『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

はじめまして。長文失礼します。

私は現在、地方の大学に通っています。
所属は文学部でこの春に3年生となり、(遅かったと反省しているのですが)自分の進路について悩みはじめてしまいました。

悩んでいるポイントは、
院に進むか、就職するかの決定(就職の場合、公務員を考えているので、そろそろ勉強をし始めなければならないようです)と、
院に進むとした場合の専攻分野です。

大学は難関の部類に入る地方国立大学ですが、地元であることと当時の家の事情で自然と志望校になってしまい、特段の憧れや期待を抱いて入学したわけではありませんでした。しかし、文学部という分野については、就職のことを考えずに学びたいことを学ぼうと選択した結果で、友人や講義の先生も親切であり不満を持ったことはありません。
ですが、2年生で専門の分野を学び始めて、私がしたいこととは違うとずれを感じるようになってしまいました。

個人の努力次第であるとは思いますが、就職してしまうと学生の時のように勉強できなくなってしまうし、簡単には学生には戻れないので、もう少し勉強したいという気持ちを持っています。しかし、今の専攻分野で院に進学したいとは正直思えません。そこで、かねてから密かに興味を持っていた芸術(論ではなく伝統工芸などを実際に造ること)について学びたいと思い、調べてみたのですが、他専攻からの進学はかなり厳しいことが分かりました。それに憧れていただけなので、芸術に関する経験や知識は無いに等しいです。

・・・文章に起こしてみると、自分がいかにわがままで無計画だったか思い知らされますが、このようなことを相談できる人もおらず、行き詰まってしまっています。

院試や芸術に携わる方法など、何でも良いので知っている事・アドバイス等ありましたら、お聞かせ下さい。他の選択肢があってもかまいません。
初投稿なので至らない点などたくさんあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

美術教員です。



何故、院なのでしょう?

他分野ならば、大学か訓練校だと思うのですが…

工芸の「専種教員免許」が欲しいのならば、院も分かりますが…

単に「伝統工芸などを実際に造ること」ならば、陶工訓練校などの方がはるかに技術を学べます。

私が通った大学にも、大学は他分野で院のみ「美術科」と言う方はいましたが、その人は「美術教員専種免許」を所得するためでした。当然「技術がある」方ではなく「美術教師で教えることができるのだろうか?」と危ぶまれるぐらいでした。

ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですよね、ゼロからの出発ならいきなり院という選択は無いですよね。
進学しないなら就職、という考えしかなかったのでこのような形になってしまったのだと思います。

恥ずかしながら「陶工訓練校」というものを知らなかったので、調べてみたいと思います。

美術教員をなさっているということで、プロの方から見た私のような質問(本人としては精一杯なのですが汗)は、芸術を甘く見過ぎていると不快な思いをさせてしまったかもしれません。申し訳ありません。

しかしご指摘によって、根本的な誤りに気付かせていただき、少し冷静になれたような気がします。
一番早く回答していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/12 21:25

 プロフィールを拝見して、あぁやはりなと感じました。

「学びたい」何ぞという言葉は少なくとも大学生以上なら使うこともしないはずです。そして理詰めの世界ですから男子学生は使いもしません。理由もお解りですよね?
 別にセクハラ的な意味で言っているわけでもありませんよ。大学以後の世界は院に進もうとも或いは公務員を志向しようとも、民間企業への就職も求めようとも男女の区別などありません。使えるヤツか使えないヤツかだけが判断基準です。
 理論系ならば侃々諤々の議論が交わされもする世界です。逆にクリエイターとしての道を求めるなら元々からあるセンスだけが勝負の分岐点です。
 技法の講義を受けてもその技法を実際に身に着けて作品作りができるかといえば、過去の芸術家達を見ても一目瞭然でしょう。
 モーツァルトやワーグナーが師匠からのレクチャーを受けて作品作りに成功しましたか?
>もう少し勉強したい
一体何を勉強するために芸術系の院に進まねばそれを実現できないと仰るのでしょう?。院の受験で最も注目するのは研究計画書です。
 研究プロセスと具体的なアプローチの視角そして一先ずの成果を出した後への展望を具体的に記さねば、確実に試験でははねられもします。知識やテクニックで対応できる世界ではありません。
 小林秀雄の『当麻』と題された有名な評論がありますので、一度お読みにことを勧めます。「美しい『花』がある。『花』の美しさと言うようなものは無い。対象である「花(=美)」の客観的な観念の曖昧さについて頭を悩ましている現代の美学者は「花(=美)」に化かされているに過ぎない。主観的な肉体の動きに則って、頭の観念の動きを修正するがいい」との一節がありますので、ここから貴方が何を感じそして考えるかを御自身で整理してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

学びたいという漠然とした言葉は、専門的に狭く深く研究を進めていく大学以上の場ではあり得ないもので、不確定要素だらけで技術もない私の現状を鑑みると、他のお二方もおっしゃっているように進学はふさわしくない、というより不可能。本来大学生である資格もない、ここまでダラダラと過ごしてきてしまった者には今さら芸術に携わって何とか身を立ていくのも無理。というのが回答者様のご意見というように拝受いたしました。・・・間違っていないでしょうか。

こうして指摘していただいたことで、進学・就職云々よりも自分自身を見つめ直す作業が一番必要だったことに気付きました。就職する場合で考えた時に選択の期日が迫っていて、この決定後には修正や後戻りができない気がしてしまい、よく分からないまま焦ってしまっていたのだと思います。

小林秀雄は『無常ということ』を読んで以来敬遠してしまっていたのですが(こういうところがおそらくふさわしくないのですよね・・・)、これを機に読んでみます。

身に染みました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/12 22:37

「伝統工芸などを実際に造ること」の学部、学科があって、大学院もあるということでしょうか。


で、そちらの方の大学院に進学したいと。

もしそうだとすると、もともとその方面で実作を重ねてきた学生が、更なる高みを目指して大学院に行こうとするわけですから、「興味を持っている」「憧れていただけ」「芸術に関する経験や知識は無いに等しい」ではまったくムリだと思いますよ。

本当に「伝統工芸作家になりたい」というのであれば、とにかく基礎から身に付けなければならないでしょうから、大学院はあきらめて、専門学校や指導者を見つけるところからだと思いますが。
で、実作を重ねてやっと大学院のスタートラインということです。
ただ、本当に大学院が必要なのかどうかも疑問ですが。

まあ、80歳でも90歳でも実作は可能ですから、今から地道に取り組む覚悟があるのであれば遅くはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はっきり指摘していただき、ありがとうございます。
院への進学は論外ですよね。甘かったというか、考えが足りなかったというか、すぐ分かりそうなことを質問してしまって恥ずかしい限りです。

心の中で伝統工芸に携わりたいと思いつつも、親の考えで、と言ってしまったらそれまでですが、生活していけるかどうか分からない分野には進ませてもらえませんでした。子どもに苦労してほしくないという親の気持ちも分かります。しかし、ここに来てどうしてもズレている感じがしてしまって、質問するに至りました。

merciusako様がおっしゃるとおり、年を取ってからでも可能なことなので、専門学校などを探しつつ、働きながら初めは趣味として実作を重ねていって・・・、というような道も考えみたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/12 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む

Q美術系大学院卒の就職

今年3月に美術系の大学院を卒業して、就職活動しているのですが、なかなか決まりません。美術にたずさわる仕事がしたいんです!何かそのような美術系のお仕事(正社員、アルバイト、契約社員)の情報やサイト等ご存知の方教えて頂けないでしょうか?ほんとに切羽詰まってます。画材の販売員、模型制作、壁面、床の補修工等、美術に関する仕事なら給料が安くても何でも良いと考えています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まぁ、まず落ち着いてください・・・
大学の就職課には、ご相談しておられると思いますが、
何もよい情報は得られないですか?

美術系の仕事ばかりを集めたサイトというのは知りませんが、一般の仕事情報の中に、印刷・デザイン関係の業種とか、色々まぎれてると思いますよ。ハローワークも行ってみられましたか?この前美術館勤務のバイトとかなら見かけました・・(関係ないとは思いますが・・すいません)

足で探すことも大事だと思いますよ。看板屋さんとか、画材やさんとか、美術工芸の体験ができるところとか、ありますもんね・・

美術の中でも、どのような分野が一番お好きなんですか?また、仕事場所は日本全国で探しておられるんですか?
そのあたりわかったら、何か良い回答をつけてくださる方がおられるかもしれません・・・。

また、先輩からも色々と情報をいただいたら良いのでは、と思います・・

QPV、ミュージックビデオの監督になる方法

自分は今高3なのですが、中学のころからGROOVISIONSの伊藤弘氏に憧れてPVの監督になりたいと考えています。そこで質問なのですが、PVの監督というのはどういう経緯でなることができるのでしょうか?映像学科系の大学に行ったほうがいいのでしょうか?(ちょうど進路を決める時期なので悩んでいます)あと監督になるには何年も下積みが必要なのでしょうか?できるだけ詳しく教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

私は映像の仕事をしています。PVとも関係があるので、わかる範囲でお話しします。

まず、PVの監督になる経緯としては、PVを作っているプロダクションに入り、そこで下積みをしながら勉強するというのが一般的です。プロダクションに入るには、経歴はいろいろですが、美大系や映像系は助けにはなるでしょうね。この仕事で大切なのは自分の考えがしっかりしていること(自分の世界を持っていること)、人とのコミュニケーションがうまくとれること、この2点におけるセンスです。
アーティストはもちろんのこと、アーティスト事務所、カメラマン、美術、スタイリストなどにちゃんと自分の考えややりたいことを表現できなくてはなりませんから、クリエイティブの才能とともに、人とうまくやれる才能も必要ということです。

下積みですが、「演出部」があるプロダクションで、いきなりその演出部に入れたらかなり幸運です。そうでなければ一般的に最初は「制作進行」という仕事でしょう。制作進行とは、スタッフのスケジュール管理、スタジオの手配、予算管理、食事の支度など、制作にまつわる雑務です。寝る間もないほどやることがたくさんあって相当きついです。
こうういった華やかな仕事は憧れる人も多いですが、多くの人がここで挫折します。忙しさは半端でない上、給料も安いですし。今はCDが売れにくい時代で1本のPVにかけるお金もとても少ないため(余談ですが、新人でまだ売れていないPVで、予算が1本50万なんてものもあります)、当然利益も少ないですからね。
その中でチャンスを見つけていかなくてはいけないわけですから、そういう意味ではちょっとのことではへこたれない根性も必要です。

もし、今からディレクターを目指しているなら、学生時代になるべく多くの映像作品を自分の作品集として作っておくことをおすすめします。また、コンクールなどに出品して賞をとっておくとなおいいでしょうね。
とにかく、やりたい人は山ほどいて、残る人はほんのちょっとということを頭においてがんばってください。

またなにか質問がありましたら補足してください。

私は映像の仕事をしています。PVとも関係があるので、わかる範囲でお話しします。

まず、PVの監督になる経緯としては、PVを作っているプロダクションに入り、そこで下積みをしながら勉強するというのが一般的です。プロダクションに入るには、経歴はいろいろですが、美大系や映像系は助けにはなるでしょうね。この仕事で大切なのは自分の考えがしっかりしていること(自分の世界を持っていること)、人とのコミュニケーションがうまくとれること、この2点におけるセンスです。
アーティストはもちろんのこと...続きを読む

Q美大卒業後の就職について

高3の受験生です。
私は美大の油絵科に進学したいと思っています。
最初の頃はデザイン系のほうが就職率が高いということで、そちらを目指していたのですが、途中から油絵を描きたい!という気持ちが就職への心配でごまかされていたことに気がつきました。
せっかく両親も「やりたいことをやっていいよ」と言ってくれているので(本当にありがたい...)受験する科を変更しました。

しかし、そう決めたあとでも時々就職のことが気になってしまって仕方ありません。
主に油絵科に進学した後の就職状況を出来るだけ詳しく(具体例もあれば嬉しいです)、教えていただけませんか?
どんな職種に就いたのか、そのためにしたこと、取った資格など、できれば少数派の方々の話ではなくて、多数派の話が参考になると思います。

迷いを振り切るためにも教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

東京造形、多摩美、武蔵野美大の油画を卒業する人は、概ね
次の様な進路をとります。
A
中高の美術教員(非常勤含む)
公的.私立の美術指導員
福祉団体職員

B
企業のデザイナー
文化・芸術事業のスタッフ
雑誌や書籍の編集
木工や家具等の職人
造形制作スタッフ
雑貨やアパレルの販売員・・・等。

ここまでで、全体の70%ぐらい。

C、作家的な進路に行く人は
陶芸、版画、立体作家
イラストレーター
大学院、大学に残り助手

D、その他としては
自動車や量販店の販売員、営業職
家業の跡継ぎ
家事手伝い
テレビ局のAD・・・等。

油絵で純粋に食べて行こうとする人は、0.5%もいないです。
というか、全体の80%は油絵の道具に二度と触れない人生を歩みます。

Aの進路に進んだ人は、
たいがい「油絵画家になる夢」を持ちますが
多くの場合5~6年で日々の仕事に埋没していきます。
地方の自治体が行っている公募展には常連になりますが、
作家だけの収入で生活するレベルには、たいがい達しません。

美術教員を目指すのでしたら、大学に入ったら計画的に教職の単位を
取りましょう。
しかし、現在は、
少子化の影響もあり、教員になるのも難しく
たいがい親族のコネがないと出身地で正教員になれず、
見も知らない土地で美術教員になることも少なくありません。

予備校の講師は、基本、芸大出身者がメインです。

Bの進路に進んだ人は、
最も割合的に多いタイプです。ただし・・・
デザイナーになれても、たいがい中小企業やデザイン面では
マイナーな企業がほとんどです。
やはりデザイン科に比べると不利ですね。
景気が良かったら、この手の就職口は意外にあります。

雑誌の編集や造形制作スタッフは、たいがいバイトからの流れが
多いです。
卒業後に自分達で起業する人もいます。
ここを目指すのでしたら、大学に入ってすぐ関連するバイトを
見つけてがんばってください。

木工や家具等の職人も、みんな一様に進路として考える方向なの
ですが実際には意外に進む人は少ないです。

文化・芸術事業のスタッフや雑貨やアパレルの販売員は、
女性に多い進路ですね。

Cの進路に進んだ人は、
作家を目指しながらも、油絵以外の作家が多いです。
特に立体関連は少なくありません。
ただ、やっぱり生活面で不安定なため、Aとの兼業やBに流れて行く
人がほとんどです。
たまにいますよ、イラストだけで食べてる人も。かなり稀ですが。

武蔵野美大卒業生では、国分寺周辺に学生の時に住んでいたアパート
にそのまま居着いている人がよく見かけますね。
東京造形、多摩美卒業生は福生や横浜周辺でよく見ます。
つきあっている恋人と同棲したまま、あるいは彼女の実家にお世話
になるタイプはこのCの進路によく見られる傾向です。

Dの進路に進んだ人は、
たいがい「もう絵なんか描きたくない」的な人が多いです。
建築や何らかの資格を目指す人も稀ながらいます。

・・・・・
ただ、ここに列記した内容は、卒業から5~6年の範囲です。
その後多くは進路を軌道修正していきます。
Dのタイプの人も10年後には自分の工房を持つ人もいます。
Cのタイプに進んだ人も、美術指導員となって多くの教え子に慕われて
いる人もいます。
Bに進んだ人も、自分の店を持ったり、主婦になったり、会社幹部に
出世したり・・・。
しかし、
Aに進んだ人は10年後もあまり変化はありません。やっぱり堅実な
職業だからでしょうか。

だらだらとつまらない事を書いてきましたが、一番言いたいのは
美大に入る前に卒業後の就職にビクビクするんじゃなく、
自分のやりたいことを一所懸命やってくださいということです。
デザイン科に進んだ人達も、80%は10年後デザイナーをやってません。
彼らだって卒業時にデザイナーになるのは多いですが、だいたい企業に
残る道を選びません。
第一、企業に残っても、30代後半は管理職ですから。

概ね美大出身者は、何科卒業であろうとも10~20年後には全く進路に
垣根がありません。
大学卒といっても、もともと高卒や専門学校卒とそんなに立場は
変わらないのです。

東京造形、多摩美、武蔵野美大の油画を卒業する人は、概ね
次の様な進路をとります。
A
中高の美術教員(非常勤含む)
公的.私立の美術指導員
福祉団体職員

B
企業のデザイナー
文化・芸術事業のスタッフ
雑誌や書籍の編集
木工や家具等の職人
造形制作スタッフ
雑貨やアパレルの販売員・・・等。

ここまでで、全体の70%ぐらい。

C、作家的な進路に行く人は
陶芸、版画、立体作家
イラストレーター
大学院、大学に残り助手

D、その他としては
自動車や量販店の販売員、営業職
家業の...続きを読む

Q文系院卒の就職って厳しいです。何かよい方法はないでしょうか?

 地方国立文系大学院卒業予定の26歳です。論文が提出できずに修了がのび、今年9月卒業予定で、現在は就活中ですが、就活うまくいっていません。学んできた専門分野も会社では全く役にたたない分野ですし、教職もないし、企業側からすれば、文系大学院卒は年食っているうえに、常識知らず、理屈っぽくて使えないと見られるという話をきいてへこんでます(もちろん同じ条件でも、きちんと就職できる方もいらっしゃると思いますが)。実際、就活もかんばしい結果がでません。
 何のスキルもなく、年ばかりくっていてる今の自分の状況で就活を続けていても、新卒採用での就職は難しい気がしてきました。いったい私は大学院で何をしてきたんだろう・・・と、つい考えてしまいます。今は中途半端な意思で大学院進学をした自分にあきれています。当初の目標としては、「一人暮らし・正規社員」でしたが、今は「自宅暮らし・派遣社員→資格取得の費用を貯める」もしくは「派遣会社に登録し、PC操作などのスキルの研修をしてくれるところを探してがんばる→将来正規社員として転職」に転向しようかと思っています。
 今のこところ、あきらめないで就活も続けるつもりですし、そんなことは自分で考えろといわれる方もいらっしゃるかもしれませんが、同じような境遇の方で就職に成功された方や、この悶々とした状況を打破できる発想の転換ができる方(できれば社会人の方)がいれば、何かアドバイスいただけると嬉しいです。よろしくおねがいします!

 地方国立文系大学院卒業予定の26歳です。論文が提出できずに修了がのび、今年9月卒業予定で、現在は就活中ですが、就活うまくいっていません。学んできた専門分野も会社では全く役にたたない分野ですし、教職もないし、企業側からすれば、文系大学院卒は年食っているうえに、常識知らず、理屈っぽくて使えないと見られるという話をきいてへこんでます(もちろん同じ条件でも、きちんと就職できる方もいらっしゃると思いますが)。実際、就活もかんばしい結果がでません。
 何のスキルもなく、年ばかりくって...続きを読む

Aベストアンサー

文系修士です。それも、専攻はドイツ観念論哲学と法理論史で、思いっきり現職とは内容がずれています。時期は、就職超氷河期と言われていた頃。当然、大変な思いをしました。

何十社と回って、内定をもらったのは、わずかに2つ。うち、片方に決めました。そこの人事部長が気に入ったからです。

文系の場合、修士や博士の進学枠は増えているというのに、教職の枠のほうが増えていないので、中途半端な状況で、企業就職せざるを得ない人が出てくるのです。したがって、「中途半端な意思で大学院進学」したことを恥じる必要はありません。そんなのは後知恵ですし、ものごとをキチンと制度設計しない文部科学省のほうが悪いと思います。

まず、自分の強みを分析しましょう。私は、堂々と、このように主張しました。

「人間の思考方式など数が限られており、文学や哲学のバックグラウンドは、企業社会においても役立ちます。お客様の議論を聞きながら結論を先読みしたり、将来管理職になった時の、部下の把握に有用だからです。私の場合ですが、相手の結論を先読みするというレベルを超え、相手が解決できないで困っている問題について、解決案を提示することすら出来ることがあります。これは、別に特異な才能ではありません。自分自身の専門を大切にしながら、哲学史を1度、鳥瞰的に勉強すれば、ほとんどの人間の思考パターンは読めます。この人は、誰それに似ているから、このように発想するだろうということが、分かるのです。これこそ、企業が求めている、ソリューション提案型のマーケティングや営業が出来るというスタイルを持った人間であり、文科系的教養を、ビジネスでは役に立たないと決め付けるのは、間違っていると思います。」

内定をいただいた会社では、「お前、好き勝手なことを言っているが、希望部署に配属されなかったら、どうするつもりだ?」と言われました。とっさに口をついて出てきたのは、「どんな仕事も喜んでお受けさせていただきます。私は暴れさせてくれるなら、環境を問いません」。これには、人事部長も驚愕の表情でしたが、内定ゲット。その後、同業他社の外資系企業に転職しています。外資系は、高学歴の人間を好みますし、修士クラスの人間はゴロゴロいますよ。

文系修士です。それも、専攻はドイツ観念論哲学と法理論史で、思いっきり現職とは内容がずれています。時期は、就職超氷河期と言われていた頃。当然、大変な思いをしました。

何十社と回って、内定をもらったのは、わずかに2つ。うち、片方に決めました。そこの人事部長が気に入ったからです。

文系の場合、修士や博士の進学枠は増えているというのに、教職の枠のほうが増えていないので、中途半端な状況で、企業就職せざるを得ない人が出てくるのです。したがって、「中途半端な意思で大学院進学」したこ...続きを読む

Q24歳会社員。キュレーターになりたいんです。

はじめまして、早速お世話になります。

社会人2年目の女性、24歳、一般企業で営業職をしています。
学生時代は4年制大学の建築デザインの学科に入りながらも興味の方向が逸れ、最終的には文化人類学の研究室で卒論を提出しています。

当時その研究室でやっていたことは私にはとても面白く、
当然ながら進学の希望もありましたが、いろいろと悩んだ末、就職を決断しました。

ですがここのところ、やっぱり興味のあることをやっていきたい、という気持ちがむくむく湧いてきて、方向性については半ば覚悟が決まった状態です。(前置きが長くなりましたが、ここからが相談です↓)

今後、美学・芸術学・文化人類学等を勉強して、
その後、展覧会等の企画を職業にしたい と考えています。

1 大学で学び直す場合、4年間と考えると、卒業する頃には30才近くなります。ただでさえ学芸員としての受け入れはこの上なく狭き門だと聞きます。美術館・博物館、企業の文化事業部等の他に、どのような道があるでしょうか。

2 また、学生のうちにアルバイト等で関連職の経験を積むことは可能でしょうか?

3 大学進学以外に何か手だてはあるでしょうか。本来は、最低限収入を得ながら夜間部で学べることが理想です。

進学先・仕事先については国内外問わず検討する気持ちはあります。
助言・ご意見・おもわぬ批判等、是非ぜひお寄せ下さいませ。

はじめまして、早速お世話になります。

社会人2年目の女性、24歳、一般企業で営業職をしています。
学生時代は4年制大学の建築デザインの学科に入りながらも興味の方向が逸れ、最終的には文化人類学の研究室で卒論を提出しています。

当時その研究室でやっていたことは私にはとても面白く、
当然ながら進学の希望もありましたが、いろいろと悩んだ末、就職を決断しました。

ですがここのところ、やっぱり興味のあることをやっていきたい、という気持ちがむくむく湧いてきて、方向性については半ば覚悟...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
長文になりまして申し訳ありません。

>美術館・博物館、企業の文化事業部等の他に、どのような道があるでしょうか。
>大学進学以外に何か手だてはあるでしょうか。本来は、最低限収入を得ながら夜間部で学べることが理想です。

一般の市井の画廊やギャラリーの募集枠に果敢にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。
「最低限の収入を確保は必須」ながら「大学を既に卒業された社会人」である質問者様を考慮すると、
このあたりが無難で妥当な線かと私は思います。
ギャラリー一つ例にあげても千差万別です。
営利目的を貪欲に追求するところもあれば、おっとりした上顧客相手のおっとりとした体質のところもありますしね。
狭義のキュレーターとも言える職場ではないでしょうか。

「収入を気にしないで勉学に励むだけ」であれば、国内・海外を問わず
いくらでも芸術分野を極める手だてがあるとは思うのですが、
「仕事にする」となると現状では難しいかもしれません。

>学生のうちにアルバイト等で関連職の経験を積むことは可能でしょうか?

ご存じの通り「学芸員」としての受け入れ枠は国内においては大変に少なく、美術系大学、或いは有名私大の専門分野を極めて卒業しても尚至難な状況と言わざるを得ません。
何らかのコネでもない限りは「新卒者でさえ」ストレートに就職するのは難しいと思います。

仮に海外の大学や美術学校にて単位を修得、或いは聴講制度を活用して「ハクをつけて」帰国されたとしても、
いかんせん募集に限りがある以上は残念ですが就職に直結しがたい恐れがあるのが現状です。
古美術関係なども難しいかもしれませんね。
私の母などもそうですが、まさに「この上なく優雅な道楽」としか形容できませんし(笑)。

>やっぱり興味のあることをやっていきたい、という気持ちがむくむく湧いてきて、方向性については半ば覚悟が決まった状態です。

質問者様の好奇心旺盛かつやる気を私はとても微笑ましく思います。
年齢やキャリアに関係なくそのモチベーションは大切になさっていったほうがよろしいでしょう。

ですがその「興味のある分野」への「就職」が大変に困難な状況においては、必ずしも「学生に戻る」というのはその分野への「再就職」には向かないことも多々あるのです。
それは「募集枠」の問題、つまり「雇用の需要と供給」の関係に他ならないだけなのです。
せっかくの「やる気」を反故にするような言い方になるのは残念でなりません。 

また質問者様が目指されるキュレーターといいましても、具体的にご興味のある分野はどういった類でしょう。

私の海外の知人にも一人おり(ソウル)、わざわざ会いに行ったことがありますが、
実際は縁の下の力持ちどころか力作業も多く稼働時間も不規則でやりがいがあるものの
かなりハードな仕事と伺っております。

美術館、博物館、画廊など業態は様々なれど、扱う「展示品」「商品」は全く千差万別ですし、
美術界一つを例にあげても「需要と供給」はそれほど多くは見込めません。
前者は美術館同士の芸術作品の貸出のしのぎ合いやタイミング、
後者はデパートの外商部と画廊との諸作品や先生方のお付き合いや奪い合い、
といった裏の側面も無くはないのです。

偉そうなことを散々申し上げておいて大変恐縮な話ですが、
芸術分野における「職探し」が大変に難しいことは、私のような未熟者でさえも痛感いたしました。

この6月より自らの体調面をも考慮してパート・タイマーの職枠にて(この分野)にて仕事を始めております。
美術系大学出身ではありませんのでそういった点では質問者様と同様ですが、
いかんせん40過ぎの家族持ち、子持ちですので、勤務時間の制限一つをとっても大変に厳しかったです。

幸いにして好条件を得られた就職先にしましても採用担当者からは
「専業主婦の片手間、暇つぶしの延長線上でうらやましいです」
との軟弱な印象を持たれてしまっていますし(苦笑)。
「初心者」ですので一から再スタートの新人として謙虚に有り難く受け止め、
将来の私の「究極の夢」に向けて一歩一歩突き進む所存でおります。

また、事実関係者の方々もどこか私に似た「浮世離れした余裕ある層」のような気がします。
たまたま私の職場がそのような雰囲気を醸し出しているのかもしれません。
ですが「芸術分野における仕事」というのは一種独特の「人生や生活を楽しむゆとりの心」ありき、な側面もあるでしょうし、
様々な先生方や諸作品と触れ合うひとときや学びの時間は、
私にとって至福の時であり、はっきりいって報酬は二の次とすら断言できるのです。

このような私のような軟弱で芸術分野において末端ともいえる就職のアプローチもあれば、
むしろこれからの将来に「腹を据える覚悟」を持ってして、
妊娠・出産も後回し、海外のどこの地域の人とでも渡り合っていけて、
語学力と知識や実務経験を存分に身につけることができて、
「この人になら安心して貸出ができる」と言わしめるほどのキュレーターになるのも全く可能性が無くはないと私は信じます。
そう言わしめることが出来たら、どんなにか格好良いでしょうね!

質問者様の夢が叶いますことを期待しております。
他によりよい回答が得られると良いですね。

こんにちは。
長文になりまして申し訳ありません。

>美術館・博物館、企業の文化事業部等の他に、どのような道があるでしょうか。
>大学進学以外に何か手だてはあるでしょうか。本来は、最低限収入を得ながら夜間部で学べることが理想です。

一般の市井の画廊やギャラリーの募集枠に果敢にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。
「最低限の収入を確保は必須」ながら「大学を既に卒業された社会人」である質問者様を考慮すると、
このあたりが無難で妥当な線かと私は思います。
ギャラリー一つ例...続きを読む

Q新卒を逃した方はどのように就活をしていますか?

私は新卒を逃してしまいました2012年度卒です。

こうなると既卒者というわけで新卒では受けられないわけです。

しかし中途採用は基本的に経験者中心とききますし、採用人数が少ないです。

わけあって就活をしばらくしてこなかった私ですが、
既卒となってしまった今正直憂鬱というかいまいちやる気が出ません。

やはり既卒者でも何とかして数少ない中、
既卒後も新卒扱いしてくれる、または未経験OKで中途採用してる会社を探すしか選択はないのでしょうか?


また新卒を逃した方はどのように就活を続けているかも気になるのでその辺の近況をできたら報告お願いします。

Aベストアンサー

2011年3月卒で、つい数か月前まで約1年半、既卒身分で就活していました。

正直、私の場合、既卒者でも何とかして数少ない中、探すしかない状態でした

東京の私立大に通ってましたが、卒業後は地元に戻って就活してました。
在学中はこれといって勉強もせず、資格も取らず、ただバイトしてダラダラ遊んでいるという状態でした。そんなですから単位も落として1年留年してしまい、とりあえず卒業する事で頭が一杯で、ほとんど就活もしておらず…新卒を棒に振った自業自得なダメ大学生でした。

卒業後は、はたらいく、リクナビといった求人サイトよりも、地元のハローワークを中心に職探しをしてました。
既卒含む新卒用の求人検索も出来ますし、ハローワークの担当職員も丁寧に対応してくれてましたので。

卒業後3年以内であれば、既卒でも新卒扱いしてくれる制度を使った企業もそこそこあり、学生に混じって新卒採用試験に臨んでいましたよ。
営業、介護福祉の求人が多くて、それ以外の求人は競争率が高く、しかも採用枠はかなり少ないです。当然、新卒者に勝てるスペックのない自分は連戦連敗で、書類選考に受かり、筆記をパスして面接までいければ良い方でした。
中途採用の求人にも何度か応募しましたが、まあ、社会経験もなく新卒でもない既卒ですから、よっぽどでないと受からないです。

就活9カ月目でようやく1社受かった既卒含む若手採用の仕事(食品業界)ですが、続かないなと感じて入社1週間で試用期間中に辞めました。1週間程度ならば履歴書には職歴つかないので、初仕事を短期間で辞めたという下手な経歴がつかない内に再び「無傷の既卒」として就活に戻ろうと思いました。
その後すぐに就活を再開し、数カ月後に、来年の定年退職で空く席を埋めるための求人(教育業界、総務職正社員)に受かり、今現在ハラハラしながら何とか勤めています。
採用枠2人の所に20人ほど試験に来てました。

こんなダメダメな自分が言うのもおこがましいですが、質問者様のお気持ちはよく理解できます。

無職期間は辛いですが、今後得られない貴重で長大な自由時間と前向き捉え、就活に支障のない範囲でバイトするなり、資格所得の勉強なり、趣味や遊びに費やす(笑)なり、とにかく引きこもり状態にならないようにするのだけは注意してました。ただでさえ肩身狭いですので、ことさら憂鬱にやられないようにするのが大事だと思います。
心と身体が健康であれば、あとは何とかなるのではないかと身を持って実感しています。

2011年3月卒で、つい数か月前まで約1年半、既卒身分で就活していました。

正直、私の場合、既卒者でも何とかして数少ない中、探すしかない状態でした

東京の私立大に通ってましたが、卒業後は地元に戻って就活してました。
在学中はこれといって勉強もせず、資格も取らず、ただバイトしてダラダラ遊んでいるという状態でした。そんなですから単位も落として1年留年してしまい、とりあえず卒業する事で頭が一杯で、ほとんど就活もしておらず…新卒を棒に振った自業自得なダメ大学生でした。

卒業後は、はたらい...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q長年付き合っていた二人が別れる理由

ある程度長い期間(2年以上くらい?)付き合っていたカップルがいたとします。
そんな長い間付き合ったのに、別れてしまう場合がありますよね?
その理由として、何があげられるのでしょうか?
性格の不一致や、価値観の違いなどは、もっと早い段階で分かる事ですよね?
それを踏まえた上で3年以上の長い月日を一緒に過ごしてきたのに、結局別れを選ぶ理由とは何なのでしょうか?
どちらかに好きな人ができた、というのが一般的でしょうか?
できれば、経験談をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別れた、ではないんですが。別れようと思っているところです。
交際9年になります。そのうち5年は遠距離です。
お互い休みが不定期だったので月1回会うペースでメールは毎日でした。

彼は真面目だし、借金も(多分)ないし、ギャンブルもしない。
普通にいい人です。
特に金銭感覚や趣味が大きく違うということもありませんでした。

別れようと思った理由は2回プロポーズを断られたことでしょうか。
1回目は私24歳のとき。理由は「貯蓄もない、収入も多くない。幸せにする自信がない」ということでした。
「だから、もう少し待ってくれ。いつか迎えに行く」
そういわれて3年待ちました。
3年後、また「そろそろ結婚しない?」と言うと、まったく同じ事を言われました。
「貯蓄がない、収入が少ない、自信がない」と。

私は「お金がないなら私も稼げばいいでしょ」という考えなので、彼だけに稼がせるつもりはありません。
彼が、経済的な問題をちゃんと現実的に考えている、いい人なのかもしれません。でも私にしたら
「じゃあ3年間、貴方は何をしてたの?貯金はした?なにか努力した?」という感じです。
「それなら『いつか』っていつ?貴方はいつ私と結婚しようと考えてるの?」と聞いたら。
「…それは特に考えてないけど…」との答え。

そうか、この人は何が何でも私と結婚したいわけじゃなくて、ふと思いついた時に出来るようならしようと思ってるだけなんだ。

そう思ったら急に醒めました。
以来1年になりますが、会っていません。

別れた、ではないんですが。別れようと思っているところです。
交際9年になります。そのうち5年は遠距離です。
お互い休みが不定期だったので月1回会うペースでメールは毎日でした。

彼は真面目だし、借金も(多分)ないし、ギャンブルもしない。
普通にいい人です。
特に金銭感覚や趣味が大きく違うということもありませんでした。

別れようと思った理由は2回プロポーズを断られたことでしょうか。
1回目は私24歳のとき。理由は「貯蓄もない、収入も多くない。幸せにする自信がない」ということで...続きを読む

Q語学系の大学から美大・芸大に編入したいのですが・・・

私は大学3年生で、大学では外国語の勉強をしています。ですが、就活の時期を向かえ自分が何がしたいのか考えた時に、ずっと美術が好きで、何か表現したい、創りたいという思いから、美大に行きたいという思いになりました。まだ、どこを受験するかは決めていませんが、この1年休学して、勉強して来年の編入試験を受けたいと思っています。
しかし調べて行くうちに、まったく関係ない学部から美大に編入するのは大変難しい事がわかってきました。
しかし、とりあえず来年1年間は編入のために勉強したいと思っています。もし受からなかったら今の大学に戻るなりしようと思っているのですが・・・今、何から始めたらいいのかわかりません。
予備校に行ったほうがいいのか、独学だと難しいのか・・・
美大生の方・編入経験のある方など、よかったらアドバイスをください。

Aベストアンサー

私は美大生でも美大の卒業生でも、ましてや編入生でもありませんが、枯れ木も山のにぎわいと思って、見逃してください。

私の聞いている限りでは、編入生の多くは、
(1)他の美大・芸大からの編入
(2)付属短大からの編入
の二種類が多くを占めているように伺っており、普通の大学の編入はかなり難しいようです。
特に独学では、参考書を使っても、かなり難しいかと...
予備校に通ってもやはり確実とは言い切れないようですが、独学よりはましだとは思います。

もし、意思が強く、時間と費用が許されるなら、来年付属短大を受験され、付属短大から編入試験を受ける方が早いかもしれません。付属短大の方が大学よりも試験は簡単になりますし、編入試験も、かなり高い合格率で、今はよほどの事がない限り合格するようです。

私の知り合いの女性に、武蔵野美術大学の通信教育課程を卒業し、本職にはしていませんが、いまでも絵を描いている方がいます。
もし、将来の職業にする訳ではないなら、大学を移るのではなく、こういった通信教育課程を受けるという方法もあります。


人気Q&Aランキング