ピアノの練習は1日休むと3日遅れるのは分かるような気がしますが、サッカーでも同じですか?むしろ、身体を1日でも休めた方が体調が良くなる様な気がしますが、(昨日の本田選手のNHK番組を見ての感想ですが) サッカー経験者のコメント御願いします。小生まったく素人です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

素人にとっては何日休もうが全く関係ありませんが、トップレベルでやっていて、洗練された動きを体得できている人にとっては、一日の休みが致命的になることがあります。



こういう言葉は、昔から、野球の世界で言われていたことで、例えば、守っていて、鋭い「一歩目」が出なくなります。視線をいったん切らなければならないほどの大飛球を追う場合の目測も微妙に狂ったりします。打者ならば、打つタイミングがずれたりします。体が覚えていたことを、一日の休みによって、忘れるのだと思います。ギリギリの研ぎ澄まされた感性を維持させるには、完全に休んではいけないということで、休みを与えられていても、選手は身体を動かしていますね。

一日休めば、体力的には良好になるにしても、感覚のズレによる総合力の低下の方が遥かに大きくなります。で、そういう感覚は、多分、本格的な高校野球レベル以上の野球経験者なら分かります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。トップレベルの感性は我々素人には分かりませんね。でも、継続する大切さはスポーツに限らずですね。

お礼日時:2014/06/10 17:54

>練習を1日休むと3日遅れる?



どのチームも試合を想定しての戦術練習を重点的にやります。 (だからどのチームもここからは秘密練習にするのです。)

その時、どちらのヒブスをつけているのかが重要です。 

例えば香川選手です。 試合に出るレギュラー組のヒブスを着て戦術練習をするのか相手チームのヒブスで守備側に回るのか。 それにも入れないでピッチの外から練習を見ているだけなのか。 彼の場合はおそらくピッチの外でしょう。 

本田選手や香川選手がビッグクラブに移籍し、期待されました。 残念ながら今そーズンは殆ど試合に出して貰っていません。 練習を休むより、試合に出して貰っていないのが大きなマイナスです。 試合に出して貰っていないと言うことは練習でも控え組かピッチの外。 これでは試合勘が鈍るばかり。

昨日のコスタリカ戦でザッケローニ監督は本田、香川両選手を90分間プレーさせていました。 これは試合勘を取り戻すためです。 チェスカモスクワ時代の本田選手でしたら後半には他の選手と交代させていました。 『ご苦労さま。』

明らかに香川、本田両選手はピーク時からは力を落としています。 残念ながら。 今の両選手程度のパフォーマンスの出来る選手はJリーグにいくらでもいます。 多分、後一週間で元に戻ることを期待してはかわいそう。 現実はしっかりと直視すべきです。

以前から専門家の間で言われていたことですが、本田選手は『ボランチ』がベストポジションンです。 トップ下やワントップに拘るべきではありません。 彼の良さは『コーチング』にあります。 彼の頭の良さはボランチでこそ最高の輝きを見せるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本田選手を見ているとそこまで練習すると返ってエネルギーがロスするような気がします。でも、気で行く人だから日本人の心に響くのかもしれないです。

お礼日時:2014/06/10 17:56

筋肉には2種類あります。


速筋と遅筋です。

速筋は瞬発力系の筋肉で、瞬間的に大きな力を出せますが、疲れてしまうと回復に時間がかかる。
遅筋は持久力系の筋肉で、大きな力は出せないが、長い時間力を出し続けられる。
疲れても回復には時間はかからない。

で、この2種類の筋肉の割合は、生まれたときから決まっていると言われています。
つまり、瞬発力系の人と持久力系の人、両方を併せ持った人に別れるということです。
とはいっても、弱い方の筋肉を鍛えることはできます。

NHK番組を見ました。
本田選手の場合は、瞬発系の選手なのですね。
試合の終盤になるとバテバテで動けなくなる。
瞬発系の筋肉が強いからです。

それで、ケニアの長距離の選手と自主トレをしていました。
長距離は持久力系です。
本田選手は遅筋を鍛えて持久力アップを目指したのです。
確か、別の場面では試合に出られなくても毎日ランニングしていましたよね。

「1日休むと3日遅れる」というのは、その「1日」の中身です。
瞬発力系のキツイ内容であれば、筋肉を回復させるために休養は必要です。
持久力系を鍛えるというのであれば、毎日でも問題ないでしょう。

まあ、肉体的にはこのようなことですが、技術的なことに関しては「3日」遅れるでしょうね。

番組では、「フリーキックを3本連続でゴールの枠に当てる」ということをやっていました。
これを成功させるために蹴った総数は200本以上だったかと思います。

このような練習は、技術と集中力の問題ですから、数をこなして感覚を自分のものにする必要があるでしょう。
とすれば、休めばその感覚がぼやけてしまうことになりますね。

料理で包丁を使う。
毎日のように使っていれば無意識に上手に使うことができるようになる。
これが間が空いてしまうと「振り出しに戻る」ということになる。
これと同じかな、と思います。

W杯で輝いてほしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、金曜日の試合期待しています。

お礼日時:2014/06/10 17:53

サッカーの指導経験のある者です。



長期間練習しなかったら影響はあると思いますが、1日で3日遅れるってことはないですね。
1日休んだら、普通に1日の練習分だけ遅れるだけです。

といっても1日で目に見えて変わる訳じゃないですから、1日云々の話より、何年も継続して練習し続けてることの方が大切だと思います。
1日休んでも、それほど影響があるとは思わないですが、継続性が途切れるほど何度も休んだらそれは影響があると思いますね。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんでもさび付かないようにしないと駄目ですね。

お礼日時:2014/06/10 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカー戦術論 : 素人考えプレスサッカー

僕は高校、大学で本格的なサッカーの経験がないため、チームとしての戦術というものに触れたことがありません。
そこで前々から自分の中で考えていた守備の戦術について意見を伺いたいと思います。

戦術のポイント
1 ディフェンスのラインについては相手にボールが渡った際にある程度下げる。

2 相手の攻撃時に相手の中盤にボールが渡った場合は、相手が縦にドリブルで抜けないことを意識してプレスをかける。
その際に連動してディフェンスもラインをあげる。

3 基本的には相手がボールを縦に入れようとするまでラインを上げ続け、相手のオフサイドをねらう。

と以上文章にしてしまえばそれだけなのですが、このような戦術って、実際にプロも採用しているのでしょうか?

欠点としては、当然裏のスペースが空くのでスルーパスの危険性はあることだと思います。

ただ、個人的にはラインを上げ続ける限りは、相手のFWは下がらざるを得ないため、パスが出た際には相手のスピードを殺すことができるし、パス自体もコーナーフラッグに向かったパスが中心になると思うので、相手の横を切れば決定的なピンチにはならないと思うのですが。

あと難点と思う点は、2列からの飛び出しの対応と、とくにサイドバックのスピードと強さが条件になるのではないかということです。

是非経験者からの意見を伺いたいと思います。
わかりにくい文章かも知れませんがよろしくお願いします。

僕は高校、大学で本格的なサッカーの経験がないため、チームとしての戦術というものに触れたことがありません。
そこで前々から自分の中で考えていた守備の戦術について意見を伺いたいと思います。

戦術のポイント
1 ディフェンスのラインについては相手にボールが渡った際にある程度下げる。

2 相手の攻撃時に相手の中盤にボールが渡った場合は、相手が縦にドリブルで抜けないことを意識してプレスをかける。
その際に連動してディフェンスもラインをあげる。

3 基本的には相手がボールを縦に...続きを読む

Aベストアンサー

ラインディフェンスをトルシエが使っていたという点について誤解があるようなので、補足しておきます。
トルシエのフラット3はプレッシングサッカーであり、相手のパス選択肢をなくすようにプレスをかけながらオフサイドを含めたカバーリングで相手ボールを奪うという高等戦術です。現在のジーコの数倍モダンサッカーといっていいでしょう。フラット3がオフサイドをとるための戦術ととられているのは主にマスコミと日本のサッカー解説者の無知によるものです。現在のサッカーは守備の目的は相手ボールを奪うこと、攻撃の目標はシュートを撃つこととはっきりしていますから、そこから戦術を組み立てていくことが必要です。
>僕の理想は、「高い位置でボールを奪い、シンプルに攻撃をする。そして、攻める気がないときは少数でなるべく時間を稼ぐ。」です。<
これは質問でオフサイドを取るための戦術とは明らかに違いますね。モダンサッカーのひとつの理想であり、プレッシングサッカーの形です。相手にプレッシャーをかけ続け、パスコースやドリブルのコースを限定して、組織的に囲みこむようにしてボールを奪う。そのためにヨーロッパのクラブのほとんどの監督はリスクマネージメントとリスクチャレンジの重要性をきちんと選手に説明します。
守備のリスクマネージメントの場合、相手ボールホルダーにあたる人間をあらかじめ決めておき、相手のボールをある程度コントロールしながら奪いやすいところでボールを奪う。それが高い位置なら言うことなしです。リスクチャレンジとは任されているマーカーを放り出してでもボールを奪いに行く状況の事で、そのときにはカバーに入る選手を決めておく必要があります。これもリスクマネージメントですね。
サッカーの守備は希望的観測で相手ボールをとりにいったり、オフサイドトラップをかけていたんでは、難点とられるかわかりません。だからこそ、ボールを奪う位置をしっかりと決めておき、そのためのカバーをおくリスクマネージメントという約束事を作るわけです。
たとえば、ユーロ2004で優勝したギリシャは3枚の守備的MFがボールを奪う役目を担い、さらにDFのひとりをスイーパーとして余らせる形で相手ボールがどうこぼれてもリスクが少ないように守備的なチームを作って成功しました。ギリシャの成功は過去の戦術を掘り起こしただけですが、オフサイドトラップという戦術がもう見捨てられつつあるものと見たレーハーゲル監督の先見の明ともいえるわけです。実際オフサイドの判定は年々攻撃側に有利になっていますし、ラインディフェンスだけというのではプロの世界では通用しないでしょう。もし、使っているクラブがあれば、1トップ2シャドーという形で2列目からの飛び出しで簡単に破られることになるはずです。
また、戦術とは関係ないのですが、用語の使い方について。
ボランチというのはポジションではなく、役割のことです。ポルトガル語でボランチ、英語でセントラルMF、イタリア語でレジスタ。いわゆるチームの舵取り役ですから、チームにふたりも三人もはいません。同じ守備的MFというポジションでもバランサーだったり、ダイナモだったり、スイーパーだったりと役割が違うのと一緒ですね。
質問者がカバーに走らせるタイプの守備的MFといえば、ダービッツのようなダイナモタイプか、マケレレのようなスイーパータイプというべきでしょう。
オフト監督によってボランチという言葉が日本に定着しましたが、明らかに本来の意味と違った形で使われているようなので注意してください。

ラインディフェンスをトルシエが使っていたという点について誤解があるようなので、補足しておきます。
トルシエのフラット3はプレッシングサッカーであり、相手のパス選択肢をなくすようにプレスをかけながらオフサイドを含めたカバーリングで相手ボールを奪うという高等戦術です。現在のジーコの数倍モダンサッカーといっていいでしょう。フラット3がオフサイドをとるための戦術ととられているのは主にマスコミと日本のサッカー解説者の無知によるものです。現在のサッカーは守備の目的は相手ボールを奪うこ...続きを読む

Q本田選手(サッカー)のアクエリアスCMはOKなんでしょうか?

本田選手(サッカー)のアクエリアスCMはOKなんでしょうか?

本田選手(サッカー)のアクエリアスCMはOKなんでしょうか?
とっても不思議に思ってます。
1. 連敗で不人気の時にスポンサーとして支えてのはキリンなのに、
 明らかに日本代表のユニフォームに似ている服を着せて、CMに
 のせる日本コカコーラは、チャレンジャーなのか?ずうずしいのか?
はたまたロゴの侵害(日本代表のユニフォーム)なのか?でも、微妙
 にロゴは入ってないんですよね(笑)。

2. 明らかに、次の日本代表の背番号は10だって、本田選手を持ち上げて
 ますが・・・いくら実力が落ちた(調子が悪い?)とはいえ、背番号
 どころか次の日本代表も決まってないのに、中村選手の背番号をつけて
 放映するのは、商魂たくましいのか、中村選手に対する不敬なCMなのか?

もう放映されてますんで、どうっていう話題ではないかもしれませんが、
個人的にはとても嫌な思いで見ています。
その感覚がおかしいかどうかご意見を聞きたくて、質問いたしました。

Aベストアンサー

全く問題ないと思います。
日本代表のサポート企業の一つにキリンがあるからと、
選手個人のCM出演に、規制がかかることはありません。
もちろん、クラブが選手個人のCMに対して、規制をかけることは当然あります。

次に、いくつか確認してみましたが、

まず、ユニフォームの色は、アクエリアスのイメージカラーであり、
たまたま、代表のユニフォームの色と似ているだけだと思います。
おそらく、CMの製作者サイドは、そのことを意識している可能性は、
高いと思いますが、何ら問題ないと思います。

次に、背番号は、本田選手が、オランダのVVVフェンロで、
2シーズン目から、10番をつけていたからだと思います。
撮影時期は、今年の1月ということで、フェンロ時代の10番にしたのでは、
ないでしょうか。
CSKAモスクワ移籍後であれば、7番だったとも考えられます。

中村選手も、2001年にアクエリアスのCMにかつて出演していたのですから、
スポンサーサイドが、反中村的に、本田選手を起用したとは、考えにくいですし、
そうする必要もないと思います。

逆に、日本代表の10番=中村俊輔以外は認めないという考えの方が、おかしいと思います。

今回のCMは、本田選手の活躍を予見したかのような、
製作者サイドの、まさに、ファインプレーだと素直に評価するべきものだと思います。

参考URL:http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20100321-608473.html

全く問題ないと思います。
日本代表のサポート企業の一つにキリンがあるからと、
選手個人のCM出演に、規制がかかることはありません。
もちろん、クラブが選手個人のCMに対して、規制をかけることは当然あります。

次に、いくつか確認してみましたが、

まず、ユニフォームの色は、アクエリアスのイメージカラーであり、
たまたま、代表のユニフォームの色と似ているだけだと思います。
おそらく、CMの製作者サイドは、そのことを意識している可能性は、
高いと思いますが、何ら問題ないと思います。

次...続きを読む

QサッカーW杯 本田選手は大丈夫かな?

昨日のインタビュー見てたら、以前より痩せて目がギョロッとしてました。
それはともかく、ひどいプレッシャーに晒されていて精神的に参ってるように見えたのですが、本田選手の活躍は大丈夫でしょうか?

技術的には前回のW杯でも点をとって実績もあるし全く問題はないですが、メンタル面が心配ですが、本田選手は点をとってくれるでしょうか?

Aベストアンサー

本田選手は、わざと自分を追い込むような状態を作って結果を出してきた人です。
今回のワールドカップでも期待に応えてくれるでしょう!

選手は全力で戦っています。どんな結果になろうとも、我々も全力で応援しましょう!!」

Qサッカーの質問です。私は本田がリバプールに

行くと思っていますがAマドリーでもいいかと思っています。
リバプールはあのポジションにジェラードがいますし、ルーカスもいますよね。
なので個人的にはAマドリーでもいいかと思っているのですが…
やはりリバプール濃厚なのでしょうか?

Aベストアンサー

リバプール移籍については多分無いと思います
W杯後バルサ・ミラン等が移籍金10億円以上で獲得の意向
みたいな新聞報道が在りましたが、結局何も無しでしたので
(これ等は見た瞬間飛ばし記事と分かる内容でしたが)

ただ7月頃のCSKA側最低希望移籍金額は20億前後との噂でした
今回はW杯バブルが終わった事で、10億まで下がったという噂なので、
以前より移籍しやすくなったでしょう

もしリバプールに移籍してもボランチ起用と思います
ジェラードをトップ下に上げて、そこに本田
マスケが抜けてDMFポウルセンが合わない反面、
マキシ、メイレレス、コール、カイト等
OMF・SHは飽和状態ですし 来期はアクイラーニも帰ってくるかもです

彼らの中で本田より守備が出来る選手が居ないので自動的に
守備的な位置に入るはずでしょう 自分も本田はDMFに最も適性が在ると思いますし

本来リバプはマスケの代わりかFWを補強すべきでしょうけどね

Qサッカー予選  ヨルダン戦  韓国人審判 本田黙祷

公正な判断だったのかもしれないけど、どーも、日本有利に事が運んでる感じがした。
レッドカードの時のヨルダン選手。 見ていて心から気の毒でした

前半でそれも日本がイケイケの時だったから。 見てて申し訳ない感じすらした。

なのに、これを見て喜んでた日本人を見て残念な気持ちになった。


あと本田、プレーは素晴しかったけど、寛仁様御逝去の黙祷をしてなかった件。

確かに日本圧勝だったけど、素直に喜べなかった。



皆さん、どういう気持ちで観てました?

Aベストアンサー

黙祷を目を瞑ることとするならば彼は確かに目をつむっていませんでした。
しかし頭を下げ伏目がちだったことは事実です。

 ウィキペディアによると

 黙祷(もくとう、黙禱、英: Moment of silence, silent prayer)とは、声を立てずに祈りをささげること。合掌や目をつぶる、軽く頭を下げる行為を伴うこともある。

 と、あるので、声を立てずに祈りを捧げ、軽く頭は下げていました。

 「合掌や眼をつぶる」のもここでは「オプション」の扱いなので、本多選手の祈りの形はOKですね。
 
 またこうも書かれています

 大抵は数秒から1分程度の短い間で済ませられる行動であるが、その限られた短い時間の中で、人は様々な思いを心に抱くのである。心に目を向け外部をいったん切り離すという意味で、目をつぶる場合もある。

 とあります。

 またたとえばgooの辞書では
もく‐とう【黙祷】
[名](スル)無言のまま心の中で祈ること。「―をささげる」「遭難者の霊に―する」

 とあります。あくまでも目をつぶることはオプションみたいですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報