平成3年から、プリメーラセダン2.0(150馬力のエンジン)を9年間乗り、昨年、プリメーラワゴン2.0S-V(190馬力のエンジン)に乗り換えて
1年経過しました。(走行は驚くほど少なく5000Km)

 ほとんどチョイ乗りでも、前車の燃費は、7から8km/Lでしたが、新しいワゴンは、7km/Lをしたまわるのがほとんどです。(乗り方は同じはず!)

 ・CVTは、燃費が良いのがうたい文句なのになぜでしょうか?
 ・走行距離が、5000kmでは、まだエンジンが馴染んでないのですか?
  (ディーラーで、1万kmほど走らないと馴染まないといわれたけど???)
 ・この、ハイパーCVTの場合、CVTでの走行と、M6(セミオートマ)での  走行では、どちらのほうが燃費がいいのでしょうか?
  (M6で走ると、どうしても引っ張ってしまい、回転を上げてしまいます)
 ・基本的に、エンジンが違うから、燃費が悪い?
 ・ワゴン車なので、車体が重い?

プリメーラユーザー 又は ハイパーCVT(M6)ユーザーの方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答が少ないのでご参考までに。


私は、H9年式プリメーラワゴン2.0G-Vに乗っています。
平均燃費は、10Km位ですね。朝夕の通勤と時々仕事で使用しています。
現在までの走行距離は65,000Kmですが、納車時から燃費はほとんど変わりません。
ほとんどが一般道ですが、田舎なので参考にならないと思います。
今までの最低燃費は7Km、最高燃費は13Km位でした。

確かに、プリゴンCVTは思ったより燃費が良くないように思います(他は解らないけど)。
前の方の書込みの通り、車重とエンジンのせいだと思います。

ちなみに、M6での走行は私も試しましたが、燃費は向上しませんでした。私の腕では!

以上、ご参考までに
    • good
    • 0

エンジン(190馬力はパイパワ-仕様ですものね)と車体重量のせいでしょうね。



基本的にベルトは滑りません。滑ったが最後プ-リと呼ばれるベルトと接触するカサ状の部分の表面が傷つき一発で壊れてしまいます。ベルトが大きな伝達ロスになって有段ATに比べ不利という話しは専門筋で聞いたこと無いです。
前出の方が聞いたのは概念でVベルトと混同した勉強不足の営業さん(日産の不振はこういうデイラ-の人のせいが大きいんだよなあ、トヨタなら自分とこの固有技術にこんなデマ飛ばさないんだろし。不幸だよな-日産さん)だろうと思います。

またベルトは国産の殆どが同一メ-カ-のほぼ同一品(周長とエレメントを止めるスチ-ルベルト枚数が違うだけ)ですのでホンダのホンダマチック(有段AT)とマルチマチック(無段AT)の燃費差を見れば、上記説明に納得していただけるかと思います。

pinkpanther516さんのもう一つの問い、CVTでの走行と、M6(セミオートマ)での走行では、どちらのほうが燃費がいいのでしょうか、ということに関してはCVTに変速を任された方が良いです。
これは近年の有段ATをみていただければ解かるように段数が多いほうが燃費は良いです。M6は無段変速をあえて6段の決まった変速比に固定してしまう機構ですので5、6速の間にいわば5.1、5.2速と無限の変速比を更につながったまま変更していくCVT状態の方が燃費には有利です。
ただ、M6のシフトダウンする時の快感は燃費を悪化させても棄てがたいですよね。(あれで押してダウンなら文句無しなんですが)

ちなみにホンダのロゴの後継は燃費狙いのため、あえて有段より価格の高い(ベルトが独占なんで高いんですよ、これが。)全車ATはCVT一本にするという話しが流れてます。
    • good
    • 0

H9 2.0G-Vに乗っています。


私の場合、街乗りで 5km/l 前後です。
ハイパーCVTでは伝達ロスが多く、燃費にかなり悪影響を及ぼしていると聞きました。
ハイパーCVTの金属ベルトが重く、個体差があり、燃費の影響が少ないものもあるという噂も聞いて、ディーラーで交換してもらいましたが変わらずでした(クレーマー^^?)。
今ではもうあきらめてます...--;)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

CVT」に関するQ&A: 車 CVTオイルは交換する?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のエンジンオイルの交換時期は3000Km? 5000Km?

以前H社の車(2000cc)に10年ほど乗っていました。ディーラーの
方から、オイル交換は5000Kmごとにと言われ、そのとおりにして10年
間エンジン関係のトラブルは有りませんでした。

昨年T社の車(2400cc)に乗り換え、同社ディーラーの方から、オイル
の交換は3000Kmごとに、と言われました。何回かはその通りにしていた
のですが5000Km近く走ってからオイルの交換を依頼したところ必ず
3000Kmで交換するよう言われました。

1年に2万Kmから2万5000Km走行しますが、かなり大人しく乗るほう
です。3000Kmで交換したほうが車には良いと思いますが、耐久性が高い
と思っていたT社の車のほうが交換時期が早いとは。

車はどちらもNAエンジンで、ファミリー向けの車です。

Aベストアンサー

ボンネットの内側にラベルが貼ってないですか?
エンジンに関するデータの書いてあるラベルに
OILの交換時期の記載があったと思います。
もしくは取り扱い説明書のメンテナンス等のページを
探してみて下さい。
最近の車は良く知りませんが、
5000kmごとの交換でいいと思います。

Q高年式・20万Km走行車のエンジン交換について

15年目になる通算走行距離が20万5000Kmを超えた愛車にオイル漏れが起きてるのですが、クランクシャフトシールを交換してから約3ヶ月であることを考えると、クランクシャフトが磨耗によりヤセが始まっておりシール交換だけでは対応困難。

乗り続けたいならリビルド品を入手してエンジン交換の必要があるらしいです。
費用は入手可能な部品しだいで20~40万程度の幅になる可能性が高いとの事。

秋に車検迎えますし、今後発生しうる整備費や燃費等のランニングコストを考慮すると普通なら買い替えた方が安上がりでしょうが、今の車に愛着があるので修理可能なら安全上の問題がなく保安基準クリアできる限りは乗り続けたいと思ってます。

仮にオイル漏れ等が解決しても足回りや他の部品の劣化等に見舞われることは覚悟の上ですが、

エンジン交換した経験ある方の体験談やアドバイス頂ければと思います。

Aベストアンサー

すげえ!、エライ!、ある意味、本当のエコ!
本当に大切にしてみえるんですね。


そこまで承知の上でのご検討ならば。

リビルドエンジン自体は車種でだいぶ金額が違います、
よく故障するエンジンは、リビルド屋さんに在庫もあり、価格も安く、
絶対数の少ない車種は、現物修理となり、価格も高いです。

リビルドメーカーは、作業してくれる工場のお勧めに任せるのが良いと思います、
リビルドメーカーも色々ありますので、少しでも評判の良いメーカーを選ぶべきです、
また、メーカーが保証してくれるのは、リビルドエンジン本体のみで、
万が一、リビルドエンジンに不調があった場合でも、作業費用は保証してはもらえません、
万が一の場合に、エンジン自体に問題があったのか、作業に問題があったのか、
責任の擦り付け合いに発展することがありますので、
それを回避する意味でも、作業工場に任せるのが良いと思います。

実行される場合、エンジン単体はリビルドで良いとして、
補記類(インジェクターや、アイドルサーボや、センサー類や、ホース類)
も、なるべく同時交換が良いです、(特にゴム製品は、ほぼ必須と思って)
エンジン着脱時にしか、交換出来ないようなもの、
(エンジンマウントや、クラッチ周りなど)も、予算が許せば交換する方がお勧めです、

エンジン本体や、補記類も、安くないですが、工賃も安くはないので、
ついで作業ならば、なるべく替えられる部品は替えるべきだと思います、
些細な部品をケチって、工賃の2度払いは、一番ツマラナイですもんね。

大きな金額になりますので、予算が心配ではありますが、
そこまで大きな修理であれば、予算も、時間も、可能な限りかける方が、
意味のある、価値のある修理になると思います。

今どき、それくらい理解の上、ジックリ考えてる人って少ないですよね、
考えること事態オックウなのか、考える力が無いのか?
自分では何も考えず、構造も知らず、知ろうともせず、調べもせず、
ただ「安く直してくれ」ってヤカラの多いこと(笑)
修理屋に「安くして」なんて「サボっても良いよ」と言ってるのと同じなのにね・・・
スイマセン、グチも書いちゃった(笑)

すげえ!、エライ!、ある意味、本当のエコ!
本当に大切にしてみえるんですね。


そこまで承知の上でのご検討ならば。

リビルドエンジン自体は車種でだいぶ金額が違います、
よく故障するエンジンは、リビルド屋さんに在庫もあり、価格も安く、
絶対数の少ない車種は、現物修理となり、価格も高いです。

リビルドメーカーは、作業してくれる工場のお勧めに任せるのが良いと思います、
リビルドメーカーも色々ありますので、少しでも評判の良いメーカーを選ぶべきです、
また、メーカーが保証してくれるのは、...続きを読む

Qエンジンの設計について・・・ 燃費.馬力について 

1.エンジン部品を設計変更して、燃費を向上させたい!(コストは考えないものとする)
2.エンジン部品を変更してエンジン出力を上げたい!!(コストは考えないものとする)

以上の問いについて教えてください
お願いします

Aベストアンサー

1、残すのはシリンダーくらい?
費用を考えないのならリーンバーンの方向へ持って行くでしょうね。直噴エンジンへ変更し燃焼効率を第一に考えたエンジンにします。
ただし、燃料を薄くするので、エンジンは壊れやすく、運転席は燃料の制御の為の装置がいっぱい並びそうですね。
まさに世に1台の車になると思います。量販は無理です。
燃費にこだわるならモーターアシストなどが現実的でしょう。

2、出力の向上なら過給機が手っ取り早そう
空気がたくさん取り込めれば出力は上がるでしょう。空気がたくさん入れば燃料が薄くなりエンジンが壊れやすくなります。
そこで1、の技術が役に立つでしょう。

すぐに思い付くのはこれぐらいですが、いかがですか?

QJC08燃費、CVT>5MT? 5MT>CVT?

JC08の燃費数値を眺めていて気が付いたのですが、小型車の多くでは、同グレードの比較において車両重量の重たいCVT車両の方が、より軽量な5MT版よりも、JC08燃費が良くなっています。

例:
Vitz RS 1.5L CVT 車重:1030kg JC08:19.6Km/L
Vitz RS 1.5L 5MT 車重:1020kg JC08:17.2Km/L

ところが、ダイハツのミラでは5MTの方がCVT版よりもJC08燃費が良いとあります。
Mira Van 0.66L CVT 車重:740kg、JC08:22.2Km/L
Mira Van 0.66L 5MT 車重:710kg、JC08:24.2Km/L

私的にはダイハツミラの性能差の方が自然に思えるのですが、CVTと5MTの燃費差はどのような原因で生じるのでしょうか?

自動車の燃費測定、とくにJC08の測定基準などに精通した方からのご説明を頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ちょっと国交省のJCO8燃費測定方法の等価慣性重量(フライホイール重量)に関する表(試験車両重量による区分け)を調べてみました。
ミラバンの場合ですが、
5MTの車重:710kg⇒等価慣性重量は680kg(車両重量が651kg~710kgの場合)
CVTの車重:740kg⇒等価慣性重量は740kg(車両重量が711kg~765kgの場合)
となり、5MT車の燃費測定試験のほうが、60kgも軽いフライホイール重量(負荷ともいえるでしょう)で燃費を測定できることになります。
私は、これで、ミラの場合はCVTと5MTの燃費が逆転したものと考えます。
同じ土俵(等価慣性重量)で勝負していないことになります。
これで、もし5MT車が711kgですと、一応は同じ土俵に乗ったことにはなるのですが。(ただし勝負した結果がどう出るのかは、わかりません)

それに対しヴィッツRSの場合は、CVT車(1030kg)も5MT車(1020kg)も、等価慣性重量は同じで1020kgとなります。(車両重量が966kg~1080kgの場合)

この等価慣性重量の区分けと車両重量の問題は、10・15モード燃費の時代から比べると、ずっと良くはなっておりますが、いまだに区分境界線上にある車や、同じ車でもグレードによって区分をまたいでしまっている車(例えば車両重量が10kg違うだけで表示される燃費が数km/L変わっている)の例はまだあるようですね。

一度、JCO8燃費と等価慣性重量区分の問題点なども調べてみると面白いかもしれません。
結構、いろんな記事が見られると思います。

こんにちは。
ちょっと国交省のJCO8燃費測定方法の等価慣性重量(フライホイール重量)に関する表(試験車両重量による区分け)を調べてみました。
ミラバンの場合ですが、
5MTの車重:710kg⇒等価慣性重量は680kg(車両重量が651kg~710kgの場合)
CVTの車重:740kg⇒等価慣性重量は740kg(車両重量が711kg~765kgの場合)
となり、5MT車の燃費測定試験のほうが、60kgも軽いフライホイール重量(負荷ともいえるでしょう)で燃費を測定できることになりま...続きを読む

Qサニーの燃費 7km/Lってあんまりでない?

来年廃車にするつもりなのでどうでもいいといえばいいのですが、
父親の車(日産サニー:1500cc H12年式)の燃費がタイトルのとおりです。

父親は患っていますので、車に乗るのは私だけです。
それも帰省した折(2ヶ月に1度くらい)、距離は100キロくらい。
つまり、年間で500キロちょいしか走りません。
4年ほど前から、燃費はずーっとそんな感じです。
それ以前、父親が乗っていた頃の燃費はわかりませんが、
父親も年間で1,000キロ走るか走らないかだったろうと思います。
総走行距離は3万キロ弱です。
4年前の車検時にプラグなどは交換しました。

私は普段マークIIに乗っていますが、
街乗りで9~10km/Lくらいの運転をしています。
父親の車に乗る時も同じ運転をしますが、マークIIよりも燃費が・・・。

これはやっぱり日頃まったく乗っていないからでしょうか?
もし廃車にせずに、年間1万キロとか走るようにすれば、
燃費は十数km/Lまでのびると思いますか?

Aベストアンサー

まずは、どのぐらい燃費が違うかになりますが、まあ7km/Lを切るケースも多々見られますので、特別に悪いとは言えないと思いますよ。
http://minkara.carview.co.jp/car/nissan/sunny/nenpi/
http://minkara.carview.co.jp/car/toyota/mark_ii/nenpi/

燃費は運転者の運転特性やEPIの特性も影響しますから、マークIIと同じ運転をすれば、良いとは限らないかも知れません。
http://minkara.carview.co.jp/userid/210019/car/100475/fuel.aspx

とりあえず出来ることは、オイル交換、タイヤ空気圧の確認をするとともに、燃料の状態の確認も必要でしょう。年に数回程度の走行だと、揮発油であるガソリンの品質も下がることがありますから・・・。なるべく燃料を満タン状態にして保管する方が良いでしょう。(燃料の酸化を抑えることが出来ます)

後は、ギアの変速比の違いなどを考えて、運転することでしょう。

ただ、もう処分することが決まっているなら、そこまでやることに価値があるかというと、ないと思います。伸びるとしても、よほど長距離をこれから何年も乗るなら別ですが、そうでなければ、やるほどのことではないでしょう。

まずは、どのぐらい燃費が違うかになりますが、まあ7km/Lを切るケースも多々見られますので、特別に悪いとは言えないと思いますよ。
http://minkara.carview.co.jp/car/nissan/sunny/nenpi/
http://minkara.carview.co.jp/car/toyota/mark_ii/nenpi/

燃費は運転者の運転特性やEPIの特性も影響しますから、マークIIと同じ運転をすれば、良いとは限らないかも知れません。
http://minkara.carview.co.jp/userid/210019/car/100475/fuel.aspx

とりあえず出来ることは、オイル交換、タイヤ空気圧の確認をするととも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報