マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 日本語を勉強中の中国人です。「来てもらう機会があったら」を敬語で表現したいのですが、「お越しになっていただく機会がございましたら」でよろしいでしょうか。「お越しになっていただく」という箇所は二重敬語になっているのでしょうか。もしそうでしたら、よい改善例を教えていただけませんか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

1.


「来てもらう機会があったら」

「~てもらう」は自分の行為なので、「わたしに[あなたに来てもらう]機会があったら」という意味になります。
「来てもらう機会があったら、ごちそうしますよ」のように使います。
「来る」のは相手ですが、「(来て)もらう」のは、あくまでわたしですから、「来る」を尊敬語にし、「もらう」を謙譲語にする必要があります。
これを敬語にすると、
「お越しになっていただく機会がございましたら、ごちそうしますよ」のようになります。
「お越しになる=尊敬語」と「いただく=謙譲語」という敬語が、接続助詞「て」でつながれている場合は二重敬語ではなく、「敬語連結」という正しい表現になります。
<敬語の指針>30ページ
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi …
ただ「機会」という語を修飾するためだけに敬語が2つも使われています。
若干、回りくどい印象を与える可能性が高いでしょう。
間違いではないのですが、その意味で△評価ですね。
「わざわざお越しになっていただき恐縮です」のような文であれば大丈夫ですが。
つまり、ひとつの名詞を就職するために複数の敬語を使用していない場合です。
ただし、厳密に、決まっているわけではありません。あくまでわたしの感覚です。

また、「いただく」を使う場合、「(来て)もらう」のは、あくまで自分側なので、
「お越しになっていただく機会が(わたしに)ございましたら、せひ、(あなたが)○○を召し上がってみてください」
のような表現はできません。
「お越しになる機会が(あなたに)ございましたら、せひ、(あなたが)○○を召し上がってみてください」
とする必要があります。

2.
シチュエーション次第ですが、
「来る機会があったら」のようにお考えになることもできます。このほうが簡潔です。
敬語は、
『お越しになる機会がございましたら』です。
「いただく(もらう)」を使わないので、
「お越しになる機会がございましたら、(わたしが)ごちそうしますよ」
「お越しになる機会がございましたら、せひ、(あなたが)○○を召し上がってみてください」
どちらの表現も可能です。
『お越しになることがございましたら』のようにしても良いでしょう。
「機会」などの名詞を婉曲的に言いたい場合に、「こと」を使うことができます。
「お越し」を名詞扱いにして、
『お越しの際には』とすれば、さらに、すっきりするでしょう。
ただし、これは、「来る機会があったら」ではなく、「来る時があったら」というニュアンスになります。

3.
因みに、「来る」の尊敬語は5つあります。敬意の順は、次のようになります。

・来られる機会がございましたら<いらっしゃる機会がございましたら<おいでになる機会がございましたら<お越しになる機会がございましたら<お見えになる機会がございましたら。

・来られた際には<いらっしゃった際には<おいでの際には<お越しの際には<お見えの際には。

ビジネスの現場では、「来られる」以外であれば、どれを使っても失礼にはならないでしょう。
よほど改まったお客さんに対しては「お見え」を使うことも考えられますが、若干、ぎこちなくない印象を与えてしまう可能性もあります。
   

この回答への補足

>よほど改まったお客さんに対しては「お見え」を使うことも考えられますが、若干、ぎこちなくない印象を与えてしまう可能性もあります。

上記の「ぎこちなくない印象」は「ぎこちない印象」の入力ミスでしょうか。「与えてしまう」と繋がっているので、「ぎこちない印象」のほうが自然かと思われます。

補足日時:2014/05/05 22:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご丁寧に回答していただきありがとうございます。大変よい勉強となりました。一箇所文意がよくわからないところがあるのですが、もう少し教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/05/05 22:42

#6です。



>上記の「ぎこちなくない印象」は「ぎこちない印象」の入力ミスでしょうか。「与えてしまう」と繋がっているので、「ぎこちない印象」のほうが自然かと思われます。

\(-_-;)/
そのとおりです。
ケアレスミスが多くて、いつもすみません。^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 たびたびありがとうございます。すっきりしました^^。

お礼日時:2014/05/05 23:26

#6です。



お約束の訂正です。
1.で肝心なことを書き忘れていました。
「お越しになっていただく機会がございましたら」は回りくどい表現、と書きながら対案を示していませんでした。
「お越しいただく機会がございましたら」のように、謙譲語1を使うと少しすっきりします。
前者は「~ていただく」、後者は「お~いただく」という、どちらも謙譲語1の型です。
<敬語の指針>27ページ
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi …
ただ、これは前回も述べましたように、あくまで、「自分側が、[あなたの来るという行為]をいただく」という意図の表現になります。
相手の行為に重点を置きたい場合には、
『お越しになることがございましたら』
『お越しの際には』
のほうが適しています。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びありがとうございます。わかるようになりました。いろいろ大変参考になりました。

お礼日時:2014/05/05 22:47

ご来訪のおりは、が良い。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2014/05/05 22:28

>「お越しになっていただく」という箇所は二重敬語になっているのでしょうか。



「お越しになる」は完結した「尊敬語」です。「~ていただく」は謙譲語です。
 「お越しいただく」なら「謙譲語」として使われます。しかし、「お越しになる」+「いただく」というのは変則です。すなわち「尊敬語」と「謙譲語」が重なっていることになります。

 一人の人間に尊敬語と謙譲語を重ねて使うのは、中古の時代ならあり得たのですが、その場合でも順序は、謙譲語が先に来ました。現代ではまずないものと考えてください。
 「二重敬語」とは、同種の敬語を重ねて使う場合(例えば尊敬語を二つ)のことです。
 「お召し上がりになる」は二重敬語で、「召し上がる」と「お~になる」とを重ねたものです。(ただし、この言い方は、かなり一般に定着しているから、認めていいとの考えがあります)

 改善案の例 「お越しいただく」(謙譲語)「お越しくださる」(尊敬語)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご丁寧に教えていただきありがとうございます。「二重敬語」という言葉の意味はわかるようになりました。いろいろとても参考になりました。

お礼日時:2014/05/05 22:27

二重敬語になっています。


違和感を持たれたのは、二重敬語であるか否かとは別の原因かと思います。
違和感は「なって」と一度断定してしまったことによって起きています。
例文
お越しいただける機会がございましたら。
お越しになられる機会がございましたら。
お越しいただく機会がございましたら
お越しくださる機械がございましたら。

「いただける」「なられる」「いただく」「くださる」のいずれも敬語か丁寧語か判断の難しいところかと思います。
敬語と考えればいずれも二重敬語ということになりますが、例文のような言い方はごく一般的に使われています。

相当に日本語をマスターされておられますので、文法に頼る判断のみをもってよしとすると、むしろ混乱されるかと思います。
二重敬語云々というのは、社会生活に不慣れな日本人の若者に対する警告とお考え下さい。

「お召し上がりになられる」
「お話いただけますでしょうか」
「お上がりいただけませんでしょうか」
「お流れ頂戴いたします」etc
類似の文例や慣用的な用例は沢山あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/05/05 22:25

そうですね。



あと、きてもらうことをていねいにいういいかたとしては、お運びいただく、があります。足を運ぶを省略したいいかたです。

お運びいただく機会がございましたら。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご親切に回答していただきありがとうございます。新しい言い方を習得できてとても嬉しいです。大変参考になりました。

お礼日時:2014/05/05 22:22

「お越しくださる機会がありましたら」でいいと思います。


なお原文は貴方の仰る通り二重になっていておかしいです。
おかしいけど外国人が言えば誠意はそのまま伝わりむしろ褒められると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2014/05/05 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q打ち合わせ相手に弊社まで来てもらう際の例文

ビジネスメールの例文で質問です。
打ち合わせ(商談)のアポを取り付ける段階で、
相手に弊社まで足を運んでもらって打ち合わせを行う、という場合に、
「ご多忙の中わざわざ足を運んでいただいて大変恐縮です」という旨を述べたくて、
ネットで例文を探していますが、なかなかしっくり来るものがありません。

良い言い回しはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

人事で採用や教育研修など実務を担当してきた者に過ぎません。

ビジネスマナーなどの研修も行ってきましたが、さすがにそこまで事例としてあげたことはありませんでした。

相手方に対する足を運ぶことと、多忙というポイントであれば、さらにシンプルな方が賢明かと思います。
仮に本体はabsolute1780さんが先方の会社に訪問するのが筋だと仮定した場合ですが。

「本来弊い社が訪問させていただくところ、ご多忙にも関わらずご足労いただき、誠に恐縮でございます…」

上記が大正解とは思いませんが、「ご足労」という表現もあります。

参考程度にでもなれば幸いです。

Q「来ていただいて」よりもっと尊敬する文は?

主に「来ていただいてありがとうございます」という意味をあらわしたいが、

もっと改まって、尊敬をこめた言い方を教えてください。ビジネス用です。

お願いします。

Aベストアンサー

相手との関係や状況などによりますが、一般には
「(わざわざ)お越しいただき」
「(わざわざ)ご足労いただき」
などでよいと思いますが如何でしょうか?

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q「来てください」の丁寧語。

引越しの通知を作りました。目上の方にあてて「遊びにおいでください」と書いてしまったのですが、間違えてはいないでしょうか?まだ手元にあるので迷ってます。

Aベストアンサー

おいで【御出で】は、『来ること』や『行くこと』の尊敬語ですので
間違ってはいないと思います。

でも、連語によって言葉の意味合いが変わりますので
一般的に使われるのは『お立ち寄りください』や、『お越しください』ではないでしょうか?

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AA%A4%A4%A4%C7&kind=jn

http://www.sodan.biz/class_05.html

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AA%A4%A4%A4%C7&kind=jn

Q「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご」は「紹介」に対しての、
「いただく」は動作に対しての敬語のように思うのですが、
おかしいと指摘されました。

敬語やマナーに詳しい方、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案内していただいた。」は,「先生が私を
案内する」ことを謙譲語I「御案内する」で述べているため,「私」を立てることになる点が不適切
であり,結果として「御案内してくださる」あるいは「御案内していただく」全体も不適切である。
「して」を削除して「御案内くださる」「御案内いただく」とすれば,「お(ご)……くださる」「お(ご)
……いただく」という適切な敬語のパターンを満たすため[本節の1の(1)(1),及び2の(1)(1)
を参照(24ページ及び26ページ)。],適切な敬語となる。「……ください」の場合についても同様
である。)
(注) ただし,この場合についても,例えば,次のような限られた場合には,問題のない使い方となる。
事情は,先の「伺ってくださる・伺っていただく」の場合と同様である。
(1)「田中さんが先生を御案内してくださいました。」,「田中さんに先生を御案内していただきました。」
(2)「鈴木さん,すみませんが,先生を御案内してくださいませんか。」<<

二重敬語というのは「いらっしゃられる」のように、一語に二つの敬語を使うことをいいます。この場合は「行く」に、「いらっしゃる」という敬語動詞と「れる」という尊敬の助動詞を使っていますね。

先日(本年二月二日)、文化審議会から答申された「敬語の指針」(全文は下記URLをご参照ください。)から、ご質問に該当する部分をコピーしておきます。参考になさってください。

>>2 謙譲語I
(1)動詞の謙譲語I
(1) 動詞の謙譲語Iの形
「訪ねる→伺う」のように特定の語形(特定形)による場合と,「お(ご)……す
る」(例:届ける→お届けする,案内する→御案内する)のように広くいろいろな
語に適用できる一般的な語形(一般形)を使う場合とがある。
【特定形の主な例】
・伺う(←訪ねる・尋ねる・聞く)
・申し上げる(←言う)
・存じ上げる(←知る)
(注) 「存じ上げる」は,「存じ上げている(います,おります)」の形で,「知っている」の謙譲語I
として使う。ただし,否定の場合は,「存じ上げていない(いません,おりません)」とともに,
「存じ上げない」「存じ上げません」も使われる。
・差し上げる(←上げる)
・頂く(←もらう)
・お目に掛かる(←会う)
・お目に掛ける,御覧に入れる(←見せる)
・拝見する(←見る)
・拝借する(←借りる)

【一般形の主な例】
・お(ご)……する(後掲【補足イ】参照。)
・お(ご)……申し上げる(後掲【補足イ】参照。)
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく(例:読む→お読みいただく,指導する→御指導いただく)
(注) 「お(ご)……いただく」を作る上では,前掲「1(1)(1)」の【補足ア:「お(ご)……になる」
を作る上での留意点】(25ページ)に準じる留意が必要である。<<

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。


人気Q&Aランキング