痔になりやすい生活習慣とは?

イタリア語で 「私の家に(で)」は da me と a casa miaがありますが、どう違いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

イタリアに住んでいたのは10数年前ですが、


Da meは家においでのような表現の時。Vieni da me.
又はCosa vuoi da me 私から。。。という表現

A casa miaは
私の家で一緒に何かしようなど、私の家でと解釈していました。

Vieni a casa miaとも言えますが、Da meの方が簡単なので良く使ってましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/22 11:05

No.3さんの回答と同じです。

補足すると、

イタリアの友人にメールするときの、最近の常套句は、
Da noi fa ancora freddo!
です。ここでの「da noi」は「我々の家では」ではなく、「我々の(住んでいる)ところでは」の意です。

「(~の)家に行こう」の場合、
Andiamo a casa dei nonni!
よりも、
Andiamo dai nonni!
の方がやや砕けた言い方のように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/22 11:06

こんにちは



ほぼ違いはありませんが、
あえて言うなら a casa miaは私の家限定です。
da meは自分がいるところとも言えます。(イタリア人談)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/22 11:05

初めまして。


ご質問内容を拝見させて頂きました。
>イタリア語で 「私の家に(で)」は da me と a casa miaがありますが、どう違います か?


da meだけだと、単独的な表現『私ひとりで』とかになるかと。

「私の家に(で)」 はa casa miaでよろしいかと。


(((・・;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/21 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「太郎の家」をイタリア語とスペイン語で表記すると?

太郎の家 という お店の名前を イタリア語とスペイン語で表記すると、どうなるでしょうか。 Casa di Taro , Casa de Taro でよいのでしょうか。アドバイスをお願いできると助かります。

Aベストアンサー

>太郎の部分が、もし、女の子の名前だと、di とか de の 部分が違ってくるのでしょうか。

イタリア語ならdi、スペイン語ならdeで、男女は関係ありません。例えば、イタリアのレストランで、

La Casa di Carlo(男性名)

というのもありますし、「ロメオとジュリエット」の家のモデルになった建物は、

La Casa di Giulietta(女性名)

と言います。スペイン語でも、ガルシアという男性名の例なら、

La Casa de García

で、作家ガルシア・ロルカやガルシア・マルケスの家を、

La Casa de García Laorca
La Casa de García Marquez

と言いますし、女性名でも、

La Casa de Carmen
La Casa de Abigail

と言います。diやdeの部分が変わるのは、固有名詞でない場合で、名詞の性や数によっていろいろに変化します。人名の場合は上のようになります。

Qイタリア語で何と言えば良いか・・・空(そら)の家

「空(そら)の家」もしくは「空に浮かぶ家」といったニュアンスをイタリア語で表すとどうなりますか?

casa(カーサ?)が家で、cielo(シエロ?)が空??ではないかと、ネットで検索して、想像しています。

単につなげてcasa cieloとすればいいのか、語順や英語でいう前置詞のようなものが必要かどうかなど、ご存知の方がいましたら教えて下さい。

それと、できればカタカナ読みも教えて下さい。

Aベストアンサー

空はcieloと書いてチェーロと読みます。
「~のXX」の「の」に当たるのは、普通はdi(ディ)が用いられます。

「空の家」は、casa del cielo (カーサ・デル・チェーロ)
diと定冠詞男性形単数のilがくっついてdel(デル)になってます。
英語のofの使われ方と似ています。

「空に浮かぶ家」のニュアンスを出すならば、inを使って
casa nel cielo(カーサ・ネル・チェーロ)
これも、inと定冠詞男性形単数のilがくっついてnel(ネル)になってます。
空にある家、のような意味です。

Qイタリア語で光というのは・・・

イタリア語で「光」「透明な光」「柔らかい光」「魂」「静かなる心」という言葉を教えてください。
もしよければそのような系統の言葉でなにかこころに響くようなよい言葉があれば教えてください。

Aベストアンサー

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。音の響きのよう方を選ばれることです。luce がやはりいいと思います。
 
  「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません):
 
  la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ)
  il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ)
 
  la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ)
  il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ)
 
  「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。光の「感じ」で選ぶことができます。mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。
 
  以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。好きな形容詞で、言葉を造ってください。
 
  la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ)
  il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ)
   ……
 
  「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。
 
  「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。
 
  「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo(a) という形容詞になります。calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。「落ち着いた」というような意味です。
 
  il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ)
  

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし...続きを読む

Qイタリア語: molto と tanto の違い

どのように使い分けしたらいいですか?

Ci sono molti fiori.
C'e tanta gente.

Aベストアンサー

moltoもtantoも数や量の多いことを示す不定形容詞です。性数変化します。意味と用法はほとんど同じですが、tantoは量的な意味によく使われます。まったく同じ使われ方もする(出来る)ので慣用句として覚えざるを得ないかと思います。強いて言えばtantoは単に多い少ないではなく、気持ちの上で「そんなに」と漠然と何かと比較するところがあるように見えます。(ニュアンスの差です)

molto (対語 poco)
E un uomo di molta pazenzia.
彼はとても辛抱強い人だ。
Faceva molto freddo.
とても寒かった。
Con molto piacere
大喜びで(喜んで)

tanto
In questo mondo c'e tanta ingiustizia.
この世には多くの不正がある。
E uomo che possiede tanto denaro.
彼は金をうんと持っている男だ。
A che ti servano tanti libri?
こんなにたくさんの本を何に使うの?

Ho molta fame= ho tanta fame.
とてもお腹が空いた。

両方とも副詞として動詞を修飾することが出来ます。

moltoもtantoも数や量の多いことを示す不定形容詞です。性数変化します。意味と用法はほとんど同じですが、tantoは量的な意味によく使われます。まったく同じ使われ方もする(出来る)ので慣用句として覚えざるを得ないかと思います。強いて言えばtantoは単に多い少ないではなく、気持ちの上で「そんなに」と漠然と何かと比較するところがあるように見えます。(ニュアンスの差です)

molto (対語 poco)
E un uomo di molta pazenzia.
彼はとても辛抱強い人だ。
Faceva molto freddo.
とても寒かった。...続きを読む

Q響きの良いラテン語/イタリア語/スペイン語

会社の名前のアイディアを探しています。
ブランド名は具体的で堅いネーミングに決めていますが、
社名は響きの良いものにしたいと思っています。
「良い」「楽しい」

「場所」「空間」「人生」「仲間」「関係」
のような組み合わせを考えています。

「高く」と「跳ぶ」的なものも
響きのいいものがあればいいかも知れません。

ちなみに
benesseなんてのはいい響きだな、と思います。

カタカナで発音を教えていただけるととても助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

英語だから月並みというよりも、英語だと既に使われている可能性が高いことを危惧してですよね。あと、ネーティブに「隠語」に当たらないか聞くよりも、文法に注意してください。というのは、それらの言語には「性」があって、それに応じて形容詞が語尾変化をするからです。中には フランス語のフの字やイタリア語のイの字も知らずに 肝心な部分を逃して ただ 茶々を入れる人もおりますが、文法の間違いだけは みっともないです。隠語といっても 例えば boxにvaginaの意味があるからといって神経質になる必要はありません。

「基本イタリア語2000」の類は、基本になる外国語をアルファベットに並べただけで tanmen08さんの目的にはそぐわないと思います。それよりだったら このような本がいいと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%BE%9E%E5%85%B8-%E5%AD%A6%E7%A0%94%E8%BE%9E%E5%85%B8%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4054012795

私はラテン語は知りませんが、イタリア語とスペイン語で書いてみます。

良い場所 buon luogo ブオン ルオゴ/ bueno lugar ブエノ ルガル

良い空間 buon spazio ブオン スパーツィオ / bueno espacio ブエノ エスパシオ

良い人生 buona vita ブオナ ヴィータ / buena vida ブエナ ビダ

良い仲間 buon compagno ブオン コンパーニョ / bueno companero ブエノ コンパニェロ

良い関係 buona relazione ブオナ レラツィオーネ / buena relacion ブエナ レラシオン

高く跳ぶ saltare altamante サルターレ アルタメンテ/ saltar altamente サルタル アルタメンテ

英語だから月並みというよりも、英語だと既に使われている可能性が高いことを危惧してですよね。あと、ネーティブに「隠語」に当たらないか聞くよりも、文法に注意してください。というのは、それらの言語には「性」があって、それに応じて形容詞が語尾変化をするからです。中には フランス語のフの字やイタリア語のイの字も知らずに 肝心な部分を逃して ただ 茶々を入れる人もおりますが、文法の間違いだけは みっともないです。隠語といっても 例えば boxにvaginaの意味があるからといって神経質になる必要はあ...続きを読む

Qイタリア語での年月日表記について…

イタリア語での年月日表記について…
はじめまして。
早速ですが、イタリア語で「2010年7月25日」を表記するとどうなるのでしょうか?英語などでは並びが日本と違ったり、月が数字ではなくアルファベットの省略形になったりするのでイタリア語での一般的な表記を知りたいです。
ご存知の方、どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

かなり形式的な(格式張った)表し方では、
il 25 luglio dell'anno 2010
普通に形式的なのは、
il 25 luglio 2010
日の前の定冠詞は、日(数)の表記が母音から始まるときは、"l'"になります。例えば8は"otto"ですから、8日は"l'8"、11日は"l'11"と書きます。

手紙などでは、
25 luglio 2010
もっとくだけると(絵葉書など)、
25/7/2010

月名の省略形は、順に、
gen-feb-mar-apr-mag-giu-lug-ago-set-ott-nov-dic
ですが、省略形を表す"."は、付けても付けなくてもいいのです。カレンダーなどによく用いられています。

Qイタリア語で 「買い物をする」

イタリア語で “買い物をする”は fare la spesaと fare le speseがありますが、 どう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

fare la spesaは、いつも食べているものなどを買う時など、いつものスーパーで買い出しをする時に使います。
fare le speseは、いつもの買い物ではない洋服やCDなどのショッピングの時に使います。

Qフランス・イタリア語で。

フランス語または、イタリア語で
「ひだまり」
「ひなたぼっこ」
「隠れ家」

・・・を教えてくださいませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が書きかけで他の用事をしている間にstarfloraさんも回答していらしたみたいで・・・重複回答になってしまってすみません。

それとちょっと修正です。
フラ語のil/elleおよびイタ語のlui/leiを人称代名詞と書きましたが、主語人称代名詞のことです。つまり、英語のhe/sheにあたります。複数形も女性形と男性形がありますが、長くなるので割愛しました。

Qフランス語で○○の家

CASAって「家」という意味ですよね。

誰々の家の場合、

CASA de 「誰々」

という表記でよいのでしょうか?
また、このdeはどのように発音すればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

補足します。

後に続く名詞に冠詞が付く場合は、前置詞と冠詞がつながって変化します。
後に続く名詞によって「CASA」が変化する事はありません。

「鈴木さん」だとしたら
CASA DI SUZUKI
になります。

Qイタリア語について

日本語では、事務所、会社という表現がございますが、イタリア語で表現すると、事務所、会社はどのような表現になるのでしょうか。
綴りと読み方を教えてください。

Aベストアンサー

ごめんなさい、読み方もでしたね。

associazione in partecipazione--アッソチャツィオーネ・イン・パルテチパツィオーネ....合弁会社
societa' a responsabilita' limitata (srl)--ソチエタ・レスポンサビリタ・リミタータ(エッセ・エッレ・エッレ)...有限会社
societa' in accomandita' per azioni (sapa)--ソチエタ・イン・アッコマンディタ・ペル・アツィオーニ(エッセ・ア・ピ・ア)....株式合資会社
societa' in accomandita' semplice (sas)--ソチエタ・イン・アッコマンディタ・センプリチェ(エッセ・ア・エッセ)....単純合資会社
societa' in nome collettivo (snc)--ソチエタ・イン・ノーメ・コッレッティーボ(エッセ・エンネ・チ).....合名会社
societa' per azioni (spa)--ソチエタ・ペル・アツィオーニ(エッセ・ピ・ア).....株式会社
*ソチエタというのは資本者が二人以上で構成されている会社です。個人企業には使いません。

業務内容で分けると
compagnia di assicurazione--コンパニア(会社)・ディ(~の)・アッシクラツィオーネ(保険).....保険会社
casa eitrice--カーザ(会社)・エディトリーチェ(出版の).....出版社  **前回、"D"editriceになっていました。訂正します。
consociata--コンソチャータ....提携会社
impresa di plizia--インプレーザ(会社)・ディ(~の)・プリツィア(清掃)....清掃会社
impresa edile--インプレーザ(会社)・エディレ(建築の)....建築会社
ecc......エッチェーテラ(エトセトラ)


事務所は個人レベルの場合、STUDIOが一般的です。
Uffico di rappresentanza--ウッフィーチョ(事務所)・ディ(~の)・ラップレゼンタンツァ(代理人).....駐在員事務所
Studio legale--ストゥーディオ(事務所)・レガーレ(法律の).....法律事務所
Studio medico--ストゥーディオ(事務所)・メディコ(医療の)......診療所
ecc.....

ごめんなさい、読み方もでしたね。

associazione in partecipazione--アッソチャツィオーネ・イン・パルテチパツィオーネ....合弁会社
societa' a responsabilita' limitata (srl)--ソチエタ・レスポンサビリタ・リミタータ(エッセ・エッレ・エッレ)...有限会社
societa' in accomandita' per azioni (sapa)--ソチエタ・イン・アッコマンディタ・ペル・アツィオーニ(エッセ・ア・ピ・ア)....株式合資会社
societa' in accomandita' semplice (sas)--ソチエタ・イン・アッコマンディタ・センプリチェ(エッセ...続きを読む


人気Q&Aランキング