真空機器を作る際に差動排気という方法がよく使われますよね。
何となくは理解しているつもりなのですが、詳しい定義がよく分かっていません。
どなたか詳しい方、解説していただけないでしょうか。

今のところ「2つ以上のチャンバーを接続して段階的に圧力が下がるように個別に排気すれば、最終段の圧力をうまく下げられる」という理解をしているのですが、単に1つのチャンバーにポンプを複数つけるのに比べてどこが具合が良いのかはっきりしません。あるいは基本的な理解が違っているでしょうか?

また実際に設計をするとなると、チャンバー間のコンダクタンスを相当上手に調整しないとうまく働かないような気もします。この辺の設計法を解説したURLなどもありましたら、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

差動排気(差圧排気)とは、真空系内でことなる圧力レベルのチャンバー(AとB)が配管で接続されているとき、例えば極端な話、ガスを使うとかしてAを割と高い圧力に保ち、Bをいい真空に保ちたいとき等に使われる排気法です。

この場合、Bを高真空にしたいので、A→B→ポンプ(メインポンプ)のように接続しようと考えます。すると、Aの方が圧力が高いので、気体はA→Bに流れます。この状態で、Bを十分よい真空にしようとすると、Bにつながったメインポンプの排気はかなりたいへんです。このとき、AとBの間に適当な大きさの容器を用意し、ここにポンプを接続します。こうするとA→Bの気体の大部分は、中間容器のポンプにより排気され、メインポンプの負担が軽くなります。中間の容器とA、Bの間の口の大きさはできるだけ小くし、できるだけコンダクタンスを小さくした方が効率よいです。また、一段では不十分な場合は、何段もかませることもできます。

この作動排気は、放射光のビームラインなど、非常に高い真空を要求される系でも利用されています。何十m、長いもので、うん百mのという長いビームライン。大小さまざまなチャンバーが途中途中に何台もあるライン、幾つものポンプユニットが上手に設置され、高真空が保たれています。効率よくポンプをセットしないと、こんなライン、とてもじゃないですが高真空を保てませんものね。

あと、ポンプは沢山つなげれば高真空がつくれるわけでもありませんので、念の為。「ポンプとは気体を吸い込んでは排気するもの」ではなく、「ポンプに飛び込んできた気体分子の何%かを捕まえ、再びチャンバーの中へ戻らないようにするもの」です。

キチンとした設計に関しての適当なURLは、ごめんなさい、しりません。
とにかくやってみるか(乱暴!?)、やっている人に直接聞くのが一番早いので、例えば、
「真空技術入門セミナー 」
http://www.tic-co.com/seminar/20010660.htm
などのようなセミナーとかに出てみるのも手です。
講師の方に質問したら答えやヒントがいただけると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…。複数のチャンバーというより、チャンバー同士をつなぐ箇所を排気するという理解が正しいようですね。
チャンバーとの間のコンダクタンスの問題については、少し自分で計算してみようと思います。
お礼が遅くなりましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/19 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解説が理解できません(^^ゞ教えてください

 A君とB 君の二人がP地点からQ地点に向かって一定の速さで同時に進みはじめました。
A君の歩幅はB君の歩幅より30%だけながく、一定時間内のA君の歩数はB君の歩数より
 20%だけ少ないとします。次の問いに答えなさい。

 (1)Q地点に先に到着するのはA君、B君どちらですか?

             A君    B君
   歩幅の比     13  :  10  ← どうして 13:10 になるの??
   歩数の比      4  :   5  ← どうして  4:5 になるの??

    進んだ距離の比 = 速さの比となるので 13×4 : 10×5 = 26 : 25
    だから、A君 が回答とのことです。
    が、そもそも上記の比の数字が解からないのです(^^ゞお恥ずかしいですが
    ご解説ねがいます。   


 (2)二人の到着時間の差が30秒だったとすると、早く到着するほうの人はP,Q両地点間を
   何分何秒で進むことになりますか?

            A君     B君
    速さの比   26  :   25
    時間の比   25 :   26    ➀=30秒より   25=750秒→12分30秒 回答

     時間の比は速さの比の逆比になるのでしょうか・・・?
     そんな基礎的なことですが教えてください。
     
子供に解説できず困ってます(^^ゞ解説よろしくお願いいたします。

 A君とB 君の二人がP地点からQ地点に向かって一定の速さで同時に進みはじめました。
A君の歩幅はB君の歩幅より30%だけながく、一定時間内のA君の歩数はB君の歩数より
 20%だけ少ないとします。次の問いに答えなさい。

 (1)Q地点に先に到着するのはA君、B君どちらですか?

             A君    B君
   歩幅の比     13  :  10  ← どうして 13:10 になるの??
   歩数の比      4  :   5  ← どうして  4:5 になるの??

    進んだ...続きを読む

Aベストアンサー

「A君の歩幅はB君の歩幅より30%だけながく」というとき、A君の歩幅は
B君の歩幅+B君の歩幅の30%
で与えられます。従ってB君の歩幅を100とするとA君の歩幅は
100+100*30/100=130
となり、両者の比をとると130:100=13:10 になります。

「一定時間内のA君の歩数はB君の歩数より20%だけ少ない」というときA君の歩数は
B君の歩数-B君の歩数の20%
で与えられます。B君の歩数を100とするとA君の歩数は
100-100*20/100=80
となり、両者の比をとると80:100=4:5 になります。

両者の速さの比が26:25の場合、同じ距離を進むのに必要な時間の比は
1/26:1/25
であり(所要時間=距離÷速度なので)、通分すると 25:26 になります。

Q圧力鍋の圧力に耐えうる容器ってありますか?

圧力鍋の圧力に耐えうる容器ってありますか?

Aベストアンサー

たかが、2~2.5気圧程度です。 水深10m程度の圧力と考えてよいと思います。
温度も高くても130度にはなりません。

締めが必要な類の吸水性が高い陶器はしみこみなどが発生してしまうかもしれませんが、
磁器や耐熱ガラス、ステンレスなどであれば特に問題はないと思います。

Q排気ブロアーの排気管が100Aのエンビで屋外へ行き、立ち上がっています。 中間にステンレス製の筒の様

排気ブロアーの排気管が100Aのエンビで屋外へ行き、立ち上がっています。 中間にステンレス製の筒の様な物があります。
その金属製の機器は両端が100A5Kのフランジで接続してあり中間は250Aのフランジ?みたいになっています。
客先曰く逆火防止器というものらしいと言われましたが不確かの様です。
火であればエンビ管は使わないと思いますしフランジパッキンもゴムでしたので違うと思います。
写真を撮り忘れてしまい、簡単な絵を書きました。
これは何でしょうか?

Aベストアンサー

何の排気かな?
フィルターかもしれない、
逆火じゃなく逆風防止のためかもしれない。

Q赤で囲んでいる「5」はどこからきたのですか? それと、全体的に理解ができないので解説お願いします。

赤で囲んでいる「5」はどこからきたのですか?
それと、全体的に理解ができないので解説お願いします。

Aベストアンサー

1=9-4・2
=9-(22-9・2)・2
=9-(22・2-9・2・2) ← ここからですね 9×2×2を最初の9にまとめています。
=9+9・2・2+22・(-2)
=9・(1+4)+22・(-2)
=9・5+22・(-2)
=(31-22・1)・5+22・(-2)
=31・5+22・(-7)

Q「ロバスト設計」ってどんな設計

ロバストという言葉をよく耳にします.
ロバスト設計とは具体的にどのような設計なのでしょうか
目的、方法、参考資料などありましたら教えてください

Aベストアンサー

ykkw_2001さんが書かれているように「外乱に強い」ということですが、ここでいう外乱とは「誤差」ということだと思います。例えば、あなたが自動車の設計者だとします。高速運転できる自動車を設計しようとしたときに路面状態はあなたが決定することは出来ません。雨の日もあれば晴れの日もある。路面が濡れているか、乾いているかは設計者ではどうしようもできないことなので、路面の状態は誤差と考えられます。
このような誤差が大きくても(路面が濡れていても、乾いていても)どちらでも高速運転が出来るように自動車を設計することがロバスト設計です。
今回は、自動車の設計を例に取りましたが、別に自動車以外でもかまいません。設計者が決定できない要因が誤差因子で、この誤差因子に影響を受けにくい設計をすることがロバスト設計なのですが、具体的には、タグチメソッド、品質工学という項目で検索してみて下さい。
最近よく言われるロバスト設計(ロバストデザイン)、品質工学、タグチメソッド、これらは全て同じ手法を指しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報