新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

TKCの1伝票型で仕訳をする際に
買掛金が180,000円あって420円を先方負担で179,580円支払いました。
(420円は銀行側が先方手数料として自動で引かれます)買掛金は180,000円で前月計上してあります。
実際に支払った時どういう仕訳になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

買掛金180,000/現金179,580(相手受取り分)


       現金420(銀行受取分)
となるはずです。
当方の減る現金は180,000のはずです。

相手方では
現金179,580
支払手数料420/売掛金180,000

となります。

つまり当方では手数料はなんら関係しません。

この回答への補足

ご回答ありがとう御座います。しかし銀行から引落されるのは
179,580円なんです。買掛金が420円残ってしまいます。
返信お願いします。

補足日時:2007/03/27 17:28
    • good
    • 6

それは変ですね??


まず確認ですが、こちらの口座から減ったお金は179580円だけなんですね。銀行が先方手数料として引くならこちらは180000円へって相手に振り込まれる金額から420円減らすという処理になるはずですが・・・

振り込むお金179580円にしていて相手に振り込まれるお金は更にそこから420円減った金額になっていたりしませんかね?

契約上は180000円自体払うことが決まっているわけですから
相手方は420円の手数料を負担しなおかつ420円値引きしてくれたってことでしょうか?あまり考えられない処理ですね。

支払うお金を間違えているってことはないでしょうか?
そこから確認したほうがいいかもしれません。

そのうえで値引き等と話が付けば
買掛金/原価Or営業外収益などで処理すればいいかと思います。
    • good
    • 1

振込手数料:後払い


手数料負担:支払先
を自動で、ということではないのですか?
買掛金支払の時、
 買掛金180,000/預金179,580
         未払金(未払手数料)420
手数料引落しの時、
 未払金420/預金420
http://www.tabisland.ne.jp/qa/QAai.NSF/518cdef01 …

振込手数料の分が、預金から引かれないのであれば
 買掛金180,000/預金179,580
         雑収入(支払手数料)420
    • good
    • 11

買掛金 179,520円/普通 (or当座) 預金 179,520円


買掛金 420円/仕入割引 420円

左側は1行にまとめてもよいですけど。

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account5.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支払いの際、振り込み手数料を差し引いた場合の仕訳

ある工場で仕事をしてもらい、月末に代金を支払うことになりました。

もらっている請求書は、税込みで合計:20,000円でした。

支払いの際、銀行振り込みで振り込み手数料は工場さん負担で支払いました。

振り込み手数料は300円で、工場に支払った額は、19,700円でした。


仕訳的には、、

外注工賃 19,700 普通預金 19,700
支払手数料 300 普通預金 300

になると思いますが、
こうすると請求書の金額20,000円と一致しません。

こういう場合は、普通はどのように仕訳るのでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。

回答を書き直します。詳しく書きます。


◆工事代金を振り込む日と同じ日に、振込手数料が引き落とされる場合。

〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕普通預金300



◆工事代金を振り込む日よりも後の日に、振込手数料が引き落とされる場合。

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃19,700/〔貸方〕普通預金19,700

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕外注工賃300/〔貸方〕普通預金300


別の方法

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕未払金300

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕未払金300/〔貸方〕普通預金300


さらに別の方法

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕受取手数料300

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕支払手数料300/〔貸方〕普通預金300

この方法の考え方は次の通り。
(1)受取手数料:
本来、工場が当社へ集金に来るべきです。そのとき当社は現金を払います。しかし振り込んであげる場合は、先方は交通費が掛からない一方、当社には振込み事務の手間が掛かります。だから手数料300円を受取っても良いでしょう。
(2)支払手数料:
当社が銀行に振込を依頼するので当社が銀行へ支払う手数料です。

#4です。

回答を書き直します。詳しく書きます。


◆工事代金を振り込む日と同じ日に、振込手数料が引き落とされる場合。

〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕普通預金300



◆工事代金を振り込む日よりも後の日に、振込手数料が引き落とされる場合。

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃19,700/〔貸方〕普通預金19,700

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕外注工賃300/〔貸方〕普通預金300


別の方法

・工...続きを読む

Q振込手数料の仕訳(先方負担)

こんにちは。
早速ですが教えてください。

先日、先方より振り込みにて当社が行っているあるサービスAについて申し込みと入金がありました。
(普通預金 20000/20000 A収入)

しかし、先方より今回の申し込みについてキャンセルの連絡が入りました。
先方は「振り込み手数料を引いていいのでお金を返してくれ」とのこと。
うちの会社は今までこういう場合のキャンセル返金を「店舗への引き取り来店時のみ許可」で、私も何度か処理をさせていただいたことがあるのですが、
(この場合は  A収入 20000/20000 現金  です)

今回の先方はこちらの方の立場が少々弱いので無理が言えず、振込みでの処理で…となりましたが、仕訳がいまいちわかりません・・・

A収入 20000/ 19500 現金
              500 ???(振込手数料)

振込手数料?のような気もするのですが、手数料は通常借方の勘定だと思うので貸方にくるのは違うような気がします。
かといって他に何があるか・・・と考えたのですが、思いつきません。

初歩的な問題かとは思いますが、「これがいいんじゃ?」というようなものがありましたら教えてくださいm(__)m

こんにちは。
早速ですが教えてください。

先日、先方より振り込みにて当社が行っているあるサービスAについて申し込みと入金がありました。
(普通預金 20000/20000 A収入)

しかし、先方より今回の申し込みについてキャンセルの連絡が入りました。
先方は「振り込み手数料を引いていいのでお金を返してくれ」とのこと。
うちの会社は今までこういう場合のキャンセル返金を「店舗への引き取り来店時のみ許可」で、私も何度か処理をさせていただいたことがあるのですが、
(この場合は...続きを読む

Aベストアンサー

当社の仕訳
収入20000/現金20000

相手の仕訳
現金19500
支払手数料500  /仕入20000

こんな感じになります。
手数料を費用計上するのは相手先です。
また、当社から減るお金も20000のはずです。

Q振り込み手数料の仕訳

過去質問にも似たようなのはあったのですが、よく分からないので質問させてください。

(金額は例です)
買掛が100000円計上されていたとします。
振り込み手数料525円先方負担で99475円振り込みました。
ネットバンキングを使い手数料は翌月払いなので、今の時点では銀行残高から99475円しか減りません。
銀行残高にあわせるため、振込みの事実の伝票は99475円だけ計上します。

同様の事を繰り返していくと、総勘定元帳の買掛欄に振り込み手数料相当額がどんどん溜まっていってしまいます。
(買掛額より少ない金額しか支払っていないので当然ですね)
振り込み手数料分を預かり金にして複合仕訳にしてみましたが、預金出納帳の残高が実際の銀行通帳の残高と合わなくなってしまいました。
(※会計ソフトで自動計算されています)

振り込み手数料が買掛の分だけなら、翌月に手数料が引き落とされた時に精算すればいいのかもしれませんが、
ネットバンキングでの振り込み手数料は買掛の分だけではないので、買掛に余った額(と言えばいいのか?)とは一致しません。

買掛金の欄にどんどん溜まって行く振り込み手数料相当額はどう処理すれば良いのでしょうか?

あまりに初歩的な問題で、何か根本的な考え方が間違っているのかもしれません。
よろしくお願いします。

過去質問にも似たようなのはあったのですが、よく分からないので質問させてください。

(金額は例です)
買掛が100000円計上されていたとします。
振り込み手数料525円先方負担で99475円振り込みました。
ネットバンキングを使い手数料は翌月払いなので、今の時点では銀行残高から99475円しか減りません。
銀行残高にあわせるため、振込みの事実の伝票は99475円だけ計上します。

同様の事を繰り返していくと、総勘定元帳の買掛欄に振り込み手数料相当額がどんどん溜まっていっ...続きを読む

Aベストアンサー

>買掛が100000円計上されていたとします。
 振り込み手数料525円先方負担で99475円振り込みました。
       ↓
振込料は先方負担なので
買掛金 100,000    / 預金   99,475
              / 支払手数料 525

>ネットバンキングを使い手数料は翌月払いなので
      ↓
支払手数料 ×××   / 預金   ×××

になると思います。

ネットバンキングとの事ですが、99,475円を振り込むための525円と
翌月引落のネットバンキング手数料は同じでしょうか?
支払い時の先方負担分振込料と自社負担のネットバンキング手数料が
ごっちゃになっていませんか?

Q振込手数料の差額は「雑益」ですか?

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「雑益」として処理するのでしょか?

<窓口での振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    840円


<ATMでの振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                ???    315円 ⇒「雑益」なの?

以上、よろしくお願い致します。

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「...続きを読む

Aベストアンサー

FBサービスは振込人が専用端末機やパソコンを使った場合ですね。
それなら、支払い側で、一括して手数料が発生しますね。
最初の回答は、個々にATMを使った場合を想定したので、振り込み側では手数料が発生しないと書いたのです。

そうなると、ご質問の通り。 
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                雑収入   315円と、なります。

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q振込手数料の仕訳について

こんにちは。
過去の質問も見てみたのですが、よくわからなかったので教えてください。

例えば仕入(50,000円分)をして支払は翌月というときに、

(借方)仕入50,000/(貸方)買掛金50,000

となりますよね。
いざ支払をし、手数料を先方負担(525円)とした時には

(借方)買掛金50,000/(貸方)普通預金49,475
                    手数料  525

となると過去の投稿のところにはあったのですが、この時の手数料は「受取手数料」なのですか?

弊社では買掛金の振り込み手数料は弊社で負担しているのでわからないのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

買掛金50,000 を、手数料を先方負担(525円)で振込む場合。

振込料が相手の負担でも、実際に銀行に支払うのはこちら側です。
手数料を引いた差額が相手の口座に入りますが、こちら側の預金からは50.00円が出ていきます。
自社の預金から 純支払額 49.475円と、振込料の525円
の合計50.00円が出ていきます。

従って、次のような仕訳になります。

(借方) 買掛金 50.000 (貸方)普通預金 50.000

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング