法人営業をしております。

まず、
1、回答者様は、プレゼン「受ける立場」の方なのか、「する立場」なのかを教えてください。

android端末でもマイクロソフト社のソフトが無料で使えるようになりましたね。勉強して、OneNoteにも手を付け始め、マスターまではいかないですが、ある一定の能力は身につくようになりました。

その場で、手書きのように記録できたり、即本社にデータ分析を依頼できるようにもなりました。その点ではOneNoteに感謝していますが、果たして、いまだに浸透していないOneNoteがプレゼンや記録に有効な手段なのか疑問を持ち始めました。

2、回答者様は、今後パワポとOneNoteどちらが優勢(主力)商品になるとお考えですか?

(グラフとなるとどちらも引用もとはExcelになるのは間違いないと思いますが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問1:元職ですが、両方の立場です。



質問2:PCの主流がWindowsからMacに代わる、あるいは、クライド利用のTin端末に代わる等、今の常識では有りえないほどの変化が起きない限り、パワポ主流が続くと考えます。

ビジネス系の主流ソフトが入れ替わった事例としては、日本語ワープロが、一太郎からワードに変わったことがあげられるかと思います。
これは、入れ替わった時期が、PC9801からWindowsPCに代わり、パソコンが一つの課・係に1台から、一人1台時代に変わって行った時期と重なります。
また現時点から振り替えると一太郎のデータ資産は、何桁も違うほど、少なかったです。
それでも、一太郎イメージの帳票には、今でもエクセルが代用として使われています。(この受け皿が有ったので、一太郎からの移行が進んだとも言えますが。)

(広い意味での)本格的な文書作成がWindowsパソコンで行われる限りは、パワポ優勢が続くと考えます。

★ただそうは言うものの、他人とのプレゼン文書交換はPDFだけで十分という範囲では、OneNote化はジワジワと進むと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい!文章でも勉強になりました。ありがとうございます。スキルアップだけはかかさず頑張ります。

お礼日時:2014/05/04 20:16

>1、回答者様は、プレゼン「受ける立場」の方なのか、「する立場」なのかを教えてください。


両方です。(最近、病気から復職を果たしたばかりなので、リハーサルのアドバイザーばかりしています。)


>2 回答者様は、今後パワポとOneNoteどちらが優勢(主力)商品になるとお考えですか?
パワーポイントの優位は、揺るがないと思います。
「技術のロックイン効果」が働いているからです。つまり、パワーポイントの操作と、それを使ったプレゼンテーションに、圧倒的に多くの人々が慣れ親しんでいるからです。

ただし、ビジネスシーンでは、パワポの目新しさは、完全になくなりました。今後、「画面の綺麗さ」や「アニメーションの多様化」には、誰も目をくれないでしょう。


結局、プレゼンする人の知識・経験・知恵こそが、良いプレゼンか、悪いプレゼンかの分かれ道になると思います。アプリケーションソフトは、二の次だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内容重視!ごもっとも。パワポ派が優勢ですね!アプリの技術習得には勉強を重ねたいと思います!ありがとうございます!

お礼日時:2014/05/04 22:39

時々プレゼンをする立場です。


数百人を前に報告をすることもあります。
その立場から言えばどちらでも良いということです。
プレゼンテーションはソフトが問題になるのではありません。あくまで中身です。
プレゼンソフトは見かけの制作にこだわり中身がお粗末になりがちです。これは本末転倒です。
ある会社では社内の報告にはプレゼンソフトを禁止したそうです。中身に比較して飾りの部分に時間をかけすぎる等の弊害があるからとのことです。
ということで発表者の意図が十分伝わればそれで十分、したがってどちらでも良いという意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!そんな機能的な会社もあるんですね。確かに中身は重要ですね!私はどちらも得意なのでクライアントに応じて対応を検討してみたいと思います。貴重なご意見ありがとうございます!

お礼日時:2014/05/04 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレゼン能力

私は人前に出て話しをするのがうまくありません。
会議等でプレゼンを行わなければいけないのですが、
伝えたい事が上手に伝えられず悩んでおります。
上手に人を引き付ける話し方やプレゼン内容の組み立て型などなんでもいいですアドバイスいただけないでしょうか…

Aベストアンサー

こんにちは(^^)
苦手なことをするのは苦痛ですよね。
私はこんな具合に克服しました。

プレゼンなど人前で話すのが苦手と言う人ほど、
実は事前の準備が不十分な場合が多いです。

上手い!!と言われる人ほど、ものすごく緻密な
事前準備をしています。まず、すべて原稿にして
文章にしています。すべて一字一句すべて話す
とおりに。しかも脱線話から、途中のジョークまで
すべて原稿に書き込んでいます。
相手の立場に立って、論理的に展開できるように
考え抜きます。これがコミニケーション能力の
一つです。

そして、予想される質問ますべて回答を準備して
おきます。これがシュミレーション能力です。

このような事前準備に加えて、下記のURLでは
心理学からみたプレゼンについて、参考になるので
読んでみてください。

左サイドに過去のメルマガのタイトルがでてますが、
「アーモンドクランチ」と「2」を読んでみてください。

参考URL:http://sinri.net/meru.htm

Q説得力のあるプレゼンとは?

会社員ですが、どうもプレゼンが苦手です。自分の性格にも起因していると思いますが、誰かプレゼンのときのツボを教えていただいたら幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の経験をご参考までに。

まず1つは、しっかりした資料と台本を用意することです。
資料は図やグラフなど、視覚的に訴える要素を多く盛り込んで作るといいですよ。
文章ばかりの資料は読む気がしないものですので。
また、本番の時に目的の部分を手早く示せるような構成にしておくのもポイントです。
台本はセリフだけでなく、どのタイミングで視線を資料に移してもらうか、など、芝居で言うなら「ト書き」にあたる部分も同時に考えておくといいでしょう。
セリフはくどくどと説明すると分かりにくくなりますから、短く簡潔にまとめるのがコツです。

資料と台本が用意できたら、内容を頭に叩き込みます。
ただし、一字一句間違えずに暗記しようとは思わない方がいいです。多少は言い回しが間違っても内容さえ違わなければいい、くらいのつもりで、とにかくプレゼンの手順と内容をしっかり覚えます。
手順と内容が頭に入っていれば自信にもつながり、本番で少しくらい失敗しても、アドリブで何とか乗り切れてしまうものです。
予めじっくり練習しておくと、当日は自信を持って臨めると思いますよ。

発表する時は、ある意味、”恥を捨てる”ことが秘訣でしょうか。
私も人前に出るのが苦手で、こんな芝居がかった言い回しや身振り手振りを入れて話したり、人前で実演してみせたりするのはちょっと照れるな、と思うことがあります。
ですが、自分の中では照れると思うことでも恥を忍んで(?)やってみた結果、分かりやすいプレゼンだったとの評価をいただけたこともありました。
口頭での説明を延々と続けるプレゼンは、飽きられてしまって印象が悪いばかりか、内容も、自分で思っているほど相手には伝わっていないようです。
失敗したら「失礼しました」と一言お詫びすれば済むことですので、思い切って照れや恥を捨て、少々大げさなほどのアクションや話し方を盛り込んだプレゼンをなさってみてはいかがでしょうか。

私の経験をご参考までに。

まず1つは、しっかりした資料と台本を用意することです。
資料は図やグラフなど、視覚的に訴える要素を多く盛り込んで作るといいですよ。
文章ばかりの資料は読む気がしないものですので。
また、本番の時に目的の部分を手早く示せるような構成にしておくのもポイントです。
台本はセリフだけでなく、どのタイミングで視線を資料に移してもらうか、など、芝居で言うなら「ト書き」にあたる部分も同時に考えておくといいでしょう。
セリフはくどくどと説明すると分かりにくくな...続きを読む

Qパワーポイントでのプレゼンについて

パワーポイントでのプレゼンについて教えてください。
漠然で申し訳ありませんが
一般的にプレゼンの一テーマにかける時間は何分くらいが一般的ですか?
説明の時間は何分
質問を受ける時間は何分

Aベストアンサー

パワーポイントはあくまでツールですので、ツールによってプレゼンの時間が変わるわけではありません。
一般的なプレゼンの時間というのも無いと思います。
対象者は人間ですから最長でも2時間を限度とする考え方はあるでしょう。
ワーキンググループ等で全員参加型にするような場合に自己紹介を行うことがよくありますが、このようなプレゼンは3分から5分程度というのが多いでしょう。
企画物のプレゼンであれば、目的や背景等から始めたりすると最低でも15分は必要でしょう。
私が行うプレゼンでは平均的には30分の時間を頂いています。主催者側に時間のゆとりを事前に聞いておき、多少延長する場合ときっちり守る場合とを意識して行います。
いづれにしても、発表時間は主催者側が発表者と相談しながら決めるというのが一般的です。
説明と質疑の時間割ですが、説明時間のMax3割程度を質疑時間としてとれば十分でしょう。(例えば、30分説明、10分質疑)
なおパワーポイントによるプレゼンの場合、1枚当たり最低でも3分程度はかけないと、聴講する側も画面を追いかけるのが精一杯で、話の内容を聴くに至らないと思います。

パワーポイントはあくまでツールですので、ツールによってプレゼンの時間が変わるわけではありません。
一般的なプレゼンの時間というのも無いと思います。
対象者は人間ですから最長でも2時間を限度とする考え方はあるでしょう。
ワーキンググループ等で全員参加型にするような場合に自己紹介を行うことがよくありますが、このようなプレゼンは3分から5分程度というのが多いでしょう。
企画物のプレゼンであれば、目的や背景等から始めたりすると最低でも15分は必要でしょう。
私が行うプレゼンでは平均的に...続きを読む

QM&Aされた側の立場

私が勤める企業は欧州の会社に数年前に買収されました。
ぶっちゃけ買収された日本からえらくなる人はいないしなんか見下されているような。。

その上本社に最適になるように制度なども改革されており
改革によって効率化されて不要になった部署の社員がリストラされたりしています。

ここで質問ですがやはり買収されて子会社となる方はやはり何かにつけて不利になるものでしょうか。例えばどう考えても無能だと感じる
欧州の人が日本支社の監査役や上司になったりして日本人として口を揃えておかしいなぁなんていってます。

例えば同じくらいの能力の本社の人と現場の支社の人がいれば
評価としては必然的に本社の人の方が高くなってしまうのではないのでしょうか?

こんな考えはやはり偏見でしょうか?

Aベストアンサー

偏見ではなく当たり前のことだと思います。

欧州の人が日本支社の監査役や上司になり、同じくらいの能力の日本人よりも評価が高いのも当たり前です。
それら欧州から派遣されている人は、恐らく将来の経営幹部候補としての経験値を稼ぐために日本支社に派遣されている人で、日本の官僚でいうところのキャリアです。
キャリアとノンキャリアでは個人としての能力が同じでも将来の出世の仕方がまるで違うのと同じで、彼らは能力が高いから日本支社の監査役や上司になるのではなく、将来必要な能力を身につけるために日本支社の監査役や上司にされているのです。
彼らの能力が評価されるのは来日する前と帰国した後の話で、彼らの能力が日本の社員と比較されて日本の社員の方が取り立てられると言う事はまずありません。

QISO上の電子データでの記録

こんにちは、お世話になります。
弊社では、現在ISO9001の取得準備中です。
金属の表面処理をする小規模な会社(30名)ですが、私はそこで事務局を担当しています。

弊社では、品質関連記録を電子データで行っているものがあるのですが、
先日コンサルティングの先生に、「改ざんの危険があるので保護措置を取りなさい」と
ご指摘いただきました。
ちなみに、電子データで保管と言いましても、エクセルにデータを入力しているだけの
ものから、グループウェアを使用したデータベースまで、色々なものがあります。
アクセス権の設定くらいなら可能なのですが、「改ざん防止」の為に、
どのような措置がとれるのか皆目検討がつきません。

他社さんではどのように対応されているか、ご教授頂けないでしょうか。
審査の日があと1ヶ月となり、かなり切羽詰っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

コンサルタントの方に、どのような保護措置がよいのか相談するのが得策です。
そのくらいのアドバイスができないで「自分たちで考えなさい」と突き放すのは、いかがなものかと・・・。
まぁ、それはおいといて。

エクセルデータの「改ざん防止」に限定するならば、「上書き保存」できなければよいので、「読み取り専用」か「保存パスワードの設定」で十分でしょう。

グループウェアの場合は、アクセス権の設定で、編集権限を限定すればよいと思います。
編集権限をもっている人が不用意に変更してしまうことまで心配されるなら、編集用に別のユーザーIDを用意する方法もあるでしょう。

電子データは、改ざんよりも「データの消失」に備えたバックアップの方が重要だと思います。
 ※改ざんに気づけばいつでも復旧できますし。
定期的にCD-RWや外付HDD(2万円以内)にコピーしておくとか、ネットワーク上の他のPCのHDDにコピーしておくとかするとよいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報