ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

昨日、TVでクルミが「硬くなった血管を柔らかくする」と言って話題になっているようですが、
αリノレン酸が体内でDHA,EPAに変わるからとか・・
それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
血管を柔らかくする効果は青魚にも有るのではないでしょうか?
それとも、クルミが特別なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

二重 割合」に関するQ&A: 日本人の二重の割合

A 回答 (4件)

ω-3脂肪酸の話ですね。


α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ドコサ(22)炭素数20、ヘキサ(6)二重結合の数
 ω-3脂肪酸なので、カルボキシル基の反対側の端っこ(ω)から3個目から二重結合が始まる。数字はラテン語

>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
 そうです。
 確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、『多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやドコサヘキサエン酸 (DHA) を生産することができるが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10%–15%程度( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4% … )』とされていますから、それで必要量をまかなえるか、そうでないかは諸説ありjす。

>それとも、クルミが特別なのでしょうか?
 胡桃よりは「エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、アマ」などに多い。

 動物は進化の過程で、普段の食餌から十分得られる物は、体内で合成する能力を失っても生存に影響がないため、その合成能力を失っている物がいくつかあります。良く知られているのはビタミン類ですね。肉食動物はビタミンCを食餌から取れないために体内で合成できますから、「犬や猫には生野菜や果物は食べなくても良い」
 ω-3脂肪酸は、種子や、(草を主食とする)草食動物には多く含まれていますから、人は体内でω-3脂肪酸を合成しなくても良い--食餌から十分摂取できる--動物になったということ。
 大事なこと。できるだけ我々の御先祖様に近い食餌---あらゆる物を満遍なく食べれば必要な栄養素は取れるはず。人間が農業を始めてから得られるようになった食物は栄養素が偏っている--穀類・(草ではなく穀物で育てられる)肉類などに偏ると問題ということです。

 リノレン酸が含まれる食物は胡桃だけではありません!!!--特定の食品だけを取り上げて宣伝するのはマスコミの姿勢としては極めて悪質だと思います。

 ⇒必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88% … )
 ⇒ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E … )
 ⇒ω-6脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-6%E8%84%82%E … )
 ⇒α-リノレン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%91-%E3%83%AA%E3 … )
 

 

この回答への補足

で、青魚のEPA,DHAも血管を柔らかくするということでしょうか?

補足日時:2014/04/24 22:37
    • good
    • 3
この回答へのお礼

専門的なご回答有り難うございます。

お礼日時:2014/04/24 22:33

>胡桃7個に相当する青魚の摂取量は分からないでしょうか?


 一個あたりの重さがわからないのですが、たくさん集めて100gの乾燥重量(たぶん実としては150g程度)中に 多価不飽和脂肪酸は47.174 g( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1%E6%A1%83# … )
 10個で約20gとして、20×0.7×0.47 ≒ 7g の脂肪、そのすべてがαリノレン酸とすれば一日の推奨量は十分まかなえるかと。ただし、それ以外の経路で通常なら十分摂取されるのでなんとも・・

この回答への補足

>「α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度である」

「胡桃10個で7gのαリノレン酸」
だとしたら、その「10-15%」つまりDHA.EPA正味「700~1000mg」ほどになるのでしうか?

補足日時:2014/04/26 16:39
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます。
度々恐縮です。

お礼日時:2014/04/26 16:19

>胡桃よりも効率的なのではないでしょうか?


 リンク先に書かれていたと思いますが?????
  α-リノレン酸からEPA,DHAへの転換効率は
【引用】____________ここから
ただし、ω-6脂肪酸はリノール酸、ω-3脂肪酸はα-リノレン酸を原料として同じ系列の脂肪酸を体内でも合成できるため、狭義ではリノール酸とα-リノレン酸のみを必須脂肪酸に分類する。ただし、体内で合成できる量だけでは必要量を満たすことができないとも考えられるため、判断は分かれる。なお、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度である[3]。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88% … )]より
 せっかくなのでリンク先は隅々まで読むこと。疑問点がすべて書かれているので紹介しました。
 ⇒ドコサヘキサエン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%B3% … )

※α-リノレン酸、EPA,DHAにも過剰摂取の問題があります。

以下「健康食品」の安全性・有効性情報:
・DHA (ドコサヘキサエン酸)( https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement … )
・EPA (エイコサペンタエン酸)( https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement … )
・α-リノレン酸( https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement … )

 目的を限定すれば、EPA,DHAの直接摂取もよいでしょうが、いずれにしても必須脂肪酸は水溶性ビタミンと異なり過剰摂取の危険性を持ちます。「普段の食事をバランスのよいものにする」というのが最善でしょうね。

この回答への補足

胡桃7個に相当する青魚の摂取量は分からないでしょうか?
缶詰の表記には1000とか2000mgとかありますが。

番組では胡桃のことしかやってなかったので・・

補足日時:2014/04/26 13:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回等ありがとうございます。

申し訳ありませんでした。

お礼日時:2014/04/26 13:05

No.1の回答にも書きましたが


>この回答への補足 で、青魚のEPA,DHAも血管を柔らかくするということでしょうか?

>>>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
>そうです。
>確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、

この回答への補足

胡桃よりも効率的なのではないでしょうか?

補足日時:2014/04/25 21:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qエゴマ油の適量は?

2月24日放送の林修先生のTV番組でエゴマ油が良い。一日大さじ一杯とりましょう的なのがありました。

これに対し、ネットで調べてみると以下の記述がありました。
「平成17年に厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」の中でオメガ3脂肪酸の目標摂取量は成人男性で2.6g以上、成人女性で2.2g以上が推奨されています。」


小さじ1杯5g、大さじ1杯15g程度なので、小さじ1杯で充分ではないかと考えたのですがどうなんでしょう。
油は、1g余計に摂ったら9kcal。毎日90kcalも余計に摂る摂らないはデカイと思うので。。

Aベストアンサー

典型的な非科学的な番組でしたね。酷すぎてがっくりきました。
 簡単な算数で説明すると、エゴマ油には、20%程度のα-リノレン酸を含んでいますから、大匙一杯を15gとすると、α-リノレン酸は(15×20%=)3gになります。
 人間の体内でDHA(ドコサヘキサエン酸),EPA(エイコサペンタエン酸)に転換される効率は、10-15%と言われています。成人で必要なDHA,EPAの摂取量は1g以上と言われていますから、計算すると
 3g→(15%)→0.45g
では少し足りないかも・・

>油は、1g余計に摂ったら9kcal。毎日90kcalも余計に摂る摂らないはデカイと思うので。。
 これもとんでもない誤解---この誤解している人は結構多いですが---
 脂質は、化学的には高級脂肪酸のトリグリセリド--グリセリンとのエステルで三大栄養素の一つでエネルギー源としてだけでなく様々な代謝にかかわる重要なものです。
 (エネルギーがなければ人は生命活動ができない。)

 特に必須脂肪酸と呼ばれるω3脂肪酸とω6脂肪酸は動物は体内で他の物質から合成できません。代表的なこれらは、
ω-6脂肪酸
 リノール酸
 γ-リノレン酸
 アラキドン酸
ω-3脂肪酸
 α-リノレン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)
 ドコサヘキサエン酸 (DHA)
ここで、推奨されている量は、【諸説ありますが!!】
・成人では、ω-6脂肪酸は1日に7-12g以上、ω-3脂肪酸は、1日に2.0-2.9グラム以上
・ω-6脂肪酸について1日9g前後の摂取が適正で、摂取上限は総摂取エネルギーの10%(22-30g)
・ω-3脂肪酸の必要量は成人では1日に2g程度とされている。
 摂取上限は示されていないが男性においては前立腺がんの罹患リスクのため
 α-リノレン酸の過剰摂取は注意が必要とされている。
・EPA及びDHAについては1日に合計で1g以上の摂取が望ましい
など。
 まあ、大雑把にω6脂肪酸を20g、ω3脂肪酸を2g、そのうちEPA/DHAが1g
 ⇒必須脂肪酸 - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8#.E5.BF.85.E8.A6.81.E6.91.82.E5.8F.96.E9.87.8F )

 人は活動に必要な以上のカロリー源が存在すると、それを栄養不足に備えて、【脂肪に変えて】蓄えようとします。それが元々糖質か脂質であるかは関係ありません。脂質を取りすぎて太るなら、その人はパンを食べたって太る。

>油は、1g余計に摂ったら9kcal。毎日90kcalも余計に摂る摂らないはデカイと思う
 その分、諸悪の根源である糖質の摂取を控えればよい。
 人は何百万年も前に地上に降り立ち、肉食をすることで極めて長い寿命を手に入れました。本来は葉っぱや果物と肉が主食だった。数千年前に農業を発明して糖質でエネルギーをとる食生活に変わったのです。いわゆる主食作物--小麦や稲を食べる量を減らせばよいことで、脂質を悪人にするのは誤りです。

典型的な非科学的な番組でしたね。酷すぎてがっくりきました。
 簡単な算数で説明すると、エゴマ油には、20%程度のα-リノレン酸を含んでいますから、大匙一杯を15gとすると、α-リノレン酸は(15×20%=)3gになります。
 人間の体内でDHA(ドコサヘキサエン酸),EPA(エイコサペンタエン酸)に転換される効率は、10-15%と言われています。成人で必要なDHA,EPAの摂取量は1g以上と言われていますから、計算すると
 3g→(15%)→0.45g
では少し足りないかも・・

>油は、1g余計に摂ったら9kcal。毎日90kcalも余計に...続きを読む

Qベジタリアンたちはタンパク質はどうやって摂っているのでしょうか?

栄養のことを調べていたらベジタリアンに少し興味が出ました。
人間にはタンパク質の摂取が必要と思いますが、ベジタリアンはタンパク質はどうやって摂っているのでしょうか?
大豆などの豆類を多く摂っているのでしょうか?
だとしたら、かなり大量の豆類だと思いますが、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

人間が必要とする必須アミノ酸は大豆で全部摂取できます。
ですからタンパク質という観点では大豆さえ食べておけば全く問題ないです。

問題なのは必須脂肪酸の方ですね。ベジタリアンだとアラキドン酸、DHA、EPAといった動物由来の必須脂肪酸が全く摂取できなくなります。

普通の人なら植物由来の必須脂肪酸からこれらの脂肪酸を体内で非常にゆっくりながら合成できますが、ときどき遺伝的にその能力を持っていない人がいます。その能力のない人は結構な比率で存在しています。

こういう人がベジタリアンになると問題が起こります。アラキドン酸やDHA、EPAは脳の神経システムを構成する上で必要となる脂肪酸で、摂取しないと神経障害を初め、躁鬱、双極性障害等々が悪化する場合もあります。

ベジタリアンは誰でもなれるものではありません。人間は肉食を通じて脂肪を蓄える能力を身につけた結果、進化の過程で脳の重量を増やし、創造性豊かな複雑な脳神経システムを手に入れたのですから。

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q低脂肪牛乳を毎日のんでますが健康にいいですか?

毎日飲んでたコーヒーから低脂肪牛乳を飲むようにしました。健康にいいでしょうか?

Aベストアンサー

低脂肪乳には2つのタイプがあります。

1つは、生乳に脱脂粉乳などと水を加えて味を調整したもの。値段が安いものはだいたいこれです。
もう1つは、生乳から脂肪分だけを取り除いたものです。値段は普通の牛乳とあまり変わらないか若干高いです。

前者は自由に成分を調整できるので、カルシウムを多く含ませたりする、牛乳でお腹がゆるくなる人のために乳糖を分解する、ビタミンやミネラルを追加する、といった加工が可能なため、製品ごとに特徴があります。

後者は、脂肪分を抜いた以外は、栄養的に牛乳と同じで、味も近いです。

このようなことを踏まえて考えると、低脂肪乳は、「低脂肪(低カロリー)」「お腹の弱い人やアレルギーのある人でも飲める製品がある」「カルシウムをはじめとする栄養価が、通常の牛乳よりも高い製品が多い」といったことが特徴です。

ただ、「ものによっては水っぽかったりして味が落ちる」ほか「調子に乗って飲みすぎてしまいカロリーのとりすぎや下痢になる危険がある」といった欠点もあります。

つまりは適量飲むなら体にいいが、飲みすぎれば体に悪いという当たり前の結論に落ち着くわけです。

自分が求めるタイプのものを、毎日コップ1~2杯飲む分には特に問題ありません。

ちなみにコーヒーについても摂りすぎは胃を荒らしたりしますが、適量摂るなら体によい影響を与えるとされます。

なお、製品については厳しい検査をクリアしないかぎり流通しませんし(生乳から基準を超える抗生物質などが見つかろうものなら大問題になります)、BSEが牛乳が原因で感染するなどということはありえないとされていますから(これは常識の範囲内の知識ではありますが)、過剰な心配は無用です。
それでも不安なら通販などで購入するといいでしょう。

どんな食べ物にもメリットとリスクがあります。無神経なのもいけませんが、過剰に心配するのも愚かです。最近は、不安を煽り立てる記事や発言ばかりが乱立していますが、冷静になって調べれば笑ってしまうような、無知や偏見に満ちたものばかりです。

いずれにしても低脂肪乳ばかりに頼らず、多様な食品を少しずつ摂るという食事の基本を守るようにしてください。

低脂肪乳には2つのタイプがあります。

1つは、生乳に脱脂粉乳などと水を加えて味を調整したもの。値段が安いものはだいたいこれです。
もう1つは、生乳から脂肪分だけを取り除いたものです。値段は普通の牛乳とあまり変わらないか若干高いです。

前者は自由に成分を調整できるので、カルシウムを多く含ませたりする、牛乳でお腹がゆるくなる人のために乳糖を分解する、ビタミンやミネラルを追加する、といった加工が可能なため、製品ごとに特徴があります。

後者は、脂肪分を抜いた以外は、栄養的に...続きを読む

Q夫の健康診断で肝機能GPTが60だったのですが・・。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうですね・・、昨年より2~3Kg増えたと思います。

夫に私から、病院で精密的な検査を受けるように勧めたのですが、
経過観察なのだから病院に行く必要は無いんじゃないかとか、
昨年まで良かったのだから、今回だけ、たまたま高い数値が出てしまっただけのことかもしれないだとか、
来年も高い数値が出るようなことがあれば病院に行くようにするなどと言って、
口実を並べ立てて病院に行こうとしません。

昨年より飲酒量が増えたわけではないのに、肝機能GPTが60に上がったのは、
どのような理由が考えられるでしょうか?

また経過観察とのことですが、病院に行かないとなると、何ら治療を施すわけでは無い為、
結果として放置になってしまうのですが、それでも良いものなのでしょうか?

それとも無理にでも夫を説得して病院で受診させるべきでしょうか?

また日常生活や食生活において留意する点などございましたらアドバイス下さいませ。
経過観察と言えども、少しでも改善していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうで...続きを読む

Aベストアンサー

GPTの数値を単独で判断するにはどんな名医でも不可能です。ましてや基準値やや上程度ですと検査結果としてまさに「経過観察」としか申し上げられません。
ちなみに去年の42にしても決して低値という訳ではありませんのでもしかしたらここ数年来で徐々に上昇傾向にあるのかもしれません。そうでしたら体質もしくは食生活の改善が必要かもしれません。
ご存じのようにこの検査は肝機能の指標となっていますので肥満による脂肪肝、アルコール肝なども対象となっております。(肝炎ばかりではないということです)
検診では機械的にコメントをつけていますので基準値をはずれると何かしらのコメントが自動的につきます。一種のアラームです。
これにより、医者が瞬時に異常に反応できるのです。
また、基準値はあくまでも統計処理をしていますので20人に1人くらいは異常値がでても不思議ではありません。
安心するようなことばかり書きましたが、一応人命に関わる性急なことではないのでこの様に判断しましたが、今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われます。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q男性は、「鉄分」を摂取しないほうが良い理由は?

アメリカの栄養学で報告される内容によると、

鉄は過剰に摂取すると活性酸素の発生源になる。
鉄欠乏性貧血などの特段の症状がない人の場合(特に男性)は、摂取しないほうが良いとのこと。

なぜ男性は、摂取しないほうが良いのでしょうか?
男性は、女性ほど鉄分を気にしなくていい身体の構造しているのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLは発掘!あるある大事典の鉄分に関する番組のページですが、女性はやはり毎月の出血(生理)が有るため鉄分を摂取しなくてはならないが、男性の場合は鉄分過剰摂取に気を付けなければいけないということのようですね。

ページの中程に「鉄分の過剰摂取は心臓で危険な病気を引き起こす可能性がある」との説明がありました。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arutetu/tetu_3.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング