商品発送時の送料や消耗品の購入などは現金で支払っています。
手元にある事業用の現金が少なくなってきたので、事業用口座から新たに現金を引き出しました。

このような場合、どのように仕訳すれば良いでしょうか。
初心者のため可能な限り詳しく教えていただけますと大変助かります。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

>事業用口座から新たに現金を引き出しました…



【現金 100円/普通預金 (or 当座預金) 100円】

>商品発送時の送料…

【荷造運賃 20円/現金 20円】

>消耗品の購入…

【消耗品費 30円/現金 30円】
    • good
    • 6
この回答へのお礼

非常に悩みましたが、それぞれの仕訳方法を詳しく書いてくださった回答をベストアンサーとさせていただきました。

ご回答いただきありがとうございました。
本当に助かりました。

お礼日時:2014/06/21 13:57

かりに、商品をユーメールで発送し、350円の送料を現金で払った、という場合、




◇「事業用の現金」を持つ場合の仕訳は、

〔借方〕通信費 350/〔貸方〕現 金 350



◇「事業用の現金」を持たない場合は、「生活用の現金」で支払うわけですから、

〔借方〕通信費 350/〔貸方〕事業主借 350
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2度もご回答いただきありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2014/06/21 14:01

おはようございます。




>事業用口座から新たに現金を引き出しました。

もし、2万円を引き出したのなら、

◇「事業用の現金」を持つ場合:

〔借方〕現  金 20,000/〔貸方〕普通預金 20,000

◇「事業用の現金」を持たない場合:

〔借方〕事業主貸 20,000/〔貸方〕普通預金 20,000

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔参考〕【個人事業の会計の仕組みについて】

個人事業主は、一人の人間が二つの側面を持ちます。生活主という現実的な側面と、事業主という仮想的な(バーチャルな)側面です。生活主と事業主との間で、毎日のように資産や債権のやり取りが行われるので、それらを会計的に誤りなく把握して記帳しないと事業の決算に誤りが生じ、ひいては、納付すべき所得税や住民税の金額にも誤りが生じかねません。

◇個人事業主が「事業用の現金」を持つならば、それを管理するために、事業用の財布(金庫)と生活用の財布の二つを持つことになります。そして、「事業用の現金」の動きと残高を記録するための現金出納帳が必要になります。毎日、現金出納帳に記入しなけらばならないことになります。
※このとき、「生活用の現金」が動いても記録しません。もちろん、家計簿をつけている人は記録するでしょうが。

かなり面倒くさい作業なので、しかも現金の動きの記録を間違えれば決算の誤りを誘発するので、私は、いっそのこと、「事業用の現金」を持たない方が良いと主張しています。

もし「生活用の現金」で事業用の電車代150円を払ったら、
〔借方〕旅費交通費 150/〔貸方〕事業主借 150
【摘要欄】京王井の頭線 下北沢~渋谷

と仕訳すればよい。

「事業用の現金」を持たなければ、金庫は必要ない、現金出納帳も必要ないのですから負担が軽くなりますよ。検討してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考まで記載していただきありがとうございました。
とてもわかりやすかったです。
「事業用の現金」は持たないほうがいいというご意見も大変参考になります。

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2014/06/21 13:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喪中の友人からお祝い。内祝いのしの表書きは『内祝い』で大丈夫ですか?

こんにちは。
お世話になっております。

このたび結婚しましたが、式に呼べなかった友人・知人からもたくさんのお祝いの金品をいただきました。今、順次お礼(内祝い)を送っております。

ところで、この友人の中に、今喪中の方がいらっしゃいます。
年賀状などの祝い事・お歳暮や年賀状・お年賀などは『寒中お見舞い』とするのを知っていますが、結婚祝いの御礼をお送りするのに、御のしの表書きは『内祝い』でよろしいのでしょうか?
喪中の方に結婚内祝いとは言え、『祝い』はよろしくないものなのでしょうか?
お詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

本来喪中であれば「お祝い」を贈ってももらってもいけないのです。
ご質問の場合はもう12月ですから喪が明けるまであと1ヶ月待ってから「内祝い」で差し上げるという方法があると思います(私はこの方法でした)。
どうしても1ヶ月も待てないのであれば、無熨斗で「御礼」と書いてお贈りするのでも良いかとも思います。

Q現金仕訳で、事業主貸と事業主借の仕訳で困っています

個人事業主で本年度から青色申告者です。現金の仕訳についてですが、事業主貸と事業主借の仕訳に困っています。

現金の仕訳についてですが、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸し/普通預金 (適用)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (適用)月分給料 」
「・・・・・・・ /預り金(適用)預り金 源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」などと仕訳を行っています。

しかし、勘定科目の「現金」はマイナスが増えて行くだけで困っています。


自分なりの考えとしまして、(1)預金から引出した後、必要に応じた金額を「事業主借/現金」の仕訳を行ってから(2)(3)の仕訳を行う
のかとも思っています・・・
それとも、根本的に全く仕訳方法が間違っているのでしょうか?


生活費や個人的嗜好品などの購入も(1)の仕訳で預金から引出した現金を使っています。
これに対しても何かの仕訳をしなければいけないのでしょうか?

どうか良いご回答をお願いします。

Aベストアンサー

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事業主借 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/事業主借」


私ならBの方を選びます。シンプルであり間違いが少ないので。

現金勘定を使うと、仕訳処理が非常に複雑になり、また現金の管理も面倒です。事業用の現金と生活用の現金を区別して管理しなくてはなりません。

また、事業用の現金で生活費や個人的嗜好品などを購入する場合も仕訳が必要になります。しかし、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」

で処理しておけば、現金で生活費や個人的嗜好品などを購入しても仕訳は不要です。

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事...続きを読む

Q3ヶ月でも内祝いですか?

8月に出産し(里帰り),10月の終わりに自宅に戻ってきました.
出産前の勤め先の同僚に出産祝いを最近頂きました.
内祝いを・・・と思ったのですが,もう生後3ヶ月になります.
この時期でものしの表書きは内祝いでいいのでしょうか?

御回答お願いいたします.

Aベストアンサー

私の場合、半年後でも出産祝いに内祝いでしたよ。
相手の方が出産祝いで下さっているのなら、内祝いで良いと思います。
インターネットではよく、1年くらいたっていたら、出産祝いで送らないとなっています。

Q送料込と送料別の仕訳と発送費について

送料が500円で
送料込10,000円。送料別9,500円で販売します。

売れた時、手元に残るのはどちらも9,500円。
帳簿に記入するときは、
<送料込>
現金 9,500 / 売上 10,000
発送費 500

<送料別>(商品9,500 + 送料500 = 10,000円入金されました)
現金 10,000 / 売上 10,000

この記入であっていますか?
発送費を店側が持つか、客が持つかなんですが。
送料込(店側負担)だと発送費が
経費にできる分得だと思うのですが…。

知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

■<送料込→送料当社負担>
・発送したとき
売掛金 10,000   売上 10,000
発送費  500    現金  500

・代金を回収したとき
現金 10,000    売掛金 10,000

上記をまとめたとして、

現金 9,500    売上 10,000
発送費 500


■<送料別→送料先方負担>
・発送したとき
売掛金 10,000   売上  9,500
            現金  500

・代金を回収したとき
現金 10,000    売掛金 10,000

上記をまとめたとして、

現金 9,500    売上 9,500

>送料込(店側負担)だと発送費が
>経費にできる分得だと思うのですが…。
そのようなことはなく、
・送料当社負担であれば
 収益=売上10,000-送料500=9,500
・送料先方負担であれば
 収益=売上9,500
となり、手元に残る現金がどちらも9,500円という前提であれば、どちらも同じ収益です。

Q祝儀の表書きに御厚志ってありますか。

祝儀の表書きに御厚志ってありますか。
この度会社から社会福祉協議会に現金を渡すことになりました。
寄付でもなく、そこの地域にお世話になっているからだそうです。
そこで表書きなのですが、寸志では失礼にあたると思うのですが。。
御厚志?は表書きに適しているでしょうか。(金額は数十万になると思います)
どなたかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

「寸志」は目上の人には使わないようにと書いてある本もありますね。
「ご厚志」は#1さんはおっしゃるように、自分のことに使うのはおかしいです。
蝶結びののし袋で「金一封」「寄贈」「贈呈」「贈」あたりではないでしょうか。

http://www.gifthonpo.com/index.php?main_page=page&id=15&chapter=20

「志」は不祝儀で使う表書きです。

Q家事と事業が混在している口座での事業主貸と事業主借の仕訳方法について

基本的なことですが、判らないので教えてください。

日常の生活費の中に、事業に関する入出金が混在しています。事情があり、口座を分けることができません。

青色申告(正規の簿記)をしているのですが、預金出納帳については、少なくとも期首と期末で残高が一致している必要がありますので、年末にまとめて、事業主貸・事業主借の仕分けを入れて、少々無理やりですが一致させようとしています。


その場合にはどのように記帳すれば良いでしょうか。

----------------------------
1). 記帳よりも、口座残高が多い場合

事業主借で、差額を預け入れ


2). 記帳よりも、口座残高が少ない場合

事業主貸しで、差額を引き出し
----------------------------

という仕分けをすれば良いでしょうか、、、。


基本的部分なのですが、判っていません。

ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

家事用が主で使用ならば、その通帳の管理自体・帳簿をつける必要はないので、入出金が発生した都度、または年末にまとめて

経費科目/事業主借

で計上したら良いのではないでしょうか?
通帳は保管しておかないと駄目ですけどね。

もし、事業用として口座を管理されるなら
事業主貸科目を使用でいいですよ。

「家事用で出金した場合には事業主貸しで、引き出し」
事業主貸/普通預金 ですね

家事用で入金した場合には事業主借で、預け入れ

預け入れというのは口座に現金を入金される時ですよね?
家事用で入金というのは、現金の出所が事業からでなく
家事用からということですか?だとしたらOKです。
(普通預金/事業主借)
事業用の現金からなら
(普通預金/現金)で良いです。

Q出産内祝いの相場

こんにちは。

出産祝いに、ロンパースやスタイ、赤ちゃん用のおもちゃ等を詰め合わせにして、自分でラッピングして贈りました。
品物だけで、総額9000円くらい。
そして、ママへのお祝いに、写真立てをプレゼントしました。
その後、内祝いにタオルを頂きましたが、それは1500円のタオルでした。
姉の出産内祝いを選ぶ手伝いをした時に見かけたタオルと同じだったので、値段を知ってしまいました。

出産内祝いの相場は、頂いた金額の半額~3分の1だと思ってたんですが、このくらいが相場ですか?
現金を頂いた時はお返しを選ぶのが楽だと思いますが、皆さんは品物を頂いた時は、どのように内祝いを選んでますか?

お祝いや内祝いは値段ではなく気持ちだとは思うし、内祝いを頂いといて何ですが(-_-;
現金1万円を包んだ人との内祝いの差の大きさにちょっとモヤモヤします。
プレゼントした品物は、有名なベビー用品のブランドのものです。

Aベストアンサー

こんばんは(^-^)

私個人的には、相当額の半分にしていました。
(出産は、そうとう前なんです、、、ごめんなさい。)

現金の方も、そうでない方も、半額相当の商品券にしてました。

出産祝いに限らず、全てのお祝いへの「お返し」をそうしていました。

金額については、それが普通だと、身内にアドバイスされました。

確かに、お気持ちでしょうけど、、、、
1500円のタオルは、無いですね。。。。。。

入院した時に、自分が加入しているサークルから、お見舞いを頂いた時には、
皆さんに1000円程度のタオルにしました。

頂いたのが1万円だったので、
会員13名に渡すお返しの方が、高くつきました。
でも、損したとは、思いませんでした。
お気持ちが嬉しかったので・・・・。

Q預金口座から別の事業に支払った時の仕訳方法

メインのA事業用と、最近副業で始めた不動産賃貸のB事業を全く別にして、
記帳しはじめました。

現在、青色申告の整理中で、困っております。


以下の仕訳がわかりません。

例)
B事業(不動産賃貸)の経費(消耗品費)として1000円のものをネットにて購入しました。

不動産賃貸はまだ初めて間もないため、専用預金口座を作っていません。
そのため、代金を今まで使っていたA事業用の普通預金口座から振り込みました。

当初、

消耗品費 1000/ 普通預金 1000

と仕訳しました。

この積み重ねで6ヶ月ほど何件かを処理しました。



しかし、
期末になって決算処理すると、
普通預金がマイナスになり、、
しかも、A事業用の普通預金なので、残高も合いません。


そこで、「メイン事業預金口座」(現金、預金)という科目を作り、
次のように仕訳しなおしました。

消耗品費 1000/ メイン事業預金口座 1000

これで、A事業の普通預金と、後日新たに作ったB事業の普通預金との
区別はできるようになりましたが、
それでも、貸借対照表には
「メイン事業預金口座」科目がマイナスになります。


どのように処理したらよいか
アドバイスをお願いいたします。
このようなときに使える科目、仕訳方法がありましたら、
お教えください。

メインのA事業用と、最近副業で始めた不動産賃貸のB事業を全く別にして、
記帳しはじめました。

現在、青色申告の整理中で、困っております。


以下の仕訳がわかりません。

例)
B事業(不動産賃貸)の経費(消耗品費)として1000円のものをネットにて購入しました。

不動産賃貸はまだ初めて間もないため、専用預金口座を作っていません。
そのため、代金を今まで使っていたA事業用の普通預金口座から振り込みました。

当初、

消耗品費 1000/ 普通預金 1000

と仕訳しました。

この積み...続きを読む

Aベストアンサー

>当初、
消耗品費 1000/ 普通預金 1000…

個人事業の方ですね。
事業に関係ない出金は
【事業主貸 1,000円/普通預金 1,000円】

その上で、不動産所得も複式簿記をするなら、不動産所得の仕訳としては
【消耗品費 1,000円/事業主借 1,000円】
不動産所得が簡易簿記ならこの仕訳は無用です。

>普通預金がマイナスになり…

定期を担保にした総合口座の普通預金なら、マイナスになることもあります。
単独の普通預金なら、マイナスはあり得ません。

>しかも、A事業用の普通預金なので、残高も合いません…

預金通帳のとおりに記帳するだけですけど、なんで合わないのですか。
通帳に載っていない仕訳を入れたりしたらだめですよ。

>そこで、「メイン事業預金口座」(現金、預金)という科目を作り…
>消耗品費 1000/ メイン事業預金口座 1000…

もともとの「普通預金」とどう違うのですか。
意味がよく分かりません。

>後日新たに作ったB事業の普通預金との…

不動産所得用に新たな銀行口座を開設したのですか。
そうだとしても、その 1,000円は前からあった口座から出金しているのでしょう。
新しい口座は、今の話に関係ないですよ。

>それでも、貸借対照表には「メイン事業預金口座」科目がマイナスになります…

繰り返しますが、預金出納帳は、通帳のとおりに記帳していけば齟齬を生じることはありません。

>当初、
消耗品費 1000/ 普通預金 1000…

個人事業の方ですね。
事業に関係ない出金は
【事業主貸 1,000円/普通預金 1,000円】

その上で、不動産所得も複式簿記をするなら、不動産所得の仕訳としては
【消耗品費 1,000円/事業主借 1,000円】
不動産所得が簡易簿記ならこの仕訳は無用です。

>普通預金がマイナスになり…

定期を担保にした総合口座の普通預金なら、マイナスになることもあります。
単独の普通預金なら、マイナスはあり得ません。

>しかも、A事業用の普通預金なので、残高も合い...続きを読む

Q喪中のお宅に内祝いを渡す場合どうすれば?

こんにちは。
11月末に出産し、友人知人にお祝いをいただきました。
早く内祝いをお返しすればよかったのですが、子供だけ2週間近く入院が長引き12月の末にようやく手配しました。
年始も兼ねて友人に配ったのですが、そのうち1人のご両親(実両親)が年明けすぐに事故で亡くなりました。お葬式には参列しましたが両親を一度に亡くした友人の落ち込みはひどく、しばらく立ち直れない様子でした。
ご両親が亡くなったのが内祝いを渡すよりも先だったため、渡す予定だった品物はまだ我が家にあります。

今月末にその友人も交えて食事会を開く予定なんですが、内祝いをいつ渡せばいいんだろうかと・・・
その時持参しようかと思っていたんですが、まだご両親が亡くなって半年しかたってないしどうなんでしょう?

お返しなので早く返すのが礼儀のような気もしますが、祝いと名のつく物を喪中のお宅に差し上げるのも(ご両親とは同居でした)
それとも、のしの表書きを変えればいいんでしょうか?
「内祝い」となっているのを何と書けば?

無知ですみません、教えて下さい。

Aベストアンサー

通常であれば、お相手が喪中であっても内祝いは問題ありません。
でも、やはり「祝」って気になりますよね。

気になる場合には、「御礼」とするといいです。

後は。

悲しみは消えることはありませんが、亡くなって半年との事で気持ちは落ち着いてはいると思います。
様子伺いも兼ねて連絡を取って、お線香でもあげさせていただき、御礼をされたらいかがでしょうか。

Q仕訳を教えて下さい。 講師に礼金として小口現金より10,000円引き出

仕訳を教えて下さい。 講師に礼金として小口現金より10,000円引き出しました。同日に礼金9,000円を支払い3日後に源泉所得税1,000円を支払いました。小口引出日と源泉所得税の支払日が違います。この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

>同日10,000円引き出し、9,000円を支払い、1,000円は手元にありました。
これでは補足になっていません。本来、手元にある現金を「小口現金」と呼ぶのですから、御社における言葉遣いの問題かもしれませんが、「小口現金から引き出す」という表現自体が意味不明ですし、手元にある現金を小口現金にしない理由もわかりません。
単に手元現金を小口現金に含め漏らしていただけなら、No.4の方の回答通りで良いはずです。


仮に、御社の会計ルールで、金庫から現金を出すことを「小口現金から引き出す」という風に表現し、「手元の現金については小口現金とはしない」こととしているのだとしたら、その「引き出した現金」は、支払いが済むまでの間、あなたが管理していたのでしょうから、あなたに対する仮払金として処理するのが妥当でしょう。

・引出時
仮払金(質問者)10,000/小口現金 10,000
・講師支払時
支払報酬(講師謝礼)10,000/仮払金(質問者)9,000・預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000
・源泉所得税支払時
預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000/仮払金(質問者)1,000


あるいは「小口現金」と社内的に呼んでいる「預金」口座から「引き出す」のでしょうか。だとしたら引き出した時点で預金から現金に替わるということになります。本来「小口現金」というのはこのような手元の現金を指すものです。

・引出時
現金 10,000/○○預金(小口現金口)10,000
・講師支払時
支払報酬(講師謝礼)10,000/現金9,000・預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000
・源泉所得税支払時
預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000/現金 1,000

>同日10,000円引き出し、9,000円を支払い、1,000円は手元にありました。
これでは補足になっていません。本来、手元にある現金を「小口現金」と呼ぶのですから、御社における言葉遣いの問題かもしれませんが、「小口現金から引き出す」という表現自体が意味不明ですし、手元にある現金を小口現金にしない理由もわかりません。
単に手元現金を小口現金に含め漏らしていただけなら、No.4の方の回答通りで良いはずです。


仮に、御社の会計ルールで、金庫から現金を出すことを「小口現金から引き出す」という風に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報