書類などを作成する際、旧字体については新字体に置き換えて
用いても良いということが明記された根拠法があったと思い、住民
基本台帳法等探してみたんですが見つけられませんでした。

ご存じの方がおられましたら回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>書類などを作成する際



と言うことですが、私の実務経験では、少なくとも、裁判所における書類は、
旧字体を新字体に置き換えて用いることはできないです。
不動産の登記上でも同じことです。
これは、住民票と合致しないと、執行の時点で問題となるためです。
そのようなことから、根拠法はないのではないかと思います。
あるとすれば、法律上許されているのではなく、事実上許されているものと思います。
なお、ご指摘の例として、例えば、
斎藤と斉藤や齊籐などとしてのお答えです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

腑に落ちる回答をいただきました。
回答者様のご指摘の通りと考えられ、恐らく私の記憶違いだったかもしれません。

丁寧にどうもありがとうございました。

回答の締め切りにつきまして、今月末としたいのでよろしくお願いします。

お礼日時:2014/05/28 13:41

>私が新人の頃、事務研修において、クレーム対策とか効率化という観点から、旧字体は新字体に置き換えて事務を執るよう指導された記憶があり、法的な根拠も明示されたと思っておりました。



と言うことでしよう。
それだとしても、その社内だけのことです。
私の言うところは、少なくとも、諸官庁での書類のことです。
仮に、置き換えを認める法律があるとすれば、諸官庁でも、置き換えているばです。
そのようなわけで「ないと思います。」
    • good
    • 1

常用漢字の根拠は、以下の内閣告示です。



常用漢字表の内閣告示等について
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/jyoyokanji …

人名として用いる漢字の規制は、戸籍法に定められています。

戸籍法
第五十条  子の名には、常用平易な文字を用いなければならない。
2  常用平易な文字の範囲は、法務省令でこれを定める。

戸籍法施行規則
第六十条  戸籍法第五十条第二項 の常用平易な文字は、次に掲げるものとする。
一  常用漢字表(平成二十二年内閣告示第二号)に掲げる漢字(括弧書きが添えられているものについては、括弧の外のものに限る。)
二  別表第二に掲げる漢字
三  片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)

人名は常用漢字のほかに戸籍法施行規則の別表第二の漢字もOKです
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22F00501000 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧なご回答をいただき、感謝いたします。

人名に用いられている漢字で、例えば「高」にも「髙(ハシゴダカ)」、「崎」にも「﨑(タツザキ)」など、異体字の方が正しい場合があるかと思います。

私が新人の頃、事務研修において、クレーム対策とか効率化という観点から、旧字体は新字体に置き換えて事務を執るよう指導された記憶があり、法的な根拠も明示されたと思っておりました。

その法的根拠とはどれのことだったのか… 昔の記憶過ぎて困っている次第です。

お礼日時:2014/05/28 07:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在の名字の旧字体を何かの契機に新字体にしたい

現在の名字に使われている漢字二文字のうち、一文字が書くのも煩雑で、いわゆるはしごだか(髙)のように有名ではなく、パソコンで変換しても内蔵されているかいないかギリギリのラインのもので、公的書類などで旧字体で書かれたものでは初対面の人に正しく読まれたためしがまずありません。
新字体だと普通に読んでもらえますし、日常生活は全てと言っていいくらいそれで通してますが、免許証などを提出した際に「これが旧字体です。」と一言説明しないといけないくらい似ても似つかないものです。そこで、例えば自分が結婚し独立する際などに新字体に変えれる制度があるものなら変えたいと思っています。以下5点よろしくお願いします。

(1)まず、そもそもそのような制度はあるのでしょうか。

(2)「旧字体を使うときに不便!」くらいの状況で役所または裁判所(?)に申請して許可がおりるものなのでしょうか。

(3)もし可能だとしてどういった手続きの流れになるのでしょうか。期間はどれくらいかかるでしょうか。

(4)親はそのあたりにこだわりが無いようで、こちらが成人しているとはいえ親が「先祖代々の名字の書式を変えるとは許さん」みたいな感じで待ったをかければ、自分が世帯主になった時でも変更は不可能なのでしょうか。(今は親元にいますので、変更は先ほども述べたとおり結婚とかのタイミングでしょうね。)

(5)もし全てが可能だとしても、親が旧字体、子が新字体というのは法律的に何か問題が生じる場合があるのでしょうか。

現在の名字に使われている漢字二文字のうち、一文字が書くのも煩雑で、いわゆるはしごだか(髙)のように有名ではなく、パソコンで変換しても内蔵されているかいないかギリギリのラインのもので、公的書類などで旧字体で書かれたものでは初対面の人に正しく読まれたためしがまずありません。
新字体だと普通に読んでもらえますし、日常生活は全てと言っていいくらいそれで通してますが、免許証などを提出した際に「これが旧字体です。」と一言説明しないといけないくらい似ても似つかないものです。そこで、例えば自...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)まず、そもそもそのような制度はあるのでしょうか…

結婚で親とは別の戸籍を作る際なら、何の支障もありません。

>(2)「旧字体を使うときに不便!」くらいの状況で役所または裁判所(?)に申請して…

申請も何もありません。
婚姻届を出す際に、新しくしたい文字を使うだけです。
まあ、窓口で一言その旨を断って提出すればなお良いですけどね。

>(3)もし可能だとしてどういった手続きの流れになるのでしょうか。期間は…

難しく考えすぎ。
普通に婚姻届等を出すだけ。

>(5)もし全てが可能だとしても、親が旧字体、子が新字体というのは法律的に…

何の問題もありません。

>パソコンで変換しても内蔵されているかいないかギリギリのラインのもので…

昔は戸籍も手書きでしたから、異字体がずいぶんありました。
私の先祖もその部類でしたが、結婚の際に (旧字体の) 正字体に直し、新字体までにはしませんでした。
旧字体でも康煕事典にある正字体なら、かなり早い時期から市役所の戸籍電算システムに搭載されていましたし、現在のパソコンでも問題なく出てきます。
新字体にしてしまうと、同姓同名が多く出てきそうなので、あえて正字体にこだわっています。

>(1)まず、そもそもそのような制度はあるのでしょうか…

結婚で親とは別の戸籍を作る際なら、何の支障もありません。

>(2)「旧字体を使うときに不便!」くらいの状況で役所または裁判所(?)に申請して…

申請も何もありません。
婚姻届を出す際に、新しくしたい文字を使うだけです。
まあ、窓口で一言その旨を断って提出すればなお良いですけどね。

>(3)もし可能だとしてどういった手続きの流れになるのでしょうか。期間は…

難しく考えすぎ。
普通に婚姻届等を出すだけ。

>(5)もし全てが可能だとしても、...続きを読む

Q戸籍の旧字体を新字体にする場合

戸籍に登録されている漢字(旧字体)を新字体に変更すると何か不具合やトラブルなどありますでしょうか?

また、変更すると両親と旧字体、息子が新字体と分かれてしまうのでしょうか?

ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、30年に近く前に、戸籍の姓も名も、両方に文字を旧字体から「略字体」にしました。

届け名は、確か「文字の修正」だと思いました。

姓は、戸籍単位で旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。
戸籍筆頭者と、配偶者の両方の自署名と、印鑑が必用です(認だったか、実印だったか記憶に無し)

名は、当人だけの自署名と、印鑑が必用で、こちらも旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。

修正後は、戸籍単位(夫婦単位)で、姓を修正と記載されています(未婚の子も含む)。
私の子が結婚したので聞いてみると、私が修正の届けをした略字体で、戸籍が作成された様です。

また,私の親は、姓を修正していませんので、死亡届・相続の時に戸籍謄本・除籍謄本をみたら、旧字体のままでした。
つまり、私の戸籍(私が筆頭者)と、私の親の戸籍(父親が筆頭者)は、姓の文字が違うということです。

最近の電子化された私の戸籍謄本(抄本)は、文字の修正部分の記載がどうなっているか、謄本・抄本の記憶がありません。

それから、私のお墓の文字は、旧字体で彫ってあります。
しかし、私は、気にしてはいませんが、私の子供たちには理由を説明してあります。


> 戸籍に登録されている漢字(旧字体)を新字体に変更すると何か不具合やトラブルなどありますでしょうか?

私は時々、「戸籍の文字を変えた」と言うと、初めて聞く人はびっくりします。
旧字体と略字体の、文字の修正と説明すると納得します。
しかし、普段から、家族みんなが略字体で書きますので、生活には影響がありません。
逆に、お寺の塔婆や、神社のおふだで、旧字体が書かれると違和感があります。


> また、変更すると両親と旧字体、息子が新字体と分かれてしまうのでしょうか?

nikogooさんの親の姓の質問なら、先に回答のように、nikogooさんの親(戸籍筆頭者と配偶者)が、文字の修正を出さない限り、nikogooさんの親は旧字体のままですし、nikogooさんが結婚しているなら、親とは別の夫婦単位の戸籍です。

nikogooさんの子供の質問なら、子供さんが未婚なら、nikogooさんの戸籍(たぶん、nikogooさんが筆頭者の戸籍)に入っていますので、未婚の子供同じ字体になります。

息子さんが結婚すれば、結婚当時のnikogooさんが戸籍筆頭者の字体です(息子さんが、結婚と同時に相手の姓を名乗れば別ですが・・・・)。

--------------------------

私の知り合いには、略字体で名前を書くと、文字が違うと言って旧字体にこだわる人がいますが、私は、旧字体には全然こだわりません。

また、電子化の文字に無い自体にもこだわる人がいます。電子化できないそれらの文字のほとんどが、代用の文字になっています。
例えば、「崎」の文字が、上が「山かんむり」だといったり、「山かんむり」に「鳥」だったり。
高」の文字が、「なべぶた」の下が「はしご」状の文字だったり。
「柳」の右側の「卯」が、いろいろな形だったり。
「渡辺」の文字の、「渡」にも「辺」にも、それぞれ両方にいろいろな形の「渡」と「辺」もあり。

「吉田」の文字の「吉」の上半分は、上が長いのが標準らしいですが、上が短い土の文字の「土吉」も変換が出来る?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1023337975
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1352606183

私は、30年に近く前に、戸籍の姓も名も、両方に文字を旧字体から「略字体」にしました。

届け名は、確か「文字の修正」だと思いました。

姓は、戸籍単位で旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。
戸籍筆頭者と、配偶者の両方の自署名と、印鑑が必用です(認だったか、実印だったか記憶に無し)

名は、当人だけの自署名と、印鑑が必用で、こちらも旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。

修正後は、戸籍単位(夫婦単位)で、姓を修正と記載されています(未婚の子も含む)。
私の子が結婚...続きを読む

Q会社名の旧字体による表記

新規に会社登記を行う予定ですが、会社の定款を定めるとき、会社名に旧字体を使用することは可能でしょうか?株式会社という文字を株式會社と表記にしたいと考えています。

Aベストアンサー

登記の場合は、
「文字は漢字・ひらがな・カタカナで、常用漢字でなくてもよい」
ようなので問題ないと思いますが、実用面で如何でしょうか?

取引先やお客様は「會」を無視するか、真面目な相手は困惑する
でしょうね。

メールでも「会社」は直ぐ変換出来ますますが「會社」は出来ません。
業務内容によっては避けるべきではないでしょうか?

Qインターネット上で、民事訴訟法規則、刑事訴訟法規則、大日本帝国憲法の条文を閲覧できるところをご存じでしょうか?

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

インターネット上で、民事訴訟法規則、
刑事訴訟法規則、大日本帝国憲法の
条文を閲覧できるところをご存じでしょうか?

RONの六法全書というサイトで条文閲覧を
しているのですが、管理人さんに質問
しましたら、上記の三法は現段階では
掲載していないと言われ、困っております。

教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

民事訴訟規則や刑事訴訟規則は最高裁判所規則で、総務省のやつには収録されませんが、最高裁のサイトにはあります。
あと、条文をあたりたいのであれば、RONの六法全書はあまり向いていないように思います。(少ない。)

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/shanyou.nsf/0/91bae4671dbfaa5249256d02002a4098?OpenDocument

Q住民基本台帳法

住民基本台帳と言うのを実際に閲覧した事が無いので解りませんが、少なくとも住所、氏名、生年月日は書かれていると思います。この個人情報を元に架空請求を行う詐欺師もいると思われるので、住民基本台帳の私と家族の情報の閲覧拒否を市町村長に対して請求出来ますか?無理だとはおもいますが。架空請求やワンクリック詐欺などにあって以来、個人情報に対して過敏になっています。

Aベストアンサー

住民基本台帳は住民票を作成する際の基となるもので、あなたの住所・氏名・生年月日・性別・世帯主の氏名・世帯主との続柄・今の住所に住み始めた日とそれを届けた日・前の住所・本籍と筆頭者の氏名が書かれています。
昔は、台帳というだけあって、紙で管理していましたが、いまは電子データとして管理しているので、台帳そのものを見ることは不可能です。

ただ、台帳の閲覧という手続きもありますので、これを行う際は、台帳データのうち住所・氏名・性別を打ち出したものを閲覧することになります。
この手続きは、統計調査を行うときの対象者抽出のために業者さんが閲覧することはありますが、利用目的などを記載し、どのようなアンケートをするのかの内容が分かるものを出してもらいますし、元々が官公署からの依頼であれば官公署からの協力依頼文が提出されますので、まず大丈夫です。
また、1名の内容をメモ書きするたびに手数料を徴収するため、多くの人の住所・氏名を持ちかえるととんでもないお金が必要になってきます。

で、閲覧拒否ですが、DVで母子が元旦那から逃げているなどの理由が無い限り、正当な理由で請求されると拒否はできません。
また、金融業者などが貸したお金を請求するために住所確認する場合だと、契約書や債権を有していることを役場に示せば住民票がとれます。

個人情報の流出はこのルートより、街角アンケートや懸賞の応募など方が可能性高いです。

住民基本台帳は住民票を作成する際の基となるもので、あなたの住所・氏名・生年月日・性別・世帯主の氏名・世帯主との続柄・今の住所に住み始めた日とそれを届けた日・前の住所・本籍と筆頭者の氏名が書かれています。
昔は、台帳というだけあって、紙で管理していましたが、いまは電子データとして管理しているので、台帳そのものを見ることは不可能です。

ただ、台帳の閲覧という手続きもありますので、これを行う際は、台帳データのうち住所・氏名・性別を打ち出したものを閲覧することになります。
この手続...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報