父親(77歳)が3年前に脳梗塞で倒れて3週間の入院の後、自宅療養を続けていたのですが、昨年の暮れに再発してまた入院をしています。今度は小脳の梗塞でした。治療中に同じ個所から出血があって3cmくらいに広がったのですが幸いにもそこでとまって手術はしなくてもすみました。その後、ずっと入院治療を続けています。寝たきりで食事はできませんので、点滴と流動食を続けています。

質問ですが、昨日から急にしっこが出なくなったのですが、(膀胱には溜まっていないそうです)どういった原因が考えられるのでしょうか? どういった治療があるのでしょうか?
病院でも検査はしてもらっているのですが、わかる範囲内でお答え願えませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お父様はおそらく腎臓の機能があまり良くないので、このような症状になられたのではないでしょうか?専門では全くないのでよく分かりませんが、腎臓の働きを良くし、利尿作用を高める働きは、「スイカ」が良いようです。

中国漢方でも言われていることですし、スイカを煮詰めた「スイカ糖」も古くから用いられている療法の一つです。お医者さんに相談の上、スイカを利用されたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

急性腎不全でしょうかね。

早い話が、突然腎臓が機能停止してしまったという状態です。

なんでそうなったかを今、病院で調べてるところでしょう。

考えられる原因は、そういう事を司る脳の部分がやられた、尿路感染があった、長いこと寝ていたので血管に血の固まりができて、それが腎臓の血管に詰まった、もともと腎臓にも何らかの病気があった、使った薬の副作用・・・など各種考えられるのでどれとも言えませんね。病院の検査の結果を待つよりないでしょう。
薬の副作用だとしても脳のダメージを減らす為にあえて使っている場合だってあります。

もし、早く改善しない場合、血液中におしっこででるはずだった老廃物がたまって最終的に脳がやられる尿毒症という状態になり危険なので、透析という治療をするはずです。太い血管に針を刺してやる方法と、足の付け根にパイプを埋め込んでやる腹膜透析というのがあります。また、針を刺す方法の場合、手首の血管をちょと表面近くに出して太くして針を刺す場所を作る吻合形成という簡単な手術をやる事があります。

いずれにせよ、腎機能が回復しない場合、透析は不可欠と思われますから、この事を覚えておかれるといいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞後のリハビリについて

祖父が脳梗塞になり、口の神経が少し麻痺したようで、左側からよだれが止まりません。医者によると処置が早かったため、症状は軽いほうだそうですが、良いリハビリ方法があれば教えて下さい。後、脳梗塞になると、血管がつまり、そのため、神経細胞に栄養が届かなくなり、神経細胞が死ぬのでしょうか?もし、そうであれば、リハビリしても神経細胞は元には戻らないのでしょうか?リハビリはいったい、何の為にするのでしょうか?

Aベストアンサー

>脳梗塞になると、血管がつまり、そのため、神経細胞に栄養が届かなくなり、神経細胞が死ぬのでしょうか

Yes


>リハビリはいったい、何の為にするのでしょうか?

少しでも元の状態に近づけるためです。
脳は100%働いているわけではありませんので、他の部位が代償してくれる可能性が
あります。もちろん、梗塞の部位や大きさにもよりますが。

Q脳梗塞の入院中の治療中の再発について

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再発をするというのは、私の中では納得が行かず、
医師に伺っても
・再発は起こりうる。
・悪性の腫瘍があると再発しやすい(母は、子宮に腫瘍があったことが分かり(良性だったのですが)それがその当時は悪性の疑いがあるという事で)

という説明を受けました。

結果、母の腫瘍は良性で、医師の説明とは食い違いがあるも、腫瘍摘出手術の為、病院を転院し詳しい説明は聞けずじまいです。

お伺いしたいことは、『脳梗塞において入院中の、治療中の再発は、起こりうるのか』しかも、ロレツが回らない程度の母が、『1週間程度も寝たきりになる程の』

ホームページを調べても『脳梗塞は再発が起こやすい病気である』という掲載は、見ましたが、

私は、『入院の治療中に起こった』という事が、納得いきません。
一方、病院側は、『再発は起こりうる』という説明です。

長くなりましたが、第3者のご意見を伺いたく、よろしくお願いします。

補足ですが、母は、元々血圧は高く200程度ありました。治療・通院はしていませんでした。
今回、病院に行った際は、血圧が280ありました。その後200程度になり、今は150~160程度です。

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再...続きを読む

Aベストアンサー

理論上十分に起こり得るだけでなく、実際の医療の現場で(私の感覚では)低くはない割合で遭遇するケースです。

脳梗塞患者(退院直前含め)の再発は医療過誤には該当しませんし、その病院の医療や看護に問題が
あって引き起こされたのではありません。
又、梗塞部位などによって出現する症状や程度は様々であって当然ですから、
今回のほうが症状が強くても何ら不可解な現象ではありません。

一般の方が、入院中の再発に疑問をもつのは無理もないかなとは思いました。
どうぞお大事になさって下さい。

Q兄が脳梗塞になりました。2~3週間ほど点滴をするみたいでリハビリ等の治療に関してはまだ説明を受けてい

兄が脳梗塞になりました。2~3週間ほど点滴をするみたいでリハビリ等の治療に関してはまだ説明を受けていません。以前から高血圧、糖尿病、心臓にも肥大が見られ薬を服用していました。今回の入院で動脈硬化もだいぶすすんでいると説明を受けました。 
脳梗塞の後遺症が残らないように最近ではリハビリを早い段階で始めるとネットでみかけたのですが、安静にするように言われています。
入院したのが今月の4日なのですがリハビリはいつ頃から始まるか目安を教えていただきたいで
す。

Aベストアンサー

先生に聞かないと何とも
人それぞれです
年齢とかも関係しますし

血栓で、心臓も悪いとなると
急いでリハビリしても心筋梗塞
脳血栓の再発も考えられます

Q2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後に

2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後には感染症も黄疸なども消失したため退院しました。
しかし、2ヶ月後には腹水の貯留を認めるようになり腹部膨満感、食欲不振、腹痛などが認められるようになりました。このころから主治医には毎回症状を訴え治療を希望して来たのですが無視され続けました。2016年6月には腹水貯留が多量になり呼吸困難と激しい腹痛を認めるようになりました。しかし、主治医の態度は変わらず8月末になってやっとアルブミン製剤の点滴や腹水穿刺を行なってもらえました。肝硬変だとの診断名はこの頃にやっと聞かされました。入院し同様の治療を毎月のように行なってもらいましたが思うようには改善せず約半年が経過していまいました。どうしてもっと早くに治療を行ってくれなかったのか悔やまれても悔やみきれません。予後も悪くCHild分類ではCで3年生存率は40%だそうです。主治医は多忙らしく症状を訴えても身体に触って診察をすることもほとんどなく手遅れになったことへの自覚もないようで本当に腹が立ちます。このような主治医の診断、治療の手遅れ、誤診に対して責任を取ってもらいたいのです。訴訟の対象になるのかわかりませんが、命の問題に間違い無いのです。訴訟方法などご存知の方がおられましたら是非お教え願えませんでしょうか?このような医師が今後私のような不幸な患者を生まないことだけを願っています。

2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後には感染症も黄疸なども消失したため退院しました。
しかし、2ヶ月後には腹水の貯留を認めるようになり腹部膨満感、食欲不振、腹痛などが認められるようになりました。このころから主治医には毎回症状を訴え治療を希望して来たのですが無視され続けました。2016年6月には腹水貯留が多量になり呼吸困難と激しい腹痛を認めるようになりました。しかし、主治医の態度は変わらず8月末になってやっとアルブミン製剤の点滴...続きを読む

Aベストアンサー

日本には、医療に関して、治療や手術のできる病院は、各県に10以上の大病院があります。そこで、なぜ、他の病院へも行くことをしなかったのでしょうか??
特別の理由や専門医でない限りは、選択は、患者にあります。そして、医療の控訴は、専門的な問題で判断などには、言い切れない部分が多分にあり、灰色であっても、認めさせることは難しいですね。
それでも控訴したいのであれば、医道審議会(リンク先)と言うところが有ります。ご相談してみてはいかがですか。
しかし、控訴には、十分に慎重になられることを、念を押しておきますね。
http://advance-lpc.jp/idousingi/?utm_source=google&utm_medium=cpc

Q脳梗塞で入院した場合リハビリはいつから?

7/6に母が脳梗塞で倒れ右半身マヒになってしまいました。程度としては中度のものとのこと・・。あの元気な母が・・・・青天の霹靂です。
  母はもう意識もあり 私たち家族としては 本人に意欲があれば 一刻も早くリハビリを・・と思っています。・・が病院のほうは なんとなくのんびりムードで「そうねえ 急がなくてもいいんじゃない」というのです。
  素人知識で リハビリは早ければ早いほうがよい ときいています。
  脳梗塞の場合、発症してからどのくらいでリハビリにはいっているのでしょうか?経験者のかた ぜひお話を聞かせてくださいまぜんか?

Aベストアンサー

昨年、父が同じく脳梗塞でたおれました。幸い軽く点滴がはずれ一人でトイレへいけるようになって、はじめは少しずつベッドでマッサージのような形で始まったと記憶しています。その後、歩けましたが車椅子にのって「リハビリルーム」で1時間の歩行などのリハビリをしていました。
脳梗塞の種類にもよると思いますが、また梗塞をおこす恐れがある期間は患者本人や家族が思っているより医師は慎重です。
また父は身体的に麻痺があると思っていたら、「字」を読むことにも少し麻痺がありそのリハビリもしていました・・。
お役に立てないかもしれませんが。お母様早くよくなられるとよいですね。気長に構えたほうがよいですよ。

Q脳梗塞で植物人間になった人の入院先について

私の義父が二度目の脳梗塞で倒れました。今回で脳の3分の2がダメージを受けたことになり、医学的には植物人間との診断です。
現在10日程度過ぎており脳の腫れのリスクはほぼなくなりました。気道確保の処置がなされておりますが、これは一時的なもので、呼吸と痰の除去用に気管切開の上チューブを取り付ける予定です。
基本的には自力呼吸はできるようですが今後食事は流動食を与え、痰を除去するという介護になろうかと思います。
今後の課題は、上記の状態のままでどう介護するかですが、恐らく完全介護の病院に入ると思いますが、現在の病院のICUから一般病棟或いは他の病院に転院するにあたり、不安点が二つあります。アドバイスをいただけると助かります。
(1)費用の問題 66歳の高齢であり、重度の身障者である当人が完全介護の病院に入院するとどの程度の負担があるのか、義母が心配しております。
(2)期間の問題 実際に入院するに当り、どの程度の期間入院できるのか、何かガイドラインはあるのでしょうか。また、上記のような状態で自宅での介護というのは有り得るのでしょうか?
最終的には主治医の説明を聞いて判断するつもりですが、主治医の説明を正しく理解するためにも上記の情報はあらかじめ頭に入れておきたいと考えております。

私の義父が二度目の脳梗塞で倒れました。今回で脳の3分の2がダメージを受けたことになり、医学的には植物人間との診断です。
現在10日程度過ぎており脳の腫れのリスクはほぼなくなりました。気道確保の処置がなされておりますが、これは一時的なもので、呼吸と痰の除去用に気管切開の上チューブを取り付ける予定です。
基本的には自力呼吸はできるようですが今後食事は流動食を与え、痰を除去するという介護になろうかと思います。
今後の課題は、上記の状態のままでどう介護するかですが、恐らく完全介護の病...続きを読む

Aベストアンサー

うちの母も脳出血で3回倒れ、いわゆる植物状態です。
初期の頃は痰が多く、吸引のために気管切開をしていました。
最近は痰の量が減ったため、気管切開用の器具は外してしまい、口鼻から吸引しています。
食事は流動食で、植物状態になってから14年になり、現在67歳。
娘の私一人で養っているため、仕事の都合上、今までずっと病院でお世話になっています。

介護保険が始まるまでは、やはり一般の病院に入院しており、3か月毎に転院しておりました。
「家族の常時つきそい」が条件で、無理な場合は、入院付き添い専用の「家政婦さん」を実費でつけてください、という病院がほとんどでした。
しかし最近では「家族の常時つきそい」「家政婦さん」は禁止になった病院が多いようで、病院側の「完全看護」になり、家族は面会時間のみ面会できるシステムのようです。
※これは私の地方だけのシステムかもしれないので、ご参考までに。

一般の病院は3か月毎に退院・転院を促されるし、気管切開をしていては老人ホーム・特養 は入れてくれません。
介護保険が始まってからは「要介護5」に認定されたため「療養型医療施設」にお世話になっています。
こちらでは3か月毎の転院を促されることはありません。
いわゆる老人病院で、寝たきりや痴呆の老人がほとんどですが、老人ホーム・特養と違って医療行為もしてもらえます。
どちらにしても介護保険をご利用することになると思いますので、まず区役所の介護福祉課で、要介護認定の申請をされることをオススメします。
※ただ、2011年をメドに、国は「療養型医療施設」を無くして行く方向らしいので、基本的に家庭で介護するしかなくなって行くようです。

介護認定のランクによって、かかる費用は変わってきます。
うちの場合は「寝たきりのままずっと安定していて、大きな医療行為はない」状態で、「世帯全体が非課税で年収80万円以下」の本人のみの独居世帯で、介護保険利用料・食費・居住費・その他雑費で、毎月11-13万円かかっています。
「高額介護サービス費」払い戻し制度もありますので、極端に高額になることはありません。

役所に届けている「世帯」に、他に収入のある家族がいると、世帯収入が上がるため、毎月かかる費用もはね上がりますので、ご注意を。

これから色々大変だとお察ししますが、お互いがんばりましょう。

参考URL:http://www.kaigo-nagoya.com/

うちの母も脳出血で3回倒れ、いわゆる植物状態です。
初期の頃は痰が多く、吸引のために気管切開をしていました。
最近は痰の量が減ったため、気管切開用の器具は外してしまい、口鼻から吸引しています。
食事は流動食で、植物状態になってから14年になり、現在67歳。
娘の私一人で養っているため、仕事の都合上、今までずっと病院でお世話になっています。

介護保険が始まるまでは、やはり一般の病院に入院しており、3か月毎に転院しておりました。
「家族の常時つきそい」が条件で、無理な場合は...続きを読む

Q脳梗塞になり リハビリ施設を探しています

身内が 一ヵ月少し前に 脳梗塞になりました。
北海道内で 視覚障害と高次脳機能障害のリハビリが出来る良い施設か病院を探しています
無ければ 北海道以外でも構いませんので 入院の出来るリハビリ施設を紹介してください。

Aベストアンサー

No.1です。

ちょっと調べてみました。

<日本リハビリテーション医学会から市民の皆様に>
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jarm/civic/index.htm

<日本リハビリテーション医学会から市民の皆様に>
<リハビリテーション科専門医名簿>
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jarm/civic/civic-senmon_i-fm.htm

北海道でしたら<以下抜粋>になるかと思います。

症状を言って、専門医の能力と設備を問い合わせたらいかがでしょうか?。

<以下抜粋>

浅川 仁
居川 幸正   北海道大学医学部附属病院
生駒 一憲   北海道大学病院
石合 純夫   札幌医科大学医学部
石川 聡
石部 基実   NTT東日本札幌病院
磯山 浩孝
伊藤 武哉
浦上 祐司
枝村 正人   中江病院
大島 峻    医療法人社団明生会手稲ロイヤル病院
岡本 五十雄  勤医協札幌丘珠病院
小野澤 敏弘
笠井 美智子  医療法人社団さっぽろ幌西クリニック
柏木 基    医療法人社団五輪橋内科病院
桂 律也
木村 敏信   クラーク病院
小林 信義   札幌山の上病院
斉藤 裕    介護老人保健施設やわらぎ苑西桔梗
佐久間 和子  北海道社会福祉事業団福祉村
佐々木 鐵人  北海道文教大学人間科学部
進藤 順哉
新明 史江
菅沼 宏之   医療法人社団中山会新札幌パウロ病院
須藤 和昌   市立札幌病院
橋 邦彦
高橋 武
竹内 直行   北海道大学病院
武田 直樹
田島 康敬   市立札幌病院
多田 武夫
土田 隆政   医療法人愛全会愛全病院
土岐 めぐみ  札幌医科大学医学部
戸島 雅彦   特定医療法人社団カレスサッポロ時計台記念病院
中根 理江   康和会札幌しらかば台病院
成田 寛志
憲 克彦    カレスサッポロ時計台記念病院
橋本 茂樹
橋本 洋一
長谷川 潤
長谷川 千恵子 市立函館病院
原 誠之助   社会福祉法人北海道療育園
藤田 正光   南5条クリニック
堀口 信    道南勤医協函館稜北病院
松尾 雄一郎  北海道大学医学部附属病院
松本 昭久
松山 敏勝
丸山 純一   旭川リハビリテーション病院
光増 智    医療法人医仁会中村記念南病院
門司 順一
山下 泉    山下整形外科クリニック
横串 算敏   医療法人渓仁会西円山病院

<抜粋終わり>

No.1です。

ちょっと調べてみました。

<日本リハビリテーション医学会から市民の皆様に>
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jarm/civic/index.htm

<日本リハビリテーション医学会から市民の皆様に>
<リハビリテーション科専門医名簿>
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jarm/civic/civic-senmon_i-fm.htm

北海道でしたら<以下抜粋>になるかと思います。

症状を言って、専門医の能力と設備を問い合わせたらいかがでしょうか?。

<以下抜粋>

浅川 仁
居川 幸正   北海道大学医学部附属病...続きを読む

Q68歳の母が脳梗塞になり、10日ほど入院しました。

68歳の母が脳梗塞になり、10日ほど入院しました。
幸い職場復帰もできるようになったのですが(調理担当)左半身のだるさ、重み(本人は鉛が入ってる感じと言ってます)が酷く、退院時より悪化してるみたいです。
ちなみに退院してから2ヶ月がたちます。
大学病院へ定期診察は行ってます。
「運動しろ」と言われるらしいですが、重たくて足が動きずらいと。
痺れではなく「重たい」らしいです。
左足は引きずってあるいてしまう感覚。 でも見た目は普通に歩いてる。
パンパンに張ってると思いきや、触ると右足と変らない。
座って意識的に足を動かそうと思えば右足と同じ動作が出来る。
出歩くのが好きだったのに、最近は億劫になってたり若干ウツなのかな~って思う時があります。
「同じような症状の人がいたら話をしてみたい」と言ってます。
軽く「後遺症に慣れるまでには長くかかるよ。」と話しているのですが「この症状に慣れることはまずないと思う」と、かなり気持ちが落ちています。
母と同じように後遺症で足が重たくて仕方ない方っていらっしゃいますか?
どのようにしたらいいのでしょうか?
また、カイロやマッサージでオススメなどありましたら是非教えてください。

68歳の母が脳梗塞になり、10日ほど入院しました。
幸い職場復帰もできるようになったのですが(調理担当)左半身のだるさ、重み(本人は鉛が入ってる感じと言ってます)が酷く、退院時より悪化してるみたいです。
ちなみに退院してから2ヶ月がたちます。
大学病院へ定期診察は行ってます。
「運動しろ」と言われるらしいですが、重たくて足が動きずらいと。
痺れではなく「重たい」らしいです。
左足は引きずってあるいてしまう感覚。 でも見た目は普通に歩いてる。
パンパンに張ってると思いきや、触...続きを読む

Aベストアンサー

理学療法士さんにきちんとしたアドバイスを貰いたいですよね。
小さな進歩も自信として掴んでいけるようなリハビリを組んでくれる筈。
同時に、お母さんのような人を今までも受け持ってきているからこそ出来るアドバイスもある。
億劫になって動かさなくなると余計に動かなくなってしまう。
廃用症候群のような状態を創っても怖いですからね。
先ずは今のお母さんの状態を診てもらって。
無理なく、且つ前向きになれるような後遺症との向き合い方、折り合いのつけ方を見つけていく
事が大切になるんだと思いますよ☆

Q脳梗塞リハビリの結果

母が脳梗塞で倒れました。現在右半身に麻痺があります。倒れて20日経ちます。母は今後の経過が心配らしく、毎日泣いてばかりいます。前向きにリハビリに取り組んで欲しいのです。その為に是非母と同じ脳梗塞でリハビリを克服し、社会復帰された方の体験談を聞かせて頂きたいのです。
母の症状は、先に述べた右半身麻痺と、構音障害、嚥下障害です。右半身はわずかに動きます。話し辛そうですが、始めは聞き取りにくかった言葉も少しずつ分りやすくなってきています。出来るだけ多くの情報を頂きたいので、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

去年父親が脳梗塞で倒れました。
心筋梗塞も併発し何日か意識もない状態でしたが、
momomamaさんのお母様とほぼ同じ状態で、嚥下障害のみは
無かった感じでしょうか。。。

痴呆も残るので当然意思の疎通も期待出来ない。
なんとか車椅子に乗れる様になれば…との診断で
二ヶ月後に、特注の車椅子も作りました。

間接が固まったりすると車椅子にも座れなくなるので
すぐにでもリハビリはした方が良いとの事でしたが
心筋梗塞もあるのでジレンマが…とのお話で
心臓の方の専門医と相談しながら動けない間から
膝を胸の所に折り曲げる様な運動をコマメにして下さったりリハビリの重要性をかなり言われました。
私も付き添ってる間、手をぐりぐりとまわしてあげたり
足を持ち上げたりと色々としていました。

意識が戻ってからは言語も分かりにくかったのですが
ベットまで言語リハビリの先生が通ってくれて
疲れない程度に家族も極力話し掛ける様に言われて
結構昔の事とか聞き出したりして話させていました。

兎に角、半年間は24時間リハビリを!と散々言われました。
それ位で状態が固定してくるそうですが、
反対にそれ位までは大幅な改善も期待出来るので。。。との事でした。


今、倒れて一年余りになりますが、車椅子は無駄になりました。
一応杖は持っておりますが、気持ち右足を引きづってる様な感じで、ゆっくりと歩いています。
階段も一人で上り下りが出来る様になりました。

痴呆の方も、最初診断された様な感じではなく、
これは歳のせいかも?って程度です。

人それぞれだと思いますので、うちの父親と同じ様に必ず!とは行かないかも知れませんが、
もしかしたら、うちの父親よりよくなるかも知れません。

うちは父親と私だけの家族なので、自分が動けなくなったら、私に迷惑がかかるからと言う事で本人が必ず直すよ!って意思を持って相当前向きに頑張ってくれたと思います。

医療が発達してる時に、そんな気力で直るかぁ~?と
専門の方には笑われちゃうかもですが(^^;)
最初の病院で本当に良くして頂いたのが、ここまで回復できた一番の要因だと思いますが、やっぱり「もう、ダメ」って思って諦めるより「必ず直るんだ」って気持ちも
大切かなぁ~と思いました(^^)

ご家族の方も大変かと思いますが、お体を壊さず頑張って下さいね(^^)

長くなって、すみません。

去年父親が脳梗塞で倒れました。
心筋梗塞も併発し何日か意識もない状態でしたが、
momomamaさんのお母様とほぼ同じ状態で、嚥下障害のみは
無かった感じでしょうか。。。

痴呆も残るので当然意思の疎通も期待出来ない。
なんとか車椅子に乗れる様になれば…との診断で
二ヶ月後に、特注の車椅子も作りました。

間接が固まったりすると車椅子にも座れなくなるので
すぐにでもリハビリはした方が良いとの事でしたが
心筋梗塞もあるのでジレンマが…とのお話で
心臓の方の専門医と相談しながら動けない...続きを読む

Q肝癌なのに2ヶ月以上治療入院待ち

父(75歳)がC型肝炎から肝細胞ガンになったと7月に診断されました。血管造影で治療をするが、入院までには1ヶ月以上待つだろうとのことで、それまでは既に処方されていたウルソを飲み続けていればよいと医師から言われました。
しかし、その後、今月に入ってからも治療のための入院の指示が来ていません。8月に同じ医師からの説明をこちらから希望して受けましたが、その治療技術を持っている病院が少ないため、治療待ちの患者が多く、また1日に治療できる患者数も限られているので、まだしばらく時間がかかるのでとにかく待つようにと言われました。

7月時点の診断では腫瘍の大きさは2cmほどで、「血管が通っている」という言い方をされました。そのため(だったと思いますが)、ラジオ波での治療が出来ないと言われました。GOTの値もさほど高くないとのことでした。

このまま薬を飲むだけで、病院からの入院指示を待つしかないのでしょうか?ガンの進行具合が心配です。

Aベストアンサー

2cmの肝臓癌を1ヶ月2ヶ月放っておいてもどうってことありません。
まぁ確かに、たまたま肝臓表面にあって、それがたまたま破裂すれば命に関わりますが、可能性は高くないでしょう。

心配なら主治医先生に「破裂はしませんか」と聞いてみたらいかがでしょう。


人気Q&Aランキング