中小企業の働き方改革をサポート>>

私の住む市にはブラジル人フィリピン人等の外国人がかなりの数、住んでいます。
これは地元企業が安価な労働力として雇っているものです。
当然家族や子供と一緒です。
このまま行くと、その一大部落が出来ないか心配です。

現時点での労働力不足対応とは言えるかもしれませんが、やがて血が混じるかも知れません。
動植物の外来種が問題になっているのと同様に、これも大問題であると思います。

この辺りの施策が分かるものを教えて下さい。
或はご自身のご意見で構いません。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

憂慮しています。


今でも、在日朝鮮・韓国人という厄介なお荷物を抱えているのに、これにブラジル人やフィリピン人などが加わるとなると・・・。
暗澹たる思いです。
政府は、労働力不足を補うために、中国人などの移入を検討しているようですが、これは、決して、してはいけないことです。

移民問題の先輩であるドイツ人は、日本に警告しています。
「われわれは、失敗した」
「日本は、われわれの轍を踏んではいけない」と・・・。
われわれ日本人は、この警告を真摯に受け止めるべきですね。
    • good
    • 0

>このまま行くと、その一大部落が出来ないか心配です。



出来るかもしれません。中華街や大久保などのようにブラジル街が出来て本場顔負けのサンバ祭りが始まったら楽しいと思います。

>やがて血が混じるかも知れません。
動植物の外来種が問題になっているのと同様に、これも大問題であると思います。


おっしゃることが理解できません。動物植物の外来種が問題なのは在来種を弱肉強食の原理で駆逐するからです。人間と一緒には出来ませんね。人間は同一種であり、「血が混ざる」というわけではありません。いはば本来の人間の種に、元に戻るのです。民族という観念はもともとあいまいなものです。

まあ、私もできれば本来の日本人同士で微温的にずっとやっていければと思いますが、これからは鎖国もできず、そういうわけにも行かないと思います。
    • good
    • 0

フィリピンはともかく、日本へ来ているブラジル人の多くは日系です。


一時、日本からブラジルへの移民が推奨されてだいぶ行きましたが、実はひどい状況で日本政府に騙されたと思っている人も多いです。
で、日本政府としても後ろめたく、日系ブラジル人はビザ無しで労働できます。1/2とか1/4とかは純粋な日本人ですから。
もちろん、元来、日本は自然発生した独自民族ではないので、モンゴロイド、アジア系はみんな同人種です。DNAの違いもほとんど無いそうですよ。それに比べると、欧米系はだいぶ違うのでブラックバスに占領されちゃうんですな。w
    • good
    • 0

混血の問題は、人類の長い歴史で繰り返されてきたことですので、そのような流れで考えるべきだと思います。

もちろん日本人とブラジル人、フィリピン人のような、血縁のない民族との混血が地域一帯に広がるという経験は今までになかったことですので、文化や風習などが大きく変化する可能性はあります。縄文人と弥生人の混血も、その当時は大きな社会変動だったのではないかと想像しますが、現在では完全に融合してしまいました。それくらいの年月を経れば、それが自然になるのではないでしょうか。

問題は混血よりも、労働力に関する方が大きいと思います。外国人が担っている職種の多くは、かつて3K(危険、きつい、汚い)と言われた分野です。工場、建設などですが、日本人がこのような職種から離れてしまうと、その分野の技術や知識が途切れてしまい、二度と日本人が就職できなくなってしまう危険性があるのです。日本国内の職業は日本人が担わなけれはせなりません。欧米が受け入れた移民が、安い給料で3Kを選んだり、休日に働いたりしたため、本国の人が就職難に陥りました。
    • good
    • 0

"このまま行くと、その一大部落が出来ないか心配です。

"
    ↑
出来るでしょうね。
今でも、東京六本木辺りには日本語が通じない
箇所が出来ています。
警察も、単独では入れないような場所もあります。
米国では、英語が通じない町すら出来ており、
スペイン語の国歌が歌われています。
事実上の治外法権みたいになるでしょう。


”現時点での労働力不足対応とは言えるかもしれませんが”
     ↑
工場労働などは年中人手不足ですし、中小企業の
有効求人倍率は三倍を超えています。
そういうギャップを解消する努力もせずに、安易に
外国人を輸入する、てのは行政の怠慢です。


”やがて血が混じるかも知れません。”
    ↑
混血は増えるでしょう。
ただ、日本人はアジアの混血国家ですよ。
日本はアジアの吹きだまりに位置しています。
だから、アジア中から人が集まり混血化して
縄文人が出来ました。
その後、大陸、半島から移民が大量に押し寄せ
弥生人になりました。


”ご自身のご意見で構いません。教えて下さい。”
    ↑
移民に積極的なのは経済界ですが、彼らは目先の
金儲けにしか興味を持っていません。
犯罪も増えるでしょう。
等質的であった日本社会に、トラブルが多発する
でしょう。
ドイツやフランス、英国などの二の舞にならないように
したいものです。
    • good
    • 0

労働力が不足しているにもかかわらず失業率が高い原因を分析し行政がそれに対処しないのがいけないのです。



適材適所となるようにするためには人材の流動性を高める必要があり、ようするに、ハローワークの応募を失業者に限らず就業者も可能なように制度を替える必要があります。

そうすれば、国民は希望を捨てることなく、労働意欲も沸くものと思われます。希望を持てない仕事を続けさせることは国の発展にはなりえません。

その上で人材不足になるならそのときは海外の労働にたよればいいとおもいます。まず、出来ることからやるのが基本です。
    • good
    • 0

ドイツの行った政策に外国人の労働提供の緩和があります。

大戦により年齢別の人口構成がいびつになり
社会保障上の問題がでて労働人口を増やそうと外国人労働者の受け入れを積極的にはじめました。
日本もドイツと同じ状況ですね。大戦で労働者を大量に失い穴埋めに
産めよ増やせよのベビーブームがありその世代が高齢化するとその世代の社会保障をするための若年労働人口が不足して現在深刻な社会問題になっています。
ドイツがこの政策に成功していれば日本も追随するのでしょうが
実際にはトルコ系やギリシア系、あるいはイラン系の労働人口が増えてそれらの人々は
慣習がドイツ人とは違いますから
トラブルも少なくなかったようです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング