EVA=NOPAT-WACC×投下資本で表わされるようですが、右辺の式を構成する内容に
ついて質問させてください。

NOPAT=税引き後営業利益ですが、営業利益+受取利息・割引料×(1-税率)
でよいでしょうか?

投下資本について
短期借入金+固定負債+株主資本、でよいでしょうか?

投下資本 首・期末・期首+期末平均値のいづれを使うのでしょうか?

A 回答 (1件)

NOPAT=EBIT[経常利益-受取利息+支払利息]x(1-実効税率) です。



投下資本については ?です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上高増による営業利益増について

次のような事象があるとします。

売上高10,000
営業利益 1,000(営業利益率10%)

売上高増と販売促進費増により

売上高15,000
営業利益1,000(営業利益率6.7%)

となった。

このような場合、簡便的に考えた場合、売上高増が寄与した営業利益の増は
(15,000-10,000)×10%

となるのか

(15,000-10,000)×6.7%

のどちらになるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

仰る通りです。何らかの販売管理費増加や研究開発費
の増加で売上利益以下の経費が増大したため、売上高
と売上利益は拡大したものの営業利益は前年と同額になり、
営業利益率=営業利益/売上高は減少したという事です。
キャッシュフローを見てみるとその原因が良く分かると思います。

Q利益率を計算する際の利益って、税引き前利益ですよね?

よく会社で利益率10パーセントを目指すとかいいますが、その利益率を計算する際に使用する”利益”って、”税引き後利益”ではなく”税引き前利益”ですよね?

Aベストアンサー

参考になればと思います。

参考URL:http://manabow.com/qa/rieki_ritu.html

Q総資本営業利益率について

総資本営業利益率の算出式は
総資本営業利益率(%)=営業利益÷総資本×100
ですが、営業利益がマイナスになり、営業損失となった場合はどのように計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 営業損失となった場合はどのように計算すればいいのでしょうか?

そのまま計算します。
結果はマイナスの%になります。

平成10年度の資料ですが、中小企業では総資本営業利益率がマイナスの企業が30.6%、プラスの企業が69.4%でした。これに対して、大企業ではマイナスの企業が13.5%、プラスの企業が86.5%となっていました。

参考URL:http://www.meti.go.jp/statistics/downloadfiles/h2c7k1aj.pdf

QROAの式は、税引き後利益÷総資産?税引き前ではだめですか?

こんにちは、みなさん!!

指標にROAがあります。式は税引き後利益÷総資産だと
思います。そこで質問です。

Q.ROAを出すのに、税引き後ではなく、税引き前利益÷総資産だと
  問題はありますでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>Q.ROAを出すのに、税引き後ではなく、税引き前利益÷総資産だと
  問題はありますでしょうか?

テストに解答する場合
 問題がありますので、当期純利益を分子としてください。
経営状態を分析する場合
 問題ありません。ただし、下記に留意してください。
 ○自社内で使用する場合は”問題ありません”。
  ※同一の算出方法で計算したROAを比較してください。
 ○他社と比較する場合は”問題があります”。
  ※他社も税引き前利益を分子として算出すれば、問題はありません。
 ○公表する場合
  ※ROAの算出根拠を脚注等で明記してください。


ROAは下記の算式となります。(くどいですが)
    当期純利益÷総資産
当期純利益は、”年税額”が控除された金額です。
総資産(総資本)には、”未払い”法人税(等)が含まれます。

この場合、決算日の損益計算書、貸借対照表を反映していますから正しい計算
とも考えられますが、当期純利益では法人税の年税額の全額が控除されています。これを、
未払い法人税として年税額の一部が含まれている総資産で除算しています。

税引き前当期純利益÷総資産で算出した場合、税金が控除されていない純利益を、
”未払い”税金(法人税の一部)が含まれている分母で除算する事になります。
つまり、どちらで行っても誤差は発生しているとも言えます。

 ROAは”率”を算出するものです。率は”何”と”何”かを「比較」する為に
 存在しています。
 (数値がが異なるものを、同一”物差し”で比較するため)
 比較の対象は、
   ○他社
   ○御社の現在・過去・未来
  どちらかの比較になると思われます。(両方かもしれません)
 よって、比較の対象が御社の過去や未来との比較であれば、同一の前提で
 算出を行えば比較資料として充分機能します。
 よって、他社も同じ算式で算出すれば充分比較できる資料となります。
  ※同一の前提で算出された資料を比較してください。

>Q.ROAを出すのに、税引き後ではなく、税引き前利益÷総資産だと
  問題はありますでしょうか?

テストに解答する場合
 問題がありますので、当期純利益を分子としてください。
経営状態を分析する場合
 問題ありません。ただし、下記に留意してください。
 ○自社内で使用する場合は”問題ありません”。
  ※同一の算出方法で計算したROAを比較してください。
 ○他社と比較する場合は”問題があります”。
  ※他社も税引き前利益を分子として算出すれば、問題はありません。
 ○公表する場合...続きを読む

Q「銀行に営業利益は存在しません」と書いてあるのですが、決算短信には掲載されています。どういう意味?

銀行の営業利益が分かりません

・「営業利益は存在しません」と書いてあります
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141051231

・しかし、決算短信に営業利益は掲載されています
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

・銀行では、営業利益を業務純益として表示するのだと解釈したのですが、では、銀行の決算短信に掲載されている営業利益は何を意味するのでしょうか?
・銀行というより銀行グループだから営業利益が存在している、ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

>「株式会社 みずほフィナンシャルグループ」は、グループ全体を指しているのではないのでしょうか?

違います。「株式会社 みずほフィナンシャルグループ」にもみずほ銀行にも社長がいます。

>・「連結グループ全体」=「みずほFG」+「みずほ銀行」+ etc … ということでしょうか?

そうです。

>・グループ全体を指す言葉は何かあるのでしょうか?

みずほ

株式会社 みずほフィナンシャルグループの概要はこちら。
http://www.mizuho-fg.co.jp/company/info/index.html

Q経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんで

経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんですか・・・

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます。
  ※金利は、お金を借りていれば日常的に支出されますが、本業の儲け
  (費用)ではありませんので、経常利益に含まれます。
 
税引き前当期純利益
 今期発生した全て(税金を除く)の損益を表します。
  ※経常利益に特別損益を加減算します。
 <例>
 不動産業以外の会社が、会社の所有する土地を売って儲けたのであれば、こ
 れは普通(経常)には計上されるものではありませんので、特別損益とし
 て当期純利益に含まれます。


以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なる場合があります。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます...続きを読む

Q営業利益と売上

技術系なので会計などには疎いです。

売上がいくら多くても営業利益が低かったら良くないですよね。

単純に考えたら、楽天とかyahooとかネットビジネスは原価とかあまり関係なくて営業利益が高そうな気がします。

逆に商社なんかは売り上げは10兆とかいってますが、営業利益は低そうな気がします。

営業利益率と売上ともに高い業界はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

コンビニ業界 なんかはどうでしょう。

Q営業利益 純利益 経常利益 の違いを教えて下さい。

日本経済新聞を最近よく読んでいるのですが、
いつも営業利益 純利益 経常利益 の三つの利益で○%増・減 といった
記事が出ています。

この三つの利益はどのように違うのでしょうか?
調べたのですが、言葉が難しすぎてよく分かりません。

中学生がわかるくらいの言葉に噛み砕いてご説明頂けるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

売上高から単純に売上原価を引いた額が営業利益です。
でも、営業はそもそも組織があって、出来ることですよね。
その組織があるから必要になってくる経費や
営業目的以外の収入も加えてプラスマイナスすることで、
経常(的)利益が出ます。
次に考えるのが経常的でない特別な損益と税金ですね。
それらも更にプラスマイナスし、
真の利益(純利益)としている訳ですね。

Q粗利益・営業利益・経常利益の上手い表現を教えてください。

私なりに考えて

 粗利益=企業の市場における競争力の大きさを表す
 営業利益=企業本来の営業活動による成果を表す
 経常利益=営業外の活動を含む会社全体の利益を表す

と表現しました。そこで、粗利益のように「競争力」といった
端的な単語で営業利益・経常利益を表現できたらいいなと思います。

 粗利益=企業の市場における競争力の大きさを表す
 営業利益=
 経常利益=

しっくりとくる表現がありますでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4847028.html

>端的な単語で
どういった”単語”を求めているかその種類が何か
やはり分からないですが、どういった”力”であれば

営業利益=企業の本業での収益力
経常利益=企業の毎期通常の収益力
でしょうか。

若しくは
粗 利 益⇒企業の、商品またはサービスの競争力(付加価値力)
営業利益⇒企業の、営業活動による競争力
経常利益⇒企業の、営業活動と財務活動を併せた全体の収益力

財務分析による、収益性分析などでこのようは表現を
もちいり説明する事があります。

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報