中小企業の働き方改革をサポート>>

日本語で敬語は最低限は意識しているのですが、英語でのコミュニケションの際、目上の方に対して、対等な言葉になってしまっているように思います。。。(たぶん)

その場合、ちょっとした一言を添えるとかで敬意を払っているんだよ、というよな一言英語など教えてほしいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、王室と国民のような超えられない地位の差があるわけでなければ、王室にたいしてへりくだるような「謙譲表現」を使うことはありません。



いちおう、みんなが同じチャンスと同じ法規をもって役割分担しているんだ、という平等感の中で、「気配り」のニュアンスをどれだけバラエティもって使えるか、というのが、英語圏での「紳士・淑女」としてのたしなみなのです。

I would really appreciate it if you could accept my request. などは、単に Please accept my request. (私の案件を承認してください) というよりも、「もしあなたができるなら」「私は本当に感謝します」と、お忙しいのは承知しておりますが承認お願いしますよ!、という感がこもります。

あとは、普段はフランクに Bob とか John とか呼んでいるのに、改まって Mr. Jackson とか Tanaka-sann とか言われると、なにか重大なことがあるのか!?という前フリには使えます。深刻な相談のときとか、相手の心づもりやいずまいを正させるのには簡単で効果的ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を頂き、ありがとう御座いました!

お礼日時:2014/05/23 18:44

丁寧語にあたる婉曲表現などをつかうことと(Could you open the window?まどをあけていただけますか)。

のように過去形を使って現在のたのみごとをする)PleaseとThank youをしっかりいうことが大事かとおもいます。

ほかのことにかんしては、英語はどれほど地位に差があってもYouと相手によびかけるのでそれになれるべき。基本会話する際は、ことばづかいは対等となります。丁寧にいうか、礼儀ただしくふるまうかの部分で必要な英語があるのみ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を頂きまして、ありがとうございました!

お礼日時:2014/05/23 18:43

sir



http://eow.alc.co.jp/search?q=sir&ref=sa

madam

http://eow.alc.co.jp/search?q=madam

を用いることが日常茶飯事になっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答を頂きまして、ありがとう御座いました。

お礼日時:2014/05/23 18:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング