お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授願います。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書

目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1  A
      甲の住所
      上記相続人甲
      乙の住所
      上記相続人乙
      Bの住所
          2分の1 B
以下省略

質問(1) 上記申請書の書き方に、誤りはございますでしょうか?申請書に亡は書かないですよね?

質問(2) 上記の場合、甲か乙どちらかのみから委任を受けて申請も可能と思いますが、その場合は申請する甲か乙のどちらかの頭に(申請人)と記載すれば良いでしょうか?

質問(3) 質問(2)のように一人からの申請であっても、亡Aの登記識別情報は発行されますでしょうか?

すみませんが、お解りになるかたがおられましたら、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

受験ではどうなっているかはわかりませんが,


質問(3)は受験では出てこない問題ですよね,きっと。

(1)
いいと思いますが,「亡」は書いています。

(2)
ご指摘のとおりだと思います。

(3)
実務としては発行されていたように思います。
考えてみるに,申請人となるAの相続人は,形式的には
不動産登記法第21条の「申請人自らが登記名義人となる場合」になりませんが,
登記名義人Aの権利義務を承継し,Aの地位において登記申請を行う者であり,
不動産登記規則第62条1項の者に準じた者として扱われるのかな…と。

もっとも実務ではその次の登記まで一括で申請してしまうでしょうから,
ここを気にする実務家はあんまりいないかもしれません。

この回答への補足

新しく質問立てます。
どうもありがとうございました。

補足日時:2014/04/06 10:05
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
大変助かりました。亡は皆さん書かれているんですね。

(2)についてなのですが、片方に(申請人)と書くのではなくて、申請しない人(委任状を貰わなかった人)はそもそも申請書に書く必要がないという意見を他で伺いました。理由は、「判決の登記とか、法定相続の登記とは違って、申請人となるべき人の代表をしている訳ではないから」との事でした。

もし宜しければ、こちらについてもご意見をお聞かせ頂けますでしょうか?

宜しくお願いいたします。

お礼日時:2014/04/06 09:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「花を手向ける」の「花」は何の花?

男性に「花を手向ける」の「花」は何の花か知っているかと尋ねられ、ニヤリと笑われました。
その笑いが気になって自分なりに調べてみたのですが、「花」に「花」以外の意味を見つけることができませんでした。

何か比喩的な意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

「花を手向ける」の「花」には「花」以外の意味はないと思います。
radatoさんも調べたと思いますが「手向ける」の意味は
一.神仏や霊へ供え物をささげる
二.旅立つ人への餞別
三.旅立つ人、別れて行く人への「はなむけ」

のことで、三の「はなむけ」とは「馬の鼻向け」の略で、他の回答者の皆さんがおっしゃるとおり、旅人が乗る馬の鼻を目的地に向けてあげ、激励や祝いの気持ちを込めて、金品・詩歌・挨拶の言葉などを贈ることです。

あなたに質問した男性も「馬の鼻向け」のことはご存知なのでしょうが、「鼻」と「花」を混同されているのでしょう。
「馬の鼻」と言う答えを期待したとしたら「鼻を手向ける」になってしまいますからね。
今度その男性に「それを言うなら『鼻向け』だろ!」と言ってニヤリと笑い返してやったらどうですか!?

Q不動産売買 登記権利者と代金支払者が異なる場合は中間省略登記に当るか

会社で、管財事務を担当しています。私ども(A)が所有する土地を、Bに売却するに当り、その売買代金をCが負担するという契約を締結したいのですが、これは中間省略登記に当るのでしょうか。私は、(1)AはBに所有地を譲与する (2)ただし、その土地代金は、CがAに支払う という旨3者が合意した上で契約書に明記すれば、中間省略登記には当らないと考えているのですがいかがでしょうか。また、この場合、登記原因情報の登記原因は、「売却(Aから見れば対価を得ているので売却?)」でよろしいのでしょうか。
土地売買ですので、土地家屋調査士兼司法書士が入っていますが、言っている事がはっきりしないんです。それでこちらに質問しています。
個人ではなく、社有地に関することなので、万全を期したいのです。専門家の方に回答をお願いしたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。
なお、CがBの取得地の代金を支払うことには、何ら異議なく正当な事由があります。

Aベストアンサー

>これは、私の中では“生命保険の受取人”のようなイメージなのですが・・・、ちょっと勉強してみます。

 第三者のためにする契約の一例として、保険契約があげられます。ただし、受益者(受取人)の受益の意思表示は不要という商法第648条、第675条の規定は、民法の規定の特則になります。

>AとBは売買契約を締結する。ただしその代金はCが支払う

 契約自由の原則に照らせば、このような契約を否定する根拠はないでしょう。しかし、民法に規定されている売買契約とは違いますから、種々の問題が生じた場合に備えて、きちんと契約の内容を定めておく必要があります。
 たとえば、Cが代金を払う義務があるのは分かりますが、Bは払う義務がないのでしょうか。つまり、Cが代金を払わなかった場合、あくまでAはCに対してしか代金を請求できないのでしょうか。(売買代金の免責的債務引受なのか単なる履行の引受なのか)
 また不動産に何らかの瑕疵があるとBが考えた場合、Cは代金の支払を拒絶できるのでしょうか。
 一方、第三者のためにする契約の場合、民法にある程度規定がありますので、紛争が生じた場合、その解決基準を使うことができます。(もちろん全ての紛争の解決基準があるわけではありませんので、当事者で紛争解決基準を契約で定めた方が望ましいのは言うまでもありません。)
 登記の面から考えると、登記原因証明情報を作成する場合において、第三者のためにする契約は民法の規定がありますので、すんなり登記が通りやすいという面もあります。(中間省略登記にならないのも明らかです。)
 もっとも、第三者のためにする契約は、Bは契約の当事者ではありませんので、Bの立場からすると御相談者が示した三面契約のほうが良いのかもしれません。

>これは、私の中では“生命保険の受取人”のようなイメージなのですが・・・、ちょっと勉強してみます。

 第三者のためにする契約の一例として、保険契約があげられます。ただし、受益者(受取人)の受益の意思表示は不要という商法第648条、第675条の規定は、民法の規定の特則になります。

>AとBは売買契約を締結する。ただしその代金はCが支払う

 契約自由の原則に照らせば、このような契約を否定する根拠はないでしょう。しかし、民法に規定されている売買契約とは違いますから、種々の問題が生じた...続きを読む

Q死者に礼が正しいのは意味がない。 生きている者に礼を尽くせ。 春秋左氏伝より -------- 死ん

死者に礼が正しいのは意味がない。
生きている者に礼を尽くせ。

春秋左氏伝より

--------

死んでからお墓参りに、花を手向けるのは本当に意味がないと思う。

それなら生きている間に花を贈れと思う。

浄土宗の法然は日蓮宗の浄土真宗の親鸞の師匠であり、日蓮は創価学会の師匠である。その法然大師は仏に花を供えるのは無益であり、念仏を唱えなさいと弟子に教義している。

浄土宗、浄土真宗では、人間が仏壇に花を供えているのは無益であり、菓子や果物を仏壇に供えるのも教えていないのである。

では、誰が何の為に無益な花や菓子や果物を供え始めたのか大変興味がある題材である。

Aベストアンサー

貴方も無宗教に成りましょう、下らん事に頭を使わず、一番怖いのは、亡くなった幽霊じゃ無く、生きた人間だ!

Q競落人は仮登記権利者に対抗できますか?

 国税局の公売になっている土地があります。この土地には平成1年に設定された所有権一部移転請求権仮登記(持分1/10)が設定されています。原因は贈与予約です。
国税局の資料では、公売により、この仮登記は抹消されないとなっています。この土地を落札した場合ですが
(1) 落札人が仮登記権利者に対抗できない場合もあるでしょうか?
  もしあればどんな場合に競落人は対抗できないのでしょうか?
(2) 平成1年に仮登記が設定され、そのままですが、この仮登記は事  項にはならないのでしょうか?
(3) もし仮登記権利者が競落人に対抗できない場合で、仮登記権利者が 仮登記の抹消に応じてくれない場合は、競落人は仮登記権利者に仮登 記の抹消の訴訟を起こすことになるのでしょうか?
(4) 他にも気をつけることがありましたらご指導ください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 落札人が仮登記権利者に対抗できない場合もあるでしょうか?

 「できない場合もあるというより、できる場合もある。」と考えてください。形式的には差押債権者や抵当権者などにその仮登記が対抗できるからこそ、仮登記が抹消されないまは、買受人に所有権移転登記がされるのです。

(2)確かに贈与予約の完結権は、10年の消滅時効にかかります。しかし、時効が中断されているかもしれませんし、予約完結権が行使されているが単に仮登記の本登記になってないだけかもしれません。登記簿からでは何ともいえません。

(3)そのとおりです。仮登記の抹消を求める根拠としては、贈与予約契約がそもそも無効であるとか、予約完結権が時効により消滅しているなどが考えられます。

(4)そのような仮登記が残っている物件は手を出さないというのが原則です。それでも手を出すのでしたら、十分にリスクの計算をしてください。

Q内緒で墓参りをする時に、供えた花を持ち帰ってはいけませんか?

母親が実家と折り合いが悪く、自分の親の墓参りに30年以上ずっと行っていませんでした。
その母が高齢になり、歩けるうちに実家に内緒で自分の両親(私にとっては祖父母)の墓を参りたいと言っています。

実家には内緒で行こうと思うのですが、お線香を手向ける間だけお花を供えて、拝み終わったら持ち帰ろうかと思っています。お線香は燃えてしまいますが、お花は残しておくと枯れてしまいますので、実家の人に来訪がわかってしまいますし、お花の後片付けも面倒をかけて申し訳ないと思うのです。
そこで質問なのですが、お花を持ち帰ることは、ご先祖様にとって、いけないことでしょうか?

また、お墓は普通のお寺さんだと母は言っているので、ご住職がいらっしゃるのかなと思うのですが、挨拶をしないつもりです。これも失礼になりますか?なお、私は一度も墓参りに行っていませんし、親戚とは幼少の時に会ったきりです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お墓へ持っていったものは どんなものであれ持ち帰るものじゃないのだと
教わりました。
お花なんか必要ないですよ。もっと言えば お線香もネ。
中には生花を嫌う家もありますし。
行かれて手を合わせる心があれば 何もいらないんです。
私も時々何も持たずに手を合わせるだけに行きますよ。
お母様が悔いを残さないように しっかりお墓参りして来てくださいね。
心を沈めて手を合わせる。先祖様はきっと喜んでくださいますよ。
ご住職様に会わずとも大丈夫でしょう。ただ お母様がご住職様と面識があり
親しくお話が出来るのであれば 手土産などを持っていかれて
お逢いすればよいでしょうし そうでなければ遭遇しても
軽く会釈を交わす程度でよいと思います。

Q相続による所有権移転登記・2つの事例の違い

1・相続による所有権移転登記の申請書に遺産分割協議書を添付する場合、その協議書には、書面の申請を担保するため、相続登記の申請人以外の者全員の印鑑証明書を添付することを要する

とあるのに、一方では、

2・遺産分割の協議に基づいて相続を登記原因とする所有権の移転登記を申請する場合には、申請書に戸籍謄本、遺産分割協議書および、「共同相続人全員の印鑑証明書」を添付しなければならない

とあります。


1と2は同じ事例ですよね?なのに、なぜ、相続登記の申請人以外の者全員の印鑑証明書でいい場合と、全員の印鑑証明書が必要な場合とに分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。

私の持っている過去問(合格ゾーン2011 不動産登記法 下)によると、この肢には間違いが二つあって、「作成後3ヵ月以内のものであることを要しない」ことと、「申請人以外の者全員の印鑑証明書を添付すれば足りる」ことの両方が書いてあります。

ちなみに、お持ちの過去問はなんという過去問ですか?閲覧者の役に立つ情報だと思います。

Q枕花

母が4月に亡くなり、8月が初盆です。近所の方から、初盆用にと「枕花」をいただきました。枕花というのは、死者の枕元に飾るものと理解していますが、初盆でも構わないものなのでしょうか。少々違和感があったものですから質問しました。

Aベストアンサー

坊さんです。
はい、確かに一般的には枕花はお通夜前までにご自宅に届けられるお花(仏花)を指すことが多いです。
ただ、最近は花屋さんを中心に、単にお供え用の色見を抑えたアレンジメントをご自宅にお届けする花を総称して枕花と称することもありますし、そのように販売している例もあります。
近所の方がどのような理解で枕花と言われたかが不明ですが、単にご自宅にお届けする仏事のお供え用の花との理解でよいと思います。
また、もちろん枕花と称して届けられただけのことで、新盆(初盆)のお供え用の花として使用して問題はありません。
合掌

Q建物表示登記・建物所有権保存登記と抵当権設定登記

自己所有地に建築資金を銀行から借りて建物を新築することになりました。
土地については地積測量図があり,隣地の地番等も明確です。
建物についても建築会社が作成した平面図等があり,求積もできそうです。
建物表示登記・保存登記の申請書の書式もHPで捜しあてました。
これなら自分で登記ができそうなのですが,抵当権設定登記との関係で現実には難しいのでしょうか。
所有権保存登記と抵当権設定登記との間に他の登記入ることを銀行が気になるのであれば,抵当権設定登記の申請と,表示・保存登記の申請の代行だけを司法書士に以来することはできないものでしょうか。

Aベストアンサー

まず表示登記は自由にしてかまいません。

保存登記と抵当権設定が問題となります。
基本的に抵当権設定がなされることが確実でなければ銀行は融資しません。
だからもし建築業者が、抵当権設定後の支払い(つまり当然引き渡し後)でもよいと言えば、保存登記も銀行指定ではなく独自に行えます。

建築業者はお金を受け取らなければ保存登記に同意しない、銀行は抵当権が設定できなければ融資しないというジレンマを解決するために銀行指定の司法書士となります。

Q菊がお葬式の花とされるのはどこが発祥?

お葬式や法事の花といえばだれしも菊を真っ先に思い浮かべるだろうと思います。これは日本人の慣習だからと思っていましたが、リヒャルトシュトラウスの万霊節という歌曲(もとは別の詩人の詩による)で、死者の日(ハロウィーンあたり)にキンモクセイとアスターをうんぬんという歌詞がでてまいります。アスターという花については何も知らなかったのですが、ネットで調べましたらまたの名をエゾギク、つまりキク科の植物とありました。
菊を死人と結びつけるのは世界的な傾向なのでしょうか?

Aベストアンサー

19世紀のフランスでは万霊節に墓前を菊で飾る風習が広まります。それ以前は白いカーネーションやツルニチニチソウだったのが、中国産の菊に変わったそうです。

中国や日本では菊は長寿の象徴です。9月9日の重陽(ちょうよう)は「菊の節句」の別称があるように、菊酒を飲み、菊を綿で包み、その香りと朝露を宿すという被綿(きせわた)が行われます。
後鳥羽天皇は菊をことのほか愛されたことから菊花紋は、皇室の紋の一つとなりました。
また蘭・竹・梅とともに菊は「四君子」と称され、気品と高潔ある花として尊ばれます。
ですから、日本では古くは葬儀の花としては樒が重用され、菊は特に聞かれません。

種類が多いキク科(タンポポ・ガーベラ・ダリヤ・アザミ・ベニバナなど)の中で、特にキクは育てやすく一年中安価で入手でき、大量の花が必要な葬儀では重宝する。なおかつ色や香りも淡くさわやかなので、追悼の意を表しやすいという、近代になってからの実用的理由が多分ではないでしょうか。

Q相続登記 委任状と登記申請書の契印の仕方

表題のとおり、親族の相続登記の書類を作成しておりましたら
「委任状」と「登記申請書」が複数になりました。

「委任状」・・・相続人(委任者)の認印で押印しました。
契印は、相続人(委任者)の認印のみでよろしいでしょうか?

「登記申請書」・・・相続人(委任者)と代理人双方の認印で押印しました。
契印は、相続人(委任者)の認印のみでよろしいでしょうか?

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

契印は、登記申請の申請人(代理人)が行うものではないですかね。
ですので、委任状の委任者の捺印で契印することはないのではないですかね。

登記申請の捺印ですが、なぜ委任者が捺印しているのでしょうか?
登記申請そのものを委任しているわけですから、代理人の捺印だけになるのではないですかね。そうでなければ、何のための委任状なのでしょうか?
それに委任状への捺印は実印で行い、印鑑証明の添付も必要だったと思います。

捺印も考え方次第で異なります。他の役所と異なり、法務局の登記官の判断で、必要な捺印や資料が異なります。他の法務局でOKでも、今回提出する法務局で認められるとは限りません。

ちなみに、代理人として登記申請を行うのであればわかりますが、登記申請に捺印を本人から貰うような間柄であれば、本人申請扱いの登記申請の使者でもよいのかもしれませんよ。そうすれば、委任状なども不要になることでしょう。ただし、登記識別情報など本人でなければ受け取れない書類などがあれば、代理人として処理しなければ、あなたが代理で受け取れなくなってしまうかもしれませんがね。ですので、必要な時だけ本人を連れていけば、本人申請にすることが出来ることでしょう。

法務局へ事前相談されるほうが良いと思いますよ。それに簡単な話であれば、電話で相談することも可能でしょう。管轄の法務局を法務局のHPで確認しましょう。

契印は、登記申請の申請人(代理人)が行うものではないですかね。
ですので、委任状の委任者の捺印で契印することはないのではないですかね。

登記申請の捺印ですが、なぜ委任者が捺印しているのでしょうか?
登記申請そのものを委任しているわけですから、代理人の捺印だけになるのではないですかね。そうでなければ、何のための委任状なのでしょうか?
それに委任状への捺印は実印で行い、印鑑証明の添付も必要だったと思います。

捺印も考え方次第で異なります。他の役所と異なり、法務局の登記官の判断で、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報