自分のお店を開く時の心構えとは? >>

ワタシの高校では理系選択すると地学の履修ができません。
文系選択するとできます。
ここで質問です。

1.理系ならば文系に比べて理科について幅広くあるいは深く学習する環境があって然るべきではないでしょうか?

2.地歴・公民の教育に比べて理科の教育が軽んじられている気がします。理系は地歴・公民の科目をすべて履修するから地歴・公民においては文理の差はありません。この非対称性はどこからくるのでしょうか?

3.(理系だと地学が履修できて文系だとできないというのは)他の高校でもよくみられることなのでしょうか?それともワタシの高校だけ特別なのでしょうか?

4.実際地学を勉強するには独学するしかないのでしょうか?理系で地学に興味のある人は高校のときどうしていたのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 質問に対応する論文を見つけました。

以下要旨の抜粋。

>高等学校において地学教育の機会が減少の一途をたどっている.その要因の一つは,2003年度より施行された現行の学習指導要領である.「情報」・「総合的な学習の時間」・理科の3つの総合的な選択必修科目の導入による,理科の時間数減少の中で,受験に関係の少ない地学が最も削減の影響を受けたと予想される.「地学I」の全高等学校在学者数に対する履修率は3%で,理科の7つの選択必修科目の中で最も少ない.また,地学の教員が減少していることも大きな要因の一つである.高等学校生徒数の減少に伴い教員数も削減され,地学教員退職後の補充がほとんどされてない.地学が軽んじられているのは,高等学校の教育が,進路重視,入試最優先という実情にあると考えられる.今後,教育本来の目的を取り戻し,広い視点から高等学校教育を見つめ直す必要がある.
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006666248

本文をざっと読んで、現状を確認。
 ・2003年度の学習指導要領の変更より地学のコマが減少。
 ・2002年度と2004年度の履修者数を比較すると、3分の1に減少している。
 ・教科書の需要も減少。
 ・地学の教員数が減少。
 ・東京の高校は228校だが、地学教員は67名のみ。
 ・神奈川県の高校は215校だが、地学教員は72名のみ。
 ・このように教員数は足りていないが、地学専門の教員は募集されない(雇い渋り)。

要因
 ・受験に関係ない。
 ・他の理系科目が増え、地学に力を割けなくなった。
 
問題点
 ・地震などの天災について認識が不十分になる可能性がある。
 ・高校で教える科目は科学において確立された分野であり、不当な無視である。
 ・学問を学ぶ上での、総合力を養うことができない。

以下質問に応答。

>ワタシの高校だけ特別なのでしょうか?

 いいえ。東京や神奈川などに顕著な問題であり、全国的にも地学が軽視される傾向があるそうです。

>理系で地学に興味のある人は高校のときどうしていたのでしょう?
 
 2003年以降の傾向なので、その前まではある程度、勉強する機会はあったんですね。

>幅広くあるいは深く学習する環境があって然るべきではないでしょうか?
 
 そう思います。2002年度までは、学ぶ機会があれば、高校生は自主的に学んでいたんです。それが枠組みの変化で学べなくなってしまった。学ぶ権利の侵害であると言ってよいと思います。

 しかし震災があったのですから、そのうち枠組みも変わらざるをえない気がします。原子力の研究者は地学を学ぶべきでしょうし、建築家も学ぶべきでしょう。日本にいる限り、必須の教養ではあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2003年が分岐点だということが非常によくわかりました。
同時に、昔から地学が軽んじられていたわけではないことに少々驚きました。

リンクありがとうございました。
地学が履修できないことは依然として悶々としますが疑問点が解消されてスッキリしました。

お礼日時:2013/12/25 01:49

お礼ありがとうございます。

最初お二人の回答を参考になる。教育論は教育学部。大学だろうが高校だろうが先生に教わろうという受け身の姿勢では学問的興味ではなく昼飯選びです。このサイトのようにマンツーマンでも満足の行くものではないでしょう、受け身のままでは。高校を教養過程やカルチャースクールと勘違いしたらいけません。同じ事を繰り返しますが以上なのです。
地図から地学なんですか。文理を問わず地図好きは多い。私はそれほどでもないが地図がないと落ち着かないですね。だからと言って理科の高校地学を学びたいとは思わなかった。地震だ危機だと講釈ぶってる書き込みもありますが指摘する気にもなりませんね。むしろ高校地学が他の理科の時間を減らすような展開になった方が地学の発展を低迷させる気がしますし。気象関係なんかまるで物理学じゃないのかね、知りませんけど。地質は物理や化学や生物になるでしょうし。
地学をより面白く理解したいなら地学以外を教わろうとしたらどうですかと申し上げたのです。興味のある分野の授業を受けたいとかは高校の目的ではありません。店が違うという事です。高校が用意した中から選ぶのです。直球とカーブのピッチャーで試合をする学校にナックルを要求したら学校として機能しなくなるのです。やりたければ学校と関係せずにすべきです。直球とカーブを学んで置けなのです。そういう施設なのです。
そこをさらに深刻に勘違いさせるような井戸端会議レベルのそそのかしを吹き込むのは悪魔みたいなものなのです。高校でそういう自我的な主張に目覚めるのは好き好きですがそれを煽ったら政治活動みたいな洗脳行為になるのです。それこそ一部の変質者のせいで高校生と成人の恋愛が公的に規制されるようになりましたが地学も学んでいた頃は規制が無かったのような。
地学は受験不利だというのを受験優先主義の視野狭窄だと蔑視したら視野狭窄です。地学ではとなっている事実が高校地学の結果なのです。大学側が求めていないのに高校が求めて教えてどうするの。つまり現状は合理的に進化した結果なのです。その現実を無視した逆行的教育論は宗教に他なりません。地学が不要なのではなく高校に不要という判断に至ったという有難い進化の過程です。利かない成分や手法を儀式的に墨守させないような取り決めを評価すべきなのです。締め切りなし希望的観測は文系のお家芸です。それにかぶれる方が健全な理科的な精神を歪める遠回りへの第一歩です。

この回答への補足

「地図から地学なんですか。」とのことですが違います。地学を学ぶことが目的に対応する必要条件と考えているわけではありません。あなたが地学に進みたいのか尋ねたから誤解をとくべく反応しただけです。

「高校が用意した中から選ぶのです。」とありますがそれは質問の趣旨とは異なります。何度も繰り返しますが文系を選択した生徒のほうが理系学科に手厚いのはおかしいのではないかという疑問を提示したのです。地学は文系の生徒には提供されているのに理系を選択すると提供されません。これは国内の高校が地学の授業を提供しないことを意味しないだけでなく、ワタシの高校で地学の授業を提供しないことも意味しません。なぜなら地学をどうしてもとりたければ文系選択すればいいわけですから。しかも物理や化学と地学がトレードオフの関係にあるとワタシが考えていないことはすでに書いています。

「大学側が求めていないのに高校が求めて教えてどうするの。」について。高校は大学のためにのみ存在しているとお考えですか?あなたがそう考えるのはご自由ですが本質問とは関係がありません。

「つまり現状は合理的に進化した結果なのです。」とありますが、ワタシの高校だけの限定的な現象ではなく日本国内すべて同じことが意図的になされているということですね?つまり3.の回答ですか?

「そこをさらに深刻に勘違いさせるような井戸端会議レベルのそそのかしを吹き込むのは悪魔みたいなものなのです。」が何を言っているのか理解できませんでした。

「締め切りなし希望的観測は文系のお家芸です。それにかぶれる方が健全な理科的な精神を歪める遠回りへの第一歩です。」について、何を言っているのか理解できませんでした。質問のどの部分に対応してなにを批判しているのでしょう?

少し話がそれますが、地学以外に「高校に不要という判断に至ったという有難い進化の過程です」とあなたが判断される教科はありますか?美術や漢文、柔道についてはどうですか?学科ではありませんが部活動はどうですか?

補足日時:2013/12/25 18:39
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございます。
ご回答によくわからない部分がありましたので補足します。

お礼日時:2013/12/25 18:40

補筆。



>地学教諭

教員免許のうえでは「理科」があれば(ぼく自身も所持していますが),物理,化学,生物,化学のいずれでも教えることは可能です。ここに地学教諭と書いたのは,大学の地質学科や地球惑星科学科などで地学を専攻した教諭,という意味です。やはり専門的に勉強した先生から習うと,「深み」や「熱」が違いますよ。これは地歴科でも公民科でもおなじ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかる気がします。
他人に教えるには教える内容の3倍位の背景知識がないといけないという感覚ありますよね。

お礼日時:2013/12/25 01:32

ぜんぶまとめて答えましょう。

何十年もむかしには,物理,化学,生物,地学をぜんぶ履修しました。前二者は中学校の理科第一分野(物質系),後二者は第二分野(自然史系)に相当します。そのうち,受験に利用する科目を,高校3年生でさらに選択履修しました。だから,物理・化学で受験して自然史系の専門課程に進んでも,さほど困りませんでした。ぼくはセンター試験監督のひまつぶしで問題を立ち読みすることがありますが,とっさには「この岩石名はなんだっけ?」と思い出せないものがあるとしても,「なにが問われているか」は全科目で理解できますよ。

高校で「不完全」な履修しかできないのは,たぶん「後年の手抜き」でしょう。4科目もやらせたら,ついていけない生徒が続出するんでしょう。選択制にしたとき,理系学部の受験で使える可能性が高い物理・化学を優先する。そこで,生物を勉強してきていない医学生なんかが出現する。これは,<<<<いびつな科学教育>>>>です。

科学論的にいえば,「物体Aは秒速何メートルで運動するか計算せよ」という単純明快な物質系のほうが研究しやすく,応用しやすく(卒業生が就職しやすく),大学の学科も設置しやすく,入試問題を作成する教員数も多くなる。

いっぽう,「ネオ関東大地震はいつ発生するか予告せよ」について,確率論ではなく物性論として答えることは,現状では不可能です。また,「ヒトはこれからどのように進化するか」にも解答できない。自然史系には原理的にこのような性質があります。表面的には計算問題が作成しにくいので,文系の生徒でも用語を覚えれば試験に対処できる。

あなたが,「地学を勉強したいのにできない」という不満を持っているならば,それは教育を受ける権利の侵害です。ぼく個人は,複数校をかけもちする地学教諭を雇用し,月曜日はA高校,火曜日はB高校と巡回して授業すべきだと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手抜きなんですか・・・
手っ取り早く対処されるものが好まれるわけなのですね。

「自然史系には原理的にこのような性質があります。」に興味をもちました。今まで聞いたことのないものの見方だったので。

にわとりとたまごみたいですが教員数が足りないというのは現実的に根本原因になっていそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/25 01:31

理数科の高校から、大学の理学部に進学、修了しました。



1.理系ならば文系に比べて理科について幅広くあるいは深く学習する環境があって然るべきではないでしょうか?

はい。私の高校では、理科は全科目学びました。ただ、履修単位数の制限がある高校では、理系の大学進学予定者は、物理と化学をしっかりと学ぶべきです。この2つの科目は、大学で理科を学ぶ上での基本になる部分です。数学が理科のアルファベットとすると、この2つの科目は、文法など、文章を読むのに必要な部分になります。
私自身は大学受験で化学と生物を利用したのですが、物理をしっかりと学ばなかったことを大学での授業を受ける際に後悔しました。

2.地歴・公民の教育に比べて理科の教育が軽んじられている気がします。理系は地歴・公民の科目をすべて履修するから地歴・公民においては文理の差はありません。この非対称性はどこからくるのでしょうか?

いいえ。日本は技術立国であり、世界有数の理数の授業カリキュラムを持っています。対して、文系科目は政治的な面や圧力団体からの思惑があり、かなり歪んでいる状況です。
今回の新課程で、理数だけを先行実施しているのは、「ゆとり教育」の成果が大きく失敗をしたことが分かったからです。「ゆとり教育」そのものは、崇高な理念に基づくもので、実際、海外から日本に視察に来た人たちには大きな評価を受けたものなのですが、何といってもその理想の通りに教えられる先生や学校が一握りでした。なので、あわてて新しい制度にしたのです。
過去の学習指導要領を見ると分かりますが、理科と数学は、新しい課程のたびに手が入っています。
文系・理系の非対称は、理系科目を学ぶ難しさから来ています。「理科」に注目をしていますが、「数学」も文理で大きく異なっていることは分かっていますよね。
過去、理数で、文系者も理系者も同じ内容を学んだ時期もありました。その結果、文系履修者の大量の落ちこぼれが出て、今の制度に戻っています。
地歴公民って、小学校、中学校、高校と、同じ範囲を何度も繰り返して教えていることに気づいていますか? 対して、理科、数学は、どんどんと積み上げていっています。この積み上げを大学、大学院とまで進めないと、世界各国に対抗できないんです。江戸時代に鎖国し、開国して2、30年で、先進国に追いつき、戦後、ボロボロになって、十数年で先進国に追いつき、30年で一瞬でも世界一の経済大国になったのは、日本人の科学教育の凄さを物語っています。
日本がどういう国かはもう習っていますよね。ひとりひとりの科学技術への理解の深さが国の宝なんです。

3.(理系だと地学が履修できて文系だとできないというのは)他の高校でもよくみられることなのでしょうか?それともワタシの高校だけ特別なのでしょうか?

よく見られます。それ以前に、地学自体を学べない地域も多いです。
地学というのは、日本にしかない科目です。地学という学問は世界的には存在しないんです。でも、日本にとってはとても重要なことを学ぶ学問でもあります。
小学校から、地震や気象について、真剣に教えようとしていることは、気づいていますか? 世界の地震・気象の災害を日本は一手に引き受けています。海外の建物が日本に立っていたら、数年を待たずに崩壊している、という国も多いですよ。
地学は、天文学、気象学、地質学、海洋学の集合体です。日本の理科教育の神髄ともいえます。でも、大学には続かず、高校で終わってしまう学問でもあるんです。大学で学ぶ際は、この4つの中のさらにひとつの分野になってしまいます。
なので、進学に力を入れている地域ほど、地学の先生がいません。書店に行って、参考書の理科のコーナーを見てみてください。売れないから、というのもありますが、地学の参考書を書けるセンセイ自体が日本に数人しかいないんです。

4.実際地学を勉強するには独学するしかないのでしょうか?理系で地学に興味のある人は高校のときどうしていたのでしょう?

じつは、地学は、小学校、中学校でしっかりと理科を学んでいたら、独学は容易な科目です。趣味として各分野とも独立して存在している珍しい学問でもあります。趣味として確立しているというのは、言い換えると、仕事としては一握りの研究者がいるだけで、大勢を受け入れるキャパがある学問ではないんです。言葉を悪く言うと底が浅いとも言えます。
多くの分野がバラバラに独立しているので、独学は容易です。ただ、小さな独立した分野を学ぶので、数学のように、これを理解したらマルッとテストで得点できる、ということにはなりません。地道に塗りつぶしていくしかないんです。
ここが、進学高や予備校からつめたく扱われている理由でもあります。

最後に。
大学の入試科目は、その大学・学部・学科で教えたい基礎を高校で学んでいるかを確認する意図もあります。先に書いたように、地学は、地学部地学科や地質学科以外に、高校で学んだ内容がほとんどつながりません。なので、地学で2次試験を受験できる大学・学部・学科はほとんどありません。
生物も受験する大学に苦労しますが、地学ほどではありません。
理系進学を志望する高校生に、地学を教える、というのは、受験勉強に関係のない科目を教えるということです。私の出身高校は、進学にあまり興味のない進学高だったので、地学どころか、理数科の生徒に地歴公民も全科目教えていました。そういうヘンな高校以外は、理系志望者に地学を教えることはしないでしょう。
関東の国公立大で、地学、生物で、2次試験に臨めるのは、東京大くらいです。予備校でも東大専用コースでは、失点をしにくいので、この2科目を教えるところもあります。その子が結果的に東京大を受験できるレベルに届かなかったとき、地学を活かして受験できる大学って、地学科志望以外の場合、国立大にはなく、私立でも東海大くらいになるんじゃないかな。
東京理科大でも、現行課程になりますが、入試科目はこんな感じです。
http://www.tus.ac.jp/admis/fac/seido/bhoshiki.html
センター試験のみを利用する入試しか手が無くなるのが実情です。
それだけ、地学という科目は、大学の内容を学ぶ基礎にはならないということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

沢山書いていただいてありがとうございます。

全科目学べる高校もあるんですね。羨ましいです。

2.の「いいえ」の意味がよくわかりませんが、技術立国なのは昔の理科教育が充実していたからであって今は理科教育が軽んじられているということを示すのではないのでしょうか?

それと、海外との比較はあんまり意味を感じません。風邪を引いているときに「みんなひいているよ」といわれても苦しさは変わりませんよね?

数学について触れられていますが、国語は文系にあって理系にない科目があるので数学~国語の間でバランスがとれているのではないですか?本質問では文系が学べて理系が学べない理系科目があるという逆転現象に着眼しています。数学や国語については話がそれるのでこれ以上触れないでほしいです。

「日本がどういう国かはもう習っていますよね。」と問われましたがワタシの答えは「いいえ」です。国家とはそんなに単純なものではないのでは?一つの側面に過ぎないと思います。それにこれも話がそれるのでこれ以上触れないでほしいです。

ワタシは地図に関することに興味があり、その関連科目としての地学に関心があります。図書館でいくつかぱらぱらめくってみたことがあって、スノーアースについて知ったときは地球で劇的な変化が幾度と無くあったということに驚愕したことを覚えています。履修しないことでいくつもの驚きに触れないまま通過してしまうのではないかということを恐れます。

お礼日時:2013/12/25 01:25

理系を重視する学校では地学が軽んじられる傾向はあるようです。

「地学でないと受験できない」理系大学というのはまずないからで(少なくとも私は聞いたことがない)、物理、化学さえ履修していれば受験可能なところがほとんどでしょう。

この回答への補足

質問文の3.(理系だと地学が履修できて文系だとできないというのは)というのは書き間違いです。意図していたのは(理系だと地学が履修できないのに文系だとできるというのは)でした。失礼しました。

補足日時:2013/12/23 13:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

受験に必要かどうかというのは関係ないですし、そんなセコイことには関心ありません。それに、物理のかわりあるいは化学のかわりに地学を選択したいといっているのではありません。

この質疑サイトをみていると「・・・するのに・・・は必要ですか?」という質問をよくみかけますが、そうやって機会を削ぎ落として無駄を削ってやせ細っていくことに汲々とするのはもったいないと思います。

宇宙論への入口として、あるいは地球温暖化を考える上での基礎知識として、地学に興味があるのに履修できないことに疑問を持って質問しています。

ちなみに前年度の理系:文系の振り分けは3:5(クラス数の比)でした。理系重視にはみえません。

お礼日時:2013/12/23 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験で地学が避けられる理由は何なのでしょうか?

私が志望する大学の学部では、二次及びセンターの理系科目は2つなので、物理と地学を選択しています。地学を志望する理由は、「その学部で使うから(=地質系学部だから)」で、物理を選択した理由は「理系科目で一番短時間で理解しやすい(私見ですが)」です。
その地学を巷では「避けるべき対象」として書かれている事が分かりません。今はセンター模試のみをやっていて、二次は赤本待ちの状況なのですが そこまで難易度が高い物なのでしょうか…。
確かに受験対策の教材は同分野の科目と比べて余りにも少ないですが、それだけが原因で敬遠されるとは思いません。何か特別難しいとされる理由は他に無いのでしょうか?「地学受験出来る大学が少ない」とも考えられますが、第一志望さえ変わらなければ特に問題無いと思っています。
よろしければ大学受験で地学教科を使われた方にお答え頂きたいです。それと、もし地学科目を受験に使われた方が居ましたら 二次対策に使われた教材も教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

私も物理地学で受験しましたが、昔の話なので現在とは状況は違っているかも知れません。
センター試験の地学問題はさほど難しいとされてはいないですね。むしろ暗記主体でもそこそこの点数を取れるため、センター試験地学受験者は文系受験者、つまり1次にしか使わない受験者の方が圧倒的(確か90%以上)に多いです。2次でも物理などに比べれば比較的点は取りやすいと思います。

理系が地学で受験しない最大の理由は、「地学を高校で習っていないから」ではないでしょうか。地質学会などでも問題になっていますが、最近の高校での地学履修者の割合はせいぜい5~6%とされています。多くの高校では地学の授業そのものがありません。授業がなければ参考書も少ない、指導できる先生も多くはないのです。例えば東京都は10年以上地学専攻の先生を採用していません(採用試験すら行われていない)。このような状況では、受験科目としてはどうしても敬遠されがちで、受験者も少ないわけです。
これには理由もあって、やはり理系の場合、物理、化学が基礎として必要な場面が多く、それらの応用分野である地学より、広い理系分野の基礎となる物理化学のほうがどうしても優先されます。実際、多くの地学系学部、学科でも地学受験は必須ではありません。逆に実際の研究において地質系といえども物理化学の知識は必須です。高校の地学レベルならそれを専攻するのであればさほど要らない、それより物理をちゃんとやっておけなんてことをいう大学教官もいます。実際私の同期20名中地学受験組は私を入れて3人しかいませんでしたし、高校で習ったことがあるものもおよそ半分でした。大学によって違いはあるとは思いますが、80年代前半からそんなもんです。

それでも地学の面白さがよい、好きな地学系の学部に行きたいと思われるのであれば、私がそうだったように好きで得意な地学で受験して全然かまわないと思いますよ。好きで得意な科目で受験勉強した方が楽しいですしね。もちろん参考書問題集は少ないし、自分で努力する場面も増えますが。私の場合、高校ではほとんど独学に近い状態で受験しましたが、主な地学系大学の入試過去問をそれぞれ10年分くらいやりました。参考書はあまり使わず、教科書と副読本だけだったかなあ。あとは大学教養レベルの地学教科書が入手できるようなら、読んでおくくらいでしょうか。まあこれはうん十年前の話なのであまり参考にはならないかも知れません。

地学・地質が好きなのはそれで喰ってる者としてうれしいことです。好きな科目で受験できるのなら、幸せなことだと思います。
あと半年くらいですか、頑張ってください。

私も物理地学で受験しましたが、昔の話なので現在とは状況は違っているかも知れません。
センター試験の地学問題はさほど難しいとされてはいないですね。むしろ暗記主体でもそこそこの点数を取れるため、センター試験地学受験者は文系受験者、つまり1次にしか使わない受験者の方が圧倒的(確か90%以上)に多いです。2次でも物理などに比べれば比較的点は取りやすいと思います。

理系が地学で受験しない最大の理由は、「地学を高校で習っていないから」ではないでしょうか。地質学会などでも問題になっていますが...続きを読む

Q高校生の大部分は地学を履修しないのでしょうか。

高校生の大部分は地学を履修しないのでしょうか。

Aベストアンサー

地学は文系受験の花形科目でした。共通1次時代やそれ以前は、文系でも2科目必須だったので、理系が物理化学、文系が生物地学か化学生物を選ぶ人が主流でした。
まもなく始まるセンター試験から、文系でも基礎科目ですが理科2科目受験が実質上の必須になりました。今のところの予想では、基礎科目では、地学基礎は物理基礎の何十倍もの受験者になるみたいですよ。
おそらく、理系が物理、化学の専門科目、文系が化学生物か生物地学の基礎科目が主になるようです。文理が半々、文系の2科目選択の主流2つも半々だとすると、地学基礎を入試に使う人は4分の1は居ることになります。なので、習う人はもっと多いかと。

ゆとりの課程での地学は今の専門科目の地学になりますが、これを入試に使う人はほとんどいないと見られています。その意味では、地学を学ぶ人が増えているとは言いにくい面もあります。

地学って、外国にはない独特な科目なので、習う人は増えてほしいですけどね。

Q都立高校で地学の授業は行われていますか?

専門が地学の高校理科教員です。来年度、東京都の採用試験の受験を少し考えています。
東京都の理科は物理・化学・生物の募集ははありますが、地学での募集はありません。
他の科目で受験することはかまわないのですが、できれば地学の高校教員でありたいのです。

都立高校の先生方および生徒さんに質問です。

都立高校で地学の授業は行われていますか?
行われている場合、専門の地学教員が教えていますか?
そもそも専門の地学教員がいるのでしょうか?
他の科目で受験した地学教員の方はいらっしゃいますか?

回答できる方、お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

東京都ではありませんが、地学を中心に授業等を担当している高校教員です。
私も地学以外の科目で受験し、採用されました。
私のように他科目で採用された教員は、私の自治体をはじめ、全国にいます。
東京都でも、物理で採用され、地学を担当されている方を知っております。

3.11前から、現場では地学教員の需要があります。
私の勤めている高校では、私の着任以降、地学の部活ができましたし、年々地学選択希望者が増えています。
地学の教員が現場にいないから、地学が人気のないように見えるのであって、
地学の教員が現場にいれば、地学の人気はでてくると確信しています。

次のサイトで、東京都内で「地学が学べる高校」が紹介されています。
少なくともこのサイトで紹介されている数以上に、地学担当の教員が東京都にはいるのだと思います。
http://www.ne.jp/asahi/nanto/earth/Chigaku-Manabi-H-index.htm

Q生物を取らないで農学部に行くと大変?

私(高校2年)は農学部に行きたいと考えているのですが、高校で生物を学んでいません。
私の通っている高校では2年から生物と物理に分かれて授業を行っています。したがって、1年のときに選択するのですが、そのときまだ進路の決まっていなかった私は、物理を選択しました。
入試科目は生物をとらなくてもいける大学が多いようですが、入ってからが大変だという話も耳にします。
そこで、実際に農学部に行っている方、行っていた方に、生物をとらないで入ってくる人はどのくらいいるのか、実際に苦労するものなのかなど、教えて貰いたいのです。
ちなみに、私が行きたいと考えているのは、応用生物科、生物生産科などといった学科です。回答は、これ以外の学科についてでもかまいません。

Aベストアンサー

こんにちは。
今、大学四年で農学部で卒研やってる者です。
農学部っていうと、やっぱり、生物が主ですね。
三年までに授業などで勉強するけど、それまでの知識があるかどうかは
結構大切だと思います。
理科って小学校の知識も直接使えたりすると思うことありませんか?
それと同じで高校の授業も大切だと思います。
でも!!!
あなたが本気でやりたいなら方法はあります。
高校の先生に協力してもらいつつ独学する!
塾などに通うのもおいいと思います。
でも、やはりお金がかかるので、高校の先生に相談してみるのがいいと思います。
頑張ってください。

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Qなぜ物理は独学が不可能なんですか?

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに」という参考書について、
「下手な教師よりよっぽどわかりやすい。今まで物理が独学に不向きと言われていたのはこのような参考書がなかったから。」
というようなコメントをしています。

ということは、参考書で授業と同じような理解ができるのではないでしょうか?

私は恥ずかしながら、落ちこぼれからほぼ独学で旧帝大医学部に行こうと思っています。
高2から物理の授業が学校で始まる予定でしたが、丁度高2から家庭の事情により、高校には通っていませんので、ほぼ独学というわけです。
数学はちっぽけな個人塾に行ってるので、まあ完全独学というわけではないので、他の科目は努力次第で目処がたちそうなのですが、物理は方々で、「独学は無理。国立医学部となるとなおさら無理。」という声が色々なサイトで目に入り、「ああやっぱり(高レベルまで行くとなると)独学なんて無理なのかなぁ。」と落胆と失望を何回か繰り返しています。

(といっても、そんな気持ちからかやるべきことをやる前からそんなこと思ってます。自分ではあまり100%無理なんて思いはないのですが、外部情報から無理だと思わせられている。だから無理なのかなぁと心配になりやる気が出ない。自分に都合良く言わせてもらえばそんな状態でいます。
他の科目は勉強してますが、物理に関しては、「独学は無理」という言葉が頭に浮かび、生物にしたほうがいいかなぁなどと躊躇して勉強する気になれません。ただ生物より物理のが、現代医療はMRIとかあるし、大切なのでなるべく物理を学びたいのです。大学に入ってから苦労しそうだし。
それで実際の所はどうなんだろうと質問いたしました。)


そういうわけで、例として上に挙げたようなサイトで言われる、
「物理は独学は不可能」
という言葉の理由についてお聞きしたいです。

それと、旧帝大医学部レベルまで物理を独学で引き上げるのは、正直なところ無理なのかという点も意見を下さい。因みに自分は理解力はいいほうではありません。文系脳に近いです。
数学は人より時間をかけてできるようになった方だと思います。
時間は1年半ですね。最悪でも1浪(2年半)までで受かりたいです。

もし肯定的な意見をお持ちの方がいたら、勉強を進めていく上でアドバイスもいただけますでしょうか。

ちなみに「旧帝大」と付けるわけは、ある医学部の方が書いた本に、
「臨床か開業なら関係ないが、それと平行して研究、あるいは専門の研究医になるならやはり旧帝大系でないと厳しいというのが実情。」
と書いてあったからです。
医学の研究にも興味があるので、そちらの方に有利な旧帝大医に是非とも受かりたいのです。。

真剣に悩んでいます。
ご高見お願いいたします。

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに...続きを読む

Aベストアンサー

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記しても、理解できないのだと思います。

そして、この部分に、物理独特の考え方がたくさん出てきて、独学を妨げているように思います。

予備校であれ、参考書であれ、「自然現象と数式とが結びつく」という点を詳しく説明してくれるものがあれば、独学が可能だと思います。

あくまでも個人的な意見なので、お役に立つかどうか分かりませんが、自分自身が物理を学んだときに感じた難しさを思い出して、書かせていただきました。

参考サイトは、考え方の部分を説明してくれています。

参考URL:http://tahara-phys.net,http://webkouza.com

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記して...続きを読む

Q地学で飯は食えないのですか?

はじめまして、現在はA大学理系の学部学科を専攻している大学生です。(大学名は勿論仮の名です)

質問なのですが、私は大学入試の時、A大学理学部の地学関係の学科に興味があり、そこを受験しようとしたのですが、
「こんな地学をやる学科なんか卒業しても地震の先生と地学の先生しか仕事がない。その数は少なく、学年でトップならともかくほとんどの人は仕事がないんだ!」
と言われ大反対されました。その結果、興味のあったこの学科は諦め、父好みの将来仕事の口の多い現在在籍している同じA大学の某学部某学科に入学しました。

そして入学後、この大学の見かけ30~40代位の工学部の准教授の先生二人と話す機会がありました(きっかけは二人の講義を私が履修していた事からです。)
その後、二人は今は工学部の先生ですが、大学は理学部卒だそうです。なので二人に思い切って、
「この大学の理学部の地学関係のあの学部って全然就職ないって本当ですか?父がそう言ってたんですが…」
と尋ねたら二人とも、
「え!?そんな事ないんだけど…」
と言われました。

父の言った事とこの先生方の言った事、どちらが正しいのでしょうか?正直父は大学は文型だったので、私は二人の先生方のおっしゃった事が正しい気がしますが…
かなり気になっていますので、詳しい方、回答宜しくお願いします。

はじめまして、現在はA大学理系の学部学科を専攻している大学生です。(大学名は勿論仮の名です)

質問なのですが、私は大学入試の時、A大学理学部の地学関係の学科に興味があり、そこを受験しようとしたのですが、
「こんな地学をやる学科なんか卒業しても地震の先生と地学の先生しか仕事がない。その数は少なく、学年でトップならともかくほとんどの人は仕事がないんだ!」
と言われ大反対されました。その結果、興味のあったこの学科は諦め、父好みの将来仕事の口の多い現在在籍している同じA大学の某...続きを読む

Aベストアンサー

思いつくものを挙げてみます。

1)地震学・測地学
気象庁・海上保安庁・国土地理院
防災科学技術研究所・海洋開発機構
地震計やGPS受信機を作っている企業
JR東海をはじめとする鉄道会社
東京電力・中部電力をはじめとするエネルギー会社
石油開発・鉱山などの企業・団体
ゼネコン(鹿島建設など)、建築コンサルタント
損害保険料率算出機構、各種シンクタンク

2)気象学、海洋学
気象庁、海上保安庁、国土交通省、環境省
都道府県等の水産試験場
海洋資源開発関連の企業・団体
テレビ局などのマスコミ
各種環境コンサルタント・法人

3)地質学・岩石学
地質調査会社
地図会社
国土地理院
博物館・科学館
石油開発・鉱山などの企業・団体
セメント会社
陶器・セラミック製造業

これに加え、理系ならば研究のために計算機を使ったり、エレクトロニクスに詳しくなったり、化学分析をしたりしますから、
システムエンジニア、プログラマ
各種製造業(設計などは厳しいが、生産管理などなら問題ない)
理系営業(製造業者向けの法人営業等)
などの道も十分にあります。

思いつくものを挙げてみます。

1)地震学・測地学
気象庁・海上保安庁・国土地理院
防災科学技術研究所・海洋開発機構
地震計やGPS受信機を作っている企業
JR東海をはじめとする鉄道会社
東京電力・中部電力をはじめとするエネルギー会社
石油開発・鉱山などの企業・団体
ゼネコン(鹿島建設など)、建築コンサルタント
損害保険料率算出機構、各種シンクタンク

2)気象学、海洋学
気象庁、海上保安庁、国土交通省、環境省
都道府県等の水産試験場
海洋資源開発関連の企業・団体
テレビ...続きを読む

Q理科(生物・物理・地学)の選択について

こんばんは☆
理科の選択科目のことでおしえてください。

高2からの選択科目で、生物か物理か地学を選ばなくてはいけません。
理系ならそれぞれIIまでありますが、理系は断念するかもしれないのでそうしたら「I」までです。

それでわたしは理科は本当は少しずつでも全部やりたかったのですが、一つ選べってことで困っています。
中学の理科は最初は生物みたいなところばっかりわかって、電流とかあと濃さの計算みたいのとかも最悪な感じだったんですが最後にやっとできるようになったら実際の入試のときは生物を忘れていたりしました。
でもわかってみるととても生活に役立ちました。

それで、いまどんな風に悩んでいるかというと、
入試でも理科と数学は苦労したので、今度選んだ理科の科目が自分には難しすぎないように選ばなくてはいけないことと、
どの科目がおもしろかったりこれから暮らしてくとき役に立つかと、
数学ができなくて最初中学の理科でも大変だったので、こんど高校の数学ができないときのことも考えなくてはなりません。

こんな私なのですがどの科目を選ぶのがいいかアドバイスいただけるとうれしいのですが、よろしくおねがいします。

こんばんは☆
理科の選択科目のことでおしえてください。

高2からの選択科目で、生物か物理か地学を選ばなくてはいけません。
理系ならそれぞれIIまでありますが、理系は断念するかもしれないのでそうしたら「I」までです。

それでわたしは理科は本当は少しずつでも全部やりたかったのですが、一つ選べってことで困っています。
中学の理科は最初は生物みたいなところばっかりわかって、電流とかあと濃さの計算みたいのとかも最悪な感じだったんですが最後にやっとできるようになったら実際の入試のとき...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

一応進路のことも考えてお話させていただきます。
もし、理系での進学を考えているのであれば、「生物or物理」
文系での進学を考えているのであれば、「生物」
が妥当なところでしょう。


本当は、満遍なく勉強できるのが一番なのですが、
授業時間や先生の関係でできなかったりもするようです。

私は理系の人間なので、あまり参考にならないかもしれませんが、
生物と地学は比較的新しい分野なので、理論どうこうより暗記が多いです。

物理は17世紀くらいからある古い分野なので、理論が多くあるので、
結構、分からなくなるとドツボにはまる可能性もあり、嫌いになってしまうと、
とことん嫌いになってしまうかもしれません。

 実生活でのお役立ち度 は、
1.生物(生命の誕生から環境のことまで)
2.地学(地球・宇宙の誕生から天気・地震・地層まで)
3.物理(力の働きから光・波・電磁気学まで)
ではないかと思います。


これだけでは参考にはならないと思いますので、
一度、時間のあるときに大きな書店へ行ってみて、
教科書や参考書などをペラペラとめくって考えてみるのをオススメします。

せっかく勉強するのですから、一番自分にあっている教科を勉強するのがいいと思いますからね。
ご自分の目で見てから考えて下さい。

こんばんは。

一応進路のことも考えてお話させていただきます。
もし、理系での進学を考えているのであれば、「生物or物理」
文系での進学を考えているのであれば、「生物」
が妥当なところでしょう。


本当は、満遍なく勉強できるのが一番なのですが、
授業時間や先生の関係でできなかったりもするようです。

私は理系の人間なので、あまり参考にならないかもしれませんが、
生物と地学は比較的新しい分野なので、理論どうこうより暗記が多いです。

物理は17世紀くらいからある古い分野なので...続きを読む

Q数IIIってどこで使われますか?

今高1です
数IIIはおもにどの学部の受験で扱われる教科ですか?
なんか、とても難しいと聞きました…
私はまだ具体的に学部や大学は決まってませんが、今のところ理学部や理工学部に興味があります。そういった、学部だとどのような教科が必要になってくるのでしょうか?
理系の学部を目指している人はセンター試験では現代文、古典、歴史系といった文系の教科は受けるものなんですか?それとも自分の受けたい大学の学部によって変わりますか…?

そういったところが全く分からないので教えてください!お願いします

Aベストアンサー

数III…微積、複素数平面、曲線

理系全般の学部、工学系や薬学・医学系など。
数IIIを全く理解せずに理系学部に入ると、初年度の基礎教育で苦戦します。

つまり、大学で学ぶのに必要だから数IIIを出題するのです。
数IIIは難しくはありません。難しいという人は、たいてい数II・Bが分かっていない人です。
解き方が完全にパターン化されているのが数III。まあ、高い計算力は必要ですけど。
身近なところで言うと、物理学を学ぶ際に数IIIが必要になります。

理系の学部で必要なこと
・論理的思考 ⇒ 数学・国語
・口頭による説明能力、文章による思考の表現力 ⇒ 国語・英語
・PCスキル(エクセルなど。マクロが組めるなら申し分ない) ⇒ 情報
・文章読解力、英語の読み書き ⇒ 国語・英語
・計算能力・数式による自然現象の表現 ⇒ 数学・物理・化学
・専攻に対する興味・関心・探求心
・実験を行う際、他人との協調性


国公立大学を受験する場合は、センター試験で5教科7科目を受けるパターンが多いです。
だから、文系の科目も受験します。
センター試験は基礎的なレベルなので、理系ならクリアすべき試験です。

私大の場合だと異なります。入試案内を見れば書いてあります。

数III…微積、複素数平面、曲線

理系全般の学部、工学系や薬学・医学系など。
数IIIを全く理解せずに理系学部に入ると、初年度の基礎教育で苦戦します。

つまり、大学で学ぶのに必要だから数IIIを出題するのです。
数IIIは難しくはありません。難しいという人は、たいてい数II・Bが分かっていない人です。
解き方が完全にパターン化されているのが数III。まあ、高い計算力は必要ですけど。
身近なところで言うと、物理学を学ぶ際に数IIIが必要になります。

理系の学部で必要なこと
・論理的思考 ⇒ 数学・国語
...続きを読む

Q進研模試の平均点はどうしてあんなに低いのですか?

進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか?
どういう人が下げているのですか?

誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。

受ける前から、誤差を±20点ぐらい認めるとして、点数の予測はつく模試です。

ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね?
はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。

殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率の問題で当てたレベルの気がします。
実際、私も何一つ解らないテストは難易度にかかわらず、取り敢えず空欄を埋めますがだいたい30点台です。

そして、そんなテストを受けても満点と自分の間にレベルの差がありすぎて、見直したところで時間ばかりかかって効率も悪く、殆ど力になりません。
運と勘でもぎ取った30点の結果叩き出された合格判定などさらに無意味です。


半分も解く気がないのに、学校単位で、模試を受ける意味が解りません。
それなのにどうして、受けるんでしょうか。
3000円近くするんですよ?

進研模試の平均点を下げている人たちは、何者で、何を思って模試を受け、受けさせられているのですか?

進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか?
どういう人が下げているのですか?

誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。

受ける前から、誤差を±20点ぐらい認めるとして、点数の予測はつく模試です。

ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね?
はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。

殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率...続きを読む

Aベストアンサー

ベネッセは元は福武書店と言います。福武書店は岡山県で創業されました。
高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。
岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。問題は高校教師が作成しました。
この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。
つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。

学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。

> 進研模試の平均点を下げている人たちは、何者で、何を思って模試を受け、受けさせられているのですか?

受験者は現役高校生です。高校生とは勉強するために学校に通っています。大学受験を希望するかどうかは関係ありません。難関校だろうが非進学校だろうが高校生は高校生です。高校生が自身の達成度を知りたいと思うのは(本人が実際にどう思っているかはさておいて)、決して不可思議なことではありません。ましてや高校教師にしてみれば自分の教育の是非を知る直接的機会と言っても良いでしょうし、カイゼンのきっかけにもなるでしょう。

確かに難関校の生徒にとっては低偏差値校生徒との比較は意義を感じないでしょう。
ですが、経緯からもお判りのように進研模試の主役はどちらかといえば低偏差値校生徒です。
質問者さんの質問内容はそっくりそのまま真逆の立場からも言えることだということです。

ベネッセは元は福武書店と言います。福武書店は岡山県で創業されました。
高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。
岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。問題は高校教師が作成しました。
この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。
つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。

学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。

> ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報