複合機トナーの互換性。


 みなさん、こんにちは。いつも回答ありがとうございます。以下のように
質問しますのでよろしく教授方お願いします。

 リコーの
RICOH imaio Neo 135

RICOH imaio Neo 220

RICOH imaio MF200 60

 と言う三台の複合機を使用しています。
 
トナーは、
imagio トナータイプ20 ブラック

imagio トナータイプ28 ブラック

imagio トナータイプ2 ブラック

と言うのを使っています。

 先日、
imagio トナータイプ20 ブラック
のトナーが急に無くなり、困り果てて
imagio トナータイプ28 ブラック
のトナーを充填して使ってみましたところ、正しく使えました。
 トナーのケースは、異なっても、中身は、一緒のトナーと言うのは、公開されていません。
 imagio トナータイプ2 ブラック
のトナーとも、互換性があるのでしょうか?

 粉が散らばり、健康に良くない。機械を壊す危険も、あることを承知で聞いています。
 複合機は、どのトナーでも、良いとは、思えませんが、原理は、どれでも、同じで、同じメーカーで、年代があまり、変わらないのなら、同じように使えるように思えてなりません。

 ご教授方よろしくお願いします。

敬具

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プリンタの修理屋です。



専門外のメーカーですけど・・・・・・

「MSDS」というのはご存知でしょうか?
「製品安全データーシート」と言って、まともなメーカーであれば公開しています。
トナーやインクに含まれている成分が人体に悪影響を与えないという証明のようなものです。

リコーに関しても公開されておりました。

タイプ2:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/ …

タイプ20:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/ …

タイプ28:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/ …

これらから見ると、タイプ20とタイプ28は一緒と考えて良いと思います。
役所関係の認可番号(CAS No、化審法No、安衛法No等)が一緒で、含有率も一緒ですので。

タイプ2に関しては含まれているものも異なるようで、異なるトナーと考えて良いでしょうね。


ただし、これだけ互換トナーが出ているわけですから、多少トナーの質が変わっても大きな問題にはならないと思われます。


なお、前の回答の補足に付いて。
廃トナーは現在でも多くの機械で発生しています。
廃トナーボックスを設置しているものもありますし、トナーカートリッジに戻されてユーザーさんが気が付いていないものもあります。

昔、キヤノンのパーソナルコピーには「圧力定着」を採用したものがありました。20年くらい前ですね。
PC-9 と言う機種で、私が知る限りではこの1機種だけです。

この機種で圧力定着を採用した理由は、消費電力を抑えたかったことです。
オプションの場ってーを搭載してコードレスで使うことが出来ました。
2つのローラーでかなり強く挟み込んで、そのときにトナーが変質して定着していました。
仕上がった紙は表面がツルツルして非常に綺麗な書類に見えました。


ユーザーで一番多かったのは警察で、パトカーの中に乗せておき、交通違反の資料をその場で作って入るようでした。
原稿台に青キップを忘れて、そのまま修理依頼されたこともあります。

そのかわり本体の重量は恐ろしく重くなりましたし、バッテリーが入るとさらに重くなりました。

現在ではオンデマンド定着といって、フィルムを使ったり、IHを使った定着が主流です。
フィルムを使ったオンデマンド定着では、消費電力も抑えることが出来ましたし、重量は非常に軽く出きました。
また、表面温度をコントロールすることで定着の速度を上げることも出来たわけです。


圧力定着は消えるべくして消えたと考えています。(一時的に警察にゴマをすっていたという見方もできるかも)


現在では圧力定着は使いにくいでしょうね。
カラーレーザー、カラーコピーが増えたからというのも理由のひとつ。
カラーの場合、定着までは紙の上に静電気でトナーが貼りついているだけです。
定着するときにはできるだけその状態を崩さないようにプレスしたいわけで、紙やトナーに大きな力を加える圧力定着は不向きと判断したのでしょう。
また、圧力定着は速度を上げるのが難しそうです。そちらが致命傷だったかも。

この回答への補足

 レスありがとうございます。

>ただし、これだけ互換トナーが出ているわけですから、多少トナーの質が変わっても大きな問題にはならないと思われます。
>
 回答いただいた意味が良く分かりません。

 タイプ2とタイプ20の型番が異なっても、使用できる、機械に大きな損傷を与えないと言う意味でしょうか?

 トナーについては、素人で未知なので、よく分かりません。

 どなたでもよく、もし、ご存知であれば、ご教授方よろしくお願いします。

敬具

補足日時:2013/09/27 18:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しい情報をいただき、ありがとうございます。
 タイプ2が、タイプ20と代替できるかどうか分かりません。
 できれば、代替して使いたいです。
 代替トナーが出回っていて、オリジナルと異なったトナーが、多くあっても、タイプ2が、タイプ20と代替できるかどうかは、分かりません。
 危険を避けるなら、使わないほうが良いでしょう。
 情報がありましたら、ご教授方よろしくお願いします。

敬具

お礼日時:2013/09/23 12:06

>複合機は、どのトナーでも、良いとは、思えませんが、原理は、どれでも、同じで、同じメーカーで、年代があまり、変わらないのなら、同じように使えるように思えてなりません



原理が同じとお思いかもしれませんが、
帯電→感光→定着という基本プロセスは同じでも、

トナーの方は、磁性トナー、オイルトナー、オイルレストナーとか色々あるんです。

エプソンのように複数社からプリンタエンジンを購入している会社は、もちろん機種毎にトナーの成分が異なる可能性は高いのですが、
リコーやキヤノンという自社開発エンジンの会社であれば、機種が異なってもトナーが同一成分である可能性は高くはなりますが、
開発した年代やシリーズでトナーが同一成分ではない可能性は依然として残ります。

特に、定着ローラーの構造が異なっていたりしたら要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 レスありがとうございます。
 メーカーに聞いても、類似していることも、事実であるが、結局色々あるという結論になります。
 トナーの研究と開発も、製品の重要なノウハウなので、極一部の人しか知らない秘密なのでしょう。
 昔のトナーは、廃トナーと言って使用済のトナーができて、これを回収廃棄するというものでした。今は、この廃トナーが出ないようになっています。あまったトナーは、循環させて完全に使い切ってしまっているのです。

 当時のトナーと今のトナーでは、たぶんに異なるのでしょう。

 リコーの製品でも、京セラのコピー機がOEMで混じっている場合もあり、このような場合、京セラのOEMのトナーなら純正品と混合しないほうが良いでしょう。

 機種が異なっても、同一のカセットを使用する場合があり、このような情報は、手に入るかも、知れません。

 当時の廃トナーを新しいトナーに混合して使用する人がいました。
 少し、色が、灰色になるが、使えるとの事です。また、定着できなくなるなどと聞きました。

>特に、定着ローラーの構造が異なっていたりしたら要注意です。

 今は、熱定着が一般的ですが、昔のキャノンでは、圧着定着と言うのがありました。熱定着は、熱で、紙に焼き付けて定着しますが、圧着定着は、熱によらないで、圧着することで紙に定着させる方式です。これだと、熱を使わない分すぐに使用できるメリットがありますが、定着力が弱いので、紙を折ったりすると印字が切れたりします。
 今は、キャノンも、熱定着を使っています。やはり、熱定着ほどの性能が出ないのでしょう。

 この方式によって、トナーが異なると言っているのでしょうか?

 流用できても、実際は、機種によって、微妙に変更しているということもあるかも知れません。
 我々の欲しいのは、機種による、その同一、異なるの詳細の情報が欲しいのです。
 自己責任で、入れ替えたら、自己責任で、機械が壊れる危険があると言われるとなかなか、実験できないのが実情です。

 しかし、トナーの研究も、ついには、サチレートして、同じようなトナーになっていくのでは無いかと考えられます。

 何か情報がありましたら、よろしく教授方お願いします。

敬具

お礼日時:2013/09/04 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリサイクルトナーについて

カラーレーザー用トナーの交換時期がきました。
注文をしょうと思うのですが、リサイクルトナーは値段が安いですよね。

純正のトナーをどこが違うのでしょう?

メリット、デメリットを教えて下さい。

Aベストアンサー

 他の回答者の方も書いていますがメリットはやはり安いことですね。

 デメリットはやはり品質のリスクがあるというところでしょうか。
 リサイクルトナーのメーカの技術力は純正メーカのそれに及ぶことは少ないですので、品質上のリスクを十分ケアできません。純正メーカであればいろいろな使用条件下での品質をチェックしていますが、リサイクルトナーメーカは限られたチェックしかできません。(チェックが少ないから安いとも言えます。リサイクルトナーメーカが言う十分なチェックとかいった宣伝文句は話半分です。)
 ですのでそのチェックが当たっていれば問題は起こりにくいですが、そうでなければプリンタ本体の修理を要するようなトラブルが生じることがあります。そうなればリサイクルトナーで浮いた経費の何倍もの修理費が必要になります。
 純正トナーであれば、トナーが原因のトラブルが生じた場合、保証期間であればもちろん無償修理ですし、保証期間を超えても、メーカの瑕疵が明らかであればゴネれば修理費がディスカウントされることもあります。
 流通量の多いリサイクルトナーで品質的なトラブルの評判が悪くなければ問題が生じる確率も多少低いかもしれませんが保証が受けられないことには変わりありません。

 リスクを受け入れられるならコスト面でリサイクルトナーが良いと思いますが、故障でプリンタが止まりプリントの代替手段がなくて業務上非常に困るといった場合はよく考える必要があるでしょう。

 あと、デザイン関係等で色を重視するならリサイクルトナーは全くおすすめできません。トナーを変えて、庶務担当が気づかないような色の違いをデザイナーとかは敏感に気づきますので。

 他の回答者の方も書いていますがメリットはやはり安いことですね。

 デメリットはやはり品質のリスクがあるというところでしょうか。
 リサイクルトナーのメーカの技術力は純正メーカのそれに及ぶことは少ないですので、品質上のリスクを十分ケアできません。純正メーカであればいろいろな使用条件下での品質をチェックしていますが、リサイクルトナーメーカは限られたチェックしかできません。(チェックが少ないから安いとも言えます。リサイクルトナーメーカが言う十分なチェックとかいった宣伝文句は...続きを読む

Qシャープの複合機のトナーについて

知人がシャープの電話等のセットを購入し、使わないと言うのでついていたデジタル複合機を譲ってもらい仕事で使用しています。ついていたトナーが切れそうなので、
電気屋や会社事務用品の通販などでトナーを探したのですが、どこも取り扱っていないと言われました。
メーカーに、5000枚保障つきの保険契約(42000円)を勧められたのですが、コンビニのコピーとたいしてコストが変わらず、迷っています。まだ値段は聞いていないのですが、保険なしのトナーカートリッジもあるようです。
やはり保険つきの契約にするべきなのでしょうか。
どなたか、よい方法をご存知でしたら、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>型番はAR-F161Pです。

型番がわかればすぐです。
参考URLや下記ページで売っています。

http://www.livre.co.jp/sharp-copy2.html

海外用の物を利用した

http://www.rakuten.co.jp/toner-sanko/430789/432259/

が一番安いようです。

参考URL:http://www.asarinet.co.jp/toner/kisyu/sherp.html

Qプリンタートナーの「残量が少なくなってきています」からどれくらい印刷可能ですか?

プリンターを利用していると、「残量が少なくなってきています」
というメッセージが出てきました。

このメッセージが出てきてどれくらいの枚数印刷
できるのでしょうか?

大体感覚では10%くらいで切れると思っているのですが…

トナーを注文するタイミング、程度に思っているのですが、
意外とトナーを振るとまだ使えたりして、限界まで
使ったほうがお得だと思い、「トナーの印刷できる限界」
を知りたくて質問しました。

ご経験のある方のお教えください。

Aベストアンサー

少残量メッセージは、そのプリンタに設定された何らかのセンサーによって判断されて表示されているもの。
機種によって、その判断の仕方も違うでしょうし、トナーが片寄っていたりすることもあるし、どのくらい印刷できるかの判断は難しいのでは。
メーカーに確認すると教えてくれるかも知れません。(残量%教えて貰ったとして、枚数の判断出来るのでしょうか?)
実際に無くなるまで使ってみて、経験から判断していくという方法もありますね。

トナーの予備ストック1個を確保しておけば、完全に無くなった時に交換できます。
トナーを1個しか置けないような契約でしょうか??

QEPSONとNECのレーザープリンタのトナーの互換性は?

次のEPSON2機種のプリンタについて、それぞれ下記のNEC機種のトナーに互換性がある小耳に挟んだのですが、実際はいかがなものでしょうか?
それぞれの純正トナーの適合について、実証済みの方、使用実績のある方がいらっしゃいましたら宜しくご教示いただけると幸いです。
(EPSON純正トナーは相場が高いのですが、NEC純正トナーでしたら格安で入手できる話があるもので…^^; 宜しくどうぞ。)


○EPSON機種名(トナー型番):LP-8800C(LPCA3ETC2Y,M,C,K)
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
 NEC機種名(トナー型番):PR-L9200C(PR-L9200C-11~14)

○EPSON機種名(トナー型番):LP-2200(LPA4ETC4)
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
 NEC機種名(トナー型番):PR-L1250(PR-L1250-11)

以上、それぞれの汎用品はあるようですが、純正品の適応に限定して、宜しくご教示お願いいたします。m(__;)m

Aベストアンサー

こんにちは

あくまでも「たまたま動いただけ」だと思います。
型番のちがうトナーを使用するとトナーにも出荷時期
でバージョンが存在します。(トナーの成分配合の違いなど)

その為にプリンター本体が故障してしまう可能性があります。

とにかくメーカーの発表しているものを購入して利用したほうがプリンターの為にもなりますのでそのまま素直に従いましょう。

Q業務用複合機のトナー料金が高くて困っています・・・。

現在会社で業務用複合機を利用しているのですが、トナー代金が高くて困っております。メーカーに問合せたところ「その機種のトナーには≪4万円で保守料込み≫と≪2万円で保守別≫の2種類あります。」とのことでした。
私の会社は≪4万円・保守込≫の方なのですが、正直そんなに調子が悪くなったりすることもないので≪2万円・保守別≫に変更できないかと尋ねたところ、「販売した会社との兼ね合いで出来ない」と言われてしまいました。
2種類のトナー料金の差額の2万円が保守にあたる料金と考えると、私の会社では保守に月平均3万円以上支払っていることになります。
ネットで調べると、使っている機種のトナーを純正品・リサイクル品ともに、メーカーよりも安く売っているものが幾つかありました。

そこで質問なのですが、

「現状のメーカーとの契約はそのままで、トナーを他で安く購入して利用する」「たまにメーカーからも購入して、保守も継続して見て貰う」という事は可能なのでしょうか?
今迄よりトナーの注文が減ることで、メーカーや販売店から何か言われたりするのでしょうか?

どなたかお詳しい方がおられましたら、アドバイスの程宜しくお願いします。

現在会社で業務用複合機を利用しているのですが、トナー代金が高くて困っております。メーカーに問合せたところ「その機種のトナーには≪4万円で保守料込み≫と≪2万円で保守別≫の2種類あります。」とのことでした。
私の会社は≪4万円・保守込≫の方なのですが、正直そんなに調子が悪くなったりすることもないので≪2万円・保守別≫に変更できないかと尋ねたところ、「販売した会社との兼ね合いで出来ない」と言われてしまいました。
2種類のトナー料金の差額の2万円が保守にあたる料金と考えると、私の会社では保守に...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

「現状のメーカーとの契約はそのままで、トナーを他で安く購入して利用する」「たまにメーカーからも購入して、保守も継続して見て貰う」という事は可能なのでしょうか?・・・・・・保守契約の条件の中に純正の消耗品を使うという項目があると思います。普通は。

ですから、社外トナーを使用した時点で保守契約は打ち切りで、修理はスポット修理(つど修理代金を支払う)になると思われます。
ただし、メーカーによって、機種によって、スポット修理をしない機種がありますので、保守契約を解約したら、故障→廃棄となりかねません。

「販売した会社との兼ね合いで出来ない」というのは、サービス会社が言った言葉だとおもいますが、サービス会社は販売会社からの依頼(間にメーカーが入るケースもあります)で動いているだけです。
契約変更は販売店に切り出すのが正解です。

トナーに保守料金が含まれていると言っても、たいていは年度ごとの契約になっているはずで、どちらかが言い出さなければ自動継続となっているのが多いはずです。
契約更新時期が手続きは楽だと思いますけどね。

ただ、メーカーによっていろんな縛りがあるはずですので、契約書は読み返してみるのがいいでしょう。

プリンタの修理屋です。

「現状のメーカーとの契約はそのままで、トナーを他で安く購入して利用する」「たまにメーカーからも購入して、保守も継続して見て貰う」という事は可能なのでしょうか?・・・・・・保守契約の条件の中に純正の消耗品を使うという項目があると思います。普通は。

ですから、社外トナーを使用した時点で保守契約は打ち切りで、修理はスポット修理(つど修理代金を支払う)になると思われます。
ただし、メーカーによって、機種によって、スポット修理をしない機種がありますので、...続きを読む

Q汎用品トナーと純正品トナーの違いは?

あるカラーレーザープリンタを使っているのですが、
画像などが、たくさん入った原稿をたくさん印刷しておりまして
最近どうもトナーの減りが早いと感じています。

なんとか、経費を削減できないかと思っておりまして、
安くトナーを購入できないかと考えております。

そこで、いろいろ調べていましたら、汎用品トナーのほうが
安いということがわかりました。トナー通販会社のホームページ
を見ていましたら・・・

「全然問題無いですよ。」「新品なので純正と同等に使えます」
などと書かれています。経費を削減できるのなら、汎用品を購入
したほうが明らかに得ですよね。

そこで、純正品と汎用品の違いは何ですか?
明確に教えていただける方のご回答をお待ちしております。
特に、専門家の方のご意見をお待ちしております。
よろしくお願いします。

なお、リサイクルは使うつもりはありません。
(以前、痛い目に遭った方の話を聞いたことがあるので)

Aベストアンサー

一応、専門家となる範囲のものです。

純正品とは、そのブランドメーカー 又はOEMメーカー(相手先ブランド供給元)が製造している つまり、プリンタメーカーが性能を保証したものです。

一方、汎用品とは、それ以外のメーカーが製造している つまり、プリンタメーカーが性能を保証していないものです。
 但し、プリンタメーカーから承認を得られていない専業のメーカーが製造している場合もありますので その場合も、様々な確認試験で性能が(メーカーが)保障できることは確認済みです。

 性能試験はどちらでもやっていますが試験項目数が違う or 試験内容が違うとお考えください。
 但し、最終的にはユーザーの使用方法(印字環境や内容など)を全てわかるわけでは無いのでと注釈入りになります。


 汎用品:一般的に価格が安い。試験項目は純正品より少ないと思われる。普通に印字するには何も問題ない。

 純正品:何よりもプリンタが故障した場合、純正だと保障があるが もし、汎用品であることが不具合原因とされた場合、保証が受けられない可能性がある。

 ということで、万一の場合の保証と購入金額を天秤にかけるような判断となります。


 個人的には、汎用品を選びますが・・・。

一応、専門家となる範囲のものです。

純正品とは、そのブランドメーカー 又はOEMメーカー(相手先ブランド供給元)が製造している つまり、プリンタメーカーが性能を保証したものです。

一方、汎用品とは、それ以外のメーカーが製造している つまり、プリンタメーカーが性能を保証していないものです。
 但し、プリンタメーカーから承認を得られていない専業のメーカーが製造している場合もありますので その場合も、様々な確認試験で性能が(メーカーが)保障できることは確認済みです。

 性能試...続きを読む

Q複合機トナーの互換性。

複合機トナーの互換性。


 みなさん、こんにちは。いつも回答ありがとうございます。以下のように
質問しますのでよろしく教授方お願いします。

 リコーの
RICOH imaio Neo 135

RICOH imaio Neo 220

RICOH imaio MF200 60

 と言う三台の複合機を使用しています。
 
トナーは、
imagio トナータイプ20 ブラック

imagio トナータイプ28 ブラック

imagio トナータイプ2 ブラック

と言うのを使っています。

 先日、
imagio トナータイプ20 ブラック
のトナーが急に無くなり、困り果てて
imagio トナータイプ28 ブラック
のトナーを充填して使ってみましたところ、正しく使えました。
 トナーのケースは、異なっても、中身は、一緒のトナーと言うのは、公開されていません。
 imagio トナータイプ2 ブラック
のトナーとも、互換性があるのでしょうか?

 粉が散らばり、健康に良くない。機械を壊す危険も、あることを承知で聞いています。
 複合機は、どのトナーでも、良いとは、思えませんが、原理は、どれでも、同じで、同じメーカーで、年代があまり、変わらないのなら、同じように使えるように思えてなりません。

 ご教授方よろしくお願いします。

敬具

複合機トナーの互換性。


 みなさん、こんにちは。いつも回答ありがとうございます。以下のように
質問しますのでよろしく教授方お願いします。

 リコーの
RICOH imaio Neo 135

RICOH imaio Neo 220

RICOH imaio MF200 60

 と言う三台の複合機を使用しています。
 
トナーは、
imagio トナータイプ20 ブラック

imagio トナータイプ28 ブラック

imagio トナータイプ2 ブラック

と言うのを使っています。

 先日、
imagio トナータイプ20 ブラック
のトナーが急に無くなり、困り果てて
imagio トナ...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですけど・・・・・・

「MSDS」というのはご存知でしょうか?
「製品安全データーシート」と言って、まともなメーカーであれば公開しています。
トナーやインクに含まれている成分が人体に悪影響を与えないという証明のようなものです。

リコーに関しても公開されておりました。

タイプ2:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/MSDSSearchforName/D2323011C1113239492577FB0018646E?OpenDocument

タイプ20:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/MSDSSearchforName/DA3DFAE95639449E492577FB00186322?OpenDocument

タイプ28:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/MSDSSearchforName/F682808688E776E6492577FB0018631B?OpenDocument

これらから見ると、タイプ20とタイプ28は一緒と考えて良いと思います。
役所関係の認可番号(CAS No、化審法No、安衛法No等)が一緒で、含有率も一緒ですので。

タイプ2に関しては含まれているものも異なるようで、異なるトナーと考えて良いでしょうね。


ただし、これだけ互換トナーが出ているわけですから、多少トナーの質が変わっても大きな問題にはならないと思われます。


なお、前の回答の補足に付いて。
廃トナーは現在でも多くの機械で発生しています。
廃トナーボックスを設置しているものもありますし、トナーカートリッジに戻されてユーザーさんが気が付いていないものもあります。

昔、キヤノンのパーソナルコピーには「圧力定着」を採用したものがありました。20年くらい前ですね。
PC-9 と言う機種で、私が知る限りではこの1機種だけです。

この機種で圧力定着を採用した理由は、消費電力を抑えたかったことです。
オプションの場ってーを搭載してコードレスで使うことが出来ました。
2つのローラーでかなり強く挟み込んで、そのときにトナーが変質して定着していました。
仕上がった紙は表面がツルツルして非常に綺麗な書類に見えました。


ユーザーで一番多かったのは警察で、パトカーの中に乗せておき、交通違反の資料をその場で作って入るようでした。
原稿台に青キップを忘れて、そのまま修理依頼されたこともあります。

そのかわり本体の重量は恐ろしく重くなりましたし、バッテリーが入るとさらに重くなりました。

現在ではオンデマンド定着といって、フィルムを使ったり、IHを使った定着が主流です。
フィルムを使ったオンデマンド定着では、消費電力も抑えることが出来ましたし、重量は非常に軽く出きました。
また、表面温度をコントロールすることで定着の速度を上げることも出来たわけです。


圧力定着は消えるべくして消えたと考えています。(一時的に警察にゴマをすっていたという見方もできるかも)


現在では圧力定着は使いにくいでしょうね。
カラーレーザー、カラーコピーが増えたからというのも理由のひとつ。
カラーの場合、定着までは紙の上に静電気でトナーが貼りついているだけです。
定着するときにはできるだけその状態を崩さないようにプレスしたいわけで、紙やトナーに大きな力を加える圧力定着は不向きと判断したのでしょう。
また、圧力定着は速度を上げるのが難しそうです。そちらが致命傷だったかも。

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですけど・・・・・・

「MSDS」というのはご存知でしょうか?
「製品安全データーシート」と言って、まともなメーカーであれば公開しています。
トナーやインクに含まれている成分が人体に悪影響を与えないという証明のようなものです。

リコーに関しても公開されておりました。

タイプ2:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecology/msds.nsf/MSDSSearchforName/D2323011C1113239492577FB0018646E?OpenDocument

タイプ20:https://www2.notes.ricoh.co.jp/ecolo...続きを読む

Qトナーの互換性(PR-L1700C)他

トナーの互換性についておたずね致します

PR-L1700C(NEC)・LP-V500(EPSON)とDocuPrintC525A(XEROX)は同じエンジンを使用しておりますが、トナーとドラムカートリッジは共通に使用できるのでしょうか、それとも他には入らないように加工してあるのでしょうか?

メーカーには聞きづらいものですから

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

どれも専門外のメーカーですので、参考までに。
基本形状は同じでしょうが、カートリッジの有無を検知するリブなどの位置を変えている場合があります。

リサイクルトナーの会社のHPなどを見つけて確認するのが良いかも知れません。

キヤノンの少し前の機種ですが、LBP-1310と複合機のPC1200シリーズは基本構造は一緒ですがカートリッジを検知するリブの位置が違い入りません。
ところがもう少し前のLBP-850系と複合機のLP3000は互換性がありました。

Qトナー補給ランプが消えない

シャープAR-163Fデジタル複合機です。
先日トナー切れランプガ点灯したので自己責任のもとトナー粉を購入し補給しました。もちろんデジタル専用でメーカー適合もしている商品です。

トナー補給の前からトナー補給音「バサッ…バサッ・・」とは別に、給紙音の様な「カチャ!カチャ!」という連続した異音がしており、最近特に酷くなって、コピー使用後に間がなくても立ち上がりに相当時間くわれる様になりイラついておりました。そして今日、コピー1枚とる毎に「トナー補給して下さい」のエラーメセージでコピーストップしてしまいました。トナーメンテナンスのランプ解除もしているのですがトナー以外でのトラブル箇所があるのでしょうか?
トナーの残量はリセット時の残数カウントだと思うのですがトナー残量を物理的に読み取っているのでしょうか?

サービスに連絡をとって…と言うアドバイス以外で頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

>>もちろんデジタル専用でメーカー適合もしている商品です
原因はこことしか言い様がありません。

機種によって違ってくるのですが、使用枚数によってメンテランプ(サービスランプ)のランプを出したり、トナー残量によってトナーランプを出したりします。
ご使用の機種がどのようなシステムかはわかりませんが、追加補給しているトナー粉があってなくてトナーとして反応してなあいか、すぐに廃トナーとして回収されてしまっているのではないでしょうか。
同じメーカーでもトナーの成分、帯電電圧、現像材(デベロッパ)との相性等が機種により全然違ってきます。

Qなぜ会社のプリンターはいつも「トナー不足」なのか

会社の各社員のパソコンにつながっているプリンターは、
なぜ毎日、「トナー不足」という表示が出ているのでしょうか。

Aベストアンサー

「なぜ毎日、「トナー不足」という表示が出ているのでしょうか。」

 本当にトナーが不足しているから。その原因は、以下の理由によると思います。

1.補充の仕方は知っているが、誰かがいつかやるだろう。今、オレがする暇はないから。
2.補充をしたいが、私には、やり方が分からない。その内、詳しい人がしてくれるだろう。
3.そもそも表示に気付いていない。


人気Q&Aランキング