鉄のシュウ酸錯体を水で希釈し,光を照射した時の反応を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

シュウ酸の第二鉄錯体についてでしょうか?


代表的なのはシュウ酸第二鉄カリウム(トリスオキサラト鉄(III)酸カリウム)でしょうか。

この錯体は、光照射によって光還元反応を起こします。
その結果、シュウ酸鉄(II)が発生します。
    • good
    • 1

お呼びがかかるってうれしいですね。


そこできれいに答えられればいいのですが・・・

以前銀(I)のシュウ酸錯体を扱ったときも、遮光条件でした。
おそらくrei00さんが書かれているとおり、金属イオンにより
シュウ酸イオンが酸化されているのだと思いますが・・・

ただし、シュウ酸の単体そのものが光で分解されて蟻酸などを生じる
反応もあるようです。

反応後の状況(色、水への溶解性)が分かればもう少し
特定できるかもしれません。

ちなみに、鉄のシュウ酸錯体の化学式が分かるとありがたい(?かも)
です。

お役に立てず申し訳ありません。
    • good
    • 2

お書きの反応は「鉄のシュウ酸錯体」と「光」だけでしょうか。

他には何も入っていませんか。

反応自体は,光の作用による,鉄のシュウ酸での還元反応だと思います。つまり,次の反応です。

 Fe3+ + e- → Fe2+
 (COOH)2 → 2CO2↑ + 2H+ + 2e-

つまり,全体としては

 2Fe3+ + (COOH)2 → 2Fe2+ + 2CO2↑ + 2H+

ですが,実際にこれだけで起こるのかどうかは良く分かりません。

実際,参考 URL のペ-ジでは,ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウムと混合して初めて光に敏感なヘキサシアノ鉄(III)酸鉄(III)が生成する様に書かれています。

錯体にドップリ浸かっている専門家の inorganicchemist さん,いかがでしょうか。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~konan/waku/c-1411.htm, http://www.bunseki.ac.jp/experb.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q焦げないフライパンが欲しいのですが

一人暮らしでIHクッキングヒーター100Vを使っています。

いつもお肉を焼いたり料理をするとフライパンが焦げがついてしまいます。
なのでいつも漂泊してとってますが
焦げないフライパンが欲しいのですがどのようなものを買えばいいのでしょうか?
ステンレス製(鉄)じゃダメなのでしょうか?

いつも2000円くらいの安いフライパンをドンキで買っています。
それともIHが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

鉄のフライパンはうまく扱えば焦げませんよ。

基本的に洗剤で洗わないとか少量の油をひいてからしまうとか、そういうことを守れば大丈夫です。
糖度の高い野菜なんか焦がしてしまったときは金のたわしで焦げ付き部分を洗います。
で、乾かして油を引く。
うまく馴染んだ鉄フライパンはオムレツとか作るとき気持ちいいですよ。

ただし、まともな鉄フライパンは5千円以上しますし、どうしても洗剤を使わないと安心できないという方には不向きですが。

私は焦げ付いたり曲がったりしたら買い換える前提でテフロン加工で700円くらいの安物フライパンも使っています。
こちらは洗剤で洗ったりできます。

Q濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。 (A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2

濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。
(A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2H2O
□gを純粋約500mlに溶解する。
□に入る値を求めるんですが、二水和物とかとなっているとどう処理すればいいですか?
解答はそのままシュウ酸二水和物の分子量を出して、0.05molと掛けて出しているんですがどうしてそのまま掛けていいのか分かりません。

Aベストアンサー

溶液になってしまえば、区別はつきません。
はかり取る重量には二水和物の分は含まれますよね?
ですから、二水和物の分子量からmol数を出す必要があります。

Q焦げたフライパンに入れるのは水?お湯?

フライパンを焦がしてしまった直後にフライパンを洗うとき、水とお湯ではどちらが効果的にフライパンの焦げを落とすのでしょうか?

フッ素加工の場合は、急激な温度低下を避けるためお湯の方が良いといった話もきいたことはありますが、通常の金属製の場合はどうなのでしょうか?

個人的には、冷水を入れると、急激な熱収縮(鉄と食材の収縮率の違いによる)ではがれやすくなるように思っていますが、お湯が良いとの話もあり悩んでいます。

他のページで、時間が経った場合は、水を入れて沸騰させると焦げが浮いてくるとありましたが、今回は、焦げ直後の対応として効率的な方法を教えてください。

同じくお湯が正解なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私なら迷わず水を入れます。

理由は、こびりついてる焦げが、鉄の収縮によって剥がれやすくなるはずだから。

焦げも冷えると収縮しますが、多孔質なので鉄のように急激な収縮はしないでしょう。

フッ素加工品がお湯というのはこの理屈と同じで、コーティング毎取れちゃうからです。

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。

Q焦げるフライパンの回復法は?

鉄のフライパンに焦げ癖(?)がついてしまいました。
何とかしたいのですがどなたかいい方法をご存じではありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄のフライパンという前提で、
コチラを参考に。
http://www.kodawariyasan.com/1club_html/steelflai.htm

私は鉄の中華鍋を使っていますが、
ガスで青くなるまで、
よくから焼きした後、
油をなじませておけば、
結構良い感じです。
せっかくなじんだ油を、
洗剤や金属たわしで落としたら、
またやり直しです。

Qシュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応

【問題】純粋なシュウ酸ナトリウムを三角フラスコにはかりとり、精製水に溶かした。
ここに硫酸を加えて80℃に加熱し、あらかじめビュレットに入れておいた過マンガン酸カリウム水溶液を滴下した。

このとき、シュウ酸はどういう状態なのですか?
シュウ酸ナトリウムは、精製水に溶かした時点で即ほとんどが電離して、シュウ酸イオンの状態になると思いました。そして少しずつシュウ酸(COOH)2として過マンガン酸カリウムと酸化還元反応を起こすものと思いました。

しかし、解答では、シュウ酸ナトリウム(COONa)2と過マンガン酸カリウムの反応式になっています。
なぜでしょうか?

Aベストアンサー

No.2のご回答にありますように、本質としては、シュウ酸ナトリウムが反応したと書いても、シュウ酸が反応したと書いても正しいと思います。

すなわち

(1)シュウ酸ナトリウムに硫酸を加えるとシュウ酸と硫酸(水素)ナトリウム?になった。
(2)硫酸酸性で、シュウ酸に過マンガン酸カリウムを加えると、シュウ酸が酸化されて二酸化炭素等になり、過マンガン酸カリウムは硫酸マンガンになった。

の2つの反応の内の(2)のみを表すか、両方をまとめて表すかといった違いです。

ただ、強いて言うならば、始めに加えたのがシュウ酸ナトリウムである以上、シュウ酸ナトリウムを出発物質とした、すなわち(1)(2)をまとめた書き方をする方が好ましいと思います。

Q鉄フライパンの油ならしについて

鉄フライパンを買ったのですが、油ならしについて調べたらサイトによって書いてあることがバラバラでどれが正しいのか分かりません。

焦げ癖が付いた場合の対処方法はどこも大体同じなのですが、油ならしだけは最初の空焼きまでは共通しているのですがその後の方法で、

 1,油を大量に入れて5分間弱火で加熱。
 2,火を止め大量の油を入れて2~3時間待つ。
 3,空焼き→キッチンペーパーに油を含ませて全体に塗りつけるを数回繰り返す。

などなど、他にもいくつかありました。

これといった正しい油ならしの方法はあるのでしょうか。
買った鉄フライパンは「パール金属 鉄職人」という製品です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買ったばかりの鉄鍋(鉄のフライパン&中華鍋)を最初に空焼きすることと、中国料理で言うところの「鍋ならし」または「油返し」とは全く違う目的で行う操作です。結構勘違いをされておられる方がいらっしゃるので少し書きこみます。
まず新品の鉄鍋を使用する前に行わなければいけないのが「空焼き」です。この操作は鍋の表面のラッカーを完全に取り除き、なおかつ焦げ付きにくい鉄にする目的があります。
この操作は次のサイトで写真入りで公開されていますので私が書くよりも一目瞭然かと思われますのでこれを参考になさってください。http://wildchild.hebiichigo.com/of/life/iron-pan/iron-pan.html
次に「鍋ならし」または「油返し」ですが、これは主に炒めもの「炒菜」によく用いられる中国料理の技法で、油を煙が出るまでしっかり熱し、油を鍋によくなじませた後、その油を捨てて、新しい常温の油を入れ、材料を炒める事をいいます。
こうする事で材料が高温の鉄鍋に触れても焦げ付かず、スムーズに炒められるからです。
この技法は「焼菜(煮込み料理)」にも使われます。
鉄鍋は鉄分補給にも役立つ優れた鍋です。大事に長く使用されることを願います。

買ったばかりの鉄鍋(鉄のフライパン&中華鍋)を最初に空焼きすることと、中国料理で言うところの「鍋ならし」または「油返し」とは全く違う目的で行う操作です。結構勘違いをされておられる方がいらっしゃるので少し書きこみます。
まず新品の鉄鍋を使用する前に行わなければいけないのが「空焼き」です。この操作は鍋の表面のラッカーを完全に取り除き、なおかつ焦げ付きにくい鉄にする目的があります。
この操作は次のサイトで写真入りで公開されていますので私が書くよりも一目瞭然かと思われますのでこれを...続きを読む

Qシュウ酸→ギ酸の反応式を教えて下さい

文献を読んでいて、水中でシュウ酸が経年変化によってギ酸に変化・・という文面があったので、色々調べましたが、反応式が分かりませんでした。

単純に考えると
C2H4O4+H2→2HCOOH
になりますが、水中でこのようなことが起こるのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えていただきますと助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お書きになっている2つの式
>C2H4O4+H2→2HCOOH
>C2H4O4+H2O→HCOOH+H2CO3 

どちらもC2H4O2になっています。
蓚酸はC2H2O4のはずです。

蓚酸が蟻酸になれば炭素の還元が起こっています。
上の式はそれを表しているのですが水溶液中でH2を考えるというのは無理です。
還元剤のないところで還元が起こるという場合は不均化が起こっていると考えられます。
蓚酸の2つの炭素の片方が酸化され、他方が還元をされていることになります。
蓚酸が二酸化炭素になればCは酸化されています。

2つ目の式は
(COOH)2→HCOOH+CO2
と書いても同じです。

蓚酸は還元剤として働くというのはよく出て来ます。
酸化還元滴定の標準物質になっています。
その時の式は
(COOH)2→2CO2+2H^++2e^-
です。

Q鉄のフライパンから古い油?が浮いてくる

鉄のフライパンを使い始めました。
使い終わった後は、アルミのたわしでこすって、乾かしてから
サラダ油を塗って保管しています。

1週間ほどフライパンを使わずにいて、久々に出して、まず
煙が出るまで火に…と思ったんですが、火にかけていたら、
フライパンから黒いベトベトしたものが浮き出てきてしまいました。
塗ってあった古い油だと思いますが、洗っても綺麗に取れません。

せっかく綺麗に使っていたのですが…もっとガンガン火に
かければ、焦げて落ちてくるものですかね?
綺麗にする方法がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>フライパンから黒いベトベトしたものが浮き出てきてしまいました。
使い始める前の下処理(空焼き、油ならし)は、しましたか?
空焼きが足りなかったのか?気になるようでしたら、もう一度
空焼きをしてもいいと思います

>使い終わった後は、アルミのたわしでこすって
金属のタワシで擦ると、せっかく出来た皮膜を落としてしまうので
お湯で亀の子タワシやササラを使って、汚れを洗い流すのが基本です

以下は、参考になりそうなサイトです
鉄フライパン 使い方 手入れなどで検索すればいろいろ出てきます

http://www.furaipan.com/shouhin/15furaipan/ribaaraito/furaipan61.shtml
http://dougu.shokuwa.com/huraipan/huraipan05.html

Q(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(2)過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(3)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムおよび、過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応を、電子の授受が明らかになるように、酸化反応と還元反応の2つの反応に分けて示せ

教科書を見てもわかりません↓
どなた教えていただけませんか?

Aベストアンサー

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+2
x=+7
酸化数が減少するので還元反応になります。

(2)酸化還元される元素に着目し、その元素の数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  <2>CO2
MnO4^- ⇒ Mn^2+ ※加算なし

この場合CO2の炭素元素に着目し、左辺の炭素数2に合わせます。

(3)それぞれの反応式にH2O、OH^-を加え、両辺の酸素元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- ⇒ Mn^2+ + <2H2O>

(4)H^+を加えて、両辺のH元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- + <4H^+> ⇒ Mn^2+ + 2H2O

(5)e-を加えて両辺の電化数を合わせます。この過程によりいわゆる
半反応式が完成します。
C2O4^2- ⇒  2CO2 + <2e->
MnO4^- + 4H^+ + <e-> ⇒ Mn^2+ + 2H2O


(6) (5)で完成した半反応式の電化数を合わせます。
今回の場合では還元側のシュウ酸の電子数にマンガンの電子数を合わせたほうが楽です。

C2O4^2- ⇒  2CO2 + 2e- ※変化なし【基準】
2MnO4^- + 8H^+ + 2e- ⇒ 2Mn^2+ + 4H2O ※両辺を2倍にする

(7)両方の半反応式を足して、電子が消滅したら酸化還元反応式が完成します。
C2O4^2- + 2MnO4^- + 8H^+ ⇒  2CO2 + 2Mn^2+ + 4H2O



(2)と(3)の一部もこの要領で解けると思います。
詳しくは高校化学1Bを確認してください。

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング