院とお薬に巡り会えるといいですね。

私も、何とかお力になれればと思いますので、他に良い病院や治療法、お薬がありましたら、情報をお知らせしますね。
土佐清水病院っというところも、凄いですね。私は、初めて知りました。保険が適用されれば、さらに良いですよねー。
私も、ステロイド離脱の時は、本当に苦しかったです。5,6年、強いステロイドを使っていたので・・。想像以上でした。
その後、sochan1jpのお子さんと同じように、プロトピックも使用しました。新薬ということで、どんな副作用があるかはまだ分からないということでしたが、...続きを読む

QHPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

 HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。
 核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。
 とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。
 この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。
 ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私も同じアプリケーションを使って分析していると思います。同じように迷いました。
そしてコールセンターに問い合わせ、得られた回答です。
リン酸6.8ml、トリエチルアミン20.9mlを1Lに定容するんだそうですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報