昨日、TVでクルミが「硬くなった血管を柔らかくする」と言って話題になっているようですが、
αリノレン酸が体内でDHA,EPAに変わるからとか・・
それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
血管を柔らかくする効果は青魚にも有るのではないでしょうか?
それとも、クルミが特別なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

二重 割合」に関するQ&A: 日本人の二重の割合

A 回答 (4件)

ω-3脂肪酸の話ですね。


α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ドコサ(22)炭素数20、ヘキサ(6)二重結合の数
 ω-3脂肪酸なので、カルボキシル基の反対側の端っこ(ω)から3個目から二重結合が始まる。数字はラテン語

>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
 そうです。
 確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、『多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやドコサヘキサエン酸 (DHA) を生産することができるが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10%–15%程度( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4% … )』とされていますから、それで必要量をまかなえるか、そうでないかは諸説ありjす。

>それとも、クルミが特別なのでしょうか?
 胡桃よりは「エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、アマ」などに多い。

 動物は進化の過程で、普段の食餌から十分得られる物は、体内で合成する能力を失っても生存に影響がないため、その合成能力を失っている物がいくつかあります。良く知られているのはビタミン類ですね。肉食動物はビタミンCを食餌から取れないために体内で合成できますから、「犬や猫には生野菜や果物は食べなくても良い」
 ω-3脂肪酸は、種子や、(草を主食とする)草食動物には多く含まれていますから、人は体内でω-3脂肪酸を合成しなくても良い--食餌から十分摂取できる--動物になったということ。
 大事なこと。できるだけ我々の御先祖様に近い食餌---あらゆる物を満遍なく食べれば必要な栄養素は取れるはず。人間が農業を始めてから得られるようになった食物は栄養素が偏っている--穀類・(草ではなく穀物で育てられる)肉類などに偏ると問題ということです。

 リノレン酸が含まれる食物は胡桃だけではありません!!!--特定の食品だけを取り上げて宣伝するのはマスコミの姿勢としては極めて悪質だと思います。

 ⇒必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88% … )
 ⇒ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E … )
 ⇒ω-6脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-6%E8%84%82%E … )
 ⇒α-リノレン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%91-%E3%83%AA%E3 … )
 

 

この回答への補足

で、青魚のEPA,DHAも血管を柔らかくするということでしょうか?

補足日時:2014/04/24 22:37
    • good
    • 2
この回答へのお礼

専門的なご回答有り難うございます。

お礼日時:2014/04/24 22:33

>胡桃7個に相当する青魚の摂取量は分からないでしょうか?


 一個あたりの重さがわからないのですが、たくさん集めて100gの乾燥重量(たぶん実としては150g程度)中に 多価不飽和脂肪酸は47.174 g( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1%E6%A1%83# … )
 10個で約20gとして、20×0.7×0.47 ≒ 7g の脂肪、そのすべてがαリノレン酸とすれば一日の推奨量は十分まかなえるかと。ただし、それ以外の経路で通常なら十分摂取されるのでなんとも・・

この回答への補足

>「α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度である」

「胡桃10個で7gのαリノレン酸」
だとしたら、その「10-15%」つまりDHA.EPA正味「700~1000mg」ほどになるのでしうか?

補足日時:2014/04/26 16:39
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます。
度々恐縮です。

お礼日時:2014/04/26 16:19

>胡桃よりも効率的なのではないでしょうか?


 リンク先に書かれていたと思いますが?????
  α-リノレン酸からEPA,DHAへの転換効率は
【引用】____________ここから
ただし、ω-6脂肪酸はリノール酸、ω-3脂肪酸はα-リノレン酸を原料として同じ系列の脂肪酸を体内でも合成できるため、狭義ではリノール酸とα-リノレン酸のみを必須脂肪酸に分類する。ただし、体内で合成できる量だけでは必要量を満たすことができないとも考えられるため、判断は分かれる。なお、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度である[3]。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88% … )]より
 せっかくなのでリンク先は隅々まで読むこと。疑問点がすべて書かれているので紹介しました。
 ⇒ドコサヘキサエン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%B3% … )

※α-リノレン酸、EPA,DHAにも過剰摂取の問題があります。

以下「健康食品」の安全性・有効性情報:
・DHA (ドコサヘキサエン酸)( https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement … )
・EPA (エイコサペンタエン酸)( https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement … )
・α-リノレン酸( https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement … )

 目的を限定すれば、EPA,DHAの直接摂取もよいでしょうが、いずれにしても必須脂肪酸は水溶性ビタミンと異なり過剰摂取の危険性を持ちます。「普段の食事をバランスのよいものにする」というのが最善でしょうね。

この回答への補足

胡桃7個に相当する青魚の摂取量は分からないでしょうか?
缶詰の表記には1000とか2000mgとかありますが。

番組では胡桃のことしかやってなかったので・・

補足日時:2014/04/26 13:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回等ありがとうございます。

申し訳ありませんでした。

お礼日時:2014/04/26 13:05

No.1の回答にも書きましたが


>この回答への補足 で、青魚のEPA,DHAも血管を柔らかくするということでしょうか?

>>>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
>そうです。
>確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、

この回答への補足

胡桃よりも効率的なのではないでしょうか?

補足日時:2014/04/25 21:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q必須脂肪酸の合成(ジホモγリノレン酸の命名)

必須脂肪酸の合成に関連してです。
その中で、「リノール酸→γリノレン酸→ジホモγリノレン酸→アラキドン酸」とあり、
ホモγリノレン酸ですが、なぜ、ジホモという名前がついてるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。お手数をかけますが、ご存知の方がおりましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホモ(homo)とはメチレン基(-CH2-)の挿入を表す接頭語で、ジホモ(dihomo)は2個のメチレン基、3個の場合はトリホモ(trihomo)~になります。
ジホモ-γ-リノレン酸は炭素数が20個で分子式はC20H34O2、γ-リノレン酸は炭素数が18でC18H30O2です。

Q青魚に含まれるDHAやEPAの効能について

よくサンマやサバ、イワシなどの青魚に含まれるDHAやEPAが頭に良いと言われますけど、それはどんな科学的根拠によるものなのですか?具体的にDHAやEPAが大脳にどんな作用を及ぼしているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは



DHAを摂取することによって
脳は多くの酸素を必要としますが、酸素化ヘモグロビンが少なくても
恋率よく脳が動かせるということらしいです。

引用

脳が活動するためには酸素が必要ですが、この結果から、DHAを摂取することによって、「少ない酸素でも効率よく脳を動かせるようになった」という可能性が考えられます。

http://www.nissui-research.com/archives/2013/20130107093000.php


DHAは、摂取することで脳の神経細胞が柔らかくなり、
シナプスの神経伝達物質のやり取りを活性化して記憶力や学習能力の向上に役立ちます
http://www.hamptonhistory.org/brain-dha/

Qγ‐リノレン酸の飲み合わせについて

サプリメントでγ‐リノレン酸を飲んでいます。
γ‐リノレン酸と相性の悪い食べ物やサプリメントを知りたくて調べてみたのですが、私の調べ方が悪かったのか、どこにも記載されていませんでした。

現在、柚子茶やビタミンB2なども飲んでいるのですが、γ‐リノレン酸との相性はいかがなものでしょうか?

もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

存在しないものはいくらさがしたところで見つからない。

QDHAとEPAとは異なるものですか?

DHAがボケ防止に効くとのことで、母に飲ませようと
お店を見てきたのですが、EPAという栄養剤があり、
パッケージに魚の絵が書いてあったので、DHAと同じ効果のものなのかな
と迷っています。
DHAとEPAは同じ効果をもつものでしょうか?

Aベストアンサー

DHAは脳まで行き着きますが、EPAは脳まで届きません。
どちらも血行をよくしますが、認知症予防で飲まれるのでしたら、DHAが入っていないとダメです。がハッキリ立証はされていません。
 油剤を飲まれる時にはビタミンEも摂取された方がいいと思います。

 あとちなみに認知症予防にいいものとして、1から2g程度のビタミンCもいいです。あとはフランス海岸松、イチョウ葉、人参エキスなどもいいと思います。

Qリノール酸とリノレン酸て、スペルがとても似ているのですが何か意味がある

リノール酸とリノレン酸て、スペルがとても似ているのですが何か意味があるのですか?
linolenicとlinoleicとnがあるかないかだけですか…

Aベストアンサー

1)リノール酸(linoleic acid)  C18H32O2 で 9,12 の位置がcis 2重結合(2つのニ重結合) 
2) リノレン酸 (linolenic acid) C18H30O2 で、9,12,15 の位置がcis 2重結合の物と、6,9,12 の位置が  cis 2重結合の物の2種、(3つのニ重結合)
3)リノール酸 から、リノレン酸ヘの誘導ガ可能
4)双方とも色々な植物種子油に含有され、オメガ 油として知られています。
5)リノール酸(ドイツ語、Linolsaeure) ラテン語 linum (ギリシャ語、linon) for Lein(Flacks) and oil
6) リノレン酸(ドイツ語、Linolensaeure) ギリシャ語 linos for Lein (Flacks)
7) 双方とも ギリシャ語 linon から で、日本語は亜麻仁となる。
8)リノレン酸は2種の異性体ガありますが、アルファーリノレン酸(9,12,15) が通常オメガ3脂肪酸として知られています。
9)どちらも健康には良い物でしょう。

QDHA EPAのオイルがカッチカチに固まりました

omega-3 epa1500mg / dha750mg

natural factors というカナダの会社のものですが、(i herbで購入)

書いて有るとおり、ほぼ毎日スプーンに1杯くらい飲んで、

飲んだ後は冷蔵庫に入れています。

先ほど、冷蔵庫の掃除をしていて気づきましたが、

この瓶を入れてある冷蔵庫のポケットに液だれしたあとがついて

湯で洗っても、水に浸けていても、プラスチックのようにかちかちに
固まって取れません。

血液がさらさらになるイメージでしたが、こんなにかちかちになるものって
体に悪いのでは?と思えてきました。
4ヶ月ほど前に買った物です。

普通の天ぷら油でもこんなに克つ価値に固まる事ってないと思います。

dha epa って本当に体にいいのですか?

Aベストアンサー

DHA,EPAは、御存知のようにω-3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。
eicosa pentaen oic acid eicosaはラテン語の20で、penta(同5)のen(二重結合)のある脂肪酸
docosa hexaen oic acid docosaはラテン語の22で、hexa(同6)のen(二重結合)のある脂肪酸
と言う意味、ωですからカルボキシル基(-COOH)の反対の末端から3番目の炭素から二重結合が始まる。
1 2 3 4 5
/\=/\=/\=/\=/\/\/\/COOH   EPA
/\=/\=/\=/\=/\ほ/\/\/\COOH DHA

 同じ炭素数であっても二重結合が増えると融点が下がり液体になります。

 二重結合があると、その部分が空気中などの酸素と反応して過酸化物を作り固体になります。いわゆる乾性油--油絵の具やペンキ--になります。
 ⇒不飽和脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E9%A3%BD%E5%92%8C%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )

 EPA,DHAは魚介類・亜麻仁油・しそ油・えごま油・魚油に多く含まれる脂肪酸で、通常は食品から十分摂取できる脂肪酸です。過剰に摂りすぎると男性では前立腺がんの原因にもなること。日本人は魚介類を良く食べますし、サンフラワー油も良く摂るので、危険をおかしてまでサプリメントで摂る必要はないでしょう。ω-3の摂取量の少ない欧米人とは違う。
>血液がさらさらになるイメージでしたが、こんなにかちかちになるものって
体に悪いのでは?と思えてきました。
 カチカチになるのとは直接関係ないです。古い酸化した油は体に悪いということ。それと不飽和脂肪酸がよいか悪いかとは別の話です。もちろん酸化して糊化したものは有毒です。

 酸化されやすくて、体内の過酸化物を取り除くと言うのは誤りです。
ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8#.E6.A6.82.E8.A6.81 )
 体の中での代謝に必要な栄養素で、本当に必要ならαリノール酸からも生合成します。

 脂肪酸の代謝は、タンパク質に比較すれば簡単ですが、それにしても覚えることが複雑でカタカナが多く、生物や化学を学ぶ時は苦しみましたね。

DHA,EPAは、御存知のようにω-3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。
eicosa pentaen oic acid eicosaはラテン語の20で、penta(同5)のen(二重結合)のある脂肪酸
docosa hexaen oic acid docosaはラテン語の22で、hexa(同6)のen(二重結合)のある脂肪酸
と言う意味、ωですからカルボキシル基(-COOH)の反対の末端から3番目の炭素から二重結合が始まる。
1 2 3 4 5
/\=/\=/\=/\=/\/\/\/COOH   EPA
/\=/\=/\=/\=/\ほ/\/\/\COOH DHA

 同じ炭素数であっても二重結合が増え...続きを読む

Q胡桃のαリノレン酸と青魚のDHA,EPAの違いは?

昨日、TVでクルミが「硬くなった血管を柔らかくする」と言って話題になっているようですが、
αリノレン酸が体内でDHA,EPAに変わるからとか・・
それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
血管を柔らかくする効果は青魚にも有るのではないでしょうか?
それとも、クルミが特別なのでしょうか?

Aベストアンサー

ω-3脂肪酸の話ですね。
α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ドコサ(22)炭素数20、ヘキサ(6)二重結合の数
 ω-3脂肪酸なので、カルボキシル基の反対側の端っこ(ω)から3個目から二重結合が始まる。数字はラテン語

>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
 そうです。
 確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、『多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやドコサヘキサエン酸 (DHA) を生産することができるが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10%–15%程度( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8 )』とされていますから、それで必要量をまかなえるか、そうでないかは諸説ありjす。

>それとも、クルミが特別なのでしょうか?
 胡桃よりは「エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、アマ」などに多い。

 動物は進化の過程で、普段の食餌から十分得られる物は、体内で合成する能力を失っても生存に影響がないため、その合成能力を失っている物がいくつかあります。良く知られているのはビタミン類ですね。肉食動物はビタミンCを食餌から取れないために体内で合成できますから、「犬や猫には生野菜や果物は食べなくても良い」
 ω-3脂肪酸は、種子や、(草を主食とする)草食動物には多く含まれていますから、人は体内でω-3脂肪酸を合成しなくても良い--食餌から十分摂取できる--動物になったということ。
 大事なこと。できるだけ我々の御先祖様に近い食餌---あらゆる物を満遍なく食べれば必要な栄養素は取れるはず。人間が農業を始めてから得られるようになった食物は栄養素が偏っている--穀類・(草ではなく穀物で育てられる)肉類などに偏ると問題ということです。

 リノレン酸が含まれる食物は胡桃だけではありません!!!--特定の食品だけを取り上げて宣伝するのはマスコミの姿勢としては極めて悪質だと思います。

 ⇒必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒ω-6脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-6%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒α-リノレン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%91-%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%B3%E9%85%B8 )
 

 

ω-3脂肪酸の話ですね。
α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ...続きを読む

QDHAとEPA

DHAとEPAについて教えて下さい。
一日にどれくらい取り入れれば良いんですか?
魚はあまり食べないので、
サプリメントを検討していますが、
両方入ってるものを選んだ場合、
どちらが多く入ってるものが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一日の摂取量ですがオメガ6系脂肪酸とのバランスなので場合によりけりでしょう。6系脂肪酸(肉など)は血をドロドロにし、3系はサラサラにします。このバランスが1:1になっているのが望ましいのですが、今の日本人は4:1だと言われています。(心疾患、脳血管疾患などの原因となる)
もちろん3系を摂りすぎると血液が正常に凝固するのを妨げる可能性があるので摂りすぎもよくないでしょう。サプリメントの表記を参考にすればいいのでは?

EPAは体内でDHAに変わります。特にどっちを多くということはありません。両方入っていなくてはいけないわけでもありません。余談ですがキャノーラ油など一部の植物油も体内で時間はかかりますがEPA,DHAに変わります。

サプリメントの選び方ですが、程度が低いものは天然の魚に含まれるメチル水銀などの有害物質も凝縮されています。あまり値段の安いものはそこまでの配慮はされていないでしょう。データを開示している会社を選択してください。

Q韓国製のえごま油は焙煎の熱でα‐リノレン酸が壊れているのでは?

えごま油は熱に弱いので熱を通すとα‐リノレン酸が壊れてしまう、と言いますが、
韓国製のえごま油はエゴマの実を焙煎しているらしいので、
その時の熱によってそれが壊れてしまっているのではないでしょうか・・?

Aベストアンサー

リノレン酸が過熱によって破壊されるというのはちょっと違います。
正確には温度が高いほど酸化されやすくなるのです。
ですから、これらのオイルは加熱調理にはほとんど使わないか、
ごく短時間の加熱処理に使います。また、調理法も抗酸化剤として
レモンやローズマリーを添えることが多いです。

焙煎するかしないかは製造法の違いなので、韓国製か日本製かは関係ないです。
ただ、日本製は生(玉絞り)か焙煎かを明記してるところが多いです。

また、焙煎であってもリノレン酸はそれほど酸化されていないでしょう。
先に書きましたが、空気と触れると酸化されるのであって、ごまの実の中では
ほとんど酸化されません。

QDHA・EPAなどについて

魚の脂肪分に含まれるDHA・EPAというのは、魚から摂取する場合と、缶詰、サプリメントなどから摂取する場合とで、効能(?)に大きな違いって出るものでしょうか?

他の栄養分(栄養素)はとりあえず置いといて、例えば、
魚屋さんでサバを買ってきて焼いて食べる。
サバの缶詰を買ってきて食べる。
DHA・EPAのサプリメントを飲む。

これって、DHA・EPAについてのみ考えた場合、大きな違いがあるのでしょうか?

栄養については全く知識がないので、なんとなくサプリメントでいいじゃねえか、とか思ってしまうのですが、医師や栄養士みたいな人は、栄養分は食品から取ったほうが良い、みたいなことを言っているような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

サプリメントはあくまで補助食品ですからね。
本物の魚の方がいいと思いますが。

つい最近、効能を否定されたサプリメントもありますしね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報