【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

30代から資格のみで得られる仕事はあるのでしょうか?

職歴は短期職歴が少しあり、あとはアルバイトで食いつないできました。

求職中ですが、なにか資格を得てから、専門的な仕事に就きたいと考えています。

資格を得るために、時間やお金がかかってしまうことは不安ですが、なんとかやっていきます。


社会人になってから、資格で仕事を始めた方がいらっしゃったらお話を伺いたいです。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自動車運転免許、教員免許等でしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/02 07:24

“30代から資格のみで得られる仕事はあるのでしょうか?”


電験三種なんてどうでしょうか?

http://www.chemchina.net/category1/entry4.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/02 07:25

将来、どんな仕事やどんな生活をしたいんですか?


それによって、資格の内容が変わってくると思います。

それに、今の時代、資格で仕事が出来るほど、甘くないです。

資格は、あくまでも知識を持っていますという証明にしかすぎません。
資格があって、その資格を活かした実績・経験があって、初めて仕事して行かせます。


何でもかんでも、資格を取れば安泰という時代は終わりました。

まずは、自分がどんな仕事をしたいかを考えてみたらどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。

お礼日時:2014/07/02 07:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全くのド素人。日商簿記二級のレベルと勉強方法!

はじめまして!27歳、社会人の男です。以前の職場で、経理及び管理の仕事をしていたのですが、簿記などの資格はなしで行っていました。

現在転職をし、社内の総務として働き、すでに1年くらい経つのですが、上司から「経理の女性が辞める事もあり、ぜひ前職での経験も活かしながら経理をしてみないか?」と言われました。僕自身とても興味もあり、是非してみようと思っているのですが、やはり自分自身のレベルアップのためにも、日商簿記の2級を勉強してみたいと思っています。

そこで質問なのですが、僕は工学部の大学卒という事もあり(ただたんに前職では引継ぎ関係で僕が経理をしばらくしていただけ)、簿記なんて全くわかりません。どんな問題なのかすらも、解いた事もなければ問題を見たこともありません。

難易度と、勉強期間(どれくらいの期間まじめに勉強すれば合格できるレベルに持っていけるのか)、また、お勧めの参考書や問題集などがあれば、是非教えて下さい。
試験は11月に受けようと思っています。(難易度的に絶対的に時間が足りないようでしたら先延ばしで受けますが・・)

特に難易度については本当に全くわかりません。一般的に勉強して受かるレベルなのか、みっちり一日2時間くらい勉強しても半年じゃ足りないくらいの難度なのか・・。
自分自身、簿記を今からゼロから始めるという状況ですので、質問ばかりで大変申し訳ないのですが、教えていただければ幸いです。

はじめまして!27歳、社会人の男です。以前の職場で、経理及び管理の仕事をしていたのですが、簿記などの資格はなしで行っていました。

現在転職をし、社内の総務として働き、すでに1年くらい経つのですが、上司から「経理の女性が辞める事もあり、ぜひ前職での経験も活かしながら経理をしてみないか?」と言われました。僕自身とても興味もあり、是非してみようと思っているのですが、やはり自分自身のレベルアップのためにも、日商簿記の2級を勉強してみたいと思っています。

そこで質問なのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

 同じく社会人で、3年ほど前になりますが、日商簿記3級(第107回)を1ヵ月程で取得、その年の11月に2級(第108回)をいずれも独学で取得した者です。
 仕事をしながらの勉強でしたので、夜9時以降と早朝しか学習時間は取れませんでしたが、とにかく毎日簿記に触れるように心懸けていました。
 全経は受験経験がないため、日本商工会議所主催の簿記検定に限ってお話させて頂きますが、狙われる出題の傾向はある程度同じです。読みやすい参考書を用意して、問題集はあれこれ手を出さずに、過去問を繰り返し解くのが手っ取り早いです。私の場合、参考書は中央経済社でしたが、実用書といった感じで、学習簿記にはやや難解でした。受験生向きに有名専門学校が出版している本が無難でしょう。
 また、この試験は回ごとに問題の選出にカラーがあり、出題者の性格にもよるでしょうが、残高試算表など計算量の多い体力勝負の内容だったり、凝った仕訳を書かせるような電卓を叩く回数より論理的思考力を問うものが中心だったりします。
 日商簿記検定では、2級の試験は午後からですが、先に3級の試験が午前中にあります。例年、3級と2級の難易度の波は連動しているようなので、3級を受験してみて手応えをみるといいかも知れません。
 自分が初めて3級を受験した第107回は、2級の合格者率が1級合格者率(1級合格者は受験生総数の上位10%前後の成績を修めた者とされる)を下回る、ここ数年にはないというレベルの高さでした。易しいとされる3級の試験問題の内容も、過去問で難易度が高い部分を選り好んだような内容で、合格者も例年より1割減でした。
 第107回終了後、商工会議所に抗議の電話が殺到したとの噂も聞きましたが、次に受験した第108回の2級は、受験生には良心的な骨抜き問題ばかりで、40%は合格していました。この回に2級を受験した者はラッキーだったはずです。
 私の体験は極論に過ぎませんが、こういった場合も実際あったように、問題作成者によって、その回ごとに難易度の波は、確かにあるように思われます。合格者のかたの話を聞き、学習量の目安を立てられるのはもちろん重要な事ですが、一概に、これだけやれば大丈夫。とも言い切れない部分は、当然出て来ますので、その点はご用心くださいね。
 時間と予算が許すのであれば、出来れば独学より専門学校の講座を受講された方が、効率よく中身ある学習が出来ると思います。2級(3級)は飽くまで簿記の全体像の一部をかじるに過ぎず、よって学習する内に「なんでこうなるの?」「じゃあここは?」と次々に疑問が湧き出てくるのが簿記の勉強です。簿記カテゴリーの投稿数の勢いを見ても、そのことは判ると思います。一度「なんで?」というツボにハマってしまうと、2時間なんてあっという間に経ってしまうものです。
 3級、2級、1級と段階ごとに、ここまでが押さえるべき重要点、ここからは範囲外なので未だ考えなくてよい、という一種の「力加減」が必要になってきたりしますし、例えば精算表は縦より横に仕上げた方が点数を稼ぎやすいなどの試験テクニック、1級まで進むのであれば、企業会計原則などの法律改訂に伴って憶えておくべき論点の優先順位(法律は、2級までなら特に大きな影響はありません。)などは、独学ではカバーしきれないものがあります。私は無理に独学を続けたばかりに、無駄な労力や誤解を積み重ねてきてしまい、今、後悔している部分もあります。
 独学で得た分、合格の喜びは大きいとは思うのですが、出来れば要らぬ苦労はして欲しくないなと思います。
 と、あなたに回答しているこの自分こそ、11月に日商簿記1級の受験を考え、準備中の段階の青二才です。生意気なこと書いてごめんなさい。
 頑張りましょう^^

 同じく社会人で、3年ほど前になりますが、日商簿記3級(第107回)を1ヵ月程で取得、その年の11月に2級(第108回)をいずれも独学で取得した者です。
 仕事をしながらの勉強でしたので、夜9時以降と早朝しか学習時間は取れませんでしたが、とにかく毎日簿記に触れるように心懸けていました。
 全経は受験経験がないため、日本商工会議所主催の簿記検定に限ってお話させて頂きますが、狙われる出題の傾向はある程度同じです。読みやすい参考書を用意して、問題集はあれこれ手を出さずに、過去問を繰り返し解く...続きを読む


人気Q&Aランキング