加護さんは、小学生ですよね。
小学生って、働いていいのですか?
法律で、禁止されてるんじゃないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

加護さんにかぎらず、TVのCMやドラマなどで沢山の子役の方も仕事をしていますよね。

ミュージカル「アニー」も「あっぱれさんま大先生」?も子役がいないと始まりません。

労働基準法では、満15歳に達した日以後の最初の3月31日までは、児童を労働者として使用してはならないとあります。
例外として、新聞配達等一部の労働は満12歳以上、さらに、映画製作・演劇の事業では満12歳未満の児童でも、所轄労働基準監督署長の許可を条件として例外的に修学時間外に働かせることができます。

と言うわけで、加護さんは、映画製作・演劇の事業に当てはまるんだと思います。
でも、夜間の労働には制限があります。昔紅白歌合戦で最初に歌って、最後は自宅で見るなんていうのもありましたね。
    • good
    • 0

まず加護さんは中学生です。


法律についてはよく知らないですが、
恐らく時間の制限とか義務教育とかをちゃんとうければ
問題無いんじゃないんでしょうか?
だって小学生が働けなかったら、映画で子役とか使えないでしょ?
    • good
    • 0

加護亜依ちゃんは、1988年2月7日生まれの13歳で


現在中学2年生です。ですから、午後9時まではテレビに
生出演できます。ちなみに辻希美ちゃんも同学年です。
    • good
    • 0

労働基準法第56条(最低年令)の規定によれば、満15歳未満の児童の労働は明確に禁じられています。


しかしこれには例外条項があって(第2項)、

前項の規定にかかわらず、別表第1第1号から第5号までに揚げる事業(注1)以外の事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳【上記「満13歳」は、平10法号附則第1条により、平12・3・31までは「満12才」】以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。映画の製作又は演劇の事業については、満13歳【上記「満13歳」は平10法号附則第1条により平12・3・31までは「満12才」】に満たない児童についても、同様とする。

とあり、ミニモニのお仕事は、この「別表第1第1号から第5号までに揚げる事業以外の事業に係る職業」なので、例外規定が認められます。
「映画の製作又は演劇の事業」にも含まれるんじゃないかな?

(注1)早い話が工場労働や運送、土木、農作業、販売、接客等に係わる肉体労働です。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fworkmom/labors_law …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本給の減額を禁止する法律の有無。判例だけではなく禁止する法律はあるのでしょうか?

雇用者側の会社が、社員の基本給の減額をするには、社員の事前の同意が必須という法律がありましたら、どの法律のどの項目に記載があるかご存知の方がいたら教えていただきたく御願いします。過去の判例では、減額の際には社員の事前同意が必要と同OKWEBのQAから見つけましたが、判例ではなく法律の有無を知りたく、質問致しました。

Aベストアンサー

簡単に言うと、雇用契約も契約になり、賃金はその契約において支払われるものですから、契約内容の変更ということになるので、民法上の契約の制約を受け、当事者の片方が一方的に契約を変更することは認められません。
これは雇用契約だけではなく契約全般に言えることです。

労働基準法には特に賃金を下げてはだめという規定はありません。
しいて言うと、第1条第2項において、

この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。

と書かれているだけです。つまり法律で定められた最低基準があることを理由に基準の引き下げは出来ないと規定しているのと、労働条件は向上に努めねばならないという努力規定があるだけです。

ということで賃金の減額というのは初めに述べたように民法によるものとなるわけです。では民法においてどのようになっているのかというのを考えて見ましょうか。
まず有期雇用契約の場合には原則としてその契約期間中に契約の破棄(条件変更も含む)はできません。労働基準法の制約から3年を超える契約は出来ませんから(一部5年に緩和されている)、3年以下の雇用契約においては自動更新するとしても、3年間は賃金変更は出来ません。(民法第626条、労働基準法第14条)

しかし、正社員というのは通常期限の定めのない雇用契約です。この場合契約の解除の申し入れはいつでも出来るとされており(民法第627条、ただし報酬を定めた期間があればその期間が終了した後)、この意味は契約の条件変更もその後出来るという意味に他なりません。
つまり、明確に賃金をいくらにすると定めた期間を過ぎるとまた賃金をいくらにするのか別に取り決めることが可能であり、そのときに増額も減額も出来るというわけです。

もちろん契約とは当事者間で合意がなされた場合に有効になりますから、片方がそれを拒否した場合には契約は成立しないわけです。となると、報酬がいつまでたっても定まらないということになりますが、これはあとは要するにケースバイケースにて賃金改定の妥当性が争われることになるわけです。つまり、まとめますと、

・法律上給与の減額が出来ないとした規定はありません。
・ただし一方的に減額が出来るわけではなく、双方の合意が必要
・合意にいたらないときには裁判による解決となるが、裁判所の判断は総合的に勘案して決定する

となります。

簡単に言うと、雇用契約も契約になり、賃金はその契約において支払われるものですから、契約内容の変更ということになるので、民法上の契約の制約を受け、当事者の片方が一方的に契約を変更することは認められません。
これは雇用契約だけではなく契約全般に言えることです。

労働基準法には特に賃金を下げてはだめという規定はありません。
しいて言うと、第1条第2項において、

この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させて...続きを読む

Q禁止する法律と認める法律の関係は?

救命士のことを調べていてふと疑問に思いました。
医師法で 「医師でなければ、医業をなしてはならない。」と規定されている一方、
救急救命士法では、「診療の補助として救急救命処置を行うことを業とすることができる。」と書かれており、
実際に医行為が行われています。

この様な、相反する?法律があったときにはどちらが優先だとか、どのように解釈するのかという法論理があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 救急救命士法を見てみましたが、ここでは、「救急救命処置」というものを、医師法とは別個独立に定義し、その範囲では、業とすることを許容するという仕組みになっているようです。

 で、医師法をみると、「医業」については定義規定を置かず、いきなり、医師でなければ医業を営んではならないという規定が置かれています。ましてや、他の法律との整合性と取ろうとする規定は見当たらないようです。

 類似の法令で、保健師助産師看護師法では、「診療の補助」という言い方で、看護師の行為が医療行為にもあたる場合の手当てはなされていないようです。

 このような場合には、法律解釈の一般的な基準の出番になりますが、医師法と救急救命士法との関係では、原則規定と例外規定では、例外規定が一般規定に優先するという関係になるという基準が適用されると考えられます。すなわち、医師と救急救命士とでは、医師が常に救急車に乗務している訳ではないという実態と、救急搬送中に医療行為を含む救急救命措置を行うことが救命率を上昇させるという救命救急措置の必要性を踏まえ、医業の一般的禁止に対して、救急救命措置に限って医師以外の者にも行うことを許容することが適当であるということから、救急救命士の制度ができたと考えられ、それは、医業の一般的禁止に対する例外を定めたものと考えられます。

 ですから、そのような場合には、例外が優先して、救急救命措置である限り、その行為が医療行為であっても救急救命士が行うことができることになります。

 救急救命士法を見てみましたが、ここでは、「救急救命処置」というものを、医師法とは別個独立に定義し、その範囲では、業とすることを許容するという仕組みになっているようです。

 で、医師法をみると、「医業」については定義規定を置かず、いきなり、医師でなければ医業を営んではならないという規定が置かれています。ましてや、他の法律との整合性と取ろうとする規定は見当たらないようです。

 類似の法令で、保健師助産師看護師法では、「診療の補助」という言い方で、看護師の行為が医療行為にもあ...続きを読む

Q小学生の買ったゲームソフトは,法律上返品出来るでしょうか。

 友人の子どもが,ゲームソフトを買ってきて困っているそうです。
 確か,未成年の商行為は親が取り消し出来るように記憶があるのですが,この友人の子どものような,小学生の商行為(上記のような例の場合),法律上取り消しできるでしょうか?
 なお,ゲームソフト店には「返品不可」との掲示はあるようです。
 民法や商法に規定があれば,お知らせ下さい。また,関連したことについても詳しい方がおられたら是非,回答願います。

Aベストアンサー

民法の条文は下記のとおりとなっております。

第4条 未成年者カ法律行為ヲ為スニハ其法定代理人ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス 但単ニ権利ヲ得又ハ義務ヲ免ルヘキ行為ハ此限ニ在ラス2 前項ノ規定ニ反スル行為ハ之ヲ取消スコトヲ得 第5条 法定代理人カ目的ヲ定メテ処分ヲ許シタル財産ハ其目的ノ範囲内ニ於テ未成年者随意ニ之ヲ処分スルコトヲ得 目的ヲ定メスシテ処分ヲ許シタル財産ヲ処分スル亦同シ


具体例については下記のサイトがわかりやすいでしょう。

簡単に言いますと、小遣いのように「処分することを許可された財産」で契約を行った場合は取り消しできないということになりますね。

参考URL:http://www.gifu-consumer.or.jp/infome/info-no25/sub5.htm

Q合意の上でかつ金品の授受無しなら小学生と性行為をしても法律違反ではない

合意の上でかつ金品の授受無しなら小学生と性行為をしても法律違反ではない。?
もしそうなら何らかの規制をすべきではと思うのですが。

Aベストアンサー

 No1さんも 言われるように条例でOUTです。

又、13歳未満でしたら、同意があったとしても
性行為は、刑法177条後段によると「強姦罪」です。

Q【法律・道路交通法】この標識の意味を教えてください。前面道路がAM9:00まで進入禁止?通行禁止?

【法律・道路交通法】この標識の意味を教えてください。前面道路がAM9:00まで進入禁止?通行禁止?

8m先に駐車場がある場合、朝の9時まで出入りが出来ないっていうことですか?

出るのは出来て、入るのは出来ないという標識なのでしょうか?

通行禁止ってことは入るのも出るのも目の前に駐車場があるのに出来ないってこと?

駐車場利用の場合は許される?

朝の通勤に出入りが出来ない駐車場って致命傷では?

教えてください。

Aベストアンサー

警察で時間外通行許可書を発行してもらう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報