石油や天然ガスは大二次世界大戦後あたりに使われ始めているようですが(?)、これはどのような経緯で使われるようになったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

石油の近代的利用に関しては参考URLに詳しく紹介されています。



参考URL:http://www.roshy.human.nagoya-u.ac.jp/~rep2000/a …
    • good
    • 0

石油が利用されるのは、やはり内燃機関(ガソリンエンジンなど)の発達でしょう。

使われ始めたのはもっと前のことです。(日露戦争の軍艦が蒸気エンジンだったわけではないし、第一次大戦では戦車も飛行機も登場している)
燃料以外では、ミイラの防腐剤につかわれた、というのもあるそうですが。

「経緯」は、タンクで運ぶのが楽だし、製造コストも「土の中から出てくるもの」だから安い。廃棄ガスで空中に捨てられるから後始末も楽。そんなことでしょう。

天然ガスは、低温にして液化させないと運搬が大変なので、70年代から実用になった(大阪ガスは’78年ぐらいに転換。都市ガスはいま、天然ガスが主流)わけです。自動車に積む場合は、気体の圧縮状態でつむので、液体のLPG車ほどたくさんつめないため、タクシーみたいな航続距離の長い車には向いていない(スタンドが少ない)と思います。通勤バスみたいに、循環して走っている車には見ます。
    • good
    • 0

石油の利用は古く、紀元前から建物の接着剤や水路の防水材に使われていたことが中近東の遺跡発掘で証明されています。

わが国では新潟の燃える土が7世紀ごろから知られています。

石油の近代的利用の始まりはアメリカです。1859年に油田が発掘されましたが、燃料としてではなく、薬や潤滑油として利用されたようです。石油(ガソリン)の登場は1908年のフォードによる自動車の量産成功の前後です。

一方の天然ガスも石油やその他の物質から発生する燃えるガスとして古代からしられてはいたでしょうが、輸送手段がないためほとんど利用できなかったと思われます。石炭から作られたガスが長い間つかわれていましたが、戦後天然ガスの液化技術が発明され、輸送や貯蔵が容易となり、日本では1965年ごろから石炭ガスにとって代わりました。天然ガスはタクシーなど業務用車にも使われています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油系界面活性剤と天然系(動植物)界面活性剤の分解力の違い

石油系界面活性剤と天然系(動植物)界面活性剤の分解力や毒性を比べると、石油系の方が強いのでしょうか?

又、石鹸は天然系に属するのでしょうか?合成洗剤の本を読んで頭がこんがらかってきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的に言えば、合成界面活性剤のほうが天然系の界面活性剤より毒性が高いため、微生物による分解を受けくくなります。
石鹸などの天然系の界面活性剤は、高級アルコール系ナトリウム塩です。これは微生物による分解はされやすいのですが、カルシウムなどを多く含む硬水などに溶けにくい欠点があります。このため合成洗剤(界面活性剤)が開発されてきました。
合成洗剤では、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムのように硬水でも良く溶けて界面活性剤の働きを保ちます。しかしながら分子構造の中にベンゼン環やスルホン基などのように、生物にとって好ましからざる構造が含まれるため、毒性が高くなります。
また、石鹸は高級脂肪酸ナトリウム塩のことであり、天然油脂原料(ヤシ油,パーム油など)を使用したものです。
ただし合成石鹸は異なります。

参考URL:http://www.ecosci.jp/sa/sa2.html

Q炭酸ガスとは何か教えて下さい。 ビル管の中で室内環境管理基準があり 【室内空気の基準・炭酸ガスが0.

炭酸ガスとは何か教えて下さい。
ビル管の中で室内環境管理基準があり
【室内空気の基準・炭酸ガスが0.5%以下とする】
とあります。
この場合の炭酸ガスとは、調べるとたぶん二酸化炭酸だと思うのですが合っていますか?
もし二酸化炭酸だとしたら何故 炭酸ガスという記載の仕方をするのでしょうか?

Aベストアンサー

CO²で2酸化炭素です(酸素2個がくっ付いて炭素)。
世の中には炭酸飲料で代表される炭酸が有ります。
炭酸は昔から有るもので、化学式が解明されてH²CO³だと解りました。

それを放置して置くとガスが抜けて行き水になります。
化学式で書くと、H²CO³⇒H²O(水) + CO²。
炭酸から出てきたガスだから「炭酸ガス」と言っています。

同じ様に亜硫酸はH²SO³で、H²SO³⇒H²O(水) + SO²
SO²は2酸化硫黄ですが、亜硫酸ガスとも言います。

Qガスタービンはどの燃料で使われる?

プラントで使われているガスタービンを調べるとどれも天然ガスを燃料とした発電所ばかりですが、石炭や重油を燃料とした発電所では使えないのでしょうか。

Aベストアンサー

> C/Cの燃料はガス以外にも重油もできるのでしょうか??

結論から言うと、
発電向けC/C機では重油は使えません。

重油を燃やして廻すガスタービンは作れるのかもしれませんが
この用途では実用的でありません。

C/C(コンバインド・サイクル)では
私の知る限りLNG(ガス)が使われているはずです。

逆に言えば、LNGを燃料に使うべく
進化してきたのがC/Cなのです。

燃料を比較すると次のことが言えると思います。
 ガス → 燃焼速度が速い、着火・消火が容易、残滓(燃えカス)が少ない
 重油 → 燃焼速度が遅い、火着き悪くしぶとい火、残滓が多い

発電事業では、環境負荷と受益者への電力供給はトレードオフの関係で
製作サイドには、同じ環境負荷ならより多くの電力が安定して取り出せる
高効率・高安定システムが求められます。

重油を前段で燃やして直接タービンに吹き付けても
残滓で汚れたタービンが偏芯・腐食したりで事故に繋がりますので
メンテ頻度が上がり、能率があがりません。

LNGは直接吹き付けても、この点で有利なのです。

ですから重油・石炭などの通常火力発電では、お湯を沸かして
その蒸気をタービンに吹き付けて廻す、汽力発電が採用されます。

> C/Cの燃料はガス以外にも重油もできるのでしょうか??

結論から言うと、
発電向けC/C機では重油は使えません。

重油を燃やして廻すガスタービンは作れるのかもしれませんが
この用途では実用的でありません。

C/C(コンバインド・サイクル)では
私の知る限りLNG(ガス)が使われているはずです。

逆に言えば、LNGを燃料に使うべく
進化してきたのがC/Cなのです。

燃料を比較すると次のことが言えると思います。
 ガス → 燃焼速度が速い、着火・消火が容易、残滓(燃えカス)が少ない
...続きを読む

Q石油

石油の現在の状況や、今後どうなっていくか、私たちにできる事はないのか、ということに、皆さんはどう思うのか聞いてみたいので、教えてください。

Aベストアンサー

細かいデータよりも、概念的な回答を求めていると解釈してお答えします。

>石油の現在の状況
採掘可能残量は、数十年(30から50という説が有力)です。今のペースで採掘する限り、何百年分もありません。

>今後どうなっていくか
楽観的なシナリオは、石油を植物などから人工的に作り出す技術が確立され、資源循環型のエネルギーとなる。
最悪のシナリオは、ある日突然原油国が「売り惜しみ」を始めて、日本などの輸入国の社会生活が崩壊する。
起こりうる確率は、前者の方が少ないでしょう。
この両者の中間で推移すると思います。

>私たちにできる事はないのか
先ずはじめにするべきことは、「禁断の木の実」であるはずの石油に手を掛けてしまったということを、先進国の国民が反省することです。
使えばなくなってしまう資源を、発見したからといって使い切る権利が、今の私たちにあるわけがない。
「知らされずに使ったのだから」、では許されません。
なおのこと、気がついたのなら即座に反省し、使用を止める努力をすべきです。
諸悪の根源は、枯渇する資源であることを知りながら、後戻りできなくなるまで、事実を公表しなかった、
国や産油国、資本家などの「オイルマネー」の取り巻きたちでしょう。

ただし、この論法は正論であると思っていますが、現状では到底受け入れられないでしょう。
石油を使っているすべての人が、既得権として固執することが目に見えているからです。
自分の身の回りの人で、子孫に申し訳ないから、明日からにでもすぐに石油のない生活を目指せる、という方はいますか。
ほとんどの人が、「構造改革」に伴う「民営化」に反対する族議員と同じ事をするでしょう。

では、気づいた人が出来ることは何でしょうか。
それはやはり、先ずは省エネ、次に脱化石エネです。ついでに脱ウランも必要ですが質問とずれるので触れません。
具体例としては、
・出来る限り「電気を使わない」(節約では追いつきません)ようにする。
・「高気密高断熱」の住宅を否定する。「高断熱」は省エネですが、高気密は「浪  エネ」です。
・身近なエネルギーを最優先に使う。
 ●歩く、自転車に乗るなど、人力を使う。
 ●家畜の労力を見直す
 ●山の木を使う。燃料だけではなく「木」の使えるところすべてに、輸入木材を  使わない。
・空調を使わない。
 ●エアコンを使わない。自然の「涼」を活かした先人の知恵を見直す。
 ●住宅は「高気密」から「自然風」利用にもどる。
 ●温度差のある生活が健康的であるということに気づく。
・一次産業に産業の重点を移す。
 ●就職するなら農業、林業水産業。これを手仕事で出来るように改める。
・ゴミを出さない
 ●自分の生活を、ゴミを資源として利用できる生活形態に変換する。

書き出したらきりがないので、省エネ論文集のページを紹介しておきます。
もっと知りたいなら、追加注文に応じますので、遠慮なく補足質問してください。
大変重要な質問なので、これ一回きりにするには惜しい。
ではまた、

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/adv/sakubun/003.html

細かいデータよりも、概念的な回答を求めていると解釈してお答えします。

>石油の現在の状況
採掘可能残量は、数十年(30から50という説が有力)です。今のペースで採掘する限り、何百年分もありません。

>今後どうなっていくか
楽観的なシナリオは、石油を植物などから人工的に作り出す技術が確立され、資源循環型のエネルギーとなる。
最悪のシナリオは、ある日突然原油国が「売り惜しみ」を始めて、日本などの輸入国の社会生活が崩壊する。
起こりうる確率は、前者の方が少ないでしょう。
こ...続きを読む

Q天然ゼオライト

ゼオライトには天然ゼオライト、人工ゼオライト、合成ゼオライトなどありますが、市販の天然ゼオライトには凝集効果はほとんどないのでしょうか。凝集効果に関しての人工、合成ゼオライトとの違いはどのようなものなのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんが「凝集効果」と言う言葉をご使用されていますので、おそらく、土質改善にゼオライトを使用すると言うことだと思います。
土に含まれる有害金属(鉛、カドミニウム、水銀、砒素など)などの除去を目的にされていると考え、回答させて頂きます。

>凝集効果
イオン交換または、吸着

ゼオライトは、層状の分子構造を持つ化合物です。
層と層の間にある、例えば水素イオンと土に含まれているカリウムイオンがイオン交換されたり、吸着されます。

人工・合成ゼオライトは、ある特定のイオン(例:鉛など)をイオン交換、または吸着するように天然ゼオライトを改良したものです。(人工と合成の違いが私には解らないのですが)
従って、天然ゼオライトにも、イオン交換・吸着効果があります。ただし、分子構造上、イオン交換・吸着できる物質のみです。また、選択的に、ある元素についてイオン交換・吸着を行うことはできません。
鉛やカドミニウムなどの大きな原子とイオン交換・吸着をするにはゼオライトの分子構造の層と層の間隔が広くなけば、イオン交換・吸着が起きません。また、電荷の帳尻も合わないとイオン交換や吸着は起きません。(水素イオンと鉛イオンのイオン交換であれば、水素イオンは1価のイオン、鉛イオンは2価のイオンだから、水素イオン2個と鉛イオン1個の交換となります)この様な性質を使い、改良したものが人工・合成ゼオライトという事になります。

実際には、もっと複雑なのですが、掻い摘んで説明させていただきました。参考になれば幸いです。

質問者さんが「凝集効果」と言う言葉をご使用されていますので、おそらく、土質改善にゼオライトを使用すると言うことだと思います。
土に含まれる有害金属(鉛、カドミニウム、水銀、砒素など)などの除去を目的にされていると考え、回答させて頂きます。

>凝集効果
イオン交換または、吸着

ゼオライトは、層状の分子構造を持つ化合物です。
層と層の間にある、例えば水素イオンと土に含まれているカリウムイオンがイオン交換されたり、吸着されます。

人工・合成ゼオライトは、ある特定のイオン(例:...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報