プロが教えるわが家の防犯対策術!

水位計とかで、よく、LL,L,M、H,HHなどを見るのですが、
これは具体的に何になるのでしょうか?
多分意味としては、警報発生水位と、復帰水位とかになると思うのですが、
よくこれは、Lだけを見てねとか言われるのですが、どういう意味でいっている
のでしょうか?
また、LL,L,M、H,HHの接点は最高何種類あるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問の内容が、いまいち理解していませんが、とりあえず水位の制御に関しては


その設備により、色々と変わると思います
電極なら兎も角、フロートレスリレーなら、理論上何点でも水位が測れますしね

ちなみに、私が設計した排水ポンプの例では

LL:渇水警報
L:ポンプ停止
M:ポンプ始動
H:ポンプ2台同時始動
HH:満水警報

こんな感じで使用します

LLのレベルはポンプの空転防止の為
水槽に水が無いのにポンプを動かすと空運転になりポンプが壊れるので
水槽に水が無い場合は、LLの渇水警報で、ポンプの始動にインターロックを掛けます

M,Lのレベルはポンプの始動停止条件
排水槽に水が溜まりMレベルまで溜まるとポンプで排水を始め
Lレベルに達するとポンプを止めます

Hは2台同時運転
排水ポンプの場合だと、No.1とNo.2の2台のポンプを設置し交互に動かす事により
ポンプの寿命を延ばすと同時に片方が壊れた場合の不足の事態にも備えます
そして、何らかの原因で排水が追い付かず、水槽に水が大量に流れ込んだ場合
2台のポンプを同時に動かせば、水位を急激に下げる事が出来ます

HHは満水警報
これ以上水槽に水が流れ込んだら水槽が溢れる為
中央監視盤に満水警報を送ったり、その水槽に液体を流し込む弁を止めたりします

これは、あくまで一例です
Hで満水警報を出し、HHは何らかの原因でHレベルの信号が出なかった場合の
バックアップの役割で使う事もありますので

>よくこれは、Lだけを見てねとか言われるのですが、どういう意味でいっている
のでしょうか?

詳細が不明なので、ハッキリとした事は言えませんが、言葉通りに捉えるなら
フロートのLレベルのみ信号を拾います
具体的には、リレーを起こし、その接点で警報を出したり
インターロックに使用したり…まあ、その設備により、用途は様々ですがね

この回答への補足

ありがとうございました。
良く理解できました。

補足日時:2013/12/30 08:56
    • good
    • 0

(1)L=LOW


(2)M=MIDDLE
(3)H=HIGH

一般的に以下で通じます。
LL=LOW LOW
HH=HIGH HIGH

LLLとかHHHも通じます。

またH1~HnやL1~Lnと言う言い方もします。
この例ではH1とL1をコンビで使います。

最高では10ぐらいではないでしょうか・・・

この回答への補足

ありがとうございました。
勉強になります。

補足日時:2013/12/30 08:56
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

QMCCBとELBの使い分けについて

添付画像のように、ELB→MCCBと単線が接続されているものを、右の矢印のように変更します。

その際に、黄色く記した場所がMCCBでいいのかなと思うのですが、ELBにした方がいい理由がわかりません。

下の2つのMCCBは各機械に接続されてるために、分岐前にさらにELBの方がいいのでしょうか?
逆に全部ELBの方がいいのでしょうか?

電気詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要点:
(1)原則として、移動式もしくは可搬式の電動機械器具に供給する電路(コンセント回路と考えて良い)には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(労安則333~4条)
(2)原則として、電圧60V超過で人の容易に触れるおそれのある金属製外箱の機械器具には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)
(3)電気用品の型式認証のある漏電しゃ断器を機械器具内に取り付けた場合には電路に漏電しゃ断器を付けなくても良い。(電技40条)
(4)一次が特高または高圧で二次が300Vを超える電路では、受電室等の引出口付近に漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)

と言ってどこにでも取り付ければ良い訳ではないのです。
図に示してあるように、電路の最初に漏電用遮断器(中性線欠相保護付)を入れて配線用遮断器(サーキットブレーカ)を入れるのが基本です。
理由は、分岐に漏電遮断器を入れても主幹(電路の最初)に入れても効果が同じであるため、値段を考えると主幹に入れるのが経済的となります。
しかし、主幹にサーキットブレーカ(中性線欠相保護付)を入れて分岐を漏電ブレーカとする場合もあるようですが、これは分岐に原因不明の不具合が発生したり、一部の分岐に漏電が発生しやす時にのみ行う場合がありますが、ほとんどは基本の通りです。
それと、適当にブレーカを配置すると規定違反となり、電気の供給ができなくなるようです。
その前に直すので、ほとんどは問題ないようですが。

要点:
(1)原則として、移動式もしくは可搬式の電動機械器具に供給する電路(コンセント回路と考えて良い)には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(労安則333~4条)
(2)原則として、電圧60V超過で人の容易に触れるおそれのある金属製外箱の機械器具には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)
(3)電気用品の型式認証のある漏電しゃ断器を機械器具内に取り付けた場合には電路に漏電しゃ断器を付けなくても良い。(電技40条)
(4)一次が特高または高圧で二次が300Vを超える電路で...続きを読む

Q制御盤のスイッチについてご指導下さい。

CS(制御スイッチ)とCOS(切換スイッチ)が電気図面に記載されているのですが違いがわかりません。どのような使い分けをすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも同じ様な気がします

CSはカムスイッチの略(Cam Switch)
COSは切り替えスイッチの略(Change Over Switch)

どちらの機器も回路を切り替えると言う事では同じです
ただ、COSは回路選択(手動-自動とか、手動-連動)なのに対し
カムスイッチはそれ以外の切り替えも可能です
例えば、電流回路(AS)や電圧回路(VS)はカムスイッチです

もっと厳密に言うと、基本的にCOSは単純な回路の切り変え
(捻ってONかOFFか)出来ないのに対し
CSは様々な接点構成を作成出来ます

また、COSは基本2ノッチか3ノッチですが
カムスイッチは5ノッチとか6ノッチも普通に出来ます

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q圧力単位で『mAq』の意味は?

圧力単位で『mAq』もしくは『mH2O』なる単位がありますが、この単位の指す
意味がわかりません。何mm径の水柱で何m上昇するかという意味ではないかと
思っているのですが...
単位換算サイトで数値の変換はできますがこの単位の示すところをご存知の
かた、お教え下さい。

Aベストアンサー

物理屋の siegmund です.

私はほとんど見たことがない単位ですが,
推測するに,水柱hメートルに相当する圧力が h [mAq] あるいは h [mH2O] ですね.
Aq はラテン語の aqua (= water) あるいは aqueous (= of water)です.
圧力ですので,何mm径は関係がありません.
あんまり管が細いと水の表面張力や管壁と水との親和性などが影響しますが,
ある程度太ければほとんど影響はありません.

高さ h [m] で断面積 S [m^2] の水柱を考えましょう.
体積は hS [m^3] です.
水の密度は 10^3 [kg/m^3] ですから,水柱の質量は 10^3 hS [kg].
地表面での重力加速度が g ≒ 9.8 [m/s^2] ですから,
水柱にかかる重力が 9.8×10^3 hS [kg・m/s^2].
圧力 p は単位面積あたりの力ですから,
p = 9.8×10^3 h [kg/(m・s^2)] = 9.8×10^3 h [Pa] です.
断面積は関係がないこともついでにわかりました(したがって,管径も無関係).
Pa はパスカル.
つまり,1 [mAq] = 9.8×10^3 [Pa] です.
1気圧は 101325 [Pa] ですから,大体 1 [mAq] = 10.3 [mAq] ですね.

重力加速度は場所によって少し違いますし,水の密度も温度変化します.
したがって,1 [mAq] = 9.8×10^3 [Pa] でなくてちょっと値がずれた
厳密な定義があるはずだと思うのですが,
ちょっと調べた範囲ではわかりませんでした.

水の代わりに水銀を使った方は血圧でおなじみですね.
水銀の比重は 13.6 ですから,1気圧が 760 [mmHg] くらいに相当します.
血圧が 120 というのは 120 [mmHg] のことです
真空関係では,1 [mmHg] = 1 [torr] として torr がよく(というか,未だに)
使われています.
torr はトリチェリに由来する単位です.

SI 単位系の立場からは,mAq,mmHg,torr などは推奨できる単位ではありません.
圧力の SI 単位は先ほど出ましたように,Pa (パスカル) です.

余談ですが,アクアラング aqualung (水+肺) は文字通り水中の肺ですね.
Aquarius は水瓶座.そういえば,こういうスポーツドリンクもあるな.
aqua はサンスクリットに語源を発する古い言葉で,
仏教関連用語として日本に入ってきて「閼伽」(あか)になったとされています.
「閼伽」は仏様に供える水,あるいは水の容器のことです.
「閼伽棚」は仏様の水や花をおく棚です.

物理屋の siegmund です.

私はほとんど見たことがない単位ですが,
推測するに,水柱hメートルに相当する圧力が h [mAq] あるいは h [mH2O] ですね.
Aq はラテン語の aqua (= water) あるいは aqueous (= of water)です.
圧力ですので,何mm径は関係がありません.
あんまり管が細いと水の表面張力や管壁と水との親和性などが影響しますが,
ある程度太ければほとんど影響はありません.

高さ h [m] で断面積 S [m^2] の水柱を考えましょう.
体積は hS [m^3] です.
水の密度は 10^3 [kg/m^3] ...続きを読む

Qねじの「おねじ」と「めねじ」とは?

ねじの「おねじ」と「めねじ」は構造的にどう違うのでしょうか? JISの用語記述では

おねじ=ねじ山が円筒形又は円錐の外面にあるねじ
めねじ=ねじ山が円筒形又は円錐の内面にあるねじ

とあります。これは単純におねじ=ボルト  めねじ=ナット と考えていいのかと思っていたのですが、用語集の中に

平行ねじ=ねじ山が円筒の内面、または外面にあるねじ

というものがあり混乱してしまいました。 すごく初歩的な問題なのですが、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
なんと!ネジには平行じゃないテ-パ-ネジがあるのです。
??って思うかも知れませんが 気密を必要とする 接続(通常パイプ関係が多い)に使用します。
ネジ込み初めはガタガタで 最後にギュってしまります。JISでは以前はPT 今はRCネジと言います。
で 平行ネジの記述は それらに対して平行といったので メネジ オネジを含んだ言い方ですね。
つまり 平行ネジにも テ-パ-ネジにも オネジメネジは有るのです。

Q【見積】と【積算】の違いがわかりません。

こんにちは。
現在建設コンサルタント会社で働いています。

ここで、初歩的な質問なのですが、いわゆる「見積」と「積算」というものの違いがいまいちよくわかりません。
gooの国語辞典で意味を調べてみましたが、・・・?という感じです。
「積算」も見積もりなんですよね?

建設コンサルの知識は無いに等しいのですが、どなたか教えてください。
よろしくおねがいしますm(__)m

Aベストアンサー

積算とは、建築物の工程ごとに、必要な材料などを拾い出して、単価を掛けて計算することです。
これを積み重ねたものが積算原価です。

この工程ごとの積算原価に利益を上乗せしたものが見積単価になり、全部の工程ごとにまとめて見積金額になります。

積算価格+利益=見積価格です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング