よく、システムのみをSSD、その他プログラムやデータはHDDと結構見ました。
現在上記のことを実行しようとしていますが思い通りになりません。
ソフトやプログラムをDドラのHDDにインストールしていますがCドラのSSDのプログラムファイルにも何故か入ってきてますので読み書きしているようです。これじゃOSのみ、となっていないじゃないかと思うのですがなにか特別なやり方をしなければなりませんか?


SSDの寿命についてですが、毎日PCを駆使していますのでこの状態で2年とか持つならその程度の寿命でも良いかなとは思うんです。2年経てばどうせなにかかしら進化してるでしょうし。
ただせっかくの高速さがなくなるのだけはいやです。
SSDに要領が増えていってこの速度感が落ちてしまうのならなにか対策したいです。

詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

SSDの認識が少し勘違いしているのではないでしょうか?SSDのセルの書き込み限界は10万回と言われています、あくまでも書き込みです、読み出しは回数制限は無く半導体の寿命ですからCPUなんかと変わりません、その中でアプリケーション(ソフト)はインストールしたらアップデート位しか書き込みは起こらないでしょう(10万回って年10回なんてふつうないけど、あったとしても1万年)、何が一番多いかと言うとスワップメモリなのです。

スワップを減らすには大容量のメモリを搭載すれば、必然的にスワップする必要性は減ります、もしくはメモリをRAMディスクにしてそこをスワップで使うとか(RAMの寿命は半導体の寿命ですから、CPUとそれほど変わりません。
またSSDは1つのセルの書き込みが増えないように、書く場所を分散させますから、SSDの空き容量が40GBとか十分にあれば、5年位は問題ないと思われます、ですからOSをSSDでと言う要理、SSDの空き容量を十分に確保しておくことが寿命が延びる事になります。
それらの事により、動画データーや音楽データーなど容量の大きなデーターはSSDに置かない方が寿命が延びると言われる訳です。
SSDの容量を気にするなら、マイドキュメント、やダウンロードなどシステムが保蔵を指示する場所をCドライブ以外にすれば良いだけです。
http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-325 …
>SSDに要領が増えていってこの速度感が落ちてしまうのならなにか対策したいです。
SSDに要領=「物事の要点をつかんだ、うまい処理の仕方」が増えていってこの速度感が・・・
上手い処理の仕方が増えれば速度が上がるのでは??
冗談はさておき、SSDに要領が増えてでなく、SSDの空き容量が減ってという事だとおもいますが、残り10GB以下だと問題が出ると思います、対策は不要な物はHDDに移動するか、250GBのSSDにするかだと思いますが。
    • good
    • 5

認識があやまっています。


OSをSSDにするのではなく、システムドライブをSSDにするのです。

つまり、OSもプログラムも、インストールするドライブはSSDです。
個人的に作成したExcelファイルやテキストファイルなどのデータは、HDDに保存です。

SSDの寿命は考える必要ありません。
物理的に壊れない限り、毎日10GBの書込みを行っても10年以上もつでしょう。
また、SSDは読み書きをすることによって速度は少しずつ落ちます。(それはHDDも一緒ですが)
その為、利用されているSSDのメーカーが提供するツールを使って、
気になった時にTrim(最適化とかOptimizeとかってなってるかも)を行う
ものです。
    • good
    • 3

えっと、、今のwindowsはプログラムをインストールする際に、各種DLLをあちこちへ配置したり、レジストリ等へも情報が書き込まれますので、新規インスト以外、ドライブを変更する事は原則としてはできません。

また、DLLなどは指定フォルダ、たいていはwindows以下ですが、そこに置かれますので、プログラムの起動時には必ずシステムドライブを読む事になります。
os以外のプログラムを全く使わない、もしくはレジストリなど一切使用しないフリーソフト等だけにするなら、CドライブをOSのみにする事ができますが、現実的ではありません。
通常は、osとプログラムをCに置き、データを別ドライブへ退避させておくもんです。
ユーザーフォルダもシステムフォルダなので、移動はお勧めしません。丸ごとリカバリを作る場合に、複数のドライブにまたがって復活させないと起動しない事になってしまいます。データとマイドキュメントなら無くてもOSは動きますから、Cドライブだけのディスクイメージでリカバリ可能です。

winはその構造上、プログラムをインストしたり、アップデートするたびに遅くなります。これはレジストリ構成のせいなのでどうしようもありません。遅くなる程度を減らす事ができる程度です。仕様です。しょうがない。
DOS時代はそういう事はありませんでした。せいぜい、フラグメンテの問題だけ。

SSDの寿命ですが、最近は分散化などで伸びているとは言っても、キャッシュファイルやレジストリは頻繁に書き換えられるので、毎日2年はどうかな?MLCで1万回が寿命らしいですが、ツールなどもあるので入れておくといいかも。
    • good
    • 2

インストール作業を行うソフトではそれが普通ですよ。



インストール先をCドライブ以外にしてもCドライブにあるシステムフォャルダに関連ファイルがコピーされたりします。
おまけにOSが用意しているシステムDLLファイルなども利用しているのでCドライブのアクセスがなくなることはありません。AppDataなどCドライブ固定のフォルダも使用したりしますからね。TempフォルダもデフォルトはCドライブですが環境変数を弄ることでC以外にすることも可能。
つまり、ソフトのインストール先を変えるだけでCドライブを使わないようにすることは不可能です。
Cドライブのアクセス頻度を減らすことは可能ですけど…


ついでに確認ですが、スワップ領域(仮想メモリ)はどこに作成していますか?システムの規定値のままだとCドライブですよ。
ただこれをSSD以外にしてしまうとSSDの意味が無いような・・・
    • good
    • 5

追加


移動させない方がよいとの意見(私も同感)
参考URL
Cドライブのユーザーフォルダにはレジストリの本体も入っていますので、しょっちゅう書き換えが行われることになります。
SSDの寿命を考えてこれをDドライブに移動すると、レジストリの読み書きがHDD上で行われるため、SSDの速度がある程度遅くなります。せっかくのSSDですから(寿命より)速度を優先させ移動しません。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 2

>ソフトやプログラムをDドラのHDDにインストールしていますがCドラのSSDのプログラムファイルにも何故か入ってきて



内蔵HDDの場合でも、Dドライブにインストールしたつもりのソフトが、起動する部分(昔の***.ini、現在は知らない)はCドライブのシステムにあります。SSDも同じはずです。
ドキュメント(以前のPCのマイドキュメント)ファイルも既定ではCドライブになりますからユーザーが変更すればよいはず。
その他「アドレス帳」・「お気に入り」・「ダウンロード」・「デスクトップ」・「マイピクチャ」・「マイミュージック」・「リンク」・「検索」・「保存したゲーム」の保管場所も、マイドキュメントと同じ要領で他のドライブ(Dドライブ等)に変更可能
参考URL
「マイドキュメントの保管場所をC ドライブから他のドライブ(D ドライブ等)に移動する方法」(Windows 7の場合)

参考URL:http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-325 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今後のSSDとHDD価格動向について

私はパソコンを高速化するためにSSDの導入を考えているものです。そこで今後のSSDの価格動向が気になったのでみなさんの意見をお聞きすることにしました。
私は250GBクラスのSSDを購入しようと思っていますがそれ以外の容量に関する意見でも構いません。HDDはタイの洪水で価格が上昇していますがいつ頃下がり始めるでしょうか。

Aベストアンサー

HDDは多くのモデルで2週連続で下がっています。
今後も順調に下がっていくかは不明というのが現状だとは思いますが
既に値下がりが始まっていると考えていいのでは?

HDDとは関係ありませんが、同様に被害を受けたトヨタが年内には再稼働すると
発表していたり、ニコンも11月中に排水作業の完了を予定しているようですし、
他の企業もそれよりも大幅に遅れるようなことは無いのではないでしょうか。

早ければ来年の3~4月、6月頃にはある程度価格も戻っているのではないでしょうか?

QHDDをSSDに換装したいです。 OS入りのHDDをSSDにクローニングして換装、起動したところbi

HDDをSSDに換装したいです。
OS入りのHDDをSSDにクローニングして換装、起動したところbiosに入りwindowsの起動はできませんでした。
ググったところhttp://ku-so.hatenadiary.jp/entry/2013/08/11/171035 が見つかったのでその通りに作業してみたところ、EasyBCDが「お前のpcはEFI Bootloaderで起動してるから俺何もできねぇわw」といった旨の警告をしており、実際にサイトと同じ顛末を辿ることはできませんでした。
どうしたらいいんでしょう…

Aベストアンサー

AOMEI BACKUPPERでDISKクローンをするのがおすすめ。
まるごとやれば初心者でもそうそう問題に遭遇することはない。

クローンでブート部分のパーティションがクローンされてないんでしょ。

QSSDの価格について

SSDの価格について質問です。

「330 Series SSDSC2CT120A3K5」と「320 Series SSDSA2CW120G3K5」のスペックと価格を比較したところ下記のようになっておりました。
スペックは(1)の方が良いのに安い、しかも半分の価格というのは一体何故なのでしょうか?
純粋に疑問におもいます。
SATA 6GbpsとMLC NANDフラッシュメモリーという点が原因なのでしょうか?

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。
お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------
(1)330 Series SSDSC2CT120A3K5
SATA 6Gbpsを採用したメインストリーム向けの2.5インチSSD

スペック
容量120 GBタイプ MLC
規格サイズ2.5インチインターフェイスSerial ATA 6Gb/s
読込速度500 MB/s書込速度450 MB/s
設置タイプ内蔵厚さ9.5 mm
1GBあたりの価格¥62.87


----------------------------------------------------------------------------------
(2)320 Series SSDSA2CW120G3K5
25nmプロセスのMLC NANDフラッシュメモリーを採用したメインストリーム向けSSD(2.5inch/120GB)
スペック
容量120 GBタイプ MLC
規格サイズ2.5インチインターフェイスSerial ATA
読込速度270 MB/s書込速度130 MB/s
設置タイプ内蔵厚さ9.5 mm
1GBあたりの価格¥132.25

SSDの価格について質問です。

「330 Series SSDSC2CT120A3K5」と「320 Series SSDSA2CW120G3K5」のスペックと価格を比較したところ下記のようになっておりました。
スペックは(1)の方が良いのに安い、しかも半分の価格というのは一体何故なのでしょうか?
純粋に疑問におもいます。
SATA 6GbpsとMLC NANDフラッシュメモリーという点が原因なのでしょうか?

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。
お願いいたします。
----------------------------------------------------------------...続きを読む

Aベストアンサー

はじめの質問については私もNo.1様と同様に思います。

No.1様へのお礼に書かれた件について。

330Seriesの「SATA 6Gbps」というのは
接続インターフェースの仕様ですよね。
旧製品の320Seriesの「SATA 3Gbps」に対して
「ここが進化しました」ということで
宣伝文句にしているのかと思います。

320Seriesの「25nmプロセス」というのは
半導体の上に素子を作るときの微細さを示します。
(330Seriesも25nmです)
微細になると高集積(同面積で大容量)と
低消費電力が期待出来ます。
旧製品の311Seriesの「34nmプロセス」に対して
「ここが進化しました」ということで
宣伝文句にしているのかと思います。

どちらも発売時点では価格的にも機能性能的にも
メインストリーム(主流製品)です。
(廉価製品でも高機能高性能製品でもなく標準的)
320Seriesは今となってはメインストリームとは言いがたいですが、
宣伝文句というのは当初のものが使われ続けたりしますので。

QSSDにOS入れるととHDDのカリカリはなくなる?

自宅でファイルサーバーをたてています。
HDD一台でOSとストレージ兼用なんで共有でファイルにアクセスがなくてもカリッ、カリッと数十秒おきに音がします。
昼間なら別にいいのですが、夜静かなときにカリカリ言われたら気になって眠れません。
そこでSSDをOS用に一台増設してHDDはストレージ専用にしようかと思っているんですが、そうすれば共有ファイルにアクセスしない限りHDDの音はならないですよね?

Aベストアンサー

理論的にはそのようになります
ただ何かのタイミングでHDDにアクセスする場合はあります

最近のOSとかってバックグラウンドで何かが動作している場合がありますから、SSDにしてもHDDにアクセスすることはあります

最近のHDDは、かなりHDDのアクセス音も静かになっております
無響室などの完全な静かな部屋だとPCのFANの音やHDDなどの音がはっきりと分かるぐらい大きいでしょうが、五月蠅い部屋(静かな図書館含む)程度なら分かりにくいぐらいの音になります
五月蠅い部屋でも数m以内でよく耳をすませていれば聞こえますけども・・・

Qノートパソコン SSDに代えたら高速化しますか? 価格コムで購入するとき注意点教えてください

ノートパソコン SSDに代えたら高速化しますか?
価格コムで購入する場合の注意点教えてください

寿命は短いのでしたか?HDDより

ウインドウ10でメモリは最低でも8GBは
あるものを購入したほういいですか?

Aベストアンサー

>ノートパソコン SSDに代えたら高速化しますか?
ノートに限らず、HDDからSSDに変えると高速になります。

>寿命は短いのでしたか?HDDより
全体的な耐久性はSSDの方が高いです。
しかし、SSDはHDDと違い、書き込み回数に制限があるので、書き込み続けているとHDDより早く寿命が来ます。

>ウインドウ10でメモリは最低でも8GBは
>あるものを購入したほういいですか?
用途によって変わります。
インターネットブラウジングやOfficeしか使わない程度であれば4GBあれば事足ります。

QHDD→SSDにHDDをストレージHDD認識させた

こんにちは、よろしくお願い致します。
環境
cpu e7200
マザ p5k-e (sata2)
memori 4gb
hdd 2tb(wd)

今まで2TBのHDDを使っておりました。C,Dパーティションでした。
昨日、SSDに換装いたしました。1番ポートです。

元あったHDDはsata3ポート目にそのまま付け替えました。しかしながら、認識してくれません。
HDDの方の、Cドライブは削除したいのですが、Dドライブは残しておきたいです。
どのようにしましたら、
●HDDが無事認識されるのでしょうか?
●今のままでHDDの方のCドライブを削除し、フォーマットできるのでしょうか?

もし出来ないのであれば、元のHDDに戻してCドライブだけフォーマットして削除ができるのでしょうか?

どうぞ、宜しく御願いたします。
失礼致します。

Aベストアンサー

電源、SATAケーブルどちらもきちんと刺さっていますか?
通常は認識されるはずなんですけど・・・

QSSDの価格差と信頼性の関係

HDDの場合は統計で価格の高低によって信頼性は変わらないとされてるようですがSSDの場合はどうなんでしょうか。衝撃に強い、とか消費電力が少ない、とか寿命に達するとリードオンリーになる、とかは高価なものやブランド品に限定されたメリットでしょうか?

Aベストアンサー

SSDはHDDほど歴史がないので、寿命に関しては確定的なものはありません。ただ、SLCタイプは高価だけど寿命は長く、MLCタイプは安価だが寿命は短いという分け方はあります。値段もSLCとMLCでは2倍以上違いますし、一般的に流通しているのはMLCタイプばかりです。SLCは大量アクセスが多いサーバや法人向けNAS用などにすみ分けてますね。

MLCタイプで容量、アクセス速度(ベンチマーク)が同じならばそれほど価格差はありません。極端に高い場合は単に価格の改定を行わなかったか、古いままの値段というだけでしょう。また、新しいものはスペックが同じでも幾分高いものです(しばらくすると値落ちして同じような値段になります)

値段がいきなり高い場合はSLCタイプの場合もありますのでスペックを確認しましょう。SLCタイプは理論値でMLCタイプの10倍の寿命といわれています。MLCタイプでも個人用途では数年つかえても、アクセス回数が莫大な業務用サーバ(個人用途では数分に数回でも、業務用DBサーバなら1秒間に数千回以上はざらです)では1~2か月という検証結果(あくまでアクセス回数による換算でSSDで実地検証したわけではないようです)もあります。

値段差はブランドにおける信頼性(SSDにも初期不良・外れ品はありますから)や様々な付加機能でしょうけど、SSDの仕組み自体を変える画期的な機能はまだなかったはずです。ソフト制御で、アクセスが集中する場所を分散させて寿命を少しでも長くする程度でしょうか。

SSDはHDDほど歴史がないので、寿命に関しては確定的なものはありません。ただ、SLCタイプは高価だけど寿命は長く、MLCタイプは安価だが寿命は短いという分け方はあります。値段もSLCとMLCでは2倍以上違いますし、一般的に流通しているのはMLCタイプばかりです。SLCは大量アクセスが多いサーバや法人向けNAS用などにすみ分けてますね。

MLCタイプで容量、アクセス速度(ベンチマーク)が同じならばそれほど価格差はありません。極端に高い場合は単に価格の改定を行わなかったか、古いままの値段というだけでしょ...続きを読む

QシステムドライブであるCドライブ現在240GBのSSDを1TBか2TBのHDDに交換可能?

Cドライブが満杯になってきたので上記のような交換をしたいと思っているのですが上記のような大容量のHDDに交換することはできますか?一応Cドライブから他のドライブへ自分で考えて移動させても大丈夫と思えるファイルファイルをすべて移動させたのですがそれでもプロパティでは空き容量2GBと表示され危険を表す赤棒が表示されています。なお他にDドライブ500GB、Eドライブ2TBのハードディスクを内蔵しています(Eドライブは増設したものです)。現在CドライブのSSDも当初の80GBから現在の240GBSSDに交換し元々のSSD80GBは空きスロットに入れてます。
なおパソコンはドスパラのBTOパソコンでCドライブの交換は以前に自力で行ってますのでその作業に関しては問題ありません。

Aベストアンサー

ANo.2です。

Microsoftのゲーム類は、それ程容量を食っているわけではないと思うので、削除しても "すずめの涙" 程度でしょう。まあ、このような状況では、アプリケーションの削除(コントロールパネルでのアンインストール)を行おうとしても、どれが必要でどれが不必要と言う判断も難しいでしょうから、やはり大容量への換装が一番のようですね。

因みに、管理者としての実行には、下記の方法があります。
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/230789.html

アプリケーションを削除する際、直接の削除(右クリックのメニューからの削除やDelキーでの削除)は、レジストリに登録されているプログラムの場合、システム不良の原因になますので、やらないで下さい。これらは、コントロールパネルでのアンインストールでの削除が必要です。もし、コントロールパネルのソフトウエア登録にない場合は、デフォルトで組み込まれている可能性もあります。削除の可否の判定は難しいのですが、可能ではあるでしょうけれど、何らかの齟齬が生じるかも知れません。また、自分でコピーしたフリーソフト類は、レジストリに登録していなければ、そのまま削除可能です。っどちらにしても、よく判らないのであれば、そのままにしておいたほうが安全です。
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011022 ← Windows7
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014724 ← Windows8/8.1
http://magazine.synapse.jp/info/post-3560 ← Windows10

正しい手順でアプリケーションの削除を行わないと、回復不可能な損傷をシステムに与えますので、注意してください。

1TBのHDDのお薦めは下記です。
http://amazon.co.jp/dp/B016CWSOK2 ← ¥6,252 7200rpm キャッシュ 64MB 静からしいです。
500GBのお薦めのSSDは、下記です。
http://amazon.co.jp/dp/B00S1V3G3I ← ¥21,689 かつての235GBの値段ですね。
960GBや1TBのお薦めのSSDは、下記です。
http://amazon.co.jp/dp/B00S1V3GEC ← ¥44,050 高いけれど、買えない価格ではなくなって来ました。

ANo.2です。

Microsoftのゲーム類は、それ程容量を食っているわけではないと思うので、削除しても "すずめの涙" 程度でしょう。まあ、このような状況では、アプリケーションの削除(コントロールパネルでのアンインストール)を行おうとしても、どれが必要でどれが不必要と言う判断も難しいでしょうから、やはり大容量への換装が一番のようですね。

因みに、管理者としての実行には、下記の方法があります。
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/230789.html

アプリケーションを削除する際、直接の削...続きを読む

Q【今後】 SSDの性能向上、価格下落は?

はじめまして。
現在、サブで使用しているレッツノートR3のHDDをSSDに
換装してみようかと思案中です。
(SATAでなくIDEインターフェイスです)

ただ、現状の製品ではプチフリや、書き込みの遅さなどの
問題もあるようですね。
雑誌等の情報では、今年度中にはそれらの問題も解決して
さらに高速化された製品が登場するであろうと。
しかも、価格相場も下落して安価で入手できるかも。

そう考えると、今はまだ「待ち」の状態かなと思いますが
PC関連に詳しい方のご意見をお伺いしたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

SSDって今一番値下がりの激しいパーツで、おそらく年の単位でこの状況が続くと思います。今からそんな心配をしているようでは、夏まで待って安くなっても値下がりが止まらない、どうせここまで待ったんだし、さらに冬まで待てば…の無限ループに陥るさまが目に浮かびます。

待って安く買うことも重要でしょうが、PCのアップグレード機会を逸してしまうことも考えるべきと思います。PATA接続の製品が見あたらなくなる状況も考えておくべきかも知れません。高速品になればなるほど、SATA接続になるでしょうから。それにもし一年待てば、うっかりするとPCごと変えちゃえなんてことになりませんか?

とは言え、今のSSDには問題がある製品が存在することも事実ではあるため、急いでいないのなら、夏まで待って決断するのも悪くないとは思います。でもそこで決断できない場合は、おそらくもうそのPC用としては買わない予感がしますよ。

Q内蔵SSDからソフトを立ち上げ、外付けHDDを内蔵SSDにクローンコピー

素朴な質問です。
内蔵SSDにWin8.1とクローンソフトが入っています。
外付け(USB)HDDにWin10と自分のデータが入っています。
内蔵SSDからクローンソフトを立ち上げ、外付けHDDの中身を内蔵SSDにクローンコピーできるでしょうか。

Aベストアンサー

ANo.3 です。

EaseUS Todo Backup Free 9.2 でも、クロ-ンを行ってみました。同様にできるようです。クローン元を D:ドライブに、クローン先を C:ドライブにして、クローンを実行したら受け付けてくれました。

再起動を求められ実行し、私のノートパソコンではブートメニューで C:ドライブの SSD を選び、EaseUS Todo Backup Free 9.2 が起動しました。AOMEI と同様、マウスが使える専用画面でした。メッセージは英語でしたが、操作に迷うことは無かったです。

ただ、結果は思わしくなかったです。クローンは成功したのですが、起動時にエラーが出ました。EaseUS は自由度が高くて良いソフトウェアですが、このあたりが一寸弱いなと感じます。Acronis や AOMEI は、この点堅実だと思いした。まあ、これは私のノートパソコンに限ったことかも知れませんが。
ブルースクリーン 0x0000000e

下記のページの後半に、対処方法が書いてあります。
http://pssection9.com/archives/data-migration-from-the-ssd-to-the-ssd.html ← "コマンドプロンプトとスタートアップ修復ツールを使って修正"

これが面倒なら、AOMEI の方が良いように思います。私の環境では、AOMEI は何もせずに立ち上がりました。それで、EaseUS でクローンした SSD は外して diskpart で clean し、ブートディスクで起動し Acronis にてクローンしました。今は、正常です。

ANo.3 です。

EaseUS Todo Backup Free 9.2 でも、クロ-ンを行ってみました。同様にできるようです。クローン元を D:ドライブに、クローン先を C:ドライブにして、クローンを実行したら受け付けてくれました。

再起動を求められ実行し、私のノートパソコンではブートメニューで C:ドライブの SSD を選び、EaseUS Todo Backup Free 9.2 が起動しました。AOMEI と同様、マウスが使える専用画面でした。メッセージは英語でしたが、操作に迷うことは無かったです。

ただ、結果は思わしくなかったです。クローンは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報