ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 好角家の方にお願いします。
 NHKの相撲中継でたまに古い映像が再生されることがありますが、昔の立会は手をついていないように見えます。
 昔は「手をついたところから立ち会う」というルールではなかったのでしょうか?
 今のように手をつくルールになったのはいつからですか?
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔の映像で立合で手をつかずに仕切る光景。

これは、時代時代によってルールの解釈に違いがあるから生まれたものです。

まず立合についてのルールは「寄附行為細則勝負規定第五条」にあります。

・立合いは腰を割り両掌を下ろすを原則とし、制限時間後両掌を下ろした場合は「待った」を認めない。

この「掌」という部分が実に曲者で、ここに昭和の大相撲の”ほぼ中腰から立合う両力士”の映像理由があります。

この掌、一般的にどこを指すと思われるでしょうか。一般的には「手のひら」でしょうが、相撲の世界(むしろ格闘技全般は該当するか)では普通手首から先すべてを掌とします。そしてここが一番重要なのですが、

「勝負規定には”掌を「土俵に」下ろす”とは一言も書いていない。」

つまり、簡単に言えば一度そんきょの姿勢で腰を割り、見合って…の段階から”わずかでも”手の位置を下ろせばルール上問題はない、という解釈をなされました。
※特に白黒映像時代の力士がやっているのは、立合う瞬間に腰を下げるでもなく、自分のまわしやさがりを触るだけで立合う場面。当然、手の位置は少しだけ下がりますよね?

大横綱と呼ばれた大鵬や北の湖、その前世代の栃錦・若乃花、さらには今でも史上最強の名は揺るがない双葉山も含めて、両手を仕切り線・または土俵に付けて立合う力士など皆無でした。むしろ、奇策を講ずる技巧派力士が相手とのタイミングをわざわざ乱すために土俵に両手をしっかり付けて待ち受ける、というシーンも。むしろ、土俵に両手を付けることが”奇襲戦法”だったわけです。

ところが、大きな転機を迎える場面があります。小さな大横綱、ウルフこと千代の富士の登場です。千代の富士もさすがに両手をべったりと付けるわけではありませんが、仕切りでは深く腰を割り、片手は必ず仕切り線に付け、立合の瞬間にもう一方の手を付けて真一文字に相手力士の懐に飛び込み、前褌(まえみつ)を取りに行きます。この低い姿勢から立合一気に速攻、は千代の富士の代名詞となりました。

なぜ千代の富士がこの立合を選んだか。後に科学的に立証されましたが、大相撲も含めて、人間が対象物に激突する、突進するという運動時には、より低い重心からやや前方上方向に運動方向を向けて衝突する方が、中腰姿勢から水平に衝突するより遙かに大きな運動エネルギーを発生することが分かっています(証明のためのサンプルはアメフト)。千代の富士は当時幕内力士全体から見ても最軽量に相当する小兵(確か30代からの第2次黄金期でも自分より軽いのは寺尾だけだったはず。寺尾同様ソップ型(痩せ型)の代表格と見られた、前頭時代の霧島や大関若島津も見た目に反して千代の富士より重かった)。その軽量力士が明らかにでかい巨漢(もちろん、当時ですから小錦・大乃国など)を相手に立合で互角のぶつかりを見せるには、より相手力士より低い姿勢からぶつかり上げなければ行けません。よって、そのエネルギーを得るためにも、立合で両手を”付かざるを得なかった”ともいえます。
※元々脚力含めての筋力は当時タブーとされていた筋トレを積極導入したことで、角界屈指のパワーファイターとも言えた千代の富士、唯一の懸念であった軽量による衝撃の弱さをカバーするための立合と言えます。

立合で両手をつくことの厳格化が起こったのは21世紀に入ってから。でも、それはあくまでも”待った”防止のため。上記規則にもありますが、両手を下ろしてからの待ったは認められていません。とはいえ、中腰で立合っていた時代に待ったがほとんどなかったのは、前の解釈にある通り、少しでも手が下がればそれが手を下ろした行為に該当したためです。今のルールでは土俵に手をつかない限り待ったは可能です。でも当時の解釈ではそんきょを終えて見合う段階から、すでに”待った禁止”の時間帯に入っています。よって、昔の取り組みでの待ったのシーンがほとんど映像として残っていないのです。よく言われる”立合の乱れ”は、実は中腰での立合をする昭和の角界には存在しませんでした。今乱れていると思われた立合が”普通”だったのですから。

今の手をつくルールを厳密に適用するようになったのは、2008年から。この年にルールとして審判部で統一した見解を出したのですが、それでも当時は手つきを当然とする若手親方と中腰時代の親方が現場で意見の相違を起こし、取り直しの判断がばらけるケースがありました。おそらく稽古の際にも中腰での立合を教えている親方もいたのでしょう。というより現在の稽古でも、申し合いやぶつかり稽古、三番勝負などで厳密に立合から行う部屋はおそらく半数はないでしょう。手をついても片手くらい、付かずにぶつかる稽古場もあるくらいです。あくまで稽古だから許される。もっとも、稽古場と本割りで違うからこそ、現代の相撲で立合が合わない取り組みが続出している現状もあるのですが。

どちらにしても、当時と現在の解釈の違いだけで、厳密に手をついていないからあれは違反だ、という話ではありません。当時の解釈ではあれがスタンダードな立合い、今の両手をついての立合いは今のスタンダード、ということです。

長文失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
 非常にためになりました。私は少年時代のヒーローが千代の富士だった人間ですが、いろんな意味で革命児だったんですね。大鵬、北の湖、そして現在の白鵬と大横綱はたくさんいますが、相撲というシステムの根幹自体を作り替えたという意味で、やっぱり千代の富士はすごかったんですね。ますますファンになりました。
 おっしゃるとおり、稽古場では前傾姿勢になり自分の前褌でもポンと叩いて、番付が上の人に突っ込んでいくというぶつかり稽古が当たり前ですね。稽古場で手をつかないのはそういう意味があったんですね。
 いいお話をうかがいました。ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/12 22:42

昔はけっこう適当だったようです。


今のように厳格になったのは昭和59年秋場所からだそうです。
厳格に...とはいってもいまでもその時々で、手つき不十分でのやり直しもされたりされなかったりまちまちですよね。
しつこく何度もやり直しのときもありますし、「今のついてないじゃんね」と思う事もよくあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/12 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相撲のルール

相撲って組み合うとルールは誰でもわかるぐらい単純ですが、そこまでのルールが今一つわかりません。
・制限時間いっぱいです、って何?制限時間って何の制限時間なんでしょう?そして何分?
・まれに合わせずいきなり試合が始まるときがありますけど、どういう事でしょう?何の条件がそろったらいってもいいんでしょう?
などという土俵入りから試合が始まるまでのルールを詳しく語れるかたがいたら、ヒマでしたらカキコよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1,制限時間について:相撲協会の勝負規定というものに定められているもので、呼び出しが力士を呼びだしてからある決められた時間内に試合をはじめよと言うものです。制限時間は、幕内で4分、十両3分、幕下以下2分以内です。ちなみに、試合は、両者がきちんと両手を土俵につけ(最近片手しか着かない人もいますが・・・)その後あたり合ったら試合開始です。そのほかの決まりはないはずです。
2、制限時間以内なら力士同士の「呼吸」があえばいつでも立ち会っていいのです。でも、この「呼吸」というのがなかなか言葉に表しにくいもので、僕自信実際に相撲をやっているわけではないのでうまく言えませんが、両者の「気合い」が同時に最高潮に達したときお互いに分かるそうです(力士はよくそう言います)。そして、そのとき自然と試合は始まります。

相撲は、もともと行事さんが合図をして試合を始めるわけではありません。今でも、力士が当たり合った直後から「はっけよい、のこった」と言います。昔、といっても昭和20年代くらいまでは、制限時間さえもありませんでした。両者が互いに気合いが高まり「呼吸」が一致するまで仕切り(塩まき-蹲踞-手をつく動作)を繰り返していたのです。したがって、見ている側も緊張感があったわけです。また、それ故に全部の取り組みが終わるのが深夜近くだったこともあるそうです。しかし、テレビ中継などを導入するに当たって、番組を固定するために制限時間というのが導入されました。

相撲を見ていると、やはり制限時間いっぱいで始まるのより、制限時間前で両者が自然と始めた試合の方が内容のいい相撲の様に感じます。

勝負規定などについては以下のURLに詳しく載っています。(相撲基礎知識-相撲規定)

参考URL:http://www.sumo.or.jp/flame/index.php?cate=museum

1,制限時間について:相撲協会の勝負規定というものに定められているもので、呼び出しが力士を呼びだしてからある決められた時間内に試合をはじめよと言うものです。制限時間は、幕内で4分、十両3分、幕下以下2分以内です。ちなみに、試合は、両者がきちんと両手を土俵につけ(最近片手しか着かない人もいますが・・・)その後あたり合ったら試合開始です。そのほかの決まりはないはずです。
2、制限時間以内なら力士同士の「呼吸」があえばいつでも立ち会っていいのです。でも、この「呼吸」というのがなかなか言...続きを読む

Q着物の下着について教えて下さい。

 お世話になります。今回は着物の下着(和装用ブラジャーとショーツ)について教えください。
 先日、着物を着た時は、普通のブラジャーではダメみたいな事を言われ、ノーブラで着物を着ました。しかし、(それぞれ着付けた方が違いますが)成人式や結婚式の時には、そこまで言われなかったのですが。
 あまり、着物を着る機会がないのですが、やはり和装用のブラジャーやショーツは用意した方がいいのでしょうか?また、皆様は着物を着る時の下着で気をつけている点(例えばショーツのラインが出ない様にするコツとか)などあれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、スポーツブラ(カップのついてない前が2重になっているような)と、
3分丈のショーツをはくようにしています。

母に着付けてもらうのですが、初めて着た時普段のランジェリーをつけていると
「着物の時は、そんなメリハリせんでいいねん」と言われました。(笑)
和装用のブラがあるとその時聞いたのですが、そんなに頻繁に着るわけでもないから買うのももったいないと思い、
手持ちのスポーツブラにしました。
ショーツも最初は気づかなかったのですが、普通のだと意外とラインがでることがわかったので、
それ以来夏はひびき難いショーツ、冬は防寒も兼ねて3分丈にしています。

ご参考になれば幸いです。(*_ _)

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q相撲の取り組みの開始方法は?

相撲の初心者です。
テレビ観戦していてよく分からないのですが、力士が向かいあって取り組みをはじめるとき、行司は特に「はじめ!」という号令をかけるわけではありませんよね? どうやって力士同士は取り組みを合わせることが出来るのでしょう。何か合図があるのですか?
また、一方の力士が先に前に出てしまったとき、悪いのは先に前に出た方ですか、もたもたしていた方ですか? 何も知らないのですみません。

Aベストアンサー

呼吸を合わせるのは間合いの勝負ですよ。
立会いから勝負は始まってますし難しく言うと
相手の心理を読んで、そこに集中してるからこそ
お互い成功するんです。
なので「行司がはじめ」と言ったから出来るような
単純なことではないのです。

後、どちらが悪いかはケースバイケースですね。
故意に立会い合わせないで相手の集中を乱す力士
もいますし、これが1番悪いです

Q相撲の取り組み表の決め方

相撲の取り組み表の決め方について、2つ質問があります。

1)最初は幕内力士総人数が偶数でも負傷欠場により総人数が奇数になったり、初日の段階で、横綱、大関の人数の都合より総人数が奇数になった場合は、1人余る力士の取り組みはどうなりますか?
負傷欠場者には場所中に復帰する力士もいるので合わせて疑問です。

2)対戦相手は、始めから15日分全て決まっておらず、今日の段階では明日まで決まっていて、明後日の分までは決まっていません。
成績を見て面白くなる様に決めていくんでしょうか?
番付の順位が基本にはあると思いますが。

この2点について教えて下さい。

Aベストアンサー

1)休場等により幕内の人数が奇数になった場合は、1人余る力士は十両の力士と取り組みます。
また、場所も終盤になると、偶数奇数に関係なく、幕内下位で負けが込んでいる力士と、十両上位の勝ち星の多い力士の取り組みを組んだりします。
一方は十両へ落ちまいとする、片方は幕内へ上がろうとする、その両者を意識的に組ませて、土俵を盛り上げます。
また、以上のことは、十両と幕下との間でも行われます。
余談ですが、幕内優勝力士が十両の力士に負けた場所もあるのですよ。
2)>成績を見て面白くなる様に決めていくんでしょうか?
そのとおりです。
最初からすべて決めておくほうが割り(取り組み)を組むほうは楽ですが、千秋楽に優勝のかかった力士の相手が2勝12敗とかでは盛り上がりませんからね。
無論、ある程度の決まりはあって、原則的には千秋楽には、三役陣は上から順番に取り組みがあります。
例:東横綱-東大関 西大関-東張出大関という具合です。
(今は張出大関というのはありませんが、便宜上3人以上いる場合の3番目以降を張出と呼ばせていただきました)

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング