よく、システムのみをSSD、その他プログラムやデータはHDDと結構見ました。
現在上記のことを実行しようとしていますが思い通りになりません。
ソフトやプログラムをDドラのHDDにインストールしていますがCドラのSSDのプログラムファイルにも何故か入ってきてますので読み書きしているようです。これじゃOSのみ、となっていないじゃないかと思うのですがなにか特別なやり方をしなければなりませんか?


SSDの寿命についてですが、毎日PCを駆使していますのでこの状態で2年とか持つならその程度の寿命でも良いかなとは思うんです。2年経てばどうせなにかかしら進化してるでしょうし。
ただせっかくの高速さがなくなるのだけはいやです。
SSDに要領が増えていってこの速度感が落ちてしまうのならなにか対策したいです。

詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

SSDの認識が少し勘違いしているのではないでしょうか?SSDのセルの書き込み限界は10万回と言われています、あくまでも書き込みです、読み出しは回数制限は無く半導体の寿命ですからCPUなんかと変わりません、その中でアプリケーション(ソフト)はインストールしたらアップデート位しか書き込みは起こらないでしょう(10万回って年10回なんてふつうないけど、あったとしても1万年)、何が一番多いかと言うとスワップメモリなのです。

スワップを減らすには大容量のメモリを搭載すれば、必然的にスワップする必要性は減ります、もしくはメモリをRAMディスクにしてそこをスワップで使うとか(RAMの寿命は半導体の寿命ですから、CPUとそれほど変わりません。
またSSDは1つのセルの書き込みが増えないように、書く場所を分散させますから、SSDの空き容量が40GBとか十分にあれば、5年位は問題ないと思われます、ですからOSをSSDでと言う要理、SSDの空き容量を十分に確保しておくことが寿命が延びる事になります。
それらの事により、動画データーや音楽データーなど容量の大きなデーターはSSDに置かない方が寿命が延びると言われる訳です。
SSDの容量を気にするなら、マイドキュメント、やダウンロードなどシステムが保蔵を指示する場所をCドライブ以外にすれば良いだけです。
http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-325 …
>SSDに要領が増えていってこの速度感が落ちてしまうのならなにか対策したいです。
SSDに要領=「物事の要点をつかんだ、うまい処理の仕方」が増えていってこの速度感が・・・
上手い処理の仕方が増えれば速度が上がるのでは??
冗談はさておき、SSDに要領が増えてでなく、SSDの空き容量が減ってという事だとおもいますが、残り10GB以下だと問題が出ると思います、対策は不要な物はHDDに移動するか、250GBのSSDにするかだと思いますが。
    • good
    • 5

認識があやまっています。


OSをSSDにするのではなく、システムドライブをSSDにするのです。

つまり、OSもプログラムも、インストールするドライブはSSDです。
個人的に作成したExcelファイルやテキストファイルなどのデータは、HDDに保存です。

SSDの寿命は考える必要ありません。
物理的に壊れない限り、毎日10GBの書込みを行っても10年以上もつでしょう。
また、SSDは読み書きをすることによって速度は少しずつ落ちます。(それはHDDも一緒ですが)
その為、利用されているSSDのメーカーが提供するツールを使って、
気になった時にTrim(最適化とかOptimizeとかってなってるかも)を行う
ものです。
    • good
    • 3

えっと、、今のwindowsはプログラムをインストールする際に、各種DLLをあちこちへ配置したり、レジストリ等へも情報が書き込まれますので、新規インスト以外、ドライブを変更する事は原則としてはできません。

また、DLLなどは指定フォルダ、たいていはwindows以下ですが、そこに置かれますので、プログラムの起動時には必ずシステムドライブを読む事になります。
os以外のプログラムを全く使わない、もしくはレジストリなど一切使用しないフリーソフト等だけにするなら、CドライブをOSのみにする事ができますが、現実的ではありません。
通常は、osとプログラムをCに置き、データを別ドライブへ退避させておくもんです。
ユーザーフォルダもシステムフォルダなので、移動はお勧めしません。丸ごとリカバリを作る場合に、複数のドライブにまたがって復活させないと起動しない事になってしまいます。データとマイドキュメントなら無くてもOSは動きますから、Cドライブだけのディスクイメージでリカバリ可能です。

winはその構造上、プログラムをインストしたり、アップデートするたびに遅くなります。これはレジストリ構成のせいなのでどうしようもありません。遅くなる程度を減らす事ができる程度です。仕様です。しょうがない。
DOS時代はそういう事はありませんでした。せいぜい、フラグメンテの問題だけ。

SSDの寿命ですが、最近は分散化などで伸びているとは言っても、キャッシュファイルやレジストリは頻繁に書き換えられるので、毎日2年はどうかな?MLCで1万回が寿命らしいですが、ツールなどもあるので入れておくといいかも。
    • good
    • 2

インストール作業を行うソフトではそれが普通ですよ。



インストール先をCドライブ以外にしてもCドライブにあるシステムフォャルダに関連ファイルがコピーされたりします。
おまけにOSが用意しているシステムDLLファイルなども利用しているのでCドライブのアクセスがなくなることはありません。AppDataなどCドライブ固定のフォルダも使用したりしますからね。TempフォルダもデフォルトはCドライブですが環境変数を弄ることでC以外にすることも可能。
つまり、ソフトのインストール先を変えるだけでCドライブを使わないようにすることは不可能です。
Cドライブのアクセス頻度を減らすことは可能ですけど…


ついでに確認ですが、スワップ領域(仮想メモリ)はどこに作成していますか?システムの規定値のままだとCドライブですよ。
ただこれをSSD以外にしてしまうとSSDの意味が無いような・・・
    • good
    • 4

追加


移動させない方がよいとの意見(私も同感)
参考URL
Cドライブのユーザーフォルダにはレジストリの本体も入っていますので、しょっちゅう書き換えが行われることになります。
SSDの寿命を考えてこれをDドライブに移動すると、レジストリの読み書きがHDD上で行われるため、SSDの速度がある程度遅くなります。せっかくのSSDですから(寿命より)速度を優先させ移動しません。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 2

>ソフトやプログラムをDドラのHDDにインストールしていますがCドラのSSDのプログラムファイルにも何故か入ってきて



内蔵HDDの場合でも、Dドライブにインストールしたつもりのソフトが、起動する部分(昔の***.ini、現在は知らない)はCドライブのシステムにあります。SSDも同じはずです。
ドキュメント(以前のPCのマイドキュメント)ファイルも既定ではCドライブになりますからユーザーが変更すればよいはず。
その他「アドレス帳」・「お気に入り」・「ダウンロード」・「デスクトップ」・「マイピクチャ」・「マイミュージック」・「リンク」・「検索」・「保存したゲーム」の保管場所も、マイドキュメントと同じ要領で他のドライブ(Dドライブ等)に変更可能
参考URL
「マイドキュメントの保管場所をC ドライブから他のドライブ(D ドライブ等)に移動する方法」(Windows 7の場合)

参考URL:http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-325 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSSDの寿命について、SSDには寿命があるとのことでした。寿命に遭遇された方はいますか?

無音で高速という点に魅力を感じて、3年程前にSSDを導入しました。それ自体は満足しています。

寿命があるとのことでしたので、そろそろ予備を購入し現状安定しているC:ドライブを複製(クローン)しておこうと考えています。ただ金欠ですので、無駄な?余計な?出費はしたくありません。

 そこで質問ですが、SSDは、前宣伝通り、時期が来れば当然壊れて行く運命のものですか? すでに壊れた方はいらっしゃいますか?
 すでに数年使えているSSDは、意外にも、長期にわたって壊れることはない、という考えは間違いでしょうか? ひょっとしてあと10年くらいはこのまま使えるのではないか、とか思ってしまいます。 金欠故の希望的観測に過ぎないのでしょうか? あの前宣伝は今も正しいのでしょうか? ただの都市伝説の一種?

なお、個体差のあることは承知の上、初期不良のない平均的SSDについてご回答をお待ちします。
また、形在るものはいつかは壊れる、と言うような哲学的な回答はご遠慮下さい。

Aベストアンサー

むしろSSDの場合はアプリケーションやドライバーのバグで謎のストレージアクセスを繰り返してそういうフラッシュメモリの寿命を大きく縮める場合があるのが怖いですね。

最近ではSpotifyのクライアントが無限書き込みバグを起こしていましたし、Civilization5もその手のバグがある気がします。
また一部のDELLのノートパソコン・インテルのAHCIドライバー・某社のSSDが相性が悪くてそういう挙動を起こしていたりとか、そういう面の方が怖いです。

SSDだとそういうのが起こっていても体感上変化が見られない事が多いので発見が遅れやすく、気づいた時には診断で異常判定を食らったりとかありますので、CDIのような監視ツールも入れておくといいですね。

QSSD パーティションと寿命

現在、Macbookで、OSX、Windows7のデュアルブートをしています。
光学ドライブを換装してSSDに入れ替え、SSDとHDDの2つのストレージを内蔵し、SSDにOS、HDDにはデータを格納するようにしようと考えています。
SSD120GBのものを導入予定なので、SSDを2つにパーティション分割(HFS+とNTFS)にしてそれぞれOSを入れることを検討しているのですが、
パーティション分割により、寿命が短くなるようなことはあるのでしょうか?

WindowsでCドライブにOSシステム、Dドライブにデータというような、パーティション分割しても、寿命は変わらないということはネット検索して確認できました。一般的なSSDのフラッシュコントローラーの書き込み平準化機能でドライブに関係なく物理的に平準化するように働くらしい。

私のケースのように、ファイルシステムが違っても、同じことがいえるのでしょうか?

Aベストアンサー

別に変わらない。寿命をちじめるのは「書き込み」を行った場合だから
OSとアプリ入れて読み出すだけなら何にも変わらない。
問題はOSがテンプレのデータを書き込む場合は設定をしないと自分のプログラムのあるフォルダーに書き込むこと。
RAMDISKなり、他のHDDに作業ディスクを置けばいいだけ。
特にWebのキャッシュは毎日書き込まれるものだから、キャッシュファイルはSSDじゃない方が当然よい
といっても、普通に使ってれば4,5年で壊れることは無いんだけどね。
へたすりゃHDDのほうがモーター劣化で壊れるのが早いかもね。

まあスピードは若干落ちる なにせOSとアプリをパーティションを別けたところで1つのドライブから
同時に呼び出すんだからその分のロスは起きる。といっても微々たるもんだけどね。

QSSDの寿命

HDDの寿命を100とするとMLCで256GBの
SSDの寿命はどれぐらいですか

Aベストアンサー

使用頻度により異なるので明確な寿命は判りません。
概ね1つのセルの書換え回数が1万回程度と言われているそうです。
(最近のSSDはMLCタイプが主流なのでこれくらいの回数、SLCは10万回程度)

また、寿命という訳ではありませんが、SSDもメモリの一種なので時間が経つとメモリセル内の電荷が少なくなってきて情報のON/OFFが判断出来なくなってきます。
メーカーに問い合わせたところ10年程度はデータの保持は可能との返答を貰った事があります。
※書換えが頻繁に行われれば良いのですが、OS等は一度インストールすると書換えは基本的に行われないので最短で10年後にはOS自体が消えてしまう事を考えておいた方が良いかと思います。
データ等の長期保存にはSSDはHDDより劣るかと思われます。

QSSDの寿命について

こんばんは。
先日SSD(SSDSA2MH120G2K5)を購入しました。
以前はデータの損失が怖くてHDD2台RAIDでミラーリングしていたのですが、SSDにすればもっとスマートにデータの損失が防げるのではないか?と思いSSDにしました。
これは間違っていますか?

調べてみると、
SSD=書き換え可能回数に上限がある。
HDD=物理的なハードの破損。
と、ありました。
素人判断なのですが、普通に使う分にはSSDの書き換え回数の上限より先にHDDのハード的寿命のほうが早く来るのではないか?と考えています。勿論使用頻度に関わって来ると思いますが、普通に使ってる分にはどうでしょうか?
もしSSDのほうが短いようでしたら、またSSDでミラーリングしたいと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

データーの損失が怖いのでしたら、RAIDやSSDなどを使わずに沢山のHDDを使い時間差でバックアップしたほうが良いです。(ミラーリングですと、壊れたファイルや感染したファイルで上書きしてしまうリスクがあります。)



HDD1 ファイルの変更と同時にバックアップを自動で取る
HDD2 一日の終わりにバックアップを保存 (奇数月用)
HDD3 一日の終わりにバックアップを保存 (偶数月用)
HDD4 一週間に一回バックアップを保存
HDD5 1ヶ月に一回バックアップを取る

こうする事で、ハード的な故障とウイルス等によるソフト的な故障の両方に対処できます。時間差にする理由は壊れたファイルでバックアップを上書きしてしまう事に対する予防です。

またHDD2と3は両方同時にPCに接続しないで片方のみとします。ウイルス等によるファイルの破壊に対しての担保です。

またHDDのうちどれか一つを、PCから離れた所、たとえば押入れの天井裏におきます。空き巣などに入られてPC一式を盗難された時のためです。

あと、火災に対して、別の部屋にHDDをおくとか、耐火金庫などにデーターのコピーの保存も考えておきたいですね。

データーの損失が怖いのでしたら、RAIDやSSDなどを使わずに沢山のHDDを使い時間差でバックアップしたほうが良いです。(ミラーリングですと、壊れたファイルや感染したファイルで上書きしてしまうリスクがあります。)



HDD1 ファイルの変更と同時にバックアップを自動で取る
HDD2 一日の終わりにバックアップを保存 (奇数月用)
HDD3 一日の終わりにバックアップを保存 (偶数月用)
HDD4 一週間に一回バックアップを保存
HDD5 1ヶ月に一回バックアップを取る

こうする事で、ハード的な故障とウイル...続きを読む

QSSDの寿命を延ばす

OS:Windows10

タイトルの通りですが、

例えばブラウザのキャッシュ保存先を移動させる
ユーザーフォルダを別ドライブに移動させる    等々

http://zakkinks.com/windows10_ssd_optimization2/
(こういったサイトを参考として)

他には信憑性云々は別として「SSD最適化設定」できるソフト

が目に留まりました。

本来ならHDDを増設して、そこをターゲットとすればいいの
ですが、ケース内に熱源ができてしまう、外付けだと少し邪魔、
余計な電力もかかる?、といった理由で見送っています。

そこで、HDDではなく、SDカード(⑩・32GB)では熱源、場所
に関してははクリアできるのではないかと思うのですが、いかが
でしょうか?

危険であればやめた方がいいですし、SDカードに…というのも
余り目にしないため、お知恵を拝借できればと質問をあげました。

ちなみに、SSDは「SDSSDXPS-240G-J25」の使用です。

以上よろしくお願いします。

OS:Windows10

タイトルの通りですが、

例えばブラウザのキャッシュ保存先を移動させる
ユーザーフォルダを別ドライブに移動させる    等々

http://zakkinks.com/windows10_ssd_optimization2/
(こういったサイトを参考として)

他には信憑性云々は別として「SSD最適化設定」できるソフト

が目に留まりました。

本来ならHDDを増設して、そこをターゲットとすればいいの
ですが、ケース内に熱源ができてしまう、外付けだと少し邪魔、
余計な電力もかかる?、といった理由で見送っていま...続きを読む

Aベストアンサー

ユーザーフォルダは、データ用なので別ドライブに移動するのは構わないでしょう。キャッシュ関係は、240GBのSSDなら移動しなくても良いと思います。キャッシュは、パソコンの動作に影響しますので、速い方がより快適です。

最近のSSDは、予備領域を多く取るものも増えており、書き換え回数を平均化する対策が取られているため、通常の用途ではHDDと変わらない使い方ができるようになっています。余り神経質にならなくても良いのでは。

Windows 7/8.x時代の“SSD最適化”テクニック(設定方法)まとめ:Windows7と8.1では結構違うようで、10ならば8.1に準じた最適化方法になります。幾つかはSSD特有の設定になりますが、案外従来通りのものも多くなります。
http://128bit.blog41.fc2.com/blog-entry-356.html

SSDの耐久性や延命、寿命を気にする必要が有るか?
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/mlc-ssd-life-span-2014.html ← 一般的な使い方では気にする必要はない。

ウェアレベリングやTrim機能、空き領域に対するデフラグなど、SSDの寿命を延ばす制御が幾つかありますので、ほぼ気にならないようですね。最近は、書き換え回数が1000回程度のTLCでも、通常にMLCと変わらないものが出てきています。ただし、システムに使うのは一寸怖いですね(笑)。(価格が半分ならデータ用としてHDDの置き換えになりそうですが、それ程安くはないようです)
http://nanikanaikana.blogspot.jp/2013/12/ssd-slcmlctlc.html

SDカードには、上記のような複雑な制御は行われていないでしょうから、データの保存では問題ないにしても、システムのファイルを扱うには力不足でしょう。使うべきではないと思います。それに、インターフェースの関係もあり、下手をするとHDDより遅くなってしまいます。(HDDは早いものだと200MB/secあります。SDカードだと95MB/sec出るものもありますが、非常に高価で、インターフェース次第ではかなり低下します)
http://amazon.co.jp/dp/B005ZX8MMK ← ¥18,800 (平行輸入品 ¥5,580)

SanDisk SDSSDXPS-240G-J25 は、シーケンシャル・リード/ライトともに500GB/sec超えなので高性能ですね。
http://amazon.co.jp/dp/B00MF27J1O ← ¥11,617

後、ノートパソコンでは無理ですが、デスクトップパソコンなら複数のドライブがつめるので、キャッシュ専用にSSDを32GBか
64GB積むと言う方法もあります。キャッシュの容量はそれ程大きくないので、これくらいの容量なら十分役に立つのでは。あまっているSSDがあれば、セキュアイレースを掛けて搭載すると結構使えるのではないでしょうか(笑)。

ユーザーフォルダは、データ用なので別ドライブに移動するのは構わないでしょう。キャッシュ関係は、240GBのSSDなら移動しなくても良いと思います。キャッシュは、パソコンの動作に影響しますので、速い方がより快適です。

最近のSSDは、予備領域を多く取るものも増えており、書き換え回数を平均化する対策が取られているため、通常の用途ではHDDと変わらない使い方ができるようになっています。余り神経質にならなくても良いのでは。

Windows 7/8.x時代の“SSD最適化”テクニック(設定方法)まとめ:Windows7と8.1...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報