個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

全く、違うところのYawという意味を調べていて、「水平方向に回転する」意味が有ります。そこから勝手ながら自分でslowを付けてyaw slowという言葉が「ゆっくり回転させる」ということ、で現在でも使われているかどうかはわからないが日本語になっている「ヨーソロー」の意味ではないのだろうかと思い調べまわったところ一件も出てこなかった。ちなみにyaw slowを翻訳辞書で「ゆっくり回転させる」という結果は出せました。
また以前、仕事の都合上トライスルで検索していて面白いHP見つけました。咸臨丸の航海に関するものです。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/0101Kanrinmar …
以上より、幕末の軍艦は帆船であり航海術は北欧?出身のアメリカ人より教わったことが推察されます。
もちろん日本独自の水軍の航海術はあったと思いますが、その昔、日本海軍の前身は勝海舟なども関わっていた訳ですし、・・・
ヨーソローはyaw slowを日本人が「宜候」の字を当てたとは考えられないだろうか?
もちろん現場での支持やり取りはその前にいろいろな言葉が付いたのでしょうが、殆どの命令の後にこれがついたことでしょうから日本人が聞き取れたヨーソローだけが残ったと自分は推察しました。
現代でYaw slowと使っている外国があれば尚、信ぴょう性が出てくると思いますが、そんな国はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「ゆっくり回転させる」では意味が全く逆ですね。


「よーそろー」は直進の意味(:現在の進路で宜しいの意)です。
それに勝海舟以前から使われている用語です(北前船などの和船では船頭と舵取りが離れているので命令用語が必要であった)。

英語ではsteadyといいます。

この回答への補足

 回答ありがとうございました。
自分なりに考えたのですが、発音からしてslowではなくthrowだったとしたら「(目標物または目標などの後に)~へ yaw throw」というようにいっているほうが実際自然だし、「(目標など)へ向ける、(回頭する)」という意味であれば、直進もありえるわけだから、単に直進という意味だとすると英語でsteadyということなんだろうけど、・・・
もちろん航海術は古くから存在するから勝海舟以前から使われていた存在だと思っています。
また、日本の海軍(自衛隊の前身である)ができるのが勝海舟以降であったので、勝海舟がらみの話で咸臨丸太平洋を渡ってサンフランシスコに行くとき日本人の大半が操船及び用語を理解できなかったがところから米より、学んだと解釈しております。

補足日時:2013/07/31 04:43
    • good
    • 0

ヨーソローの語源は日本語です。


詳しくはこちらで

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1213991.html

この回答への補足

回答ありがとうございました。
NO2に補足したあと、さらに考えたところ ~ yaw throw ~ではなく、 You throw ~ といった船頭の指示が頻繁に行われていたところ(仮定)、江戸時代末期から明治時代にかけて、このやりとりを聞いた日本の海軍の前身者たちが当て字で「宜く候う」としたのではないかと考え着きました。
(目標物に)どこどこへ向かえというような意味であれば、直進もあり得るわけで・・・
100人も乗れる船舶の主力の動力が、帆に風をうける走るセーリングだった頃(咸臨丸のこと)操船技術をオランダ系アメリカ人より学んだということが過去の文献等からわかるが、そう言った欧米人の使っていた言葉が残っていない方が不自然であることも考えました。

補足日時:2013/08/12 07:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨーソローとは?

いつもお世話になっております。
カテに迷いましたが、何処にすればよいのか分らないので、こちらにしました。宜しくお願い申し上げます。

船の舵を取る際に、操舵号令で「○○○!ヨーソロー」と掛け声かけますよね。以前、フェリーの航海士をしている友人に聞いた話だと、このヨーソローは直進を表す事だったり、了解の意があると聞きました。漢字にすると「宜候」・・・でも、何故この「宜候(ヨーソロー)」が直進を表すのでしょうか?と言うか、一体この語源は何なのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

「ヨーソロー」の語源は書かれている通り「宜候」でしょ。

本来なら「取り舵一杯」(命令)「取り舵一杯、ヨーソロー」(復唱)という使い方をするものなの。つまり、命令を受けた側が確認のために復唱する言葉なのね。

ここで、命令する側が単に「ヨーソロー」と言えばそれはつまり「(直進しているこのままの進路で)宜候」ということになるのね。「何もしなくてこのままで宜候」の省略ということになり、結局は「直進」という意味になる。

言葉なんて使い方で意味が変わってくるし、逆に意味がよく判らなくてもその使い方に注目すれば内容はすぐに判るはずだけどね。今回の場合で言えば、命令を発する側と受領して復唱する側との立場の違いが意味の変化を生じさせたのね。

念の為に行っておくと「ヨーソロー」という命令に対しても「ヨーソロー」と答えるのね(笑)。

Q海軍用語(よーそろー)

よーそろー!っと海軍の航海士が言いますが、あれは日本語ですか?
それとも、外国語ですか?また、意味は何ですか?お願いいたします。

Aベストアンサー

「よーそろー」とは海軍言葉で漢字で宜候と書く。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%9D%E3%82%8D


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング