私は高校2年生の家庭教師をしているのですが、
生徒が問題集が欲しいということで、どれがいいのか探しています。

そこでどなたか、よい問題集をご存じでしたら、教えて下さい。
お願いします。

A 回答 (3件)

 ご質問の教科は数学ですよね。

別のQ.で回答されてたmasuo-kunがお勧めの『青チャート』でいいと思います。それで物足りない、模試などでも高得点を、とお考えでしたら『センター試験』の過去問にも取り組ませるといいでしょう。(学習した範囲で)
 
 問題集(チャート式は参考書)を選ぶ基準ですが、独力で5割くらい正解して、解答・解説を読めば3~4割は理解できるレベルのものがいいと思います。残りの1~2割はtika13さんがサポートしてあげればいいでしょう。独力で解けなかった5割はあとで復習させるのをお忘れなく。
    • good
    • 0

んー、困った質問です(笑)



家庭教師をなさっているならお分かりだと思いますが、生徒から「問題が解けない」とだけ言われたら、どう答えます? 「何の教科? どの問題? どこまで分かってるの? 例題は解いてみた?」などいろいろ尋ねるでしょう。tika13さんのご質問には皆さんもアドバイスしにくいと思いますよ。もっと具体的な質問をなさったらどうですか?

この回答への補足

大変失礼な質問をして、ごめんなさい。

もっと詳しく説明すべきでした。

私の生徒さんは、教科書の問題は一応理解出来ます。
しかし、自分で解けるものもあれば、まったく解けないものも
あります。そこで、私が説明をすると、ほぼ完璧に理解出来ます。

教科書の問題があまりにも少ないために、問題集を必要としています。
問題集は、出来れば基礎、標準、発展のように段階をふんでいるものが
いいと思ってます。
また、受験も控えてますから、受験にも対応できるような問題集を
ご紹介して頂けたく思います。

まだ、いろいろ情報が不十分なところがあるかと思いますが、
その都度、補足をしていきたいと思いますので、どうか、よろしくお願いします。

ご指摘ありがとうございました。
以後気をつけます。

補足日時:2001/06/01 13:01
    • good
    • 0

問題集と一言で言っても、そのレベルは様々です


生徒さんの学力がどの程度かわからないと何も言えません

ちなみに、私が問題集を選ぶときは問題の難易度と解答の量で決めていました
○店頭で問題をサラッと読んでみて解けなくても、解答の方針が予想できるような問題が半分ほどあること
○問題文に対する解答の量がとにかく長いもの
(ひとつの問題に対して、複数の解答方法がつけてあるものはベスト)

もひとつアドバイスです
来年に大学受験を考えているなら問題集は2冊は必要です
ひとつは「基本的な問題を数多く載せている本」
もひとつは「受験レベルの問題を多く載せている本」

物理は普段の生活で考えもしないことを習うのですから理解しにくいものです
こういう科目はとにかく数多くの問題にチャレンジするしかありません

店頭で1時間ぐらいは吟味してくださいね(つらいですけど…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

問題集2冊必要とは......。
おはずかしながら、考えてませんでした。

実は、どちらにも対応出来てる
1冊があればいいかと思ってました。

貴重なアドバイスをありがとうございました。
本屋で1時間頑張ってみます!!

お礼日時:2001/06/01 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理のドリル問題の章末問題がよく分かりません。 どなたか解説よろしくお願いします!

物理のドリル問題の章末問題がよく分かりません。
どなたか解説よろしくお願いします!

Aベストアンサー

容量 C0 の2個のコンデンサーを直列接続した合成容量 C は
  1/C = 1/C0 + 1/C0 = 2/C0
より
  C = C0/2

一方を誘電体で満たしたコンデンサーの容量を C0 → C1 とすれば、直列の合成容量 C' は
  1/C' = 1/C0 + 1/C1
より
  C' = C0*C1 / (C0 + C1)

よって
  C' / C = [ C0*C1 / (C0 + C1) ] / [ C0/2 ]
     =2*C1 / (C0 + C1)          ①

C0 > 0, C1 > 0 より
  C1 / (C0 + C1) < 1
よって①は
  C' / C < 2

Q物理の問題で、次の問題がわかりません。途中の過程も加えて、どなたか教えていただけないでしょうか。

物理の問題で、次の問題がわかりません。途中の過程も加えて、どなたか教えていただけないでしょうか。

1、半径Rの球内に電荷が一様な密度ρで分布しているとき、中心からrの距離にある任意の点Pにおける電場Eの大きさを求めなさい。また、Eとrのグラフを示しなさい。(グラフはイメージでかまいません。)

2、無限に広い絶縁体の薄い板が2枚平行に置いてある。電荷が一方の板には面密度2σ、もう一方には面密度-σで一様に分布している。このときの電場の大きさと向きを求めなさい。

物理が苦手で、先生にヒントを聞いてもイマイチピンときません。どうかお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。「補足」に書かれたことについて。

>電極の外側と内側についてですが、外側はそれぞれ別に考えてってことですか?

(1)の場合は球内に「正電荷」のみなので、電場の向きは一方向のみです(球の中心から外側の放射状に)。

 一方(2)の場合には、「正電荷」の平面と「負電荷」の平面とがあるので、この2つの電極が作る2つの電場を足し合わせることになります。この場合、そもそも平面の電極が1枚だけならどんな電場になるのかが分からなければ、「足し合わせ」はできません。
 正電荷の平面だけの場合の電場、負電荷の平面だけの場合の電場がどのようになるか、きちんと求められますね?
 「正電荷」なら、単純に電極平面から垂直に両側外向きに平行な電場ができます。電極が無限に広いので、電場は平行で距離によって弱まることもありません。
 「負電荷」は、電場の向きが逆で、電極平面から垂直に両側外側から電極向きに平行な電場になります。

 正電荷の電極からは両側向きに電束密度「2ρ」の電束が、負電荷の電極では両側から電極向きに電束密度「ρ」の電束ができますね。
 2つの電極の外側は、どちらも外側向きに
  2ρ - ρ = ρ
2つの電極の間は、正極→負極向きに
  2ρ + ρ = 3ρ
になるかな?
 向きを考えて図を描いてみれば分かると思います。


 上に書いたように、「球形」の電荷が作る電場、無限平面の電荷が作る電場の話ですから、最も単純な電場です。
 これが分からなければ複雑な形の電荷が作る一般的な電場の議論に進むことはできません。

No.2です。「補足」に書かれたことについて。

>電極の外側と内側についてですが、外側はそれぞれ別に考えてってことですか?

(1)の場合は球内に「正電荷」のみなので、電場の向きは一方向のみです(球の中心から外側の放射状に)。

 一方(2)の場合には、「正電荷」の平面と「負電荷」の平面とがあるので、この2つの電極が作る2つの電場を足し合わせることになります。この場合、そもそも平面の電極が1枚だけならどんな電場になるのかが分からなければ、「足し合わせ」はできません。
 正電荷の平面だ...続きを読む

Q物理Iの問題集に載ってた問題なのですが・・。

物理Iの問題集に載ってた問題なのですが・・。

t3 = t1+t2 = (l/V+v)+(l/V-v) = 2lV/V^2-v^2

AB間を1往復する時 総合でかかった時間を求める問題なのですが、
(l/V+v)+(l/V-v)
(AからBまで行くときにかかった時間)+(BからAまで行くときにかかった時間)
ここまでの式は納得できるのですか、最終的に足して往復時間を求めるとき、
なぜ2lV/V^2-v^2になるのか腑に落ちません。
2l/2V=l/vではだめなのですか?
単純な四則計算間違いなのでしょうか。 (V+v)*(V-v)はv^2-v^2でしょうが、それと関連性はあるんでしょうか。

身勝手な質問ですが回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

l/(V+v)+l/(V-v)
の変形はまず通分すると分母は(V+v)*(V-v)=v^2-v^2となります。分子は
l*(V+v)+l*(V-v)
になるのでvを含む項が消えて2lVとなります。

Q塾で指導中に生徒から質問されて、答えられませんでした。どなたか教えてく

塾で指導中に生徒から質問されて、答えられませんでした。どなたか教えてください。
光はなぜ屈折するのですか。これに関連して、光の振動数が大きいほど屈折が大きいのはなぜなのかも回答して頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

既に近い回答がありましたが、ホイヘンスの原理といいます。
生み出される波は素元波球面の包絡面からなるという原理です。
wikipediaのホイヘンス=フレネルの原理の図を見てください。
(参照URLが長すぎて入力を自動拒否されました)
これを描くと媒質中の光の速度が遅くなると屈折する、事が分かり
また媒質中の光の速度から屈折角を幾何学的に求めることが出来ます。
(おそらくその導出含め高校の教科書に載ってると思うのですが)
この原理は、反射や回折などの現象も説明できます。

光が遅くなる理由は、主に媒質中の電子やイオンなどの電荷と電磁波中の電界の相互作用です。(電荷の振動によって生じた2次的な電磁波の重ね合わせ)
→誘電率

本来は振動数が大きいほど屈折率が大きいとは限りません。
全体的に見れば振動数が高いほどその振動が速すぎて、媒質中の電荷がついていけなくなり、屈折率は小さくなります。→誘電分散
ただし可視光の場合はイレギュラーで、紫外光の振動数が電子の共鳴振動数と一致することが多いために、紫外光の振動数での相互作用が特別に強くなり、結果、可視光に関しては紫外光に近い振動数、つまり大きな振動数を持つほど屈折率が大きくなります。

既に近い回答がありましたが、ホイヘンスの原理といいます。
生み出される波は素元波球面の包絡面からなるという原理です。
wikipediaのホイヘンス=フレネルの原理の図を見てください。
(参照URLが長すぎて入力を自動拒否されました)
これを描くと媒質中の光の速度が遅くなると屈折する、事が分かり
また媒質中の光の速度から屈折角を幾何学的に求めることが出来ます。
(おそらくその導出含め高校の教科書に載ってると思うのですが)
この原理は、反射や回折などの現象も説明できます。

光が遅くなる理由は、...続きを読む

Qどなたかこの問題解いていただけないでしょうか? 解説もしていただけるとありがたいです! 問題が多いで

どなたかこの問題解いていただけないでしょうか?
解説もしていただけるとありがたいです!
問題が多いですが、回答のほど宜しくお願い致します。

問1、画像にあります。

Aさんが前、Bさんが後ろになって同じ速度で走っているとき、Bさんが観測する振動数f2はどうなるか。AさんとBさんで意見が分かれた。Aさんは音源と観測者の位置関係が変わらないのだから、f2=f0になると考えたが、Bさんは媒質である空気に対して運動しているのだから、f2ノットイコールf0になると考えた。Bさんが観測する音波の速さV2と波長λ2を求め、f2を計算すれば、V2○V0、λ2△λ0であり、f2□f0であることがわかる。

問2、「上の文の○、△、□に入る記号はつぎのどれか。」

○、△: 「<」or 「>」
□:「= 」or 「ノットイコール」

問3、「いま、V0=3.40×10^2 m/s、f0=5.00×10^2 Hz、|va|=4.0 m/s, |vb|=8.0 m/sであるとする。
次のa,bの2つの場合では、Bさんが観測する音波の振動数が、Aさんとすれ違う。もしくは、追い抜く前後で変化する。その振動数の変化が大きいのはどちらの場合か。また、その場合の振動数の変化はいくらか。ただし、すれ違うときも、追い抜くときも、A,Bは一直線上にあると考える。」

a:AさんとBさんが向かい合わせに走ってきてすれ違う場合。
b:BさんがAさんの後ろから走ってきてAさんを追い抜く場合。

答え 「a」or「b」、振動数の変化:「11Hz」or「23Hz」or「24」or「25」

どなたかこの問題解いていただけないでしょうか?
解説もしていただけるとありがたいです!
問題が多いですが、回答のほど宜しくお願い致します。

問1、画像にあります。

Aさんが前、Bさんが後ろになって同じ速度で走っているとき、Bさんが観測する振動数f2はどうなるか。AさんとBさんで意見が分かれた。Aさんは音源と観測者の位置関係が変わらないのだから、f2=f0になると考えたが、Bさんは媒質である空気に対して運動しているのだから、f2ノットイコールf0になると考えた。Bさんが観測する音波の速さV2と波...続きを読む

Aベストアンサー

「ドップラー効果」の基本を勉強した上で、ご自分で解いて、その結果が妥当かどうかを質問した方が自分のためになりますよ。

人の解いたものを「ああ、そう」とぼっと読んだって何も身に付きません。自分で苦労する、「それってどう考えればそうなるんだ?」というのを必死に真剣に考えることが重要なのです。
決して「公式」を覚えて理解したつもりになってはいけません。「考え方」を理解するのです。

ドップラー効果は、ここが分かりやすいかな。「音源」が動いている場合、「観測者」が動いている場合の2つに分けて理解するのがポイントです。(問題のケースでは、この両方が動いている)
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/doppura-.html
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/doppura-2.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報